苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

弟橘姫の入水
弟橘姫の入水


先日「日本主義」について書きました。
「保守主義と日本主義」の記事です。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1646.html

その中で、戦後というきわめて特殊な時代における保守が、本来の保守とはかけ離れた「戦後保守」というきわめて特殊な「反対保守」になっていた、ということを書かせていただきました。

それは西欧的保守主義にある「剣をもって戦う!」ということが徒に強調された結果、戦後保守が、反共、反左翼、あるいは反米といった「反対思考」にやや傾斜しすぎていた、という点への反省です。

=======
■■ねずさんのひとりごとメールマガジン配信中■■
お申し込みは↓コチラ↓
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

やまと新聞の動画コラム「ねずさんのひとりごと」です。週一本の配信です。
 ↓ ↓
http://www.yamatopress.com/column/pg40.html

■プロローグ
http://youtu.be/hF2sLY1gDRw
■第1回 君が代のお話
http://youtu.be/7xzVE955VIQ
■第2回 日の丸のお話
http://youtu.be/tZGCTU--wOo
■第3回 3万年前の磨製石器が日本で発見されたということは
http://youtu.be/dcjfKdsHsN8

第4回「何のために歴史を学ぶのか」


======

「反対する」ということは、それに変わる「護るべきもの」があるということです。
「護るべきもの」があるから「反対」する。

その保守が「護るべきもの」が、ひとことで言うなら、「日本主義」とでも呼ぶべきものではないかという主張です。

では、その日本主義とは何か。
今日はその点について、書かせていただきたいと思います。

みなさんは、「ひょっこりひょうたん島」をご存知でしょうか。
そのひょうたん島のテーマソングに、次のような歌詞がありました。

〜〜〜〜〜〜〜〜
ひょうたん島は どこへ行く
ぼくらを乗せて どこへ行く
丸い地球の 水平線に
何かがきっと 待っている
苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ぼくらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃお!
進め
ひょっこりひょうたん島

〜〜〜〜〜〜〜

苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ぼくらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃお!


これこそが日本主義の原点なのではないか。
私はそのように思っています。

日本人は、西欧的保守のような神の楽園であるエデンの園や、共産主義思想にある人類の理想の地であるユートピアのような思想を持ちません。

そのような、あるかないかわからない世界を希求すること自体を、古来日本人は、非現実的とみなしてきました。

では、日本人は何を理想とし、何をもって未来を切り拓こうとしているのか。
それが、
〜〜〜〜〜〜〜
苦しいことも あるだろさ
悲しいことも あるだろさ
だけど ぼくらは くじけない
泣くのはいやだ 笑っちゃお!
〜〜〜〜〜〜〜
だと思うのです。

日本神話は、日本の古い時代の神々の物語です。
そしてその神話にあるお話は、たとえば因幡の白ウサギが、ワニに嘘をついたから皮を剥がれた、ということが大事なのではなくて、そういう経験を経て「成長すること」が大事だと教えてくれているように思うのです。

そして、苦しいこと、辛いことがあっても、なお、くじけずに強く、笑って生きて行く。
それが日本神話が日本人に与えてくれた日本の心なのではないかと思うのです。

そしてさらに、その「強く」ということには、ただ腕力が強いとか、喧嘩に強いとか、相手を倒せる力があるとか、負けない力というのではなくて、優しい庇護の気遣いに対する感謝の気持ちに裏付けられたときに産まれる強さということを意味するというのも、実に日本的な思考であると思います。

そのことについては、皇后陛下がそのご講演の中で「愛と犠牲」という切り口から、ヤマトタケルと弟橘姫の物語をひいてご説明なさっています。

どういうことかというと、ヤマトタケルは、休む間もなく遠征にでかけるのですが、途中、海が荒れて、船が転覆しそうになる。
そのとき、付き添っていた后の弟橘姫は、自らの身を海に投げて海神のいかりを鎮めるのです。
愛のために身を捧げる。
そのことは、愛と犠牲が不可分にして一体のものであるということを象徴しています。

ですから私達日本人が、武を用いたり、戦ったりするときというのは、古来、欲望や権力のためではありません。
ときの権力者が、まさに欲望や権力のために戦おうとするなら、はっきりいって誰もついていかない。
それが日本という国です。

つまり、日本人が戦うのは、常に愛のためであり、愛のために自らの命を犠牲にすることさえ厭わない。
それが日本人の思考と行動の根底をなしている、ということです。

では、その「愛」は、何に対する愛なのか。
それも問題です。

愛には、お金や財産への愛もあれば、男女の愛、友人への愛、故郷への愛、仕事への愛など、様々なものがあります。
その愛の、もっとも大きく、普遍性をもった愛が、民衆への愛、すなわち「公」です。

そしてその「民衆への限りない愛」の象徴が、日本では「公」のなかの「公」、すなわち天皇です。
ですから天皇に忠義を尽くすこと、陛下の愛に応えることが、日本人にとって最大至上の愛ということになります。

従って日本主義というのは、陛下の愛に応え、苦しいことも悲しいこともくじけずに乗り越えて、笑って前に進むこと。成長すること。進んで身を捧げる主義、ということになります。

いま日本は、まさに特ア在日の反日主義によって、日本そのものを乗っ取られようとしています。
日本開闢以来の大危機に日本はあります。

嵐の前に、弟橘姫は、愛のために身を捧げました。
女性の弟橘姫でさえ、愛のために身を捧げたのです。

私達はいまこそ、幕末の志士たちの心を取り戻し、尊王攘夷の旗を掲げるときがきた。
私はそのように思っております。

泣くのは嫌だ、笑っちゃお。
この↓写真↓の笑顔が日本の心です。
この笑顔を見てほしい



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【麻生太郎応援】安倍晋三自民党総裁選 街頭演説会in秋葉原


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

re:厚生年金基金制度廃止へ 厚労省
ps:
反日マスコミは国民が関心を持つ年金に話題を振ってきました。
必ず重要な事件、事柄を隠蔽しています、今までの彼らの手口から分かります。
慰安婦問題を作り出したのは日本の売国利権です
http://www.news-us.jp/article/294488347.html
この男高木健一が売国奴仙石由人の友達で売国行為の証拠の数々はこちらをカッチとね
http://www.google.co.jp/webhp?hl=ja&tab=nw#hl=ja&gs_nf=1&cp=4&gs_id=9&xhr=t&q=%E9%AB%98%E6%9C%A8%E5%81%A5%E4%B8%80&pf=p&output=search&sclient=psy-ab&oq=%E9%AB%98%E6%9C%A8%E5%81%A5%E4%B8%80&gs_l=&pbx=1&fp=1&biw=1536&bih=746&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.&cad=b

にっぽんじん

回天に行ってきました
若い方々が国を思い、家族を思い散華された気持ちを考えながら回天基地に行ってきました。神風特攻機の話はよく聞きます。が、人間魚雷として散華された先人もいます。今日、行ってきました。写真を添付出来ればいいのですが、残念です。

回天基地は山口県周南市の沖にある大津島にあります。小さな島です。そこには今も訓練で使った基地が残っています。多くの若者の遺書を読むと涙が出ます。今から70年前のことです。

平和になったはずの21世紀に中韓という異形の国が日本を脅かしています。いずれ武力衝突があるかも知れません。日本人は覚悟を決めて闘うしかありません。妥協を繰り返せばチベットになります。

その手始めが沖縄です。オスプレイに反対してもシナの尖閣侵略に反対しないのは何故でしょうか。沖縄県民の方々はシナの人民解放軍を信じているのでしょうか。人口が減少している地方自治体の中で産業が無く失業率が一番高い沖縄県の人口が年間に1万人近く増加しています。

理由が分かりません。沖縄県民の方々はこの事実を真剣に考えないと第2のチベットになります。

博多人

拡散して下さい
前の投稿で書き忘れていました。チャンネル桜のメディア糾弾デモ みなさん済みません拡散していただけませんか。もう許せません。同じ思いでおられる方は全国に、かなりの方がおいでと思います、警察も抑えきれないほどの国民で、マスコミを包囲し糾弾しましょう。自民党もしっかりしろ!。全ては愛しい祖国日本を守る為に、国家に身を捧げておられる安倍晋三先生を見捨てておけるか、それだけです。





hope

No title
チャンネル桜

【対メディア戦争】
10.5朝日新聞デモ&10.13反日メディア糾弾[桜H24/9/28]

10.5反日メディア連続抗議運動第一弾!「朝日新聞」
10月05日(金) 朝日新聞東京本社前 15:00

10.13安倍救国内閣樹立、反日メディア糾弾!国民大運動
10月13日(土) 12:00 常盤橋公園集合
          13:00 デモ行進
          14:00 桜田公園 その後 JR新橋駅前SL広場で街頭演説
http://www.nicovideo.jp/watch/1348812381

未だ政権の座に就いた訳でもないのに、安倍晋三元首相が自民党総裁に返り咲いただけで、地上波TVや新聞はこぞって安倍バッシングを開始している。あまりに異常な報道犯罪の横行に対し、『頑張れ日本!全国行動委員会』では、昨日水島が宣言したように対抗措置を起こします。抗議デモは、朝日新聞に限らず、偏向したメディアに対しては次々に仕掛けていく予定ですので、どうか皆様には継続したご参加をお願いいたします。
頑張れ日本 全国行動委員会 田母神俊雄会長 水島総幹事長

博多人

自民党が最初に倒すべきはマスコミ
安倍総裁に対するメディア報道は公平性の欠片も無い、あまりにも低俗下劣で見てると気分が悪くなる1日ムカムカしてる状態です。チャンネル桜の『対メディア糾弾デモ10月5日と10月13日』激しく同意します。今はもはやマスコミとの戦争です、マスコミを潰さないと日本を立て直せない、マスコミ許しまじ。私も博多から参戦します。

桜子

No title
安倍総裁は、「国、そして国民への限りない愛、勇気と誠」をお持ちになり立ち上がってくれました。
真の戦士です。

そして日本主義を持った私達国民の一人一人が共に戦う戦士です。
屑マスコミとの戦い、そして勝たなければいけません。
何としても安倍総裁を守らなければいけないのです。

安倍政権誕生、そして勝って兜の緒を締める、それまで頑張らなければなりません。
男、女、右、左、関係ありません。
今は「日本を守る!」その強い信念、覚悟以外は必要ない、そう思います。
安倍総裁バッシング見つけ次第、即抗議です。

この写真の中にある笑顔に、何として私達は答える事が出来るのでしょう・・・。
今、私の心は特攻隊員の皆さんの気持ちと同じです。

並々ならぬ覚悟が無くては日本は守れないというところまで追い詰められているという事です。

貼り付け

香港(中国)の気になるネタ
香港(中国)の気になるネタということでちょっとだけ書いてみます。

まず、今後5年以内に香港と澳門(マカオ)の約50Kmを人工の島や、一部トンネルを介しながら、世界最大級の橋(港澳珠大橋)を造っているというのがいちばん気になっているところです。香港⇔澳門の間は、ジェット高速船が5~15分間隔で24時間運行が行われているが、やはり悪天候に左右され難いように道路インフラの整備が求められているのだろう。また、香港にはカジノは無いので、特別行政区同士(旧イギリスと旧ポルトガル)で手を組もうという算段もありか?
澳門は、2006年に米国のラスベガスを抜いて、カジノの収益が世界最大になっている。
ちなみに、澳門で一番のお金持ちの方は、奥さんが4人いて、子供が17人いるという。

2番目ですが、香港は、『火山が無いから地震がない』と、香港生まれの香港育ちの人から聞いた。だから「温泉もない」のだそうだ。『放射能のタブー』に書いてある、『マグマ貫入理論』が思い起こされる。ちなみにその香港の人は、わざわざ温泉に入りに東京(お台場の大江戸温泉物語)まで来たという。それに対してはコメントしなかったが、わたくしだったら香港から近い、台湾の北投(ベイトウ)温泉に行くがなぁ・・・と。

3つ目は、香港は中華料理が美味しいという。地元香港の人が言うのだからそうなのだろう。
ちなみに、香港の人からすると、中国の本土の食べ物に関しては信用度が低いらしい。
そして、香港の人は、一日に4食も食べるというのには驚いた。朝食はお粥だという。

これは余談だが、中国本土から香港の住民になれる人数は決まっており、「1ヶ月150人まで」という制限があるそうだ。

http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

-

No title
増税・日本衰退させたい財務省・日銀・諸外国・民主党のカラクリ
http://www.youtube.com/watch?v=3aDg9oLkYIQ

為替介入の大義名分で、日本人の貯蓄を使って米国債を買う日銀。
まじめな日本人の貯蓄をアングロサクソンに使われてはたまらない。日本人の暮らしがまっとうに、豊かになるように、日銀法を改め、デフレ、円高を脱却してほしい。安倍さん期待しています!
早速マスゴミが安倍さん叩きを始めました!監視と抗議をしていきましょう!

hehehe

No title
TPPやASEAN経済共同体に参加すると、こんな食品
だらけになりますよ。文句言うとこっちが賠償金払うとか
あほなことに。

インラック首相「タイは農産物豊か世界のキッチンになる」と。
しかし、消費者団体がタイの市場やスーパーで野菜の殺虫剤濃度
を検査したところ、安全ロゴ付き野菜でも高濃度、
特にファイクワン市場の野菜はヨーロッパ基準の202倍の薬物を検出
http://www.nationmultimedia.com/opinion/Dangerous-levels-of-pesticides-will-poison-food-pl-30191243.html

あ太郎

No title
自民党副総裁に、高村正彦元外務大臣が内定だって。

なんだか・・・・いやな予感がするなぁ。

コッピーマン

井上ひさしは左翼です
あ~・・・・「ひょっこりひょうたん島」の作者であり作詞者でもある井上ひさしは左翼で、在日の噂もある人です。本文の論旨でこの歌詞を採用なさったことへの異議ではありせん。
単なる小耳情報です。

hehehe

No title
ワインも産地偽装されるかもしれません。
ご注意を。
砂漠のような乾燥したところは、ブドウ栽培で糖度を
高めるのには、向いていますが、シナの砂漠は、核実験
した場所と言うのがありますからね。

中国のワイン醸造家、「メイド・イン・チャイナ」にこだわり
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MAZZE66KLVRB01.html

-

No title
自分語りですが、結婚前は販売業をしておりました。
厳しいノルマが課せられており、いつも不達成でした。
でも、セール時期になるとノルマは課せられなくなる。そうすると個人売りが、いつもより上がるんです。セールだから売れるんじゃなくて、お店のためにだとがんばれるんです。個人ノルマは先輩より売ると先輩が不機嫌になったりしてやりにくいのもありますが、個人ノルマ課せられないと「お店のために」がんばる気持ちでいると良く売れました。「お店のため」には「公のため」に入れ替えることができて、私はいつも自分のためにだと結果が出ない人間でした。誰かのためにでないとがんばれない。日本人は個人のためより公のために生きるほうが結果がでる人種なのではないでしょうか?

共通一次世代

No title
麻生さんは、国民総出で猛烈な「麻生バッシング」を浴びせ続けられたにもかかわらず、所信表明演説の時と同じように、
「日本人の底力を信じる」
「日本の未来は明るい、未来への希望を申し上げて国民のメッセージとさせていただきたい」
そう、仰って退陣された。

その言葉を思い出しながら、特攻隊の皆さんの笑顔の写真を見ています。
胸にこみ上げるものがあります。

この6年、安倍さん、麻生さん、中川さんへのマスコミと国民の猛烈な、ともすれば人一人を自殺に追い込むレベル(中川さんは殺されたも同然だと思います)の「狂気の沙汰のバッシング」を見てきた身としては、もう、本当に、「足を引っ張ること」は自民党議員も、その支持者も、保守派も、「もううだうだいうなよ!!!」と・・、そう願うばかりです。

ポッポ

No title
ひょっこりひょうたん島は、よく見ていました。はかせ、ドンガバチョ、思い出しました。

最近、菅直人前首相と野田首相を並べてしまいます。
菅前首相は退陣を迫られたとき、「三法案を通せば辞める。」と言って粘りました。結局2ヶ月かかって三法案がとおり、やっと辞めた。
野田首相は消費税増税に「政治生命をかけて、命をかける。」と言いました。谷垣氏にこれが通れば近いうちに解散と言って、消費税増税がとおったら・・・・・・この他にもあれもある、これもあるとして、これが全部とおらなければ解散できない、としました。
考えてみると、野田首相は菅前首相よりもタチが悪い。野田首相は「近いうち」と言わず、正直に「そのうち」と言えば良かったのです。
すでに野田首相は、鳩山元首相の「国民が聞く耳を持たなくなった。」状態です。
安倍総裁には頑張っていただき、早く解散させて欲しいと思います。
ただし、野田首相の「近いうち」に騙されないように・・・・・・

中国は、唐家センのパーティに出席した日本の国会議員に対して、尖閣諸島のことを持ち出したそうです。
彼等がどう対応したのかは知りませんが、こんなことは当然予測されたことですし、中国は彼等を利用します。・・・・・行ってはいけなかったのです。
中国が国交回復記念行事をすべてキャンセルしているのに、なぜ日本の国会議員を代表とする団体が中国に行くのでしょうか? これは諸外国から見れば、こんな外交危機のときにも、日本は中国に行かねばならないほどに立場が悪いと考えられるでしょう。

れいさき

日本国だけでなく
世界中の視点から私利私欲が暴露され『公=愛』に発露しています。
日本国を建て治すことによって世界の人々の平和『和』にもなり得るような気がします。

この時に生きている私たちが日本人としての使命を発信していくべきだと思います。
失敗したから気付くこともあり、笑顔でいたいから頑張れる(^-^)
子供達に笑顔を!!

田舎のおじさん

No title
レイモンド・チャンドラーの小説のセリフに「タフで(強く)なければ生きて行けない。優しくなければ生きていく資格がない。」という言葉がありますが、私は、真の優しさ(自己犠牲も厭わない慈愛の心)は真の強さの中に宿るものだと思っています。真の強さとは、ねずさんのおっしゃるとおり腕力や体力の強さではなく、その人の心の強さであると思います。だけど、その心の強さはどこからくるのかといえば、ある程度の体力的強さであったり、腕力的な強さであったり、その人の持つ信念の強さであったりするのではないかと思っています。
日本は(日本人は)古来優しい国(民族)だと思います。それ故大東亜戦争時には、アジアの国々に対して欧米とは違った慈愛に満ちた統治が出来たのだと思います。でも、今の日本(日本人)には、昔のような優しさがかけてきている様に思われます。日本に真の優しさを取り戻すためには、真に独立して、真の強さを取り戻す必要があると思います。

-

No title
> みなさんは、「ひょっこりひょうたん島」をご存知でしょうか。

原作と作詞に「あの」井上ひさしが関わってます
この人物の創作物を持ってくるのはちょっと…
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク