インドとビルマの声



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

やまと新聞の動画コラム「ねずさんのひとりごと」の専用ページができあがりました。
http://www.yamatopress.com/column/pg40.html


第一話は、君が代のお話です。


==========
さて↓ここからが今日のお題です。

インド・グジャラート州の山岳寺院
インド・グジャラート州の山岳寺院-1


昨今、在日やら韓国やら中共やら国政やら、どうにも腹の立つことばかりです。
そんななかで、NPO法人百人の会さんが、メルマガで、とってもすきとおったお話を配信してくださいましたので、転載します。

日本がいましなければならないこと。
それは、日本が、日本人が、日本人としてのアイデンティティを取り戻すこと。
そこが大事なのだという感を強く持ちました。

ひとつひとつのお言葉に、私なりの解説をすこし付け加えさせていただきました。
■■ねずさんのひとりごとメールマガジン配信中■■
お申し込みは↓コチラ↓
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

■■やまと新聞動画コラム「ねずさんのひとりごと」■■
http://www.yamatopress.com/column/pg40.html

動画配信中です。
プロローグ http://youtu.be/hF2sLY1gDRw
第一回 君が代のお話 http://youtu.be/7xzVE955VIQ
第二回 日の丸のお話 http://youtu.be/tZGCTU--wOo


=========
【NPO法人百人の会】メールマガジン

以下の国々の言葉を見てみれば、如何に韓国、中国、北朝鮮の従軍慰安婦強制連行や南京大虐殺が、嘘っぱちか理解できると思います。

そして如何に私たちの祖先が素晴らしい日本人であったかも知ることができます。
今の日本を見ていると果たして英霊の皆様が命を捧げて闘った甲斐があったのでしょうか?

今回はインドとビルマの声。

〜『インド』〜〜〜〜〜

★ラッシュ・ビハリー・ボース(インド独立連盟の初代総統)

イギリスを印度から一掃しない限り、日本の理想とする大東亜共栄圏の確率は不可能なのである。
東条首相は深くこの点に艦みられ、去る二月二十六日シンガポールの演説に於いて、我々印度人に対し、一日も早くイギリスの束縛を脱却し、「印度人の印度」を建設することを要望された。

ここに東条首相の断乎たる印度援助の声明を聞くことを得て、実に天にも昇る悦びである。
今こそアジアの復興する時が来たのだ。
今こそ印度を復興する日が来たのだ。


(ねずより)
この言葉には、当時の世界の体様が集約されているように思います。
「アジアの復興」「印度の復興」という言葉には、単に民族としての歴史、伝統、文化を復興させるという意味以上に、植民地として支配されるという現実・・それはつまり、このブログで何度も繰り返させていただいているように、東亜の人々が、印度の民衆が「人間ではなく獣と看做されていた」という現実からの脱却を意味します。
要するに「俺たちは人間なんだ。人間としての権利があるんだ!」という主張です。
昨今の日本で「人権派」と呼ばれる人たちは、かつての日本を軍国主義といって批判し否定するけれど、そのかつての日本が、まさに何億という民衆の人権のために戦ったことは、まったく語ろうとも認めようともしない。
ということは、裏をかえせば「人権派」と呼ばれている人たちは、人権など実はまるで眼中になく、党利党略自己顕示のためだけに、口先だけの「人権」を唱えているということになるのではないでしょうか。


★A・M・ナイル(インド独立連盟の指導者)

インドの独立はわずか、一、二人の人物や組織によって達成されたものではなく、勇敢な指導者のもとで、さまざまな状況の変化に助けられながら、それこそ大勢の人々が並外れた努力を払った結果だったからである。

状況の変化といえば、日本が始めた大東亜戦争も、それが日本自体にもたらした結果はともかく、そのひとつだったといえるだろう。

日本は確かに敗北を喫しはしたが、イギリスの歴史家アーノルド・トインビーも、日本が西欧に対して戦いを挑んだことは、世界史全体の流れ、とくに東西関係のありかたに重大な変化を生じさせたと指摘している。
西洋も、東洋をおろそかにすることはできなくなったのである。

わたしは日本が始めた大東亜戦争がその結果はともかく、植民地だったインドをはじめとするアジア諸国(アフリカその他の諸国にしてもしかりだ)の独立を早めたことは間違いないのだから、インドもその点については日本に感謝しなければならないと思っている。

しかしインドはすでに述べたとおり、そのことを忘れなかったし、印日平和友好条約の締結にさいしても、日本に対しては好意的だった。


(ねずより)
文中にある「日本が西欧に対して戦いを挑んだことは、世界史全体の流れ、とくに東西関係のありかたに重大な変化を生じさせた。西洋も、東洋をおろそかにすることはできなくなった」というのは、実に重要な意味を持つ言葉です。

昭和20年9月に戦艦ミズーリ艦上で日本が降伏文書に調印したとき、重光葵(まもる)は、艦上に群がる多数の国々の代表団を見て、「ああ、日本はこんなにもたくさんの国々と戦ったのだなあ」と、おもわず涙をこらえたという逸話が残っています。

このことをとらえて「だから日本は無謀な戦いをしたのだ」と書いていた本がありましたが、それは物事の本質を見誤った見解というものです。
当時の世界は、西欧諸国が世界を支配していたのです。その支配に対して戦いを起こすということは、西欧諸国と、そこに支配された国々の全て、つまり世界を相手に戦いを起こすということなのです。
日本だって貧しかった。
けれど、たとえどんなに貧しくても、日本が大慈悲と大義によって戦わなければ、世界の大多数の民衆は猿とみなされた奴隷のままだったし、日本がそれに呑まれることは、日本が日本文明と日本文化を喪失し、日本人の9割までの人口を失ったことを意味したのです。

だから、貧しくても戦った。
腹が減っていても、どんなに辛くても戦った。
それが武士道というものです。

ちなみに、この調印式に立った重光葵は、昭和七年に爆弾で足を吹き飛ばされています。
上海で行われた天長節を祝う式典の出来事で、爆弾は重光が壇上で天長節を祝う国歌斉唱中に投げ込まれています。
けれど重光は、爆弾とわかっても、その場を離れませんでした。
なぜなら、国歌斉唱中に動くのは不敬だからです。

動かなかったのは重光だけではありません。
壇上にいた白川義則司令官、野村吉三郎司令官、上田謙吉師団長らも同様に、直立したまま君が代を斉唱し続けました。

その結果、白川司令はお亡くなりになり、重光は片足を失い、野村司令は右目を失明し、植田師団長は足指切断という重傷を負いました。
これが、骨の髄まで人を愛し、国を愛し、人類の平等、人種の平等を唱えた日本の武士たちの姿です。

ちなみに、この事件で爆弾を投げ込んだのは、韓国人の尹奉吉でした。
爆弾テロをするような卑怯者と、重傷を負っても尚、直立不動で国歌斉唱を行う誇りある皇国臣民。
反日韓国人には、とちらが人間として立派といえるのか、冷静に考えていただきたいものです。
それがわからないなら、自ら野蛮人、人間以下のケモノでしかない、ということです。


★K・サブラーマンヤム(国防次官・国際政治学者)

日本の当時の行動は他の帝国主義勢力がした事と異なり、客観的な歴史はやがてアジアの植民地主義の終焉への日本の貢献をきちんと記録するだろう。

東南アジアで日本軍がアメリカ、イギリス、フランス、オランダの植民地占領軍をすばやく撃破した事が戦後の帝国主義勢力のアジア復帰を困難にしたのだ。

中国の指導者達が日本軍による自国民の苦痛を語ることは正当化されるかもしれないが、他のアジア諸国について語る資格はない。


(ねずより)
このサブラーマンヤム国防次官の言葉は、中共のお偉いさんが「日本はアジアの民衆に堪え難い苦痛を与えた」と発言したことを受けて、発表された声明です。
自分の国で好き勝手なことを言うのは勝手だが、俺たちは違うよ、と、彼は明快に言い切っているのです。

なぜ、サブラーマンヤムは、そう言い切ることができたのか。
簡単なことです。
それが事実だからです。


★T・R・サレン(歴史学博士・国立歴史調査評議会理事)

日本は、ある特別な動機により戦争に踏み切りました。 アジアの地域が独立すると、日本は共栄圏を設立しようとしましたが、イギリスやアメリカは、ヨーロッパ帝国主義に代わって、日本が居座るつもりだと宣伝しました。

しかし、それは日本の目的ではありませんでした。  東南アジアにおける日本の目的は全く別のことでした。

日本の目的は外国の武力をアジアから駆逐することにあったのです。 ヨーロッパの歴史家も正しい認識により日本を評価しており、現在では日本が戦争に踏み切ったのはアジアにおけるヨーロッパ支配を終結させるためだったということに同意しています。


(ねずより)
サレンの言葉は、もはや世界の常識です。
これを非常識としている国は、世界に4つしかありません。
中共、韓国、北朝鮮、それと日本です。
そして、前者の三国は、いずれもその論拠がデタラメであることは、世界の歴史学者が認めることです。
いい加減、日本は目を覚ますべきです。


★M・L・ソンディ(ジャワハルラール・ネルー大学教授)

第二次世界大戦の後、東南アジア諸国はインドネシア、インドなどすべてが、次々に独立を達成しました。
アジアにおける日本の軍事行動は、世界のどの場所で行われた軍事行動とも本質的に異なったものでした。

なぜなら、この軍事行動は、アジア人がアジアにおいて名誉ある地位を見出そうとした、政治的、社会的、そして思想的な衝撃を持っていたからです。

いま、歴史家が評価すべき重要な出来事のひとつは、日本の場合、アジアのナショナリズム或いはアジアの誇り、すなわち、アジアの言葉による将来への展望という意味が、常に存在したことです。


(ねずより)
ナショナリズムという言葉も、戦後左翼によって語感を大きく歪められた言葉です。
日本の戦いは、日本のナショナリズムというだけのものではなく、「新たに起こす大東亜」の気概と誇りと希望のもとに行なわれたものだからです。

★シシル・ボース(ネタジ記念館館長・スバス・チャンドラ・ボースの甥)

インドの独立には、国民軍の国への忠誠心が大きな影響を与えました。 しかし、我々国民軍を助けてくれたのは日本軍でした。

インパールでの戦争で、六万の兵士が、我々のために犠牲となってくれたのです。
我々インド人は子供に至るまで、この日本の献身的行為を、決して忘れてはいけないし、感謝しなくてはならないのです。

事実、大東亜戦争はインドの解放を願った独立戦士にとっては天の賜であった。
戦争初期の日本軍の輝かしい軍事的勝利は、暴虐野卑な英国の支配に喘いでいた何百万のインド人に歓喜と勇気をもたらしたのである。



〜『ビルマ』〜〜〜〜〜

★バー・モウ(初代首相)

真実のビルマ独立宣言は、一九四八年一月四日ではなく、一九四三年八月一日に行われたのであって、真実のビルマ解放者は、アトリー氏とその率いる労働党政府だけではなく、東条大将と大日本帝国政府であった。

(ねずより)
もともとビルマはアジアの“強国”だったのです。
ビルマは、1824年にインドを支配していた英国に対してベンガル地方(パキスタンとインドの国境地帯)の割譲を要求して、真っ向から戦いを挑んでいます。
当時七つの海を制していた世界最強の海軍国である大英帝国に、真っ向から堂々と戦いを挑んだのです。
戦いはかろうじて英国の勝利に終わりましたが、ビルマはその後も独立を維持し続けました。

これに対し、英国はなんと30年がかりで国内を混乱させ国を弱化させたうえで、1852年に第二次英ビ戦争を仕掛けて、ビルマを崩壊させています。

詳しいことは「ビルマの建国に学ぶ」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-697.html
をご参照下さい。

★ウ・ヌー(初代外務大臣・首相)

歴史は、まさに高い理想と目的の高潔さに動かされたある国が、抑圧された民族の解放と福祉のためにのみ、生命と財産を犠牲にした例を一つくらい見るべきだ。
そして日本人は人類歴史上、初めてこの歴史的役割を果たすべく運命づけられているかに見える。

(昭和二十三年八月一日のビルマ独立式典の演説より)


(ねずより)
ウ・ヌーのこの言葉は、たいへん重要な意味を持った言葉です。
日本が世界に対して挑んだ戦い、それは人類史上初めて「抑圧された民族の解放と福祉のために」行われた戦争だった、ということだからです。
「初めて」というのは、人類史上、他に類例がない、ということです。
ですから、アホな民族には、その重要性がわからない。
言い換えれば、反日侮日をするということは、要するにアホだということに他ならないと私は思います。


★コドマイン(ビルマ三十人志士・ビルマ独立義勇軍将校)

私の人生で今日ほど幸せだったことはない。
わが国土から英国が追放され、偉大なアジア民族が馳せつけて他のアジア民族を解放してくれた。
我々に古代の遺産と国土と自由、宗教、文化を取り戻してくれた。
私は死ぬ前に、この幸せな日を見ることができた喜びに泣いた。


(ねずより)
人間としての尊厳を奪われ、ただ獣として使役されるだけとなった被植民地国のなかで、ビルマは比較的民族の独立を長く維持していた国だけに、そこに強烈な民族としての誇りが明確に残っていたわけです。
だからこそ「泣いた」のです。
なぜなら、そこに自国に対する「愛」があったからです。
愛があるから泣けるのです。
私はそう思う。


★ボーバラ(ビルマ三十志士・ビルマ独立義勇軍将校)

私たちはボーモジョに感謝しなければなりません。

私たちビルマ人には、師という人には、常に尊敬の念を忘れないという精神があるので、(陸軍大尉・南機関の)泉谷さんなどの恩師には、いまでもひざまづき敬意をあらわすのです。

独立運動の最中、困難に直面したときは、お互い憎みたい気持ちも起こりました。
しかし、大きく眺めてみるならば、日本の人すべてに感謝しなければならない、というのが本当の気持ちですね。


(ねずより)
戦いを残酷なことと否定するのは簡単です。
けれど人としての尊厳を保つためには、戦わなければならないときもある。
そして一緒になって戦ったからこそ、日本は尊敬もされ、感謝もされたのです。
昨今の日本のように、金さえ出せば戦地に行かなくもいいなどという姿勢でいることは、それがどんなに多額の戦費であったとしても、世界から見下される。
なぜなら、いざというとき戦う気概のない者は、それが個人であれ、国家であれ「口先だけのエセ平和主義」でしかない。
我が子が殺されそうになったとき、獣でも昆虫でさえも、母親は身を挺して我が子を守ろうとします。戦おうとします。
獣や昆虫でさえ、そうなのです。
それすらもできないなら、その民族は虫や獣以下だということです。
このことは、戦後日本は、猛反省しなければならない部分であろうと思います。


★ボー・イエトウ(ビルマ三十志士・ビルマ独立義勇軍将校)

ビルマが独立を得るために以前から長年、国民はいろいろな形で進めてきました。
特にビルマ独立義勇軍をはじめ、ビルマ防衛軍、ビルマ愛国軍、それぞれの兵士が国民とともに一丸となって戦ってきたのでビルマは独立が得られたのだ、と信じています。

それらに与えた大東亜戦争の効果とは、ビルマ独立義勇軍のために軍事訓練をしてくれた。
教官自らも軍に加わった。
武器をくれた。

ボモージョ、鈴木大佐をはじめとする日本の教官たちがそのような協力をしてくれたことは実に意義深いことでありました。

========

私の書いた(ねずより)は、余計だったかもしれません。
けれど、書かずにいれなかった。

乱文ご容赦。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

大東亜戦争の真実


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ありがとう

関係無いことで申し訳ありません
兵庫県の高校生達が「修学旅行の行き先を韓国から変更したい」という運動をはじめているそうです。どうか助けてあげてください。

「覚醒!!大和魂と愛国者の瞳 緊急拡散! 緊急支援のお願い!僕達は韓国への修学旅行なんか行きたくない」
http://zaitokuclub.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

-

ポッポ
中学の授業だったと思うのですが、日本はアジアの独立のために戦ったと、教えられたように記憶しています。
それが、いつの頃か侵略をしたとなり、日本は悪いことをしたと言われ、周恩来氏には悪いのは日本の軍隊で、日本人は悪くないとまで言われた。
自虐史観の世の中は、日本人には住みにくかったです。
インドやビルマ(ミャンマー)の方に感謝されていたなら、日本人が卑下することはないです。
日の丸に敬礼し、胸を張って歌いたいと思います。

桜子

No title
安倍元総理、自民党総裁選出馬表明記者会見、ネットの動画で見ました。
力強い、そして並々ならぬ決意を持った会見に思わず涙しました。

毎日腹立たしいニュースばかりで気分が落ち込んでいたのですが、まさに闇夜に灯火を見たような思いです。
あの会見、靖国の英霊の皆さんもお聞きになっておられたと思います。
きっとお喜びになっておられることでしょう。

前回のように反日マスコミが安倍元総理のバッシングを始めるのは火をみるより明らか、今度こそ私達国民が守らなければいけません。
日本を憂う真の愛国議員の皆さんと一緒に頑張って頂きたい、願わずにはおられません。

アロン

No title
ビルマで戦った井坂源嗣氏が、戦後ビルマを訪ねられた時に
ビルマ人のガイドにこう言われたそうです。
「ビルマでは今でもゲリラ戦で、一年間に4000人から5000人の
兵隊が戦死しています。
それは昔の日本軍と同じように、すくない人数でも絶対に
逃げないで、最後まで戦うからです。
ビルマ軍は日本兵の勇気を鑑として教育しております。
ビルマの人々の間では、日本兵は一人でイギリス兵1000人を
相手に戦ったと、言い伝えられております。」

弓兵団インパール戦記。

愛信

2012.9.23 反マスメディアデモin静岡 告知動画
2012.9.23 反マスメディアデモin静岡 告知動画

北海道から沖縄まで拡がる抗議活動の波日本の象徴である富士山を仰ぎ温暖な気候に恵まれた
静岡県人もついに立ち上がりました!!
反マスメディアデモin静岡日時 2012年9月23日(日)
集合時間 14時30分 
出発時間 15時00分
集合場所 静岡常磐公園 噴水前広場
主催 hikaruさん 静岡さくやさんコミュ いーらしぞーか co1466405
公式ブログ http://shizuokademo.wiki.fc2.com/
http://youtu.be/ml2hL7hYmPM
(動画)

【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
【置きビラ・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

山本ぽんすけ

No title
私は自身の態度をできるだけ明確に主張することにしているため、自民支持と維新の会への懸念をはっきりと書いていますが、そこまで明確に態度を決められないという人は多いでしょう。
なんといっても、維新の会には保守が好むような政策を大阪ではとってきたという実績があります。マスコミが応援しているからといって、全面的に疑いの気持ちを向けるといっても難しいでしょう。

維新の会については研究会のようなものが必要ではないでしょうか?2ちゃんねるのスレにある民主党研究会のような継続的に情報を集めて、それについて検討する、そういうことの積み重ねがあれば、維新の会について、もっと正確に理解することができるようになるでしょう。

それと同様に自民党についても、いい面、悪い面両方の情報を正確に見て、この政党をどうすれば健全化できるのか、みんなでアイデアを出していければいいと思います。

愛信

re:谷垣総裁へ感謝を、そして、カービィでわかる!日本マスコミの偏向報道!
ps:
フジが偉人伝で孫正義を紹介!(ここにも捏造報道)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4789.html

山本ぽんすけ

No title
自民党の正体といってる人がいますが、では自民党がだめとなると他にどの党が政権につけばいいと思うのですか?

自民党といってますが、自民党には派閥があり、また、派閥という単純なくくりだけでなく、愛国議員もいれば売国議員もいるのが、より正確な実態ではないでしょうか?そういった細かい構造を無視して自民党を全否定することは、あまりいい態度とは思えません。

自民党がだめなら、消去法では次は日本維新の会ということにならざるを得ませんが、私は、マスコミが持ち上げて盛んに宣伝するところを信用はできません。前回の衆議院選挙でマスコミが一斉に民主等を持ち上げて政権交代を煽っていた光景が再現されているように感じます。

私としては次回の選挙では自民党しかありえないと思っています。維新の会がもし第二民主党であったとしたら、今度こそ日本は致命的なダメージを受けるのではと危惧しています。彼らのいう道州制は相当に怪しいと思います。公開討論会では相当におかしなことをいってました。公開でさえそうなのだから、実態はもっと恐ろしいものである可能性が高いです。

自民党も問題が大きいことは確かです。自民党に政権を戻すのが現時点では仕方のないこととして、では、その後どうしたらいいのか、考えていかないといけないでしょうね。韓国とずぶずぶの長老議員から権力をもぎ取って、党を追い出すことができればいいですが。

結局利権をもつものが政党内で権力をもつことが問題の根源にあるわけですから、庶民としては、拡散して、真実を知って、正しく選挙で投票する人を増やすことが一番大切なことではないでしょうか?

山本ぽんすけ

No title
自虐史観を撒きちらしているのは、多くは成りすまし日本人だと思っています。そういう隠れ在日に騙されているのが左翼イデオロギーにとらわれた日本人で、彼ら自身としては善意で日本を貶める工作活動に協力してしまっているのでしょう。

保守系ブログに来ている人も、悪意の人と善意(意図的でないという意味)の違いがあることに気ついていない人も多く、そういう人は抗議すれば改善されると思っていますが、まず無理だと思います。

善意の人、それから政治活動とは無縁の一般人で自虐史観教育でそれを信じてしまっている人には、外国の人たちのコメントを見せて上げるのが一番ではないでしょうか?日本人は特に自画自賛とか言い訳を嫌う傾向がありますが、今日のエントリのような外国の方が、まさに日本のことを評価してくれているということを教えて上げれば、ショックを受けて、考え方を変えるきっかけになることでしょう。

-

No title
民主党代表選挙の候補者が、出そろったようです。
中国の1党書記官によるスパイ活動のときの農林水産省大臣とか、宮崎県の口蹄疫事件のときに不在であった農林水産省大臣とか、小沢氏を支持しているのに離党しなかった方とか、公党間の約束は実質の意味を持たなかったようなことを言う総理大臣とか・・・・・・誰が代表になっても、公党間の約束に実質的意味はなかったとされた自民党からは信用されないでしょう。
自民党の総裁候補は誰一人、民主党と協定をできる人はいないと思います。なにしろ今度、嘘をつかれたら、嘘をつかれた人が政治生命を断たれます。
谷垣氏は、本当に気の毒でした。
嘘をついた相手が悪いのに、嘘をつかれた被害者が詰め腹を切らされたような気がします。

桜子

No title
ねずさんが先の戦いについての意義をきちんと説明くださっていますので、何も言う事はありませんが、一つここでねずさんは今の日本において重要な事を言われています。

>昨今の日本で「人権派」と呼ばれる人たちは、かつての日本を軍国主義といって批判し否定するけれど、そのかつての日本が、まさに何億という民衆の人権のために戦ったことは、まったく語ろうとも認めようともしない。
ということは、裏をかえせば「人権派」と呼ばれている人たちは、人権など実はまるで眼中になく、党利党略自己顕示のためだけに、口先だけの「人権」を唱えているということになるのではないでしょうか。

現政府が、手を変え品を変え、姑息な手段を使ってまで通そうとしている「人権委員会設置法案」法案があります。
この法案は>人権など実はまるで眼中になく、党利党略自己顕示のためだけに、口先だけの「人権」を唱えているということになるのではないでしょうか。

その通りです、加えて、もっと最悪なのが日本人口封じ法案、売国法案そのものなのです。
裏にいる獅子身中の虫がいる事を忘れてはならないと思います。
口先三寸に騙されず、いかにこの法案が日本にとって危険なものかを考えるべきです。
そして通してはなりません。
今やるべき事は(抗議)今やる、声を上げないと届くものも届きません、大切かと思います。

緊急拡散希望!

★元自民党議員「韓国・北朝鮮に強硬な言動をすると上から圧力がかかる」
*********************************************************************
★元自民党議員「韓国・北朝鮮に強硬な言動をすると上から圧力がかかる」
*********************************************************************

9月11日、政府は尖閣諸島の魚釣島(うおつりじま)、南小島(みなみこじま)、北小島(きたこじま)の
3島を20億5000万円で購入する売買契約を地権者と交わし、国有化した。
領有権を主張する中国は国有化に強く反発、監視船を派遣するなど両国間の緊張が高まっている。
しかし、これまでの日中外交の裏では、売国行為としか思えない活動をする国会議員が多数暗躍していたのだ。

例えば2年前の中国漁船衝突事件で、逮捕した船長を釈放するよう圧力をかけたのは、旧社会党出身の仙谷由人氏や、
民主党議員143名を引き連れて中国を訪問した小沢一郎氏だったといわれている。
中国の意向を汲んで活動しているのは国会議員に限らない。
東京都議会議員で「尖閣議連」(正式名「尖閣諸島を守る為に行動する議員連盟」)の会長でもある野田数氏はこう証言する。

「今年4月16日に石原慎太郎都知事が尖閣諸島を都が購入する計画をワシントンで発表した直後、
複数のテレビ局から都議会議員全員に対してアンケート取材がありました。
もちろん、都による尖閣諸島の買い上げに賛成か反対かを問う内容です。これに対し、
当時私が所属していた自民党は全議員に賛成しないよう緘口令を敷きました」
都知事と自民党は良好な関係であるはず。また、保守政党でもあるのに、なぜなのか。

「自民党の正体は、保守の皮を被った“偽装保守政党”なんですよ。そもそも、領土問題を放置し続けてきたのは自民党政権です。
私は以前に都議会で、拉致問題が解決していないのだから朝鮮学校への補助金は凍結すべきと主張しました。その際も自民党から妨害を受けました。
さらに都立高校の自虐的で反日的な内容の歴史教材を変えるための活動にも圧力がかかりました」(野田氏)

民主党は中国に、自民党は韓国や北朝鮮に、それぞれ協力的なのだという。両党の実情を、外務官僚のS氏が解説する。

「中国との問題では、旧社会党出身者の多い民主党が中国に利する動きをすることが多い。一方の自民党は、韓国や北朝鮮を気遣う行動をとる議員が多いですね。
例えば韓国に強硬な言動をする議員が現れると、森喜朗氏や山崎拓氏の筋から圧力がかかったという話を何度も聞いたことがありますね」

以下略
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/09/13/14010/

ぱぱご

誇りある日本人になりたい
ねずさん、毎日勉強させていただき大変感謝しています。人生50年以上生きてきて、それなりに達成感があったのに、このブログに出会ってから自分がとても未熟な人間であることに気づき、自分の人生は日本をただ消費していただけの人生に感じられました。ねずさんがおっしゃるような教育を受けていたら、きっと私の人生はもっと豊かだったと思います。せめて今からでもできることとして、毎日の夕飯の時に、妻と二人の娘にこのブログの記事を紹介して、家族みんな心のこもった発言で盛り上がっています。長女は意欲的にねずさんのブログを見るようになりました。次女も大学受験が終われば見るようです。ねずさんのブログを見る前から家族全員日本に生まれたことを大変感謝しています。恐らく多くの日本人は日本が好きです。ねずさんのお話を無意識に体に持っていますので、後は知識として知ることで、容易に誇りある日本人になると思います。私も日本が好きな日本人に拡散させるよう努力します。

愛信

ちょっと不気味な米軍の4つ足ロボットの最新動画公開 人間について行く様子も
ちょっと不気味な米軍の4つ足ロボットの最新動画公開 人間について行く様子も
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1209/11/news090.html

http://youtu.be/R7ezXBEBE6U
(動画)
http://youtu.be/xqMVg5ixhd0
(動画)

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

-

No title
ナセル大統領
アジアには日本がいた。アラブには日本がいない。

はっちょもん

良い種
ねずさん
毎日拝見しています。   勉強になります。

今の日本はマスメディアで本当の事を知ろうとしても偏向的なコメンティターしか話していないので事実を知ろうと求めている人は自分で探さなければ得られない世の中になっています。
やはりおかしいと気付いてから、本物探しをして真っ当な「ねずさんのひとりごと」にたどり着きました。

私の父はベトナムに抑留されていましたが、私の父を「解放して日本に帰してあげてください」と現地の酋長のような方が嘆願してくれたお陰で日本に帰る事が出来ました。
そのベトナムの有力者の方の心がよく解りました。

良い種を蒔けば良い結果を得られます、悪い種を蒔けば良い結果は得られません。
大東亜の発展繁栄は日本の繁栄につながります。
雑草を駆除し実りある刈り取りをするために最後の仕上げの仕事が残っています。

「日心会」で日本人の心を取り戻しましょう。

No title
転載させていただきます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク