千年後の歴史教科書

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

砂漠1218


仮にいまから千年後の人たちが、世界史の授業で20世紀という時代を習うとします。
そのとき、20世紀を代表する人類史上最大の出来事とはいったい何だと教わるでしょうか。

みなさんは、どう思われますか?
人類史上で20世紀を代表する最大の出来事とは・・・?


ちなみに「世紀(century)」とは、西暦を100年単位で区切った呼称です。

私は間違いなく、「植民地支配の終焉」を挙げることになるだろうと思います。
人が人を差別する時代。しかもそれを国家ぐるみ、民族ぐるみ、人種ぐるみで差別し、収奪した時代。
これがはじまったのは、16世紀の大航海時代から以降のことです。

もちろん古代においても奴隷支配を意味する植民地の原型はありましたが、対等な戦う相手から、勝負の結果支配する者と支配される者に別れ、その地位が度々逆転した中世以前の戦勝国による植民地支配と、大航海時代以降の、民族ぐるみ、国家ぐるみの支配、あるいは人種そのものを差別した「植民地時代」では、その規模も内容もまるで異なっています。

アジアやアフリカの有色人種諸国は、白人国が入植する植民地となり、現地の人々は収奪され、人として扱われず、そして愚民化政策によってただ隷属するだけの民族に仕立て上げられていきました。

当時の白人たちにとって、被植民地に住む現地のカラード(有色人種)は、人間ですらありません。獣であり道具であり、ロボットです。

ですから、有名な話ですが、植民地支配されている国において、支配者層である白人の邸宅内で、娘さんが部屋で素っ裸になって着替えているところに、有色人種の男性が入ってきても、まったく騒ぎにさえならない。
要するに室内に犬や猫が入ってきたのと、まるで同じでした。
(もちろん白人女性のそのような状況のところに、白人男性が入ってきたら、それはもう大騒ぎになります)

こうした欧米列強による有色人種への植民地支配は、約500年続いたのです。
その間、何度かカラード(有色人種)による大規模な叛乱なども起こっています。

インドで1856年に起こったセポイの乱などもその一例です。
暴動は白人たちの圧倒的火力の前に鎮圧され、首謀者たちは大砲の前に縛り付けられた状態で、大砲を発射され、五体をバラバラに飛ばされて処刑されました。
なぜそのような残虐な振る舞いができたのかといえば、異人種は人間とみなされなかったからです。

ところがそうした植民地時代が、20世紀の終わり頃、突然各地で終焉を迎えたのです。
世界中の被植民地国家は次々と独立を果たし、欧米諸国はその富の源である植民地をことごとく失いました。

それだけではありません。
かつて被植民地として支配されたカラード(有色人種)国家は、経済面でも急激な成長を遂げ、21世紀となったいまでは、世界の経済の牽引役にまで育っています。

この突然の変化の背景には、何があったのでしょうか。
500年続いた絶対的優位の植民地支配が、なぜ、こうも短期間に突然の終息を迎えたのでしょうか。

これをお読みのみなさんなら、もうおわかりと思います。
答えは、日本にあります。

東洋の辺境にあった島国の日本が、世界でただ一国、カラードでありながら自尊独立のために短期間で国をまとめ、積極的に欧米の文物を採り入れ、またたく間に欧米列強と肩を並べる強国になったかと思うと、ただ一国で世界最強の誉れ高いロシア陸軍を、彼らの最も得意とするその陸戦で打ち破り、さらに世界最強艦隊を壊滅させたのみならず、昭和16年には絶対に負けることがないと信じられた大英帝国の東洋不沈艦隊を壊滅させてしまいました。

さらに日本は、植民地支配されていた諸国で白人支配者を追放すると、現地の人々に行政を教え、教育を施し、軍事を磨かせ、彼らの独立自尊を手助けしました。
その結果、日本は満身創痍の焼け野原になりましたが、ついに世界は、植民地支配という構図を失うに至ったのです。

その象徴となったのが、昭和39(1964)年の東京オリンピックでした。
東京オリンピック参加国は、その時点で史上最多の93カ国です。
なぜ最多なのか。
新たに独立した世界中の元植民地国が参加してくれたからです。

東京オリンピックのマラソンで優勝したアベベ選手は、イタリアの植民地から独立したばかりのエチオピアからの参加です。

ちなみに東京オリンピックの前に開催された1960年のローマオリンピックの参加国は83です。
1956年のメルボルンオリンピックでは、参加国は67でした。
1896年に行われたアテネオリンピックでは、参加国はわずか14です。

東京オリンピックの次に開催されたメキシコシティ五輪では参加国は112となり、今年行われたロンドン五輪では、ついに参加国は204となりました。

参加国が増えたということは、それだけ独立国が増えた、といことです。
そしてそうなった原因には、間違いなく日本の働きがそこにあります。

そして、20世紀までの世界で、自国の利益を度外視してまで周辺諸国の独立と平和のために戦い、勝利を得、それら諸国に莫大な経費をかけて自立を促したという、まさに神様のような国は、歴史上、日本以外に存在しません。

韓国人で、韓日文化研究所の朴鉄柱は、次のように述べています。
========
大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。
彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。
========

まさにその通りです。
昨今の韓国は、国を挙げて反日に傾いていますが、その韓国人の歴史家が、ちゃんとこうした事実を認めているのです。
そういうことを韓国人は学ばなければならない。

おそらく、五百年後、千年後の世界の歴史教科書には、20世紀に関する記述として、間違いなく「植民地時代の終焉」という語句がはいるものと思う。
これこそ20世紀最大のエポックであり、人類史に残る偉業といえることだからです。

そしてこれを成し遂げたのは、まぎれもなく、私達と血のつながった、若き日の私達の父祖たちだったし、それをひき起こしたのは、間違いなく日本でした。
そのことを私達は、あえて誇る必要はありませんが、しっかりと知っておく必要があると思います。

ちなみに、ちょっと余計なことを書くと、植民地というのは英語で「colony(コロニー)」です。
ですがおもしろいもので、日本語でカタカナ英語のコロニーと書かれる時は、生活共同体の意味に用いられるようです。

英語で「colony」と表記されるものが、日本語では「植民地」、「コロニー」でまったく別な意味に訳されて使われている。
ちょっとおかしな話です。


さて、せっかくここまで書いたので、もうひとつ。

21世紀にはいって12年目の年が、あと少しで終わろうとしていますが、では20世紀の終わり頃から21世紀にかけて、世界の人類に起こった最大のエポックは何でしょうか?

第一次、第二次世界大戦ではありません。
それらはいずれも20世紀に終わっています。

米ソの冷戦でしょうか。
それも20世紀に終わっています。

核の開発と利用、人類初の月面着陸、火星探査機の打ち上げ、もちろんそれもあるでしょう。
けれどそれよりなにより、もっとはるかに大きな出来事があります。

それは、世界の人口が70億に達しようとしていることです。

大東亜戦争が終結した頃、世界の人口は約20億人だったのです。
それがわずか70年足らずで、70億人へと三倍半も増加したのです。
これは人類史上、初の出来事です。
地上にこんなにたくさんの人間が住むようになったのは、人類史上、他にありません。

1798年に、英国のトマス・ロバート・マルサス(Thomas Robert Malthus)という学者が、「人口論」という本を書きました。
この本は、まさに歴史的名著とされた本なのですが、その中で彼は、次のように述べています。
=======
人口は、幾何級数的に増加する。
一方、食料の生産能力には限界がある。
だから人口の増加には一定の限界がある。
=======

これはとても重要な指摘です。
なぜならここに指摘されている通り、人類は食料の生産能力を超えて生き残ることは不可能だからです。

このときマルサスは、本の中でいろいろな研究調査の結果として、最終的に世界の人口は20億人が限界で、それ以上は食糧生産高が間に合わず、人口は増加しない、と述べています。

そしてマルサスの本から150年後の世界は、まさに20億の人口となっていたのです。
第二次世界大戦については、その発生原因にについて、政治的に述べたもの、あるいは地政学的に述べたもの等々、さまざまな研究がなされています。
つまり諸説ある。

そしてそれら諸説を究極的にみれば、結局のところ、戦争の原因は貧困と飢え、つまり食料供給が限界点に達した世界が、その食料の供給を求めて大戦を起こし、食料生産力の奪い合いをした、とみることもできます。

けれどここに、やはりおかしな国が、世界に一国だけありました。
日本です。

日本は、満州やChina大陸、東亜諸国や南洋諸島に進出しましたが、そこで何をやっていたかというと、もちろん政治経済軍事的側面もありますが、同時に大変熱心に農業指導をしているのです。

世界が、「自分たちが食うため」に他国を侵略し、その国の食い物を横取りするという挙に出ていた時代に、世界でただ一国、そうした暴力集団を追い払い、現地の人々と一緒になって汗を流して食料生産高の向上を図ろうとしていた国、それが日本だったのです。

けれど事態はそれだけに止まりません。
日本はたいへんな国費をかけて農業生産物の改良をし、なかでも稲塚権次郎博士の開発した小麦は、なんと収量がそれまでの小麦の5倍という凄まじい品種となったのです。

その稲塚権次郎博士が直接指導したChinaの華北産業科学研究所では、まさにChina全土にこの新種の小麦の普及促進と農業指導をしてまわっていました。
おかげで華北産業科学研究所の職員は、大東亜戦争終結後もChinaに2年間とどまり、その普及活動を継続せられています。

その結果何が起こったか。
Chinaの人口は、大東亜戦争当時、5億でした。
それがいまや15億です。
人口が3倍に増えた。
3倍の人が「食って生きて」いくことができるようになったのです。

さらに稲塚博士の開発した小麦は、戦後に起こったインドの大飢饉を救っています。
飢饉によって1億人以上が死ぬと思われたこのときに、博士の小麦がインドにもたらされ、結果として、インドも小麦の収量が3倍に増大。
結果、いまや人口まで3倍に増えたのです。

そして、こうしたことの積み重ねによって、世界の人口は爆発的に増大し、いまや70億に達しようとしています。
つまり、20世紀の後半から21世紀初頭にかけて、人類が爆発的にその人口を増した原因にも、やはりそこに、日本という国の働きがある。

誰しも、人が死ぬのは悲しいことです。
まして飢えて死ぬなどということは、もっと悲しいことです。
飢えによって我が子を死なせることになったら、それが人の親なら、悔いても悔いても悔やみきれない悲しみが残ります。

そうした飢えから多くの人々を救い、子孫を増やすことができるようにしたのだとすれば、それはまさに神の行いといっても過言ではないかもしれません。
そしてそれを行ったのは、間違いなくかつての日本でした。

くりかえしますが、そのことを私達が「誇る」必要はありません。
世界にそうした小麦が普及拡大した背景には、日本以外の多くの国の良心と協力と努力がそこにあったからです。
それに、そうした偉業を成し遂げたのは、私達自身ではない。
私達はそうした先人達の努力に学び、見倣って未来を担う役割が課せられているだけです。


せっかくここまで書いたので、もうひとつ書いておきたいと思います。
エデンの園のことです。

エデンの園というのは、西洋ではまさに神の楽園といえる園で、大昔に存在した、食べ物が豊富で緑豊かな楽園とされている場所です。

いろいろな研究の結果、そのエデンは、いまは砂漠となっているサウジアラビアの大地の中央部であったろうとされています。
ミトコンドリアDNAの研究などによると、人類はいまから15万年くらい前にアフリカ中央部で誕生し、5万年ほどまえに、その中央サウジあたりに住み着いた。

そこはまさに緑の大地で、森には鳥が舞い、果実が実り、小動物がたくさんいて、人類は平和で幸せな日々を送っていたのだそうです。
これまたいろいろな研究で、当時のエデンにいた人口は150人ほどだったのだそうです。

そこで人類は、火を使うことを覚えます。
肉も野菜も、火を使えば柔らかく食べやすく、美味しくなり、しかも雑菌が死に食中毒も起こりにくくなります。

火を使うのは主に女性たちだったことでしょう。
食事を作るのに火を使うからです。

けれど火を使うためには、森の木々を燃やさなければなりません。
燃やすのは一瞬ですが、木が育つには何十年、何百年とかかります。
つまり、燃やせば、木々はなくなってしまう。

木は、果実と小動物、そして水を育みます。
木がなくなると、森が消え、そこが砂漠化していきます。
森がなくなれば、小動物たちはいなくなり、木の実も採れなくなり、水もなくなる。
そこで新たな森を求めて、人類は再び移住が始まったようです。

これがアダムとイブの神話で、イブが食べたリンゴというのは、実は「火=赤=リンゴ」の象徴で、人々が食べるために火を使い、そのため木が燃やされ、森がなくなり、人々はエデンを捨ててどこか他の地に移住せざるを得なくなった。

エディエンの住民たちのうち、ある者たちは北へと向かい、ヨーロッパに住み着きます。
アングロサクソン族です。
一説によれば、そこはネアンデルタールのような猿人たちの生息地で、2メートルを超す体の大きな猿人族たちと、現世人類族は長い間テリトリー争いを続け、結局現世人類族がその地を確保した。
戦うことを至上課題とした西洋族は、武器を持ち、体も戦うことに便利なように肺が大きくなり、胸が厚くなり、筋肉が進化した。

一方、争いを好まなかった者たちは、猿人族のいない東へと長い旅を続けます。
そして水のきれいなバイカル湖のほとりに住み着いた。
モンゴロイド族です。

モンゴロイド族は、武器を持って戦うことよりも、自然と調和し、自然とともに生きる道を選んだ。
ところがいまから3万年ほど前、地球気温が急速に寒冷化します。
このことも、地球気温の変化の記録から明らかになっている。

おかげでバイカル湖のあたりはものすごく寒い地となってしまいます。
この寒さでは、食料がない。
やむなく、モンゴロイド種たちは、四方に分散します。

当時の地球気温は、地質学の進歩で、年間平均で7度近くも下がったことがわかっています。
このため南極、北極の氷が増え海面がいまから140メートルも下がった。

このためユーラシア大陸と北米大陸は陸続きとなり、ある者たちはそのまま北米に住み着き、アメリカインデアンとなり、もっと南下して南米まで至った者たちは、インディオとなりインカ文明を築きます。

一方、ユーラシア大陸で太平洋を南下した者たちは、樺太、北海道、本州、四国、九州が陸続きだったことから、日本に住み着いた。
そして日本人の祖先となります。
これがいまから3万年前のことです。

という話は、またこの次の機会に送るとして、要は、人類が「火」を使うようになったことで、これはエデンに限らず、世界中の古代遺跡のあるところ、そこはことごとく砂漠化していってしまいました。

ちなみに、いちど砂漠化した土地に、自然に緑が戻るためには最低でも五千年の歳月がかかるといわれています。

ところが、最近になって、そうして砂漠化した古くから人類が住んでいた土地に、緑が戻りつつあるのです。

何が起こっているかというと、クズの普及です。
クズというのは、感じで「葛」です。
そうです。葛根湯のクズ、大好きな葛切り(くずきり)のクズです。

葛は、根が丈夫で、荒れた土地でも生息が可能です。
日本生まれのこのクズが、世界の砂漠地帯で、いま徐々に、砂だらけの砂漠をおおいつつあります。
もちろん、日本人の指導によって、人が植えているのです。

葛は、砂漠を覆い、葉の緑が土地を潤ませます。
そして葉が落ちると、それが腐って腐葉土となる。
地面に栄養分が戻りはじめるのです。

そうして何年か経つと、その土地が蘇(よみがえ)り、そこで芋(いも)などの栽培ができるようになります。
するとますます地味が肥え、さらに灌漑によって水が引かれることによって、いままで何もないただの砂漠だった土地に、なんと何万年ぶりに緑が蘇るのです。

見ていて下さい。
10年後、50年後、100年後、1000年後、私達が学生時代に、何もない砂漠地帯と教わり、三菱パジェロがラリーで走るくらいしか使い道のなかった白い大地が、緑豊かな大地として蘇るのです。

日本を神の国だという人がいます。
日本人は神々の子孫だともいいます。
私には、ほんとうにそうなのかどうかは、わかりません。

けれどひとついえるのは、私達日本人が戦後失った日本の心というものは、実は、世界の人々が本当に待ちわびる神の心に通じる何かが、そこにあるのかもしれない。
そんな気がします。

いま「日本を取り戻そう!」という言葉が、私達の合い言葉になっています。
取り戻されたら困る、魑魅魍魎悪鬼羅刹のたぐいも、猛烈な反撃をすることでしょう。

けれど、人々にとってほんとうに幸せをもたらすものは何なのか。
わたしたちは、それをいま、取り戻せるかどうかの瀬戸際に立っている。
私はそのように思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

「鎮守の森」が地球を救う! 宮脇昭先生 (植物生態学者)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

共通一次世代

安倍さんは命懸けです!
選挙期間中の9日、「報道2001」の全党首討論において、「こんな今の状況でも、消費増税に賛成ですか?反対ですか?○か×かでお答えください」と質問が成され、各党首が○或いは×を挙げる中、安倍さんは両方とも挙げませんでした。そのことに対して、スタジオからは「嘲笑」ともいえる笑いが起きました。

このことは、景気条項をはっきりと伝えないマスコミの卑怯な質問であり、また、これだけでなく、あらゆることにおいてずっと続けられてきたマスコミの「卑怯なやり方」に他なりません。

記事で取り上げられた「原発」に関してもそうです。イエスかノーか。
この短絡的な聞き方こそがマスコミの取る「卑怯な聞き方」です。

しかしこの単純な手法にまんまと載せられてしまったのが保守派の5年前の裏切りです。

今回、また、竹島関連の記事で、同じことが起ころうとしています。
ネットで大きくなる「安倍批判」に便乗し、そして大喜びしているのは誰なのか、もう重々承知であるにも拘らず。

安倍さんは命懸けです。

中川さんが殺されたも同然だったのをもう忘れたのでしょうか?

今。安倍さんを信頼し、守らなければ、もうこの国は終わりです。

安倍さんさえ潰すことができれば、敵にとっては恐らくもう『怖いものなし』です。


もうひとつ、是非とも伝えたいことがあります。
拉致被害者有本恵子さんのご両親が最も信頼しているのは安倍さんです。

6日にあった神戸での自民党の街頭演説で、安倍さんが到着するまの時間に、お父さんの明弘さんは、寒風吹く中、街宣車の上から、私たちに訴えていました。
それは「憲法改正」です!

「娘を今すぐにでも返してくれ!」と叫びたいところを、理路整然と、拉致被害者の奪還には「憲法改正が必要です」と訴えていらした!
どうか、有本さんの思いを受け取ってください!

【【2012.12.6】有本明弘さん 拉致問題解決訴えかけ(有本恵子さん父)神戸 】
http://www.youtube.com/watch?v=1PCxa804yhY
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19532490

より詳しくご覧頂きたいのでこちらも↓
【ニココメ付】安倍晋三総裁が拉致被害者家族の有本さんと面会
http://www.youtube.com/watch?v=U7qjVQNbRbY

直接、目の前で聞いた自分は、有本さんの強い心からの訴えを聴き、涙が出ました。
現実を直視した、驚くほどの理路整然とした訴えです。
有本さんが「憲法改正を!」と訴えていることを、どこのマスコミが伝えたでしょうか。
戦後レジームとは、「拉致事件」に全てが集約されているといっても過言ではないと私は思っています。

有本さんのこの訴えを届けることがネットでも使命の一つだと思います。

もう二度と5年前の保守派の裏切りを見たくありません。

安倍さんを見放すことは敵が最も喜ぶことであるということをどうか忘れないでください!

※要拡散
ここにあった記事です
http://m.kimsoku.com/?guid=ON
【日韓】自民・安倍総裁「竹島は日本の領土で国際的にも認識、『竹島の日』式典も別途検討」

以下コピペ
394 :名無しさん@13周年 :2012/12/21(金) 20:48:43.47 ID:Jtqa7/d90
在日の嫁を持つ友人から情報入った
こんなチラシが家族から嫁宛の手紙に入ってたらしい
うろ覚えだが

「前と同じくPCを持ってる者はネット右翼の感情を煽って離反させよう。
新聞が記者解釈の範囲ぎりぎりでミスリード記事を出してくれる。
我々はネット上でそれを支援しなければならない。
ネット右翼は単純だから同じネット右翼が叩いていればそちらに流れる。
言葉使いに気をつけて上手くやれ。
安倍の曖昧手法を逆手にとって前回と同様に離反させる最初の好機である。
夏までに安倍を失墜させ憲法改正を阻止し、良識的日本人と協力して参政権を勝ち取ろう」


12.12.22 03:18

野島一広

最高です
最高の文章です。全国の学校に配布して欲しい。ブログでもリンク張りました。

連呼リアン=半島工作員

「ネトウヨ」連呼作戦は「情報操作」の代表的な手法のひとつです。
「ネトウヨ」連呼作戦は「情報操作」の代表的な手法のひとつです。

日本の朝鮮左翼には、旧ソ連内で検証され効果が認められた「情報操作」の
手法が伝統的に引き継がれています。 以下を参考にしてください。

情報操作wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%93%8D%E4%BD%9C

■分類表(Классификаторы)
 決まりきった単語、フレーズを使用することで、事件がどのようなものなのか分類してしまう。

★ またネトウヨかw
★ ネトウヨが騒いでるだけだろw
★ 明日、ネトウヨのデモがあるらしいなw

このように強制的に分類する事で、「現実とネット」を明確に区別しようとするわけです。
「ネット世論では…」「ネットユーザーによると…」などもこれに相当します。
あくまでも「ネットだけの現象」という事にしないとマズイ連中がいるという事ですね。

また、「ネトウヨ」にレッテル張りを付け加える事により、彼らの言うところの「ネトウヨ」に
よる書き込みの信憑性や社会的関心を低下させる効果が期待できます。
基本的に「ネトウヨ」は無職の引きこもり等、社会的地位が低いものとされます。

★ ネトウヨは引きこもってないで働けよw
★ ネトウヨの人種差別は酷いなw
★ 2chってネトウヨの巣窟だなw

くだらないと思われるかも知れませんが、これらの「情報操作」は実際に実施され
効果が確認されています。すでに影響を受けている人も多数いるはずです。

惑わされないように一致団結して対応する事が重要です。
気がついた人が都度、注意喚起するようにしましょう。

あ太郎

No title
安倍総裁が、竹島の日の政府式典を取りやめたという。批判はあるが、某カルト政党に配慮したのだろう。

インターネット投票を画策している。実現したら、投票率は飛躍的に増えるはずだ。来年の参議院選挙を見据えているのかもしれない。

参議院でも自民党が単独過半数を得たら、その時はカルト政党にはきっぱりと引導を渡し、与党の癌を取り除くことができる。

そのあと、憲法改正・国防軍創設・日教組解体を目指そう。

参議院選挙は、自民党に入れようね!

憂国の士

古事記には天つ神と国つ神が
登場します。
天つ神は天皇陛下のご先祖。
国つ神は我々国民のご先祖。
やはりもともと神だったのです。
私はそう信じています。

chas

No title
タレントが、またかの国の人と結婚するんだとか。
なぜ?どういうこと?日本男児じゃないの?単なる出会い?
というフレーズがグルグル頭を駆け巡りました。

海外で日本女性の評判は良いが、
日本男性は異性としては評価が低いとも言われます。

もしかしたら、戦前の日本の心が失われなければ
モテたんでしょうか。。。

私の知らない、戦前の日本の心、とても貴重なものだと感じています。

hehehe

No title
やはり参議院が足枷です。創価公明のせいで公約違反が。

「竹島の日」式典見送り 自民総裁、額賀氏を韓国派遣
2012/12/21 11:20
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2100E_R21C12A2MM0000/?dg=1

 自民党の安倍晋三総裁は21日午前、韓国大統領選での朴槿恵(パク・クンヘ)氏の当選を受け、日韓議員連盟幹事長の額賀福志郎元財務相を総裁特使として同日中に韓国に派遣すると記者団に明らかにした。同党の衆院選の政策集で竹島を日本に編入した日にあたる2月22日に政府主催の式典を開くとしたことについては「総合的な外交状況を踏まえて考える」と述べた。来年の開催を見送る考えを示したものだ。

 日韓関係は韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸や旧日本軍による従軍慰安婦問題などで悪化している。北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイルを発射するなど地域情勢が緊迫するなか、26日に首相就任予定の安倍総裁は両国の政権交代を機に、特使派遣と「竹島の日」式典見送りで、両国関係の早期修復につなげたい考えだ。

 安倍氏は特使派遣の理由について「韓国初の女性大統領で大変期待している。日韓関係を発展、改善させていきたいという思いを込めて訪問してもらう」と述べた。額賀氏に朴氏あての総裁親書を託したことも明らかにした。

 党幹部の一人は日本経済新聞の取材に、竹島の日の政府式典は来年は開催しないと明言。石破茂幹事長は21日のTBS番組で、竹島の日の政府式典について「この地域の安全保障環境にとっていいことなのかという判断をしなければならない。北朝鮮がこの状況をどうみるか。米国としても日韓関係の悪化はやめてほしい」と指摘、慎重な考えを示した。

 韓国側も日本からの特使の受け入れを前向きに検討している。額賀氏と朴氏の会談日程について日本側は22日を希望している。ただ、朴氏側は大統領選直後で日程が立て込んでおり、時期はなお流動的だ。

 2月22日は島根県が「竹島の日」として毎年式典を開いていたが、韓国側は強く反発してきた。自民党は衆院選の政権公約として発表した「総合政策集」の中に「政府主催で2月22日を『竹島の日』として祝う式典を開催する」と盛り込んでいた。

kuni

ねずさんへ
ねずさん、相変わらず、私の家は雨がとまりません。

本当に、日本を取り戻す!!

安倍さんは1年で終わりだろうけれど、
日本人の魂は永遠に終わらない。

団塊の世代の後輩

No title
壮大なお話、ありがとうございます。1000年後、人類がこの地球に生息しているか否か、原爆、原発の存在が暗い陰を落とします。1000年後に私たちの子孫が生き残るためには、現存する気違い国家にいかに対処するしか手立てはないと確信しております。それでも“理想”を抱き、なにごともポジティブに振る舞うことは大切なことです。・・でないと病気になっちゃいますから・・

服部

No title
数年前に仕事でインドのニューデリーに行ったが、ニューデリーの地名にはやたらと何チャラ「コロニー」って場所があったのを思い出した。
私たちが滞在したところは「ニューフレンズコロニー」という場所だったが、今思い起こせばなんとも押しつけがましい地名だと思う。

-

No title
文章を音読してみると不思議。公演会で公演しているような気持ちになりました。そんなことやったことないですがW
それようの文章ではないのでしょうが、ねずさんの文章はそのまま公演で使えそうですね。ありがとうございます。よい時間を頂きました。

アロン

No title
日本在住歴も40〜50年になる欧米各国出身の神父、シスター数名に、
日本についての印象を、聞きしましたが、日本人の勤勉さ、
優秀さは群を抜いているそうです。
とくに相手の心情を察するという善性の精神性の高さは
欧米人と比較して突出していると聞きました。
社会制度も、本当の意味の身分制度もなく、平等が保たれていたことに
驚いたとあるスペイン人シスターは語っていました。
一例として病院で会社の社長と一般市民が、同じ待合室にいたことにビックリしたそうです。

私の教区の各修道会は、世界宣教も盛んですので、アジア・アフリカ各国など様々なところへ
赴いてるそうですが、やはり比較すると日本人の優秀さは際立つと言います。

ただ終戦後まもない頃に来日した神父や60年代に来たシスターに言わせると、
近年の日本人は、教育のせいか浅はか・軽薄な人たちが増えて残念だとも。
昔の日本人の方が、もっと実直で生真面目だったと聞きました。
救いなのは、それでも日本人は世界基準では、まだまだ一歩も二歩も先にいるようです。

このお話を聞かせてもらい、私は先祖が脈々と築いてくださった
精神性の高さに改めて有難さを感じます。
それを破壊することは断じて許されることとは思いません。

ちなみに日本では、バチカン公会議・解放の神学以降の、
日本人神父、関係者は左翼思想にドップリ浸かってる人も多いのは残念です(左翼が侵入してきたため)
この世代の神父、関係者は日本国や歴史の誹謗中傷をよくするので要注意です。

いけだ

No title
いつも応援させていただいております。
誤表示ですが、フォレスターはスバルの車でした。
三菱はパジェロです。
これからも応援させていただきます。

拡散希望 

No title
タイムリミットは本日12/21(金)の17:00です!

左翼マスゴミの偏向報道と捏造報道に反対です!!!  

放送法規制に関するパブコメ出しませんか??

総務省 「放送法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る意見募集」


放送法施行規則等の一部を改正する省令案等に係る意見募集
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu09_02000048.html

【募集期間】平成24年11月22日(木)から平成24年12月21日(金)17:00必着

1 改正の背景
現行の基幹放送局の免許等は平成25年10月31日をもって有効期間が満了することから、
その再免許等の申請の受付及び審査に当たり、関係する規定の整備のほか
地上アナログテレビジョン放送の終了に伴い、関係する規定の整備及び規程の廃止等を行うものです。
2 意見公募要領
http://www.soumu.go.jp/main_content/000187726.pdf

3 寄せられた御意見を踏まえ速やかに省令等の改正を行う予定です。

【連絡先】情報流通行政局 地上放送課 
担当:茅野課長補佐、竹村係長、広瀬係長、松元係長
電話:03-5253-5793・FAX :03-5253-5794

情報流通行政局 放送技術課
担当:山野課長補佐、金子係長
電話:03-5253-5785・FAX :03-5253-5788

情報流通行政局 衛星・地域放送課
担当:石丸課長補佐、植村係長(調査係)
情報流通行政局 地域放送推進室
担当:臼井課長補佐、伊藤係長(技術係)
電話:03-5253-5809・FAX :03-5253-5800

【送付先】
E-mail:saimen@ml.soumu.go.jp 情報流通行政局 地上放送課 宛
FAX :03-5253-5794
e-gov(意見と必要事項を明記の上)
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

意見書に氏名・住所・電話番号または電子メールアドレスを明記の上期限内に。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000187614.pdf

-

宮脇先生の講演の思い出
今から約20年前、東京で開かれた国際学会の招待講演として宮脇先生のお話を伺いました。とても印象深い講演で、森林になるまで長い年月必要な従来の植林法でなく、その土地のもともとの品種の苗を何種かまとめて植えることで、動画にもありましたように30年も経てば立派な森林になった例をいくつも見せてくださいました。ほんとうに目からうろこでした。今は大砂漠地帯でも成功されたと聞いてうれしく存じます。

まゆみ

相互リンク
初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://1-0x.com/tqs/
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク