ザビエルの言葉



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

フランシスコ・ザビエル


フランシスコ・ザビエルの日本に関して述べた有名な言葉があります。
〜〜〜〜〜〜〜
この国の人々は今までに発見された
国民の中で最高であり、
日本人より優れている人々は
異教徒の間では見つけられない。

彼らは親しみやすく、
一般に善良で、悪意がない。

驚くほど名誉心の強い人々で、
他の何ものよりも名誉を重んじる。

大部分の人々は貧しいが、武士も、そういう人々も
貧しいことを不名誉とは思わない。

〜〜〜〜〜〜〜

フランシスコ・ザビエルといえば、天文18(1549)年8月に、日本に初めてキリスト教を伝えた人として有名です。
そのザビエルが日本に滞在したのは、同年から天文21(1552)年11月までの3年3ヶ月でした。
その間、ザビエルは、鹿児島、山口、京都とめぐって布教活動を行っています、とここまでは、教科書に良く書いてあることです。

問題は、ザビエルの観た日本です。
「彼らは親しみやすく、一般に善良で、悪意がなく、驚くほど名誉心の強い人々で、名誉を重んじ、大部分の人々は貧しいが、武士も、そういう人々も貧しいことを不名誉と思わない。」

この評価をザビエルがしたのは、日本が日本文化を円熟させた江戸時代のことではありません。
1549〜1552年というのは、日本は「戦国時代」です。

1549年といえば、信長がまだ藤原信長と名乗り、徳川家康がまだ松平竹千代という名の少年だった時代です。この年、竹千代は駿府の今川義元に人質として送られています。
1550年といえば、前田利家が14歳で信長に仕えた年、信長の守役だった平手政秀が、うつけ者と呼ばれた信長を諌めるために切腹したのが、ザビエルが日本を去った翌年のことです。

要するに、ザビエルの見た日本は、まさに戦国まっただ中の時代だったわけです。

みなさんは「戦国時代」と聞くと、どのような時代を思い浮かべるでしょうか。
おそらく学校で教わり、テレビや小説の時代劇で知った戦国時代は、戦国大名というイクサばかりやっている荒っぽい人たちが闊歩した時代で、部下が殿様を殺す(下克上)はあたりまえ、あらゆる権威が崩れ、次々と起こる戦に、田畑は荒され、野山は荒野となり、庶民は飢え、国は荒れ、巷には野武士集団が跋扈(ばっこ)して、庶民や農民から強盗や強姦を繰り返していた時代、そんなイメージを鮮烈に焼き付けられているのではないかと思います。

ところが、実際にその時代を、自分の足で歩き、見聞したザビエルは、その戦国期の日本を「この国の人々は今までに発見された国民の中で最高であり、日本人より優れている人々は異教徒の間では見つけられない」と述べているのです。

そしてザビエルは、この文の中で明確に「異教徒」という言葉を用いています。

当ブログで何度もお話しましたように、この時代「異教徒」というのは蛮族です。
映画に出て来るバンパイヤ(吸血鬼)や、リカント(狼男)と同様、当時の西洋人にとって「異教徒」は蛮族であり、人ではありません。人の姿をした「獣」です。

ところがその「異教徒」の国である日本を、ザビエルは「いままで見た国の中で最高」と述べています。

これは、いってみれば猿の社会を、人間の社会よりも美しい国、美しい国民と評価するようなものです。
異教徒でありながら、実に優れた文化を持った国。
ザビエルは、そう評価しているのです。

そしてその「最高の評価」が与えられた日本は、なんと戦国時代の日本です。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

是非、みなさまには、このことの意味を考えていただきたいのです。
もし、みなさんがザビエルの立場にある宣教師だったとして、いまの日本を見たとき、みなさんは、いまの日本に、ザビエルと同等の評価をするでしょうか。

もし「しない」のであれば、それは世が荒れたと言われる戦国時代よりも、いまの日本のほうが、よほど民衆の心が荒んでいるということになる。

実際には、最近発見された戦国時代の日記などの記録をみると、後世の我々が「戦国時代」と名付けた時代も江戸時代も、日本人の心はまるで変わっていないことに驚かされます。

つまり、日本人は、戦国期においても、文化が円熟したとされる江戸期においても、同様に勤勉で真面目で、人を大事にし、ひとりひとりが自らの成長に励み、人々が互いに助け合い、たとえ貧しくても立派に生きることを選択した、非常に民度の高い国民だったと言うことがわかります。

エドワード・モース(Edward Sylvester Morse)は、明治10(1878)年から明治15(1882)年にかけて、3度にわたって来日したアメリカの教授です。
日本の大森貝塚の発見や、ダーウィンの進化論を日本に伝えた人でもあります。

そのモースが、日本での体験談を「JAPAN DAY BY DAY」という本にしています。
明治10年ごろの日本の姿を、紀行文として著した本です。
すこし引用してみます。

■世界中で日本ほど、子供が親切に取扱われ、そして子供のために深い注意が払われる国はない。
ニコニコしている所から判断すると、子供達は朝から晩まで幸福である。

■外国人の筆者が一人残らず一致することがある。
それは日本が「子どもたちの天国だ」ということである。

■この国の子どもたちは親切に取り扱われるばかりではなく、他のいずれの国の子どもたちよりも多くの自由を持ち、その自由を乱用することはより少なく、気持ちのよい経験の、より多くの変化を持っている。

■世界中で両親を敬愛し、老年者を尊敬すること、日本の子どもに如くものはない。
汝の父と母とを敬愛せよ、これは日本人に深くしみ込んだ特性である。

■日本人のきれい好きなことは、常に外国人が口にしている。
日本人は、家に入るのに、足袋以外は履いていない。
木製の履物なり、わらの草履なりを、文字通り踏み外してから入る。
最下級の子どもたちは家の前で遊ぶが、それにしても地面でじかに遊ぶことはせず、大人がむしろを敷いてやる。


モースは、明治19年にも「Japanese Homes and their Surroundings」という本を書いています。
そこには、次の記述があります。

■レインをはじめ文筆家たちは「日本の住居にはプライバシーが欠けている」と述べている。
しかし彼らは、プライバシーは野蛮で不作法な人々の間でのみ必要なことを忘れている。
日本人は、こういった野蛮な人々の非常に少ない国民である。


冒頭で戦国時代のザビエルを引用しましたが、それよりももっと古い時代、奈良時代の終わり頃の756年に建てられた国宝を保存する正倉院には、これまた有名な話だけれど、鍵がありません。
あるのは、紙でできたお札です。
それで、泥棒がはいらない。

いっぱんの民家でさえ、一昔前まで、異なった文化の隣の国民が日本人のような顔をして日本国内に住むようになるまでは、家に鍵などなかったし、玄関の戸はいつも開け放たれたままでした。
開けっ放しでも、鍵などかけなくても、そもそも泥棒が入る心配などまったくなかったからです。

なぜでしょう。

以前、いつもお世話になっている市内のある神社の宮司がおっしゃられました。
日本という国は、陛下のもとにみんなが共同体として生活していたのです。

戦国時代でさえ、共同体だったのです。

どうなんでしょうね。
私は、日本はもういちど、日本の心を取り戻すための勉強、つまり日本人としてのアイデンティティを本気で取り戻すことをしっかりと考えて行かなければならないのではないでしょうか。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ゆり

中国でついに日本人狩りが始まる!在中日本人は今すぐ帰国しないと命が危ない!
募集

日本人の娼婦:10時間以上持つのが条件

日本人の男を見たら即殺せ

日本人の女を見たら即犯せ

同意するものは署名をしてください


これが株洲市の中心にある映画館の入口に展示されてる

今すぐ拡散してください
尋常ではない

すでに死傷者がでています!

ポッポ

No title
中国で日本の企業が暴動に巻き込まれ、お決まりの店舗破壊と略奪被害に遭っています。テレビニュースを見ていますと、抗議活動と共に略奪を待っている者や、楽しそうに笑っている者が写っています。

政府は冷静に見ているそうですが、これでは駄目でしょう。
日本人と日本人の経営する企業が被害を受けたら、その都度、中国大使を外務省に呼び出して、抗議を行うとともに、謝罪と賠償を要求しなければなりません。

このままでは、品位を保ち冷静な判断をする二品人といえども、日本にいる中国人や彼等が経営する企業に、直接抗議をする場合が出てきます。
そのとき、日本の政府は、愛国無罪にするのでしょうか?

明日

ためになる日本の話を本当にありがとうございました。家族にも話します

ton

助けて
中国に修学旅行に行かされます。
毎年行ってますが、今年も可能性があります。
http://logsoku.com/thread/engawa.2ch.net/edu/1316567419/ID:cjRnHh6u



長崎県立長崎西高等学校

〒852-8014 長崎市竹の久保町12-9

TEL 095-861-5106 FAX 095-861-3482

長崎県立長崎北高等学校

〒851-1132 長崎市小江原1-1-1 TEL 095-844-5116 FAX 095-844-5119

長崎東中学校

〒850-0007
長崎県長崎市立山5丁目13-1
Phone 095-821-4642


「文化的ジェノサイドが行われている。この15年、強権的な政策を取っており、

人々は“文化大革命”が始まったようだと感じている」

「各国の指導者と平和を愛する人々が、チベット問題の解決に向けて力添えして

くれることを私は乞い願います」

この言葉の意味を理解し、子供に伝えるのが教育者の使命であろう。

長崎県はいったいどっちをむいて教育をしているのだろうか?

長崎西・東・北、佐世保北・南、猶興館には 理性のある人はいないのであろうか?




県知事、長崎県議会、長崎県教委、中国へ修学旅行へ行く学校関係者など

上海に視察に行っているようですが、まさかね?

元凶は前県知事が習近平との関係を誇示している金子原二郎参議院議員です。



自民党なので保守自民党の県議もまったくこの問題には知らん振りです。

長崎県は、金子知事時代に台湾の表敬を拒否しました。



そのような媚中県なのです。現知事も禅譲知事なので同様です。

12月が修学旅行なので、がんばっていますが、まったく政治家はあ てになりません。ネットの皆さんのお力だけが頼りです。




一読者

たしかに、おっしゃる通りです。
・最初に“気付き”を申し述べます。

○1950年→1550年
○大塚貝塚→大森貝塚

◆今こそ、日本人としての正しいアイデンティティを確立するための教育が求められていることは、まぎれもない事実です。

現在のというよりも、現在に続く明治以来の学校教育は、

(1)富国強兵と(2)殖産興業のための教育であって、
いくら間違っても、考える人間を作るためのものではありませんでした。

そのために、史料にはそのように書かれていないにもかかわらず、
そうだとずっと思い込まされて来たのです。

◆今、私が言っているのは、或る一人の日本学研究者が発表した論文(中小路駿逸「『日本書紀』の書名の「書」の字について」『追手門学院大学文学部紀要』1988)を読んだ時の、衝撃にも似た思いです。

それは、これまで学校教育の中で、正しい事として教えられて来た【日本王権史の枠組み】が、実は間違っていたという事を、確信した瞬間でありました。

おそらく、私と同じ感想を抱いた方は、沢山いらっしゃった事と思われます。

そして、すぐさまこの筆者の言説の意味する所が了解されたのです。

それは、古田武彦氏が唱えた多元史観による“九州王朝説”の仮説を、見事なまでに証明したものでもあり、さらにはこの論考の出現により、日本の人文科学の世界がリセットされたのです。

つまり、【20世紀末日本の人文科学の世界に“パラダイムシフト”が起きた】のです。

西洋近世の、キリスト教的神学観が支配していた自然科学の世界に起きた、天動説と地動説の切り替えにも似た事柄が、
東洋の小さな島国日本の人文科学の世界で、殆んどの研究者またメディアにも知られる事なく、静かに進行していたのです。

この事柄の影響を及ぼす範囲は、想像も出来ません。
空前(絶後?)の事柄が起きたのです。

◆詳しくは、先の『日本書紀』の書名についての論考。
さらには、「中小路駿逸「古田言説が出現してから~中小路言説とのかかわり」(季報『唯物論研究』No.87,特集「九州王朝説の現在」2004)また、そこに引用されたものを、ご自分の目で実際にお確かめください。
(¥1,200。送料別)

『大阪唯物論研究会』
http://www.infonia.ne.jp/~l-cosmos/Link/kihoYuiken.html

政治の世界だけでなく、学問の世界にも【戦後体制の見直し】が迫られているようです。

既に、知の世界にもバブル崩壊が始まっているのかもしれません。

異教徒異文化異人

自然管理の委託
キリスト教では神から大自然を管理する権限を人間に与えたとされています。
ここで言う人間とはキリスト教を学んだ白人のことを示しています。
管理される対象は大自然や動植物のほかキリスト教でない有色人種も含まれました。
大自然を管理・抑制するため自然科学の研究が徹底的に行われてもいます。

強力な軍事力だけでなく、高度な文化文明を持つ日本人に対してだけは、異教徒で異人種であるにもかかわらず名誉白人(準白人)として、この管理の対象から外され人として扱われていた時代がありました。

日本にはもともとそのような思想は無いので、人種差別撤廃を国際連盟の場で言い出したばかりに欧米列強から反感をくらったのは言うまでもありません。

Tarmac

No title
ねずさんの視点を変えての歴史の考察、たいへん勉強になります。
いわれてみればそうですね。小生もザビエルの日本人に対する評価
は学童のころ教えてもらった記憶があります。そしてその時期とは戦国時代で
あったわけで、本来ならその矛盾(国が荒廃しているにもかかわらず、
人々の有り様がそれに比して温和であったこと)を気づかなくては
ならないのでしょう。これから起こることも視点を変えて独自の考察ができるよう
う精進したいものです。

mika

いつも良いお話をありがとうございます。
我々は教科書以外の日本史をもう一度やり直すことも必要ですね。
昨今の日本を見ていて(民主党が与党になったあたりから)、「民主主義って何だろう」「まともな判断が出来なくなっているのなら国民はもう一度臣民へ還った方が良いのかも知れない」等いろいろ考えました。
そんなことを言ったら「今さら臣民なんてがんじがらめにされて嫌だ」なんて思われるかもと思っていましたが、そんなこと考えなくて良いんですよね。
日本は弾圧国会とは全く違い、国民は愛されていたんですよね?
だから民度を高く保ち続けられ、宣教師をも感銘させた。
自分たちが学習してきたことと全く違います。
せめて今から歴史を学ぶ子供たちには、日本は稀に見る国民性で世界を感嘆させていたのだと知って欲しいです。

kenken

No title
ザビエルさんのおっしゃられた”貧しい”と言う言葉の意味は、質素で倹約的、慎ましい暮らしぶり、そんな前向きな意味だったのだろうと激しく感じました。

いわゆる”貧乏臭い”とか”教養が無い”という事ではなく、当時の日本社会は文化もあり教養も備えており精神的豊かさを湛えた高度な社会だったと今では感じるのですが、
それに対して今の日本人が以前の日本社会を想像する時、(悪い戦後教育の影響のせいで)激しい抑圧社会で一般人は貧しく教養も楽しみも無い社会に、ただ我慢を強いられて暮らしていたという様な暗いイメージを膨らませてしまう所があるのだという気がします。

昔の日本の面影を残す建物や町並みは少なくなってるとは言えまだ日本の至る所に残っています。美術品などや当時の庶民の暮らしぶりを窺わせてくれる資料なども。そういう物を見ても文化水準の高さや人々の精神性の高さなどは十分に感じ取れます。作り変えられた戦後教育よりも実物に勝る物(言葉)は無いと感じました。

-

No title
はやく安部首相がこの国を再建してほしい。
日本を守るために勇ましく亡くなった先人達を
讃えることがどうして軍国主義につながるのか
不思議でならない。感謝と尊敬以外の何ものでもない。

-

土足生活
ねずさん、いつも、いつもありがとうございます。乳児の居る家庭での慣れぬ土足生活、帰国命令のでた時にはホッとしたことを思い出しました。

れいさき

美しい国日本
是非とも取り戻したいものです。

私事ですが、昨日は子供に神社の話をしました。
学校では教えてくれない歴史や昔話などを話すと子供たちは興味津々です(^_^)

教育も団体行動ばかりではなく、日本人としての心の豊かさを教えられるような環境になったらいいと思いますね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク