西欧における保守主義と日本の保守主義

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

朝顔0802


まずは、簡単な小話から。。。。

西欧の神は、唯一絶対、完全無欠、全知全能の男性神。なにしろ完全無欠です。
できないことは何一つない。
けれど男なので、子を産めない!

・・・・
あれっ?

(笑)
ご存知の通り、西欧では神は唯一絶対、完全無欠、全知全能、万能の絶対神とされています。
ところがおもしろいことに、日本の神々は完全な存在としては描かれていません。
むしろどの神もがみんな不完全な存在として描かれています。

スサノオは、最初海をおさめる神様になったのに、毎日お母ちゃんが恋しいと泣いてばかりいました。
姉のアマテラスは、そのスサノオにいじめられて、岩戸でひきこもり事件を起こしています。

スサノオやアマテラスの親であるイザナキ、イザナミは、日本神話に登場する初の男女神(それ以前の神々には性別がない)です。
二人は出会った際に、互いに「我、成り成りて成り余るところあり」「我、成り成りて成り足らざるところあり」と述べあう。

「成り成りて」は、「完璧に完全に成長した」という意味です。
完璧です。完全です。完全無欠です。
にもかかわらず、お二人は、自分に「余っているところ」「足りないところ」があると述べあいます。
要するに「完全に完璧に成長したはずなのに、完全ではない」と言っているのです。

だから二人は互いに補いあいます。
いまふうにいうなら、相互補完しあう。
そうすることによって、新たな命が誕生します。

実は、ここに古代から続く日本の心の、とってもたいせつなものがあると思うのです。

つまり、完全でないから、完全になろうとして努力する。
努力し、向上する。力を合わせる。
その「向上し続けること」「力を合わせる」ことこそが、日本の神々の物語の、神髄なのではないかと思うのです。

そして私達は、その神々の子孫とされています。
神々でさえ、力を合わせ、向上しつづけようとしたのです。
ましてや、人である私達は、もっともっと不完全です。
だからこそ、努力する。向上する。成長する。仲間たちと力を合わせる。
そこに日本人の心の原点があるのではないかと、思うのです。

「向上し、成長し続ける」ということは、そこに「とどまらない」ということです。

おもしろいことに、私達日本人は、個人であれ、団体であれ、国家であれ、「停滞すること」を、すなわち「怠けて努力をおこたっている」とみる習慣があります。

常に変化し、成長し、向上する。
変化も成長も向上もないのは、怠け者だと考える。

私は、いま日本で「保守」といわれる人たちの多くの思いも、まさにここにあるのではないかと思っています。
日本の保守の人たちの共通の思いは、「過去に学び、今に活かし、未来を拓く」という点にある。

左翼との大きな違いも、ここにあります。
左翼は、過去を否定し、現在を否定するからです。

おもしろいことに、左翼は伝統文化を否定したうえで、新たな価値を創造しよう(成長しよう)というけれど、これは詭弁です。
なぜなら、創造する新たな価値の具体的な姿を、誰も描かないからです。
未来像は、それぞれの各人が勝手に妄想してもらっている。
過去や現在を否定するわりには、その先にある未来像は、各人の想像まかせになっているのです。
つまり左翼思想には、未来像がない。
あるなら是非、教えていただきたい。

日本における左翼は、過去を「否定」し、現在を「否定」し、未来像を描きません。
未来像を描かないということは、簡単にいえば、未来をも「否定」していることになります。
要するに、日本における左翼思想というものは、過去否定、現在否定、未来否定でしかないのです。

左翼は自分たちのことを、進歩的とか革新的などというけれど、これも欺瞞です。
過去も現在も未来も否定するなら、それはただの破壊主義でしかないからです。

これに対して日本の「保守」は、名こそ「たもち、まもる」になっているけれど、我が国の歴史、伝統、文化を尊重し、過去に学び、現在に活かし、希望ある未来を、自分たちの力で切り拓こうとします。
過去の延長線上に現在があり、現在の延長線上に未来があるからです。
左翼同様、具体的な未来像はありません。
けれど、過去、現在の延長線上に未来があるなら、その未来は、いまよりもっと成長した未来にしたい。
それが多くの日本の保守主義者の願いであり、常識であろうと思います。

要するに、日本における保守主義というのは、過去、現在、未来と綿々と連続する時間のなかで、常に変化すること、向上すること、成長することを希求する主義ということです。。

未来像がないなら、左翼と同じではないかと思われるかもしれません。
けれど、それは違います。
あたりまえのことですが、未来は、過去の蓄積と、現在の努力によって変化するからです。
ならば、すこしでも「より良い未来」を築きたいなら、過去に学び、現在をより向上させ続けて行く。
それが日本の保守の考え方です。
これは、ごく自然な、ごくあたりまえなものの考え方です。

そしてこうした「日本の保守主義」の思考方法は、言葉こそ同じ保守主義であっても、「西欧における保守主義」とは、かなり思想内容が異なります。

西欧における保守主義といえば、「保守主義の父」と呼ばれるエドマンド・バークが有名ですが、彼は保守主義を「剣を抜く騎士道」と説いています。
それにより、保守主義を「戦闘的イデオロギー」としています。

有名な言葉があります。

「1789年にフランスで革命が起こった時、暴民に囲まれてヴェルサイユ宮殿からパリに連行されるマリーアント・ワネット王妃の恐怖と悲しみを思い、義に馳せて「剣を抜け!」と訴える、戦闘的な荒ぶる魂なくしては保守主義とは言えない」

「他者のために自らの生命を捨てる覚悟で義を貫く勇者の倫理こそ、高貴な自由と美徳にあふれた社会の根幹をなすものである」

これがバークの主張です。

こうしたバークに代表される西洋における保守主義の思想は、西欧的唯一絶対神思想に基づいています。
彼らにとっての保守主義は、過去を「神のもとで高貴な自由と美しき倫理・道徳が満ちた社会」と規定し、そうした「美しい過去」への回帰を思想の根幹としています。

つまり、西欧における保守主義は、「成長」や「向上」を否定しています。
唯一絶対神の支配する過去に回帰する、すなわち民衆は、神のもとに伝統的慣習を守ることが幸福への道である思想を根底にしています。

西欧における保守主義が、こうした「現在否定」「成長否定(=未来否定)」であるがゆえに、これに対するアンチテーゼとして、西欧的革新主義が生まれています。

西欧的革新主義は、「過去を否定」し、「現在を革新」し、「未来を拓こう」とします。
要するに未来志向であり、神からの自由であり、成長志向でもあります。

こういう西欧的革新主義の思想は、もともと成長志向の強い我が国においても、そのエッセンスはたいへん歓迎されました。
だからこそ西欧的革新主義は、我が国に広く受け入れられています。

ただ、大きく異なるのは、西欧における唯一絶対神という思想が、日本にはないという点です。
日本にはエデンの園はないのです。
つまり日本には、西欧的革新主義が否定する「過去」がないのです。

このため日本の左翼主義者は、過去否定の対象として、西欧的神の代わりに、日本における歴史、伝統、文化を否定するという暴挙にうって出ます。
日本の歴史、伝統、文化を全否定し、現在を革新し、未来を拓こうとしたのです。

ところが、現在というものは、いつの時代にあっても、過去から蓄積された歴史、文化、伝統の延長線上にあります。
ですから、我が国の歴史、文化、伝統を否定するということは、現在の否定になってしまう。
そして過去と現在を否定することは、新たに拓くべき未来をも否定することになってしまう。
日本における左翼主義者が、ただの「なんでも反対屋」とみなされる理由がここにあります。

一方、日本における保守主義者も、西欧的保守主義者とは、その思想の根幹を異にします。
なぜなら、日本における神々は、成長と向上、そして力を合わせて未来を拓く協調の象徴であるからです。
ですから日本の保守主義者は、現在と未来については、その思想はむしろ西欧的革新主義者に近いものを持っています。
つまり、現在を革新し、未来を拓こうとするのです。
ただ、違いがあるのは、日本における保守主義は、西欧的な神のもとへの回帰ではない、という点です。

西欧における保守主義での神の存在は、まさに絶対のものです。
十字軍の遠征は、ローマ法王庁によって、異教徒は人ではない、と宣言されたから起こりました。
欧米による植民地支配も、有色人種は異教徒だから人ではなかったのです。

こうした思想は、日本にはまったくありません。
異教徒であれなんであれ、人は人です。

そして人は「成長し向上し協力しあうもの」と考えます。
西欧における保守主義は、頑迷に過去を守るというものであるのに対し、日本における保守主義は向上すること、成長することをその根本としているのです。
これがが、西欧における保守主義と、日本における保守主義の大きな違いです。

現実の問題として、日本では、奈良平安の昔や、江戸の昔に返りたい、当時の社会体制にまるごと戻りたいと考える人は、ほとんどいません。
奈良平安の昔、戦国の昔、江戸の昔、明治の昔、昭和の昔。
その昔の姿、先人達の努力の姿から謙虚に学び、その良いところを活かしつつ、すこしでもより良い現在を、そしてより良い未来を築こうと考えます。

要するに、日本における保守主義、日本における左翼主義というものは、西洋のものとは、その根本思想において、まったく異なるものである、ということです。

いま、日本は「停滞」しています。
しかも、バブル崩壊から、はや20年、停滞したままでいます。

なぜそうなるかといえば、過去を否定し、現在を否定し、そのうえ、具体的な未来像さえ描けないでいるからです。
これは「左翼思想のジレンマ」ともよぶべきものです。
日本が左翼思想に汚染された結果、当然なるべくしてなった結果です。

輝く未来を築くには、現在を努力するしかない。
あたりまえのことです。
そしてそのために、謙虚に過去を学び、現在を向上させるために、みんなで協力しあう。

実は、西洋における保守主義、革新主義というものと、日本で巷間言われる保守主義、革新主義は、似ているようでまるで異なるものです。
何が違うかというと、西欧の保守主義は、神の時代への回帰です。
簡単に言ったら、エデンの園に帰りたぁい、というのが、保守主義の原点です。

けれど、日本には、エデンの園はありません。
神代の昔から、神々さえも努力し、成長し続けてきた、というのが日本人の原点です。
従って日本における保守主義は、まさに、努力し、向上し、協力しあって成長しようという思想に他ならないのです。

右翼だ、保守だとレッテルを貼る前に、そういう人としてごくあたりまえな、日本人としての自然さを取り戻す。
戦後67年間の大きな歪みから脱却し、私達の日本が未来への一歩を踏み出すために必要なことは、まさに、そこにあるのではないかと、私は思っています。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

この動画の8分35秒のあたりからの映像を是非ご覧ください。
映像は、決してスプラッターなグロいものではありません。
けれど、明日の日本の子供達がこのような暴力にあわないようにするのは、私達、いまを生きる日本の大人たちが、絶対にしなければならないことなのではないでしょうか。
ウイグルの悲劇 中国の狙いは民族絶滅


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ZODIAC12

No title
ヨーロッパの保守主義が「現在と未来を否定」「過去だけを肯定」で、日本の保守主義が「過去・現在・未来を全く否定しない」という視点は斬新だと思います。このような見解は初めて聞きました。

ただ、私はヨーロッパの保守は「変革を完全に拒絶している訳ではなく、少しずつ慎重に変えて行こうとしている」と、つまり急激な変革を避けた漸進主義だと聞きました。
それでも「未来を否定している」事に変わりはないのでしょうか?

産総研

ファインマン物理
先日、その高性能工具鋼の自己潤滑性とかいう話を日本トライボロジー学会で聞いたが、モリブデンとかカーボン、それにDLCコーティングなどの怪しげな論説とも整合し、油中添加剤の極圧効果にも拡張できる話は面白かった。そのメカニズムをひらたくいえば世界初の本格的ナノマシンであるボールベアリング状の分子性結晶が表面に自己組織化されて、滑りが良くなるということらしい。

冷間金型屋

熱処理プレス
 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。

心配性

新しいって
今日は
「君が代」の「キミ」とは「イザナキ、イザナミ」の二柱
(二柱、にほん、二本、日本)の神様の事ではないのでしょうか。
「君が代は 千代に八千代に〜」とは「イザナキ、イザナミ」の神様
が力を合わせて作った(産みたもうた)この国が代々永久に続きます
様にとの願いが込められている。

「力を合わせ、向上し、成長し続たい」と思う目的は子(子孫)の
健やかなる未来の礎を築く為であり無闇に繁栄を望むものではないと。

今までに無かったから新しいのでは無く、本当に必要な物が必要な
時に用いられる「長い目で見た千代に八千代な解決策」が新しい。

西欧の神は、唯一絶対、完全無欠、全知全能の男性神。
なにしろ完全無欠です。できないことは何一つない。
けれど男なので、子を産めない!

だから人間を創造(造った)と言うしか無いのでしょうね、私が
子供だったら「父ちゃんが造ったんだ」と言われるよりは「父ちゃん
と母ちゃんが力を合わせて産んだんだよ」と言われた方が嬉しいと
思う。

有り難うございます。

貼り付け

最近読んで参考になった本
最近読んで参考になった本

2012.08.11(第60回)

この1ヵ月は台湾に行って、李登輝元総統にお会いする機会がありました。また、にんげんクラブ会報誌の新連載(紙面もカラーにして大きくするなどまったくリニュアルしました)で船井総研の小山政彦会長に船井哲学のインタビューをしました。そのために読んだ本などを中心に今月は5冊紹介させていただきます

1.李登輝著『日台の「心と心の絆」~素晴らしき日本人へ』(宝島社

 李登輝先生は素晴らしい政治家です。実は私は今回李登輝総統にお会いするのは2回目です。20年近く前に父の京大の先輩である李登輝総統を京都大学の同窓会にご招待するという形で来日が実現しないかという打診を受けて、結果としては全然うまくいきませんでしたが、同窓会の会長さんや現役の京大の教授に打診に行くなど動いてみたことがあります。
 そのことに対して、父が台湾の生産性本部で講演をするという形で台湾にご招待いただき、そして総統府で李登輝総統にお会いさせていただけるというお礼をしてもらいました。忙しい父に代わって実際に動きまわった私も同行を許されたというわけです。
 まだ、20歳代後半だった当時の私は論理的にどうすごいのかを説明することはできませんでしたが、とにかくこんなすごい哲人政治家が実際に存在することにびっくりしたことを覚えています。その時は、戦前の旧制高校という教育制度が素晴らしかったことを二人で多分、規定の時間をずいぶんオーバーして話していたことを思い出します。
 父の最新著『悪法!!「大麻取締法」の真実』(ビジネス社)にも、GHQが日本文化を骨抜きにするために、日本文化の中心たる神道においてはなくてはならないものであった大麻が禁止されていった経緯などを説明する中で、教育制度についても触れるという形で李登輝総統に父がお会いした経緯が紹介されているので引用します。

(引用開始)

 1つが学制改革です。なかでも旧制高校の廃止です。日本人の将来を担うエリートから、大志、哲学、自由という旧制高校の特質であった3つの大事な条件を、これを廃止することで取り去りました。
 旧制高校では「正しい人としての生き方=哲学」をまず勉強したはずですから、人材の基礎が、10代後半に身についたのです。このシステムを失ったことは、日本にとって極めて大きな損失になりました。
 かつて李登輝さん(彼は台北高校から京大の農林経済学科に進んだ人で、京大の農林経済学科を卒業した私の10年ほど先輩になります)と台北の総統府で会ったとき、「戦前の日本を作ったのは旧制高校の制度を含めた学校制度にある」と詳しく話してくれたのを思い出します。
 GHQの2つ目の大事な施策は官僚制度の温存でした。
 1990年以前はまだ旧制高校の出身者が残っていたので、その人たちががんばって国をリードしてくれたおかげで、日本は戦後に立ち上がって大きな発展を遂げました。しかし、彼らが現役を去ってしまった後は人材がいなくなったのです。
 GHQが、「優れた人材が育たない土壌でのキャリア官僚制度は、属国支配のベストの制度となる」とまで考えたか否かはわかりません。しかし旧制高校出がいなくなった最近の日本の政治家や官僚の生態を見ていますと、ミクロには見事な占領政策だったと、マッカーサー将軍以下の占領当局者をほめてやりたくさえなります。いまの日本はまったくもって政愚と官愚の国です。

(引用終了)

 今回のお話では、李登輝総統が旧制高校などで学んだ日本精神が台湾の無血の市民革命を成功させたという話をしてくださいました。そして、それには坂本龍馬の船中八策が何よりも適切な指針となったのです。私たち、日本人は李登輝総統がやり遂げたように、既得権益を手放していくことで、資本主義社会を超えたミロクの世界を作っていかなければならないのではないのでしょうか。同書から心に残った部分を引用させて頂きますので、何か感じることがあったらどうか同書をお読みいただければと思います。

(引用開始)

 私、李登輝は日本統治下の台湾に生まれ、日本の教育を受けて育ちました。22歳までは日本国籍を持っていました。戦前の教育は厳しくも愛情に満ちており、人格形成に多大なる影響を与えました。
 本書では日本人特有の気質と哲学を「日本精神」という言葉で表現しました。この日本精神は日本人だけでなく、終戦までの半世紀、日本の統治下にあった台湾にも根付いています。私自身を顧みても、これまで取り組んできた哲学的探究や、経験によって形成された人生観、さらには政治的信念に至るまで、あらゆるものに「日本精神」は関わりを持っています。
 1988年から12年間、私は台湾の総統として、民主化を進めたほか、国際的地位の向上や国民の精神向上、経済的発展などに力を注ぎ、民主国家の樹立という理想を実現し、よりよい社会を構築するために、不断の努力を続けてきました。
 在任期間には数々の苦難がありましたが、その中で、私の心に培われていた「日本精神」は大きな支えとなっていました。

(引用終了)

船井勝仁「天律の時代の到来に向けて」
船井幸雄HP内
http://www.funaiyukio.com/funaikatsuhito/index_1208_02.asp

hehehe

No title
アメリカを代表する企業のセキュリティはざるのようです。

アップルとアマゾンのセキュリティはこんなにもザルだった
http://www.gizmodo.jp/2012/08/post_10649.html

hehehe

No title
記事とは違うのですが、消費税増税と一緒にセットで
進めている社会保障一体改革で国民皆保険の危機
という記事がありました。
生活保護の人がむやみに医療機関にかかって財源を
使うのを抑制するのは、まあ判るとして、TPPがらみの
内容があるのが、気になります。
取り上げていただけるとありがたいです。

オリンピックと政局報道の陰で
密かに進行している「国民皆保険」の危機
http://diamond.jp/articles/-/22839
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク