法輪功弾圧



人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

法輪功0722


平成11(1999)年の今日(7月22日)ある大変な出来事が火ぶたを切ってスタートしました。
中共政府による法輪功への弾圧の開始です。

法輪功(ほうりんこう、北京語読みだとファールンゴン)というのは、宗教とも学習塾とも異なる、Chinaに古来からある道教と、仏教の思想を根底として気功術を学び、精神面の向上を図ろうという大衆運動です。

自分を厳しく律することを大切にする教えであり、その意味では、日本的な真っ直ぐな心を尊ぶ精神性とも近いものといえるかもしれない。

法輪功をはじめたのは、1951年生まれでChina吉林省出身の李洪志(りこうし)で、平成4(1992)年に運動が開始されています。

当初は、宗教を否定する中共政府も放任で、平成5(1993)年に行なわれたChinaの「東方健康博覧会93」では、法輪功は最高賞を受賞し、中共政府も法輪功は健康に良いとメッセージを出したくらいです。

おかげで、当初、李洪志たったひとりからはじまった法輪功は、この博覧会後、急激に学習者(法輪功では信者(?)のことを学習者と呼ぶ)を増やし、90年代の終わり頃には、China国内で法輪功学習者の数は、なんと7千万人にも達したといいます。

ところが、こうして爆発的に学習者が増えた法輪功に対して、とつぜん江沢民元国家主席が法輪功の弾圧に踏み切ったのが、平成11(1999)年の今日(7月22日)だったのです。

なぜ弾圧に踏み切ったかというと、一説によれば、江沢民が、急増した法輪功学習者が結託して共産党員を上回る勢力となり、中共政府を脅かす存在となるのをおそれたからだと言われています。

中共政府は、法輪功への弾圧を開始するとともに、法輪功の信者や幹部を次々と拉致、逮捕、投獄し、きわめて残酷な方法で法輪功学習者に暴行を加えました。

この暴行の先頭に立ったのが、江沢民の指揮で組成されたChinaの全国的恐怖組織の「610事務局」で、この事務局は、法輪功学習者に対し、「名誉を汚し、経済を断ち、肉体を消滅させ、法輪功学習者に対しては殺人しても法的責任は負わない、殺しても自殺にすれば良い、死んだ者は、身元を確認せず、直接火葬せよ」などいう集団殲滅作戦を発動させます。

江沢民は、世界に対しては、Chinaに於ける酷刑を減らすと宣言し、一部の海外のマスコミ記者に労働教養所などの、いわゆる嘘の「文明的な環境」を見学させる一方で、法輪功学習者に対しては、まさに手段を選ばない酷刑を加え続けたのです。

使用された酷刑は、スタンガンを繰り返し顔面に当てる、手指を一本ずつ切り落とす、女性学習者に対して繰り返し性的暴行を加える等々、少なくとも40種を超える拷問を行ない続けました。

それはたとえば、数日間連続して睡眠を奪う、同時に複数の高圧電気棒で長時間電撃する(口の中、胸、脇、乳房、陰部への電撃など)、様々な形の手錠、足枷を色々な方法で縛る、ゴム棒や釘のついた棒で殴打する、地下牢や汚水牢に監禁する、死人ベッド(酷刑の一種)を用いる、固定した姿勢まま長時間静止させるなどで、殴打用の鞭は皮と銅線を編んだものであったり、鉄筋で殴ったり、縄で縛ったり、鉄釘を指に刺したり、爪を抜いたり、強制的に食事を鼻から灌入したり、管から唐辛子や濃い食塩水、糞を口に流しこむ、あるいは真冬に頭から冷水を浴びせる、丸裸にして外気に晒す、猛暑の炎天下で太陽の下に長時間さらす、大小便を禁じる、連続して半月間、睡眠をとらせない、強制的に神経を破壊する薬を大量に注射・投与するなど、およそ人間の頭で思いつくとさえ思えないほどの乱暴狼藉を働くものです。

こうした迫害の被害に遭った者は、China全土ですでに10万人を超えたとも言われています。

さらに中共政府は、マスメディアを総動員して、法輪功に対する大量の中傷宣伝やデマも流しました。

こうした弾圧、迫害は、China国内だけでなく、海外での法輪功学習者に対しても、陰湿なスパイ工作による拉致が平然と行なわれたといいます。

◆日本明慧資料
http://www.minghui.jp/2005/06/22/phss_050622_01.htm

そしてChina、中共政府による法輪功弾圧は、2012年になったいまでも、続けられています。

そのうえ最近は、逮捕した法輪功学習者から、生きたまま麻酔もせずに臓器を摘出するなどという信じられないような暴行を行なっている。

いま、日本の国会議事堂の裏手にある議員会館の前に行くと、毎日、法輪功の人たちが議員会館前の歩道の一角に座り込み、迫害され、殺害された法輪功学習者たちの写真パネルを掲示し、中共政府の暴虐を訴え続けています。

1年365日、雨の日も、風の日も、寒い日も、猛暑の日も、毎日です。

日本に助けて欲しい。
すこしでも中共政府を牽制し、暴行をやめさせてほしい。
それが、彼らの願いです。
そのために、彼らは、日本の議事堂裏の議員会館前に、毎日陣取っている。

しかし、この法輪功への弾圧は、他人事ではないのです。
もし、沖縄が、あるいは、日本本土が、中共政府による弾圧を受けるとなれば、彼ら法輪功学習者のいまは、そのまま日本の明日になるのです。

議員会館前にずらりと並んだ、法輪功の被害写真パネルの前を、毎日、すべての日本の国会議員さんと、その秘書たちが通過します。

彼らが、そのパネル展示のことを知らないということは、絶対にあり得ない。
なぜなら、日本の国会議員は、毎日必ず、その前を通っているからです。

にもかかわらず、そうした悲惨な被害写真がパネル展示されているにもかかわらず、媚中、親中に走る左巻きの政治家、法輪功弾圧事件を、まるで報道しない日本のメディアというものは、まるで信用に値しないと私は思うのです。

法輪功への弾圧と同じことを、中共政府はチベット、ウイグルでもやっているし、古くは大陸にいた日本人にも、同様の不逞を働いています。

そして法輪功への弾圧は、そのまま、明日の沖縄県民への弾圧の姿でもある。

そのことを、危機として、強く申し上げたいと思います。

法輪功弾圧に関する写真等は↓コチラ
http://photo.minghui.org/photo/images/persecution_evidence/E_wuju_300_1.htm
(あまりに残酷なので、女性の方は見ないでください)

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

法輪功への大虐殺 / 中国の臓器売買


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

実は中国語の起源は近代に入りヨーロッパの探検家によりほぼ特定されているかもしれません。流血より祖語の研究が時代遅れの虐殺を止めることになるかもしれません。アホ臭いですが、胡は南方の蛮族、鄭はベトナム人、漢民族はひょっとしたらkhan、西域の蛮族、全員少数民族の寄せ集めでしかありません。胡瓜はバカですね。

Pin

中国人を助けるのはどうも
中華人民共和国の法輪功弾圧を見ていると、内容は違いますが、シリアの政権による国民虐殺とダブって見えます。
国とはまことに為政者により様々な悲劇をもたらします。
そうでした。身近に北朝鮮という例もありました。
この中国の法輪功弾圧。
欧米的には非民主主義的な非人道的なことと言えるでしょうが、欧米は商売には熱心ではありますが、民主主義の価値観を重要視する割に何故に中国製品ボイコットなどでうったえることをしないのか。
どうも欧米には常に偽善があるように思います。
法輪功も法輪功で欧米での活動をもっと活発に行えばよいと思いますね。
最後に、「日本に助けて欲しい。」と言われても、事態が好転すれば裏切る中国人を助けたくありません。


どん

No title
21:43の記載したものです。コメント欄を間違いました。。書き直しますので、消去願います。

どん

No title
昨日ちょうど、そんな話をある劇団の座長としていました。
巷で評価されている、「新しい演劇」「新たな試み」と言って評論家などから、絶賛を浴びている演劇が、ひどいものだそうです。6才の子供に女性を殴ったり、乱○、S○○のシーンを見せるらしいです。こんなのは、演劇でも芸術でもありません。ポ○ノです。
千葉県も、森田知事の前は北朝鮮に行くような生粋の左翼知事だったので、ひどいものでした。「ジェンダー」を元に、中学生のプールはもちろん、着替えも同室でさせていた場所もあると聞きました。(確か東葛地区だったと記憶しています)現知事は愛国溢れるまとまな人なので、改善したらしいですが。。。ひどいもんですね。

-

西田昌司  民主党瓦解! 総選挙へ!
三年前、民主党政権を樹立した小沢元代表が、衆参合わせて50名にもなる国会議員を引き連れて民主党を離党しました。小沢元代表は「今の民主党は政権交代をした民主党ではない。結党の精神に戻るべき」と離党会見で表明しましたが、これこそ笑止千万です……
http://melma.com/backnumber_133212_5612735/

愛信

北海道沖に米軍機墜落、パイロットは脱出 海保
北海道沖に米軍機墜落、パイロットは脱出 海保
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2891029/9278457?ctm_campaign=txt_topics

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ポッポ

No title
中国は江沢民国家主席のとき、反日教育を進めたように記憶しています。
国内向けには、法輪功弾圧を進めました。
無能な政治家は、政治がうまくいかないとき適当な相手を標的にして国民の目をそらします。そのとき、標的にされた国は災難です。
今、反日教育をされた国民は成人となり、つくられた恨みを日本に向けています。民族の残虐性は、折り紙付きです。
こんなことも分からずに、反政府を叫ぶ人達の考え方が、私には理解できません。
もっとも政権の人気が落ちてくると、とりあえず日本に謝罪を要求する国が間近にあります。これらの国にすり寄る政権には、早く退陣していただきたいと思います。

カルト用語に取り付かれるな

中国人が世界に共通する道徳を守らない
> ●外国における中国人
>
> 外国に移住した中国人が、自ら逃げ出した中国が強くなるのを喜ぶ
> のは一種の郷土意識だが、郷土を愛しても国を愛することにはなら
> ない。移住した国に忠誠を尽すこともない。中国人に共通している
> のは個人の栄達だから、外国にいて中国を利用することを考える。
> 金のためなら国家機密でも企業機密でも売りわたす人が出てくる。
> 愛国心でスパイになるより己の利益のためならスパイになる。
>
> 在台中国人は毛沢東に追われて台湾に流亡したが、中国と中華民国
> は敵対関係にあったのに、一転して中国統一に賛成を唱えるように
> なった。国民党が権力を維持するため、中国の威力を借りて台湾人
> を統治しているのだ。こんな事が起きるなら、天安門事件で外国に
> 逃亡した人から中国に寝返る人が出てもおかしくはない。中国から
> 外国に逃げた人間は外国を売るかもしれない。油断はならない。つ
> まり道徳心や愛国心を持たない人間はいつも二面性を持っているこ
> とに注意しなければならない。

サブロー

人体の不思議展
人体の不思議展の標本は、法輪功信者の犠牲者の遺体を使っているとの噂もありました。
まだ米国では、この展示を続けている場所もあり、気分が悪くなります。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク