沖縄県民かく戦えり

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

平沼赳夫先生0606


5月12日 沖縄県宜野湾市で開催されました「沖縄祖国復帰40周年記念大会」(主催:日本会議沖縄など)が開催されました。

この日、壇上に立たれた平沼赳夫先生は、その挨拶の中で、次のお話をなされました。

~~~~~~~~~
中川一郎先生がお元気であった頃、中川グループで沖縄に研修旅行に訪れました。

その中川先生が、旧海軍司令部壕跡を見学された際、
大田実少将の
「沖縄県民斯ク戦へり。後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」
の電文を読まれました。

その途端、中川先生の顔色が変わりました。
そしてその場で、自由民主党総裁選への出馬を決められたのです。

大田司令官の電文に込められた思いが、北海の羆と言われた政治家の魂を揺さぶり、託された責任を果たすために立ち上がらせたのだと思います。
その瞬間に現場に居た石原慎太郎先生や私、平沼に強烈な印象を遺した出来事でした。
~~~~~~~~~

大田実少将が、海軍次官宛にこの訣別電報を打たれたのが、昭和20年6月6日のことです。
そしてその7日後の6月13日に、太田少将は豊見城の海軍司令部壕内で自決されています。

このときの電文の全文です。
口語訳したものを掲載します。

~~~~~~~~
沖縄県民の実情に関しては、県知事より報告があったものと思います。
沖縄県には既に通信力がありません。
三二軍司令部もまた通信の余力なしと認められますので、私は県知事の依頼を受けたのではありませんが、現状をみすごすことができず、これに代わって、緊急で御通知申しあげます。

沖縄島に敵攻略が開始されて以来、陸海軍は防衛戦闘に専念し、県民についてほとんど顧みる余裕がありませんでした。
けれど、私の知る範囲において、沖縄県民は、青壮年の全部を防衛行動にささげました。

残る老幼婦女子たちは、相継ぐ米軍の砲爆撃のために、家屋と財産の全部を焼却され、わずかに体だけを軍の作戦に差支えのない小さな防空壕に避難させていました。
そして砲爆や空爆や風雨に曝されながら、乏しい生活に甘んじたのです。

そんな苦しい情況のなかで、沖縄県の若いご婦人たちは、率先して軍に身を捧げてくれました。
けが人の看護や炊事はもとより、砲弾運びなどの重労働さえも行なってくださったのです。
なかには、挺身斬込隊すら申し出るものありました。

敵が来れば、老人子供は殺されてしまいます。
婦女子は後方に運び去られ、敵兵の毒牙に供せられてしまう。
親子が生別れ、娘を軍衛門に捨てる親もありました。

看護婦に至っては、軍の移動に際して、衛生兵が既に出発して身寄りがなくなった重症者を助けてくれました。
その行動は、生真面目な心からのものであり、決して一時の感情に駆られたものではありません。

さらに軍が作戦の大転換をしたときも、自給自足のために、敵弾の落ち着く深夜に、遠く遠隔地方の住民地区へ、輸送力がまるでないなか、徒歩で黙々として雨の中を移動してくれました。

沖縄県民のみなさんは、我が陸海軍が沖縄に進駐してきて以来、終始一貫して勤労奉仕をしてくれ、物資が乏しく、節約し続けなければならない苦しい情況のなかにあってさえ、ひたすら彼らは日本人としての御奉公の誇りを胸に抱きつつ、我々と行動をともにしてくれたのです。

本戦闘の末期、沖縄島は地形が変わってしまうほどの酷い状態となりました。
一木一草さえも、燃えて焦土と化してしまいました。
もはや、食べ物も、6月一杯を支えるのがギリギリという状況です。

沖縄県民は、ここまで戦ってくれました。
なにとぞ沖縄県民に対し、我々が死んだあとも、後世、特別な御高配を賜らんことを。
~~~~~~~~

今年5月12日、沖縄で330余名の日の丸パレードが行なわれ、沖縄祖国復帰40周年記念大会には会場の定員をはるかに超える、約1350名が参加参加してくださいました。
大会は盛況のうちに、最後は会場一杯の日の丸小旗を打ち振り、全員で万歳三唱をして閉会となりました。

けれどその模様は、大手メディアからは、まったく無視され、報道の世界においては、まるで「なかったこと」とされています。

そして不思議なことに、テレビでは、保守系の大会のわずか10分の1以下しか参加者がいなかった左翼反米反基地集会だけが全国ニュースとして報じられています。
しかも沖縄のマスコミは「日本に復帰して40年、何一つ良いことはなかった」を繰り返しました。

中共や、それと歩調を合わせる韓国、北朝鮮、そして反日左翼による沖縄離反工作は、ここまで進んでいます。

けれど、思い出していただきたいのです。
知覧を飛び立った特攻隊員たちは、いったいどこの戦場に向かって飛んで行ったのかを、です。

彼らは、沖縄の海に群がる米艦隊をめがけて、特攻を行ないました。
当時、米艦隊が沖縄に向けて行なった艦砲射撃は、砲弾のなかに数多くの鉄片をしのばせた爆弾でした。
その爆弾は、地上に激突すると同時に、内部に仕込んだ鉄片を四散させました。
赤ちゃんを背負って砲撃から逃げる若いご婦人が、気がつくと、背中におぶった子供の頭がちぎれていた、そんな悲劇もたくさん生まれました。
沖縄では、そんな酷い艦砲射撃が、毎日毎日、絶え間なく続けられていたのです。

けれど、その砲撃が、一斉に止むときがあります。
米粒のような日本の特攻機が、遠くの空から表れる。
すると米艦隊は、特攻機めがけた対空射撃一本になり、その間、沖縄本島等の地上への艦砲射撃が止むのです。

特攻機に乗っているのは、まだ10代の若者です。
そんな若者が、命を捨てて、沖縄県民を守ってくれる。
機体に日の丸を描いた、その友軍機が現れる都度、沖縄の人たちは、心の中で手を合わせたといいます。
そしてそのわずかな時間に、みんなで逃げた。

重症のけが人を背負い、仲間を助け、ご近所のお年寄りを背負って、より奥地の防空壕へと逃れたのです。

沖縄は、たしかに激戦の地となりました。
けれどその激戦は、沖縄をあくまで守りきろうという、若き日の私達の父祖や、沖縄の人々の願いの中に行なわれたものです。

中共や北朝鮮にとって、歴史は、プロパガンタです。
韓国にとっては、歴史はファンタジーでしかありません。

けれど、日本人にとっての歴史は、事実でありヒストリーであり、私達日本民族の価値観の源泉です。

「おきなわ」は、漢字で「沖縄」ですが、語感からすれば「おっきな和」です。
大きな和、すなわち沖縄は「大和」です。

沖縄は、日本です。
絶対にChinaなどに渡してはならない。

今日は私は、断じてそのことを申し上げたいのです。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

たちあがれ日本 「自主憲法大綱案」発表 平成24年4月25日


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
(最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。)
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無し

No title
この文章は誰の目にもとまらないと思いますが、書いておきたくなりました。
偶然ここに来ました。 沖縄県民です。
ねずさんの「大きな和」という言葉には大変感銘を受けました。
もっと早く知りたかった、いや気づくべき言葉でした。ありがとうございます。
昨今の沖縄情勢は待ったなしの状態になりつつあります。
その中で、太田少将の電文を「それを受けて当然の働きをした」
などと捉える県民はまず居ないであろう。と考えます
これは理屈ではなく、感覚としてと言うことです。
その言葉を出して頂けるほどに、耐えた祖父母を誇りに思うだけです。
そして、県民が慢心すれば逆方向の言葉があって然るべきでしょう。
それも受け止めなくてはいけません。
私たち沖縄県が復帰して40年、未だ一部の本土の方の心情的には1930年代のアメリカにおける日本人移民の扱いなのかも知れませんが、その移民が信用と信頼を手に入れるのは声高々に「権利」を叫ぶことではないと思っています。復帰時に大量に流れ込んだ革マル・中核崩れのマスコミ支配を許した責を含め、沖縄県民は様々な面で今後も戦わなくてはなりません。
「俺を尊敬しろ」と言われてその相手を尊敬する人はいませんよね。
だから、県民も努力を続けるしかないと思っています。 皆さんの心優しき見守りを期待し頑張って行くしかないと思っております。
思考の整理が付かぬ雑文・長文失礼しました。

みーたん

想像してみました!
私がもし沖縄の住民だったら。
私がもし玉砕した英霊だったら。

あれだけの残酷な殺戮をしたアメリカを、到底許すことなどできないし、ましてや未だ占領されているようなアメリカ軍基地があるなんて絶対に許せません。
沖縄が戦略的に被害を受ける運命であるなら、日本の国軍の基地があることを強く希望します。

その上でのパートナーシップとしてのアメリカ、なら我慢もします。

多分、報道にかなりの偏向があり、沖縄の人たちへの不信を私たちに植え付けている作戦があるように感じます。

沖縄の悲劇を二度と繰り返さないためにも、最高の抑止力を全世界にアピールしていってもらいたいです。


-

No title
2012/07/09(月) 18:39 愛国無罪さん

>「日本領ではない、琉球領だ」

>「朝鮮の宇宙開発を妨害し、軍拡を正当化する」

>「(沖縄の)基地関係者は琉球の怒りの前に後悔することになるだろう」

↑↑↑↑↑

これ、沖縄の反日新聞が騒々しく叫んでるのを、
本土のマスゴミが嬉しそうに反復して、宣伝してる内容ですよね。

こんなのが沖縄県民の意見だと、
本気で思ってるの???

あなたが本気で思ってたら、反日マスゴミの印象操作に惑わされてますし、

あなたが本気じゃないのに、こんな風におっしゃるのでしたら、
その意図は何ですか???

愛国無罪

しかし今の沖縄には不信感しかありません
いくら「戦争中は日本のために共に戦ったのだから配慮しろ」と言われても、今の沖縄人の言動を見るととても信じられません。
尖閣諸島を買えば「日本領ではない、琉球領だ」と反発し、
PAC3を配備すれば「朝鮮の宇宙開発を妨害し、軍拡を正当化する」と配備を妨害する、
オスプレイ導入には「(沖縄の)基地関係者は琉球の怒りの前に後悔することになるだろう」と基地を狙ったテロを煽る。
いくら日本の保守が沖縄で啓蒙活動に勤しんでも、こんな有様では効果は全く無いように見えます。



沖縄は日本の領土であることには間違いありませんが、現在の沖縄人は心情的に日本人とは言えないのではないでしょうか?そんな沖縄人に対して下手に出たり譲歩する必要はあるのでしょうか?

138万人の沖縄人の愛郷心とやらのために、1億2千万人の日本人が中国や朝鮮に蹂躙されるのはお断りです。

ハギノ

No title
ねずさん、こんにちは。また平沼代表をとりあげてくださってありがとうございます。もちろん、沖縄は日本であり、シナなんかに渡してはいけません。
国民がそう思っているのに、沖縄県のマスコミが先頭になって米軍基地はいらない、独立したいと書くものですから、本土の人間も沖縄県人はそう望んでいるのかなと誤解してしまいますが、本当はそうではなく、沖縄のマスコミが一部の左翼の言動を煽っているだけに過ぎず、信用するのは非常に危ないことです。
実際、昨日の読売テレビのそこまで言って委員会に、元自衛官でジャーナリストの恵隆之介氏が出演されていて、沖縄では左翼による弊害で旧日本軍の歪められた歴史の報道ばかりで、被害者史観もひどく誇りがもてないようになっているというようなことを発言されていました。唯一看護学校だけが全国でトップ成績なのだそうです。
先月でしたか、沖縄から放送していた朝まで生テレビを見て思ったことは、沖縄県前知事や現政治家や評論家はシナの脅威をまるで考えていなくて、非常に愚かだという事でした。沖縄県民がシナの属国になることを望んでいるとは到底思えません。沖縄のマスコミ、そして同じ歩調の全国のマスコミはいい加減にしろと言いたいです。せめて公共放送であるNHKぐらいは真実を伝えるべきです。

シナ尖閣奪取
中国マジで“尖閣”奪取へ!中国タカ派少将が“6大戦略”発表 - 政治・社会 - ZAKZAK
同志、仲村さんからメールが届きましたので、転載します。

以下、転載。


本日発売の夕刊フジに寄稿が掲載されました。

オスプレイ配備阻止の愚かさを伝えるのに活用いただければと思います。

仲村覚

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120709/plt1207091137001-n1.htm

 野田佳彦政権は、沖縄・尖閣諸島を国有化する方針を固めたが、中国は着々と尖閣奪取計画を進めている。中国人民解放軍のタカ派少将が、尖閣諸島に中国の行政区を設立したうえで、周辺海域を軍事演習区にするといった「6大戦略」を発表したのだ。日本固有の領土を強奪する悪だくみ。中国の恫喝外交に対して、野田首相は毅然とした姿勢を貫けるのか。

 許し難い発表をしたのは、これまでも「尖閣諸島に中国軍の軍事施設を建設せよ」などと発言してきた羅援(ラ・エン)少将。中国人民解放軍のシンクタンク、軍事科学院世界軍事研究部元副部長で、中国軍事科学学会常務理事・副秘書長を務めるなど、「強硬派の論客」と目されている。

 今月1日、香港のフェニックステレビに出演して、以下の6大戦略を発表した。

 (1)尖閣諸島に「中国台湾宜蘭県釣魚島鎮(=町)」を設立。

 (2)不明確な尖閣諸島の領海の基線を設定。

 (3)周辺海域を軍事演習区とし、航空部隊の射的場に使用する。

 (4)日本の海上保安庁に対抗する国家海岸警衛隊の設立。

 (5)開発集団(=企業)を設立し、石油探査と漁業、旅行を担当。

 (6)世論を味方に付ける。

 この6大戦略を「タカ派少将の突出発言」と軽く見てはならない。

 羅援少将は今年3月、ベトナムやフィリピンと領有権争いがある南シナ海に対しても同様の「5大提案」を行ったが、中国政府は3カ月後の6月、提案を受け入れて、南シナ海の西沙、南沙、中沙の各諸島を管轄する「三沙市」を設立すると発表したのだ。

 尖閣諸島は1895年、日本がどの国にも属していないことを確認して領有を宣言した。ところが、国連が1971年、尖閣付近の海底に石油や天然ガスなどが埋まっている可能性を指摘すると、中国は突然、「自分たちの領土だ」と言い始めた。

 最近では、尖閣諸島について、チベット自治区や台湾などに限って用いてきた「核心的利益」と呼び始めるなど、さらに領土的野心をあらわにしている。羅援少将の発言もあり、中国政府がいつ「尖閣諸島に行政区を設置する」と発表してもおかしくない。

 尖閣諸島を、都が保有するか、国が保有するかでもめているが、そのような時期は過ぎた。野田首相にも、石原氏にも、尖閣の実行支配に向けて具体的な手を打ち始めた中国から、「国を守る」覚悟が求められる。(ジャーナリスト・仲村覚)

-

No title
330 :可愛い奥様:2012/07/08(日) 22:11:16.92 ID:/4F4CrRZ0
↓みてない方はみて下さい これ宣戦布告に近いわ

25 :名前をあたえないでください:2012/07/08(日) 10:01:46.42 ID:yh7wGOHX
朝鮮もいよいよ本性を現すでしょう

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
★拡散★ シナ宣戦布告  
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

■必見
シナ人民解放軍メンツをかけた→尖閣諸島軍事占領宣言
シナは軍幹部がTVで勝手に発言できない→事実上政府発表→尖閣占領まで後?日

羅援少将が発表「尖閣を中国の行政区に」(字幕付)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=V6QJwpfmbXg

2012年7月2日、香港のフェニックスTV(鳳凰衛視)に出演した、
中国人民解放軍の羅援少将は、尖閣諸島(釣魚島)を中国の行政区「釣魚島町
(釣魚町)」とし、ミサイ­­ル実験を行う軍事演習区とすると、発表しました。

★日本のマスコミは全力で「ザ・報道しない自由」

貼り付け

宇多田ヒカル「日本の森林や離島がどんどん外国人に買われてる」
宇多田ヒカル「日本の森林や離島がどんどん外国人に買われてる」

シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんが「日本の森林や離島がどんどん外国人に買われてる」とコメントし、インターネット上で話題となっている。外国人が日本の土地をどんどん買っている状況について言及したもので、事実、中国人や韓国人をメインとして日本の土地がどんどん買われている。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0106&f=entertainment_0106_034.shtml&pt=large

朝顔

こんにちは。
以前は、ねずさんのブログで沖縄のことが書かれていても、あまり危機感をもつことができませんでした。
でも最近は、シナが尖閣を我が領土と主張するたびに、具体的なイメージが描けるようになりました。

ロシアも日本の領土を不当に占拠したままで、さらに拡大を狙っていますし。

平沼先生、石原都知事には、是非頑張っていただきたいです。


非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク