日本の黄金時代を築くために

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

バブル景気


一文をご紹介します。

==========
平成23(2011)年3月11日、私たちを東日本大震災が襲った。

震災からわずか5日後の3月16日、天皇陛下は異例の国民へのビデオメッセージを発せられた。
あの「お言葉」は、自衛隊を真っ先に挙げたことが特筆されるが、未曽有の災害と国難に直面した国民への祈りのメッセージだった。

前日の3月15日は、後にIAIE(国際原子力機関)の公表データや福島原発事故調査委員会が明らかにしたように、津波で電源が断たれた福島原発が最大の危機を迎え、最も多くの放射線が放出されていた当日だった。
その翌日に「お言葉」が放送されたのはただの偶然だったのだろうか?

貞観(じょうがん)11(869)年に起きた貞観大地震は、三陸沖を震源地とした大地震で東北地方を激しい揺れと大津波が襲った。
東日本大震災の大津波が千年に一度のものとされたいわれであるが、貞観大地震の後も清和天皇は大災害を鎮める詔(みことのり)を発せられ、被災者を弔(とむら)っている。

さらに清和天皇は伊勢神宮に勅使(ちょくし)を遣(つか)わして、貞観大地震を始め、同年6月に新羅の海賊が博多へ侵攻した事変や肥後で起きた地震も神前に報告し、国家の平安を願っていた。

すなわち、大震災直後の3月16日の天皇のビデオメッセージは、平安時代の清和天皇と変わらることのない〈天皇の務め〉を果たされたということなのである。

さらに重要なことは、清和天皇の貞観11(869)年の貞観地震の詔も、昭和20(1945)年、終戦の昭和天皇の玉音放送による詔勅(しょうちょく)も同じ〈詔〉であり、今上天皇のビデオメッセージも占領憲法である現憲法で廃止された「詔勅」と同じ意味を持つ〈詔〉なのである。

これは論理的にも歴史的にも疑いの余地のないことであり、あのビデオメッセージが、まさに〈平成の玉音放送〉であることを証明してくれる。


では、なぜ玉音放送が流れたのであろうか?

それは、多くの国民が直感したように、日本人が戦後60年以上にわたって信じてきた原理、原則が音を立てて崩れ落ちたからなのである。

統治能力のない民主党政権とそれを許している政治システム、官僚機構、嘘ばかりのマスメディア。
それらが福島原発の事故に対応できないばかりか、震災復興に全く役立たずの機能不全に陥ることを人々は予感していた。

東日本大震災は、東北の海沿いの都市や福島原発だけを崩壊させたのではなく、そんな戦後空間そのものを一瞬のうちに瓦礫の山にしてしまった。
すなわち、地震と津波で本当に崩壊したのは、戦後日本のシステム、つまり戦後体制(レジーム)そのものだったのである。

そこで、〈平成の玉音放送〉が流れても何の不思議もない。
占領憲法で廃止された詔勅によって、九条で否定された自衛隊を讃え労うことで、今上陛下は二重の意味で日本国憲法を超越してしまったのだ。

3月15日に福島原発が最も高い放射線量を放出していたことを菅内閣は隠蔽したが、その翌日に【詔勅としての】ビデオメッセージが発せられた意味は極めて大きい。

大震災からの復興と日本再生の道筋をつける時、崩壊した戦後日本が絶頂を極めた八〇年代だからこそ、そこから多くのヒントを探り出せるのである。

そして、八〇年代の問題点を克服できれば、日本人は今度は、本物の黄金時代を築く〈黄金の国・ジパング〉の創生が改めて可能になるのである。
=========


いかがでしたか?

この文は、西村幸祐先生の書き下ろし本「幻の黄金時代」の中にある一文です。

いま思い返してみても、バブル期の日本経済の力は、ものすごいものがありました。
平成元(1989)年12月29日の大納会での日経平均株価は、市場最高値の3万8,957円44銭。
ジャパンマネーは、世界で猛威をふるい、日本人の個人所得は否応無しに世界一。

新社会人となった女性OLが、世界中に海外旅行にでかけ(私の会社のOLさんなどは、ギリシャ、エジプトから、なんとガラパゴスにまで出かけていました)、呑みに行くときは、一次会から二次会、三次会。
銀座で飲んだら、帰りはタクシーかハイヤーなのだけれど、その車がつかまらない。

NTT株を買って大もうけしたお金で、サラリーマンがキャッシュでマンションを買ったら、またたく間に値上がりし、設けた金の3500万で買った家が、なんと1億5千万円で売れ、大喜びしていた同僚などもいました。

まさに日本は、戦後最大の絶頂期の繁栄を謳歌したのです。


けれど日本は、わずかその40年前には、世界の極貧国だったのです。
戦争で何もかも失い、人々には、着るもの、食べるもの、住まいさえもありませんでした。

外地から帰還した者たちの多くは、田舎に帰り、農業をしました。
米を作り、畑に桑を植えカイコを養殖し、食べ物と生糸を作りました。

町家の人たちは、食べる物を得るために、衣類や備品などをお米や野菜と交換するために、農家に行きました。
農家では、それらの衣類や備品を市場で売って得たお金で、種や肥料を買いました。
一部の人は、岐阜や群馬などで衣類を仕入れ、鉄道でそれらを市街地に持ち込み、市場で売りました。
世に言う「かつぎ屋」です。

かつぎ屋さんたちは、その後、衣料品店や、スーパーを開きました。
農家では食料生産に余裕がではじめると、集団就職で繊維産業や、造船業、住宅建築や道路工事のための土木建築業をはじめました。

そうして日本は、産業基盤を整え、戦後の復興需要の中で、経済を成長させ、昭和39(1964)年の東京オリンピックの少し前くらいには、高速道路や新幹線が架けられ、全国各地の河川には、車の通れる大きな橋がかかりました。

こうして社会資本を整えた日本は、昭和40年代から、消費のための製造、自動車や家電などの製造を大きく成長させはじめました。

こうして育成された国内産業は、昭和50年代には世界へと進出をはじめ、昭和60年代になると、日本は、世界第二位の経済大国にまで成長していったのです。

日本の戦後の復興は、まさに世界の奇跡とも呼べるものでした。
それは世界史上初の、そして世界最速の復興でもあったのです。

こうして得た社会資本と、国富によって、日本は、平成元年ころには、バブルの絶頂期を迎えたのです。

日本は、戦争で何もかも失いました。
けれど、失ったものは、ハードでした。
実は、日本の真の国力、すなわち、日本人のチカラの源泉である日本人としての教養、歴史観、誇り、祖国愛といったソフトは、日本は失っていなかったのです。
だから日本は、世界史上初の、最速の復興を遂げることができました。

ところが、バブルが崩壊してからの20年、日本はずっと沈んだままでいます。
世界各国が経済的に成長する中で、日本だけが経済低落の一途をたどりました。

なぜでしょうか。

その答えが、西村幸祐さんの著書「幻の黄金時代」にあります。
たいへんわかりやすく書かれています。

私自身、読みはじめたら、まさに「やめられない、とまらない」で、一気に最後まで読み通してしまいました。
ものすごく面白かったです。

日本が成長を止めた理由がわかれば、次に成長するためにはどのようにすれば良いかの答えが、実に鮮明に見えて来ます。

その答えを見つけた者が、次の時代の先覚者となる。

まだお読みでない方は、是非、この本をご一読いただきたいと思います。



よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

西村幸祐新刊「幻の黄金時代 オンリーイエスタデイ'80s」



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

本物の黄金時代
西村先生の文章は、私などには些か難しいです(汗)
本の販売層が違うのかも知れません。

さて、あの頃。
若かった私の稼ぎは、目一杯残業をしても手取六万円と少々。
小さな借家住み、子供も生まれ、これでは食えない。
新聞広告から町工場に転職しました。
そして…すぐにバブル!
収入は一気に上がりました。
月給は手取40万円を越え、賞与は厚い袋が複数です。
『お父さん…転職して…何か悪いことしてない?』
訝った相方の言葉…今では笑い種ですけど、当時は本当に心配してました。

「バブル」と呼ばれた時代の一部始終を経験しましたが、その最中から「黄金時代」などと思ったことはありません。
今もです。
強いて呼ぶなら「狂乱時代」だったと思っています。

自分でやれば!
もっと儲かる!
そう言って、同僚が次々と退職し起業しました。
正に「雨後の竹の子」でした。
しかし…アブク銭の乱れ飛びは突然終り、散財した会社も竹の子会社も…あっという間に消え、務め先も他社に吸収されました。

短期間でしたが、経済的恩恵には預りました。
でも…何か変だな?
何かが狂ってる?
いつも不安に思っていました。

そして…年代が終る年。
昭和64年1月7日(1989年)
天皇陛下が崩御され、大喪の礼は元号が変わった平成元年2月24日でした。

何故かよく憶えています。
狂乱の残渣?
喪に服することも忘れたかの如く振る舞う臣民が居たことを。

単なる老人の思い出話にしか聞こえないかも知れません。

この経験もひとつの教え。
皆が原点に立ち返って豈國を目指せば、いつかきっと…確しかな「本物の黄金時代」は必ず来る…今はそう信じています。

太陽
 日本はどこにあるんだ。

 政治家はシステム化してしまい党が国を繁栄させると錯覚状態であります。

 手段は国債、増税頼み。

外交はカネ頼み、これではよくなりません。人糞文化を真正面から問うことのできない政治家、マスコミには日本は感じられません。
日本はどこにあるのか、錯覚してしまう。日本は道具じゃない。

 

北海道の人

補足
補足
 「・・・した」「贈った」「語った」・・・などの言葉使いのことを北海道新聞社に質問いたしました。
それに対しての返答が先にコメントさせていただいたものです。

北海道の人

No title
赤坂さんへ
「天皇陛下」を問題にしているのではなく。
記事の中で敬語が使われていません。

赤坂

北海道の人さん
北海道新聞のHPですけれど、

http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/saigai_message/

天皇陛下、と書かれていますよ。

一有権者

No title
韓国の米国における日本貶め工作である慰安婦碑建立に動きがあったようです。
今度はニューヨーク近郊ナッソー郡アイゼンハワーパークというところとの事。

私達日本人はこのような韓国と何時までも我慢して付き合うべきでしょうか。?

政府、外務省に抗議を行い断固たる対抗措置をとらせるようにするべきではないでしょうか。

韓国への支援の中止、通貨保証をやめるだけでも韓国には大打撃になります。

北海道の人

・・・・・・・?
北海道新聞の天皇陛下に関する記事は、いつも敬語が使われていません。
読むたびに不快で、北海道新聞社に何故なのか聞いてみました。
「天皇自体が敬語なので、その他に敬語を使うとくどくなるので、社の方針として敬語は使いません。」とのことです。
・・・・・・・・?デス。

愛信

不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案
不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18005037.htm

詳細は【閣法(内閣提出法律案)】提出回次180 番号37 をカチとね
反日売国民主党のインターネト動画サイトへの弾圧法案との噂もあります。 
内容に付いて詳しく確認して、反日売国テレビ局・マスコミの偽装・捏造報道に惑わさ
れる事無く、愛国系日本人の表現の自由を守って行きましょう。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

おっさん

敬語が失われている
本文の最初の方に「あの『お言葉』は、自衛隊を真っ先に挙げた」とあり、極めて奇異に感じました。天皇陛下のお言葉であれば、「真っ先に挙げられた」とすべきでしょう。このブログを読み切ってしまったら、これは西村幸祐先生が書かれたことになっていますので、猶更奇異に感じます。とにかく敬語が乱れていて、NHKのアナウンサーですら平気でこのような言葉を使っています。NHKは日本を壊すための放送局だから仕方がりませんが、西村先生ともあろうお方がこれでは何ともなりません。
ブログで仰っていることには全く同感です。

-

使いこなしの資本主義
……企業の競争力とは「価格競争力」だけなのですか?


 真の意味における企業の競争力とは、「多様化する国内の需要を満足させるだけの付加価値を創造できること」 これに尽きると思うわけです。


 日本国内には、1億人を超える製品やサービスをやたらと使いこなす国民が暮らしています。彼ら(わたくしたち)は消費者として「超」我がままで、企業の製品やサービスを瞬く間に使いこなし、良い意味でのフィードバックをします。この我儘で製品やサービスを使いこなす均一的な国民により構成された市場で、「ユーザーニーズを満たすため」に開発投資を重ね、技術投資を繰り返してきたからこそ、日本企業はオリジナルな付加価値創造能力を身につけたのではなかったのでしょうか。


 確かに、日本国内の「ガラパゴス」な製品やサービスは、グローバルスタンダードが幅を利かす世界市場では売れないかも知れません。ならばなおさら、日本経済をデフレから脱却させ、国民の所得を増やし、我儘で製品やサービスを使いこなす消費者の購買力を高めようという発想に、なぜならないのでしょうか。


 このまま「ぐろ~ぶぁるすたんだ~どぉ」な方向に突っ走ると、近い将来、日本の大手輸出企業は「どこにでもある、グローバルな企業」に落ちぶれていくことになるでしょう。アメリカ企業は、GMに代表されるように、ユーザーニーズを満たせないことを受け、「ならば社会制度を変えてしまえ!」という発想に走ってしまい、堕落しました。企業の本分はユーザーニーズを満たすために研究開発、技術投資を重ねることであって、政府と結びついて「自社にとって都合が良いように」社会制度を変えてしまうことではありません。


 日本企業にとって最大の宝は、国内の「我儘で、製品やサービスを使いこなす消費者」であるという事実を、早く思い出して欲しいと切に願います。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11265820996.html


ガラパゴスへの誘惑
http://ust.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-14c7.html


ありがとう

「豚、飽を常とするも老豚無く。狼、飢を常とするも老狼有り」〝豚は常に腹一杯だが老いた豚はいない(何故なら太ったところで食われるから)狼は常に腹を空かせているが老いた狼はいる″と言います。
戦後日本の繁栄は結局〝豚の繁栄″で、米国という飼い主に食われてしまったんでしょうかね。

上田男

No title
何時も興味深く拝見し感動しています。
戦後の復興時に一社会人として過ごした身として一言述べさせてください。
国家の借金の件です。新幹線・東名道路などは世銀などからの借金で賄いました。これは本当の国の借金です。それでも高度経済成長で借金は恙なく返済されました。
今問題視されている国の借金は政府の借金で貸主は国民です。その理も分からずに財政再建を言い立て、消費税を増税しようとする連中の心が分かりません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク