日本史検定講座の拡散およびお申込のお礼

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

源氏物語 薄雲


日本史検定講座の第一期受講生の申込が、昨日11月30日をもって締切となりました。

たいへんなご好評をいただき、当初予定数を大幅に上回るお申し込みをいただくことができました。

ご受講申込いただきましたみなさまに感謝申し上げますとともに、本件情報について拡散協力をいただきましたみなさまに、心からの感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

日本史検定講座は、新しい歴史教科書をつくる会の、新たな取り組みとしてスタートした国史講座および検定試験です。
長引く不況からの脱出もできず、売国、反日、左傾化著しい昨今の日本ですが、その根底にあるのは、日本人としての歴史認識、我々はこれを国史と呼びますが、その国史認識が欠如し、多くの日本人が国家観を失い、また嘘や捏造に基づく反日侮日教育を受けてしまっていることにあります。

戦前の日本は、何もない不毛の大地だった満州をまたたく間に東洋のパリとまで謳われる一大近代国家に成長させ、また併合した台湾も、未開の地とされていたものをまたたく間に近代化させました。

さらに明治維新終了当時、国費を使い果たし世界の貧国のひとつだった我が国は、その後のわずか20年で世界の5大国のひとつに数えられるまで経済の成長を果たし、さらに28年で清国を破ると、35年で当時の世界最高国家である大英帝国と同盟関係を結び、38年で大国ロシアを破っています。

また世界の人種の平等を高らかに謳い上げた日本は、大東亜戦争終結後も数多くの国々に夢と希望と自主独立を与え、また焼け野原となった本土も、わずか14年後には東京オリンピックが開催できるまでに復興を遂げています。

歴史上、これだけ短期間に数多くの偉業を成し遂げた国家は、我が国をおいて他にない、といっても過言ではないかもしれません。

逆にいえば、20年という歳月を考えれば、経済その他を劇的に成長させてこれたはずの日本です。
ところがその日本が、もはや平成25年になろうとしている今日において、いまだ経済は停滞し、さらには人々の元気な活力も衰退し、年間の中高年の自殺者は3万人を数え、かつ、高校大学の新卒者は「就職先がない」という悲惨な自体を招いています。

では、戦前戦後の日本にあって、昨今の日本にないものとは何でしょうか。
それはまさに、国家観、歴史観、そして日本人としてのアイデンティティそのものです。

日本は、神武天皇の開国以来、国民全員が家族であるという認識のもとに「家族国家」を建国の理念、国是、すなわち国民ひとりひとりの共通認識としてきました。
人は、目先の景気や、今日の食い扶持だけで生きているわけではありません。
ご先祖たちから現在へ、そして未来の子供達の時代へと受け継がれる生命の連続の中に生きています。
そしてその連続した生命の帰趨先が、我が国、家族国家としての日本です。

つくる会は、現下の日本の教育、特に歴史、公民教育を正すため、未来の子供達への最良の教科書として「日本人の歴史教科書」を編纂し、この普及を図っています。
けれど、教科書を採択してもらい、教育を現場から変革するというのは、まだまだ長い時間のかかる話でもあります。
その長い時間に、日本が壊れていくのを、見過ごすことはできない。

そこで、新たな取り組みとしてはじめたのが、このたびの「日本史検定講座」です。

検定講座は、教室講座を行い、その模様をネットを経由して通信でも受講できるという、これまでにないスタイルとしました。
講座で日本人としての美しく誇れる歴史を学び、そして検定試験の資格化によってこの普及を促進する。

講座は、今回の第一期では12コマの講義しかできませんが、今後、半年ごとに、第二期、第三期と継続していくことで、二期目以降は半期20コマの講義ですから、年間で40コマ、10年もすれば400コマの壮大な講義録ができあがることになります。

講師の先生方は、それぞれ歴史の第一人者となられている先生方です。
その先生方にもちまわりで、時代を少しずつ変えながら講義をしていただくことにより、その講義の財産は、我が国の大きな財産となっていく。

こういう事業は、何があっても継続し続けることが第一です。
そして検定講座の普及によって、ひとりでも多くの日本人が日本の心に覚醒し、そして新たな教師となって、後輩を育成する。
そういう状態を築いていきたいと思っています。

みなさま、ほんとうにご協力、そしてお申し込み、ありがとうございました。

近日中に第二期の検定講座(来年4月からの半年)の申込の受付を開始しますが、
まだ、第一期の受講生は、2〜3日中なら、若干名、まだ追加申込が可能とのことです。
お志のある方は、この節に是非。

■日本史検定講座
お申込ページ
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/moshikomi.html
説明ページ
http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/index.html
関連記事
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1696.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

宮崎一区民

偶然にも‥
>家族国家としての日本
まさに昨日、それ↑を始めた初代天皇の生誕地へ行って愛国候補者全員の当選を祈願して来ました。 原点に帰る必要性を感じたからです。 安倍自民の単独過半数と保守合流&公明切りを夢見つつ今日はもう寝たいと思います(-_-)zz

ポッポ

No title
今日、久しぶりにねずさんのブログの一番右の欄が読めました。
以前は読めていたものが、ここしばらくは白い空欄でした。空欄になった理由は何故か分からないのですが、単純に嬉しいです。

ところで、アメリカは尖閣諸島を安保条約の範囲に含めました。しかし、領土権については曖昧なままです。これは、日中共同宣言の際に田中角栄氏と鄧小平氏の会談で、鄧小平氏が領土は次世代に任せると言ったことが影響しているのではないでしょうか? 田中角栄氏は日本国と中華民国との間の平和条約を憲法を無視し、一歩的に破棄しました。また、田中角栄氏は、日本列島改造論に基づく経済政策により評価されています。それが国の歳入以上の公共工事を行うものであったことが、国債の乱発を招いたとも考えられるのではないでしょうか?

東京電力は東日本大震災の前、政府から中国への進出を要請されていたとのことです。その際に、東京電力も企業ですからこれまで中国へ進出した企業の収支を調査したところ、黒字の企業はなかったそうです。
それぞれの企業は、何のために中国に進出したのでしょうか?

愛信

竹中平蔵 「若者には貧しくなる自由がある。貧しさをエンジョイしたらいい。」
竹中平蔵 「若者には貧しくなる自由がある。貧しさをエンジョイしたらいい。」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1354354527/

この男があの郵政民営化の小泉ー竹中イカサマ経済改革で日本経済をどん底に落とし込んだ主犯であり、
当時、郵政の民営化に「賛成」か「反対」と郵政民営化を煽ったが反日売国テレビ局・マスコミです。 
今またこの男が登場して小泉に替えて日本維新の会橋下の参謀に成っています。有権者の皆さん愛国系日本人
が3度もこんな男に騙されてはいけません。この12月の総選挙で日本維新の会当選者は無しする運動をし
ましょう。
尚、信用ならない売国テレビ局・マスコミの応援している「日本未来の党」は北朝鮮が支配する市民の党と
連携した反日勢力で、影の党首は小沢一郎です。 だから反日売国テレビ局・マスコミが熱心に応援しています。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

憎韓流

【悲報】 オーストラリアが韓国人を集団リンチ (5回目)
【悲報】 オーストラリアが韓国人を集団リンチ (5回目)
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1354332798/

■豪州でまたも韓国人留学生が暴行被害に

オーストラリアの有名な観光地、ゴールドコーストで、留学していた韓国人女性が暴行を受けた、と聯合ニュースが報じた。
オーストラリアでは最近、韓国人に対する暴行事件が相次いでいる。
聯合ニュースによると、韓国人留学生(28)は先月27日午後9時ごろ、ゴールドコーストのサウスポート近くで
技術専門学校(TAFE)の授業を終え帰宅する途中、近付いてきた男女3人に理由もなく暴行を受けたという。
韓国人女性は暴行を受け、鼻の骨を折るけがを負ったという。

2012/12/1 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/01/2012120100559.html

■オーストラリアの留学生数 2011年(国別)
http://www.aswho.com/number-of-students

中国 1,026,153 (43.7%)
インド 556,855 (19.5%)
韓国 229,925 (9%)
マレーシア 220,068 (7.7%)
日本 79,290 (2.7%)
香港 40,081 (1.4%)

中国人留学生が圧倒的に多いんだけど?
なぜか韓国人ばかりが暴行されている不思議。。。

桜子

No title
昨日の記事で原発が経済に及ぼす影響がどれほどのものかがとても解りやすくすく勉強になりました。
ほとんどの国民は原発が経済に及ぼす影響など知らないと思いますし、現実を屑マスコミは伝えません。
テレビ、新聞などでしか情報源を持たない国民の多くは知る由もありません。

また、伝えるどころか原発は怖い、恐ろしい、そのイメージだけ流し国力衰退の手助けに一役も二役も買っている反日屑マスコミの実態を国民は知らないでしょう。

代替燃料もない今の現状、反原発を叫ぶ皆さんはこの冬どうしてお暮らしなのでしょうか?
原発を止めろといいながら、暖房して温々、電気の供給が少なく電気料金が上がると「電気料金値上げ反対」と叫ぶ、本当におかしな話です。

発電停止の為の代替エネルギーとして石油輸入で膨大な費用がかかり、その為にせっかく貯めたお金(外貨)はどんどん出ていき、石油高等で外国から恨まれ、おまけに国内で使う灯油、車のガソリンに跳ね返って来、(今も昔も石油に依存し生きてきています)、結果日本経済が衰退、経済が衰退イコール国力衰退、国力衰退イコール自分達の首を絞めることに繋がり、虎視眈々と狙うどこぞのお国の思う壺になりかねません。

「原発反対!」「電気よこせ!」「物が高い!」今度は諸物価高等で文句を言い出す始末、何とも摩訶不思議です。
原発問題一つとってもそうです、食物連鎖ではありませんが、物事全てに連鎖があります。


いま日本は大震災の教訓を生かし、発電を停止している原発に対し安全確保、安定した電力供給、そして代替エネルギーの開発技術にお金も知恵も使うべきだと思います。

何だか乱立する政党を見ていると、どうも原発問題を表に掲げ経済に弱い私達主婦層(ごめんなさい、一般的にです)をターゲットに票集めしている感があるように思え、問題のすり替えでしかない様に思えます。

本当の問題は3年半に及ぶ売国民主でメチャメチャにされた日本を立て直す、「経済、」「国防」「教育」強い日本を取り戻す、これではないのでしょうか、そう思います。

にっぽんじん

若者へのお願い
来る12月16日に衆議院選挙があります。若い人の将来を決めるのは国政選挙です。政治に不満があれば選挙に行って下さい。私は、この夏に地方首長選挙の選挙監視人を依頼され、投票所に終日いました。

驚いたのは若い人の姿が少ないことです。日本の将来は若い人の行動にかかっています。選挙を棄権することは自分の権利を放棄することです。

はっちょもん

20年後の日本
そういえば
私の父の兄弟は8人兄弟、母の兄弟は7人兄弟で全て戦前生まれです。
そして、それぞれ3人位子供がいて私の従兄弟は父方、母方合わせて40人以上になります。
戦前の日本は大家族で繁栄していたのですね。
ということは「八紘一宇」は素晴らしかったということですね。

戦後、アメリカナイズで2世代同居家族は廃れ、家族制度は無くなっています。
団塊の世代で人口増加はストップ、その結果、少子化で年金は破綻しそうです。

私のところも未だ結婚せず近所でも未婚者は多くなっています。

日本国家の衰退はこのような結果をもたらしています。
昔帰りではなく、善いことは復活させ、善くないことは止めさせるべきですね。

今からの20年で日本は世界一の発展繁栄国家を目指しましょう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク