第一回日本史検定教室講座が開講されました



三ケ根山殉国碑への個人カンパご協力のお願い
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html

日本史検定講座は、通信講座はまだあと若干名応募可能だそうです。
お申込はコチラから→http://www.tsukurukai.com/nihonshikenteikoza/moshikomi.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本史検定講座第一回藤岡先生の講義
日本史検定講座藤岡先生
(撮影:日心会たぬさん)


12月7日午後7時、日本史検定講座の第一回講義が開催されました。
初日です。

開校式が行われ、はじめに加瀬英明校長からご挨拶をいただき、講師を代表して高森明勅先生からもご挨拶をいただきました。
続けて、藤岡先生による第一講「歴史を学ぶとは」、休憩をはさんで、第二講「神話が語る国のはじまり」の講義が行われました。

その模様の概略をお伝えしたいと思います。
この講座は、日本人が日本人としての歴史観、国家観を取り戻す一助を担うべく、教室講座と通信講座、検定試験をセットにしてコラボでお届けすることで、一人でも多くの皆様に日本の素晴らしさと歴史の大切さ、おもしろさ、たのしさをお伝えし、日本人が正しく歴史観を取り戻す一助にしたいと立ち上げた講座です。

ここにごぎつけるまでにご尽力いただきました皆様、そして地震の中駆けつけてくださった受講生の皆様、そして講座受講に集っていただいた皆様、拡散にご協力いただきました皆様に、心から感謝を捧げたいと思います。

昨日の初回講座には、40名用の教室に、約50名が集いました。
決して広くない会場は、熱気あふれる第一回教室講座となりました。

そしてこの開校式の模様と教室講座の模様は、検定講座受講生全員に動画と講義録のテキストが配信されます。
通信講座ご受講の皆様は、教室講座から約一週間遅れで、ネットから講座をご受講いただけるわけです。

そこで一足早く、開校式の模様と、第一回講座の模様を、私なりにかいつまんでみたいと思います。

最初の開校式では、加瀬校長から次のようなご挨拶をいただきました。
=====
民族の歴史というのは、いわば民族の「記憶」である。
戦後の日本は、その記憶を失ってしまった。
たとえてみれば、記憶喪失のままで、厳しい国際社会の中にいるようなものである。
こんな危険な状態を一日も早く脱皮しよう。
私も生徒のひとりとして、皆様とともにこの講座を受講していきます。
=====

歴史が記憶である、歴史を失うことは記憶喪失であるとは、まさに、その通り!と納得でした。

加瀬先生は日本外交のある意味、生き字引のような方です。
その加瀬先生が「歴史を失った記憶喪失状態では国際社会に生き残れない!」とおっしゃる、これはとても重い言葉と思いました。

高森先生からは、「我々は誇りある歴史を忘れ去ろうとしています。しかし本来、世界で最も古い豊かな歴史を持つ国が、我が日本であります。その日本の歴史再発見の旅を、ともに歩み始めたい。そしてこの日本史検定自体が、新しい歴史になっていくであろう!」と力強いご挨拶をいただきました。


そしていよいよ本編の講義です。
第一回の藤岡先生の講義は、まさにおもしろさ「てんこ盛り」でした。
ワクワクドキドキの講義です。
その中で、私が特に印象に残ったお話を少しだけご紹介してみたいと思います。

第一講「歴史を学ぶとは」では、初めにまず、全員、白紙の系図の紙を渡されました。
そこに自分の名前、両親の名前、おじいちゃん、おばあちゃんの名前、そのまた曾祖父母の名前と、自分でさかのぼって書いて行きます。

ところが・・・・私も書けない!!

自分がいて、父母二人の両親がいます。
そこまでは、たいてい誰でも書けます。

ところが、その上の祖父母・・・祖父母は母方、父方があるので、4人になのですが、このあたりになると、だいぶ空欄が目立ってきます。
さらに曾祖父母になると、祖父母それぞれに、またまた父方、母方が加わってきて、総勢8人になるのですが、こうなるとますます怪しくなる。
さらにその上になると・・・もうほとんど書ける人がいなくなる。

そうやって父祖を追って行くと、自分ひとりの生命が、この世に誕生するのに、過去の時代に何百人、何千人、何万、何十万人という命の連鎖があったことに、あらためて驚かされます。

そして・・・・。
その中の、たったひとりでもこの世にもしいなかったら。
自分という存在は、この世にないのです。

なんということでしょう。
歴史を学ぶということは、自分の生命(いのち)の歴史を学ぶことだったのです!


第二講の「神話が語る国のはじまり」では、私が特に印象に残ったのは、以前このブログでもご紹介させていただいた古事記のイザナキ、イザナミの話です。

二人が天の御柱で声を掛け合うシーンなのですが、はじめに女性であるイザナミから声をかける。
すると骨のない蛭子が産まれてしまった。
そこで今度は、男性のイザナキから声をかけたら、ちゃんとした良い子が生まれたというくだりです。

藤岡先生は、これは「愛と条理」をあらわしているのだ、と教えてくださいました。
男女が愛し合うこと、それは素晴らしく、また生命(いのち)を育むとても大切なことです。
でも、「愛」だけじゃダメなんです。
「条理」にかなっていることが大事なのだと、神話が教えてくれているというのです。

「愛がすべて」なんていう洋歌はたくさんありますが、日本では、愛と同時に条理を大切にする。
そしてこのことを、第一講にあった「生命の連鎖」と重ねてみると、その愛と条理のおかげで、いまの自分の生命があると、あらためて気付かされます。

私はこのお話を聞きながら、先日このブログに書いたシベリアの「ハバロフスク事件」のことを思い出しました。
■ハバロフスク事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1705.html

つまりどういうことかというと、
いろいろなことがある。
つらいことも悲しいこともある。
思い通りにならないこともある。
(神様だって蛭子の出産・・・思い通りにならなかった)

けれど、どんなときにも、
たとえそれが激しい炎につつまれた男女の愛であったとしても
たとえそれがシベリアで大勢の仲間が死んでしまう過酷な情況であっても
それが玉砕の戦場のような試練の場所であっても、
不況に苦しむいまの時代にあっても、

私達日本人は、条理を曲げずに生き続ける。
それが日本人という民族の原点であり特徴なのかもしれない。
そんなことを感じました。


講義終了後、みなさんにA5の小さな用紙に、感想を書いていただきました。
驚いたことに、参加者全員が、講義終了後のほんの短い時間に、用紙にぎっしり、所感を書いておられました。
どれもみな、みなさんの感動と熱意がまるごと伝わってくるものでした。


第二回講座は、12月21日(金)です。
第二回は、高森先生の「第三講:古代律令国家の成立」と、「第四講:日本の天皇と中国の皇帝」です。
いまからとても楽しみです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

拡散希望 

No title
竹田 恒泰
https://www.facebook.com/takedatsuneyasu/posts/399040603504133
https://twitter.com/takenoma

【緊急・重要】
各位

本日未明、恐ろしい情報が財団に入ってきました。
政府が行っている『女性宮家』の賛否を問う意見公募で、
なんと、我が男系派が劣勢に立たされているというのです。
女性宮家賛成が2000件、反対が500件との情報もあります。

そして、この意見公募の締め切りは「本日」(12月10日)です。

今からでも遅くはありません。
本日中に、少なくとも、あと2000件の反対意見を送付したく思いますので、
ぜひご協力をお願いいたします。

意見を送付する方法は3つあります。

1、 メールで送る(本日、12月10日23時59分59秒締め切り)
送付先 goiken.ronten@cas.go.jp

2、 葉書で送る(本日、12月10日消印有効)
送付先 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6ー1
   内閣官房 皇室典範改正準備室「意見募集」係 宛
   切手は各自貼ってください

3、 ファックスで送る(本日、12月10日23時59分59秒必着)
送付先 内閣官房 皇室典範改正準備室「意見募集」係 宛
     FAX 03-3581-9826

■必須事項を必ず書くようにしてください
 氏名
 職業
 住所
 連絡先電話番号またはメールアドレス

■意見を書くポイントは次の通りです
(そのまま写すと全員同じ文になってしまうので、自分の言葉で表現してください)
(なお、「理由」は参考までに表示します)
それぞれのポイントにつき、先ず賛成か反対かを明確に書き、その上で、理由を書いて下さい。
長文である必要はありません。
ポイントごとの賛否と、一言理由が付けられていれば十分です。

ポイント1 「女性宮家創設」には反対します
  理由 2672年の日本の伝統に反するから
     日本の歴史的に先例がないから
     女性宮家を創設しても天皇陛下の御公務軽減になならないから
     皇位を担えない宮家を創設しても意味が無いから
     旧皇族を活用する方法を先に検討すべきだから
     違和感があるから
     女系天皇への道を開くことになるから

ポイント2 「公務員案」にも反対します
  理由 皇族が公務員とは違和感があるから
     天皇も公務員であるかのような誤解を与えるから
     皇族と公務員は似ても似つかないから
     皇族を公務員とするなど不敬だから
     公務員でなくてもできることが多いから
     御公務が義務となってしまうとおかしいから

ポイント3 「尊称保持案」にも反対します
  理由 尊称を保持しなくても公的な役割は担えるから
     尊称保持者の子について混乱するから
     「元皇族」で十分だから
     違和感があるから

ポイント4 旧皇族を皇族に復帰する案には賛成します
  理由 旧皇族には歴代天皇の男系の男子がいるから活用すべき
     これぞ伝統に則った方法だから
     先人達の知恵に学ぶべきだから

皇室の存続のためには、女性宮家の可能性をここで摘んでおく必要があります。
ぜひ多くの方が、本日中に行動を起こして下さることを期待します。

当然、転送歓迎です。

竹田研究財団 戦略室


竹田 恒泰 【追加情報・重要】 意見を提出する場合、必ず題名を「皇室制度に関する有識者
ヒアリングを踏まえた論点整理に対する意見」としてください。

十津川 昭和

No title
竹田 恒泰
https://www.facebook.com/takedatsuneyasu/posts/399040603504133
https://twitter.com/takenoma


【緊急・重要】
各位

本日未明、恐ろしい情報が財団に入ってきました。
政府が行っている『女性宮家』の賛否を問う意見公募で、
なんと、我が男系派が劣勢に立たされているというのです。
女性宮家賛成が2000件、反対が500件との情報もあります。

そして、この意見公募の締め切りは「本日」(12月10日)です。

今からでも遅くはありません。
本日中に、少なくとも、あと2000件の反対意見を送付したく思いますので、
ぜひご協力をお願いいたします。


意見を送付する方法は3つあります。

1、 メールで送る(本日、12月10日23時59分59秒締め切り)
送付先 goiken.ronten@cas.go.jp

2、 葉書で送る(本日、12月10日消印有効)
送付先 〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6ー1
   内閣官房 皇室典範改正準備室「意見募集」係 宛
   切手は各自貼ってください

3、 ファックスで送る(本日、12月10日23時59分59秒必着)
送付先 内閣官房 皇室典範改正準備室「意見募集」係 宛
     FAX 03-3581-9826

■必須事項を必ず書くようにしてください
 氏名
 職業
 住所
 連絡先電話番号またはメールアドレス

■意見を書くポイントは次の通りです
(そのまま写すと全員同じ文になってしまうので、自分の言葉で表現してください)
(なお、「理由」は参考までに表示します)
それぞれのポイントにつき、先ず賛成か反対かを明確に書き、その上で、理由を書いて下さい。
長文である必要はありません。
ポイントごとの賛否と、一言理由が付けられていれば十分です。

ポイント1 「女性宮家創設」には反対します
  理由 伝統に反するから
     歴史的に先例がないから
     女性宮家を創設しても天皇陛下の御公務軽減になならないから
     皇位を担えない宮家を創設しても意味が無いから
     旧皇族を活用する方法を先に検討すべきだから
     違和感があるから
     女系天皇への道を開くことになるから

ポイント2 「公務員案」にも反対します
  理由 皇族が公務員とは違和感があるから
     天皇も公務員であるかのような誤解を与えるから
     皇族と公務員は似ても似つかないから
     皇族を公務員とするなど不敬だから
     公務員でなくてもできることが多いから
     御公務が義務となってしまうとおかしいから

ポイント3 「尊称保持案」にも反対します
  理由 尊称を保持しなくても公的な役割は担えるから
     尊称保持者の子について混乱するから
     「元皇族」で十分だから
     違和感があるから

ポイント4 旧皇族を皇族に復帰する案には賛成します
  理由 旧皇族には歴代天皇の男系の男子がいるから活用すべき
     これぞ伝統に則った方法だから
     先人達の知恵に学ぶべきだから

皇室の存続のためには、女性宮家の可能性をここで摘んでおく必要があります。
ぜひ多くの方が、本日中に行動を起こして下さることを期待します。

当然、転送歓迎です。

竹田研究財団 戦略室


竹田 恒泰 【追加情報・重要】 意見を提出する場合、必ず題名を「皇室制度に関する有識者
ヒアリングを踏まえた論点整理に対する意見」としてください。

愛信

【自民党 新CM(30秒Ver.)】「日本を、取り戻す。」
【自民党 新CM(30秒Ver.)】「日本を、取り戻す。」
http://special.jimin.jp/

http://youtu.be/S5rhUHmPbZc
(動画)

「日本を、取り戻す。」第46回衆議院議員総選挙|自由民主党自民党の特設サイトです。
安倍晋三総裁の演説会情報、自民党の政策などがご覧いただけます

政策,
候補者,
http://special.jimin.jp/candidate/
選挙区,
http://special.jimin.jp/candidate/#area01
比例代表,
http://special.jimin.jp/candidate/proportion.html#block01
総選挙,
自由民主党自民党政権公約発表平成24年11月21日
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi#11月23日_18時35分00秒

多くの人に見てもらいましょう、そして決断してもらいましょう。日本復興のために自民党単独320議席以上、
創価学会公明党が付いてくると日本復興に支障が出ます。 それは民主党と未来の党(小沢一郎)と公明党の
売国野党勢力が再び人権擁護法案実現のために安倍自民党の抵抗勢力になるからです。

【動画ニュース掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

さくら

投票用紙改ざんの危険性あり
http://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-11422729874.html
危険です。
期日前投票も更に改ざんされる危険あるとの話もあります。

たぬ

教育が変われば日本は変わる!
宮崎一区民さん

『天皇は我々一億同胞の総本家 であり天子と民草が血で繋がった家族で ある事が日本の特徴であり其処から日本 人としての生活が始まり今に至っている 等々~) 』

これはねずさんが常日頃おっしゃっていることです。

終戦前までは日本人の常識だったようですね。

宮崎一区民

歴史は民族の経験値でもあるので、二度と同じミスを繰り返さぬ為にも必要だし今後の苦難を乗り越える為の参考にもなります。 
自分達世代にとっては初体験でも歴史を見渡せば何度も同じ例にぶち当たり、それを我々と同じ遺伝子持った御先祖がその時代なりの方法で切り抜けてる事が分かります。 
成功例もあれば失敗例もあるがドチラも参考になる。 誰も知らない未来を切り開くには過去を分析し参考にするしか無いと思ってます。
例えば先記事の真珠湾については未だに井口参事官を疑ってる私ですが、もし疑惑通りなら今後は防止して濡れ衣被せられぬ様努めて貰いたいもんです。 敵が謀略仕掛けてくるのは当たり前ですから。
先日父が死んだ際に初めて過去帳なるものを見ました。 今まで知らなかった先祖の名や出自を知る事が出来、改めて感謝と誇りを実感しました。 南方戦線で戦死した叔父の卒業文集みたいなのも出て来たんですが、生徒達の文を読んでると卒業時の昭和19年当時における庶民の生の声が知れて実に興味深かったです(例えば真珠湾奇襲の報を受けた時は皆が生涯再び無い程に感激し、それまで日本やアジアの民が受け続けてきた屈辱を晴らす刻がついに来たぞ!と奮い立った‥とか、天皇は我々一億同胞の総本家であり天子と民草が血で繋がった家族である事が日本の特徴であり其処から日本人としての生活が始まり今に至っている等々~)  因みに叔父の俳句も載ってたんですが、コチラは「水着探し回ってやっと見付けたら雨が降り出して来たorz‥」みたいなフザケタ俳句でした(苦笑)(^o^;

‥それにしても講義に参加された方々が羨ましいですなぁ( ̄~ ̄;)グヌヌ  こちらでもやってくれればイイのにww(^^ゞ

ごくらくトンボ

系図を書いてみました
自分のご先祖様について、調べたことがあります。
改めて先祖の名前を、何も見ないで白紙に書いてみました。
祖父母4名は書くことができました。
曽祖父母8名中、6名書くことができました。
その上となると、名字は全部覚えているのですが・・・、
それでも16名中5名書けました。
何も見ないで書けたら、カッコいいですね!

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク