第二回日本史検定講座のご報告

三ケ根山殉国碑への個人カンパご協力のお願い
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

第二回日本史検定講座 高森先生の講義の模様
高森先生の講義1221
(撮影:日心会田沼会長)


去る12月21日に、第二回の日本史検定講座が開講されました。
ご報告までにだいぶ日が経ってしまいましたが、そのご報告です。

この日は、高森明勅(あきのり)先生の、古代史関連の講義でした。
内容は、第三講「古代律令国家の成立」と、第四講「日本の天皇と中国の皇帝」です。

主催側だから言うのではなく、正直、めちゃおもしろかったです。
この講義を、ただの古代史の講座と思うなかれ!
高森先生の講義は、実は戦後のGHQにはじまる情報操作のいっかんとしての歴史認識を、戦後左翼などが我が国国史を否定するために用いた史料を使って、完膚なきまでに否定してしまうという、たいへん野心的な講義でもあったのです。

たとえば、昨日の記事でもすこし触れましたが、多くの人たちが、日本における天皇を、まるで支配者であったかのように錯覚しています。
ところがこれがまるで違っている。

=======
やまと新聞の動画コラムねずさんの動画マガジン
http://www.yamatopress.com/co/pg146.html

ねずさんの動画マガジン最新号
日本の◯がアメリカ・リンカーン大統領を支えていた


ねずさんの動画マガジン最新号
「中国を緑地化しよう」植樹をしてまわった日本軍・歩兵第三連隊


======


天皇は、日本における支配者ではない。
支配者の上に立つものです。
そう。古代の昔から、です。

どういうことかというと、支配者というのは、国政の政治の頂点に立ち、国政に責任を持つ者です。
皇帝、王、大統領、総統、書記長、あるいは征夷大将軍、関白太政大臣など、呼び名はいろいろあります。
けれどその実態は、施政者であり、国権の最高権力者です。
そして国権の最高権力者であるということは、国権に対して責任を持つ者であるということです。

ですからChinaなら、その支配者の施政がよくないものであれば、易姓革命が起こり、王朝が交替します。
大統領であれば、選挙によって政権が交替する。
日本でも、内閣総理大臣は、国家権力の最高権力者であるけれど、三年間の民主党政権の失政の責任を問われ、民主党は政権与党の座を滑り落ち、野田総理も退陣となりました。

要するに、国家権力の頂点に立つものは、国政に権力を振るうことができると同時に、その責任も問われるという仕組みがある。
このことは、世界中、どこの国の、いつの時代の体制も変わりはありません。

ところが、です。
その交替が行われない、たとえば豪族の支配地、あるいは暴君によって支配された国家や地域の人々は、その暴君によって生殺与奪の権を奪われ、私有地、私有民として収奪され、個人の幸福さえ追求することが許されない。
そんなことが、世界中でよく起きています。

これは民衆が、いわば奴隷として支配されるということで、民衆にとってはたいへんに不幸なことです。
フランスでさえ、ルイ王朝の絶対王政の時代、民衆の平均寿命は24歳だったといいます。
日本でいったら縄文時代並みです。

ところが日本では、はるか古代に、そうした「権力者による絶対的支配」を否定する体制を作っていたのです。
それが何かというと、大化の改新です。
大化の改新で、日本は国に公地公民制をひいています。

これが何を意味するかというと、日本の民は、上は関白太政大臣や将軍から、下は一般市民や農民等にいたるまで、天皇のもとに平等な「公民」となったのです。
しかも神武天皇による日本建国の理念は、「家族国家」です。
上下心を一つにして、みんなが家族として親しむ国家の建設を目指しています。

さらに天皇は、国政の最高責任者ではない。
その最高責任者に認証を与える者となっています。
その仕組みが、古代から現代に至るまで、日本は一貫しているのです。

関白も大政大臣も将軍も、みんな天皇の認証を得て、はじめて国権の最高権限を持つ者に任ぜられる。
いまも内閣総理大臣以下、閣僚は全員、天皇によって親任され、はじめてその職に就きます。同じです。

これが何を意味するかというと、実は、たいへんな重要な意味を持つのです。
我々国民は、天皇の民です。
そしてその天皇の民のための施政をする責任者は、形は世襲であれ、選挙であれ、武家であれ貴族であれ平民であれ、結局のところ天皇によって親任されるというかたちになっているということです。

つまり我が国における国権の最高権力者というのは、絶対君主として民に君臨する者ではなく、「天皇の民への治世」に「責任」を持つ者なのです。
ですから当然、責任をまっとうできなければ、退任するか辞任しなければなりません。

このことをものすごく簡単に言うと、(高森先生すみません。私なりにまとめています)、世界各国の国民は、いわば新聞募集で会社社長に雇われた、ただの使用人です。
新聞募集で雇っただけの使用人ですから、クビにするのも、放逐するのも、社長の胸先三寸です。

ところが日本では、社長が雇っている社員は、会社のオーナー(天皇)の親族です。
オーナーからの預かりものなのです。
そして社長は、オーナーに雇われている、雇われ社長です。

もちろん社長は、会社の経営や運営、利益を上げることや社員の生活等に責任を持ち、その責任をまっとうするために社員のクビを含めて様々な施政のために権力をふるうけれど、社長=オーナーであり、社員は新聞募集という他の国々と異なり、日本は、社長は天皇という名のオーナーからの雇われ社長、社員はオーナーの身内です。
おのずとそこにはブレーキがかかる。

こういう体制を、日本は古代の昔から敷いてきたのです。

要するに、世界中が古代から中世、近代に至るまで、国民は豪族や権力者の「私有物」だったのに対し、日本では、庶民は全員「公民」です。
天皇の民たちなのです。

そして国政を担う者は、その天皇の民たちの安寧と幸福のために、国政への全責任を負っている。
責任をまっとうしていれば、親任は継続され、責任のまっとうがなされなければ、天皇から親任を解かれ、クビになる。

みなさん、すごいと思いませんか。
これって、究極の民主主義の姿といえるのではないでしょうか。

すこし高森先生の講義を引用します。
======
天皇というのは、公民と言うものの地位を保証するということを申上げておきます。
公民という民衆の地位を支えているのは、実は天皇なのです。

「公民」というのは、別名を「百姓(ひゃくせい)」といいます。
これは全ての、「姓を持つ者」という意味です。

もともとは農民という意味ではありません。
全ての役人のことを百官といいますが、それと同じです。

そしてここが大事なのですが、「姓を持つ」ということは、「奴隷ではない」ということです。
奴隷と違って、公民は「人の財産のように扱われるもの」ではありません。

ですから江戸時代においても百姓一揆をやるときは、「我々は天下のお百姓である」と檄文を掲げ、殿様に「我々はお前達の奴隷ではない、お前達の私有民ではない。自分たちは天下のお百姓である、天下の公的な国家の統治のもとにある自由な民である」と主張したわけです。
そして公民に「姓」を与える者は、日本の歴史においては、天皇ただひとりです。

つまり、我々は天皇によって姓を与えられた者なのです。

天下のお百姓(農民ではなく百の姓)です。
天下のお百姓であるということは、天皇によって、自由を与えられた公(おおやけ)の民であるということです。

そういう意識が、百姓一揆というものの権利意識、ひいては日本人としてのアイデンティティを支えてきているのです。

ですから日本における天皇を、まるで支配者であるかのような錯覚をする人がいるけれど、天皇はそういう存在ではなくて、民衆の私的な支配に対する抵抗の拠点でもあるということです。
有力者層の勝手気侭な支配に、ブレーキをかける根拠としての存在として、天皇は歴史に存在してきたのです。
それが現代ではまったくあべこべの理解がなされている。
======

そうしてみると、米国人がわずか一週間でテキトーに作った日本国憲法にいう「象徴天皇制」などというものが、いかに勉強不足のインチキ憲法であるかがわかります。
なぜなら天皇が象徴でしかないなら、我々国民も、実態のない、ただの象徴でしかないということになるからです。

とんでもない話です。
私達は実在し、この世に生きているのです。

生きているし、人間だから、失敗もします。
間違って民主党に投票して、政権を委ねてしまうことだってあったわけです。

けれどそれが間違いとわかれば、それを訂正し、再度仕切り直してやり直すことだって、私達にはできるのです。
なぜなら私達は、公民であり、天皇の民だからです。

私は、「一寸の虫にも五分の魂」という言葉が好きです。
たとえ、一介の社員にすぎなくても、あるいは一介の国民のひとりにすぎなくても、俺たちは奴隷じゃない。
奴隷じゃないから魂がある。
魂がある人間なのだから、相手が課長であれ、部長であれ、社長であれ、施政者であれ、同じ「人」です。

肩書きによって、役割や責任の範囲は違うかもしれないが、同じ人間です。
それを権威権力を嵩にきて、人を人とも思わないで威圧したり、圧政下に置いたりするようなら、拳をもってでも戦う。
なぜなら魂があるからです。

その魂のことを「大和魂」という。

ですから「大和魂」というのは、単に戦う時の勇猛心を指して言うのではなく、天皇のもとにある天下の公民であるという気概のことを「大和魂」というのです。

そんなことにあらためて気付かせてくれる講義でした。

それにしても、国史というのは、まだ講座がはじまって、わずか4時間ですが、前回の藤岡先生といい、今回の高森先生といい、講義の際の話し方とかは、とても穏やかで、ときに笑いを交えながらのわかりやすい講義なのですが、内容は、まさに体がふるえるほどの驚きと感動に満ちたものでした。

次回は、私が講義の担当ですが、これは本当に困った。
はたしてみなさまにどれだけのことを伝えきれるか。
いまから準備していかないと。。。。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

親日国インドが正論で激励「日本はアジアの希望の光です。」


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


三ケ根山殉国碑への個人カンパにご協力いただける方は、こちらに。
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

コピペ拡散保存推奨

■東日本大震災で韓国籍の犯罪者が合計3人も逮捕
**********************************
■東日本大震災で韓国籍の犯罪者が合計3人も逮捕
**********************************

『林成富』『宋尚烈』『曹純一』


『林成富』→ ●義援金を盗んだ『林成富』を逮捕

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1546924
http://ameblo.jp/japan-conserva/entry-10872240631.html

『宋尚烈』→ ●「震災で金引き出せない」と寸借詐欺=各地で30件か、韓国籍の『宋尚烈』を逮捕-警視庁

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011071300613

『曹純一』→ ●津波で被災した青森県八戸市で韓国籍の虻川純一こと『曹純一』を窃盗容疑で逮捕

http://specificasia2.blog12.fc2.com/blog-entry-3912.html
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=ecDKwh6ca7A

韓国籍の人口は39万人
日本人の人口は1億2700万人

日本一の変態男

皇室と王室の違いその他
さてと‥昼飯も食い終わったことだし、再び投稿をば‥φ(.. ) 

他国の王室は封建君主が元です。 つまり日本で言えば江戸時代における徳川家や室町時代における足利家であって、天皇に当たる存在は他国に類例を見ません。 なので海外の人達には中々理解させ辛いんですが、無理矢理近い例を探せばキリスト教界におけるローマ法王みたいな存在でしょうか?(ちょっと違うけどw)
もっとも他国の王室もあと千年続けば皇室の如き存在になれるかもしれんので、もしそうなれば彼等にも分かる様になるでしょう(未だに独裁恐怖政治的絶対君主制やっとるアカ国家は論外だが) 
それは兎も角、アカの天皇に対する勘違いには腹が立って仕方ない(怒) ロシア皇帝と天皇を一緒にすなボケ!!‥と言いたい。 
ねずさん仰る様に日本は古代から天皇の名の下に人皆平等な民主社会です。 近代に流行った言葉を使って昔を振り返れば、歴史的強者も弱者も皆「臣民」であり「天皇の赤子」でした。 だからどんなに強硬な支配者も天皇に矢を向ける事は赦されなかった。
誰だったか昔の外国の偉い人が「出来得れば君民間で信頼が成り立った上での民主主義が最も理想的だが、そんな国あるわけねぇしww(苦笑)」と言ってましたが、実はアンタの時代より千年も前から極東の島国に存在してたっつーの! もし彼が日本を知ってたら「オイみんな、日本を見習え!」と言ってたことでしょう。
あまつさえその様な世界最古の理想的民主主義国家に対して「日本の民主主義はまだまだ未熟だから云々‥」とかカマしてる馬鹿日本人を見る度に片腹が痛くなります(-_-+) あと「もう少し成熟すれば真っ当な二大政党制ガ~」とか言ってる連中には、じゃあ戦前の、共に愛国前提だった民政党vs政友会の二大政党は一体何だったんだ!!と言いたい。 元に戻せばイイだけです♪
元に戻すといえば、以前テレビでキッシンジャーが「我々の力で日本は議会制になった。 物事は議会で決めるのが一番良い」などとシタリ顔で言ってるのを見て怒髪天を衝きましたが、彼の隣に居た石破がそれに対して何も言い返さなかったのを見て更に腹立った事を思い出しました。 こちらから言わせてもらえば日本は戦前も戦後も議会制であり、戦争終わったから戦時体制やめて元に戻っただけなのに、どうやらアメリカでは「日本という独裁封建国家を民主国家にしてあげた」という勘違い甚だしい神話を信じ込んでるよーですな(怒) そりゃヨソでアメリカによる民主化が失敗しまくってんのは当然だわ、前提間違えてんだから(激怒)
‥ふぅ~(。_。+) 血管切れるとイカンのでこれ位にしときますが、これから世界に向かって誤解を払拭せにゃならん事が山積みですなしかし(~ヘ~;)

-

こんなことが許されるのか?
いつも拝読させていただいています。とても参考になります。
ところで、宮崎正弘氏のメルマガで知ったのですが、以下のような
ことがあるんですね。こんなこと許されるんでしょうか?
ねずさんのブログですでに取り上げていたらすみません。

(読者の声1)古都、金沢で、こんな事がされようとしています。なんとしても、阻止していただきたくコメントさせていだだきました。
http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/lite/archives/51773725.html
ともかく日本人を虐殺した犯罪者の記念館を日本に建てるなんて容認できません。
  (AB生)

にっぽんじん

受益者負担
安倍政権になり、これまで混迷を続けてきた朝鮮高校無償化問題が解決することになりました。合わせて「ばらまき政策」と言われてきた高校無償化にも一定の歯止めがかけられるようです。無償化対象に所得制限を設けるしくみです。

教育は大事であり、誰もが平等に教育を受けることが出来る制度は必要です。が、支援をする必要がない人にまで金を与える必要はありません。

所得制限は所得の把握が難しいと反対する人もいます。が、全く難しくありません。受益者負担です。所得の把握まで行政にやらせる必要はありません。受益者負担が民主主義の原則です。所得上限以下の人で高校に進学し、無償化制度を受けたい人は入学時に所得証明証を添付して申請するようにすれば行政の手をわずらわす必要はありません。

私が学生時代に受けた奨学金制度も同様のしくみだったと記憶しています。

chas

No title
「子供は授かりもの」という日本の文化が好きです。
子供は親の所有物ではないということ。今日の「公民」のお話に通じるものがあるような気がしました。

私は昔キリスト教を学んだことがあり、
ただ一人の王を頂にした臣民の国というのは
民主主義に勝る理想の国になると聞かされました。
信仰心がもてず信者になりませんでしたが
日本は素晴らしい天皇をいただいていることを誇りに感じています。

明治維新のころの日本は道徳的に荒れた社会になってしまったそうですが
それを憂えた明治天皇が勅語を発したことで本来の日本らしい社会にもどったとのことです。

ああ、昼休みがおわってしまいました。
中途ですが送信します。

日本はいい国だ

ありがとうございます。
本日もありがとうございました。
昨日、天長節のお祝いに拝謁させて頂いた
陛下のお姿が目に浮かび、あぁ陛下は我々
日本人の父なんだなぁと改めて思いました。
陛下の下に四民平等。
今日も日本に日本人として生まれ育ち
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

日本一の変態男

ねず流で
>次回は私が講義の担当
うわぁ‥そりゃ大変ですな(・・;)  でも別に専門家じゃないんだから肩の力抜いて、雑談モード&脱線余談しまくりな感じでいいや位の心持ちで臨めば良いかと。 ねずさんの講義に集まる人達はムシロそーゆー柔らか講義を望んでるでしょうし、何より分かり易さこそねず流の真骨頂ですから(´ω`)ンダ♪

団塊の世代の後輩

No title
いつも同じこと言って恐縮ですが、本日もよいお話、有難うございました。これもまた同じことの繰り返しですが我が国は世界で最も危険な国に隣接しております。それに対し真の“友好政策”はありえません。着物の下に鎧を常にまとう姿勢をもって対処しなければ獣どもの餌食になることは目に見えています。そのためには“理論武装”も大事な必須事項です。獣に勝つには正しい精神をもった人間集団を形成しなくてはなりません。頑張りましょう!!

顕如

No title
今日の話はじつに素晴らしい!
聖上こそが我らの自由の根元である。
正に膝を打つべき論とはこのことであろう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク