小麦のお話



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

農林10号(写真下)
農林10号は、ターキーレッド(上)、フルツ達磨(中)を交配して生まれました。
農林10号


小麦は、米、トウモロコシと並ぶ世界三大穀物のひとつです。
なかでもいちばん生産量(消費量)が大きいのが小麦。
パンやパスタが主食となる欧米では、小麦は、国家の食糧自給のための最重要品目です。

ですからどこの国でも小麦の生産は国が統括しています。
あたりまえです。
国民あっての政府なのです。
何よりも自国民の食を最優先する。
国が管理し備蓄しなければ、万一の際に国民が飢えてしまいます。

従っていずれの国においても国内で生産された小麦は、まず自国で消費備蓄する分を政府が優先して確保します。
余った分だけ、輸出にまわります。
凶作で余らなければ、輸出はありません。

こうなる困るのは輸入国のほうですが、ところが日本では、かつては全国どこにでもみられた麦畑が、いまではほとんど見かけられなくなりました。
自給率が百パーセントあった小麦は、いまでは年間消費量約600万トンのうちの90%を輸入に頼るようになっているのです。

輸入先は一位米国、二位カナダ、三位オーストラリアです。
なぜか大東亜戦争の戦勝国たちです。
そしていま、我が国が輸入している小麦は、実は日本生まれの小麦です。

昭和20年、戦勝国として日本に乗り込んだGHQは、日本が開発し研究してた農作物の新種の種子を大量に収集し米本国に送りました。
それはそれはすさまじいもので、根こそぎ全部持って行ったのです。

この中心となったのが米国人農学者のS・C・サーモンです。
彼はGHQの農業顧問として来日し、そして日本で開発された「農林一〇号」と名付けられた小麦のウワサを聞きつけます。
そして岩手の国立農業試験場まで、自ら出向くと、収穫前の「農林一〇号」を視察しています。

そこで彼が見たもの。
それは、これまで世界の誰もが目にしたことのない新種の小麦だったのです。
まさに驚愕の歴史がここにはじまります。

当時、世界で生産されていた小麦は、背の高い小麦です。
収穫時の高さは1m20cmくらいになります。ところが「農林一〇号」は、背丈が60cmくらいです。
そのくせたわわに稔った実は、米国産の小麦の数倍です。

実はこのことは小麦の栽培にあたって、とても重要なことなのです。
背丈が半分ということは、地面から吸い取る栄養分が、背の高い品種の八分の一ですむということです。
葉や茎に要する栄養分が少ないからです。

ところがそれまで世界で生産されていた小麦は、背が高く、大きくて、実が少なかったのです。
小麦の収量をあげるためには、とにかく密度を濃くして植えるしかない。
なので、苗から苗までを、およそ15cm間隔で植えたといいます。
すさまじいです。
稔る頃にはものすごい密度になる。

ところがこれをやると、農地の栄養分がまたたくまに吸い取られ、土地が痩せてしまうのです。
このため何年に一度は土地を休ませないといけなくなる。
つまり広大な農地が遊休地になるのです。
当然、その分、収穫高が落ちる。

ところが「農林10号」は、なんと五〇センチ間隔で植えられるのです。
しかも背が低く茎と葉が小さい。
だから余計な栄養分を地面から吸わない。
それでいて背の高い小麦より、はるかにたくさんの実を稔らせる。
つまり、土地が枯れない。
しかも単位面積あたりの小麦の収穫量は、当時の米国産小麦の三〜五倍です。

農学者のサーモンは、驚愕し、「農林一〇号」の種子を全部集めて東京に持ち帰り、米本国の農業学者たちにこの種子を「ノーリン・テン」の名前で送ってしまったのです。

この種子を受け取ったなかのひとりが、ワシントン州のO・A・フォーゲルでした。
彼は、サーモンから入手した「ノーリン・テン」を栽培し、量を増やし、新型小麦「ゲインズ」という名前で、全米の農家に売りに出しました。

この種子は全米で大当たりします。
全米で驚異的な出来高をあげたのです。
小麦の収量は、一気に4倍にも膨れ上がったのです。

「ゲインズ」が、大当たりしたことには、もうひとつのファクターがあります。
それは「ゲインズ」が背が低かったことです。
なぜ背が低いのが喜ばれたかというと、背が低くて安定しているから、たわわに実を稔らせても麦の茎が倒れないのです。

栽培途中で倒れた麦は収穫できません。
倒れないということが、いかに大事なことか、おわかりいただけようかと思います。

さて、このゲインズの噂を聞きつけたのが、メキシコで農業研究をしていた米国人農学博士ノーマン・ボーローグです。
彼がどうしてメキシコで小麦の研究をしていたかというと、メキシコは高温多湿で地味が肥えているから、小麦の栽培に適していたからです。

ところがメキシコには小麦にサビ病という風土病があります。
これが発生すると収穫が激減し、その都度メキシコは飢饉に見舞われていたのです。

ボーローグは自らメキシコに出向き、伝染病に強い小麦を研究していました。
そしてようやく病気につよい品種を完成したのです。
彼は狂喜しました。

けれど、ダメだったんです。
彼が完成した小麦は、背が高くて、病気に強く、稔りが多いのです。

これだけ聞くといっけん完璧なようですが、稔りが多くて背が高いから、麦が収穫前に倒れてしまうのです。
倒れた小麦は育たず、収穫できません。
結果ボーローグの開発した新種の小麦は、肝心の収穫高がむしろ「減ってしまった」のです。
これではなんのために開発したのかわかりません。

ボーローグは困り果てていました。
そこに飛び込んできた情報が「ゲインズ」の大成功のニュースだったのです。

ボーローグがワラをも掴む思いだったことは容易に想像がつきます。
彼は、メキシコに「ゲインズ」を取り寄せると、さっそく自らが開発した品種と掛け合わせ、ついに、「稔りが多くて、背が低くて、収穫期に倒れず、土地を痩せさせず、病気に強い」という「理想の小麦」を完成したのです。
なんとこの功績で、ボーローグは国連農業機関員にまで出世している。

彼は、国連の機関員として、発展途上国各地の農業を視察するとともに、各国から農業研究者をメキシコに呼び寄せて技術指導をし、指導を受けた者たちに、この新種の麦の種子を持ち帰ることを許可するという制度を開始しました。
「制度を開始」したのです。
冒頭申し上げたように、小麦は大切な国内食材です。
だからメキシコでも、米国以外への種子の持ち出しは厳禁だったのです。

このことは逆にいえばS・C・サーモンが日本から種子を根こそぎ持って行ったということが、いかに横暴な出来事であったかということでもあります。

さて、ボーローグがメキシコの法まで改正して、ようやく世界にむけて新種の小麦の普及が図られ出した昭和四〇年頃のことです。

この年から翌年にかけて、インド、パキスタンで、冷害による大凶作が起こりました。
数千万人が、飢えて死亡する事態になったのです。

ボーローグは、インドに数万トン単位で、この新品種の種子を送り込みました。
そしてこの種子が稔ると、なんとインドの小麦の収量は、全土で二倍になり、パキスタンでも自給自足が可能なレベルにまで食が安定したのです。

この事件をきっかけにボーローグの小麦は「奇跡の麦」と呼ばれるようになりました。
そして世界に普及し、世界の小麦収量を激増させています。

いま世界全体で生産される小麦は年間6億トンです。
けれど農地(作付)面積は1960年から変わっていないのです。
そして当時の小麦収量は、全世界で2億トンです。

つまりボーローグの「奇跡の麦」は、世界の小麦収量を3倍に増やしたのです。
これは「緑の革命」と呼ばれています。

今から二百年ほど前、英国の経済学者トマス・ロバート・マルサスは、世界の人口はまもなく食糧栽培能力を上回り、人口はそれ以上に増えることはない」と主張しました。
当然です。人間は食い物の量以上に増えることはできない。

ところが奇跡の麦は、世界の食糧事情を好転させ、おかげで世界の人口は、200年前の3倍に増えました。
おかげで世界の人口も、3倍に増えたのです。
ボーローグは世界の食糧不足の改善に尽くしたとして1970年に、ノーベル平和賞を受賞しています。

ところが、長い間ボーローグの「奇跡の麦」が、なぜできあがったのか、謎に包まれていたのです。
それが明らかになったのは、彼が講演のために来日したときで、本人の口から、日本で生まれた「ノーリン・テン」を親として開発された小麦であることが明らかにされました。

いま世界の人類の生存を支えている小麦の品種は数百種類に及んでいる。けれどそれらは、ことごとく日本で開発された「農林一〇号(ノーリン・テン)」の子供たちです。
そしてその「農林一〇号」を開発したのは、日本人農学者稲塚権次郎博士です。
ちなみに稲塚権次郎博士は「農林一号」も開発しています。
「農林一号」は、コシヒカリ、ササニシキの親です。

いま、小麦の生産高はChinaが世界第一位になっています。
けれどChinaはもともと世界第一位の生産国だったわけではありません。
これまた戦時中に「農林一〇号」を開発した稲塚権次郎博士が、北京の華北産業科学研究所に農業指導のために招かれ、小麦の改良と指導を行った結果です。

稲塚博士は、終戦後も国民党政府から「帰らないでくれ」と懇願され、終戦後二年もChinaに留まり、本土に復員されたのは昭和22年になってからのことでした。
おかげでChinaの小麦収量は3倍になり、当時5億だったChinaの人口は、いまでは15億になっています。

さて、ここから先は、こうした経緯を振り返って、私が個人的に感じたことです。
あくまでも感じたことなので、失礼があればお赦しください。

先の大戦で、日本が前半戦において、まさに破竹の快進撃をしたのはご存知の通りです。
当時の帝国陸海軍は、まさに神に近い強さを持っていました。
米英濠仏、いずれも日本軍に敵う軍隊はなかったのです。

フィリピンを守っていたマッカーサーも、強大な陸軍を誇りながら、一瞬にして制海権、制空権を日本軍に奪われ、陸戦においても我が陸軍の前にまるで歯がたちませんでした。

しかも我が軍はハーグ陸戦条約を遵守し、あくまで戦地の民間人が退去するまで、その地への攻撃をしかけなかったし、攻撃するのも敵の軍事施設のみに焦点をあてた精巧な攻撃を行っています。
日本軍は、まさに世界最強の神にも通じる皇軍の兵士だったのです。

ところがある日を境に、我が軍は敗退につぐ敗退となりました。
まるでツキが落ちたかのようです。
打つ手打つ手が裏目にでています。

で、思うのです。
もしかすると日本の八百万の神々は、未来を見据えていたのではないか、と。

もし日本があの戦争に勝つか、あるいは昭和十八年の時点で米英と講和条約を結んでいたらどうなったか。
おそらく米英との敵対関係は継続されます。
インドもパキスタンも、英国領のままです。

日本にはすでに「農林一〇号」はあったけれど、三大穀物の種子は友好国以外輸出禁止です。
であれば昭和四〇年に起こったインド、パキスタンの凶作時、英国領である同国に「農林一〇号」は行き当たらなかった可能性がある。
そうなると、インド、パキスタンは、億単位の餓死者を出した可能性があるのです。

日本が戦争を終わらせ、GHQが日本で開発された「農林一〇号」を米本国に持ち帰ったことから、米国の小麦収量は劇的に上がり、メキシコで病気に強くなり、奇跡の麦が誕生し、それが世界に普及しました。
おかげで世界の人口は三倍に増えました。
インド、パキスタンも、餓死者を最小に止めることができ、それどころか今ではインドは小麦の輸出国でさえあります。

一方戦の序盤から中盤にかけて日本が勝利を連続させなければ、その後の東亜諸国の独立はなかったであろうし、世界の人種の平等も確立されてなかった、これも事実です。

日本の八百万の神々の御心は、我々凡人には計り知れません。
けれど、もし未来を知る八百万の神々なら、どう判断し、どう行動したであろうかと想像してみると不思議なのです。

日本を最後まで勝たせて世界の飢餓を招くか、それとも日本を敗戦に導いてでも世界の民衆の幸福を図ろうとするか。そのような選択肢を前にしたら、神ならずとも、後者を選択します。

そして日本で開発された小麦はたしかに世界を飢えから救ったのみならず、世界の人口を三倍に増やしているのです。
さらに日本が掲げた人種の平等、植民地支配の終焉という壮大な目的も、日本は国土を焼土としたけれどたしかに実現しています。日本は戦争の目的を達しているのです。

しかも焼け野原となったはずの日本は、終戦直後の世界の最貧国状態から、ほんのわずかな期間で、世界有数の富める国となっています。
おかげで国を守るべき政治家までが「平和ボケ」するくらいの平和と繁栄を手に入れています。

言い換えれば靖国に眠る236万柱の英霊は、世界に人種の平等を実現しただけでなく、世界を飢えから救い、戦後日本の平和と安全と繁栄を実現したのいえるのかもしれません。

そしてそういうことを我々日本人が謙虚に学び、英霊への感謝を捧げるとき、日本と世界は再び大いなる発展のときを迎えるのではないかと思うのです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

日本人必見 -韓国の卒業式は【裸に小麦粉と生卵】 in korea-


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無しさん@ニュース2ch

No title
ねずさんのお話は興味深く伺う事が多いのですが
後半の内容には疑問を感じます。

なぜなら今回のお話でおっしゃる「神」の概念があまりに「博愛・全知」を主軸にしたキリスト教的であるからです。キリスト教に神道のお化粧をしているかのようです。
日本の神さまは愛嬌のある方々で、酒を飲んでは縁結びを間違い、子を愛し、働き、笑い、嫉妬したり、喧嘩したり、そして死ぬ神です。超越的な視点から多数を救う為に数の計算で子を見殺しにする神ではありません。

日本の神にまで絶対性や無謬性を求めるあまり、唯一神を奉じる宗教観、つまり全てが神の思し召しであると思う心理の罠に落ちているのではないでしょうか。

もしも、勝敗が神意の働きであるならば日本の神さまが多数を救いたいと思われてのことならば、日本を勝たせた上で、日本に世界を救うよう促されると思いますよ。
神意は日本でも種子の持ち出しが法律で禁じられていた、というようなもので阻まれる程度のものではありません。

kuni

感動です!!
ここまで、八百万の神々の真意を表現した
文章を私は知らない。
日本に栄光あれ!

履歴書の住所

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

神の子

No title
今日のお話は「すごい!」のひと言です!

ルル

やはり日本は素晴らしい
毎日ブログを拝見させていただいてます。
今回の記事の最後に書かれたねずさんの意見に感動致しました。日本人だからこそねずさんのような考えにたどり着けるのだと思います。
自国の繁栄のみならず、世界の繁栄の手助けをしてきた日本。本当にこの国に産まれてよかったと同時に誇らしく思えました。

貼り付け

相撲の将来が不安、相撲のグローバル化で諦めるのか
BS1スペシャル  「SUMO 海を渡る~激闘!ヨーロッパ相撲選手権~」
BS1  9月7日(金)午後11:00~午前0:49(※7日深夜)


近い将来、日本の大相撲に激変をもたらす可能性を秘めた、知られざる大会がある。東ヨーロッパを中心に12の国から300人以上の力自慢が集まり、ナンバー1のアマチュア力士を決める欧州大陸選手権である。かつてハワイやモンゴルの出身者が多かった大相撲の世界では、今や欧州勢が一大勢力。初場所優勝の大関・把瑠都(エストニア)も、アマチュア相撲の世界で注目され来日した。
今、ヨーロッパでは「空前のすもうブーム」。ハンガリーの愛好家達は日本の土俵を本格的に再現し、スポーツエリートを養成する学校では相撲を取り入れた。選手権が開かれたウクライナでは、子どものすもう教室が大人気!人気の理由は、シンプルでわかりやすいルールと、勝負が一瞬で決まる醍醐味。その魅力に惹かれてレスリングや他の格闘技から転向してくる選手も多い。
一方で、相撲の技術や練習方法に関しては試行錯誤の連続。レスリングやサンボなどの格闘技をベースに工夫を重ね、その結果、日本の相撲とは異なった独特のスタイルの相撲が生まれている。日本の国技の相撲は、SUMOというスポーツ・世界競技になろうとしているのだ。
番組では、音羽山親方(元貴ノ浪)とNHK解説委員の刈屋富士雄アナウンサーを案内役とし、欧州大陸選手権に密着。荒削りながら、計り知れない潜在能力を秘めた強豪たちの熱闘を、二人の中継・解説で存分に紹介。また、音羽山親方によるウクライナ代表チームへの熱血指導、子供たちとの交流などを交え、知られざる欧州相撲事情を伝えるスポーツドキュメンタリーとして描く。

http://www.nhk.or.jp/bs/special/

-

引き続きACTA反対、抗議の電話FAXを!
http://acta-chan.blogspot.co.uk/2012/08/tppacta.html?m=1

このまま行けば4日本会議で決まってしまいます!私達には時間がありません!
反対されている議員さんが外されたり、
ACTA反対の内容のブログやサイトが
消されているようです。
周りの知らないで呑気に過ごしている
家族や友人に出来るだけ沢山の人に
呼びかけお願いします!

-

No title
ACTA強行採決されちゃった…

-

No title
結局、日本はあらゆる分野で世界に貢献してき、さらには今なお貢献しているものの、すべては闇に葬られ殺される、気持ち悪い世の中です。八百万の神々の意図があるのかもしれませんが、卑しい国々の謀略には、むなしい限りです。

一有権者

No title
日韓併合を日本による植民地支配だと朝鮮半島の人達は主張し日本から搾取されたと言いますが本当の事でしょうか。?

否!併合前の朝鮮の写真と当時半島を旅行した欧米人の日記を見て
さらには併合20年後の朝鮮半島の写真を見てそれでも日本が搾取したと
言い張るならばその人物の目は腐っているに違い無い。

そもそも併合は植民地支配ではなく大日本帝国朝鮮地方となり本来内地の振興整備に使う資本を土人同様の生活をしていた半島の整備に回したのです。その証拠が有るのに嘘八百を主張し困った時だけ支援を要請しそれ以外は日々反日工作を行う韓国との国交は断絶するべきです。

日本国は韓国と国交断絶しても困りません。かえって付き合いをすればするほど日本国は被害をうけるのです。

桜子

No title
日本には八百万の神々がおられます。
「今一度日本を見直すように」との思し召しかと思います。
しかし、それは他力本願であってはなりません。

ねずさんの言葉のように>そしてそういうことを我々日本人が謙虚に学び、英霊への感謝を捧げるとき、日本と世界は再び大いなる発展のときを迎えるのではないかと思うのです。

日本国民一人ひとりが努力して、初めて神助があるのではないかと思います。
いろんな意味に於いて今が正念場だと思います。

比呂

No title
最後の言葉にぐっときました。
世界繁栄の陰には日本あり。
このような「日本からもたらされた」例がほかにもあるような気がします。

ブログだけではもったいない。
ネットを見ていない人のために、これまでの記事をぜひ本にして出版してください。

みやび

今日のお話しは、魂レベルが高すぎて、私レベルでは、まだまだ理解不能です。
英霊の方々、八百万の神々様のこと、日本人としてのアイデンティティー、あまりにもレベル高すぎて。
もしかしたら一生わからない確率の方が高いのですが…
気長に学ばさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

-

民主党公約
「なぜ民主党が外国人参政権を進めているのか」
それをはっきりゲロってくれた過去があります。
【「参政権は民団への公約」赤松農水相が公言 選挙で支援認める】
 昨年夏の衆院選当時の民主党選挙対策委員長だった赤松広隆農水相は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団中央本部(民団、鄭進団長)の新年パーティーであいさつし、民団による衆院選での民主党支援に「心から感謝申し上げる」と表明。そのうえで民団の支援は、外国人地方参政権獲得のためで、永住外国人への地方参政権(選挙権)法案の成立は民団への公約だと強調した。民主党幹部が、参政権を条件に民団から組織的な選挙支援を受けたことを認めたのは初めて。

 赤松氏は「鄭進団長をはじめ民団の皆さまには昨年、特にお世話になった。投票はしてもらえないが全国各地でいろんな形でご支援いただき、308議席、政権交代につながった」と語った。

 さらに「民主党中心の政権で地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ。本当にあと一歩。感激でいっぱいだ」と参政権法案の通常国会成立を約束した。

 民主党は意見集約が難航し、日本の有権者向けの衆院選マニフェスト(政権公約)に、外国人参政権付与を盛りこんではいない。
(2010/1/13 産経新聞)

はっちょもん

神武天皇のお告げ
農林一号はなつかしいです。私が子供の頃に農作業を手伝っていた時によく聞きました。
ほとんどの農家が作っていたと思います。その後、コシヒカリが出来ました。この品種改良を成功させたのは越前の福井県農場試験場です。よく越後産と間違えられているみたいです。まあ、美味しければどこの産地でもいいことですが、、、、
コシヒカリの育て方で難しいのが肥料の施し方で、稲穂が多い品種なのでやたらと多くしても穂が重くなって刈り取りの時に倒れてしまいます。成長期には肥をしないで伸びるのを押さえておきます。穂肥といって稲穂が実る直前に肥料を与えますと短くて倒れない、しかも多くの収穫を得られます。農林十号の利点をまねた栽培方法です。
日本神道の神様は農作の専門家です。
日本から世界中に農業の発展繁栄を指導している存在なのです。
「他人の物を搾取しないで自給自足で生きていける方法」が世界中に拡まれば侵略戦争は起きません。そのような高貴な目標を維持し続けてきたのが日本国なのです。
日本が世界のリーダーとして認められる評価は過去の歴史で実証されています。
そんな優秀な血統の民族である誇りを失ってはなりません。自信を持つべきです。
「神武天皇」ははっきりとお告げをされました。
「大陸からの文化が日本にもたらされたのではない、日本独自の文化で発展繁栄し中国から教わったのではない」
では日本文化のルーツは何処なのか?
ヒントは  The Libertyに掲載されています。
日本が世界のリーダーを目指す時には今の日本の中国洗脳左翼政治を根本から立て直さなければなりません。
そんな使命を託されているのがこの皇国日本なのです。

黒田裕樹

No title
結果を見れば、これもスケールの大きな「歴史の流れ」ですね。
ねずさんの大局的なものの見方にはいつもながら舌を巻きます。

八百万の神様は、今の堕落しきった日本国民にも大きな試練を与えているのかもしれませんね。そして、それをどうにかするのは国民の役目であり、誰かに頼っていては決して回復できないことなのでしょう。

れいさき

わかりやすく素晴らしいお話。子供たちにも教えていきたいと思います(^^)
真実が段々と明らかになり、ご先祖様を誇りに思う人々が増え、新しい風が吹こうとしていますね。
『日出ル国』の日本人に生きて良かったと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク