長崎へ投下された原爆の当初目標地点は北九州市



人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

原爆投下前の長崎市浦上地区
原爆投下前の長崎市浦上地区


いまからちょうど67年前のことです。
時は、昭和20(1945)年8月9日、午前11時2分。
長崎で原爆が炸裂しました。

このときの長崎市の人口は24万人。
そのうちの14万9千人が、一瞬のうちに死没しました。

米軍が、この原爆を投下するために出撃させたb−29は、6機でした。
あまり知られていないことですが、そのB−29が、原爆の投下目標としていたのは、福岡県小倉市(現:北九州市)でした。

B−29は、硫黄島を経由して、屋久島上空で合流する予定でしたが、トラブルから2機だけの編隊となり、午前9時44分、投下目標地点である小倉市に到達しました。

ところが、編隊を組んで飛来したB−29に対し、陸軍の小倉造兵廠の守備隊が果敢に高射砲で応戦。
激しい応射に、B−29は爆弾投下目標の目視に失敗し、45分かけて目標地点補足を3度やり直したのですが、3度とも目標補足に失敗してしまいます。

さらに陸軍芦屋飛行場から飛行第59戦隊の五式戦闘機、ならびに海軍築城基地から第203航空隊の零式艦上戦闘機10機が緊急発進してきたため、B−29は、小倉への原爆投下を断念。
目標地点を、第二目標の長崎市に切り替え、小倉市上空を離脱しています。

B−29が長崎上空に到達したのが、午前10時50分頃です。
ところが、この日の長崎は、積雲が厚く覆っていました。

B−29は、目標の視認ができなかったのだけれど、地上からの反撃がなかったことから、雲の切れ目を探し、眼下に街並が見えたところで、手動操作で原爆を落下させました。

放物線を描いて落下した原爆は、投下の約1分後の午前11時2分、長崎市街中心部から3kmそれたそれた長崎市松浦上地区中央のテニスコート上空、高度503mで炸裂しました。

長崎に投下された原爆は、プルトニウム型の「ファットマン」です。
威力はTNT火薬換算で22,000t(22kt)。
広島に投下されたウラン235型原爆の「リトルボーイ」の、1.5倍の威力を持つ原爆でした。

原爆は、長崎市の浦上地区を壊滅させ、14万9千人の死者を出しました。
広島(20万人)よりも死傷者が少なかったのは、爆心地が市街中心部から多少それたことと、長崎市の周囲をとりまく山々が遮蔽物となったことによります。

それでも約15万にもの死者が出たのは、高高度で飛来したB−29が積雲に阻まれて発見が遅れて、空襲警報が間に合わなかったこと、同じ理由で対空砲火による防御が間に合わなかったことによります。(詳細は後述します。)

もし、この原爆が、当初予定通りに北九州市で炸裂していたとしたら、北九州市は、土地が平坦であることから、熱線による被災は、北九州の戸畑、若松、八幡、門司全域に広がり、さらに本州と結ぶ関門海峡を越えて下関市までも被災地となったであろうことから、推定で30万人以上の死者がでていました。

前にも書きましたが、「歴史にIF(もし)は禁物」というのは、左翼のバラまいた妄言です。
歴史は、「もし〜だったら」と考えることによって、学ぶことができる。

もし、長崎市においても、北九州同様、猛烈な対空砲火によってB−29を追い払うことができたなら、長崎の14万9千人は、命を長らえたかもしれない。

もし、北九州の陸軍基地が、飛来したB−29に対して猛烈な対空砲火を浴びせていなかったならば、被災者は北九州から下関までの広範囲となり、もっと悲惨な事態が待っていたかもしれない。

そのことは、現実に原爆の被害にあった経験を持つ、私達日本人が、断じて記憶し、確認しておかなければならないことだと思います。

いま、中共政府が沖縄や尖閣へ露骨な軍事介入を匂わせていますが、「いざというとき反撃しない者には、より大きな悲惨が待っている」というのが、悲しいけれど現実だ、ということです。
このことは、北九州と長崎の対比の中で、私達日本人は、骨身に沁み込ませておかなければならない、もっというなら、日本人の常識にまでしておかなければならない、歴史の反省点であろうと思います。

8月9日に長崎に原爆が投下されたあと、8月15日に終戦、そして8月29日には、米軍の兵士たちが日本への上陸を開始しはじめました。

そのうちの一部は、広島、長崎の被災地にも入り、実体調査を行っています。
8月の末頃、まだ、長崎では、被災して死亡した人たちの片付けが行われていました。

そこで、米軍の従軍カメラマンの、ジョー・オダネルが撮った一枚の写真があります。
それが下の写真です。

一枚の写真0809


この写真について、オダネルは、次のようにコメントしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。

少年の様子はあきらかに違っていました。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。

足は裸足です。

少年は焼き場のふちまでくると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしました。
少年は焼き場のふちに、5分か10分も立っていたでしょうか。

白いマスクをした男たちがおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。
私は、背中の幼子が、すでに死んでいることに気づきました。

男たちは幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。
幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆいほどの炎がさっと舞い上がりました。
真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。

その時です。
炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気づきました。
少年があまりにきつく噛みしめているため、唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。

夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま焼き場を去っていきました。
背筋が凍るような光景でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このとき、少年の心に何があったのか。

私達は、いまあらためて、自国を守ることに大切さについて、しっかりとした認識を持たなければならないときにきているのではないでしょうか。

67年前の今日、長崎に原爆が投下されました。
当時の長崎市の人口は24万人。そのうちの14万9千人が一瞬のうちに死没しました。
けれどこの原爆、当初の投下目標地点は北九州市だったのです。

しかし、北九州市にあった陸軍基地が、猛烈な対空砲火で迎え撃ったため、原爆を搭載したB−29は、投下を断念。
第二目標地点の長崎に原爆を投下しました。
長崎では、折からの積雲に敵機襲来の発見が遅れ、対空砲火が間に合わないうちに、原爆を投下されてしまったのです。

けれどこのとき、長崎に飛来したB29は、すでに残念量もそこをついている状態でした。
もし、長崎で反撃が間に合っていれば、もしかすると長崎への原爆投下は防げたかもしれない。

この事実から、私達は何を学ぶことができるのでしょうか。


(追加)

せっかくの機会なので、長崎の原爆投下について、巷間、言われているデタラメ2つについて、少し述べておきます。

ひとつは、長崎への原爆投下は、空襲警報が鳴ったけれど、なぜか解除された。そこに原爆が落ちた、というもの。
もうひとつは、大本営は、B29の無線をキャッチしていたけれど、これを放置していたというもの。
この2点です。
どちらも、日本軍が無能、もしくは大本営の無能ぶりのように形容されて、宣伝されている事柄です。

こういう、非常に悪意に満ちた、事実と事実の都合のいい(悪い?)ところだけを繋ぎあわせて、人をバカにするような言説というのは、まさに戦後左翼や在日朝鮮人の得意芸といえます。
事実は全然違うのです。

まず長崎で、空襲警報が鳴ったのは、午前9時すぎのことです。
原爆が炸裂したのは11時2分のことです。
時点がまるで異なります。

硫黄島を出たB29は、午前9時すぎに大分県姫島方面から日本領空に飛来しました。
わずか3日前には、広島に原爆が落されたばかりですから、当然のことながら、日本軍も大警戒をしています。
だからこそ、大本営はB29が大分で捕捉された時点で、長崎でも空襲警報を鳴らし、市民に避難を呼びかけているのです。

ところが、この時点でB29が目標としていたのは、小倉市(現:北九州市)でした。
そして9時44分に、B29が小倉上空に飛来したのです。

そこで起こったことは、上の本文で書いた通りです。
陸軍は、猛烈な対空砲火でB29に反撃し、このためB29は45分間で3度にわたり原爆を投下しようとしたけれど果たせず、しかも日本陸海軍が迎撃戦闘機を飛ばしてきたことから、小倉への原爆投下をあきらめて、その場を離脱し、帰投したのです。

大分にあらわれたB29が飛来した先が、小倉市であったことから、長崎は午前10時過ぎに、空襲警報を解除しました。
当然のことながら、時は平日の日中でもあり、警報が解除されれば、市民は職場に戻ります。
そしてその1時間後に、原爆は投下されました。

当日、北九州から長崎までの空は、厚い積雲が覆っていました。
ご存知の通り、積雲は真夏の雲です。たいへん厚みがある雲です。
高高度を飛行するB29は、この積雲の上を飛んだ。
つまり、地上から目視できなかったのです。

このことはB29の側も同じで、いまどのあたりを飛んでいるのか、地上の目視ができない。
なので乗員のひとりが航法士に、「現在地はどの辺りか」と尋ねます。
このとき、答えようとした航法士が、誤って内線用のインタホンのスイッチと無線スイッチを取り違えて返事をします。
無線通信が外に洩れたのです。

北九州に飛来し、長崎に向かったB29は2機ですが、無線の漏洩で慌てたためか、この二機は空中で操縦を誤り、危うくニアミスをしかけてしまいます。

しかし、なんとか機体をもちなおす。
一方、この無線をキャッチしたのが、この時点で鹿児島沖にいた別なB29(作戦からはぐれてしまっていた)です。
そのB29は「チャック、いまどこにいる?」という音声無線を、返します。

これが、午前10時50分頃の出来事です。

当然、日本軍もこの無線を傍受しました。
すぐに通信地点の特定を急ぎます。
そして、ひとつは、鹿児島沖と判明。
もうひとつは、長崎方面と判明。

そこですぐに長崎市に連絡をとり、空襲警報が間に合わないからと、臨時ニュースで市民への避難を呼びかけた。
ニュースを聞いた長崎市は、慌てて空襲警報を出そうとした。
その矢先に、原爆が投下されたのです。

要するに、日本軍は、その時点でできる最大限の努力をしていたのです。
にもかかわらず、あたかも軍部が無能であったかのごとく、事実の切れ端だけを繋ぎあわせて、陥れようとする。
こうした戦後の風潮は、今後、絶対に改めていかなければならないことだと思います。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

リアルすぎる米ドキュメンタリー 第二次世界大戦 広島の原爆


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

なつみかん

No title
人間と云うものは愚かな生き物だと、いつだったか?
そう思った自分がいます。自分もこんな世界に生まれてきて、
何度も死にたいとか、生まれてこなければとか思ったものです。
現実生かされて、子供を授かり孫までさすがると、そうも言ってられない。意味があると思います。自分が生きてくのに一杯一杯だったのが
子供が産まれ、孫が産まれ、自分だけでは済まなくなり、現実を考えると、
確かに親兄弟とは関係無い所で、助けられたりして今があります。
無責任ではいられないので、出来る事を出来るだけ頑張りたいと、
思います。結果はどうあれベストを尽くす事、最善を尽くす事。
尽くしきれるかどうかは、神のみぞ知ると云う事で。

aozora

No title
日本という国が、本当にかわいそうです。
当時の大本営の方々や、そしてなによりも昭和天皇がどんな思いでおられたか、、、
溢れ出る涙を止める事ができません。

トラメ

親戚の父親は当時小倉の高射砲部隊にいたそうです。また私の父親は8才で、長崎市内から車で1時間程の近隣におり、当日はキノコ雲が遠目に見えたとの事です。50代の親戚は、小倉に落ちてたら俺は生まれてなかったよ、と言います。私も父が一歩間違えれば生まれていなかったかも知れません。ですので、原爆については身近と言う表現は間違えだと思いますが、人事とは思えないのです。核兵器廃絶は理想ですが、現実は無理と考えてますので、日本がもう二度とこのような目に遭わないよう日本も核武装せざるを得ないと思います。
悲劇を繰り返してはなりません。

amotoyamatotake

祖父の証言
祖父は長崎浦上海軍工廠の冶金職人でした。原爆投下時には建物は揺れたがさしたる被害もなく、ただ、入り口の歩哨の海軍さんは倒れていたと言っていました。

さて、その工廠で何を作っていたか。

ジェットエンジンです。祖父は燃料噴射パイプを冶金しており、残った燃料をカンテラの燃料にして倒壊した自宅の残存部分で夜露をしのいで夜の灯りとしていたそうです。

歴史にもしが許されるのなら、ヤマトなどの巨大戦艦よりも、ジェット機の開発を急いでいれば歴史は180度変わっていたかも知れません。アメリカも当然ジェットエンジンは知っていたはずで、狙いはそこにあったと祖父は言い切って、被曝の後遺症で息を引き取りました。

残念でしかたありません。

kkkyyy

No title
私が物心ついて中学生くらいになった時、一番驚いたのは、白人が私たちと同じ感情を持った生き物であると知った時でした。それまでは、戦争経験者、空襲経験者の話からあんな無慈悲な事が出来るのは悪魔に違いないと感じておりました。今でも本音ではそう思っているのでしょうが、白人どもは有色人種などは人間と考えておらず、相変わらずの白人優越主義を心に秘めているのでしょう。我々日本人は、アメリカが世界中でしたことをしっかりと心に留め、仇が打てる時を待ちましょう。アメリカが今まで好き放題にしてきたことは、「国際法上合法」とされているのですから、アメリカ以外の国はすべて同じことをアメリカに対して行う権利があるということです。自国兵士の損害を少なくする理由で核兵器の使用が正当化できるのならどの国も自国の損害を防ぐために核兵器を使うでしょう。

ますみ

No title
ねずさん、いつも斬新な視点からの記事を
ありがとうございます。
毎回目から鱗が落ちます。

母親は小倉出身です。
その日の朝、子供だった母が家人と親戚の家におはぎを作って届けた帰り、上空にB29がわりと低空で飛んできたため近くの萱の茂みに逃げ込み、家人が母の上から覆いかぶさってやりすごしたそうです。
その後、長崎に新型爆弾(原爆)が落ちたことを知ったそうです。
原爆の話になるたびに母はあれがそうだったに違いないと言っています。

「いま、中共政府が沖縄や尖閣へ露骨な軍事介入を匂わせていますが、「いざというとき反撃しない者には、より大きな悲惨が待っている」」

というねずさんのご指摘は、全くその通りだと思います。
私はこれは追軍慰安婦や南京大虐殺などのほとんど言いがかりに等しい「攻撃」への日本の対応と、今話題になっているいじめに対する教師や大人たちの対応とも深く繋がっていると感じています。

どちらも「攻撃」を受けた側に対して、ことを荒立てず、ひたすら低姿勢で耐え忍んでいればやがて相手も矛を収めてくれるから我慢しろ、という態度でした。
これでは相手に誤ったメッセージを送ることになります。

つまり加害者に「あなたが正しい。日本/いじめられている子供 の方に落ち度があったため、攻撃されて当然です」
と言っているも同然です。
当然相手の「攻撃」はさらに激しく過酷になっていきます。
中韓の要求は天井知らずです。

いじめも国同士の関係も根は同じだと思うのです。
まずは一番身近な問題から、つまりいじめられている子供を絶対に守る!という確固たる意志を持って大人が毅然とした態度を示し、ノウハウを確立して行動に移すことが急務ではないでしょうか。
これができた時、国と国との問題にも本来のバランスを取り戻せるのではと思います。
悠長に聞こえるかもしれませんが、地道にコツコツと、いじめも、他国の些細な兆候も見逃さずすぐに対応するしか手はありません。
しかしはたしてやれるのか?
間に合うのか?

いろいろとふがいない日本の現状ですが、それでも少しずつ光明が見えてきているような気がするのは錯覚でしょうか。

長文失礼しました。


よし

いつも、ねずさんのブログを拝見させていただいています。
ありがとうございます。
私の亡父は、陸軍少尉として広島原爆投下3日後に市内に入りました。戦艦大和を造った軍港を望む呉市内に住んでいました。
亡母は、B29の空襲や呉から3kmくらい離れた広(ひろ)にキラキラ光るグラマンが飛来していた話や、広島原爆投下のキノコ雲が、ピンク色に輝いて呉から見えた話など、私が小学生の頃話をしていました。

亡父は、広島の惨状のことは全く話しもしてくれませんでした。

オダネル氏の写真を幾度も見ていますが、広島も同じだったのだろうと多くを語らなかった父を思い出します。

直立不動の少年の心中を察すると、写真を見る度に、涙が出て止まりません。鼻水も出てしまい、言葉では表現できない衝動にかられます。





yosinaripon

No title
アメリカは今からでも遅くないので広島と長崎に正式に謝罪すべきですね。

某さん

ACTAを知ってください。
スレ違い失礼します。

関連リンクです。
知っていただき、しかる後に賛同いただけるとありがたいです。

【ニコニコも2ちゃんもツイッターも全部閉鎖の危機、ACTAを止めろ】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17658252

【「ACTA 条約」の抗議先☆ACTA条約を反対する方法☆衆議院の議員に反対意見をFAXで送ってください】
http://lnnl.blog81.fc2.com/blog-entry-4832.html

masa.

No title
本来の爆心地は、今のところから500m離れた浦上天主堂だったようです。
浦上天主堂の残った壁を広島ドームのように残す話しもあったようですが急に取り壊し、天主堂も速やかに建て替えられた。
「ファットマン」の実験でキリスト教会を破壊したとなると都合が悪かかったらしいです。

読者

ねず様、いつもありがとうございます
私は以前から「キリスト教の本質を知りたければ聖書を読まないでもよい。広島か長崎の原爆資料館に行け」と言ってきました。凶暴な白人が一神教を掲げ究極の近代兵器を手にしたらどうなるか一目瞭然である、と。
以前「イエスズ会宣教師が見た日本の神々」という本を読んだことがあります。江戸中期、まだ神仏混淆としていた時代の有様が描かれ興味深かったのですが、文中で日本の神社仏閣を評し「ありとあらゆる悪魔が祀られている」(注・悪魔はお前らだ!と思います)と酷評し「いつかこの国の中心たる伊勢神宮に十字架を打ち立て征服せねばならない」と書いています。TPPが好例ですが白人キリスト教徒の、今に至るまで続く対日支配の源流をこの本で知りました。67年前、戦艦ミズーリ艦上での日本の降伏手続の際、米側が脇に揚げていた古い星条旗はペリー来航の際「黒船」に掲げられていたものだったそうです!
もっとも長崎の信徒らは「原爆は神が与え給うた」などと抜かしておりマゾではないかと思いますが。
この邪教については摘菜収「キリスト教は邪教です!」(講談社@新書)をお読みください。
思い出していただきたいのですが、現在反日運動・反靖国運動・反天皇運動・反国家運動(これには悪名高い死刑廃止運動も含む)の人脈はすべて重複しています。そしてその中心となっているのは反日左翼よりもむしろ反日的キリスト教徒なのです。畏れ多くも明治天皇の思し召しにより、アジア初の近代憲法たる大日本帝国憲法によって(本来日本の風土にそぐわない)キリスト教徒にも信教の自由が認められ、大東亜戦争中も信徒の学徒兵は聖書を戦地に持っていくことまで許可されました。
こういった全ての恩を仇で返しているのですから、本当に愚劣で冷血な者共と思います。韓国でキリスト教徒が多いのもうなずけます。今年も8/15、連中の聖地たる「山の手教会」で連中が似非平和集会をやるので抗議の予定です。
雑感にて失礼いたしました。

-

私は、北九州市の生まれです。

原爆の時は、母が12才だと思います
北九州市に投下されてたら、私や兄弟は生まれてませんね。

父は、鹿児島で原爆の音とキノコ雲を見たと言ってました

そんなに離れてるのに、見えるのかとも思いましたね

父は、神風特攻隊として出陣前に終戦になり
先に旅立った戦友との約束は守れなかったと言ってました

まぁ、飛行機も無く木で出来た飛行機までも使ったとも言ってましたね

16才ですよ。
凄いなぁ~と思いますよ
父母は、亡くなりましたが
もっと、戦争当時の話しを聞いていればと悔やんでいます。

皆様も、まだ傍に 当時の事を聞ける人が居るなら話しを聞いてみて下さい

そして、子供へ孫へと語り継ぐのも
私達の役目かもしれません

朝顔

ねずさん
今日もブログ更新ありがとうございました。

これから家族で黙祷します!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク