今年もお世話になりました。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

中山道宿場町


年末といえば大掃除ですが、掃除といえば、フィリピン、ルバング島で戦後長期間伏流された小野田寛郎さんのお話を思い出します。
小野田さんがみんなと一緒にいたある日、トイレに行ったきりなかなか帰って来ない。
どうしたんだ、なにかあったのかと、様子を見に行ったら、小野田さんが、「こんなきれいなトイレを使わせてもらってありがたい」と、そこにあった清掃道具を使って便器を一生懸命磨いておられたのです。

そういえば軍神広瀬武夫中佐も、日清戦争で清国から捕獲した軍艦「鎮遠」の移送を担当したとき、Chinaの水兵たちが使っていたトイレが、あまりにも汚い。
それを広瀬中佐は、移送艦中、いちばん偉い人であったにもかかわらず、先頭にたって「清掃というものは一番汚いところからやるものだ」と、便所掃除をしたというのも有名な話です。

なにせ清国の船の便所です。
相当汚かったであろうことは容易に想像できます。
普通、ちょいと近寄りたくない。

当時はいまのようなトイレ用洗剤なんて便利なものはないです。
水と雑巾だけで、こびり着いた汚れを落とす。
それでも落ちない汚れは、竹べらなどを使う。
ところがこのとき、艦内には竹べらのようなものがなかったのだそうです。

なので広瀬中佐は、ためらう部下たちを尻目に、汚れを爪で擦り落としたという。
これまた有名な話です。

トイレというところは、汚れる場所だからこそ、率先してきれいにする。

そういえば、Chinaでは南京市に「南京大虐殺記念館」なんてものを作っているけれど、実は、この記念館、訪れる人はほとんどいない。
南京で、多くの観光客が訪れるのは、むしろ紫金山で、こちらの方は、登山道に毎日1000人以上が来ています。
休みの日には、この登山客が倍になる。

この登山道に入り口に、実は公衆トイレがあるのですが、このトイレを逃すと、1800段の階段を上って山頂にたどり着くまで、用をたせるところがありません。
そのため、ここのトイレは、毎日、長蛇の列ができる大人気スポットです。

ところが、このトイレ、3m四方くらいの面積に、用をたすための穴が男女それぞれ1つづつです。
しかもトイレに扉がなく、男用、女用の標識も汚れて良く見えない。
穴を囲むレンガの壁は、人の背丈の半分ほどで、男女とも、中は、まるみえです。

しかも、用をたすための穴には、大量の大便や紙が山のように積みあがり、汚水が溢れ、晴れの日は人を持ち上げられるほどのハエが群がり、雨の日はまったく足の踏み場がなくなる。
そしてトイレまで十数メートルの距離に近づくだけで、強烈な臭気が鼻をつきます。

日本でも、私などが子供の頃は、トイレといえばボットン式で、出した便が落ちた瞬間に、跳ね返った汚水がお尻について、「やあ、お釣りがきた」などと、まあ、よろこびはしませんが、そんなことは普通にありました。

けれど、トイレを清潔に保つことは、小さい頃から徹底していて、少しでも汚すと、小学生でも自分で綺麗になるまで掃除させられたものです。

そういえば、高速道路のパーキングのトイレで、人柄の良さそうなお爺さんが、小用の便器の手前にほんの少しこぼれたおつゆを、自分でトイレットペーパーで丁寧に拭き取っている姿を見たことがあります。

いささかビロウな話が続いてしまいましたが、何を言いたいかというと、日本人は、自分が用をたすことよりも、後に使う人のことを考え、行動する。
それが、普通のごく一般的な日本人の感覚であり、文化であった、ということです。

縄文中期、いまから8千年ほどまえから、稲作農耕を営んできた日本人は、稲作が灌漑という水路を敷く事業であるだけに、みんなで協力し、力を合わせて助け合うという集団性をとても大切にする文化を熟成させてきました。

ですから「オレがオレが」ではなく、まずは「みなさんに」というのが日本人の常識であり行動です。
自分のことより、他人のことを気遣う。
そうした日本人の習性は、あの東日本大震災のときに、自分だって大怪我をしてたいへんなのに、奥にいる年寄りを先に助けてやってくれと、救護隊に頼み、そして息絶えてしまったという数多くの事例にも垣間みることができます。

そういう日本人にとって労働は、自分が利益を得て贅沢をするものでなく、「はたを楽にする」ためのものとされている。
みんなのために、自分なりにできる最大限の貢献をする。
それが働くということだという意識が、常に根底にあります。

そして一緒に働く仲間たちと、苦労をともにする。
その仲間を、家族のように思い、大切にする。
それが日本人のあたりまえの感覚です。

ですから施政者は、日本では、もちろん「権力者」であるけれど、人としては上司も部下も同じ人です。
お正月映画といえば、かつては「寅さん」、少し前までは「釣りバカ日誌」が定番でした。

「寅さん」は風来坊ですが、それでも妹や家族を心のどこかで常に大切に思っている。
そんな寅さんを、帝釈天の和尚さんまでが、家族のように大切にしてくれている。

「釣りバカ日誌」では、会社の会長さんという偉い人(三国連太郎)が、日常生活では平社員の浜さん(西田敏行)と、釣りのときには師匠と弟子の関係になる。
欧米では、まったく考えられないことです。

そういえば、江戸時代、ご家老が家に訪ねてきたとき、もちろんご家老が上下をつけておこしになられたときには、玄関先で正座に低頭で正装してお出迎えしますが、着流し姿で勝手口からおいでになられたときには、迎える側も、ただの近所のおじさんとして、普段着のまま相対でお迎えしたものです。
これは庄屋さんやお百姓さんなどの場合でも同じです。

つまり身分というのは、秩序のためのものであり、その秩序をみんなで尊重し、保つ。そのために礼法も用いたわけです。
上下(かみしも)を脱ぐということは、人として対等にたつ、ということで、そういうときには、普段着のままの生の人間として接する。

これは実は、欧米人や、ChineseやKoreanなどと日本人が決定的に違うところで、彼らにとっては、配下の民衆は、いわば私有物(モノ)でしかない。
ですから西洋の中世の王侯貴族にとって、民衆はあくまで私有民だったし、これがChinaあたりになると、私有民というだけでなく、食べ物という側面にさえなっていました。

これを民衆の側から見れば、私有民ですから、当然、私有財産も認められないわけで、まさに生涯、収奪されつづけるわけです。
人は労働しなければ、食べていくことはできませんが、その労働が、私有民として、収奪され続けるという労働であるならば、仕事などいくらやってもおもしろくない。
ですから西洋において、労働が「神に与えられた原罪である」とされたのも、無理からぬ話です。

ところが日本では、民衆は私有民でなく公民です。
誰の公民かといえば、天皇の民です。
権力者(施政者)も、その天皇に政治を委ねられた民衆のひとりでしかない。

そして権力者(施政者)は、民衆の幸せや安寧を第一とするための責任を負担するものであり、その権力者(施政者)が預かっているのは、私有民ではなく、天下の公民です。
そして公民は、みんなのために施政者に誠意をもって協力し、施政者もそういう公民のために、粉骨努力する。

そういう社会の仕組みを、日本は古代の昔から作ってきたわけです。

そしてその心が根底にあるからこそ、偉い人でも、トイレにこびりついた糞を爪で削り取ったり、きれいな公衆トイレを、自分でも綺麗につかおうと行動する。

そうしてみんなが、きれいな国にしていくことで、国全体がきれいで、気持ちよく、すごしやすい国になる。

冒頭の写真は、江戸時代の中山道の宿場町のスナップ写真です。
道路は、もちろん舗装などされていません。

けれどその道路に、ゴミひとつ落ちていず、雑草もない。
なぜなら町の人が、自分たちで早起きして、毎朝掃除をしていたからです。

それに比べて、戦後の私達の日本はどうでしょう。
道路は舗装されたけれど、けっして綺麗とはいえない。
路肩の植え込みの中にさえ、空き缶やペットボトルが捨てられている。
繁華街の早朝など、まるで外国映画に出て来るスラム街です。

世の中に余裕がなくなったからだという人もいますが、それ以前に、日本人が日本人らしさを失い、そこへ大量の、衛生観念のない外国人が入り込んで、ますます日本を汚している。

どうなのでしょう。
私達が孫子(まごこ)に後世に伝えるべき日本は、薄汚く汚れた日本なのでしょうか。
それとも、清潔で衛生的な美しい日本なのでしょうか。

さて、大晦日となりました。

今年は、壬辰(みずのえたつ)の年で、新しい息吹が芽生える年まわりでした。
そして年末には天の岩戸が開き、自民党安倍政権が誕生しました。

来年は、癸巳(みずのとみ)の年です。
どんな年になるのでしょうか。
これについては、元旦の記事をお楽しみに♪

それではみなさま、今年一年ありがとうございました。
どうぞ、よいお年をお迎え下さいませ^^

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【幕末・明治時代】日本の古き良き時代の写真集


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

kuni

あけおめ1
ねずさん、今年もよろしく。

日本を取り戻そう。
本当の、日本を!!

Kanji

コメントをさせてください。
コメント欄に私の尊敬する石原莞爾が出てきたので、思わず投稿してしまいました。 日本に初めてライカを持ちこんだということでも有名です。

ねずさんのブログはいつも日本人を勇気づけてくれる、元気をくれるブログです。 今後とも楽しみにしております。

ここから先は削除していただいても結構です。

つい最近ですが、中国高速鉄道の大幹部の人と激論を交わしました。 中国人が日本人よりももう上になっているという意識を感じさせる出来事がありました。 

詳しくは私のブログに書いてあります。

私もねずさんのブログを勝手ながらリンクさせて貰っています。 真に勝手ながら相互リンクをしていただけないでしょうか? 難しければ結構です。 よろしくお願いします。

金銀投資作戦参謀の休憩室
http://kanjides.blog.fc2.com/

武田鉄矢

●武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史
ニコニコ動画では、「鉄也が目覚めた!」「テレビから消されるのではないか」など多くの反響を呼んでいる

●武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史

http://www.youtube.com/watch?v=csaEK7kFtn8
http://www.youtube.com/watch?v=BVJoWjj_p1U
http://www.youtube.com/watch?v=haNGSw_yNI0
http://www.youtube.com/watch?v=MC1l5QWhWQ0

ttp://www.nicovideo.jp/watch/1356834750
ttp://www.nicovideo.jp/watch/1356835191
ttp://www.nicovideo.jp/watch/1356835497
ttp://www.nicovideo.jp/watch/1356836834
「中韓の問題は、紅白出場歌手の顔ぶれを見ても、中韓に対して日本人に異変が、感情的な何かが起こっている」

「老後に中国に移住しようとする友人に対して、絶対にやめたほうがいいと言いました」

「日本は昨年の11年の3月から2度国土が揺れたといっていい、1つは東日本大震災、
 もう1つは本年の中国で起こった反日暴動、あれは日本人の魂が揺れた。韓国においても竹島問題があり、この島の問題で日本人は変わった」

「我々は戦後中韓にお詫びをしてきたし、そういう教育を受けてきたが、いくらお詫びしても同じじゃなかろうか。中韓は日本を許す気はないのではないか」

「専門家によれば被害を受けた国は200年忘れないという。つまりこれがあと140年続くのだろうか。
日本に対する恨みがあと140年続くのだとしたら、私たちは2か国に対する耐え方を作り直さなければならない」

「私たちは東アジア史を勉強し直さなければならない」

「韓国は恨みを忘れないために記念碑を建てる文化を持つ。あちらこちらに記念碑が建っており、慰安婦像もそのうちの1つだ」

「台湾人は韓国人から受けた屈辱を忘れていない。弱みを攻めることが韓国の外交手段である」

「2002年ワールドカップの韓国vsドイツにおいて、韓国サポーターが“ヒットラーの息子は帰れ”のプラカードを掲げていた、彼らは勝つためには何でもやる」

「台湾人の言う歴史と我々日本人が教育された歴史は違う。
 私たちは日韓併合で韓国に対して大変迷惑をかけ、それを推し進めた伊藤博文は安重根に殺されたが、台湾人曰く、伊藤博文は韓国併合に反対だった」

「韓国では、親日・反民族行為特別法というので、戦争中に日本人に協力した人間の財産が没収されるのだという」

「何故韓国人は日本人を許さないのか、端的にいうと、日本人を許してしまうと韓国人は韓国人でなくなってしまう」

なつ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
元日早々、尖閣にシナが公安を侵入させるとの噂があります。デマだといいのですが…警戒は緩められないですね。

いち鬼男として

今年はねずさんのブログに出会い日本人として遅まきながら覚醒いたしました。

日本人として御先祖様に恥じないように律して行きます。

微力ながら皆様と一緒に美しい日本を取り戻せるように来年も頑張りたいと思います。

御身体に気をつけて
良いお年をお迎えください。

あ太郎

No title
恐怖政治は終わったものの、景気はまだまだ回復しません。

麻生財務相の大盤振る舞いに期待したいですね。


みなさん、よいお年を。

ポッポ

No title
ねず様、今年はお世話になりました。
ありがとうございました。

ところで、今日は世界の日本人妻のことを、TBSで放送していました。
その中で、韓国人に嫁いだ日本人女性が子供は1歳になると、結婚式並みの披露宴をしなければならないと、その大変さを取り上げていたのですが、少し笑いそうになりましたので書いておきます。

内容は、会場に結婚式場を使い、入場式に始まって、数十名の来客に祝っていただくのですが、子供の両親の服装は見るからに両班と思われました。もし、この日本人妻の舅や姑が両班なら、昔からのしきたり通にする必要があると思います。しかし、準備はすべて外国の嫁にさせているわけで、おそらく舅や姑はしきたりを知らない。ですから、この1歳の披露宴は両班のもので、舅や姑は白丁であったと推測できます。
これは、日本でも武者人形を飾るのは、武家だったのだから細かいことを言う必要はないのですが、もう一つ、吃驚することがありました。
1歳での披露宴を行う理由ですが、おそらくは乳児の多くが1歳になるまでに亡くなるから、1歳の誕生日を祝うと言うことではなかったかと、思うからです。
朝鮮における平均寿命は、日本の併合後は36年位ですが、その前は24年位でしたから、これは十分に推測できることです。
しかし、平均寿命が延びた後も、後生大事に両班の風習をありがたく継続する。お祝いをしている彼等は、何故この披露宴をするのか理解しているのかと、つい、おかしく思った次第です。

みーたん

今年もありがとうございました☆
ねずさん、今年も良いお話しをたくさんありがとうございました♪
毎朝、ねずブロを読まさせていただくのが、毎日の私の楽しみです。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします(^.^)b

日本一の変態男

お掃除しましょ♪
トイレマジックリンでトイレ掃除をしました。 
来年は起死回生の年になると思うので、みんなで日本を綺麗にしたいです。
それはそうと、せっかくの上質なブログを愚拙の下品な稚拙コメで穢してしまって申し訳ありませんでしたm(__)mξ
ねずさん失ったら護国勢力の戦力激減するので、呉々も身体だけは壊さぬ様お気を付けて☆  
それでは良いお年を(^O^)/ 

あっそーだ(°0°)! 広瀬武夫については『Forth!』というブログさんに詳しいです。 因みにシベリア横断時における防寒着姿の広瀬画像がカッコ良過ぎるので、ついケータイ待ち受けにしたりしてるのは内緒です。
それでは八百神に来年の逆転攻勢を誓って。

現代の思金神ことねずさんへ~ かしこφ(.. )

桜子

No title
ねずさんのブログに出会え毎日が目から鱗、そしてあらためて日本人に生まれさせてもらったことに感謝しております。

この一年、本当にお疲れ様でした、ありがとうございました。
御身体ご自愛下さり益々の御活躍をお祈りしております。

ねずさんのブログを閲覧、そしてコメントされている皆様のご多幸をお祈り致します。

柴犬

ありがとう
いつも、すばらしいお話をありがとうございます。
昔、身分は秩序だったのが、今は秩序が乱れて、
欧米のようになってきてる気がします。
特に、政治家、官僚の秩序の乱れ。
チュウゴクほど、深刻でないかもしれないけれど、
放っておけば、いつかはそんな風になってしまうかもしれません。
子供の教育は大事だと思います。
3S政策は、もう絶対にやめるべきです。

管理人さん、記事毎日大変でしょうけれど
来年も楽しみにしております。
お体に気をつけてくださいね。

anonymous

良いお年を
一人でも多くの日本人が真実に気付き目覚めてくれさえすれば、それこそ本当に未来へ希望が持てます
一人でも多くの日本人に気付かせたくないマスコミ勢との綱引き勝負に勝つことが出来れば日本国を未来の日本人へ繋いで行くことができます
今その事象の中に遇って、先に真実に気付いてしまった日本人が何をしなければならないのかは明白
ますます巧妙になる工作に惑わされることなく常に勉強させて頂き、諦めずに一人でも多くの日本人に真実を伝えて行くだけです

管理者さま、皆さま今年一年ご苦労様でした。いろいろ勉強させて頂き感謝しています。まだまだ試練は続くのでしょうが乗り越えて日本国を守り抜いてやりましょう。良いお年を

トイレがつねにピカピカだと本当に気持ちの良いものです。一度ピカピカにしてしまうと後の掃除も非常に楽ですし掃除が楽しくなるんですよね

下町キング

感謝
一年間有り難うございました
とても興味深く拝読させて頂きました
歳を重ねるにつけ、加速度を増すこの時の流れ
新年を迎えたと思った瞬間年の瀬
裏返せばそれだけ充実しているからかもしれません
本当に感謝です
これも一重に日本人であるが一番だと思います
また来年もねずさんの素晴らしい世界を楽しみにしています

良いお年を

yuki

No title
いつもいいお話し、ありがとうございます。
今年は「民主党の3年間の総括」を採りあげて頂いて、まるでノーベル賞を頂いたような気分です。
来年もいいお話しをお聞かせ下さい。

よいお年をお迎えください。

れいさき

ありがとうございました
今年も数々の記事をありがとうございました。
ご苦労なことだと思いますが、とても支えになりました(^-^)
また来年もよろしくお願い致します!!

のん

No title
いつも素晴らしいお話を載せてくださり、ありがとうございます。
今年はねず様のブログにたどり着く事が出来、本当にうれしく思っています。いつも思うのですが、このようなお話はぜひ子供達に読ませてあがたいです。
今日はこれからさっそくトイレから大掃除をしたいと思います。
よいお年をお迎えください。

団塊の世代の後輩

No title
いよいよ大晦日、本年も色々よいお話をお聞かせいただきありがとうございました。今回は公衆道徳について、古きよき時代の観点から現代我が国でのあるべき姿を述べていただいたものと推察いたします。こうした公衆道徳については「人に言われたからやる」のは論外であり、各々が皆を思いやり自発的にやるからこそ継続できるものです。残念ながら先人達に比べ現在はその風潮が低下しているのは事実です。しかしこれもまた「日本を取り戻す!」大事な行動のひとつですよね、地道にこつこつと快適な日本を築いていきましょう。では皆さん良いお年を!

sinar

趣味に貴賎無し
今回も良いお話を有難うございました。
読ませていただき「趣味に貴賎無し」という日本ならではの価値観を感じました。
ときおり面白おかしく観ている「釣りバカ日誌」ですが、確かに「・・貴賎無し」ですね。原作者の北見けんいち氏は大変なライカカメラのファンで、戦前から伝わるライカにまつわるエピソードがベースにあって、この作品を描いたのかも知れません。
昭和ヒトケタに時代にドイツで生まれた、このちいさな、しかし恐ろしく高価なカメラを最初に持ち込んだのは駐在ドイツ武官であった石原莞爾中佐(当時)であったと言われています。大量に購入した新聞社等では226事件の取材までそのメリットを見い出せず、個人で購入するのは宮様や大富豪といったところ。庶民のカメラマニア(当時から多くいた)にとっては見果てぬ夢。
欧米でも事情は同じで、ハナから相手にしていません。ところが・・・
日本では少々事情が異なります。
買えないのは厳然たる事実、でもほしい、使いたい、極めたい・・・ しからばと彼らは知り合いの伝でもって新聞社のカメラマンに頼み込み、実物を心行くまでイジらせてもらい、あとは技術誌などを貪る様に読んでと、その繰り返しからすっかりライカ知識を身につけてしまいます。正に買えない悔しさをぶつけるかの様に。
当時代理店契約をしていた銀座のシュミット社はそんな事情を知ってか知らずか、ライカオーナーを対象とした撮影会等を一般のカメラ雑誌にも公開していました。錚々たる大富豪や宮様たちが集う撮影会です。彼らもせいいっぱいの正装をして乗り込みます。普段は乗らない二等車の青キップも奮発して早速カメラ談義が始まります。
欧米辺りではこの場面ですでに「無礼者!下がれ」でしょうけど、ここは幸か不幸か(?)日本です。
なにしろ「良さを知って購入した」人たちばかりではないのです。技術に裏付けられた博学、何よりその情熱から何気なく買ったちいさなカメラが実は大変な代物であったと気付かされる訳です。
仕舞には彼らの計画した撮影会に誘われ顔を出すという流れ。彼らカメラマニアは同時に撮影の達人でもあり、とっておきの撮影スポットなど都市近郊にいっぱい持っていますから、そんなミニツアーなんぞお手のもの。何しろ何気ない上野公園の桜の木も彼らに教えられたアングルで撮れば、ライカの性能と相俟って素晴らしい写真が撮れて大喜び。月に一度は不慣れな三等車の赤キップを手にしての撮影行、となる訳です。
彼らのエネルギーはそれだけにとどまりません。まだちいさな会社だった精機光学(現キャノン)や顕微鏡等を造っていて小型カメラに進出を考えていた高千穂光学(現オリンパス)等に乗り込んで、コツコツ造っていた試作機を取り上げては「ここが(ライカと)違う」「ここはこうするべきだ」と大変な乱暴(?)狼藉。しかし多くの関係者たちは、これがあったからこそ戦後のカメラ市場で日本製が席巻できたんだと証言されています。
どうでしょう、始めっから自分たちには縁のないものと諦め無視してしまう欧米人と、買えないのをわかっていながら、それでも納得するまで研究(?)し極めようとする日本人。どちらが「生産的」なのでしょうか。
長文、駄文失礼しました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク