つくる会 秋の講演会のお知らせ

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

つくる会講演会1027


新しい歴史教科書をつくる会の秋の講演会のお知らせです。
あまり日にちがないのですが、ご都合のつく方は、是非、お越し下さい。

テーマは、
「今、改めて問う『領土・国防・教育』」です。

講師は、田母神俊雄先生と、藤岡信勝先生です。
私も行きます^^b

<開催要項>

■日時 平成24年10月27日(土)15時開演(14時半開場)

■場所 東京・日本交通協会 大会議室

    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル9F(電話:03-3216-2200)

■アクセス
*JR山手線・京浜東北線 有楽町駅 国際フォーラム口より徒歩3分
*東京メトロ有楽町線 有楽町駅 D3出口より徒歩0分
*東京メトロ日比谷線・都営地下鉄三田線 日比谷駅 B3出口より徒歩2分

■入場料 一般2000円/新しい歴史教科書をつくる会会員1600円

■お申し込み方法
*一般の方→当日直接会場へお越し下さい。
*会員の方→新しい歴史教科書をつくる会会報誌『史』9月号同封の「イベント用払込票」をご利用の上、入場料をお振込み下さい。払込票の「受領証」が「入場券」となりますので、当日忘れずにお持ち下さい。前売り以外の当日受付は、会員の方でも入場料は2000円となります。

◎当日当会にご入会いただいた方には市販本教科書を謹呈いたします(歴史か公民どちらか1冊)。是非、この機会にご入会を!

■講師
田母神 俊雄 氏(第29代航空幕僚長) 
藤岡 信勝 氏(拓殖大学客員教授・新しい歴史教科書をつくる会理事)

■主催 新しい歴史教科書をつくる会

■お問い合わせ
メールフォームまたはお電話(03-6912-0047)、FAX(03-6912-0048)で新しい歴史教科書をつくる会事務局

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【つくる会】再検証「竹島・慰安婦問題」の真実[桜H24/1/17]


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

スパイ防止法

今年の紅白に韓国人が出場する理由
今年の紅白に韓国人が出場する理由


【韓国】【NHK】【電通】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●NHKは電通【韓国人】によって日本が支配されている
◆元NHK職員の立花孝志が証言!
http://www.youtube.com/watch?v=u9YxsRy0-YY
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

NHKと電通と韓国の蜜月関係を証言した元NHK職員



ポッポ

No title
にっぽんじん様

法律のことをひとさまに、お教えできるほど詳しくはないので・・・・
外国人への生活保護支給は1954年に当時の厚生省の担当部局の局長通達で、「正当な理由で日本国内に住む外国籍の者に対しても、生活保護法を準用する」が元になっています。
従って、憲法どころか法律も関係のないところで、支給が決められたというとんでもない処理をされたのです。
逆に言えば、現在の厚生労働省の担当部局の局長がこの通達を廃止するとすれば、外国人への生活保護を辞めることができるはずです。

それから、最近外国人の国民年金制度が変更され、在日特権が一段と強化されました。民主党は在日外国人に優しいのですが、その文日本人には厳しいです。

なお、以下は参考です。(分かりにくくて、すみません。)

1946年の旧生活保護法においてはすべての在住者を対象としたが、1950年の改訂で国籍条項が加わり、日本国内に住む日本国籍を持つ者のみが対象とされた。その後1954年の厚生省社会局長通知「正当な理由で日本国内に住む外国籍の者に対しても、生活保護法を準用する」を根拠として保護を実施している。

判例上もこの条項を適法とする判断が多いが、外国人について「適用」をせず「準用」とする点で、国際人権規約(社会権規約)に反するのではないかという批判がある。また、外国籍の者は生活保護法上の行政処分に対する行政不服審査法に基づく不服申し立てはできない。

外国籍者への保護支給裁判、2008年12月に永住権を持つ大分市内の中国籍の女性が市に生活保護を申請したが却下され、女性は不服として訴訟を起した。

2010年10月18日大分地方裁判所は「外国人には生活保護法の適用はない。永住外国人も同様」「外国人の生存権保障の責任は第1次的にはその者の属する国家が負うべきだ。永住外国人でも、本国に資産があるかどうかなどの調査が難しく無条件に保護を認めることになる」とし、生活保護法の適用は日本国籍を持つ者に限られるとして請求を棄却した。弁護団によると、永住外国人に対して生活保護の受給権を認めないと明示した判決は初であるという。

また、同裁判において請求の根拠とされた1954年の厚生省社会局長通知については「通知に基づく保護の性質は(行政側から外国人への)贈与。(今回、大分市は)贈与を拒絶しており、女性に生活保護の受給権はない」として却下した。なお、同女性は別の裁判で、外国籍の者は生活保護法上の行政処分に対する行政不服審査法に基づく不服申立てができるとの判決が確定している。

愛信

ドコモ、災害時などの長期停電対策で燃料電池を採用
ドコモ、災害時などの長期停電対策で燃料電池を採用
http://ascii.jp/elem/000/000/738/738896/

小容量の電源施設を遠隔操作で管理できるようになった、この事は複雑な電力需要に応える電力の供給を
自動管理できる事を意味する。 電気には重ねの理があり小電力を重ねて巨大電力にすることもできる。 
メガソーラ・システムでは天候の影響や落雷や竜巻及び上空からの爆撃などで一瞬にして電源喪失や
送電不能になる危険がある。

【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

桜子

No title
石原都知事辞任のニュース、新党立ち上げ、国政を目指すとありました。
安倍総裁が決まった時と同じ気持ち、嬉しさでいっぱいです。

裏を返せば石原都知事が腹を括らないといけないまでに日本がなっているという事です。
大切なのは私達国民が日本の現状に危機感を持ち立ち上がらなければいけません、猶予は無いという事です。

安倍総裁誕生の時と同じで、闇夜にまた一つ灯明を見た思いです。
新党結成に当り賛否両論でているようですが、私としては石原都知事一人でも国政に返り咲いて頂き国を憂う愛国議員の皆さんと一丸となり日本を守って頂きたいと願っています。
今の日本に必要な方です。

ハッキリ言わせて頂きますが、どうでもいいようなボケ議員よりはるかに国益です。

にっぽんじん

教えて下さい
日本は法治国家です。行政は全て法の下で施行されています。法は憲法に基づいています。従って、憲法を超える法律はないはずです。なのに、憲法を超える法があります。私には理解できません。

その法律は「外国人への生活保護支給」です。憲法が認めている対象は日本国民であって外国人ではありません。外国人への支給を可能にしているのは厚生省の省令です。省令は憲法を超えても良いのでしょうか。

外国人への生活保護支給は憲法違反ではないでしょうか。もしこのようなことが許されるのであれば、防衛省が憲法9条を超える省令を出す事も可能になるのではないでしょうか。

誰か法律に詳しい方がいれば「外国人への生活保護支給は憲法違反」かどうか教えて下さい。違反でなければその根拠をお願いします。

大拡散希望

No title
10/24.20:09時事ドットコムより

>首相から、法務省の外局に人権救済機関「人権委員会」を設置する法案について、臨時国会提出を目指すよう指示を受けたことを明らかにした

の記事がでていた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012102400539

みーたん

ねずさん、素晴らしい後援会のお知らせありがとうございます。
是非参加させていただきたいのですが、土曜日は仕事で行かれません。
とても残念です。
御盛会を心から、お祈り申し上げます。

30歳男

行きます!
おはようございます
いつも日本人の心のブログありがとうございます
田母神先生の講演会僕も行きます!
現地でねずさんに会えるなんて、僕は興奮して眠れません…
現地で会えるのを凄く楽しみにしています!!
早く来い来い土曜日~\(~o~)/
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク