帰って来た蛍

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

帰ってきた蛍


あの感動の舞台「帰って来た蛍」が二年ぶりに上演されます。
私は2年前、この舞台を観に行き、もう、涙はでるわ洟はでるわで、とっても泣けました。

物語は、昭和20年5月の終わり頃です。
鹿児島にある陸軍知覧特攻隊基地のすぐそばに、鳥濱トメさんが営業する食堂がありました。
名を「富屋食堂」といいます。

そこは、これから特攻隊として飛び立つ若者達の、いつも集まる場所だったのです。
トメさんは、彼らの母親がわりとなって、若い特攻隊員たちの面倒をみていました。

そんななかに、新潟県北魚沼郡城川村のご出身で長岡工業学校を卒業された、宮川三郎という軍曹がいました。
色白で、とてもハンサムな方だったそうです。

宮川三郎軍曹は、一度特攻のために万世飛行場から出撃しました。
けれどこのときは、機体の故障で引き返してきました。
彼ひとりだけが生き残ったのです。

彼はそのことをとても気にしていました。
知覧に着任した宮川軍曹は、当時の率直な気持ちを、鳥濱トメさんへの手紙にしたためています。

~~~~~~~~~
先輩、同期生がつぎつぎと散華し、自分たちばかり残るというのは、心苦しいことです。
この心は、わかっていただけると思います。
だが、決して死を早まらんつもりです。
任務を完遂するまでは、断じてやります。
ご安心ください。
~~~~~~~~~

宮川軍曹が、ようやく代わりの飛行機をもらえたのが、6月5日でした。
その日彼は、一緒に隊を組む仲よしの滝本恵之助曹長と二人で、トメさんの食堂に来ています。

その日、宮川さんは「あした出撃だ」と、とってもごきげんだったそうです。
そして帰りがけに、

「おばさん、オレ、あしたも帰ってくるよ。ホタルになってさ。滝本と二匹でね。追っ払ったらだめだよ」と冗談のようにいわれました。

トメさんは、そのときは、食堂にくる途中でどこかでホタルでも見かけたのだろうと、あまり気にもとめなかったそうです。

翌6日、どんよりと曇った空の下で、朝から特攻機が次々と出撃して行きました。
そして夜になって、出撃したはずの滝本曹長が、一人でひょっこり食堂にやってきました。

「宮川はね、開聞岳の向こうに飛んで行ったよ」
彼はそう言って、涙をぽろぽろとこぼしたそうです。

空の上で、視界が悪いために、宮川機に何度も「引き返そう」と、彼は翼で合図を送ったのだそうです。
けれど宮川軍曹は、
「お前だけ帰れ」と言って、そのまま沖縄の空に向かって飛んで行かれたのです。

その日の夜9時ごろ、食堂には、トメさんの娘さん二人と滝本曹長の三人、奥の広間にトメさんと遺書を書いている隊員が七、八人いたそうです。

すると食堂の方で、娘さんが、
「あっ宮川さんよ。ホタルになって帰ってきた!」と叫んだのです。

たった一匹のホタルが、開けていた食堂の玄関から、すーっと入ってきたのです。

食堂の中は大騒ぎになりました。
滝本曹長も、驚いてかたまってしまった。

トメさんが
「みなさん、宮川さんが帰っていらっしゃいましたよ」といいました。
そしてその場にいたみんなで、「同期の桜」を歌いました。

その間、ずっとホタルは食堂の天井のはりに止まっていたそうです。
そして、すっといなくなった。

そんな実話をもとに、カートプロモーションで、これを演劇にしたのが、この「帰ってきた蛍~慟哭の詩」です。

この舞台は、2008年、2010年と上演され、今回は鳥濱トメさん役にさとう珠緒さん、その他多数の若手俳優を起用。
お稽古のはじめには、スタッフ全員で靖国神社へのお参りもされたのだそうです。

一昨年、私が観劇に伺ったときは、たいへんお若い女性の方々が多数観劇に来ておられました。
みんなハンカチを濡らしておいででした。
ああ、こうした若い方々にも、同じ日本人の血が流れているのだなあと、そのことにもとっても感動した記憶があります。
もちろん、おじさん、おばさんもたくさん、おいでです。

今回の上演は、特攻の母”鳥濱トメさんの生誕110周年・没後20周年という節目の年でもあり、新たなエピソードをくわえた再演となります。

また、上演は東京/吉祥寺の劇場で行なわれますが、そのあと、作品に登場する宮川三郎軍曹(没後特進して少尉)の母校である新潟県立長岡工業高等学校の創立110周年も記念して、新潟県長岡市でも行なわれます。

みなさまも、どうぞ観劇にいらしてみられたらいかが。

上演時間は、約2時間です。



1 タイトル 帰ってきた蛍~慟哭の詩~
2 公演期間 平成24年6月8日~7月4日
3 公演会場
  (1) 東京会場
    前進座劇場
    〒180-8570
    東京都武蔵野市吉祥寺南町3-13-2
  (2) 新潟会場
    長岡市立劇場大ホール
    新潟県長岡市幸町2-1-2
4 入場料金
  (1) 東京公演
    前売り 4,500円
    当日  4,800円(全席指定・税込)
  (2) 新潟公演
    前売り 3,000円
    当日  3,500円(全席指定・税込)
5 チケット発売日
  平成24年4月23日
6 チケット発売窓口
  (1) チケットぴあ
    0570-02-9999
    Pコード:420-110
  (2) ローソンチケット
    0570-000-777
    Lコード:32536
  (3) 当日券 開演1時間前より劇場にて販売
7 日程詳細
  【東京公演】
   6/8(金) 19:00~
   6/9(土) 14:00~/19:00~
   6/10(日) 13:00~
   6/11(月) 19:00~
   6/12(火) 19:00~
   6/13(水) 14:00~/19:00~
   6/14(木) 19:00~
   6/15(金) 19:00~
   6/16(土) 15:00~
  【新潟公演】
   7/4(水) 19:00~

8 その他詳細は、次のURLをクリックしてご覧下さい。
  http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=25004

~~~~~~~~~

冗談抜き、前回、観に行って、私はとっても感動しました。
左翼系の愚にもつかない演劇が幅を利かせる中、こうした戦争を真っ向から扱った演劇というのは、関係者の皆様方には、ものすごい圧力が多方面からかかります。

けれど、そういうありとあらゆる障害を跳ね返して、前回興行も、この演劇は大成功を治めています。
みなさん、感動をいただきに、ご一緒に観劇に行きましょう!


こういう演劇が、どんどん増えて行くことが、私はとても大事なことだと思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

舞台「帰って来た蛍~慟哭の詩~」


【柿崎裕治】舞台「帰って来た蛍~慟哭の詩~」に懸ける想い[桜


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずきちのひとりごとメールマガジン有料版
(最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。)
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

英霊となられた若者の皆様に只々感謝
私は大林素子さんの舞台「マザー」を観ました。
「帰って来た蛍」とは、筋書きが少し異なります。
こういうのを観てのコメントは苦手です。
観劇に誘って下さった先輩の指示通りにタオルを持参しました。
それが大いに役立った訳はお察し下さい。
英霊となられた若者の皆様に只々感謝です。

St.Judyのほうき星

私も行きました
「my日本」で会員招待していたので、初日の舞台に行ってきました。
もとより特攻隊のことを考えるだけで目頭が熱くなるので、公演の間ずっとハンカチを涙で濡らしていました。
「僕の残りの人生あげるから、おばちゃん長生きして!」
ああ、なんて優しい人達なんだろう…
そして、一特攻隊員のセリフ
「未来の日本人は俺達の事を覚えていてくれるだろうか」
忘れません!
決して忘れません!
特攻隊はじめ英霊の方々の名誉を守り、英霊が望まれた国づくりをすることを、現代の私たちの使命と考えています。

愛国市民

昭和20年6月5日
◆内地から沖縄に出撃して喪失した特攻機は、宮川軍曹機でしたか。
この日、米海軍第3艦隊は沖縄東方海域で台風「バイパー」に遭遇し、
重巡3及び空母3が大破し、艦艇26、航空機176が損害を受けております。
しかも、台湾から出撃した陸軍飛行第十七戦隊の飛燕4機によって、
戦艦、重巡、タンカー、駆逐艦、掃海艇の計5隻が損害を受けておりました。
宮川軍曹の話とともに、この日は人知を超えた力が作用した日として、
記憶されねばならないのではないでしょうか。

山葵

帰って来た蛍…
ねずさん

初日公演観劇しました。

若い人たちも沢山いらしており、感激しました。

日本の戦後の復興は世界からは『奇跡』とされておりますが、その理由の一つが理解できたように思います。

それは特攻隊のみならず、母国を護ろうとした靖国に眠る英霊の方々に後を託された生き残った日本人が、彼等の分まで必死に働き、必死に生きた賜物だったということです。

明日出撃する若き特攻隊員がトメさんに言った言葉、『自分の寿命はあと30年はあります。おばさんにあげるから長生きしてください。』

当時の生き残った日本人の多くは「自分の命はもらった命」と考え感謝したに違いありません。

現代の日本人はそれをすっかり忘れてしまったのではないでしょうか?

-

No title
昨日見てきました!現代の私達に問いかける言葉が多く、心に刺さりました。当時の方々の心境や状況を知るきっかけの一つしておすすめです。

hehehe

No title
記事とは関係ないですが、日本軍関係の話と言うことで、
御用商人をしていた祖父の海軍での入札の話を
紹介させて下さい。
横須賀の海軍で米を納める業者を決めるときのこと
利き酒ならぬ利き米を米屋にやらせたそうです。
当時は天日干しですので、産地によって違いが結構
あったようです。でも全問正解したのは、横須賀の米屋
の村瀬の親父だけだったそうです。
じっと見て口に含んで判断してたみたいです。
海軍も遊びでやったようですが、仕入先は「むらせ」に
決まったそうです。
今も横須賀に「むらせライス」という商品で米屋を
やってます。代は変わってると思いますが。
話を聞いた時は、プロとは、こういうものなのかと
思いました。

桜子

No title
>宮川三郎軍曹(没後特進して少尉)の母校である新潟県立長岡工業高等学校の創立110周年も記念して、新潟県長岡市でも行なわれます。

全ての英霊の皆さん、どれだけ生きて祖国日本にお帰りになりたかったか、お気持ちを思うとこうしてコメントを書かせて頂いてても涙です。
きっと宮川少尉、お喜びになってると思います。
一人でも多くの若い皆さんに真実を是非見て頂きたいですね。







みーたん

ねずさん
おはようございます。
ブログ読んだら、是非見に行きたくなっちゃいました。
スケジュール調整して、お友達探して、何とかうかがいます!

素晴らしい劇のご紹介を、ありがとうございました。
これからも、感動する劇や本、映画のご紹介をよろしくお願いいたします ♪
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク