大津市中学生自殺事件に思う

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

タイム誌が報じた事件


今日のテーマは、戦後の日本が「常識」としてきたことは、実はとんでもない錯覚でしかない、ということです。
私達はその錯覚をあたかも「常識」であるかのように刷り込まれてきた。

東野圭吾の小説に、「さまよう刃」というものがあります。
映画化もされた小説なので、お読みになられた方も多いかと思います。

この小説は、娘を強姦のうえ殺害された父親が、犯人に対して復讐するのは是か非かということをテーマとした小説でした。

小説の中で、父親は、グループの少年の家で、嫌がる娘さんがありとあらゆる恥ずかしめを受け、暴行されたときの模様を撮影したビデオを観てしまう。
これは死にまさる屈辱であり、怒りです。
そして父親は、犯人グループの少年たちへの復讐を誓う。
けれど、復讐をし、加害者を殺害すれば殺人罪です。未遂でも殺人未遂です。
復讐阻止のために、刑事たちは父親を探しまわる。
父親の復讐は成就せず、犯人の少年たちは、軽い罪に終わる、というあらすじです。

この小説がテーマとしたのは、法と正義というものと、子を愛する父親の情念と、この世でいったい何が大切なのだろうかというテーマです。
基本にあるのは、どんな理由があれ、復讐はいけないことだという戦後日本の常識と、それだけでは決して納得できない親として、あるいは人としての怒り、あるいは情の問題です。

私達戦後教育を受けて育った現代日本人は、こうしたケースにおいても、やはり多くの人が、「報復や復讐は、たとえそれが道義的に理解に足るものであったとしても、いけないことである」、「殺人は殺人であり、暴力は暴力である。それはいかなる理由があれ、してはならない、やってはならないことである」ということが一般的社会通念になっています。

復讐や暴力は「野蛮な行為」であり、法治国家では、それは決して許されない。
それが戦後日本人の常識となっています。

けれど、本当にそうなのでしょうか。
それでいいのでしょうか。

加害者は警察によってその人権が守られ、被害者は、ただただ泣き寝入りしなければならない。
実の娘に乱暴をされ、しかも殺害までされて、それでもなお「暴力はいけない」「復讐はイケナイ」ということは、本当に社会の正義といえるものなのか。
いったい何が正義で、何が正しいことなのか。
戦後教育を受けた私達現代日本人にとっては、これは「たいへんに難しい問題」となっているのではないかと思います。

おそらく、この問題について議論を始めたら、賛否両論せめぎあって答えを出すことができない。
それが戦後日本なのであろうと思います。

けれど本当にそうなのでしょうか。
それは、悩むべき問題なのでしょうか。
娘を陵辱され、殺害までされて、それでも泣き寝入りをすることが社会正義なのでしょうか。
そもそも、これは、そんなに「むつかしい」問題なのでしょうか。

実は、先般、米国のTIME誌が、実際に米国内で起きた事件を題材として、極めて単純明快に、この問題について答えを出しています。
http://healthland.time.com/2012/06/20/why-a-texas-dad-who-killed-his-daughters-alleged-rapist-wont-face-charges/

紹介されている事件は、テキサス州の牧場の馬小屋で、性的暴行を受けそうになった娘をたすけるために、父親が素手で加害者の男性を撲殺した、というものです。

この事件について、米国の大陪審は、父親を完全無罪としました。
さらに父親は、一切の罪に問われない、と判決しています。

TIME誌は、「子どもは自分を守れない。もしこの事件において父親が犯罪を犯したとするならば、多くの父親が子どもを守るために刑務所に行く」と、判決内容を全面的に支持している。

さらに読者の声として、
「ディズニーランドの生涯パスポートをお父さんに与えるべき」
「完全に賛成、当然だ」などを紹介しています。

さらに経済専門誌フォーブスさえも、
「自分の5歳の娘が襲われてたら、犯人を殺すほどの力はないかもしれないですけど、飛びかかって犯人の目玉を頭からえぐりとろうとするのは間違いない」という記事を掲載しています。

日本でこの手の話題に必ず出てくる「犯人の人権が」などという声はどこにもないし、加害者の「そんなつもりじゃなかった」などという言い訳もありません。

徹頭徹尾、一貫して「加害者が悪い」です。
ですから、父親の行為は正当です。
けだし、当然のことと思います。

加害者の「事情」など関係ないのです。
問題は、「被害者がどう感じたか」なのです。

この事件で、加害者の男性は、その娘さんを「殺害」さえしていないし、性的暴行も、未遂に終わっています。
それでも加害者の男性を、父親は爆殺しているのです。

昨今、日本でも、主として在日朝鮮人、在日韓国人による、冷酷無残な連続強姦や女性への性的虐待が、数多く行なわれています。

先日には、フィリピンに留学していた日本人女性が、韓国人男性に酒をのまされた挙げ句、強姦され、処女を奪われた挙げ句、肛門まで犯され患部に裂傷を負わされたという事件もありました。

さらには韓流ドラマに触発されて韓国に旅行した女性が、現地の韓国人男性に強姦されるなどという事件も、数限りなく起こっています。
ある事件では、宿泊ホテルのオーナーが、日本人女性を毎回強姦していて、100種類を超える性具まで用意していた常習犯だったという報道もありました。

いずれも日本のメディアでは一切報道されず、現地の新聞から日本語訳したものが、ネット上で拡散されたものです。

こうした事件が頻繁に起こってさえ、あいも変わらず、日本では、常に被害者が泣き寝入り。
日本国内で起こった事件なら、加害者は手厚く保護され、刑務所で三食昼寝付きの生活を味わい、無料で完璧な医療を施されて身体の健康を回復し、刑期の半分以下の年月で仮出所した挙げ句、今度は通名を取り替えて、再び強姦が繰り返されているありさまです。

それでも、被害に遭っていない多くの日本人は、被害者のことは他人事であり、自分がとりあえず無事ならばそれでいい、といった軽い気持ちでいるし、警察も裁判所も、行政も、教育も、「殺人犯を殺害すれば殺人犯」であり、身内や友人等による報復や復讐は、罪悪であるという思考から抜け出ていません。

それは日本の文化からきているものなのでしょうか。

いいえ、違います。
戦前までの日本社会の思考は、現代の米国と同じです。
「加害者がどう思っていたか」ではなく、常に「被害者がどう感じているのか」を優先し、「正義のために復讐や仇討ちをすることは正義」であるという概念が、一般的社会通念だったのです。

たとえば、日本三大仇討ち物語というものがあります。
(1) 赤穂浪士物語
(2) 曽我兄弟物語
(3) 伊賀越え物語
の3つです。

いずれも、主君や親の敵討ちをする物語です。
なかでも「曽我兄弟の物語」は、江戸時代から人形浄瑠璃や歌舞伎、神楽、義太夫、村芝居の定番だったもので、子供でも知っている日本の常識の物語です。

◇曽我物語
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-601.html

さらに、もっとわかりやすいものとしては、猿蟹合戦、桃太郎の鬼退治、金太郎、一寸法師、スサノオのミコトの八岐大蛇退治など、悪いことをする者に対して報復し復讐するのが、あたりまえの常識だったし、身内や近親者にそれができないなら、身近な者が、当事者に代わって成敗を行なうというのは、まさに世の常識でもあったわけです。

こうした概念が根底にあるから、たとえば学校でイジメっ子がいれば、クラスの正義感の強い子が、立ち上がり、そうしたいじめっ子と大げんかしたし、そもそも弱い者イジメをすることは良くないというのが常識だったのです。

そうした意識が日本人の根底に社会的共通認識としてああったからこそ、たとえば南方の島々においても、何千人もの日本人の若い独身男性が軍人として赴任していながら、ひとりも日本人との混血児が産まれていない。
こんなことは、世界史的にみれば、まさに驚愕の歴史、驚異の奇跡とさえいえることです。

ところが、昨今の日本では、猿蟹合戦や桃太郎はおろか、曽我兄弟の物語など、誰も知らない。
伊賀越え物語となると、知っている人の方がむしろ少ない。

ここまで日本人が、きわめて特殊な考え・・つまり、加害者の人権が優先され、被害者や被害者の遺族がどのように感じるかは関係ないとする考え方・・・にとりつかれるようになった背景としては、ひとつには、戦後のGHQによる徹底したウォーギルドインフォメーションプログラムによる、日本人への洗脳工作があるでしょう。

米国は、日本人が米国に対して報復や復讐をしないよう、それこそ「復讐の意図をもって」日本人を徹底的に骨抜きにする体制をひきました。

また、こうしたGHQの下請け機関として設立された日教組や、まともな思考をする社員や管理職を全員公職追放し、左翼やGHQへの追従者ばかりにされた大手メディアなどが、復讐=悪であるという概念を、日本人に戦後67年間、ずっと毎日刷り込み続けたという背景もあるでしょう。

先日、大津市の13歳の男の子が、いじめによって命を奪われるという事件がありました。
もしこの事件が、日本以外の国、たとえば、米国やフランス、英国などで起こったのなら、いじめの加害者や、それを放置した教師、学校、市教委らは、全員、巨額の賠償金を支払わせられることになったでしょうし、いじめた子供達は、もしかしたら、自殺した児童の親族によって撲殺されたかもしれない。

私達戦後世代は、若い頃、「常識は疑ってかかれ」と教わりました。
古くからのしきたりや、伝統や文化は、人間に不条理を押し付けるものであり、その多くは自由を束縛するものでしなかない。
我々は自由になったのだから、古い着物は脱ぎ捨てて、あたらしい着物を着よう、というのが、いわば常識だった。

けれど、いま思うに、それらはすべて日本解体のためのトラップにすぎず、当時の日本人の若者たちは、まんまとそれに騙され、踊らされていただけだったのではないか、と思うのです。

伝統というものは、人が人として生きるために、さまざまな制約や制限を人に課します。
ひとりひとりが、その制限を守るから、住み良い社会ができあがる。
そして、人道に反した振る舞いをする者に対しては、敢然と立ち向かい、非道をただす。
それが、あたりまえの人としての生き方なのではないかと思うのです。

オウム事件のとき、マインドコントロールという言葉が流行りましたが、あのオウムに破防法さえも適用できなかった日本という国家自体が、戦後シンドロームというマインドコントロールに埋没している。

そのマインドコントロールから、一日も早く目を覚ますこと。
それが、新たな日本を築く土台となると、私は確信しています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

左翼思想の正体


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

子持ちの父親

勝ち負けですか?
元々波風の立たなかったところに波風を立てて、その結果不利益を被るのは自業自得とは言えませんか?
私は加害者を娘から引き離すのを目的として殴ることはしません。娘を守るためはもちろん、加害者に対しては二度と娘に手を出さないように、娘に手を出したことを後悔させるために殴ります。
その結果があのようになったのは不幸な出来事でした。
それもこれも加害者が犯罪を犯そうとしたことが第一義の原因です。
勝ち負けという考え方はびっくりしました。
通り魔による傷害、殺人事件も勝ち負けで考える人がいるのでしょうか。

夜霧のDQNネーム粉砕委員長

No title
この父親のやったことは全く正しい。
日本もこうでなくては。
ところで、日本では昔話の改悪も目立ちますね。
かちかち山の最後、狸が改心して許されるなど。
悪を働いた者は改心しても許すべきではない。
日本は甘すぎる。
復讐は当然の行為として認めるべきです。
未成年者の犯罪は親も連座させて処罰すべき。

元・S

素晴らしい父親がいるもんだ
こういう事件がマジで起きたら面白いとも思っていたし、起きないほうがどうかしてると思ったので、この事件の感想みたいなの私のブログに書きました。↓
http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-497.html
マジで日本でも同じような事件かもっとすごい事件が起きればいいと思います。

勝者は誰か?

No title
記者はこの事件を誰も勝者がいない事件だと書いています。
子供を守るのは当然として、なぐって引き離す事が出来た時点でやめれば良かったのではないか、ということです。
多分父親はそのつもりだったのでしょう。ただ、殴り始めたら感情的にコントロールできなくなってしまったのでしょう。その証拠にこの父親は、相手の様子がおかしい事に気づいてすぐに救急車を読んでいます。陪審もそれがわかるから無罪とした訳で、復讐として殴り殺してよいと認めた訳ではありません。アメリカの法律でも、殺意を持って人を殺せばその理由が復讐であっても殺人罪になります。
娘は強姦された記憶を引きずり、父親は感情的になって人を殺したという記憶を引きずり、犯人は命を失った。これでは記者の言っている通り誰も勝者ではありません。

こんにちは

加害者の3人のうち母親がPTA役員のガキは京都の中学にすでに転校したらしいです。

警察OBで天下りした祖父を持つガキも転校したらしいです。

もう一人のガキは転校はしてないですが ずっと登校していないみたいですね。

亡くなった被害者が飛び降りた後すぐ救急車が来た事は なんだか不可解です。
もしかしたらマンション屋上に 加害者のガキらが居たんではないでしょうか。
裁判でも加害者側は「遊びの範囲だった。」・・・

今こそ 大震災の時のチェーンメールの力で加害者のガキどもの顔写真 名前など広げる時だと感じます。
加害者側の人権ばかり守られるシステムをネットの力で変える時だと自分は思います。

子持ちの父親

親は当然子を守るもの
批判は承知で書かせていただきます。

アメリカの話は当然の話で美談でも悲惨な話でも無いと思っています。
自分の子が暴力に会っているのを見て守ろうとするのは親として普通のことではないでしょうか。というか、守るのが親と言うものではないでしょうか。
その行為の結果何が起ころうと最初に問題を起こしたものの責任ではないでしょうか。
他人を一方的に傷つけようとするということはそれなりの代償を払う覚悟があるということです。
この場合、犯人が父親から殴られた結果死亡したのは、自分の犯そうとした行為の結末を予測し得なかった想像力の欠落が招いた事だと思います。

私も子を持つ親ですが、こういう場合自分の子を傷つけようとする人間には容赦はしないつもりです。
もし容赦した結果、子が傷つけられたら親として一生後悔することになりますから。
私は人間であると同時に「親」です。子を持った限りは健やかに育て上げる「義務」を持っています。
子に害をなすのが人であれ物であれできる限り守りたいのです。

通りすがり

この意見には賛成できない…というか論点がずれてる気がします。
どうせ賛成のコメントばかりなのでしょうが、なんの為の法治国家なのやら…。

強姦の例が出てますが、素手で娘を守った記事は見てましたし、よくやったとも思いました。
ですが裁判で裁かれた犯人は償わされます。これを無視ってもうメチャクチャじゃないですか。
そんな復讐がどうのと考えるより、性犯罪をきちんと訴えるようにできる事、刑を国民が納得する重さにする事、未然の防止を整える方がよっぽど納得できます。
ちゃんと社会制裁を受けない犯人がいるから復讐が美談になるんでしょう。
赤穂浪士も好きな話ですがそんな感じでしたね。

ゆうちゃん

No title
大津の自殺報道を見て何か煮え切らないものを感じ、何か裏があるなと思っていましたがやはり在日がらみでしたか!戦後日本の優しさだか絆だか知りませんが、単に偽善のオブラートにしか感じません。「いじめ」だの「万引」など言葉遊びはやめましょう。「いじめ」などではなく{自殺の強要、もしくは幇助}「万引」ではなく「窃盗犯」とはっきり言いましょう。偽善とごまかしにはうんざりです。
報復、仇討の権利は認めるべきです。国が正式に仇討免状を出しましょう。殺害方法はなんでもよろしい。どんな残忍な殺し方をしてもよろしい。報復が済むまで国外逃亡はさせない、通名も禁止する。

はっきり言う

No title
自殺したから 誰も手を出していないから 誰も罰せられないという 考え方が もうそれは 許されない。それを あえていうなら 死に追いやっているから 誘導殺人だ。
間違いなく 犯罪だ。 自殺に誘導している殺人罪だと思う。
大津の この中学生を 自殺に誘導した加害者は誘導殺人者といえるだろう。

あお

凶悪犯罪に対する日本の判例、おかしいですよね、やっぱり。
日本には死刑があるけれど、強姦や1人殺害した位の凶悪犯罪だと、また出所出来る判決が多いようですね。
その場合他先進国の方が、まともに相応の刑罰を与えてるようです。

また殺人事件の裁判結果をニュースで見ていると、おかしくないか?と納得出来ないケースがある。
多数対1人で殺害した場合、より卑怯なのに、
「殺人犯達が各々1人殺害した」という犯罪認識より「殺人犯達に、1人殺害した場合の刑罰が振り分けられている(各々の刑罰は何分の一に減る)」というイメージが私にはあります。
他国と比べてどうなんでしょうかね。

中学男女9人、「に追い込む会」作り

No title
 中学男女9人、「じさつに追い込む会」作りいじめ
 愛知県蒲郡市の中学校で今年4月、

生徒の男女9人が、男子生徒1人を対象に「じさつに追い込む会」を作り、
「しね」などと言っていじめていたことが分かった。

日本にある某宗教団体の教祖が言っていた
「じさつまで追い込め」いう言葉を思いしてしまいました。
http://blog.seesaa.jp/cms/article/edit/input?id=253949990より引用)

大人の世界の縮図が子供の世界に反映
されているのだとと思います。

自分が中学生のころはこんなに酷いことはなかったのですが、
なにがこんなに酷く変わっているのでしょうか。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120712-OYT1T00990.htmより引用

大和撫子

日本の 「人権」
アメリカのこのニュース、前に読んで「さすが理非がはっきりしている」とおもいました。ねずさんがこのことを とりあげてくださって感謝です。

日本は東京大学法学部卒で法務大臣になった超左翼男が、「加害者にも人権がある」「犯罪者にもそうなった背景がある」「死刑廃止」と公然と発言する社会です。

東京大学法学部、いったいどういう教育をしているのか?とおもいます。

日本は人権=利権(被差別民と自称する人達のため)になっています。
「外圧で日本を変えて皇室廃絶」をめざし、国連人権委員会をうまく利用しているサヨク。国民の声を聴く、という機会には左翼団体ばかりが参加するから、サヨクが法律制定をリードしている。

GHQが利用した、日本国籍をもっていても反日活動をしている人、在日で反日活動をしている人ーーースパイ防止法をはやく作って日本から一掃してほしいとおもいます。 善悪がわからなくなっているのは こうした勢力による洗脳も大きな原因だとおもいます。 マスコミはこの勢力が牛耳っているそうです。

死んではいけません

No title
 いくら義務教育だからと言って、殺される為に学校に行く必要があったのでしょうか?
 私はこれ程の苛めに遭っていたなら、登校を中止し、必要なら転校させるなどの措置を取っても良かったのではと思います。
 学校を休むと内申書に響く、せめて高校位行かせたい、という親御さんのお気持ちも分かりますが、死んでしまっては苛めた子に仕返しも出来ません。逃げを打っても兎に角生きる事を考えた方がいい。
 高校なんて沢山ありますし、高卒資格なら通信でも取れますが命は一つです。 亡くなってから裁判を起こしても、学校は閉鎖性が強いですから
訴えが認められるかどうかと言えばそれも分かりません。

 復仇、仇討ちが美談と言うなら日本はアメリカに復讐すべきでしょう。
 自ら戦争に追い込み、最後に原爆を落として大量に民間人を殺害したんですから、その罪業は個人の犯罪の比では有りません。
 世界から民族紛争が無くならない訳だな。

誤解です

大阪府池田市在住の女性 様  山葵様
1970年生まれですと現在40歳代ですね。虐めにあってから25年も過ぎているのに未だに担任の江藤ますみと、複数の部落民を怨んでいる。

それだけ癒しようもないくらいに深く傷ついた、簡単には説明できない、本人でなければ分からない心の傷が事あるごとに痛む、と解釈しました。もし、江藤ますみが日本人なら、貴方にしたむごい仕打ちを後悔しているかしら?卑怯な行いをした自分を責めて恥じているかしら?あなたに可哀想なことをしてしまったと思ったことはあるかしら?  もしかして日本人ではないかもしれませんね。

山葵様の>障害児は卑怯で冷酷だから生まれてくるのでは100%ありません。

池田氏在住の女性が小柄なだけなのに障害児と見做され陰湿な虐めにあった。もし本当の障害児として生まれていたなら、これほどまでに苦しまなければならないんだ、自らが体験した地獄を味あわせるのは可哀そう過ぎる惨すぎる。『そんな冷酷なことはしないで欲しい』と、いう心の叫びと、お母さんと虐めで悩んでよく会話をした様子を窺わせます、それが下記の言葉に反映しています。 

>私の母も、障害児を産むような、卑怯で冷酷な女性ではありません。

85過ぎの本当に小柄な女性を知っています。二人に共通していることは姿勢もよくしゃんしゃんと歩くことです。私の母がこの二人のように歩けたらどんなにいいか、と悔やみます。

山葵

ブログ主様
(大阪府池田市在住の女性 のコメントについて)

お気持ちはお察しいたしますが、ここは2チャンネルではありません。

担任の先生の個人名は止めましょう。

そして『私の母も、障害児を産む様 な、卑劣で冷酷な女性ではありません。』

の表現は極めて不適切です。

障害児は母親が卑劣で冷酷だから生まれてくるのでは100%ありません。

よってブログ主にはこのコメントの削除を希望します。

余談

読んでて思い出した
思い出したので一言。
格闘家のヒクソン・グレイシ-が「日本人はとても優しいが、それは臆病の裏返しだと思う。 私の知ってる日本が失われてて落胆した」と言ってました。 彼の大師匠である前田光世の時代とは違ってるという事でしょう。 強くて優しかった大日本帝国とは違うという事です。 今の日本、今の我々は片落ちですな。

大阪府池田市在住の女性

部落なんか大嫌い
私は、1970年2月生まれで、大阪府池田市在住です。

私は、 池田市立細河中学校に通っていた時、 小柄だというだけで 、担任の江藤ますみと、複数の部落民である北古江(地名)の奴らに、いじめられていました。

江藤ますみからのいじめは、毎月、席替えがあったのですが、私だけが、教卓の前の席と、決められていて、席替えに、参加させてもらえませんでした。

部落民の奴らからは、毎日、「 小児麻痺 」と言われ続け、筆箱を、何回もつぶされたり、 いじめられていました。

私は、小柄ですが、勿論、小児麻痺ではなく、身体にも知的にもなんの障害もありませんし、私の母も、障害児を産む様な、卑劣で冷酷な女性ではありません。

担任の 江藤ますみも、 部落民の奴らに 遠慮し、「 小柄なあんたが 悪い 」と言い、全く 、注意もしてくれませんでした。

部落差別とかいうけど、池田市は、全く逆です。

今思えば、私の筆箱をつぶした部落民の奴らを、器物破損罪で、刑事告訴して、少年院にぶち込んでいればよかったと、後悔しています。

私を、いじめた部落の奴らと、席替え差別をして 私を、いじめた部落の奴らを、全く注意をしなかった、江藤ますみを、一生許せない。

私は、部落民の奴らにいじめられた為、埼玉県狭山市で、女子高生を誘拐して殺した、人殺しの部落民の石川一雄を、一生、真犯人だと、信じることにしました。

私は、一生、部落民を嫌うことで、復讐する。

ねこいぬ

No title
自分も職場でガスライティングなる虐めを受けました。君は精神を病んでるから精神病院に行きなさいと。
大人も子供もホント陰湿なやり口横行しまくり。しかも人事に口出し出来る幹部が絡んでたから、行きたいところにいくために我慢するしかなかった。
支店と現業リンクで精神病院に行かせはめようとした悪行は絶対に忘れないし、証拠が残っちゃったからね。
虐めた彼を刺す材料として精神病院のカルテを使っちゃいます。
人事対話欄に記録をわざと残し、評定を不当に落とす陰湿なやり方だったんで、また同じ職場になったら、この恨み10倍返し&一撃必殺で抹殺させていただきますとひそかに誓ってます。(人権擁護委員会でも興信所でも裏社会でも使えるツールは全部使いますわ~という意気込み)

脱日狂組・脱マスゴミ

センゴニホンからの脱却
『古い着物を脱ぎ捨てて』←これは今の日本にこそ必要な言葉です。 今こそセンゴニホンという名の古い着物を脱ぎ捨てねばならない。 そういえば関東大震災の時の日本人は悪い事やってた不逞者達を懲らしめてましたね。 なぜか今ではそれが「悪業」にされて謝罪させられたりしてますが(怒)
今日テレビで「悪い事やった生徒を先生が平手打ちしたら鼓膜に当たって怪我してしまい、先生が糾弾された挙げ句、教育委員会にて『二度とこうした事が無い様に』という会議が開かれた」って報道がありました。 とても馬鹿馬鹿しいと思いました。 本来なら悪い事やった生徒が糾弾され、生徒の親が謝るパターンなはずなのに・・これじゃあ先生は正義を遂行も教導も出来ないし、悪ガキはワルサし放題ですね(怒) ちなみに戦前戦中に育ったウチの母は私以上に怒ってました。 こうして知らぬ間にユックリと民族が劣化してゆく訳です。 幸い先輩達が残してくれた遺伝子・風習のお蔭で今も世界中で日本人の国民性が称讃されてますが、このままでは貯金もジキ尽きてしまう。 尽きたと気付いた時にはもう遅い。 ソロソロその元凶を絶たねばヤバイ時期に来てると思います。 我々は二度と連中に騙されてはならない。 近代の超克ならぬ“現代の超克”です。
戦前は仇討ち物の講談や活動写真が大流行りでしたね♪ ソレラ戦勝国や共産主義者にとって都合の悪い当時のヒ-ロ-達は、立派な軍人や歴史上の人物、創造上のスター含め皆GHQやサヨクによって意図的に消されました。 彼等を復活させ、また昔の様に子供でもみんな知ってるヒ-ロ-にする事が土台造りとして肝要でしょう。 教育界やメディア界に勤める皆さん、今後は是非そちらの方向で宜しくお願いします。

ポッポ

No title
強い者が、理由なく弱い者に、様々な嫌がらせをする。
虐めをする者に理由を聞くと、遊びだという。虐めをされる者は第3者に聞かれたとき、やられたと言うとちくったなということで、さらにやられるから、やられたと言えない。
親は我が子がやられると、可哀想だし、悔しいからやり返せと言うでしょう。やり返せるくらいに強かったら、とっくにやり返している。できないから結局、親にも言いにくくなる。
いつまで続くかと思うと、程度によっては、死にたくなるかも知れない・・・・学校ならば、小学校から中学、中学から高校に進学するときがチャンスです。その間ならば、クラス替えのときです。このときには、担任への直訴、親に担任に依頼させる。校長に言う。手段は何でも良いから、虐める奴から離れよう。
所詮学校、学校に行く期間が終われば、会う必要はなくなる。学校外なら、警察の出番です。負けるな!

虐める奴は、犯罪者の予備軍です。正しいこと、悪いことが理解できない、知識も常識もない動物です。虫酸が、走ります。
虐める奴が運悪く相手に殺されることがあっても、殺した方が悪いとも思いません。

大津市の中学生が命を奪われた事件について、父親は大学の医学部を出ていると言うことです。母親はPTAの会長だそうですから、ワルの両親は地域の顔と言っては言い過ぎでしょうか?
誰が言っても正しいことは正しいし、間違っていることは間違っているのですが、学校の校長から見れば批判をしにくい相手です。PTA会長なら、いじめ問題は率先して防止しなければならないが、そうしなかったと言うことです。


ところで2007年4月に、富山大学の研究室でPCウイルスが大量発生し、その原因は中国人の留学生で、研究室で使用されていたパソコンから40種近いウイルスが検出された。中国人は分かりませんと繰り返すばかりであったが、原因は留学生が中国から持ち込んだOSの海賊版で、中国語で捜査できるため留学生がよく使っていたものです。
調査に当たったセキュリティ会社によると、OSには情報を盗み出すウイルスが大量に仕込まれていたそうです。
つまり、中国にはMSウィンドウズに、ウイルスを仕込む技術があると言うことです。そして、今年の3月にオーストラリア政府はブロードバンド事業で、中国の通信機器メーカーの参入を拒否しています。
また、中国で製造されたパソコンやスマートフォンなど、携帯電話の通信端末に、これらのウイルスは仕込まれていないのでしょうか?

桜子

No title
これら全てが戦後教育(日教組)歪の現れだと思います。
今迄にどれ程の似通った事件がありましたか?
しかしその教訓が生かされる事なく、益々残虐をおびてきています。
教訓を生かし、早期に教育の根本を見直していたなら(日教組解体)少なくとも未然に防げたかも知れません。
事件が起こる度に親が悪い、子供が悪い、法がどうのこうのと言っても何の解決にもなりません。

勿論、法の裁きはいかなる事があろうとも受けさせなければいけません。
だからと言って法を厳しい物に改正しただけで済むのでしょうか?
教育の根本から見直さなければ何の解決にもならないと思います。
まず、人間としての心を育てる事が大切ではと思います。
新たな被害者、加害者を出さない為にも一日も早い教育改革が望まれます。

巷で噂されているように、在日であろうとなかろうと徹底的な追及、そして真実を出さない限りこのような問題は繰り返されるでしょう。




-

No title
460 :可愛い奥様:2012/07/11(水) 05:13:31.35 ID:hAlJNXvv0
>>450-451
滋賀県知事と市民の党の関係証拠
http://www.okumurashouken.com/report/2006-7.pdf#search='http://www.okumurashouken.com/report/20067.pdf'
その他の疑惑と驚きの滋賀の闇
http://hissi.org/read.php/newsplus/20120710/aXlibEw0TVow.html
市民の党 北朝鮮
http://www.youtube.com/results?search_query=%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%81%ae%e5%85%9a%e3%80%80%e5%8c%97%e6%9c%9d%e9%ae%ae&utm_source=googletb

461 :可愛い奥様:2012/07/11(水) 05:19:43.97 ID:hAlJNXvv0
>>450-451
日本会議埼玉支部の吉田滋相談役が最近入手した「帰化人国会議員一覧」
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2845.html

菅直人(実母が済州島出身)←ビンゴで半チョン
川端達夫 ←ビンゴでチョン

-

No title
髙野潔‏@kiyoshi925

『中2自殺、川端氏が動く』 川端元文科大臣の子分が加田知事で、落下傘市長は泣き虫屋。
自治労を通じ県や市、大津署を黙らせた。川端は近江八幡のダイゴ薬品の息子、戦後のドサ
クサに伏見連隊から薬品を盗み闇取引での成り上がった同和者。民主、日教組、在日、同和、
創価が絡む嫌らしい事件。

56 :名無しさん@恐縮です:2012/07/11(水) 18:14:11.51 ID:dMzMK8Bo0
★★★★★★日本の闇★★★★★★

【必見】事情通
http://hissi.org/read.php/newsplus/20120711/U1ZEc1ZZVWow.html

-

No title
自殺した少年の気持ちが私にはよく分かります。誰の助けもなかったのでしょう。私もいじめにあったことがあります。誰の助けもありませんでした。「いじめる奴は悪いが、いじめられるほうも悪い」とよくいう人がいますが、いじめられるほうのどこが悪いのか?何も悪いことはしていない。合掌。

電気丸

犯罪者へは3倍返しが基本だ
犯罪者は、拉致して、拷問を加え苦しめた挙句にころす事が為されなければ、悪が蔓延るのみである。
その犯罪者が大切にしているものを犯罪者の目の前で苦しめてやるのが効果的だろう。
子供なり、奥さんなりをその犯罪者の目の前で拷問を加えてやれば、他人の心の痛みが少しはわかるのではないだろうか。
本人も拷問で精神的にも肉体的にも苦しめた挙句に、許すと見せかけて最期には、ころすのだ。
ここまでしなければ、世の悪は減らない。

たぬきち

緊急拡散希望
ねずさん

緊急貼り付けをご容赦下さい。

『花時計』さんによる渋谷駅前街宣第二弾

~~~~~~~

『韓国、朝鮮のウソにご 用心!』

周知街宣 (愛国女性のつどい花時 計:http:// www.hanadokei2010.com/)

【日時】7月12日(木)
    12時-13時
【場所】渋谷駅 ハチ公前
【主催】愛国女性のつどい花時計

※雨が降ったら13日(金)になりま す。 今回もおもしろい川柳お待ちしており ます。韓国、朝鮮がいかに信用ができ ないか、日本人はだまされてる目をさ ませ!みたいな川柳などもお待ちして います。

~~~~~~~

都内、もしくは近郊の皆さま、聴衆としての参加でもいいのです。是非とも足を運んでその目でご確認下さい。

普通の女性たちが日本の現状を案じて一生懸命なのです。

『数は力なり』

サヨクに負けるわけにはいきません!

-

http://www.nikaidou.com/archives/26776
見て頂けたらと思いまして。

人権団体これ自体が人権を歪ませています
差別とゆう言葉は、差別をしてない人からは出ません。
日本人なら、差別ではなく『ずるい。えこひいきだ』です。

私の望みは、亡くなったお子さんの死を無駄にしないで貰いたい

滋賀の皆さん、教育を変えて行くチャンスです。
酷い死にかたをさせてしまったで、終わらせないで下さいね
私も、制度を変えろと呼び掛けます

ねこいぬ

報道ステーションは偏向メディアなんでスルー。悪いけど加害者には人権わ言論(=言い訳)の自由は無いです。
それにしても、昨日聞いた能性まひなどで身体が不自由な子を虐めるなんてもはや刑事事件の範疇と認識。いやあアタマに来た。虐めるくそガキどもを逮捕して少年院にぶち込みたくなってきた
方策お持ちの方はご披露頂けると幸いです。私も対策案検討中。

サイゾー 日本の闇

「実名大公開!日本の大金持ち1000人」
今週は現代とポストが合併号で420円。どちらも「お得感」を出そうとして苦心しているのがわかるが、イマイチ記事に見るべきものがない。

 現代は「実名大公開!日本の大金持ち1000人」という大企画の前編がトップ。取材に手間暇かけたのはわかるが、東日本でいえば、毎度おなじみの顔ぶれがずらりと並ぶ。

1位はソフトバンク創業者の孫正義で約93億9,600万円。
2位がユニクロ創業者の柳井正で約51億円。
3位はパチンコメーカーのユニバーサルエンターテインメント創業者の岡田和夫で約36億円。

 8位にもパチンコ・パチスロなどの遊技機大手セガサミー創業者の里見治が約23億6,000万円。パチンコ機製造大手SANKYOの創業者毒島邦雄が約21億円で11位に入っているから、不況になってもパチンコは強いことを立証している。

sakuya

報道ステーションで
加害者たちへのネットの悪口がひどすぎる・・・って
これもいじめだって、わけ判らないコメントをしてました・・・



広島の涙

まだ埋もれています
この生徒の場合は真相究明に周りが動き始めましたが
私の知ってるところの高校生の自殺に関しては
苛めた側も勿論、学校側もその存在さえ認めようとしていません
近畿大学付属東広島高等学校の学生で昨年11月に起こった悲劇です
おかあさんが息子と苛めた学生とのツイッタ―のやり取りをブログにアップされてされています
詳しいことを知りたいと思うには親心です
それさえも許されていない
「学校名、自殺」でそのブログへたどりつけます

no-minsu

No title
フィフィさんのつぶやき
「この国の人権は被害者側では無く加害者の為にある。」

こんな状態をいつまでも続けていてはいけません。
日本を普通の国にしたいです。

伊予人

大和魂の復活を
現代日本人の多くが忘れ去ってしまったもの。それは本当の意味での正義。
何が正しく何が間違っているのか、それは普遍の原理でその根源は我が国の歴史と文化にあり。
それを復活させなければこんな醜い事件は防げませんね。
仇討を行うことは正義だと思います。

朝顔

復讐、仇討ち、はありかなしか。
私はありだと思います!
大切にされた娘を、心身ともに壊されてしまったら、親として、父親なら断じて許せないことです。
苛めによる自殺はなくしたいものですが、現実に被害者になれば、警察も学校も助けてくれません。
被害者になってしまうと、負のスパイラルに落ちてしまい、抜け出すことはかなり困難です。
先日、毎日起こるこのような事件に
「日本人の恥だよね」
と外人に言われてしまいました。
私はすかさず、
「違うの、顔は似ているけど日本人じゃないの」と説明しました。
通り名廃止が難しくても、せめて韓国系二世、三世とか入れて世界標準の報道をしていただきたいものです。

愛知華子

復讐は悪いことではない
「やられたらやり返す」私はこの言葉が好きだ。
GIVEされたらTAKEをしなければいけない。
「黙って耐える」ことは負けを意味する。
「暴力はいけない」というが、
「言葉を超えた武器」は暴力しかない。
身の危険を感じたら防衛しようと武器を持ち、
襲われそうになったら戦うのは、当然のことである。
だから世界は戦える言論術と言論以外の武器が必要なのだ。
それがない日本は異常だと思う。

No title
はっきり、いえば、今の日本には善悪や正義の概念が希薄になった
ということです。
悪いことは、悪い。いじめは、悪である。どのような理由があろう
とも、いじめは悪であるということが必要です。
さらに、よく左翼は人権ということばをつかい加害者にも人権が
あるなどとたわごとをいってますが、この人権という言葉を左翼
から保守の方へととりかえさなければいけません。
世界標準からみて日本の左翼が言うような人権はありません。
なぜなら、そもそも人権は世界標準でいえば信仰者が言うのが筋
です。たとえば、我々人間は神の子だからこういう権利がある。
日本でいえば天賦人権です。天から与えられたということです。
しかし、左翼は神も天も信じない唯物論者です。
神も天も信ずるものがないから、なんでもできるのです。
それは、今、シナが東トルキスタンや内モンゴルで実際やってる
事実です。

ねこいぬ

No title
小職の娘は脳性まひ持ちで、入院してたときに全国の脳性まひの子供たちの親たちとも知り合いになりました。
最近、中京圏に住むとあるお母さんからの情報で、脳性まひ持ちの娘さんは中学生なのだが、虐めにあってるとのこと。学校の担任が見て見ぬ振りをしてるとのこと。娘さんの心は虐めでずたずただそうで、親御さんもつらい思いをしているとのこと。

正直、身体にハンディキャップのある奴を虐める奴=畜生であり、先生にぶん殴られて当然という考えを持つ私にとって衝撃でした。(古い世代なんでしょうね)

何せ仙台と名古屋だから親御さんを助けにいくにしても遠すぎる。大津と同様の事件は全国で頻発し、ハンディキャップを持つ子供も虐めを受けている。ここまで学校が腐ってるのかと愕然とした思い、法に触れない範囲で何とかせねばと思ってます。(小職、虐めの加害者に人権無し、ケツバットで矯正すべしの考え方なので・・・古いですね~)

そう思った背景として、小職の中学時代クラスメートの脳性まひ持ちの彼について触れたいと。その彼、脳性まひ特有のまひで、歩き方がぎこちなく、その歩き方をみて、からかう奴が絶えなかった。だけど、正義感のある番格がいて、虐めてる話を聞くと、彼が虐めてる奴をぶん殴ったりなどして、虐めが拡大することはなかった。

とはいえ、いたずらや虐める奴が絶えず、あるとき学校の階段から突き落とそうとした奴がいた。そいつは札付きの不良で以前から脳性まひ持ちの彼をからかったりと態度が悪かった。

で、担任の体育の先生がたまたま通りかかって現場を目撃→皆の前で思いっきり平手打ち→階段の踊り場でひっくり返ってました。当然親からも抗議も無く、それ以降奴は脳性まひの彼を虐めたりしなくなった。

当時の先生は教頭が知覧帰りの特攻隊生き残りで虐めは力で排除する時代でして、目に見える虐めは排除する力が残っており、まだ自浄作用がありました。

それを当たり前だと思っていた小職、先生になった同級生から、今はそんな先生いないし、そんなことやったら父兄から吊るし上げだよと聞かされ、愕然としました。それにしても、特攻隊帰りの教頭先生、いつも凛として私は好きでした。大津の事件のTVを見て、先生たちが腑抜けに見えるのは私だけでしょうか?

やす

No title
いつも読ませていただいております。ありがとうございます。

概ね同意なのですが、一箇所だけ気になったこと。

>加害者の「事情」など関係ないのです。
>問題は、「被害者がどう感じたか」なのです。

この発想だと、それこそ「差別と感じたならそれが差別!」と同じことになってしまいます。
大切なのは、被害者がどう感じたかではなく、被害者がどう感じようが感じまいが(気にしなければいいという問題でもない気がします)、第三者からみてそれは、れっきとした犯罪行為だ、ということだと思います。

加害者の事情など関係ない、には同意です。
過去に虐待の過去があろうがなかろうが、不幸な人生を歩んでこようがなかろうが、今目の前の人間がその人によって傷つけ損なわれたという事実は事実なのだ、という当たり前でシンプルなことがないがしろにされるのは、本当におかしなことだと思います。

今回の加害者も、周りの人達に支えられ(!?)それなりの人生を送っていくのでしょう。
不正受給の件でも思いましたけど、仲間がいるって心強いですね(皮肉で書いています)

時間はかかるでしょうが、何が悪いこと・排除すべきことで、社会としては本当はどういう人達を守りたく、育てたいと思っているのか、個々人がちゃんと明確にビジョンを持てるようになることで今の「悪いことでもやったもん勝ち!やられたほうは泣き寝入り」状況が少しずつ好転してくれれば…と願っています。

映画好き

復讐について思うこと
はじめまして。いつも見させてもらってます。
復讐はいけないこと、というのは復讐される側にしてみれば有利な状況を作ることで、一つの方便といったようなところが多分にありますね。
道徳が牽制として使われるわけで、道徳を言う側が実は露ほどにも道徳のことなど考えてはいない、という人達が一般化していてイニシアチブをとっているというのが現状のような気もします。
拉致問題に関して言えばこのような状況が北朝鮮への救出行動を阻止しているところの背景なのではないでしょうか。

博多のおばぁ

大津市の中学生自殺は(在日韓国人による日本人イジメの結果)とkazumotoIguchiblogKにありました (あ~そうなの!またしても!)と。実態はなかなか表に出ないし会見上の教育委員会方々も先生方も 自己保身のかたまりを見せられ嫌になました(日本人の質も落ちたものだ)と 胸痛む思いで見ていましたが、イジメの加害者が日本人でない事に少しばかりホッとしました。同時に、 日本人になりすましでなく 日本名は返上をお願いしたいものです。 韓国の自国民として誇りがあるなら、自国の名前を正々堂々名乗って頂きたい。

junn

No title
【米国慰安婦決議撤廃!ホワイトハウス請願署名にご協力を!】
オバマ大統領府への請願 ⇒ http://wh.gov/lBwa「下院121号決議を撤廃し、韓国のプロパガンダと嘘による国際的嫌がらせの助長をやめろ!」
2007年7月米国下院121号決議(マイクホンダ慰安婦決議)以来、海外における反日・侮日の慰安婦キャンペーンが始まりました。
今では、米国内に慰安記念碑が建てられ、私たちの先人を貶める嘘が、永遠に残る形となって世界に広まっています。決議から5年が経とうとする今、決議撤廃の請願をホワイトハウスに出しました。
請願開始から30日後、7月21日までに署名数が25000以上に達すればホワイトハウスから回答が出ることになっています。7月9日時点であと10000名が不足しています。

【米国下院決議121号(マイクホンダ慰安婦決議)撤廃!ホワイトハウス請願】
「下院121号決議を撤廃し、韓国のプロパガンダと嘘による国際的嫌がらせの助長をやめろ!」
米国に2つ慰安婦記念碑が立ちました。その根拠が、この慰安婦決議です。韓国系団体は今後も全米各地に建設すると発表してます。更には、国連慰安婦決議採択にむけて米議員に働きかけています。
韓国系急増のある街の日本人女性は、新たな慰安婦記念碑が立たないように地元を説得中です。日本の名誉を貶め続ける慰安婦決議にNO!の意思を示すために、異国の地で孤軍奮闘する日本女性を応援する為にも、皆様のお力をお貸しください!
日本人はもう黙っていない、言う時は言う、という姿を世界に見せましょう。
請願に署名ご協力お願いいたします。

オバマ大統領府への請願署名 ⇒ http://wh.gov/lBwa
詳細は なでしこアクション(署名方法解説アリ)⇒ http://sakura.a.la9.jp/japan
なでしこアクション 請願英文サイト⇒ http://bit.ly/Repeal121
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク