七福神と大黒様

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

神田明神の大黒様
神田明神の大黒様


みなさん、「七福神」という言葉を聞いたことがあると思います。
恵比須(えびすさま)、大黒(だいこくさま)、毘沙門(びしゃもんさま)、弁才(べんざいてん)、布袋(ほていさま)、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人(じゅろうじん)の七人の神様です。

七福神のそれぞれの神様については、長く民間信仰で語られてきた神様たちであるだけに、いろいろな説があります。
なので以下は、あくまでその中のひとつの説です。

七福神のなかで、お名前からいうといちばん景気良さそうなのが弁財天様です。
弁財様は女性の神様で、弁才天とも書き、「才(ざい)」が「財」に通じることから、銭洗い天などとして祀られたりもしています。
けれどもともとは水の神様で、だから弁天島は海にあるし、弁天池なんてのもあります。

商売繁盛の神様といえば、よく登場するのが恵比須(エビス)様です。
エビスは、蛭子、恵美須とも書かれ、恵比寿と書いたら、東京山手線の駅名です。

エビス様は、いつもにこやかで、だからニコニコした笑顔のことを「えびす顔」なんていいます。
耳たぶの長くて大きい人は福顔だと言われますが、どうやら長い耳たぶが縁起が良いというのは、エビス様のお顔からきているようです。

エビス様のお姿といえば、狩衣姿で、右手に釣り竿、左手に鯛を抱える姿が定番です。
なぜそのようなお姿かというと、実はエビス様が釣りの神様なせいで、そこから発展して、五穀豊穣の神様、商売繁盛の神様、家内安全の神様とされるようになったのだそうです。

では、そのものズバリの景気の神様は、どなたかというと、実は「大黒様」です。
大黒様は、米俵の上に乗っかっていて、背中には中味のいっぱい詰まった宝袋を背負い、手には振るだけで大判小判がざっくざくという打出の小槌を持っています。

大黒様は一説にはインド仏教のシバ神のなかのマハカラ神を指すというのですが、マハカラ神は、本来は三面六臂でたいへんに怒った顔(憤怒相)の神様とされていますから、どうも、日本の、ふくよかでのんびりしていて、打出の小槌でざっくざくのだいこくさんとはイメージが異なるようです。

では、大黒様は、誰なのかと言うと、実は大国主の命(おおくにぬしのみこと)です。

大国主といえば、イナバの白ウサギの物語が有名ですが、古事記の記述では、様々なイジメ被害に遭いながらも、ひたすらに誠実を貫き、最後は大いなる国の主になった神様です。
→参考「大国主は日本最初のイジメ被害者だった」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1158.html

大国主の命(みこと)は、様々な紆余曲折のあげく、地上の統治者となります。
だから、大いなる国の主(あるじ)です。

そのオオクニヌシに、高天原のアマテラスは、ある日、地上の統治権を譲り渡すよう、使いを送りました。
ところが一回目と二回目の使者は、大国主の人物に惹かれて、かえって大国主に仕えるようになってしまいます。

で、三回目にアマテラスが地上に遣わしたのが建御雷神(タケミカズチノカミ)です。
建御雷神は海に刀をつきたてて、その上におおあぐらをかいたものだから、その神通力に大国主の二人の息子はおそれをなしてしまいます。
で、ひとりは諏訪に、ひとりは鹿島に避難する。
で、父の大国主に、地上を献上するようにと伝えます。

ちなみに諏訪にのがれた方が諏訪大社の神様で、コチラは相撲(すもう=体術)の神様、鹿島にのがれた神様は、刀剣などの武器を使う武術の神様。
(これも諸説ありますが、お話が続かなくなるので、まあ大目にみてください)

ふたりの息子さんから話を聞いた大国主は、ついに地上を天照大神に譲ることを承諾します。
これが国譲り神話です。

このとき、大国主は、「息子達の言う通りこの国を献上いたしましょう。ただ、私の住処(すみか)として、大地の底まで宮柱が届き、高天原まで千木(ちぎ)が高くそびえ立つ、大きくて立派な神殿を造って、私を祀ってください。そうすれば私は引退して身を隠します」と述べます。

こうして建造されたのが、出雲大社で、いまの出雲大社は高さ24メートルなのだけれど、最近発見された宮柱の根元から、建造当時は高さ48メートルの巨大空中神殿として建造されていたことがわかりました。

巨大空中神殿としての出雲大社
出雲大社復元図(大林組)


実は、これだけの高さがある巨大神殿というのは、京都にある天皇の大極殿(だいごくでん)よりも、大きくて立派だということです。

これが何を意味するか。
実は、今日のお話のポイントがここにあります。
天皇が、自分の宮殿よりも、国を譲った大国主の神殿の方を立派にしたわけです。

ということは、
1 それだけ国譲りが重大なできごとだった。
2 国の統帥権を、いくさ(戦)ではなく、話し合いで決め、
3 しかも勝者が敗者に対して、その功績をたたえ、名誉を与え、魂を鎮めることがならわしとなった、
という、実に日本的な姿勢が、ここにあらわれていると思うからです。

これがどこぞの国なら、全員皆殺しになっている。
それが我が国では、殺すのではなく、話し合って解決する、相手を讃える。
そういう姿勢が、古代から綿々と続く私達日本人のDNAに刻まれたスタイルとなっているのだろうと思うのです。

平成15年、出雲大社を訪問された皇后陛下は、次のお歌を詠まれました。

 国譲り 祀られましし 大神の
 奇しき御業を偲びて止まず

(くにゆずり、まつられましし おおかみの
 くしきみわざを しのびてやまず)

国譲りが行われた時期がいつ頃のことかはわかりませんが、すくなくとも神武天皇の即位以前の昔とすれば、約三千年、いやもっと昔の出来事です。

つまり、皇后陛下は、三千年の時を越えて、奇しき御業と偲ばれているのです。
その歴史の古さ、伝統の長さ、そのおやさしい御心の深さ。
私達って、なんだかすごい国に生まれてきてしまった。

ちなみに、これは単なる私の想像なのだけれど、三代丸山遺跡の六本柱建物跡、これってなにやら、出雲大社の巨大空中神殿の柱と似ていませんか?
三代丸山遺跡は、今から約5500年~4000年の昔の遺跡です。
出雲大社よりも古い。
けれど、柱の形状が、なぜか良く似ています。

六本柱建物(三代丸山遺跡/復元)
六本柱建物(三代丸山遺跡/復元)


島根県の出雲大社と、青森県の三代丸山遺跡では、場所も時間もまったく異なるのだけれど、もしかすると、古事記の記述よりももっとずうっと昔、大国主の国譲りと似た、もうひとつの国譲り神話があったのかもしれない。
そんな風に考えると、なんだかとてつもなく、不思議な気持ちになってきます。

もちろん三代丸山遺跡については、私の単なる想像です。
けれど、そういう想像力を働かせて歴史を見る、歴史を学ぶということが、実はとっても大切なことです。
歴史にIFは禁物なんて、左翼の大嘘だからです。
歴史は、IFと考えることで、そこに楽しさがあるし、歴史を現代に未来に活かす力が生まれてくる。
私はそう思います。

まあ、そんなことで、
青く澄んだお月様を眺めながら、えびす様の釣った肴に、大黒様の打出の小槌を思い描き、太古の昔も、おんなじお月様が地上を照らしていたんだろうなあ、なんて思いながら、今宵も一献。。。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

まほろばへの道標~三内丸山遺跡からのメッセージ~


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

みやび

ありがとうさんへ
「YouTube 韓国による日本の世論工作」
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=08HT4dD3hoI&fulldescription=1

上記のお知らせありがとうございました。
見て驚愕しました。
怒りでぶるぶるになりました。
ここに出てくる
「新しく教科書をつくる会」、「安倍元首相」、韓国が60年かけて築いた捏造の自虐史観を、正しい国史にして伝え拡散する「ブロガー」や「行動する保守」が、反日韓国人や洗脳された狂気の売国奴にとっての敵であることが、よくわかりました。
彼らの攻撃の対象にされていることもわかりました。
彼らの情報戦に負けないように、その方たちを応援しなければいけないということですね。

教えてくださってありがとうございました。
一人でも多くの日本人に、伝えていきたいです。

こんこん

「反日教育」という単元を義務教育に!!
賛成です!! 是非実現を願います!!

http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1671,2676774,2676817#msg-2676817


【2676774】「反日教育」という単元を義務教育に!
21
Comment投稿者: 教育委員会撤廃の後(ID:LMQwwWecRd.)投稿日時:12年 09月 07日 07:34
管理者通知をする この意見、賛成です。すぐに実現しなくてもいいのです。公の場でその是非が検討されること、話題になること、すなわち口にしてもいい話題と日本人が認識することが第一歩です。 今の日本では友人同士でさえこれは「話してはいけないこと」になっていますからそれが改善されるだけでも収穫といえます。

例えば名古屋、河村市長の南京大虐殺否定発言。橋下市長の慰安婦否定発言 等 それらをきっかけに「言ってもいいんだ」という空気が生まれました。 政治家の口から公の場でその提案があるだけでも進歩だといえるのではないでしょうか。

大阪 維新八策には教育委員会の撤廃も含まれていますし実現不可能ではないでしょう。教育委員会を撤廃した後、どう教育を変えるのかも具体的に話をしましょう。



以下、こぴぺです





彼らが生まれたときから 毎日テレビでラジオで学校で どんな形でどの位の反日を見聞きし、疑似体験するのか。 その実態を日本でも教えるべきです。韓国や中国だけでなく他の国の危険さについて教えることもなく国際人なんて育ちません。 日本人は外国人からどう思われているのか、実際に会ったら どういう扱いを受けるであろうか、客観的に学ぶべきです。


島国ですから地続きの国と違い、日常生活範囲では体験することがほぼ皆無です。 地勢的にも常識的にも日本は孤立しているので日本の常識は国際社会の非常識であるということを教育で教えるのです。悪口をいうことが悪と教えられてきた日本人は個人レベルではこう言った話が苦手で ネガティブなことはなかなか話せまんせん。だからこそ学校で当たり前のように教えるべき。隣国達は年がら年中、家庭で学校で町中で四六時中行っている行為である。 その事実をほんの数時間、授業単元として日本でも盛り込むべきである。

先日もマスコミに日本人女性がフィリピンで韓国人に暴行を受けている。相手がどれほど自分を憎む教育を受けているか知っていれば防げたのではないか。日本では報道されないが他にも多くの日本人女性が統一教会などかの組織、個人にひどい目にあっている。

日本では反韓教育など民度の低いものは相容れないであろうが、せめて客観的な事実を公式の場で伝える場がないと まともな判断ができない大人になってしまう。


そうすれば自然とパチンコ・韓流など廃れるのではないですか。文化交流と政治は別なんて言う人は判断材料が足りないだけです。ただ事実を知り、語る機会をあればまともな判断もできるようになるでしょう。今の日本ではまだまだ 反日を語ることすらはばかれる空気が漂っていますからね。ま、これも戦後の教育でそう仕組まれたのでしょうけれど。



桜子

No title
今更ながらに日本に生まれさせてもらったことに感謝です。
ほんと、どこぞの国に生まれてたらと思うと、ぞっとします。

ねずさんが言われるように歴史に、「もしも」は絶対必要です。
将来子供達が大きくなり、「あの時もしも、特亜、反日勢力と戦ってくれていれば、日本が無くならなくてすんだのに」と言われないように、今を生きる私達が国を守らなくて誰が守るのでしょう。

皆さんがコメントの中でいろんな情報を掲示してくれています。
出来る事から始めましょう、悠長な事は言っておられません、日本はそこまで追い込まれているのです。

hehehe

No title
思いやり予算増やしたのに、外国には金出しますね。

漂流がれき処理に4億7千万円 首相、米に負担伝達へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120907/plc12090721270022-n1.htm?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

稲おやじ

No title
あ~w
そろそろ稲刈りでございます。
神様へ一献
皆様へ一献


hehehe

No title
【テキサス親父】マッカーサー電文[3カ国語訳版]の拡散をお願いします 2012/09/06

http://staff.texas-daddy.com/?eid=382

【テキサス親父】
韓国を国際司法裁判所へ引きずり出す署名へご協力ください 2012/09/07

http://staff.texas-daddy.com/?eid=385

拡散署名要請ご協力お願いたします

橋本国彦

No title
 ねずきちさん、お疲れ様です。
 毎日楽しみに読ませていただいております。
 私は現在46歳ですが、小さいときから社会が大好きでした。小・中学生の時に歴史の中で、日本の近代史から現代がぽかっり空いているのが子供ながらに不思議でした。明治から急に現代になっているような感じでした。その理由もブログを通じてよくわかりました。
高校では、世界史を専攻しましたがその時の先生は、少し変わった先生で世界史は戦いの歴史であり、なぜ戦争が起きたのかその背景を考える事が大事だとおっしゃっていました。また、三国志そのもが中国であるとも言っていました。
 大学の卒業旅行で、バックパッカーとして約20日間中国国内を旅しました。
ちょうど修学旅行の上海列車事故があった年です。
その時にカルチャーショックを受けたのを覚えています。
何といいますか、殺伐としていました。また、ひょっとして死ぬのかなと感じた時に台湾人の方に助けていただきました。
 私も今では子供が3人いますが、日本人としての誇りを大切にしていきたいと思います。とりとめのないお話で申し訳ありませんでした。

貼り付け

勇気ある通報が、国害追放の端緒に
乾燥大麻53キロ所持で捕まった「ベトナム4人組」の謎
 名物がないといわれる埼玉・群馬の新名産に、大麻!といわれかねない量なのだ。押収された53キロ(真空パック113袋,末端価格3億1000万円相当)。栽培中の大磨の量は750鉢。週刊新潮 9月13日号(誌面P34)より日記の参照資料として引用
----------

「亜」の組織的な背景が

 表題は、「8月29日から30日にかけて、埼玉県警と群馬県警の合同捜査班は、計4人のベトナム人を逮捕した」として、「500鉢の大麻草を押収した明和町のプラントでは、本庄市(埼玉)在住のグェン・タン・コン(30)ら2人を大麻所持容疑で逮捕」と。さらに、「業務用冷蔵庫に保管された乾燥大麻が見つかった」として、「羽生市のアパートでベトナム人夫婦を逮捕した。このアパートのすぐそばにある民家が第2プラントで、250鉢が押収されている」、と報ずる誌面(週刊新潮)である。今後の参考のため、小稿にクリップさせていただきたい。

 誌面は、「昨年も自宅で大麻を栽培していたベトナム人2人を逮捕している」として、かくも大量の大麻栽培に費やして来た“プラント”の民家偽装と、諸々の手法の巧妙さから観て、どうやらベトナム人の単独犯ではなく、「亜」による組織的な有るやに捜査の行方を示唆している。

http://torakagenotes.blog91.fc2.com/

ありがとう

関係無いことで申し訳ありません
韓国で在日?が、日本での世論工作について説明している映像です。どうかご参照ください。
「YouTube 韓国による日本の世論工作」
http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=08HT4dD3hoI&fulldescription=1

hehehe

No title
下朝鮮の犬食は残酷なので有名ですが、毛唐も犬を
残酷な扱いしてたんですよね。今は禁止ですが。
回された犬は水に落とされて溺れるって。
ブルガリアってヨーグルトのイメージで、畜産やってて
犬は大事にしてそうなんですが。

「犬に拷問をするブルガリアの儀式」
http://docobt.blog11.fc2.com/blog-entry-1474.html

2006年まで、トリチャネ・ナ・クチェ
(тричане на куче、trichane na kuche、Dog spinning)
と呼ばれる、水面の上に犬を宙吊りにして回す、古代より続く
儀式が行われていた。ブルガリアの動物福祉団体がその残酷性に抗議し、
儀式は当局によって禁止された。

hehehe

No title
この不敬な説を撤回しないとは。
根拠が無くて生徒に教えるって、こんなのが大学教授?

韓国が天皇はもともと韓国人であると主張 / 韓国大学総長「君が代は”キム家の世の中”という意味」http://rocketnews24.com/2012/09/07/246631/

hehehe

No title
日本が「ACTA」批准へ、衆議院本会議で可決
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120906_557783.html?ref=rss

衆議院本会議が6日午後に開かれ、「偽造品の取引の防止に関する協定(ACTA)」の締結を賛成多数で承認した。すでに参議院で先に可決していたもので、日本がACTAを批准することが決まった。

衆議院におけるACTAの審議は、国会運営が混乱する中で野党欠席のままで進められ、そのまま承認されたかたちだ。国際協定の締結としては異例とも言えそうな展開になった。また、これまでも政府からの情報提供や説明が十分に行われているとは言いにくく、条文の拡大解釈による規制強化への懸念も根強いようだ。実際のところ、ACTAに署名していたEUだが、欧州議会で7月、圧倒的多数で批准が否決されている。条文が漠然としており、誤った解釈によって市民の自由が脅かされる運用につながる恐れがあるとして、欧州で大きな反対運動が起こったためだ。EUが承認した国際協定を欧州議会が否決するのは異例のことで、これが初めてだったという。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク