鄭春河さんの遺稿

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

圓徳院


鄭春河さんの遺稿を二つご紹介します。
鄭春河さんは、日本名を上杉重雄さんといいます。
元台湾歩兵第二聯隊においでだった方です。

こよなく日本を愛し、多くの著作を残され、平成17年に台南にてご逝去されました。

原文はかなりの長文になりますので、その一部だけをご紹介します。
是非、ご一読され、もしよろしければ、URLを辿って、その全文をお読みいただきたいと思います。

〜〜〜〜〜〜
=======
■■ねずさんのひとりごとメールマガジン配信中■■
お申し込みは↓コチラ↓
http://www.mag2.com/m/0001335031.html

やまと新聞の動画コラム「ねずさんのひとりごと」です。週一本の配信です。
 ↓ ↓
http://www.yamatopress.com/column/pg40.html

■プロローグ
http://youtu.be/hF2sLY1gDRw
■第1回 君が代のお話
http://youtu.be/7xzVE955VIQ
■第2回 日の丸のお話
http://youtu.be/tZGCTU--wOo
■第3回 3万年前の磨製石器が日本で発見されたということは
http://youtu.be/dcjfKdsHsN8
■第4回「何のために歴史を学ぶのか」
http://youtu.be/DKzgivml7eI

第4回「何のために歴史を学ぶのか」

======


【嗚呼大東亜戦争】鄭春河 著
http://www.senyu-ren.jp/AA/AA.shtml
↑原文はこちら。

戦争は政治の一環であり、戦争目的は政治目的でもある。
では大東亜戦争の戦争目的(政治目的)は何だったのか?

その目的は、
1、経済の安定
2、国防の安泰
3、アジア諸民族の解放

にまとめあげられる。

1、経済の安定

昭和に入ってからの日本経済は全く死に体であり、現在の豊かな感覚では想像できない貧乏国であった。
その日本が、今や経済大国と言われるまでに発展し、個人々々についての格差があるにしても、国民は世界で最も平和で豊穣な生活を享受している。

一方戦勝国の戦後は如何であったろうか?
ソ連や中共の国民生活は言うに及ばず、米国は日本に勝ったその日から、ソ連という大敵に対抗して軍備増強に迫られ、米ソ共に莫大な軍事費の支出に耐えかねて、国家経済が破綻して西側陣営に屈伏し、世界一の債権国から債務国に転落したのである。

イギリス、フランス、オランダも海外に保有していた広大な植民地の総てを失い、二流国に甘んぜざるを得なくなった。


2、国防の安泰

戦前の日本は、北にソ連、西に中国、東に米国、南に英、仏、蘭と四周敵に囲まれており、とりわけ米ソは当面する最大の強敵であって、国家予算のかなりの部分を国防費用に回さなくてはならなかった。
貧乏国日本にとって、膨大な国防費は国家経済の限界を超えた大きな負担であり、それだけ国民生活が圧迫されていたのである。

戦後の日本は、アメリカの大きな核の傘にすっぽりと覆われ、日米安保条約によってすっかり守られておった。曾つての占領軍は、今や番犬となり、日本はGNP一%程度の予算の二流軍隊でお茶を濁し、せっせと経済発展(金儲け)に専念した。
四周にいた敵も、ソ連一国となり、それも今や熊から牛に変身してしまった。明治以来、国防がこれ程安泰になったことはなかった。


3、アジア諸民族の解放

戦前の世界地図を見れば一目瞭然である。
世界の大部分が白人の植民地であり、支配地域であった。
第一次世界大戦の後設けられた国際連盟は、白色人種だけの繁栄と幸福を図ることを目的とした機関であり、有色人種は白色人種に奉仕する為の存在でしかなかった。

戦後民族自決の気運が急速に高まり、日本が標榜したアジア諸民族の解放は、アジアのみに止どまらず、全世界から植民地が一掃されるに至ったのである。

大正時代、国際連盟で人種差別撤廃を提案した日本が、白人諸国の大反対で否決されたことを思うと、まさに今昔の感がある。

戦前には、白人種の前に卑屈な程に跪いていた有色人種が、何故、急速に自信と自覚を持つようになったのだろうか。戦後、英国宰相チャーチルが述懐して次のように言った。

「英帝国が終焉した理由は、英軍がアジア人の目の前で日本軍に惨敗したからである。
一度失墜した権威を、もう一度掲げることは出来っこない。
英軍は戦後も依然として強力だが、しかし世界の人々は、英軍がアジア人に負けたのを見てしまった」


有色の日本がホンコン、シンガポールで英軍に大勝し、フィリッピンの米軍を駆逐したのを目のあたりに見た世界の有色民族から、長年の間に習性とまでになったいた白人隷属の卑屈な気持ちがヴェールを剥がすかのように一掃され、「白人優位、白人不敗」の神話は、これを機に音を立てて崩壊したのであった。

白人優位の帝国主義世界が続く限り、日米戦争が昭和十六年に勃発しなくても、何年後かに起こったであろうところの避けて通ることの出来ない宿命であったと思われる。
まさに大東亜戦争は、有色人種の白色人種に対する壮絶なる巻き返しであり、そしてその力と気迫を持っていた国は、その当時は日本しかなかったのである。

このように此の黄白戦を見ると、日本は戦争に敗れたものの、四十余年がかりで大東亜戦争の戦争目的(政治目的)を立派に達成したと言う事が出来る。

古今東西永遠に続く戦争はない。
しかし政治は永遠に継続し、しかもそれは過去の足跡の上に積み重ねられるものである。

そして、この黄白の決闘以来、それまで世界の通念となっていた帝国主義が崩れ、国威宣揚の方策であり、美謀でさえあった戦争が罪悪という観念に変わり、世界平和と万邦協和こそ、それぞれの国が繁栄する最良の方法であることを知らされたのである。


【日本救国の道】台湾・鄭春河
http://ameblo.jp/ys716/entry-10009424210.html

大正の御代に生まれた我々は確かに幸せ者であった。
正しい日本の教育を受けて、千載一遇の太平洋戦争に参加できた。
敗戦とはなったが我々は最期まで奮戦した。
波乱万丈の体験を重ねて「盡忠報国」の精神と国民道徳を今もなお身につけている。
これに勝る幸せがあろうか。

ところが、一番哀れなのは戦後の亡国思想教育を受けた日本国民である。

何故、等しく大和民族の血を受けていながら、半数以上の日本人が日本人らしくない異質の民族に成り果てたのか。それは他ならぬ、日教組がしからしめたのである。

日教組は次代を担う子供たちに、

「国家・君が代を歌うな、国旗・日の丸を揚げるな」と躾けて、
子供の情操教育を潰し、
国民意識・国家意識を喪失せしめ、
祖国日本を亡国に導こう と活動している。

日教組は「進歩的文化人」と呼ばれる連中と共に、日本にとっては許しがたき罪人であり、売国奴である。

彼等は先ず、
祖国日本の力を弱め、
国民の元気を削ぎ、
無気力な日本を共産主義国家の属国にしようと計画・策動しているのである。

彼等は反国家の姿勢をとり、
祖国日本に背き、
日本を非難し、
日本の過去と現在を否定・攻撃し、
国家の尊厳を木っ端微塵にまで軽蔑してきた。

「君が代」と「日の丸」は一体どこが悪いのか。
日本の国体に最も相応しい、美しい国旗であり、奥ゆかしい国歌ではないか。
明治の初め、アメリカが「日の丸」を買いに来た。
金は幾らでも出すと云う。
幸いなるかな売らないでよかった。
外国から羨望された程の「日の丸」だ。
その価値たるや以って惜むべく銘すべきである。

中華民国でさえ、「国歌を歌うな、国旗を掲げるな」という輩があれば途端に非国民反乱罪として投獄されてしまう。
総統府、各官衛とも毎朝「升旗典礼」(国旗掲揚)という朝礼を行う。
道行く人馬や車など、即座に直立不動の姿勢で敬意を表する。
これが世界各国の仕来たりであるのに、日本だけが出来ない、また、やろうとしないのは残念の極みである。

ご存知の方も多いと思うが、かって韓国でのオリンピック会場で国旗掲揚の際、日本学生のだらしなさがすごく非難された。教養のない日本国民の恥を晒したのだ。

戦前、我々は、外国で祖国日本の有り難さを実感した。
至るところで日章旗を仰ぎ、「君が代」を耳にしては感極まって涙をこぼした。

さて元に戻るが、更に最も甚だしきに至っては「靖国神社に参るな、大臣も国会議員も参拝するな。日本は侵略したのだから、死んだ兵隊に敬意を表すことはない」と日教組は子供たちに教え、

更に「日本は悪いことをした。お前達の祖父達は侵略の手先となって悪い事をした!」と、50有余年も繰り返し洗脳し続けてきた。

子供達はそれをまともに信じて、祖国日本に生まれたことを有り難く思わず、中には憎悪を抱く者まで現れた。
祖父や親達をバカにして言うことを聞かず、勝手な行動をして平気で人に迷惑をかけたり、犯罪を犯すなど、道徳も道義も廃れて今日のような混沌の世の中になってしまったのである。

「祝祭日には国旗を掲げましょう」「式では国歌を斉唱しましょう」と、国では国民に呼びかけているが、昔の我々は小学校に入る前から躾けられていて、誰でも出来ることで神社参拝も世の仕来たりであり、言われるまでもないことだ。

或る高校の教諭から聞いたことだが、
「私の勤めている高校では、先生(高教祖)が生徒に『祝祭日に国旗を立てるのは非国民だ!』と言う。とてもこれが日本人の先生とは思われないような発言をいつもしていて、生徒達も感化されている」とか。

生徒も「隣近所が旗を立てないのに、家(うち)だけが立てるのもおかしいから止めたよ」と言う。何と情けないことか。聞いただけでも気が遠くなる。その親達も日教組の亡国教育を受けた世代だからどうにもならない。

毎年8月には日本の大学生が、10数名ばかり台訪することになっている。
学生達と2日間付き合ってみると日本の様子がよく分かる。
学生達の話では、「教育勅語や靖国神社のことは、最近、教授の口からぼつぼつ出るようになりましたが、学課ではないので詳しいことは知りません。靖国神社にも参拝したことはありません」。

かように教育の基本人倫の常経、天地の公道である教育勅語と、祖国日本の為に犠牲になった戦没者をお祀りした靖国神社を、次代を担う子供達に教えないようでは、どうして祖国の真の復興が望まれようか。

日本人自身が、しかも日本の首相たるものが
「日本人はアジアを侵略した。誤らなければいけない」などと、非常識なことを繰り返している。

太平洋戦争に負けたから日本はこんな非常識な国になったのか。否、そうではない。戦後の7年間でアメリカの占領政策によってこんな国にされてしまったのだ。

太平洋戦争は3年半余りに亘ったが、占領期間が何故7年間もの長期に亘ったのか、それは徹底的に日本国民を精神的、思想的に改造するためであった。
占領政策は、
 「占領憲法」
 「東京裁判」
それに30項目にわたる徹底的な
 「言論統制」
の3本柱である。

言論については検閲を徹底的に行い、しかも検閲や統制をしているということを国民には極秘にして秘密の漏洩を防ぐという、このような陰湿なやり方で行ったのである。

そして「日本国民は悪くない、悪いのは軍人だ。戦前の教育は全て悪い。神道も悪い。道徳教育も個人の自由を損なうから悪い・・・」と、戦前の日本はすべて「悪」と決めつけられた。

要するに勝者の白人は正義で、敗者の日本は不正義で、その最も極端なのが東京裁判であり、日本を侵略国として断罪した。
その為には日本に有利な証拠はすべて却下され、彼等に都合の良い証拠は、到底証拠とは言えないような代物でも全て採用したのみならず、捏造までして日本を黒と決め付けた。南京大虐殺もその一つである。

要するに日本を徹底的に打ちのめし、日本を二度と立ち上がれないようにすることが占領政策の目的であったのだ。

彼等は完全に目的を果たした。これに日教組や共産党が上乗りして、アメリカの意図以上にマインドコントロールを徹底したことである。残念乍ら日本人の大部分はマインドコントロールから覚めていない。

一昨年、東京裁判で却下された「未提出弁護側資料」が刊行されて東京裁判の欺瞞性が明らかになると共に、東京大学の藤岡信勝教授をリーダーとする自由主義史観研究会やその他の会が次々と発足し、太平洋戦争の真義をもう一度見直そうという空気が漲っていることは、遅きに失したとは云え、誠に喜ばしいことである。

日本人は、太平洋戦争は絶対に侵略戦争ではないこと、従来の「東京裁判史観」は間違っていたことを認識して、日本の正しい歴史を勉強し、日本が過去に果たした歴史上の役割に自身と誇りを持って、堂々と胸を張って世界に邁進すべである。
そのためには一刻も早く誤った歴史認識と戦争犯罪贖罪意識から脱却し、目覚めることが先決である。

万世一系の皇室という素晴らしいものを持っていながら、今の日本人の大部分はそれを忘れれいるのか、或るいは故意に無視しているのか。

靖国神社に天皇陛下の御親拝、総理大臣が参拝することまで隣国に気兼ねしなければならない日本が、本来の日本に戻れるのはいつになるのであろうか。
日本同胞の反省と奮起とを切に御祈念申し上げる次第である。

 平成9年6月30日
   鄭 春河(台湾台南市中華南路 在)
〜〜〜〜〜〜

鄭春河さんの略歴です。

1920年(大正9年)、台湾・台南州北門郡佳里町生まれ。
1939年(昭和14年)、早稲田大学中学部(校外生)卒業後、台南神社にて神職教育を受け、北門郡雇員(公務員)と北門神社奉仕を兼務。
1943年(同17年)、特別志願により陸軍第一補充兵に編入。翌年、台湾第四部隊に入営後、豪北派遣。チモール島にて終戦。

1946年(同21年)6月、復員して台湾に帰郷。戦後、日本人容疑で検挙されるも、無罪判決により政治大学課程を履修。
製油会社等の部長を歴任後、社長・顧問を歴任。

1997年(平成9年)、台南・延平郡王祀(鄭成功廟)にて催された複台記念日祭典に神道式祭典を斎主として厳修。
1988年(同10年)、台中・宝覚禅寺の「霊安故郷」碑前にて催された「台湾同胞戦争裁判犠牲者合祀祭」の神道式祭典を斎主として厳修。

2005年(同17年)12月22日、台南にて逝去。


日本は、開戦時の工業生産力で約80倍のアメリカと開戦しました。
これにイギリス、オランダ等、連合軍の国力を加えたら、いったいどれだけの格差があったか。

Chinaにしても、China事変がはじまったとき、彼我の陸軍戦力の格差は、China国民党210万に対し、日本軍は総力をあげても25万です。
しかも大陸に派兵できるのは、がんばっても15万がやっと。
つまり日本は、完全武装した14倍の敵と戦ったのです。

そういうことから、無謀な戦争だったという人もいるでしょう。
けれど、それでも戦わざるを得なかったのは、いったいなぜなのでしょうか。

トム・クルースの主演で映画にもなった「宇宙戦争」の著者であり、イギリスの歴史学者としても有名なH・G・ウェルズは、次のように語っています。

この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」

これが事実なのです。
次のような話もあります。

〜〜〜〜〜〜
イギリス人は糞をしてる最中に黄色人種が入ってきても平気。
落としたタバコを拾わすのにも、言葉を使わず、アゴで拾えの合図。
女性が全裸で部屋に居る時に、黄色人種が入ってきても平気。
(白人男性が入ってきたら大騒ぎ)

つまり、黄色人種は猿だったのです。
インドより東の国では、白人は何をしても許されると言う考えがあった。
東洋人に対する白人の対応は自然な物だったのです。

絶対的な差別主義。
東洋人は、人では無かった。
この絶対差別主義の世界を塗り替えたのが日本だった。
今でも、ビルマの建国記念日には、日本の「軍艦マーチ」「日本陸軍の歩兵の歌」が流れる。
フィリピンの独立記念のポスターにも、日本軍のポスターが貼られる。

インドのオールドデリー市街のチャンドラ・ボース公園に立つインド独立義勇軍(INA)と日本軍人の像がある。
アジア人の自尊心を守ったのは、日本だった。
〜〜〜〜〜〜〜〜

大東亜戦争のあと、東亜のかつての列強の植民地だった国々の多くが、独立を手にしました。

戦争が「ある政治目的を達成する手段」とするなら、日本は、3年半の戦闘には敗れたけれど、その戦争目的は立派に達成したのです。

逆の事例もあります。
ベトナム戦争です。

コミュニストの支配を阻止するという戦争目的ではじまった南北ベトナム戦争は、15年の長い戦いの末、アメリカの撤退に終わった。戦争目的は達することができませんでした。
北が勝利したのです。

日本は、人種差別撤廃のために戦いました。
国土を焼土と化し、連合軍に国土を占領されました。
けれど、その戦争目的は、立派に達成しています。
戦争目的を達成したということは、日本は、戦いには負けたけれど、戦争には勝ったといえます。

しかし、その後がいけません。
すっかり洗脳され、骨抜きにされてしまった。

けれど、日本が目覚めることは、世界の良心が目覚めることです。

ねずブロでいろいろなことを書いています。
本日ご紹介した鄭春河さんの遺稿も、いまはまだ少数の異端の説かもしれません。

けれど、みなさんに予告したいのです。
鄭春河さんがずっと書き綴ってこられたこと、そして私が日頃書いていること。
それらは、20年後には、日本の「常識」、世界の「常識」になる。

なぜなら、人には良心があるからです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

恩知らずな日本人は日本人になる資格はありません!


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会


【ご寄付について】
私の活動へのカンパは以下の口座にお願いします。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

日の丸はきれいですね。

No title
先日、喫茶店でお茶をしていた女性2人組が、「こういう外国みたいに、日本ももっと国旗を街中に掲げればいいのに。」「あら、そういえば、昔は祝日には玄関に日の丸の旗をあげていたわよねえ。」と話されていました。
どうやら、ヨーロッパのどこかの国で、街中にその国の国旗がたくさん掲げてある写真を見ての話題だったようですが、もっともだと思いました。

ーdー

No title
《家族に右翼みたいだと言われ日の丸掲揚しにくい》とコメントされた方へ

私の祖父は、祝日に国旗をあげていました。
「日の丸は美しいのう」としみじみと言うのを側で聞いて
それが教わるのでなく、染み込むように伝えられたような気がします。
ですから 堂々と揚げて日本の季節と共に お孫さんと見上げて頂きたいです。
ネット以前の私に天皇批判等の反論はうまく出来ませんでしたが
祖父のおかげで撥ねのけてこられました。

若い世代は日教組離れが進んでいると教員の友人が言っていました。
まずご自分を信じ、正しい心の伝承を家族にすることが大切だと思います。

hehehe

No title
麻生さんに国会で説明してもらわないと。
こんなのを落とし所にするのは問題がありますね。
天皇陛下侮辱発言してないって嘘をこのままだと
認めることになってしまう。
日本政府が公式に李大統領の発言に抗議し、
謝罪と撤回を要求してるのに。

外務大臣会見記録 平成24年8月24日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_1208.html
李大統領及び金外交通商部長官の天皇陛下に対する
発言については、 改めて抗議するとともに、韓国政府
に謝罪と撤回を強く求めたところであります。

【ソウル時事】韓国の李明博大統領は8日、訪韓中の
麻生太郎元首相とソウルの大統領府で会談した。
大統領府によると、双方は、世界経済の危機克服と
北東アジアの平和のために両国関係が重要との考えを
確認した。会談が、竹島問題で悪化した両国関係改善
の契機となるか注目される。
麻生氏によると、李大統領は8月の「天皇謝罪要求」
発言について、「全然、そういう意味はない。
(天皇陛下に)韓国に来いとか謝れと言ったことはない」
と説明したという。
韓国の代表取材によると、李大統領は「現在世界経済
が厳しいので、(日韓)両国が目指すものは同じだ。
両国の交流を通じて、互いが発展することを望む」
と語った。
麻生氏はこの後記者団に、
「双方の歴史認識が一致するのは難しい。違う認識を
前提にどうやって未来志向にしていくかが重要と
いう話をした」と述べた。麻生氏は両国の政財界で
つくる日韓の協力委員会出席のため7日に韓国入りした。

ソース   時事ドットコム 2012年10月8日
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012100800390

アロン

No title
広島の世羅高校の国歌斉唱・国旗掲揚に反対する
広島高教組他、左翼連中に校長が追い詰められ自殺した事件がありましたが、
わたしが通っている教会の神父は、当時広島のカトリック系の学校の
教員でしたので、この事件のことをよく知っているそうです。

私が一番許せないと感じたことは、石川敏浩校長を自殺に追い込んだにも
関わらず、高教組、左翼連中は平然としていたと聞いたことです。
当時、神父も、人を死に追いやって置きながら、
せせら笑っている彼らの態度に憤慨して、物申したそうですが、
彼らにはなんら良心のかけらも、見られなかったそうです。

私の体験上、左翼は左翼でも、日教組系の連中は
特に異常な人が多いと感じます。

こんな人たちが教育現場にいることがおかしすぎます。

月のしずく

ねずさん、毎日のブログ更新ありがとうございます♪
毎朝、楽しみにしております。
今日は、とてもきれいな紅葉のお写真でしたので、早く見たくなりました。
日本の四季、自然は繊細で美しいですね。

ねずさんは20年後に、日本、世界の常識になると予告されました。

私は3年で日本の常識になり、10年もあれば世界の常識になると思います!

急激な変化が始まったと感じています。
ねずさん、顔晴って下さい。

■従軍慰安婦の捏造

◆たかじんのそこまで言って委員会
下記の動画をご覧下さい。

◆たかじんのそこまで言って委員会

◆2012年10月7日 121007

◆内容:緊急特別企画!安倍晋三・自民党新総裁にそこまで言って委員会SP

◆出演:辛坊治郎、津川雅彦、桂ざこば、宮崎哲弥、勝谷誠彦、加藤清隆、竹田恒泰、宮嶋茂樹、安倍晋三

http://www.youtube.com/watch?v=HM5I9qF_2UQ
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-22121.html

山本ぽんすけ

No title
次は自民党政権と期待します。
次の政権に一番に望むことは、まず反日マスコミ対策と教育の根本的な改革です。ねずさんがおっしゃる日本人の本来の姿を日本人が取り戻すようにすることが最優先政策だと思います。

政権をとったら、安倍首相の下、力のある政治家を、文科省と総務省、法務省につけて、教育改革、放送改革を断行して欲しいと思います。



ぼやきくっくりさんのところで、安倍さんを支援する方法が議論されています。普通の人にできる支援策について、アイデアがある人は提案しにいってください。そのエントリは、以降新しいエントリがでても、リンクをつけておられますから、ブログ主さんも重視されているのでしょう。

どんなに立派な政策が議論されても、反日マスコミが邪魔をするようでは、その政策は実行されません。
日本人が目覚めて、立派な政治家を支えていくようにならなければ、その政治家はマスコミにつぶされます。


ぼやきくっくり
安倍さん支援の具体的方法まとめ&中川昭一さんの“言葉”再び【追記あり】
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1263.html

桜子

No title
鄭春河さん、台湾の方でさえも日本人以上に日本人らしさをお持ちになり戦後の日本の異常さを危惧されています。
この様な当たり前の事を書かなければいけなくなってしまった日本に、鄭春河さんのお気持ちはいかばかりだったかとお察しします。
そして日本人として本当に恥ずかしい限りです。

そのお気持ちは、ねずさん始め愛国ブログを立ち上げて頂いている皆さんしかりです。
本当はこの様なブログがある事すらおかしいのです。
「えっ?」とお思いでしょうが、なぜなら戦後、史実を含め真っ当な教育がなされ、日本国として日本人としてのアイデンティティを持っていたならば必要の無い事です、私はそう思います。

日本国を憂うブログ主の皆さん始め日本国を憂う多くの皆さんがボランティアで自分の時間、家族との時間、そして身銭も裂いてお書き下さり行動されておられます、頭が下がります。
本来なら日本国がしなければいけない事なのです、これすらおかしな事なのです。

戦後日本は国復興に邁進、国を復興する、当たり前の話です。
そして何十年も経たない内に経済大国日本になりました。
それは日本人の勤勉さ誠実さの賜物です。

しかし邁進の過程に於いて失ってはならない最も大切な物を失ってしまいました。
人間としての根っ子、骨格と成す教育、そして史実、在日問題です。
この様な問題に事なかれ主義を通し、おざなりにしてしまった日本、そしてそれを許してきた国民、その結果が今の日本です。

>鄭春河さんがずっと書き綴ってこられたこと、そして私が日頃書いていること。
それらは、20年後には、日本の「常識」、世界の「常識」になる。

それで思い出しました、日の丸行進曲の中にこういう歌詞があります。
まさにねずさんが言わんとされた事と同です。

>永久に栄える日本の国のしるしの日の丸が光りそそげば果てもない
地球の上の朝が来る平和かがやく朝が来る

日本の常識、世界の常識になる、とりも直さず一人一人の行動力にかかっています。
改めて感じさせられます。

一日も早く常識が通る世の中になるように頑張りましょう!

日本はいい国だ

国旗掲揚
本日は祝日です。
日の出と共に日の丸を玄関に掲揚
したのですが、嫁が片付けろと
言います。何でも近所ではどこも
掲揚してないし右翼みたいで恥ずかしいということでした。
私はねずさんのブログの内容を基に
説明しましたが納得しません。
泣く泣く掲揚を諦めました。
嫁も近所の人々も日教組による
強烈な洗脳を受けており、
どうしようもありません。
やはり日教組解体が急務であると
思います。
日の丸を堂々と掲げられる日が
来る事を願っています。

terag3

実に惜しい方を亡くしました
台湾の元日本人、鄭 春河さんとは、2005年12月に亡くなる
2年ぐらい前から旧海軍のイ号、ロ号潜水艦乗組員だった大先輩の
方から紹介されて著書を頂いたり、文通をさせて頂いたりご交誼に
預かっておりました。

元潜水艦乗組員だった先輩の方は某商事会社に勤めていて海外を
飛び回っている時、台湾を訪れて偶然に鄭 春河氏と出会い話を
したのだそうですが「貴方は大和魂をお持ちですか」と問われて
ドキッとしたそうです。

このたびのブログにも紹介されているとおり、実に日本人以上に
日本のことを想い日本の再生を心から念じて様々な活動をされて
いましたが病に倒れ2005年に帰らぬ人になられました。

この鄭 春河さんと同様に台湾の元日本人であった方々は今でも
祖国は日本だと言う思いで日本よ、もっとしっかりしてくれと
祈り続けていると聞き及んでいます。
そのような状況の中での訃報、実に惜しい方を亡くしたものだと
痛感している次第です。


匿名

情報について
20年前は、新聞やテレビでの報道が主流でしたけど インターネットが出てきてからは、ネットでの情報で知ったかぶりをする人が増えてます。
政治家も芸能人もマスコミが報道しなくなると 何か問題を起こしてるようなことが多いです。
新聞記者やテレビ関係や一部の人は、知っていますけど私は、一度 財●省出身の政治家と同じ仕事場の同僚から聞いたことが 夫婦で不倫は、公認ですと平気で言ってたそうです。
私もテレビや雑誌の仕事をして感じたのは、ディレクターやプロディユサーの言うがままでないとマスコミに出してくれません。
マスコミに出て有名になりたい為に多額の賄賂をテレビ局のディレクターや新聞記者に払ってるのだって結構います。
ブログを出してる人の多くがインターネットで調べたと言ってますけど実際に行き自分の目で確かめたり 近隣の情報を聞いたのは、あるのかと思います。
北朝鮮拉致もマスコミが報道しないことを ある拉致被害者の家族に会って聞きびっくりした次第です。

はっちょもん

天照大神の霊言訂正
書籍:天照大神の霊言ではなく、正式名称は書籍「天照大神の緊急神示 最大幸福社会の実現」でした。謹んで訂正させていただきます。
続編で「緊急神示 信仰なき日本人への警告 天照大神のお怒りについて」も発刊されています。

はっちょもん

宗教排斥の罪は大きい
私の祖父は毎朝「天照大御神」の掛軸に祝詞を奏上してお天気のいい日には外に出て東の方に向かって二拍一礼しておつとめをしていました。
ひいお婆さんは戦時中には私の父や叔父が出征している間、ほとんど毎日氏神様に日参して神の加護で無事を祈っていたと聞いています。

お陰さまで私の父はベトナム抑留から解放され帰国出来ました。
(叔父は残念ながら学徒出陣でレイテにて戦死しました。)

人間は心そのものが本来の姿であって行動は心で思ったことの結果です。
本当の宗教とは共通してその「正しい心の在り方」を教えています。

皇国日本は3,000年の間神武天皇より「祭政一致」で日本の国の政治を司ってきました。
現在でも総理大臣の任命は天皇陛下が皇居で行います。

書籍:天照大神の霊言には「民主党の○○総裁を首相と認めません」と高天原から霊示を降ろしています。
つまりは日本神道の神々は現政権に日本の国政を任せることは出来ないことをはっきり示しています。

67年間の間日本神道の高天原は荒廃されたままになっているのです。
日本人の一人ひとりが心の荒廃に気付き信仰心を取り戻して、目には見えない
高貴な存在に「素晴らしい日本国にしましょう」と心を一つになった時には本来の素晴らしい日本が復活するでしょう。

日本の政治は祭政一致、学校教育は宗教による正しい心の教育、これが全ての元です。

れいさき

誰かを蔑むことによる優越感
中韓は国家レベルで日本を蔑むことで優越感を持ち、愚行するしか生きていけないんだと思います。日本人が素晴らしいとゆうことを認めたくないんですね。

ネットの普及と中韓の愚行により日本人が目覚めるきっかけになったのは大変喜ばしいと思います。
安倍叩きでもわかりますが、愛国保守の安倍さんが日本国総理大臣になるのはあの国々には都合が悪いのでしょう。

まだテレビの報道しか見ない方とお話すると残念に思いますが(>_<")
目覚めた者たちがまだまだ頑張らないといけないなぁと思います。子供たちに負の遺産を残してはいけませんね!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク