小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

寛仁親王殿下が、去る皇紀2672(平成24)年6月6日15時35分ご薨去(こうきょ)されました。
一般の本葬にあたる斂葬(れんそう)の儀が、本日(6月14日)に執り行われます。
国民の一人として哀悼の意を捧げ、本日、一分間の黙祷を捧げましょう。


<本文↓ここから>
週刊文春WEBの記事


週刊文春WEBの記事からです。

============
小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」
「愛人」「隠し子」も綴られた便箋11枚の衝撃
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1442

民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。
便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、
「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。
岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。

手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。
8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。

そして、このように綴っている。

「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。

ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」

「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

和子夫人はこうも綴っている。

「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。

文「週刊文春」編集部
============

もう、うんざりです。
一日も早く、解散総選挙をやり、真に国を思うまともな政治家、まともな政党に国政を委ねるべきです。

消費税で民主党内が揉めているさなかに、この報道。
なにやらキナ臭さを感じますが、奥さんのおっしゃっていることは、まともです。
震災の最中に、日頃お世話になっている選挙民を見捨てて逃げ出すような男が、そもそも国会議員を名乗っていることが異常なのです。

もちろん、いまの時点でこうしたものが公表されるのは、民主党内のゴタゴタが背景にあるのでしょう。
加えて、こうしたシモネタや、金銭疑惑等で、政敵を追い落とすのは、売国左翼や反日主義者、在日朝鮮人の得意芸であることを考えれば、おのずと筋書きも見えて来ます。

けれど、これでもう、さしもの小沢氏も次の選挙は勝てないでしょう。

今回のこの小沢氏の妻発言は、もはや日本の政治が、「小手先の数合わせ」という小沢的手法では、どうにもならなくなっていることを見事に象徴しています。
なぜなら、そういう数合わせというご都合主義のもとに集ってくるのは、国家観も何もない単なるカネの亡者や、売国奴ばかりだからです。

日本は、変わるときがきた。
私は、そう思います。

今年の元旦のねずブロに書いたことですが、今年は壬辰(みずのえたつ/じんしん)の年です。
「壬辰」は、自然の新たな息吹が膨らみ、あらたな時代が幕を明ける年といわれています。

昨年は、昨年は「辛卯(かのとう/しんぼう)」の年で、これは戦後日本を覆っていた左翼のベールがはがれ落ちる年まわりです。

昨年の東日本大震災以降、日本は、戦後日本を覆っていた闇が、次々と明らかになってきています。
そして今年は、新たな息吹が膨らむ年です。

今回の件で、おそらく小沢氏は、政界での求心力をさらに低下させることでしょう。

民主党はいま大多数議席を持ち、政権与党となっていますが、もともとは民主党という「選挙のためのご都合政党」が、これだけの議席数を得た背景には、ひとつには小選挙区制という小沢氏の発案による選挙制度によるものです。

僅差でも選挙に勝てば、勝った政党は大多数議席を持ち、政界に君臨することができる。
この仕掛けは、小沢氏の運動によるものです。

同時に、民主党が勝利した背景は、なるほど民主党の子供手当などのバラマキ公約の影響が大きかったとされていいますが、もうひとつ、忘れてならないのが、小沢氏金脈による緻密な候補者への選挙応援です。

小沢事務所は、いわば選挙のプロ集団で、いまの民主党議員の多くは、その小沢事務所による資金的、人脈的な緻密な応援活動があったればこそ、選挙に勝ち、いま国会の絨毯を踏んでいます。
要するに小沢氏ならびに小沢事務所は、まさに選挙のプロチームだったのです。

そういう小沢氏の援助があったればこその民主党議員なのですが、左翼や反日主義者というのは、昔から頭のネジがどこか一本飛んでいる人たちで、恩を仇で返すのがならわしです。

彼らは議員に当選すると、こんどは小沢氏の金脈を横取りしようと目論み、小沢氏の追い落としにかかりました。
まさに階級闘争主義者の面目躍如というべき活動です。
そしてとどのつまりが、今回の事件です。

小沢氏が政治生命を失うとどうなるか。
仮に小沢金脈を横取りしたとしても、その者たちは、金脈を横取りすることはできても、その金脈を選挙区毎に上手に分配し、手取り足取り、まるで赤子の介護でもするかのように、選挙に勝つための具体的支援を行なう能力はありません。
あるのは、小沢氏の持つチームだけです。

そうなると、ただでさえ票の集まらない民主党は、さらに票が集まらなくなる。
現に全国各地の地方選挙では、反小沢グループの民主党候補者は、小沢氏が民主党内で叩かれ出してから以降、獲得票数が共産党や社民党候補者以下というケースが多々発生しています。

衆参両院とも、いまは民主党が多数の議席をもっていますが、解散にせよ、任期満了に伴う選挙にせよ、今回の小沢氏の細君の手紙も噴出したあとでは、もはや民主党は、政党の名にさえも値しないほど議席数を減らすのは目に見えています。

問題は、では、どの政党が勝つか、です。
日本を取り返すためには、保守議員が絶対安定多数はおろか、三分の二以上の議席を獲得する必要があります。

もはや戦いは始まっています。
おそらくは、今後ますます、中共や韓国の工作員による、日本の保守の分断工作が、一層激しくなるものと思いますし、保守系の候補者にも、さんざんな中傷がまき散らされることでしょう。

けれど、こんどこそは、くれぐれも保守系候補者を落選させない。
なにがなんでも政界に送り出す。
そのことの覚悟を、是非、みなさんと共有していきたいと思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

zakimagik

本物の保守議員の名前を是非とも
公表して頂きたいです。一般の国民が如何にも保守議員となると、安倍晋三自民党総裁と立ち上がれ日本しか思い浮かばないのではあまりにも情けない。いくら安倍さんでも一人ではどうにもならないです。となると日本全国に散らばっている保守の議員を公表して彼らに投票する事が必要です。売国議員は社民党と共産党しか知らないではあまりにも判断に欠けてしまう。民主党でも保守に近いのではと思える人もいますので、是非ともお願いします。維新の会はいかにも胡散臭くて投票する気になれないです。

名無しさん@ニュース2ちゃん

No title
だったらどのタイミングで出してほしかったんだよw
増税反対なんて政局狙いのポーズだけだろ、あいつは簡単に裏切る。

-

No title
 真偽のほどは、定かじゃないけど、消費税増税を
したい派にとっては、今のタイミングで出てきたのは、臭いよ。消費税導入で、景気が悪化したのは、事実だし。

民主党は、四年間は消費税は絶対上げない。って公約
したから投票した人も多かったはず。
うちも、小沢さんが黒かろうが、消費税上げないっていう
事だけで、一票入れるつもりだった。

名無しさん@ニュース2ちゃん

No title
>反小沢ジャーナリスト・松田賢弥による明らかな捏造記事です。
信教の自由だし、死ぬまで唯一神小沢を信じてればいいと思うけど
他人に迷惑だけはかけるなよ
あと、あんたの言ってることは根拠がない

-

週刊誌の記事の真偽については小沢や和子夫人が異議があれば否定するでしょう。和子夫人の手紙がひどいと言う意見もありますがあれだけ自分勝手な男の妻であればぶち切れて怒りをぶちまけたくもなるでしょう。記事が事実としたら本当にひどいです。

-

No title
反小沢ジャーナリスト・松田賢弥による明らかな捏造記事です。
離婚の真偽は小沢事務所に聞けばすぐ分かるとして、手紙だけ読んでも矛盾点が多すぎます。
3.11発生時に小沢は達増岩手県知事と連携して中央省庁に対して救援活動の根回しに奔走していたはずで、放射能が怖くて逃げるなどという事はありえない。
何より和子夫人はこんなひどい手紙を出すような人ではない、と、ある自民党大物議員が話していたそうです。

みーたん

蒼き男さん
はい!!
宜しくお願い致します♪

hehehe

No title
記事とは関係ないのですが、G20で野田首相が余計なこと
言わなきゃいいんですが、TPPがらみでアメリカの
食品安全近代化法が、まず取り上げられないですね。
アメリカ国内でも問題がある法律です。
ご存じの方も多いと思いますが、内容は下のHPでまとめられてます。
採決前に作られてますが、去年の段階でオバマ大統領が署名済みです。

http://tamekiyo.com/documents/healthranger/bill510.php

打倒!朝鮮民主党

「復興特需が期待される。韓国企業もぜひ参加を」復興庁・末松義規副大臣
「復興特需が期待される。韓国企業もぜひ参加を」復興庁・末松義規副大臣が在日韓国経済人大会で呼びかけ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1339674403/

確かに

No title
小沢自身も恩を仇で返してきましたからね、自業自得とはまさにこの事(笑)。

裁判を隠れ蓑にして被災地救援にも行かずに、愛人と安全地帯に隠れていたなんてほとほと呆れました。

これでは千葉で釣りをして顰蹙を買ったことも気が付かないのでしょう。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

愛信

民主党防衛政務官「民団」団長から310万円の問題献金が判明
民主党防衛政務官「民団」団長から310万円の問題献金が判明
http://ameblo.jp/205102/

下条氏の政治団体である「みつの会」の収支報告書を見ると、平成20年から22年まで、
それぞれ、100万円、110万円、100万円、政治資金パーティへの支払いが確認できる。

民主党議員は反日売国奴の確信犯である事を愛国系日本人は確りと確認してください。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
投票 願います----被災地復興名目で、被災地への中国人誘致に
賛成?   反対?

※この回答は、外務省へ送信します。
http://jpn-news.com/p/471

桜子

No title
黒い色も灰色にしてしまう汚い人、ますます嫌らしさが目につきます。
火の無い所に煙は立たないと言うので、いずれ報いが来るでしょう。
コメントする価値もない売国奴です。
こうなったら何でもいいから民主の崩壊、願うのみです。

ポッポ

No title
小沢氏は選挙に強い。その方法は、有権者が欲しいと思うものを目の前にぶら下げて、投票させるばらまきです。
岩手県だけなら、ばらまいたところで日本全体で経費は賄える。しかし、日本全体にばらまくと経費が大き過ぎて、実現できなかった。
小沢氏は、田中元首相の政治手法を学び、実践しました。
小沢氏の信者(?)が、有権者の中には大勢います。
小沢氏が終わったと言っても、多分そんなに変わらない。
これからです。

一有権者

No title
週刊文春掲載の小澤夫人(元?)の手紙の信憑性はこれからはっきりしていくのでしょうが、実際に小澤議員は震災後殆ど復旧や復興の為の動きは見えなかったし、
子飼いの?黄川田議員の叫びに応じてようやく議員の仮設住宅へ線香を上げには行ったがものの10分もいなかった。
被災者や被害者を悼む気持ちがあるのかと。
先頭に立つ者である国政を預かる議員、政治家は第一義に日本国の国益と日本国民、在外邦人の安全保障を担保し国益の増進と国の防衛をしっかりする事が何にも置いて大事な仕事であるはず。
文中にある事が事実とすれば非常に嘆かわしいし、このような人物が偉そうにしている事に腹が立つ。

官僚が「事なかれ主義」で日本の国益より省益を優先するような状態の中、国民から付託を受ける国会議員が私利私欲と党益優先では国がつぶれ国民の暮しが貧しくなるばかり。
私達有権者は議員を人気投票のような感覚で選んではいけません。
具体的にどのような政策を訴えそれを実現し日本国と日本国民の暮しを守るのか発言できる人物を選ぶように自分達の目と耳ををよく見開いていきましょう。

貼り付け

在日韓国人+キリスト教会=反日左翼の拠点
在日韓国人+キリスト教会=反日左翼の拠点

第38総会期 新役員でスタート
投稿日時: 2012-04-04 13:26:56

NCC 第38総会期が新役員を迎えてスタートしました。
3月26日(月)27日(火)の2日間、日本聖公会アンデレ教会(東京都港区)で総会が開かれました。今総会期では、役員が全員入れ替わり、新しい顔ぶれでのスタートとなりました。新役員は以下のとおりです。

議長:小橋孝一(日本基督教団常議員、新島教会牧師)、
副議長:吉高叶(日本バプテスト連盟栗ヶ沢バプテスト教会牧師)、渡部信(日本聖書協会) 
書記:有住航(日本YMCA同盟)、平岡仁子(日本福音ルーテル教会)
総幹事:網中彰子(日本基督教団牧師)

第38総会期のテーマは「共に歩み続ける、イエスキリストに従って(マルコ1:17)」。
活動方針は、聖書の御言葉を基盤として、これまでの活動を継続発展させるものです。
1)世界のエキュメニカル運動の中で、世界教会協議会(WCC)アジアキリスト教協議会(CCA)との連携を引き続き強める。
2)国内においては教会間の一致と対話と協力を推進し、活動を行っていく。具体的に取り組む課題として、平和と憲法9条、東アジアの和解と平和、人権、信教の自由、核のない世界への取り組み、東日本大震災の震災対策、が挙げられる。

役員の中には韓国系と思われる名前もチラホラ。サイトのメニューの中には同和問題についてのリンクもある。活動方針を読んでみると、キリスト教は単なる隠れ蓑で、実質は反日左翼の圧力団体であることが把握できる。憲法9条などの思想活動の方が東日本大震災の震災対策より優先されているのが失笑を誘う。

http://quasimoto.exblog.jp/18176637/

騙されるな

99.9%松田賢弥の捏造記事だろう。
「週刊文春」名誉のガセ雑誌称号 小沢夫人の偽手紙、永田メール事件と同一構図

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/7642fc2dc6c652a9e040c27ae60f58fa?fm=rss

馬い御飯

ご無沙汰しております
こんにちは。

昨夜、iZaの産経新聞にてタイトルだけは確認しましたが、単に愛想尽かして別れたのだろうと思い、記事自体は読みませんでした。
しかし、文春の本文にこの様な内容が書かれてたと知り、驚いた次第です。

私の小沢氏に対して抱いてた印象は“言う事は大きく思わせ振りな態度で人々を振り回す姑息な男”なんですが、まんまその通りだったんですね。
この様な人物が政界にいる事が、日本にとってどれだけの損失を招くのか…早々に下野して欲しいと思ってます。


先日、寛仁親王殿下の薨去に際してのねずさんの記事を、私のブログにて引用させて頂きました。
報告が遅れて申し訳ありません。
m(_ _)m

おたけ

No title
消費税増税とTPPをつぶすまでは小沢は活かしておくべき。政府と財務省がグルになってリークしたのではないか。しばらく小沢批判はやめよう。

名無し

奥さんは創価に入ってると聞いてますが、、、何か腑に落ちません

-

No title
前から何故か腑に落ちないことがあったのですが、やっと分かりました。
小沢氏は、びびり男ですね。
安倍元首相の腹痛騒ぎのとき、何故小沢氏は出てこないのかと不思議でした。
あれは、出ないことにより小沢氏の大きさを示す作戦だと考えていたのですが、本当は安倍氏に論破されたときのリスクを考えると、恐くて出てこられなかったのだと、納得しました。
今、野田首相にいつでもあうと言っているのは、自分が勝つと思っているからでしょう。

Pin

No title
消費税増税派の馬鹿どもは勢いつくだろうが、

終わったな。

Jiken

裏切り者
v-40秘書を裏切り、地元民を裏切り、
元々奥さんと国民を裏切りってました。
結局、国の裏切り者です。
年貢の納め時です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク