謹賀新年

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

夜明け富士山


明けましておめでとうございます。
新春を寿ぎ、みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
今年もよろしくお願い申上げます。

さて、今年は平成25(2013)年、紀元2673年、癸巳(みずのとみ、きし)の年です。

「癸(き)」は、「癶」が、両足を左右に張った姿の象形文字で、その中に「天」があり、天から降り注ぐ雨、霧、露などをあらわします。

「已(い)」は「止む」の意味で、草木の成長が極限に達した状態を表します。
これを「へび・み」と読むのは、覚え易くするために動物の蛇を割り当てたことによるのだそうです。

従って「癸巳(きし)」は、天から降っていた雨が止み、霧が晴れる年となります。

振り返ってみると、昨年は壬辰(じんしん)の年で、これは「壬(じん)」が、糸巻きの心棒に糸がまきついて膨らむさま、(壬に女偏がつくと妊娠の妊になります)、「辰」は古代に農機具として用いられた大きな二枚貝で、辰の上に曲が乗ると「農」になります。

つまり「壬辰の年」というのは、人々の働きによって稔りが膨らむ、つまり新しい事態がはじまる年となります。

実際、去年はようやく売国民主党政権が倒れ、安倍内閣が誕生しました。

その前の年、平成22年は「辛卯(しんぼう)」の年で、「辛」は鋭い切っ先の刃物を表す象形文字で「卯」は、草木を覆う「茂」です。
この年には、東日本大震災が起こり、これまで日本を覆っていた薄いベールがはがれ落ち、日本の真の姿が見え始めた年でした。

要するに、暦の上からは、
平成23年「辛卯」で、我が国を覆っていたベールがはがれ落ち、
平成24年「壬辰」で、新しい息吹が膨らみ
そして平成25年が「癸巳」で、完全に霧が晴れる。

今年は一昨年来、垣間見え出した我が国の歴史と伝統に裏打ちされた日本人としての真の姿が、明確な形となって人々にはっきりと自覚されるようになり、同時に霧が晴れて、これまで秘匿され、みえなくされていた在日や左翼の非道や悪行の数々が次々に暴かれる年になる、という年になるということです。

私達の父祖は、若き日に、先の大戦を戦い抜きました。
そして人種の平等、民族の自立の樹立という、人類史上初ともいえる大貢献をしました。
先日も書きましたが、もし千年後の世界史の教科書が20世紀を書くならば、間違いなく植民地支配の終焉をあげることでしょう。

同時に世界の人口が70億に達した、その原因も、糸をたぐりよせてみれば、日本が開発した新種の小麦にその原因をみることができと書きました。
人は食べなければ生きていけないからです。

さらに私達日本人は、世界で初めて「公民」という概念を打ち立て、私有民でなく天皇のもとにある自由な民として、人々が互いに協力しあい、自らを高めあって人が人に尽くしていくという、まさに世界に誇る日本文化を形成しています。
そしてその日本は、世界最古の国家であり、私達は世界最古の天皇をいただく国民(臣民)です。

私は、たとえどんなに立派な過去であれ、いたずらに過去や歴史を誇ることは間違いだと思っています。
誇るのではなく、そこに謙虚に学び、自らを成長させていく、そのことの方が、よっぽど大事だと思うのです。

ともあれ、天の岩戸は開かれました。
燦々と降り注ぐ太陽の光のもとで、戦後68年間日本国中はおろか世界中で暴れ回っていた魑魅魍魎(ちみもうりょう)は、その醜い姿を光のもとに晒すことになります。

ChinaやKoreaの嘘、在日Koreanたちの横暴の数々、そして戦後左翼の浅学な批判の数々は、これから先、次々と暴かれていくことになるでしょう。

そして陽はまた昇る。
なにせ「癸巳の年」は、雨が上がり、陽が射す年なのですから。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

世界最強の天皇陛下


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

fatherup

出光佐三の教えと、日本人。
あけましておめでとうございます。いつも読まさせていただいています。ありがとうございます。
どこのどの文章なのか誰が言ったのかとかよくわからないのですが、ぼんやりと”いざとなると日本、日本人は強い。”と時折耳にします。
私自身10年ほど前、台湾に住んでいた時に、当時70すぎの友人のお母様や、80歳ちょうどの陳さんというお現役医者さん)に「日本は強いんだから。」と何度となく言われました。
ところで出光佐三さんの話をちょっと前に読まさせていただきました。ちょうどその時、「海賊と呼ばれた男」(百田尚樹)を読んでいたのですが、読み終わった年末にたまたま出光興産の社員の方と会食する機会がございました。当然海賊の話題で盛り上がるのですが、そこで話です。
その方が出光に入社した時、国旗を掲揚しろとか、天皇陛下の話とか、散々その手の社内教育を受けたそうです。
(その時は佐三さんは既にお亡くなりになられています。)その方は当時「なんだこの会社は?」とひどく疑問に思っていたし、大学の友人たちは組合のある有名メーカに入ったりして、飲んだ席で面白おかしく話を聞き、出光の友達と組合作ろうぜみたいな話をよくしていたそうです。
その類の教え、出光佐三の教えはその後30才台、40才台と続き今でも続いているとの事。
さて、311大震災の際に、ガソリンが不足し、スタンドは大行列で大混乱。興奮したお客様に殴られた従業員もいました。出光以外のスタンドも同じだった事と思います。
しかし、出光佐三さんの「愚痴を言うな、今すぐ復興にとりかかれ」の言葉(教え)が、支店、スタンド、全出光の施設に張り紙が出され、従業員一同それを見て、献身的に働くことができた。「いざとなった時の出光は強い。」のは、みんなが店主の教えを知っているからなんだよね。
そんな話を聞くことができました。
何か”日本人が強い”の根本にあるものがうっすら見えた気がします。
歴史とか文化とか、教えを知っているに通じるのかな。そんな思いになりました。


芝蘭

大変恐縮ですが、ねずきちさんが冒頭で使われた「新年明けましておめでとう御座います」という表現は、ちょっと間違えた日本語です。というのも、私たちは「夜が明けた」を「朝が明けた」と言わないように、「新年」が明けたら「来年」という意味になってしまうのです。ですから、明けたのは旧年あるいは大晦日であって「新年」とごっちゃにしてしまうのは気を付けたいことですね^_^;
重箱の隅をつつくような文句で申し訳ないですが、是非ご考慮お願いします>_<

団塊の世代の後輩

No title
遅ればせながら明けましておめでとうございます。某大学の定年を終え、ついでながら私のドラゴン年も終わってしまいました。年賀状を整理すると、組合に一度も入ったことのない元教授の方ですら相変わらず「平和憲法を守ろう」なぞとコメントを書いており・・今更ながら大学人という者は世間をしらぬンーテンキ者であり、ののノーテンキぶりはどんなに歳を重ねてもなおらぬ者と苦笑しております。幸い私は趣味の武道の世界で民間に勤められる方々の苦渋を見聞したおかげで“税金泥棒”に対抗する“公僕”として勤めを全うすることが出来ましたが・・まだまだ某大学パート職員としてしばらく粘る所存です。この某大学が売国機関にならぬよう微力ながら頑張る所存です、てなわけで勝手ばかり言っちゃいましたが本年も宜しく!

あ.

明けましておめでとうございます。
ねずさん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
魑魅魍魎たち(輿石東、蓮舫、白真勲、江田五月など)の真実を明かし、参議院選では、落とすよう真実を周囲の方々に伝えたいと思います。
あと、真実を伝えないマスコミの実態も。
フジテレビの電波更新が今年あるので、偏向報道みつけたら、総務相進藤義孝大臣、片山さつき議員に偏向報道内容を伝え、更新しない様、電話・FAX・メールなどでお願いする必要があると思います。
国民の声が多ければ多いほど更新されにくいと思います。
一人でも多くの人に参加してもらいたいです。


それと今、NHKについても現在、総務相がパブコメ募集しています。
何か支払いが増えるようですので、ドンドン意見しましょう。
かけだし鬼女様ブログの「NHKパブコメを出そう!…」12/12/24に詳しくでてます。皆々様、ぜひご協力お願いします。
では、ねずさん、お体にお気をつけて、また色々情報開示お願いします。

発心

明けましておめでとうございます。
新しい日本の門出を寿ぎ、更なる成長を祈念いたします。

イチクリッカー

No title
明けましておめでとうございます。
今年も愛読させてもらいます。
末永くお世話になりたいので、お体ご自愛下さいませ。

anonymous

明けまして(開けまして)おめでとうございます
日の出を覆うように水平一直線に流れる雲がゆっくりと昇る太陽に真っ赤に染められ、ちょっと幻想的な今年の日の出でした
そして2013年の太陽は眩しいです。自分も含め何か本当に白黒はっきりさせてくれそう気がします

日本国の復興が進めば、その経済バランスだけで彼等は勝手に溶けて無くなってくれそうです。いざと成ると小物には日本国の鼻息だけで十分なのかも知れません
デフレ脱却等、日本国の復興が進めば安倍さんの支持も更に厚く、犬の遠吠え国なんかゆっくり料理できます。そのためには先ずは痩せた日本を肥やさないとですね
その頃になればマスコミも怖い存在ではないでしょう、特亜への配慮なんか必要なくなりますので外交はこっからが本領発揮です

中共だって人民解放群の力を試す前に内部から動きがありそうです。強制労働等、国民の不満も限界に達っすれば歴史が明かしてるように再び自国内でやり合うことに。

情勢がどう動くかは分かりませんが、安倍内閣を完全に信じています。この内閣と国民なら再びの大地震だって明らかに乗り越える
民主党に足を引っ張られながら乗り越えてる国民と安倍内閣、これ最強です

今年も勉強させて頂きますので宜しくお願いします

一新参読者

元旦のご挨拶
あけましておめでとうございます。
こちらのブログのおかげで、人生観がガラッと変わった気がします。本当に感謝しております。
普段は読ませていただいてもなかなかコメントしないのですが、今日は元旦ですので、お礼だけでも言いたくて書きました。

きっと私と同じようにこのブログから多大な影響を受けている人たちがいると思います。
また、そのような人たちから間接的に影響を受けて、日本を背負って立っていく人もたくさんいることでしょう。
希望を胸に、今年もしっかり生きて行きたいと思います。

鈴木達也

明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
うちの日の丸国旗が冷たい風になびき、新年早々清々しい気持ちです!
ねずさんに出会うまでこんな風に国旗に感謝とか、清々しい気持ちなることはありませんでした!!
ねずさん、本当にありがとうございます。今年も色々な知識や日本の心を教えてください。

たぬ

皆様
明けまして
   おめでとう
ございます


日本国の安泰とここに集う皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

一日本人

No title
あけましておめでとうございます。
本年は日本・ヴェトナムの国交正常化40周年の年でもあり、アジア情勢が重大な局面を迎える年です。
是非、ファン・ボイ・チャウなどの話も取り上げてください。

桜子

No title
明けましておめでとうございます。

今年も勉強させて頂きます。
宜しくお願い致します。

志士

No title
新年あけましておめでとうございます。

日本人が目覚めなければならない年です!

-

No title
あけましておめでとうございます

今年は安倍さんも総理として力を振るえるかの勝負の年ですね

某さん

No title
ねずさん

明けましておめでとうございます。
今年も勉強させてもらいます。

日本一の変態男

元旦の誓い
明けましておめでとうございます(●´∀`●)/ 
今年は我々護国勢力による逆転攻勢の年にせねばなりません。
その為に魑魅魍魎の悪業を容赦無く白日の下に曝してゆかねばなりません。
同時に先人の偉業を世間に知らしめ、お花畑層を一人でも多く護国民へと覚醒させねばなりません。
安部さんその他保守政治家達を支え続け、安部自民の参院選圧勝を実現すべく知恵を絞って準備せねばなりません。
時間はかかれど、偉大なる先達に恥じぬ立派な日本を一つ一つ取り戻してゆかねばなりません。

‥え~と他に何かあったっけかな(・・?)  沢山あり過ぎて思い付かんww
とにかくやる事は去年と同じ。 草々の身で出来るだけの事はやってゆかねば。
今年からはコチラに風が吹く(と思う)ので、今まで調子こいて来た魑魅魍魎を畳み込んで月世界へ放棄する勢いで闘って征きましょうぜ!!(´ω`)ンダ!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク