占守島の戦い(1) 助けられた400人の乙女たち

人気ブログランキング ←いつも応援クリックありがとうございます。

占守島
占守島01


日魯漁業といえば、いまは名前が変わって株式会社ニチロです。
さばの缶詰や冷凍食品などで、みなさんおなじみの会社です。

その日魯漁業の従業員2,500人が、昭和20年8月の終戦のとき、アリューシャン列島(千島列島)の先端、カムチャッカ半島のすぐ手前にあるシュムシュ島(占守島)にいました。
なぜかというと、占守島に、ニチロの缶詰工場があったからです。

戦時中、莫大な量の糧食を、日本は外地に補給していました。
なかでも、この占守島で生産される魚類の缶詰は、貴重なタンパク源として、外地で戦う日本の軍人さんたちにとってなくてはならないものであったのです。

そしてその工場の従業員の中には、約400人の若い女子工員も混じっていました。

終戦を迎えた昭和20年の8月15日から3日目、8月18日の午前1時のことです。
突然ソ連軍がこの島に、対岸のカムチャッカ半島から猛烈な砲撃をしかけ、奇襲部隊を上陸させてきました。
宣戦布告もなしに攻め込んできたのです。

この島を守るのは、日本軍の第91師団でした。
師団では、15日の終戦を受け、武装解除の準備をすすめていたのです。
戦車からは車載銃砲や無線機を取り外し、様々な機材は爆砕し、またもう使わなくなった車両などは、海に没げ捨てる準備まで進めていました。
そして17日の夜には、みんなで酒を酌み交わして、別れの挨拶をし、各自布団にはいって、就寝についたのです。

ところが、寝床にはいって、そろそろ眠りについたかな、という午前1時、突然対岸のロパトカ岬からソ連軍が猛烈な長射程重砲砲撃をしかけてきたのです。

さらに追い打ちをかけるように、占守島国端崎の監視所から「海上にエンジン音聞ゆ」と急電がはいる。

降伏に関する軍使なら、夜中に来ることはありえません。
「これは危ない」と判断した日本軍は、島一面が濃霧に包まれた中で、急いで戦闘配備を整えます。

その間にも、
「敵輸送船団らしきもの発見!」
「敵上陸用舟艇発見!」
「敵上陸、兵力数千人!」
等と、相次いで急報が入ります。

戦争は終わったはずなのです。
当初、応戦を逡巡していた日本側も、ここまでくれば、放置したら皆殺しとなってしまう。
とりわけ占守島には、2500人の民間人のニチロの社員たちがいるのです。
しかもそのうち400人は、女子工員たちです。

やむなく第91師団では、国端崎の砲兵、竹田岬と小泊崎の速射砲・大隊砲が協力して反撃を開始しました。
さらに陸海軍航空機による決死の反撃を行い、重砲によって敵部隊への砲撃も行いました。

激戦の中、第91師団の参謀長と世話役の大尉は、ニチロの女子工員のことを気遣います。
「このままでは、女子行員たちは必ずソ連軍に陵辱され被害者がでる。なんとしてもあの娘たちを北海道へ送り返さなければならない。」

二人はそう申し合わせると、すぐに部隊に命じ、島にあった20数隻の漁船に女子工員約400名を分乗させ、霧に覆われた港から北海道に向けて出港させます。

ソ連航空機による爆撃が続く中です。

第91師団は、必死で高射砲の一斉射撃をして、爆撃機を追い払います。
敵上陸部隊にも集中砲撃を行った。
海上の艦船を、漁船の出港が見えない位置に釘付けます。

戦いは4日間続きました。
戦闘は激烈を極めました。

日本軍の死傷者約 600名。
ソ連軍の死傷者約3,000名。

第91師団は、敵ソ連軍を圧迫し、海岸付近に釘付けしました。
ソ連兵を一歩も内陸に前進させなかったのです。
それどころか、あと一歩でソ連上陸部隊を殲滅(せんめつ)するところまで追い詰めました。

ところが、8月21日、島に第五方面軍司令部から停戦命令が届いたのです。
第91師団は、ソ連軍の攻撃はまだ続いている中で軍使を派遣しました。
そして自ら進んで停戦交渉を進め、戦闘を終結させたのです。

第91師団のもとに、女子工員たちが「全員、無事に北海道に着いた」との電報が島に届いたのは、戦闘終結の翌日のことでした。
第91師団のみなさんの、この報を受けたときの喜びはいかばかりだったでしょう。

しかし、占守島にいた日本人約25,000人は、武装を解いた後、上陸してきたソ連兵によって民間人を含めて全員逮捕されました。
その2万5千人は、シベリアに到着した時点で人数が5000人に減っていたという話もあります。
途中で、理由なく殺されたのです。

生き残り、シベリアに抑留された人々も、寒さと飢えと栄養失調のために、約1割がお亡くなりになりました。

占守島02


なぜ、ソ連は、終戦3日後に強襲上陸進攻を強行したのでしょうか。
それまで、千島列島に配備された日本軍に対する攻撃は、米海軍によって行われていました。

終戦3日前の8月12日には、温禰古丹島から占守島に漁船で移動中の日本軍の独立臼砲部隊が、米艦隊の砲撃により全滅させられ、88名に上る戦死者を出しています。
つまりこの地域には、米軍による戦闘実績があったのです。

一方ソ連は、ヤルタ会談の秘密協定で、米英から千島列島をソ連に引き渡すという言質は得ていたといいます。
けれど、日本固有領土の千島列島を、米英がそうそう簡単にソ連に引き渡すかは、はなはだ疑問です。
ソ連は、自らの戦闘実績をつくり、自力で千島を占領しようとしたのです。

そのため彼らは、日本がポツダム宣言を受諾した後の8月15日からあわただしく戦争の準備し、奇襲上陸してきたのです。

ソ連はその後、米国に対して北海道の分割統治の要求を行いました。
このことは、ソ連が、もし千島侵攻がうまく行っていれば、一気に北海道まで侵攻し、領有しようとする意図があったということを示しています。

さらにソ連は、占守島のは占領を1日、と計画していました。
たった1日で、占守島は占領できると、彼らは踏んでいたのです。

ところが占守島の第91師団は、そうした彼らの目論見を、見事に粉砕しました。
敵をせん滅しかけただけでなく、彼らを「一週間にわたり」、島に釘づけにしたのです。

実は、この「一週間」が、北海道の命運を決定付けました。
ソ連軍が占守島に釘づけにされている間に、米軍が、北海道進駐を完了させたのです。

米軍の北海道進駐によって、北海道は、ソ連軍の侵攻を免れました。
そのために、ドイツや朝鮮半島のように、北海道が米ソによる分割統治になるという事態が避けられたのです。

逆にいえば占守島第91師団の勇敢な戦いがなかったら、北海道は千島や樺太の南半分と同様、日本国は「帳面上」の領有権を持つだけで、いまごろはまだロシアによって実効支配されていたかもしれません。

占守島に上陸してきたソ連兵は、日本兵の武装解除の後、島中で、女性を捜し回ったそうです。が、あとの祭りでした。
もし彼女たちがいち早く島を出ることが出来なかったら・・・

占守島の第91師団。

彼らは、終戦を迎えた後にも、身を持って卑劣なソ連の進行を妨げてくれました。
彼らは、ソ連軍占領予定地点の北海道中部まで本土上陸を阻止ししてくれました。
彼らは、多くの婦女子を占守島より脱出させてソ連兵による陵辱から守り通してくれました。
彼らは、上陸しようとするソ連軍を水際から一歩も踏み入れさせず、勇敢に戦ってくれました。
彼らは、占守島の第91師団は、私たちに北海道を残してくれました。

彼らのおかげで、北海道は、いまも全域が日本です。

私達は、北海道産のおいしい食品を食べることができます。
私達は、占守島の第91師団の戦いを、勇気を、恩を、決して忘れてはならないと思います。


※この記事は当ブログの2009年10月24日の記事をリニューアルしてお届けしました。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

占守島の戦い


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
↓クリックするとお申し込みページに飛びます↓
日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

まっこうクジラ

靖国でこの戦いのことを知りましたが…なんとも壮絶です。 北の防人は命をかけて必死の防戦をして北海道を護り国民を護ってくれました。これが犬死になどと誰が言えるでしょうか? 北海道新聞は相変わらず 日本を非難してますが、こいつらが上から目線で日本軍を貶め新聞を売ってのうのうと能書きたれて平和に暮らしてるのは そのような防人が命を投げ出して戦ったからでしょう。私は靖国で眠る北の防人や祖国のために戦った方々に感謝の念がたえません。
この北の防人のことは教科書に載せて子供に教えればいいと思うのです。素晴らしいブログをありがとうございました!

NORI

マッカーサー2世の電文
1960年当時、在日本の大使であったダグラス・マッカーサー2世が、韓国駐在大使に当てた長文の電文があるのですね。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001

その一節。

「李政権は、公海上で日本の船を拿捕し、人質外交を展開するのみならず、常に日本の領土とみなされてきた竹島を、武力により、違法に占有しています。」

また、終戦時に在アメリカの韓国大使がアメリカに対して
「竹島は日本が棄却したのだと認めてくれ」ととっちらかった
内容の書簡も残っているんですね・・・

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7de29d6f120aa9fdaff5e22ef8cbe4e7

日本武尊と7人

No title
初めてコメントします。

この戦闘の当時の兵士の証言が
小学館「太平洋戦争 最後の証言」門田隆将著
第二部、陸軍玉砕編、第九章に載っています。
ご参考迄に

某さん

米超党派グループ、日米防衛協力拡大を提言
スレ違い失礼いたします。

超拡散希望

ミンスの売国奴に潰される前に、各ブログ主様、拡散お願いいたします。
この提案が急いで広まりますように。

【米超党派グループ、日米防衛協力拡大を提言】
http://www.afpbb.com/article/politics/2895529/9367277

八紘一宇の精神

士魂戦車大隊
終戦直後の武装解除中の占守島守備隊に対して
ソ連軍が日ソ不可侵条約を一方的に破棄し
戦線布告無しで奇襲攻撃してきた際に、
1日で占領する予定だったはずのソ連軍侵攻部隊が
逆に全滅させられそうになった腹いせとして、
この方面を指揮していた第5方面軍司令官である
樋口季一郎中将をソ連側が報復裁判での戦犯に指名したそうです。

約2万人のユダヤ難民を救済するなど、ユダヤ人に対しても
日頃から人道支援を行ってきた樋口中将に対して
世界ユダヤ協会が合衆国政府に働きかけた結果、
マッカーサーがソ連への身柄引渡しを拒否したため、
ここでもソ連による彼個人への報復は失敗に終わっています。

この救出運動を樋口氏本人が知ったのは戦後5年後のことだそうで、
その時に招かれた東京渋谷のユダヤ協会の演壇で樋口氏は
「私は人間として当然やらなければならない事をやっただけである」
と述べられたそうです。

ねずきちさん、読者のみなさん

No title
このシリーズが終わってからカキコしようと思ったのですが、明日以降、カキコする余裕があるかわかりませんので今日書きます。

この戦いの小説、「終わらざる夏」(浅田次郎)NHKの「新日曜名作座」にて放送されています↓
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-08-19&ch=05&eid=78021
今日、9回シリーズの第5回が終わりましたので、後4回です。

小説としては、あまり出来がいいとはいえないようなことが、アマゾンの読者レビューに書いてありました↓
http://www.amazon.co.jp/%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%96%E3%82%8B%E5%A4%8F-%E4%B8%8B-%E6%B5%85%E7%94%B0-%E6%AC%A1%E9%83%8E/product-reviews/4087713474/ref=sr_1_2_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

御参考になれば幸いです。

-

国を、国民を守る事とは、こういう事ですね。あまりの男らしさに言葉が出ません。

中韓姉妹都市関係破棄運動

北海道の社会科副読本に是非載せたい話です。
北海道民に会うたびこの話を知っているかと聞くのですが、まだ誰も知っていると答えてもらえません。まだご存命の方もいると思うのですが、広めてはならない史実なのでしょうか。。靖国神社の遊就館に展示なっているのを見た時は嬉しかったです。

山本ぽんすけ

No title
日本が好きなだけなんだよ
慰安婦問題のきっかけは社民党の福島瑞穂
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-901.html

「慰安婦問題の特異性は、日本人が創作した話だということだ。」

慰安婦問題は従来から上記の点が指摘されてきましたが・・・。

ゆり

うっ…(´;ω;`)
兵隊さん達のお話を聞くと、いつも涙がでます…。写真を見ながら涙、お話を読みながら涙…。日本を守ってくれて本当にありがとうございました。

ねず

ちび・むぎ・みみ・はなさんへ
考えなかったのではなくて、実際、考えかつ行動しています。
よろしかったら、拙ブログの
「石頭予備士官候補生の戦い」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-757.html
をご覧ください。
婦女子たちを逃がし、その逃げる時間を稼ぐために、彼らはダイナマイトを抱いてソ連軍の戦車に肉弾特攻をしていました。
そこまでして、日本を、日本人を、婦女子たちを守ろうとしたのです。

ちび・むぎ・みみ・はな

No title
> 激戦の中、第91師団の参謀長と世話役の大尉は、
> ニチロの女子工員のことを気遣います。

何で同じことを関東軍は考えなかったのだろうか?
きつい言い方ではあるが, 軍隊は国の宝を守るために
ある. 正しく, 第五方面軍は日本の軍であった.

和源

いつも詳しい話をありがとうございます。
いつも詳しくわかりやすいお話をありがとうございます。
関係者一同で拝読させていただきます。
心洗われるものでした。

アメリカンブルー

ねずさん、今日も素晴らしいお話しをありがとうございます。
占守島の第91師団の方々には感謝の気持ちでいっぱいになりました。

尖閣、沖縄、竹島、北方領土や北海道、台湾、色々、守るためにねずブロは、とても大切です。

これからも、国防の意識が高まりますように、ご指導よろしくお願いいたします。

以下の動画を見つけましたので、是非ご覧くださいませ。

「H24・08・15 救国!沖縄支援集会「来賓挨拶:小名木善行氏」
http://www.youtube.com/watch?v=dBdRd_RNsjs

新たな戦後世論を創ろう

No title
占守島第91師団の日本軍は400名の島民女性を救った。このような日本軍が果たして朝日新聞が報道する従軍慰安婦の一連の行為行なったでしょうかそんなことありません。この話が朝日新聞の嘘捏造を証明しています。日本軍は弱い女性を命懸けで守ったのです。
改めて朝日新聞の嘘捏造に怒り感じずにはいられませんでした。

町工場の親方 

完全な勝ち戦
>日本軍の死傷者約 600名。
ソ連軍の死傷者約3,000名。

この戦いは、完全に日本の勝ち戦、ソ連の負け戦でした。
勇敢、精強な日本軍が、装備が整っていれば、ソ連軍が勝てるわけがありません。
ノモンハンとは違います。(ノモンハンも戦後、米ソ、日本のマスコミが喧伝したような、日本軍の惨敗ではありませんでした。)

それにしても、スターリンによる満州、シベリアの残虐を、日本のマスコミは伝えてきませんが、今後段々明らかになり、いかに、「朝日」 をはじめとする戦後の日本のマスコミが酷いものだったか明らかになっていくと思われます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク