二本松の戦い

人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

二本松城
二本松城


日頃尊敬している佐久間先生のFacebookでの投稿から、その一節を、まずご紹介します。

=========
おはようございます。

会津の「白虎隊」は全国的にも有名だが、我が故郷二本松の「少年隊」の悲劇や武勇を知る者は少ない。
会津白虎隊士の構成年齢が16~17歳だったことに対し、二本松少年隊の最年少隊士の年齢は僅か12歳。

二本松藩には、代々「必殺を期すには、斬らずに突くべし」という刀法が伝わっている。
「忠臣蔵」の浅野内匠頭が吉良上野介を討ち漏らしたことを聞いた二本松藩初代藩主丹羽光重が、「何故、浅野公は斬りつけたのか。斬りつけずに突けばよかったものを」とひどく悔しがったという。

以来、二本松に於いては「斬らずに突け」が伝統となった。
少年隊の一人、成田才次郎が出陣の際に父から訓されたのも、この「斬らずに突け」だったという。

連日の戦いで満身創痍の身体ながら「必ず敵将を斃してやる」と潜んでいたところ、敵将が一隊を率いてやってくるのが見えた。
長州藩士・白井小四郎が率いる長州藩の部隊だった。

才次郎は隊列が目前に来るまで充分に引き付け、「此処ぞ」というところで、大刀を真っ直ぐに構えるや、一気に先頭の白井に向って突進した。
歴戦の長州兵は、この遮二無二突進する小さな刺客に即座に反応し、隊長を護るべく馬前に出る。

「子どもじゃ、手を出すでない」と、白井は突っ込んで来るのが子供だと瞬時に見抜き、兵を制した。
だが、それが徒となり、才次郎の剣は、狙い違わずこの敵将の脇の下から胸部を突き刺した。

白井の落馬に驚愕した長州兵らは慌てて才次郎を捕えようとするが、刀を振り回す才次郎に近寄ることも出来ず、鉄砲を使い応戦。

才次郎、14歳。

「会津白虎隊」が会津武士道の昇華なら、正しく「二本松少年隊」は二本松武士道の昇華だろう。

・・・・・・・・

敵将の白井小四郎の墓は二本松市内の「真行寺」に在ります。
少年への一瞬の憐憫が自らの死を招いたこの長州の将の墓前には、今でも参詣者からの香華が絶えることはないといいいます。
二本松には武士道精神が未だ残っているのです。

・・・・・・・・

幕末の薩摩藩士で陸軍元帥の野津道貫は、回顧談(近世国民史)で二本松藩との戦いを、
「兵数不詳の敵兵は地物を利用して、一時我軍は全く前進を阻害された。
我軍は正面攻撃では奏功せざる事を覚り、軍を迂回させて敵の両側面を脅威し、辛うじて撃退することを得たが、怨恐らく戊辰戦中第一の激戦であったろう」と論じています。

・・・・・・・・

大壇口から退却して来た二階堂と岡山篤次郎(13)は大隣寺近くで狙撃され、腹部貫通の重傷を負った。
篤次郎は、その狙撃した土佐藩の兵によって野戦病院だった称念寺に運び込まれるも短い生涯を閉じた。

土佐藩隊長広田弘道は篤次郎の勇敢さに感動し、最期まで決して屈しなかった魂に感激を熱くすると、反(かえり)感状を少年の遺骸の枕元に残した。
その反感状の全文が、蓮華寺という寺の石碑に刻まれている。

 今年十三才にて戦死岡山篤次郎
 敵ながらも甲斐々々敷美少年一色残し置次第
 薩州土州の者憐みいたはりしかども蘇みかへらず
 依てさしおくる一首
 岡山尊公の名は幾世残れかし
 
  君がため 二心なき武士は
  命はすてよ 名は残るらん

事実、篤次郎は眉目秀麗な美少年だったという。

・・・・・・・・

城中にあった大城代・内藤四郎兵衛は西軍が城下に迫ったと聞くや、
「我は城の主将たり、むなしく内に在って死すべきにあらず」と城門を開いて討って出、奮戦激闘の中、最期を遂げました。
四郎兵衛の最期は、二本松藩士の鑑と称されています。

丹羽和左衛門は床机に腰掛けて割腹し、膝上に広げた軍扇の上に自らの内臓を引き出して立亡していたといいます。

家老・丹羽一学は、
「敗戦は必定なれど、三春に倣うべからず。
二本松は、城が灰燼に帰し、一族屍を野に曝すとも、武士道と信義に殉ずべきである」と、藩論を徹底抗戦に纏め、丹羽一学は、城の土蔵奉行宅で郡代見習・丹羽新十郎、城代・服部久左衛門と共に壮絶な割腹自刃を遂げました。

丹羽一学の辞世、

 風に散る
  露の我が身は いとはねど
 心にかかる 君が行末

は大好きな句です。

・・・・・・・・・

会津藩に比べれば、極小さな藩ですから落城するのは時間の問題だったでしょうが、野津道貫が回顧談で語っている様に、
「兵数不詳の敵兵は、砲列を布いて我軍を邀撃するのであった。
我軍は早速之に応戦したが、敵は地物を利用して、おまけに射撃はすこぶる正確で、一時我軍は全く前進を阻害された。
我軍は正面攻撃では奏功せざる事を覚り、軍を迂回させて敵の両側面を脅威し、辛うじて撃退することを得たが、怨恐らく戊辰戦中第一の激戦であったろう」というのが真実だと思っています。

==========

二本松藩というのは、いまの福島県二本松市のあたりにあった藩です。

もともとは室町時代に、足利幕府から遣わされた畠山氏が、ここに居城を構え、七代当主のときに、名を二本松氏と改めたことから、このあたりが二本松と呼ばれるようになりました。

江戸期にあっては、戦国時代において、信長の当初からの譜代の武将として有名な丹羽長秀の子孫がこの城に入り、明治維新の戊辰戦争へと向かいます。
冒頭の佐久間先生のお話は、その戊辰戦争のときのエピソードの数々です。
ひとつひとつのエピソードが、たいへん心に迫る歴史の挿話です。

ところで、このお話をみなさまにご紹介しようと思い立った背景は、実はWikipediaの記述にあります。
そこにはこう書いてある。

「1868年(慶応4年)の戊辰戦争に際し二本松藩は奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と戦った。7月29日、藩兵の大半が白河口に出向いている隙をつかれ、新政府軍が二本松城下に殺到し、僅か1日の戦闘において落城した。手薄になった攻城戦においては「二本松少年隊」と呼ばれる少年兵も動員された。藩主の丹羽長国は米沢に逃亡し、9月に降伏、石高を半減され藩が存続した。この攻城戦において城の建物の多くが焼失した。」

文章自体に、非常に不快感を禁じ得ません。
なぜならそこに、愛がないからです。

みなさんは、冒頭の佐久間先生の文と、このWikipediaの文を読み比べて、何をお感じになるでしょうか。

私は、ここに、戦後の唯物史観に毒された歴史者の、証拠と証拠を見比べ、評価して歴史を淡々と記すという、たいへんに「間違った」歴史との接し方のある種の代表を見るように思えてなりません。

なるほど戦いは一日で決したかもしれないけれど、その戦いは、他の誰でもない、人が行なった戦いです。
そしてひとりひとりの戦った武士たちには、ひとりひとりに忘れ得ぬ物語と感傷があるということを、すっかりと忘れている。

だから、ひとりひとりの武士たちの、その感傷から、何事かを学びとろうとする佐久間先生の文章と、唯物史論的な人間不在の歴史観には、そこに大きな違いが生まれているのだろうと思うのです。

学校の歴史授業がツマラナイ、とよく聞きます。
けれど、歴史というものは、民族のアイデンティティを構築する価値観を学ぶものです。

アイデンティティ(identity)というのは、米国の心理学者のエリクソンが提唱した概念です。
そのエリクソンは、
「アイデンティティが正常に発達すると、人は社会的価値やイデオロギーに自分の能力を捧げたりする事ができるようになる。
他方、青年期においてアイデンティティが正常に獲得されないと、自分のやるべき事が分からないまま日々を過ごしたり、時に熱狂的なイデオロギー(カルト宗教や非行など)に傾いてしまう」と説いています。
まさに、いまの日本そのものです。

歴史、特に国史を学ぶということは、自分が何者であるかを学ぶ、ということです。
そして日本人が、ほんとうの日本の国史に気付き目覚めたとき、日本は変る。

そして日本が目覚めたとき、ほんとうの意味での正義が世界に開かれるのだと、私は思います。

よろしかったらクリックを。
 ↓ ↓
人気ブログランキング

二本松少年隊


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

鶴ヶ魂

No title
二本松を踏みにじったのは薩長を中心とした不義の者たちです。
上昇志向と俗欲にまみれた不義の者たちが立てた薩長政権・旧帝国が日本を誤らせた事を忘れてはなりません!

まいど

慰安婦問題
こんにちは。
テキサス親父のサイトに出ていました。
ホワイトハウスの請願書で慰安婦問題が取り上げられているようです。

http://staff.texas-daddy.com/?eid=342

読者

心に染み入るお話ですね
今回のエントリーを一番読ませたいのは
小沢一郎です
あの男は口を開けば
「自分は東北人である。東北人は迫害されてきた」と言ってますが、ナンチャッテ東北人であり、東北の恥です。

なお前回のエントリーと関連は深いと思いますので
掲示板をお借りします。
なぜ「国害認定」すべきパチンコが無くならないのかと言う事で、気になる記事を見つけました。
表紙の動画を三秒間見ていてください。
詳しくは下の「社会・文化一覧」をクリックしてみてください。(表示されない場合は「選択」と検索してみてください。
誌名が表示されます。
亡国の元凶は東大法学部卒業者の「試験秀才なら何をやっても許される」という思想です。これでは現場で汗を流す警察官の労苦は報われません。庶民の信頼をぶち壊しているのが誰なのかよくわかります。
警神・増田巡査も草葉の影でお嘆きですよ・・・。

ポッポ

No title
ねずさん いつも、良い話をありがとうございます。

ところでこの数日、幾つかのテレビ局で原子力発電の再開に反対する45,000人ものデモが、官邸の近くで行われているとの報道が行われています。
尖閣問題のとき、全国各地で何度もデモが行われたことを、ごくわずかしか報道しなかったことを思い出すと、この差と意図は何かと考えています。

また、小沢氏の離婚問題も、文春で取り上げられた後、自民党の議員が一度取り上げました。それから、本日やっと読売新聞が記事にしました(他の新聞は、知りません。)。

マスコミとは、なに? 少なくとも、公正中立な立場で、報道しているとは言わないで欲しい。

ならぬことはならぬこと

No title
なのです!

桜子

No title
お疲れ様です。
二本松少年隊、他にもエピソードいろいろありますね、読んでいて涙です。
戦い合う同士にもお互いが日本古来の武士道を持ち、敵であろうと味方であろうと相手の武勇に対し礼儀を尽くす、その精神を我々日本人は累々と受け継いでいるのです。
それは先の戦いでも同じです。

どこかの国の様に「誇りだ!誇りだ!」と叫びまくっている民族と誇りの次元が違いますし、またどこかの国の様に、女、子供であろうと無差別に殺戮を犯す民族と民族が違います。
日本人は胸を張って誇りを持つべきです。

ねずさんの大好きな句
 
>風に散る
  露の我が身は いとはねど
 心にかかる 君が行末

ねずさんの心、ひしひしと伝わってきます。
日本国を憂いている皆さんの心も同じだと思います。

>君がため 二心なき武士は
  命はすてよ 名は残るらん


今こそこの句の心が必要な時に、この二句の心を持った官僚含め政治家がどれほどいるか?
「今一度歴史を学び直して出て来い!」そう言いたいですね。






吉法師

No title
何も言う事は有りません、ねずさんの見解通りです。
戦後、我々は民主主義に名を借りた守銭奴に、知ってか知らずか、成り果て、なにもわが国に限らず、古今東西どの国でも当てはまるこの理屈を捨て、現在この有様。
私は”民主主義”が悪い、と言っているのではない。
その名に借りた売国奴・反日輩どもの思う壷。
日本有史上、我々は最もアイデンティティの希薄な時代を
余儀なく生きるテイタラクに陥ってしまった。
人により、この二本松少年隊の侍達を不運・不幸な少年達、と捉える向きがきっとあるだろう。
が、この少年侍達は、今の我々より、きっと心の奥は、
清々しく、一点の曇りもない、悠久に満ちたものであったに違いない。

hehehe

No title
ニコニコ動画に沖縄の慰安婦碑の動画がありました。
沖縄腐ってますね。
くわしい情報がどこかにあれば良いのですが。
拡散お願いします。

沖縄宮古島の慰安婦碑と那覇市主催の慰安婦展
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18164791

あ太郎

No title
今の歴史学者に歴史上の人物に対して、愛がないというのは本当でしょう。それどころか、歴史研究に対する、歴史学者としての「情熱」すら感じない。

中島敦がその著「李陵」で、本物の歴史学者とはいかなるものか、実に鮮やかに描きだしている。

項王則チ夜起キテ帳中ニ飲ス。美人有リ。名ハ虞。常ニ幸セラレテ従フ。駿馬名ハ騅(スイ)、常ニ之ニ騎ス。是ニ於テ項王乃チ悲歌慷慨シ自ラ詩ヲ為リテ曰ク。

「力山ヲ抜キ気世ヲ蓋フ、時利アラズ騅逝カズ、騅逝カズ奈何スベキ、虞ヤ虞ヤナンジヲ奈何ニセン」ト。歌フコト数けつ、美人之ニ和ス。項王泣数行下ル。左右皆泣キ、能ク仰ギ視みルモノ莫シ……。

 これでいいのか? と司馬遷は疑う。こんな熱に浮かされたような書きっぷりでいいものだろうか? 彼は「作ル」ことを極度に警戒した。自分の仕事は「述ベル」ことに尽きる。

事実、彼は述べただけであった。しかしなんと生気溌剌たる述べ方であったか? 異常な想像的視覚を有もった者でなければとうてい不能な記述であった。

彼は、ときに「作ル」ことを恐れるのあまり、すでに書いた部分を読返してみて、それあるがために史上の人物が現実の人物のごとくに躍動すると思われる字句を削る。

すると確かにその人物はハツラツたる呼吸を止やめる。これで、「作ル」ことになる心配はないわけである。

しかし、(と司馬遷が思うに)これでは項羽が項羽でなくなるではないか。項羽も始皇帝も楚の荘王もみな同じ人間になってしまう。違った人間を同じ人間として記述することが、何が「述べる」だ? 

「述べる」とは、違った人間は違った人間として述べることではないか。そう考えてくると、やはり彼は削った字句をふたたび生かさないわけにはいかない。

元どおりに直して、さて一読してみて、彼はやっと落ちつく。いや、彼ばかりではない。そこにかかれた史上の人物が、項羽や樊かいや范増が、みんなようやく安心してそれぞれの場所に落ちつくように思われる。


どうですか? 中島敦の指摘。 ・・・もう、何も言うことはありません。

ふふふ

No title
朝河貫一教授はエール大学の教授でしたね。
先の第二次大戦をやめさせようと必死でアメリカ大統領
のルーズベルトを説得しようとして人物です。

彼も二本松に縁のあるお方です。
当時、二本松での戦いを見ているはずです。



-

根なし草に花は咲かない
ドイツの初期ロマンテイクを「近代」の生みの親とするのは常識である。

ゲエテとナポレオンという二つを高い峰とする近代の開始に當って、ナポレオンは強力な地ならし機械である。この巨大な力は自分では何をしているのか、何もわからぬことをしたのである。盲目で無明の大暴力である。無明は大暴力となりうる。無明の大文学も、大芸術もいくらもありうる。これが即ち「近代」である。

しかしゲエテはいち早くに、自分が最も責任をもつべき近代に対し、その政治にまで及んだ制度全部に疑問をもった。

ナポレオンは自分が何をしたかわからなかったので、死の間際のうつつに、なおも軍隊に進軍の号令をかけつづけた。ゲエテが最後に光といったのは、象徴的である。味爽の光明の世界と思っていたのが、薄暮だったのであろうか。

ハイネにとって、ゲエテは憎々しい大俗物で、ナポレオンは神の如く悲しい英雄だったことには理由がある。しかし我々の学生時代に、不本意な田舎教師の境遇にいたドイツ語の先生は、祖国を持たない詩人を信じるな、彼が詩人たることはあり得ない、と教えられた。
保田與重郎「日本浪漫派の時代」日本的の論



 ハイエク曰く、

社会研究においては、ある専門分野への極端な専門化はとりわけ破壊的な結果をもたらす。

そのような専門化によってわれわれは、単に魅力的な話し相手とか良き市民になれなくなるというだけでなく、専門の領域において、または、少なくとも遂行しなければならない重要な課題のいくつかにかんして、適正を欠くようになるのだ。

物理学者でしかない物理学者は、それでも第一級の物理学者、そしてもっとも価値ある社会の一員である。

 
しかし経済学者でしかない経済学者は、偉大な経済学者ではありえない。

これに加えて私はむしろ、経済学者でしかない経済学者は、積極的な危険となるか、そうでなくとも迷惑になる、と言いたい気がする。
(『ハイエク全集Ⅱ-4「哲学論集」』、春秋社、312頁)


※自己は完全無欠ではない、その事に気付いた人間が神を創造した。この単純な事実にカルト信者は気付いて欲しい。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク