中共による事実上の宣戦布告

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

羅援少将


昨日沖縄のことを書きましたが、その沖縄、尖閣について、中共はついに軍事侵攻開始の発言を行ないました。

発言したのは、China人民解放軍の羅援(らえん)少将です。
この人は、China人民解放軍のシンクタンクである軍事科学院世界軍事研究部元副部長であり、China軍事科学学会常務理事・副秘書長でもあります。

この羅援少将が7月1日に、香港のフェニックステレビ(鳳凰衛視)に出演して発表したのが、以下の6大戦略です。

(1) 尖閣諸島に「中国台湾宜蘭県釣魚島鎮(=町)」を設立。
(2) 不明確な尖閣諸島の領海の基線を設定。
(3) 周辺海域を軍事演習区とし、航空部隊の射的場に使用する。
(4) 日本の海上保安庁に対抗する国家海岸警衛隊の設立。
(5) 開発集団(=企業)を設立し、石油探査と漁業、旅行を担当。
(6) 世論を味方に付ける。

この発言が、Chinaのいち軍人によるただの発言でしかないと思うなら、それは考えが甘いとしか言いようがありません。
左翼、共産主義というのは、すべてことごとくが上からの支持によって動きます。

とりわけ中共の場合、古来、上層部の意向に逆らった発言をする者は、当人の一切の肩書きの剥奪だけでなく、本人並びにに家族までもの生命の危険におよぶというのが、定石です。

つまり、このたびの羅援少将の発言は、中共政府首脳部の意向を受けて、尖閣への具体的な軍事侵攻の前に、各国の「反応を見るために行なわれた発言」であると見る必要があります。

仮に日本や米国が、この発言に対して特に異論を述べない、あるいは何の反応もしないとなれば、次に打つ手は、実際に軍の派遣に至る。
それが外交というものです。
ちょっとずつ、様子見を小出しにして、相手の出方をうかがい、ある時点を境に、いっきに侵攻を図る。
それが世界の外交の常識です。

最近では、中共政府は、尖閣諸島を「核心的利益」と呼んでいます。
これは、単に尖閣領海内に眠る海底資源のことを言っているのではありません。

なぜなら、Chinaが「核心的利益」と呼んでいるエリアは、尖閣だけでなく、台湾、チベット、ウイグル地区が、これにあたるからです。
つまりChinaは、いまや明確に尖閣領域を「自国の領土として確保する」と堂々と主張しはじめた、ということなのです。

この羅援少将の発言を受けて出されたのが、7月9日に行なわれたクリントン国務長官の発言です。
これは9日付の韓国紙朝鮮日報が伝えた報道ですが、クリントン米国務長官が国務省高官から日韓両国の歴史について報告を受けた際、旧日本軍の従軍慰安婦について「慰安婦という表現は間違っている。強制的な日本軍の性奴隷だった」と述べたという。(共同)

尖閣はChinaとの問題であり、慰安婦は韓国問題、まるで異なる問題でしかない、などと理屈をつけるのは、日本人の小賢しいエリート思考というものです。
ヒラリーの発言は、「米国は日本の味方ばかりはしませんわよ」と言っているのです。

つまり、米国にとっての国益が最優先自公であり、日米安保があろうがなかろうが、日中韓の軍事外交領土資源に関する問題については、歴史的事実などよりも、現在の米国の国益を重視して考える、と言っているのです。

日本人でも、ある種のエリート思考に固まった方は、「理論的に正しければ、正しい」といまでも思っておいでのようです。

たとえば、尖閣にしても、竹島にしても、歴史的事実として我が国の領土領海として認められてきているのだから、そこは間違いなく我が国の領土領海であり、それは国際的にも信任されるものだ、と信じておいでのようです。

けれど、それを言うなら、歴史的にみて、インドは三百年間の長きにわたり英国の支配地です。三百年の歴史的事実があるのだから、インドは独立国でなく、英国の植民地でなければならず、それは国際的に信任されるものなのでしょうか。

あるいはフィリピンは、戦前、米国が植民地としていました。
これは国際的な事実です。
ならば、いまでもフィリピンは、独立国でなく、米国の植民地でなければならず、それは国際的に信任されるものなのでしょうか。

あるいはチベットは、歴史的にみて漢民族が統治する国ではなく、敬虔な仏教徒であるチベット民族の仏教国です。
ならば、チベットは、中共政府の干渉を拒否した独立国となっているのでしょうか。

あるいは南ベトナムは、歴史的に米国がバックアップする民主主義国家として国際的に承認され、いまも存在しているのでしょうか。

要するに、「歴史的事実」などは「いくらでも歪曲することができ、国際的な力関係によって、「いくらでも変更されてしまうものなのだ」ということが、「事実」なのです。

最近になって、ようやく日本人にも「日本の領海内に莫大な資源がある」ということが知らされるようになりました。

尖閣領海内の天然ガスと油田。
日本近海内のメタンハイドレードに、レアアース。

それだけではありません。
まだまったく報道されていませんが、日本には、世界最大の金の鉱脈(試算的には現在世界で流通しているすべての金(Gold)とほぼ同量の大鉱脈が、発見され、いまだに眠っています。

こうした資源が目の前にあるなら、そこから生まれる利益を根こそぎ奪ってしまえ。
政治的軍事的に自国のものとしてしまえば、自国は未来永劫栄えることが可能になる。
そう考え、行動するのが、その国にとっての「正義」なのです。

国家と国家との間の国際関係に、永遠の味方もいなければ、永遠の敵もいません。
あるのは、自国の国益だけです。

それぞれの国が、それぞれの国の国益を最大限に発揮することで、その国の民衆の豊かな暮らしと安全、安心が保障されるのです。

自国の国益など一切考えず、むしろ国益となることを捨て去ることが国益だ、などと馬鹿げた妄想に浸っているのは、人類史上、アホな現代日本だけです。

さらに、羅援少将は「世論を味方に付ける」と発言しています。
これは何を意味しているかというと、「中共国内の世論を味方につける」などというものではありません。
中共という国は、政治指導部が右だと言えば、左でも右になる国なのです。
政治は「世論の影響を受けて」行なわれるものではなく、むしろ「世論を操作するのが政治」という国柄です。
従って、この発言で、「味方につける」相手は、中共国内の世論ではありません。

では、どこの誰を味方につけようとしているのか。
それは、日本であり、米国であり、台湾です。

日本国内の世論を操作して、尖閣への関心をなくし、
米国でのロビー活動によって、米国の軍事出動に歯止めをかけ、
台湾の政権に干渉して、尖閣領域を主体的に中共政府に差し出すようにもっていき、

そして、
沖縄にChineseを大量に送り込み、沖縄の土地を買い漁って地主となり、沖縄を日本本土から遠ざけ、できれば日本から独立した国家にまで仕立ててしまおう、ということを意味しています。

多くの沖縄県民は、基地への反対運動や、オスプレイ配備などに反対運動をすれば、日本政府や米国から補助金を得られて、自分たちの生活が豊かになると踊らされています。
けれど、そうしたカネは、これまでにも何百億と沖縄に投資されてきましたが、その多くは、沖縄県民のフトコロには、はいっていません。

沖縄の一部の高級官僚や、メディアのフトコロにはいっているだけです。
そして昨今では、中共がこの沖縄のほんのひとにぎりの一部の「補助金金持ち」という名のエスタブリッシュメントを籠絡し、沖縄の土地や海域を、事実上、Chinaに売ろうとしています。

それは沖縄県民にとって、沖縄が未来のチベットになるという事態であるに他ならず、もしそんなことが現実となれば、数十年後には、沖縄の若い女性が、何人も焼身自殺をしなければならない事態となる。
現に、そのことがチベットで起こっているのです。

今日、私がみなさまに申し上げたいのは、「歴史的事実」などというものは、国際的力関係の前には、まるでシャボン玉みたいなものでしかない、ということです。
見た目は美しくても、雲散霧消してしまうのです。

決して「歴史的事実を検証する」ことの有意義性を否定して言っているのではありません。
そうではなくて、国際的な力関係を無視してはならない、ということを申し上げています。

日本が、自衛隊は違憲だのと、軍事軽視を続け、他国の工作機関による政治工作、情報工作、メディア操作をいつまでも容認しているならば、日本はいいようにタカられ、むしられ、せっかくの祖先が残してくれた国富さえも、全部失ってしまう、ということなのです。

日本がたかられ、むしられるということは、日本という形而上学的な存在にとっての被害ではありません。
私達ひとりひとりの日本人の生活や安全が脅かされる、ということなのです。

国際社会に、甘えや依存は通用しません。
大切なことは、自国の利益は自国で守るという、はっきりとした態度を貫くことが大事なのです。

もはや、待ったなしなのです。
このまま放置すれば、日本は消滅してしまう。

いま、日本は、日本人は、わたしたちひとりひとりは、大きな岐路に立たされています。

ひとつは、日本を失い、他国の支配を受け、人権も生命も財産も血統もすべて失って、未来永劫、元日本人は貧しく収奪されるだけの世界の貧民となる道。

もうひとつは、独立自尊を明確にし、日本人としてのプライドと矜持を持って、堂々と世界に向けて、平和と正義を貫きとおす、世界でいちばん豊かな国、豊かな人々となる道。

もはや、私達日本人の前に、その2つの道の中間はありえないことを私達は知るべきであると思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

羅援少将が発表「尖閣を中国の行政区に」(字幕付)


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛国無罪

沖縄は日本の領土です
沖縄は日本の領土です。中国や沖縄が何を言おうと、その事実は変わりません。


県知事の仲井真は「久米三十六性」とかいう、中国人の子孫を自称しています。その仲井真は中国人限定のビザなしの渡航を国に要求したり、沖縄県内の反基地デモを煽ったりとまるでシナのお使いのようなことをしています。
最近では、東京都が尖閣諸島を購入しようとするのを「尖閣は日本領ではなく、沖縄領だ。ネトウヨにおだてられて軽率な愚行に走る石原の考えを知りたい」とまで言ってました。
そしてこの度の「オスプレイを配備するなら沖縄のすべての基地に琉球の怒りをぶつける、基地関係者は怯えて眠ることになるだろう」という恫喝。仲井真は革命闘士にでもなったつもりなのでしょうか。


これ以上沖縄人が日本の防衛を邪魔するなら、保守派は沖縄人を見限り、敵とみなすでしょう。日本に寄生しながらその日本を踏みにじるような奴らと肩を並べる気はありません。

-

変ですよね。
中国が尖閣諸島へ宣戦布告とも取れる事をしたのに、テレビはなしのつぶて
ブログランキングでも、韓国のこどばかり

東京新聞は、クリントン国務相の
尖閣諸島は安保条約に入ってる。これだけですよ。

安保条約に入っていても、主権者の場合です
先日、台湾巡視船が4船 尖閣諸島内に入ったそうです

中国の旗を立たのと聞きましたが

日本政府に、尖閣を護る気持ちがあるのか?
本当に疑問です

中国が、あれほどの意思表示をしながら日本が静かすぎます

メディアで、何か流れましたか?
中国に上陸されてから、中国軍がぁーと、報道するのでしょうか?

日本子

中国人はどんどん侵入してきています。ある番組で、タレントの義理の祖父が台湾人で、祖父が移り住んだ西表島は台湾人が多いと言っていました…。人口が少ない西表島に台湾人が多いというのは…ほとんど台湾人なのでは…。自民党が政権を握っていたとき、北朝鮮にミサイルを撃ち込まれて何もできませんでした。もしも海でなく陸に撃ち込まれていたらどうなったでしょうか。アメリカが日本を助け守ってくれると安心して平和ボケしたままなのか、売国奴のなりすまし日本人だらけなのか…。アメリカは中国寄りに見えますし、日中や日韓の関係悪化をうまく利用して利益を得ようとほくそ笑んでるように思います。中国が占領に動くなら日本はやはり武力で迎え撃ちアメリカにも強い態度で対応するべきです。

ポッポ

No title
尖閣諸島に台湾漁船に運動家が向かい、その護衛に台湾の巡視船が付いてきたのですが、その漁船は五星紅旗を振り回している。
本当に台湾人かと疑問を持ちました。しかし、護衛している巡視船の乗員は、通常、五星紅旗から台湾を守るための仕事をしているのです。複雑でしょうね。
他に旗がないと言ったそうですが、信じられません。中国の意図を受けているのなら、こんなときに旗を間違えるはずがないからです。
この事件で報道されている映像は、台湾漁船から撮ったものだけですが、意図的なものを感じます。日本で報道した場合、どのような効果があるか、また、どのような結果になるかを知ることが、目的だったのでしょうか?

次に、尖閣を射爆場にするとか言っていますが、これで日本の様子を見ているのでしょう。政府が弱腰なら(senngoku38事件のとき民主党の幹事長は、中国に完全に負けているようなことを言っていたことを思い出しましたが、そのままならと言うことです。)このまま強腰でくる。
日本が普通の国としての対応をすれば、無茶はしない。日本の海上保安官は精鋭かつ優秀であり、北朝鮮の武装漁船に対しても、適切に対応しました。自衛隊はこれ以上に、対応できます。防衛大臣も、やっとまともな方が選定されています。
たかじんのそこまで言って委員会で、元アメリカ国務省のケビン・メア氏は尖閣諸島問題で日本が中国に対応すれば、日米安全保障条約の対象だと言っていました。彼は今でも、アメリカ政府に影響力を持っています。
中国は日本が適切に対応するか、否かを試す度胸はないと思います。
尖閣諸島は我が国の領土であり、日本はこの領土と領海及び経済水域を自国のために活用すればよいのです。中国が然ガスを掘削しても、日本は黙って眺めているだけであるのを見て、好き勝手を拡大するのです。

国会の参議院が昨夏サイバー攻撃を受けていた問題で、情報の送信先の一つに中国・南京大学院生のメールアドレスが指定されていたとして、読売新聞がこの元大学院生に取材のため電話したところ、攻撃への関与を否定されたそうです。
これは日本の捜査当局の許可を得てから行ったものか、気になりました。もし、許可を得ていなかったのなら、捜査の妨害をした可能性があります。元大学院生は、もう行方が分からないと思います。

anonymous

民主党を日本の政党だと考えるから民主党は馬鹿なんて呑気な発想になるわけで、そういう方々の目は何処を向いてるのでしょうか
これだけ日本国民を馬鹿にして露骨に中共、韓国のために尽くしてるのに未だ分からないとか、あまりの現実に脳が処理できなくなってるんでしょうか

そりゃ神がいるなら、ぼけ過ぎ日本人には血を見せなきゃ分かってもらえないと判断するでしょうね
平和を祈って何もしなければ平和は保たれると思考停止な日本人が大いに学ぶには血も必要ということでしょうか

-

中国の東西南北で、侵略されてい無いのは日本だけである。だから、中国の次の標的は日本である。

anonymous

家畜
一方で反日を支援しつつ一方で同盟と称して管理するのが米国のやり方です
露での革命騒ぎ、中東分断工作等のやり方をみれば東亜細亜での米国の魂胆がおのずと分かるのです

日中の黄猿同士で勝手にやりやってくれと、弱った頃を見計らって恩着せがましくヒーローづらで登場し美味しく頂きますからと、こういうことです

日米安保なんて文面通りに機能してくれると考えていたり、TPPという露骨な日本人家畜化計画を打ち出されても気付かないなら
いずれにしてもその依存体質が自らを滅ぼす事になる。敵国の愛国心、思考を破壊し骨抜きにしとけば武力を必要としなくても滅ぼされることがある
現在の日本人はどうでしょうか。スイス政府の「民間防衛」は目から鱗でしょう
国民が利口に成って心理情報戦を理解しなければ、いつの間にか負けてるんです。気がついた時は手遅れなんです
中共による直接支配を免れてもその後は米国に思考を支配された家畜にされるわけです。未来の日本人は誇りを持たない家畜の遺伝子だけが残る事になる
だからどうしても自分達で守らなければならないのですよ

chika

No title
大半の日本人の頭は半分眠っている状態。
しかしネットのおかげで隠された真実、捏造歴史に気づき始めた人が増えてきたのも事実。
ここのブログに来る方々は、日本の危機を痛感されていると思います。
目覚めて、真実を知って、しかし、何も行動を起こしてない自分、情報の拡散以外、具体的に何をすればいいのが分かってない自分がもどかしい。
このまま無能で弱腰な日本政府の、アクションを起こさない対中外交を見るだけではいけないと分かっているのに、日本国を憂う人々と団結して何かをしれば、と思うのに、具体的に動いてない自分。

ますみ

沖縄がとられたら日本が終わる!
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/

yaegakihimeさんのブログ(まさか、右翼と呼ばないで!)に
びっくりなことが書かれています。
ぜひ読んでみてください。

沖縄の仲井間知事と前知事は帰化人だそうです。
知りませんでした。
石平氏と恵氏の動画もぜひぜひご覧ください。
もうここまで危ないとは…。

石平氏によると、
南京大虐殺等や反日教育で「残虐な日本人」像が脳裏に焼き付いている
中国人の若者たちは日本に攻め込んだら「東京大虐殺」をやりたいって
思ってるんだそうですよ。
第二のチベットになりたいですか?

ひっそりと南京大虐殺のねつ造の検証などしている場合ではないと思います。
積み重ねてわかった事実を大々的にアピールして
世界に発信しなければ意味がありません。
それだけではなく、通州事件、通か事件など日本人が犠牲になった
あらゆる事件を、残っている資料とともに英文で発表し、日本と
世界に事実を発信しなければならないと痛切に感じます。
亡くなられた無辜の人々と日本人全ての名誉のために。

これには政治の力が必要であろうと思います。
日本政府が動いてくれたらよいのですが…。

amawari300winmag

沖縄の現状
私たち県民は、耳に入ってくる報道や新聞紙上から得られる情報は、すべて左翼的平和ボケした内容で一色に染まっています。

 ただ、非常に残念なことは米国の国務長官が慰安婦に性奴隷と置き換える発言をしたことが、ねずさんの仰ってる国益優先の同盟国に県民の誰もが不安を抱いていない事です。

 その前後して野田総理は、「人のふんどしで相撲をとる」ようにいきなり尖閣諸島は国が買い上げると言うし、今の日本の立場を考えると無計画のまま姑息な政治を執っているとしか思えません。 顔色伺いの外交からもっと我が国の国民に自信をもたらしてくれるような外交姿勢に転換して欲しいものです。

 シナ共産党の侵略手法はチベットやウイグル民族に多大な苦痛を今もこれからも与え続けていきます。

 そこから得られた中共の魔の手は、次に沖縄に向けられるのですが、悲しいかな沖縄の識者と言われている知名氏は全て左翼的平和ボケした輩で、米軍との友好親善より中国との密な関係を望むと言ってます。 日本は自民党時代から強い外交戦略は存在せず、長いものに巻かれる主義のように世渡りをしてきましたが、これからの日本は主権国家たる自尊心と愛国心を国民が感じてくれるような強い外交ができる政党が現れてくれることに期待しています。

coco

緊急拡散 TPP交渉参加、来月表明!&デモのお知らせ
すみません。コメ欄お借りして拡散させてください!

==================================================
皆さん!緊急事態です。2ちゃん、mixi、ツイッター、face bookで
拡散お願いします。

TPP交渉参加、来月表明 政府 カナダ、メキシコと歩調
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120710-00000083-san-pol

http://ainippon.web.fc2.com/other.html
○日中韓投資協定・TPP反対デモパレードin霞ヶ関

○日程    7月28日
○集合時刻 13:00分集合
○出発時刻 13:30分出発
○集合場所&出発地
水谷橋公園 (所在地:東京都中央区銀座1-12-6)
○終点 (日比谷公園)
○予定ルート(変更の場合もあります)Google Map
○アクセス
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口から徒歩約1分
地下鉄銀座線銀座駅A12番出口から徒歩約5分
JR東京駅八重洲南口から徒歩約8分
JR有楽町駅京橋出口から徒歩約8分

hehehe

No title
日本から技術流出だけじゃ?
オーストラリアはシナ朝鮮よりなのでは?

日本が技術協力の可能性=豪州の次世代潜水艦
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012071000540

お節介者

No title
ヒラリー米国務長官の「性奴隷」発言の件ですが、
http://twinklestars.air-nifty.com/sorausa/2012/07/post-d2f6.html
ここの指摘によると(英語原文から検証されてる) ヒラリー発言を朝鮮日報が曲解(限りなく捏造)して記事にした可能性がでてきています。

靖国

「慰安婦」ではなく「強制された性奴隷」 米国務省、韓国紙報道を確認せず
産経新聞 [7/10 11:28]
【ワシントン=犬塚陽介】米国務省のベントレル報道部長は9日の記者会見で、クリントン国務長官が「慰安婦」ではなく「強制された性奴隷」との言葉を使うよう高官に指示したとする韓国紙報道について、発言を確認しなかった。国務省は通常、非公式会議に関する報道内容には言及しない。
長官発言をめぐっては朝鮮日報(9日付)がソウルの外交筋の話として、クリントン長官が「慰安婦」の言葉は誤りで、「強制された性奴隷」と呼ばれるべきだと非公式会合の席で国務省高官に語ったなどと報じていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120710-00000525-san-int

甘野老

No title
全く野田政権はのんびりしていますね。
何も言わないのは、シナを刺激したくないからではないでしょうか。
最近尖閣諸島を国有化したいと言いだしたのも、表向きは「平穏かつ安定的に維持管理する」ことを目的に挙げていましたが、石原都知事だと、いらぬ対立をシナと起こしかねないからというのが理由ではないかと勘ぐってしまいます。
刺激しなければ、相手はおとなしくなると思っているとしたら、猛獣を相手にしているとでも思っているのでしょうか。

共通一次世代

No title
今日の記事を読んで、安倍政権の時の、保守派の猛烈な安倍さんに対する批判を思い出しました。

アメリカ下院議会において従軍慰安婦に関する決議がなされたときの件です。

「この決議は法的に非拘束のものであり、行政府に政策を取るように求めるものではなく、上院に送られる性質のものではない」

今現在のWIKIにも書かれていますが、当時も冷静な判断として、そのことはネットで流れていたと思います。しかし、保守派は、「安倍総理は弱腰だ!!」と散々叩いていました。

安倍政権としては、「大きく取り上げることによって反日勢力が結集し大きな波になることを、防いでいた」のだと改めて思います。

今回の記事に書かれているヒラリークリントンの発言ですが、英さんも指摘されているように、先ず、発信元が韓国外交部であること、また、ソースが朝鮮日報であることで、韓国側の身勝手な飛ばし記事ではないかといわれているようです。

『U.S. sex 'slaves' in thousands today, Secretary of State Hillary Clinton says』
BY DAILY NEWS WASHINGTON BUREAU
Tuesday, June 15, 2010

http://articles.nydailynews.com/2010-06-15/news/27067091_1_trafficking-in-persons-report-debt-bondage-state-hillary-clinton

というのも、クリントン国務長官がsex 'slaves' と言う言葉を使ったという記事は、この約2年前の上記の記事しか見当たらないのだそうです。そして、勿論、記事の見出しで「U.S. sex 'slaves' 」と出ているように、この記事は当時、アメリカ国内の問題として語った内容です。

韓国側は、この記事の目的として、ひとつは、やはり、日本人に対し「反米」を植えつける狙いを持っているのではないかと思います。

日本の保守派は、極端な反米感情を持っている人が多いと見受けます。原爆を投下され、GHQにやりたい方題された日本人としては、そのことに対する怒りは当然で、勿論私もその当時の米国に対して持っています。

しかし、今は、そのことを上手く利用されてはいないかを注意しなければならないと思っています。

過去の保守派の反応を見ると、図らずも、そのあたりで極端な方向へと流れ、安倍、麻生政権へのバッシングもあったと思います。

米国については、かねてから「二つのアメリカ」があると考えねばならないという意見を私は大事だと思っています。
米国内で主に中国系韓国系がくっついているのは共和党ではなく今の民主党だと思います。

また、日米同盟が今、崩れればどうなるか、保守派の方々は勿論理解されていると思います。

優先順位があります。

こういうことを考えると原発問題も同じことだと思えます。
一方的に「脱原発」を叫んでも反日の思う壺です。
時間はかかるけれど、優先順位を踏んでいかなければいけない。
突然の脱原発は原子力に関する技術を捨てることにもなります。それが反日の「期待するところの一つ」のはずです。

突然の脱原発は、当然のことながら日本の産業の衰退を加速させます。これも反日の「期待するところに一つ」のはずです。

日米同盟を堅持しながら、真の国家的独立を目指す。
親米にある必要はないけれど、極端な「反米」は中韓に利する行為となると考えるべきだと思います。

トモダチ作戦は、被災地の自衛隊員を米軍の人たちが目の当たりにして、現場から始まったように聞いています。

米国と中国韓国の違いは、中国韓国軍なら、絶対にトモダチ作戦など行わないであろうと言うことです。
現場がそもそも動かないでしょう。
人が何人死のうが平気の平左なんですから。

-

尖閣諸島沖に台湾の保釣船が巡視船とともに侵入 
尖閣諸島周辺の領海に七月四日、今度は台湾の海岸巡防署(海巡署)の巡視船四隻が、保釣運動の活動家を乗せた遊漁船「全家福号」を護衛しながら侵入した。
遊漁船「全家福号」からの動画
http://www.wcaddl.org/forum.php?mod=viewthread&tid=2559

頑張れ日本

No title
そもそもシナをここまでつけあがらせてのは日本でしょう。日本国民の税金を垂れ流し続けた自民党政権、更に売国奴大使を送りこみ、まだ金を流せと在籍した元商社の利益誘導を計り、尖閣は日本の領土と発言出来ないシナ人丹羽を更迭もできず、益々自ら窮地に陥った馬鹿な日本国の政治家達には期待する方が無理です。
この国は戦勝国から押し付けられた自虐史的憲法で自らの行動を束縛し、やがて諸国民の平和に希望を委ねながら夢から覚めず民族滅亡へと進むより他は有りません。
その責任は政治家とここまで自国を貶めてきたメディアの責任が大きい事は明白です。
震災被害の復興・復旧が遅々として進まず、放射能汚染等心配無い瓦礫さえ受け入れを拒み続ける日本人、何時から『他人クタバレ我繁盛!』等と言う精神根性が染みついたのでしょう。『絆』等と言う復興スローガンが何故か空々しく聞こえてきます。

No title
まず、ヒラリークリントン発言は問題ですが、発信元は韓国外交部なのでうのみにはできません。
ここは、事実関係をはっきりさせ真意を確認すべきでしょう。下手に、アメリカを刺激したら韓国の思うつぼです。

今、最重要項目はこのシナの発言です。
この6大戦略を「タカ派少将の突出発言」と軽く見てはならない。

 羅援少将は今年3月、ベトナムやフィリピンと領有権争いがある南シナ海に対しても同様の「5大提案」を行ったが、中国政府は3カ月後の6月、提案を受け入れて、南シナ海の西沙、南沙、中沙の各諸島を管轄する「三沙市」を設立すると発表したのだ。

 今最重要課題は、このシナ発言にどのように対処するかであり、上記のように3月に提案し、6月に実施されたということは、猶予は3カ月しかありません。MAX4か月です。
シナが、尖閣魚釣島に行政区を設置すると発表したら、最低でもシナの公船海監くらいはくるでしょう。その時、海保では無理です。防ぐには海自でなくては無理ですが、海自が来ても法的には無理です。できても、海保に毛がはえたくらいしかできません。

そうなると、みすみす尖閣を明け渡すこと以外なります。
まさしく、この間上映されてた映画「ファイナルジャッジメント」の現実が、日本に現出してしまうわけです。

-

A・パルヴスの論文「戦争と革命」を読む   青木直人
「戦場でのどんな敗北も、資本市場(資本主義社会が存在している間は戦争の運命は結局ここで決定される)に極めて大きく反映し、国家のクレジットを、取引所によって無慈悲に請求される国家の借金に変えている」。
中国軍による尖閣占領。そのとき世界は日本株を売り、国債のランクを下げる。軍事的敗北は国家のクレジットを直撃するのである。経済と安全保障はメダルの表裏なのだ。「弱国」の国富は避けがたく暴落するだろう。
中国要人が尖閣諸島を「核心的利益」と言い始めた。経団連首脳は困惑している。だが彼らはわかっているのだろうか。足音の聞こえてきた新帝国主義の時代の本当の意味を。安全保障で譲歩した瞬間、ビジネスの現場でも日本がババを引かされる。危機の始まった中国で彼らはそれを思い知ることになるだろう。
http://aoki.trycomp.com/2012/05/post-398.html

hehehe

No title
人権を持ち出す奴らに説明してもらいたい内容の
ブログがありました。
人権を守るとかいうアメリカの事例が載ってます。
自分は、アメリカに人権があるとは、思いませんが。
アメリカ軍の蛮行が現在も問題になってますし。

大津市中学生自殺事件、アメリカだったら加害者はただでは済みません
http://nyliberty.exblog.jp/18561519/

hehehe

No title
海外進出している企業関係者は、知っているのでしょうか?
拡散お願いします。

海外拠点のWebサイトの半数が無防備:NRIセキュアがサイバーセキュリティ 傾向分析レポート2012を発表
http://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2012/07/09/13170

白なまず

No title
ひふみ神示 第01巻  上つ巻  第四十帖
 北も南も東も西もみな敵ぞ、敵の中にも味方あり、味方の中にも敵あるのぞ。きんの国へみなが攻めて来る ぞ。神の力をいよいよ現はして、どこまで強いか、神の力を現わして見せてやるから、攻めて来て見よ、臣民の洗濯第一と言って居ること忘れるなよ。一二のか 三。

ひふみ神示 第03巻  富士の巻  第二十四帖
 富士(二二)を目ざして攻め寄する、大船小船あめの船、赤鬼青鬼黒鬼や、おろち悪狐を先陣に、寄せ来る敵は空蔽(おお)ひ、海を埋めて忽(たちま)ち に、天日(てんぢつ)暗くなりにけり、折しもあれや日の国に、一つの光 現はれぬ、これこそ救ひの大神と、救ひ求むる人々の、目にうつれるは何事ぞ、攻め来る敵の大将の、大き光と呼応して、一度にドッと雨ふらす、火の雨何んぞ たまるべき、まことの神はなきものか、これはたまらぬ兎も角も、生命あっての物種と、兜を脱がんとするものの、次から次にあらわれぬ、折しもあれや時なら ぬ、大風起こり雨来たり、大海原には竜巻や、やがて火の雨 地(つち)震ひ、山は火を吹きどよめきて、さしもの敵も悉く、この世の外にと失せにけり、風やみ雨も収まりて、山川静まり国土の、ところところに白衣(し ろきぬ)の、神のいぶきに甦る、御民の顔の白き色、岩戸ひらけぬしみじみと、大空仰ぎ神を拝み、地に跪(ひざまづ)き御民らの、目にすがすがし富士の山、 富士は晴れたり日本晴れ、普字は晴れたり岩戸(一八十)あけたり。八月の三十日、 ⨀の一二の⨀ 。


ひふみ神示 第22巻 青葉の巻 第二十二帖
 己の知では分らん、大神様とはアベコベのこと考へてゐては逆さばかりぢゃ、神示よく読んで誠の仕組仕へ奉れよ。壁に耳あり、天井に目あり、道は一筋と申 してあろ、人民と云ふ者はアレコレと沢山に目に見せては迷ふものざから、一つづつ目にもの見せて目標作って、それで引張ってやりて下されよ、一度に沢山見 せたり教へたりしては迷ひ生む許りぢゃ、役員殿 気付けてくれよ。この道開けてくると敵が段々多くなって来るぞ、敵結構ぞ、敵尊べよ、敵に親切せよ、何れも神の働きぞ、敵も御役、悪も御役ぞ、敵ふへて来 ると力出て来るぞ、神の仕組一切り。八月十一日、ひつ九⨀ 。

hehehe

No title
どさくさで参加しようとしています。
拡散お願いします。

政府、8月中にTPP参加決定 メキシコ、カナダとの同時参加目指す
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120710/plc12071001370002-n1.htm

政府は9日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題で、8月中に参加を正式決定し、米国など関係9カ国に通告する方針を固めた。早ければ8月上旬に消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案が成立するのを待ち、野田佳彦首相がオバマ米大統領ら関係国首脳との電話会談で正式に伝達。今年12月にカナダ、
メキシコと同時に交渉入りすることを目指す。複数の政府関係者が明らかにした。
政府内では、9月上旬にロシア・ウラジオストクで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて参加を伝達する案も検討されたが、首脳会議にオバマ
大統領が欠席することや、6月のメキシコでの20カ国・地域(G20)首脳会議でカナダ、メキシコの参加が日本に先行して承認されたことを踏まえ前倒しすることにした。
首相が8月中に決着させる意向を固めたのは、米議会の「90日ルール」が念頭にある。
関係国に交渉参加が承認されたとしても、米議会では最低90日間の協議を行う必要がある。

コウ

No title
やりたい放題ですね。先日の台湾の活動家が中国の旗を掲げた理由、中国が一番寄付金をくれるからだそうです(笑)シーシェパードじゃないんですから無理な言い訳です。私は中国系台湾人の行為だと思います。
昨日は宣戦布告ととれる言動を中国、韓国からいただきました。ある意味、酷い一日でしたね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク