南京の次は重慶?

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

歴史的建造物の残る重慶の街並
昔の建物が残る重慶の街並


まったくどうしようもないアホ連中だと思うのですが、南京大虐殺なるものが実はまったくのでっちあげであることが立証され、もはやこれ以上反論することは、かえって中共や当時のChina国民党が行なった蛮行を世界に晒すことになりかねないという情況になったら、どうやら最近は、中共や日本の左翼は、重慶大虐殺などと騒ぎだしているようです。

まず南京については、真実は、
1 南京で一般市民の虐殺なるものはただの一件も発生していません。
2 中共や日本の左翼などが宣伝に使用した日本軍による南京虐殺の証拠写真なるものは、すべてねつ造や他の時と場所においてChineseがChineseや日本人の無辜の市民に対して行なった蛮行の写真であり、南京のものではありません。
3 文書による「証言記録」なるものも、すべて伝聞やでっちあげによるものです。

そもそもなかったことを証明するというのは、実は非常にたいへんなことです。
数学の世界でも、「ないことの証明」ほど難しいものはない。

そこで旧陸軍関係者やその後を継ぐ近代史研究家の方々が、「証拠」とされて提示されているひとつひとつの写真や文書について、長い年月をかけてひとうひとつを丁寧に検証し、それらがいずれも嘘やはったりでしかないことを、いちいち証拠だてて冷静に検証し続けてくださったのです。

これはたいへんに時間のかかる作業です。
なんの報酬もない。ただ軍の名誉のため、英霊となられた方々への誠実のため、そしてなにより真実の追究のために、みなさん自腹をきって努力を積み重ね続けてくださいました。

ある方は、毎月の検証会参加のため、遠く九州や大阪、名古屋から、自腹をきって電車に乗り、会議に参加してくださった。
全部自腹です。
交通費も自腹、資料の調査費も自腹、もちろん時給なんてのもありません。
ただただ誠意のために、地道な努力を続けてくださった。

こうした努力の結果が少しずつ蓄積され、発表され、そしてようやく「これ以上南京問題を騒ぐことは逆に中共の信頼を損ねる」という情況にまで、状況が改善されてきました。

先日、おもしろいことを聞いたのですが、
日本人にとって歴史はヒストリー(事実)である。
Koreanにとって歴史はファンタジーである。
Chineseにとって歴史はプロパガンタである。
のだそうです。
実に言い得て妙、うまい表現だと思います。

さてこうして、いわゆる南京大虐殺などというものが、でっちあげに他ならず、これまで悪のりして「証拠」だと騒いでいたものが、実はChineseのChineseによるChineseへ蛮行であったことがはっきりすると、これはもう、「これ以上騒いだらかえって中共政府のイメージを損ねる」という状況となってきました。

すると最近になって中共や日本国内の左翼が、新たなプロパガンタとしてでっちあげてきたのが、重慶大虐殺です。

重慶爆撃というのは、China事変において、昭和13(1938)年12月4日から昭和16(1943)年9月日にかけて、日本軍がChina奥地の重慶にある国民党の軍事施設に対して行なった72回の戦略爆撃を指します。

China側の発表によれば、この爆撃はいわゆる無差別爆撃で、同じく昭和13年12月4日から、日本側の記録にある昭和16年より2年もあとの昭和18(1943)年8月23日まで合計218回行われ、死者は計1万1,800人、家屋損壊1万7,600棟であるとのことです。

日本が戦略爆撃を打ち切っているのに、それでもなお日本から空爆を受けたというのもおかしな話ですが、さらにいえば、この空爆による死者も、Chinaの発表では、
2000年07月13日
「死亡した2500人の同胞を」
2001年06月06日
「市民1万1889人が死亡、1万4100人が負傷」
2004年07月14日
「被害者は5万人以上で」
と、年々死者の数が増えています。
この調子でいけば、数年を経ずして重慶で30万人死亡説なども出されることでしょう。

亡くなられた人の数というのは、敵であれ味方であれ、亡くなられたおひとりおひとりが、生きていた人間であって、おひとりおひとりにそれぞれの人生があったということを忘れてはなりません。
ひとりひとりに人間としての尊厳を認めるならば、お亡くなりになった人の数は、実際より少なかったら死者への冒涜になるし、多くてもやはり冒涜です。
人を大切に思うなら、数の間違いなんて、あってはならないことです。

その数が、中共の発表では、年々変化する。
これはいったいどういうことでしょうか。
それってつまり、亡くなられたおひとりおひとりの人命を尊重するという考えではなくて、数にモノをいわせて、おのれの政治的主張を押し通そうとする政治的プロパガンタということなのではないでしょうか。

もっといえば、中共や日本の左翼にとっては、おのれの政治的主張こそが大事なのであって、人に人としての尊厳など、カケラほども持ち合わせていないということです。
こんなバカな話があってよいのでしょうか。

さて、重慶爆撃に話を戻します。
この事件は、China事変の渦中にあった出来事です。
簡単に経緯を述べると、
昭和12(1937)年に第二次上海事件があり、日本はやむなくChinaへ出兵を余儀なくされました。
China国民党は、ドイツの支援を得て上海エリアに約2万カ所のトーチカを築き、60万の兵力を結集して日本軍を待ち受けたのですが、日本陸軍は勇猛精神を発揮し、これらを破り、上海から蒋介石率いる国民党を駆逐します。

上海から追い出された蒋介石一派は、南京市へと逃げ込み、そこで市民を大量に虐殺した上、南京の城塞周辺にやはり多数のトーチカを築いて日本軍を待ち受けます。

やむなく日本は、南京の無辜の民の救出のために、兵を南京へと進ませるのですが、日本軍強しとわかると、南京にいた蒋介石も、南京防衛軍総司令官の唐生智も、自分たちの兵を置き去りにして、そくさくと南京から逃げ出してしまいます。
このためそれまで立派に戦っていたChina兵たちは総崩れになり、南京城北側にある下関門から揚子江に逃げ出した。

ところが唐生智らは、自分たちが逃げ出す際に「味方であるはずの」China兵から追われないようにと、揚子江から逃げ出すときに、そこにあった大きな船をみんな焼いてしまったのです。
このため、下関口の港には、少数の小船しか残っていなかった。

そこに何万ものChina兵たちが逃げ出そうと殺到したのです。
大混乱が起こり、船に乗り切れなかった者が船のへりにしがみつく。既に乗っている者がそのしがみついた手首を切り落すなどの蛮行が起こり、挙げ句、しがみつく者たちによって船が転覆するなど、考えられないような事態がそこで起こります。

こうして国民党が出て行った後の南京市には、日本軍が入場し、治安を回復し、町に平和が戻り、南京市から非難していた多くの市民が町に戻り、その平和と安定は、大東亜戦争の終戦時まで続きます。

一方、南京を捨てて逃げた蒋介石らは、南京よりもさらに1500キロ奥地にある重慶に落ち延び、そこを制服して、重慶に軍事基地を設けたのです。

ちょっとここで脱線します。
上述のお話の中で、蒋介石は60万の兵力を上海に結集しました。
これら兵員の食料は、いったいどのようにして賄っていたのでしょうか。

また、命からがら南京を逃げ出した蒋介石らは、漢口、重慶と落ち延びますが、さながら落ち武者となって無一文で逃げ出した蒋介石らの軍は、いったい逃げる間、糧食をどのように賄っていたのでしょうか。

時代は異なりますが、三国志の時代、たとえば赤壁の戦いに際して、魏の曹操は呉と戦うため、80万の大軍を赤壁に移動させました。
その大軍が通った後には、草木一本も生えず、村人たちは皆殺しの憂き目に遭っています。
80万の大軍を移動させるに際し、途中にある民間人は、殺され、軍隊に食べられているのです。
それが彼の国の文化であるということです。

話が脱線しました。
ただ、武器を手にした蒋介石ら一派が、逃げる途中で村人を襲い、老人や子供や女性は殺して食べ、男は兵に徴用するということは、彼の国では、ごく当たり前の軍の常識として行なわれていたということは、ひとつしっかりと押さえておきたいと思います。
我々日本人とは、彼らは考え方がまったく違うということは、覚えておきたいことです。

話を戻します。
重慶を制圧し、そこを本拠と定めた蒋介石らは、英米から軍事物資の支援を得て、最新型の高射砲などを用意して、町の防備を固めます。

一方日本は、地上軍による重慶の攻略を計画するのだけれど、重慶が天然の要害の地である事、なにぶん重慶が遠隔地であり、兵站の補給の問題(日本はちゃんと米の飯を内地から送っているのです)等から、重慶への地上部隊の派遣をあきらめます。
そしてその代わり、「航空侵攻により敵の戦略中枢に攻撃を加える」こととしました。

こうして行なわれたのが、日本の陸海軍による重慶空爆です。
この重慶空爆の体験記として、山本七平の「ある異常体験者の偏見」に、次の記述があります。
~~~~~~~~~
(日本軍)の欠陥兵器を次々にあげていけば際限ないが、あまり長くなるのでこの章の最初に述べたAさん、陸軍の重爆隊の生き残り、の言葉を収録し、それを敷衍してこの稿を終わろう。
「新聞に出なかったけれどなぁ、重慶・昆明の爆撃はひどかったよ。日本の高射砲は絶対に当たらネーが、中国のは米国製でなぁ、よく当たりやがるんだ。一回行けば八機は落とされた。重爆ってのは九人乗ってたんだぜ、そのたびになぁ、8×9=72人 の遺骨無き部隊葬よ」
~~~~~~~~~~

当時の日本の空爆隊のパイロットというのは、特によく訓練された精鋭です。
一方日本には、爆弾そのものも、数作れるだけの経済力はありません。
ですから投下する爆弾も、米国が日本やベトナムを空爆したときのような、航空機からまるで下痢便を垂れ流すように爆弾を投下し、絨毯爆撃するような派手な爆撃などできない。
一撃必殺で、ピンポイントで空爆をし、帰投するという作戦を実施しました。
実に見事な作戦ですが、それでも米国製の高性能高射砲で、多くの英霊が犠牲となったのです。

けれど、このピンポイント空爆の結果、蒋介石軍は大東亜戦争開戦前には、一時的にせよ戦争遂行能力がなくなるまでに追い込まれています。
そのことは、他の誰でもない、蒋介石自身が日記で、「戦争を単独で遂行することができないまでに追い込まれた」と書いています。

この重慶爆撃について、中共が日本軍による無差別爆撃の蛮行の証拠としている写真がいくつかあります。
下の写真はその中の1枚で、防空壕に戻ろうとして踏みつけられたり窒息したりして死亡した人々の写真で、昭和16(1941)年6月5日のものなのだそうです。

非常に不思議な写真です。
防空壕に逃げようとしていた人々といいながら、何故この写真に写っているのは女性と子供ばかりなのでしょうか。
しかもなぜ、空爆から逃げようとする人々が、下半身ハダカになっているのでしょうか。
上着を胸までまくられた遺体もあります。
どうしてこのような姿になったのでしょうか。
すくなくとも、日本軍は、重慶に地上部隊を派遣していません。

また、後ろに写っている民家は、まるで無傷のようですが、空爆の被災地なのに、どうして木造民家が無傷なのでしょうか。
これが重慶における日本軍の空爆被害写真というなら、実に不思議、不思議な写真です。
私にはむしろ、China国民党がChinaの市民に対して行なった略奪と暴行、殺人の写真にしか見えません。

重慶空爆の被害写真といわれているもの


ひとつだけはっきりと言えることがあります。
蒋介石一味は、米英の援蒋ルートによって、武器や弾薬等だけは、極めて豊富に持っていた、という事実です。
蒋介石は、日本が重慶空爆を打ち切ったあと、日をおかずして自軍の規模を数十万の大軍に膨れ上がらせています。

武器はあるけれど、カネと食い物がない。
当時の蒋介石軍は、法と秩序を持った国家ではありません。あくまでもただのChina軍閥です。

彼らは、どうやって、食い物を調達し、兵を養ったのでしょうか。
蒋介石一派によって、武器を持たない民間人は、女子供を強姦され、殺され、抵抗する男は全員皆殺しに遭いました。
上海しかり、南京しかり、漢口しかり、そして重慶しかりです。

武器の前に言うことを聞く男は、兵として徴発されました。
逆らえば即、死です。
そして暴行され、殺害された死体は、他の兵の食料となっていました。
殺されて、食べられたくなければ、言うことを聞いて国民党軍になるしかなかった。

実際に、重慶で起こった出来事を整理すると、次のようになります。

1 蒋介石率いる国民党軍閥の暴れ者たちが、ある日突然重慶市を遅い、市を占領した。
2 その重慶で、国民党軍は、略奪の限りを尽くし、婦女を強姦し、殺害し、男は兵として強制的に徴発した。
3 日本は重慶への歩兵の進出を企図するが、同地がChinaの奥地であり、兵站に問題があることから、同市への空爆を行なった。
4 日本軍による空爆は、ピンポイントで蒋介石軍の軍事施設を狙ったものだった。
5 爆撃の正確を期すために、日本軍は低空からの軍事施設への爆撃を行なったが、このため、蒋介石軍が米英より受け取った高射砲によって甚大な被害を被った。
6 しかし同時に、重慶市に立て篭る蒋介石軍も、軍の体をなさないほど、壊滅的な被害を被った。
7 日本が重慶空爆を停止させると、そのあとわずか数ヶ月で蒋介石軍は、数十万の大兵力を築いている。
  (その兵力をどうやって徴兵したかは、想像に難くない)

もう少し述べます。
いま、重慶空爆について、これを日本軍による無差別爆撃だと、China共産党政府と、これに従う日本の一部の極左勢力が主張しています。

この点について、6つの点から反論を述べておこうと思います。
この反論は、東近研の落合道夫さんからいただいたものです。

(1) 開戦責任
重慶空爆だの南京虐殺だのと主張する前に、まずChina事変を始めたのは誰かを考えなければならない。
これは台湾の元国民党の高官が言っているように、蒋介石が始めたことは隠しようがない事実です。

すなわち、盧溝橋事件、通州日本人大虐殺事件の翌月、昭和12(1937)8月13日に、蒋介石は5万の大軍をもって上海にいた日本人居留民を襲っています。
これが当時上海事変と言われたChina事変の始まりです。

(2) 無差別上海爆撃
翌8月14日には、蒋介石軍機が上海を無差別爆撃しています。
蒋介石軍は、日本の巡洋艦「出雲」や米国巡洋艦「オーガスタ」を攻撃し、米国人水兵が死亡しています。
さらに蒋介石の爆撃機は、上海の国際租界を爆撃しました。
このためChineseが一千人も死亡しています。

このときの爆撃で、パレスホテルに泊っていた後のライシャワー大使の令兄が爆死したのは有名な話です。
都市への無差別爆撃は、China側が世界に先駆けて始めたものです。

(3) 無差別南京爆撃
さらに昭和12(1937)12月13日に日本軍が南京を占領すると、蒋介石軍機が南京を爆撃し、多数のChineseを殺しています。
日本陸軍空軍が反撃し、三分の一を撃墜すると、撃墜した飛行機に乗っていたパイロットは、ソ連人でした。
日本は、このとき「敵はソ連だったのか」とたいへんに驚いています。

(4) 講和拒否責任
日本はChina事変の当初から、蒋介石に講和を提案しています。
けれど蒋介石は日本の手の内をみるだけで講和を拒否しました。
これには西安事件以後裏で蒋介石を操っていたスターリンの意向があったといわれています。
そこで日本はやむなく、圧力をかけるべく重慶を爆撃したのです。

(5) 蒋介石の戦争責任
以上からChina事変を始めたのも、都市への無差別爆撃を始めたのも、蒋介石であることがはっきりわかります。
自分たちが無差別爆撃をやっておいて、日本がやったと騒ぐのは、お門違いというものです。

(6) 中共について
いま、中共政府が重慶爆撃について日本を非難していますが、中共は、戦後の大躍進運動の中で四千万人、文革で二千万人、その他で二千万人、合計八千万人も、同じChineseを殺しています。

そのような中共に、ハーグ陸戦条約を厳守して戦った帝国軍人がシノゴノ言われる筋合いは、まったくない、ということを、この場で明確に宣言させていただきたいと思います。


実はいま中共は、内部崩壊の危機にあります。
当然のことです。
人口の一割にも満たないChina共産党幹部が好き放題に国家を壟断し、贅沢三昧な暮らしをする一方で、それ以外のChineseは、まるで搾取の対照となり、人としてさえも扱われないという歪んだ国家なのです。

そしてこの内部崩壊阻止のために、さかんに行なわれているのが、対日工作であるといわれています。

これは彼らにとって、3つの大きなメリットがあります。
1 China国内の不満を日本に逸らすことで政権の安定を得ることができる
2 日本を弱体化させることで、日本の尖閣領海の資源を横取りすることができる
3 日本を弱らせることで日本の技術をChinaに呼び寄せ、Chinaの経済的利益を拡大できる。

そしてそのための工作資金は、なんと日本から出ています。
日本人が、日本を崩壊させ、経済も文化も貞操までもChinaに奪われ、日本人自身が貧困に追い込まれるために、日本のカネが使われているのです。

一部の人は、それによってメリットを得ます。
けれど、大多数の日本人は、それによって酷い生活を余儀なくされます。

「ひとりを生かせなくて、なんのための政治か」などと気取る政治家をたまに見かけますが、とんでもない話です。
政治は、大多数の幸福のために、ときには小を犠牲にする、言い換えれば最小限の犠牲で最大の幸福を国民にもたらすのが政治というものです。
勘違いもはなはだしい。

南京が、どうやら分が悪いとみたせいか、昨今では重慶大虐殺などというホラ話をChina共産党は仕掛けてきていますが、その仕掛けの裏には、中共と手を組んだサヨクの暗躍があります。

もはやサヨクは日本にいらない、いまのままサヨクを続けたいなら、さっさと国外に出て行け!
私は、そう申し上げたいのです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

第二次上海事変における中国人による日本人捕虜の残虐処刑 (1996 CNN)


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
(最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。)
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ジャップ

No title
前田哲男『戦略爆撃の思想―ゲルニカ・重慶・広島』
ttp://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E7%95%A5%E7%88%86%E6%92%83%E3%81%AE%E6%80%9D%E6%83%B3%E2%80%95%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%BB%E9%87%8D%E6%85%B6%E3%83%BB%E5%BA%83%E5%B3%B6-%E5%89%8D%E7%94%B0-%E5%93%B2%E7%94%B7/dp/4773630094

爆撃予定地のマップという一次史料の考証で、司令部の有無とか無関係に、
住民が殺戮対象に選らばれた戦略爆撃そのものの発想がバレバレやんけ!
中国共産党ゲリラ出没地域での皇軍による反共ジェノサイドなみに惨いな。

愛国無罪

No title
>川崎清貴 #J8rBEABA
>蒋介石達がヒトを喰いながら進軍した, の段は納得しかねます。三国志は「白髪三千丈」の国が造った壮大な叙情詩です。どこでどうアタマがコンガラカッタのか判りませんが, 訳の判らない叙情詩と同じ土俵に置くのはハルマゲドンが来る,と 脅して信者を勧誘している宗教と何ら変わりはないと思います。


こういう自称リベラルの精薄トッチャン坊やが反日プレイにハマるんでしょうね。
シナの歴史など殺人フィルムと同程度の悪趣味な代物です。それを壮大な叙事詩とは、コンガラガッているのはアナタの出来損ないの頭のほうではないでしょうか?他人様をカルト教団と同じだと中傷するような無礼な馬鹿に‘投稿には責任を!’などと恫喝される筋合いはありません。

アナタこそ、その臭い口から垂れ流すヘドロのような腐った発言に責任を持ってください。まあ、アナタは自分が馬鹿であることすらわかっていないようですから言っても無駄でしょうね。

ポッポ

No title
重慶爆撃を、日本の東京や大阪等の大都市が爆撃されたときと比較すると爆撃機の性能と規模が全く違いますから、日本の被害は桁違いです。
爆撃光景を想像し、イメージするときには気をつけないとピンと来ないです。

蒋介石総統は日本で軍事教育を受けていますから、自己の作戦の意味が分かっていたため、重慶爆撃や南京事件について戦後そんなに言わなかった。
毛沢東もこれらについて、言っていなかったと思います。
ただ、自虐史観による教育の結果、日本が簡単に反省とお詫びを行い、謝罪金を出すものですから、元々理由はなくても、もらえるものはもらうという民族性も手伝って、一度もらえば二度三度で、際限がなくなっていると考えます。

大阪市の橋本市長は大阪府知事のとき、上海万博で予定されていた最終日の挨拶がもめたとき、筋の通らない話に応じられないとして挨拶には行かないとしました。すると、主催者はわびを入れ、改めて招待したのではなかったでしょうか。彼は、話が通ったとして挨拶のため訪中しました。
私は日本の政治家にないものを、橋本市長は持っていると思います。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

hehehe

No title
自国で保護すべきなのに日本の永住資格回復要請とは、
理解不能です。
人道問題を起こしたのは韓国で日本関係無い。
こんなの認めたら日本の責任とか言うのは、
明らかです。
反対意見を出しましょう。

ソース 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070319040019-n1.htm

韓国で「北朝鮮スパイ」との冤罪被害に遭い長期間拘束されたため、
日本の特別な永住資格を取り消された在日韓国人について、
韓国外交通商省が日本政府に資格を回復するよう要請する方針である
ことが3日までに分かった。
資格回復を日本政府に求めてきた在日韓国人2人が2日、韓国政府に
支援を求めるため同省を訪問した際、当局者が2人に方針を表明した。
複数の関係者が明らかにした。同省当局者は共同通信に
「人道問題であり放置できない」と話した。
資格回復の問題をめぐっては、滝実法相が6月12日の衆院予算委員会で
「これからの課題として取り上げる」と表明。
冤罪が原因で資格を失った人は多数いる可能性があり、韓国が資格回復を
求めれば、日本の法務当局は対応を迫られる。(共同)

愛信

道州制や地域主権につながる大阪都構想法案に反対します。
道州制や地域主権につながる大阪都構想法案に反対します。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/stt12070312590014-n1.htm?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

民主、自民、公明、みんな、国民新の5党は3日午前、橋下徹大阪市長が掲げる
「大阪都」構想実現に向けた実務者協議を開き、今国会に共同提出する法案の
骨子を週内に開く次回会合で取りまとめることで合意した

【国政に対する要請書】コメント一覧より転載
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

小沢一郎の民主党離党のニュースに隠れて売国法案が成立します。
愛国系日本人の総力を結集して道州制や地域主権につながる大阪都構想法案の成立を阻止しましょう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ポッポ

No title
重慶爆撃については、今まであったと言うことしか知らなかったため、いつもながら勉強になりました。ありがとうございます。

ところで、文中に中共の対日工作の件ですが、そのための資金が日本からで来ているとのことです。
>そしてそのための工作資金は、なんと日本から出ています。
これが唐突に出てきているため、理解できませんでした。
もう少し説明していただくと、嬉しいです。

谷 豊

防御より攻撃を!
今度は重慶爆撃ですか。
もう、シナの捏造には飽き飽きです。
防御ではいくらあっても足りません。
で、攻撃に出ましょう。
「通州事件」です。
これで、シナの残虐さ、無謀さを知らしめましょう。
あの事件こそ真実です。
ぜひ「通州事件」を世界に広めて!

カミーユ

No title
2012年、真実は明るみになっていくんですね。
真実の為に動いてくださった皆様ありがとうございます。

いち

日本人は忙しくなる
中国にとって南京、重慶の歴史問題は戦利品なんでしょう。

-

歴史とは
歴史を勉強し、人に話すときにしてはならないことは3つあると私は考えます。
ひとつは歴史に対するチェリーピッキング、所謂、いいところどりで自分の意に沿わないところは切り捨ている。
そして、もうひとつは「悪魔の定理」といわれるものです.証拠も無く、こうであったらいい、こうであったはずだという。
そのまま、それを歴史にするという考えです。
そして、最後に今の時代の価値,観念をその時代にあてはめてはならない
よく比較するときに「昔の日本はひどかった。」しかし、それはその時代を見ていないのです。
その時代の他のところでどうだったのかを比較し、そして、それに対して「日本はひどかった。」というならば聞く耳がありますが
時代背景を見ず、その言葉を使ってはいけないのです。
比較するならば、比較するその時代内で比較することが重要なのです。

日本人女性40人が慰安婦問題を謝罪、ソウル国会議事堂前で=韓国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0628&f=national_0628_042.shtml

私は従軍慰安婦というのは無かった考えます。売春婦ならばいたと思います。
現に証拠は、あの反日の李承晩大統領さえも残されませんし、日韓基本条約のとき出てこなかったからです。
単なる慰安婦といわれる売春婦だけの証言だけではなく、ちゃんとした証拠が出てくれば検討しますが
それに未だに売春が合法の国で、それをやめさせようとした法律を制定しようとしたらデモが起きた国ですから。

韓国人男性がセブ島で、日本人女性に性的暴行を加え逮捕
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0626&f=national_0626_054.shtml

性をめぐる問題・性犯罪(韓国)
http://news.searchina.ne.jp/topic/southkoreasexualproblem.html
このように韓国では、日本人が考える以上に韓国人による性犯罪が多いのです。ですから出たのでしょう。

甘野老

シナに負けるな
南京大虐殺や重慶大虐殺をあったとする人たちは、根拠となるものが、写真や伝聞など捏造できる物ばかりなのに、事実を見ようとしません。こういう人たちは、何を言っても無駄です。
理解出来る人に、本当の事を知らせていきたいと思います。まずは自分の家族からです。

ちび・むぎ・みみ・はな

駄目な言葉
書いてはいけない言葉があるとのことで
投稿ができないが, 何が駄目なのかを
宣言すべきではなかろうか.

たまご

No title
いつも大変貴重な記事をUP下さり、ありがとうございます。
真剣に拝読させていただいてます。
現在、このような状況下の日本がどのようにしてシナと対峙していくのが良いか、是非是非各文章の中ででもお伝えいただけたらと思います。

No title
やっぱり、レッドパージが不可欠。

-

No title
昨日ホワイトハウスのサイトでメンテナンスがあり、嘆願ページのURLが変更になったようで、以前のURLで直接ページへ飛べなくなっています。

↓締切り期日も迫っていますので、是非こちらの新しいページアドレスをブログで皆さんに再度ご紹介ください。
https://petitions.whitehouse.gov/petition/repeal-house-representatives-resolution-121-stop-aggravating-intl-harassment-korean-propaganda-lies/yJw8lgRZ
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク