対等

三ケ根山殉国碑への個人カンパご協力のお願い
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

靖国神社
靖国神社0101


さて、正月三日となりました。
新春を寿ぎ、今日は「日本は対等を尊ぶ社会である」ということを書いてみたいと思います。

いまから1400年の昔、日本が推古(すいこ)15(607)年の第二回遣隋使(けんずいし)で、隋の皇帝煬帝(ようだい)に宛てた国書の中に、
「日出処の天子、書を没する処の天子に致す。 つつがなきや」
と書いたことは、有名です。

この言葉に隋(ずい)の煬帝(ようだい)は激怒しました。
このことも有名な話で、なぜならそれは隋の歴史書に、そのように書かれているからです。
自国にとって不満なことをわざわざ書いているのですから、このことがあったのは、まちがいなく事実であったことでしょう。

ではなぜ煬帝(ようだい)は怒ったのでしょうか。
これについて、日は東から昇って西に沈むから、日本が上でChinaが下であるという意味だから怒った、などと解説している学者がいましたが、馬鹿な話です。
なんでもかんでも上下関係の階級闘争で捉えようとするから、目が曇り、解釈を間違えるのです。

そもそも東も西も単なる方位です。
東西に上下はありません。

では「天子(てんし)」という言葉に怒ったのでしょうか。
書は、「東の天子」「西の天子」と述べています。
東と西が対等なら、東西ともどちらも「天子」です。
これまた対等です。
要するに、日本の国書は、国と国として、互いに対等と述べています。

これに対して煬帝は、怒ったのです。
つまり「対等」であるという日本の主張に怒った。

ここにChinaと日本のマインドの違いが明確に現れています。
Chinaは古来、何から何まで上下関係にしなければ、納得もできなければ、安心もできないという国です。
国柄もそうなら、人と人との関係においてもそうです。
全てにわたって上下関係が構築されていないと気がすまない。

上下関係というのは、支配するものとされる者の関係を意味します。
もっというなら、「支配する者」と「隷従する者」の関係です。
「隷従」ですから、上に立つ者は、下の者に対して、ありとあらゆる我儘、傲慢が許される。
そしてひとたび下になれば、人ではなく、モノとして扱われ、全てを奪われても文句を言えない。
それが彼らにとっての、上下関係です。

したがって、国家においても家庭においても友人関係においても企業においても、全ては上下関係が基礎になります。
だから上になったものは、贅の限りを尽くすし、下の者は抑圧される。

そして抑圧は、社会のストレスになり、それがときに暴発する。
その暴発が快感となり、伝播し、ついには政権そのものを打ち倒してしまう。
ChinaやKoreaの歴史は、まさにその繰り返しでした。
それが中華文明というものだし、中華文明の影響下にあったKoreaの文明です。

これに対して日本は、というより日本人は、どんな相手に対しても「対等」であることを尊ぶ国柄です。
なぜそうなるかといえば、日本人は、古来一貫して陛下のもとにある「公民」だからです。

もちろん身分や立場の違いはあります。
けれどそれは主として「役割の違い」です。

男と女、年長者と若者、武士と職人、町民と農民、頭のいい子、勉強のできる子と、勉強はイマイチだけど運動や体力に優れた子、それぞれに違いはある。
その違いを互いに尊重しあい、互いに出し合って、協力しあい、支えあって社会を築く。
このことは、国家社会も、企業社会も、あるいは家庭内においても同じです。

どういうことかというと、日本社会はオーケストラにたとえることができます。

オーケストラに使われる楽器は、たとえばコントラバスとバイオリンでは、同じ弦楽器でも音が違うし、バイオリンとトランペットでは、演奏の仕方も出て来る音もまったく異なります。
同じ打楽器でも、シンバルと大太鼓では、出せる音がまるで違う。
その楽器同士が、互いに、俺は高い音を出せるけれど、お前は低い音しか出せない、だからオレの方が偉い、などとやるのは馬鹿な話です。

互いにその楽器の特徴を出し合って、みんなで力を合わせて、素晴らしい音楽を演奏する。
ひとりではできない、壮大な音楽を奏でる。

ですから指揮者が偉いわけでもありません。
指揮者も演奏家も、相等しく対等な関係です。
ただ、役割が違う。
役割の違いを、互いにきちんとわきまえ、それを互いに大切にする。
そうすることで、みんなが力をあわせ、より良い交響楽を演奏する。

そして演奏する交響楽団が、素晴らしい名演奏ができるよう、聴衆客も、演奏する楽団と一緒になって静かにこれを聴き支え、終われば万来の拍手で、これを讃え、支える。

楽器同士、演奏家と指揮者、楽団と聴衆、そしてその演奏が行われる会場の運営者、掃除のおばちゃんに至るまで、みんなが互いにできる、最大限の努力を惜しまず、これを支えあう。
それが日本式です。

東日本大震災のあと、日本人が整然とコンビニの前に並んでいる姿を見て、世界の人々が驚愕しました。
それは日本人が「礼儀正しい」からではありません。
日本が「対等」を尊ぶ社会だからです。

ChinaやKoreaのように、上下関係が軸になる社会なら、力の強いもの、権力のある者が平気で「横はいり」する。
「横はいり」されたら、順番を待っていたら、食い物にありつけない。
だから並んでなんていられないのです。
力づくででも、先に奪おうとする。
そうしなければ、生き残れないからです。

日本はそうではなく、みんなが対等に支えあうことをもって、みんなで食をつくり、みんなで分け合うことを軸にしてきた社会です。
ですから、列に並ぶ時は、力の強い者だろうが、権力者であろうが、対等です。
国民みんなが互いに「対等」という意識を共有しているから、安心してちゃんと順番に並んでいられる。
それが日本です。

ですから国と国との関係も「対等」です。
推古天皇は、隋の煬帝に対して「対等」宣言をしましたが、同様に先の大戦前の日本は、Korea半島に対しても、台湾に対しても、あるいはマレーやフィリピン、シンガポール、インドネシア、パラオなどの南方諸島の島々、そしてChina大陸、満州等において、それらの国と対等な関係を築こうとしました。

そしてそれらの国が、まだ近代化に遅れ、人々の教養や国家インフラが整っていなければ、それらをむしろ日本の国費をもって積極的に整えようとする。
なぜなら、そうすることで、互いに「対等」な関係を築くことができるようになり、共に栄える、つまり共栄が可能になるからです。

そしてそうした日本の行為は、結果としてそれら諸国を、西欧諸国によって植民地支配され、隷従させらていた状態から脱皮させ、見事、民族の独立を果たす近代国家に蘇生させるという偉業を成し遂げています。

人と人の関係や、国と国との関係を「対等」という概念でみることができないChineseやKoreanは、その日本との関係を、だから「上下関係」で推し量ろうとする。
だから、世界一般の目で見れば、およそ考えられないような優遇を日本から受けていながら、それを「植民地にされた」と規定し、「恨」をもって日本と対抗しようとする。
馬鹿な話です。世界はとっくにそういうChinaやKoreaを見限っている。

江戸時代、武士には「斬り捨て御免」が許されました。
百姓町民は、無礼があれば、武士は斬って捨てました。
それは身分制であり、差別であり、上下関係ではないかという人がいます。

大きな間違いです。
江戸武士には、もちろん「斬り捨て御免」が許されましたが、その代わり、武士は大小二本の刀を差すことが義務づけられました。

なぜ「斬り捨て御免」の代わりに「大小」なのか。
大刀(長い方の刀)は、もちろん無礼打ちに相手を斬り殺すためです。
小刀(短い方の刀)は、そのあと、自ら腹を斬るためのものです。
たとえどんな無礼があったにせよ、人を殺めた以上、その責任をとって自刃(じにん)する。
その覚悟のもとに、無礼打ちが許されたのです。
だから武士は大小二本の刀を腰に差した。

つまり、武士と町民、武士と農民は、互いに人として「対等」であるということです。
そういう日本人にとって、身分は秩序のためのものです。
上下関係ではない。

ためしに会社の経営者の社長さんに「あなたは偉い人ですか?」と聞いてみたらわかります。
日本人の社長さんなら、100人いたら100人とも、
「とんでもない。偉くなんかないです。『エライ』だけです」と答えることでしょう。
「エライ」というのは「しんどい」という意味です。
責任が重くてしんどい。
なぜならそれは、人として対等な部下に対して、あるいは取引先に対して、重大な責任を負っているからです。

そういうマインドを、日本は、日本人は、1400年以上も昔から、綿々と築きあげてきたのです。
その日本を自虐史観で頭ごなしに否定するということは、人と人とが「対等」であることも、国と国との間に「対等」な関係を築くことさえも否定する、ということです。

私には、自虐史観が人々に幸せをもたらす歴史認識とは到底思えません。

同様に、歴史を学ぶということは、誇りを取り戻すとかそういうことでもないと思います。
曇りない目で謙虚に過去の歴史を学ぶことで、私達は、現代をより良く生き、未来を築いていくことができる、そこが大事なのだと思っています。
それは「誇る」ということではなく、真実を知り、未来に活かすということです。

歴史は、威張るためのものでもなければ、他の人や他の国に対して優位に立とうというようなものでは、決してない。
なぜなら日本は、あくまで「対等」であることをたいせつにするという文化を、千年以上もの長きにわたってたいせつに育んできた国だからです。

夫婦も対等、親子も対等、上司と部下も対等。
ただし、身分の違い、役割の違いは、明確にある。
そしてその違いを互いに明確に認識することで、きちんとした秩序を形成する。
そして秩序は、多少の不自由さを人々に求めるけれど、それがあるがゆえに、みんなが安心し、互いを尊重して暮らすことができる。

そういう日本をあらためて見直すことが、わたしたちが現代を生き、未来を築く礎となる。
日本を取り戻すとは、そういうことであると私は思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

将校生徒の手記 陸軍予科士官学校1


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

さとし

ご質問
日本一の偏対男(ねず様?)さん、ありがとうございます。
そういえば昔何かの本で、えた・非人のもとは戦場で戦死者の後始末をする代わりに、死体の武具や金目のものを自分のものとしてよい権利を認められた人々だと読んだ記憶があります。
そして江戸時代になって戦が無くなると、獣の屠殺を生業にするようになったと。
まさに、人の嫌がる穢らわしい仕事、または重労働を担ってきた人々だったのでしょうか。
しかし山の民を含めてそういう人々は、悪党と呼ばれ、後醍醐天皇に忠節を尽くした楠木正成なんかと同じ系譜ですよね。里の民に普段は忌避されていても、いざ非常時にはその超人的な能力と技術を頼りにされていた気がするのです。
(気がするだけです。不勉強で申し訳ありません(^^;)
いずれにせよ、現在の部落に対する差別意識は、解同などの利権圧力団体的な行動が招いた自業自得であるのは確かなようですね。
私ももう少し勉強してみようと思います。ありがとうございました。

日本一の偏対男

追記
山の流民たちが天皇直属を自負してた件ですが、支配を逃れてきたはずの彼等が維新を期にスンナリ里へ降りて来て融合したのも、維新政府が天皇の政権だったからなのかなぁ‥な、な~んて思ったんで追記しときますφ(.. )

日本一の偏対男

さとしサンへ
>えた非人の位置付け 

‥う~ん こりゃまた難しい問題持ってきましたなぁ(*с*) まぁ現代の解同なんかはただの圧力恫喝搾取団体に成り下がってるから論外として‥‥愚拙は愚拙だけにその分野には全く以て詳しくないんで、浅い知識をやりくりした幼稚な解釈になってしまいますが、世の中には穢らわしくて誰もやりたがらないが絶対に必要な役割というのもあるので、それらを受けもつ人達が一般の民から「あの人穢らわしいわ、エンガチョ」な扱い(つまり差別)を受けていたのは確かかと。 もっともそれは“民衆の中における”差別であって、例えばサンカと呼ばれる山の民も明らかに里の民から忌避(もしくは畏怖)されていたものと思われますが、不思議なもんで彼らは殿様の支配下にある領民達よりも「我々は天皇直属の民である」という意識が強かったそうですな。 当然ながら里の民にとっては一番身近な地元の殿様へ対する意識が強く、天皇は遥か遠い存在。 だが山の民サンカにとっては地元の殿様だの天下の将軍だのはどーでもよく、自分達は天皇には従うがそれ以外はシラネ状態だったと聞きます。  
まさに天皇の下においては将軍もワシらも同じぢゃの心構えだったんでしょうが、そう思ってないとやっていけんわい‥ッテのもあったのかなと。 何となく神話の中にヒントがありそうなんですが愚拙の腐敗した脳ミソでは中々読み解けん(苦笑)(;^_^A
同じ様にエタ非人と呼ばれる人達についても、そのルーツからして天皇と近しかったなどの話をたまに聞きますが、諸説あってブッチャケよく分かりませんww(ρ_-)ノ 
‥とはいえ、せっかくの機会なんで、近々県立図書館にでも行って調べてみましょかな♪φ(.. )  
ひとつだけ確信もって言えるのは「民衆間における例外的な差別はあっても、天皇の下においては一般庶民も将軍大名もサンカもエタ非人も皆同じ大御宝であった」という事でしょうか。 

PS.今迄貴コメに気付かなくて御免なさいm(__)mξ あと答えが浅はかなのは浅学のせいなんで、間違いあってもご容赦をば♪(^^ゞ

さとし

ご質問
ねず様、そして皆様にご質問がございます。
えた・非人の身分というのは、日本史の中でどのような位置付けと考えるべきものでしょうか?
これまでの左翼史観の中で差別の象徴として扱われて来たものですし、現在の同和問題の根源でもありますので、是非整理しておきたいと思います。

拡散願い

■武田鉄也さん(63)が台湾人の書いた本に影響されて中国韓国を痛烈批判か 「我々が習った歴史と違う」
ニコニコ動画では、「鉄也が目覚めた!」「テレビから消されるのではないか」など多くの反響を呼んでいる

■武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史

http://www.nicovideo.jp/watch/1356834750
http://www.nicovideo.jp/watch/1356835191
http://www.nicovideo.jp/watch/1356835497
http://www.nicovideo.jp/watch/1356836834

一有権者

No title
たった今犬HKのニュースにて靖国神社へ放火したシナ人犯人を韓国が当事国である日本へ引き渡さず
シナへ帰国させる事にしたそうです。
日本と韓国は犯人を引き渡す国際条約に加盟しているにも拘らず平気で条約を破る。
このような国は民主主義国家とは名ばかりで反日が国是の日本国にとっては厄介な
敵国であるとまた一つ証明されました。

このような国に支援も何もする必要はありませんし遠慮も配慮も必要も有りません。
徹底して付き合いを縮小しゆくゆくは国交を断然津しても宜しいのではないでしょうか。

困るのは韓国であり日本国ではないのですから。

みーたん

ねずさん、皆様
今年もよろしくお願いいたします(^.^)♪

さて、お正月にやっと「永遠の0」を読むことができました。
ねずブロで、いろんなお話しを読んでいましたから、戦争時のイメージがしやすかったですし、人間だからいろいろ失敗しながら成長し、歴史から今を生きる何かを学べば良いのであるという、ねずさんのスタンスで小説を読むことができました。
ねずさん、ありがとうございました。
惻隠の情、こういう心を磨けたらよいな~と思いました。

今日の「対等」ということも、中々正確に理解するのは難しいですが、大切な心の一つですね♪

ねずさん、今年もたくさんの大切な心を伝えるブログを、よろしくお願いいたします(*^^*ゞ

AAA

No title
マスゴミは全員見て反省しろ!!
2/2【新春特番】維新・改革の正体[桜H25/1/2]
http://www.nicovideo.jp/watch/1356435123

桜子

No title
愛国行進曲
一、
見よ東海の空あけて
旭日(きょくじつ)高く輝けば
天地の正気(せいき)溌剌(はつらつ)と
希望は躍る大八洲(おおやしま)
おお晴朗の朝雲に
聳(そび)ゆる富士の姿こそ
金甌(きんおう)無欠揺るぎなき
わが日本の誇りなれ

二、
起(た)て一系の大君(おおきみ)を
光と永久(とわ)に戴(いただき)きて
臣民われら皆共に
御稜威(みいつ)に副(そ)わん大使命
往(ゆ)け八紘(はっこう)を宇(いえ)となし
四海の人を導きて
正しき平和うち建てん
理想は花と咲き薫る

三、
いま幾度かわが上に
試練の嵐哮(たけ)るとも
断固と守れその正義
進まん道は一つのみ
ああ悠遠の神代(かみよ)より
轟(とどろく)く歩調うけつぎて
大行進の行く彼方
皇国つねに栄えあれ

昭和十三年発表

ねずさんが言われようとされている事が全てこの詩の中に要約されていると思います。
私は軍歌と思ってはいません、日本の心を歌ったものだと思っています。

歴史は繰り返されるといいます、勿論その時代、時代で背景は異なりますが、いかなる時も変ってはいけないのは人間の心です。
日本人として日本の心を持ち、歴史に学び対処していくのが筋ではないかと思います。

あの当時と時代背景は違いますが、今の日本が置かれた立場は世の中が複雑になった分、あの時代よりもっと愚悪と思っています。
なぜなら戦後GHQ憲法に於いて、そして日本崩壊の元凶と言っても過言では無い日教組教育により日本人の心はバラバラ、日本は崩壊の一途をたどって来、日本に巣食う反日、そして過去3年に及ぶ民主政権で決定的となりました。

今はやっとおてんとう様が顔を出されたばかりです、そのおてんとう様が真上にこられるまで産みの苦しみは続きます。
今大切な事は今日ねずさんが言われたように、それぞれの立場でそれぞれが出来る事を、心ぶれずに成して行く事だと思います。

今まで以上に厳しい戦いが待っていると思います。
「マスコミの偏向報道、反日勢力、絶対許すまじ!」強い信念を持ち、心一つにし、安倍内閣を支えていかなければならないと思っています。

咲子

歴史に謙虚に学ぶ、私もそうありたいと思います。しかしながらここ数年、余りにも日本人としての誇りを傷つけられたのも否めなかったと思われます。それまで全く関心無かった家紋や家系図など、ここ数年で恥ずかしながら初めて知りました。優越を感じるから家系図は見るな、小中学校も公立でという教育でした。隣国と対等な関係を築きたいと思っているのに攻撃されるから、不本意ながら義憤を表に出さざるを得ない状況だと気がします。

日本一の偏対男

>互いにその楽器の特徴を出し合い、皆で力を合わせて素晴らしい音楽を演奏する

↑巷に人気のある戦国幕末の経緯を思い起こせば誰しも分かる様に、いづれも適材適所その人にしかやれない事をそれぞれがやった結晶と言えます。 どれ一つ欠けても完成しなかった。 つまりはそれが日本古来の流儀なんでしょーな。 大陸史によく見られる一人の傑出した独裁者がアレもコレもやってしまうのとは明らかに違う。 
‥それにしても日本をオーケストラに喩えるとは今更乍らねずさんの比喩力には頭が下がりますな(*^□^*)ξ
あっそーだ(°0°)! 例の講義の成功を祈ります‥ッテ、いつどこでやるのかは知らんがww(^^ゞ 

※なお他所にて指摘されたので、HNの字句を一部修正致しましたm(__)m ペコリ 何でも「偏向に対抗する」の意だそうで♪

-

No title
中国の西太后という映画で皇后は東太后と呼ばれていましたね。
その東太后のセリフに「東が正で西が副、どちらが上なの?」と
西太后に詰め寄っていた場面があったと思います。
 中国では東が上位を指すのでしょう。東に位置する日本が
憎らしいのもこのような理由からでしょうか?
 人はみな対等、職業に貴賤がないという日本人の感性は
すばらしいですね。どのような逆境においても他者との関係を
重んじる日本人を心から誇りに思います。

日本楽府

No title
日出處(ひのいづるところ)  山陽・頼襄(らいのぼる)

日の出づる処(ところ)。日の没する処。

両頭の天子 皆 天署(てんしよ)。

扶桑鶏号(な)いて 朝(ちよう) 已に盈(み)つるも

長安 洛陽 天 未だ曙(あ)けず。

贏(えい)は顛(たふ)れ 劉は蹶(つまづ)きて日没を趁(お)ひ

東海の一輪 旧に依(よ)りて出づ。

維新の志士、あるいは元勲となった人たちも、みな頼山陽の著作に触発され、王政復古のヴィジョンを得たといっても過言ではない。
推古天皇の時代、小野妹子が遣隋使として隋に派遣された時の国書に、
「日出ズル処ノ天子、書ヲ日没スル処ノ天子ニ 致ス、恙無キヤ」
とあったと『隋書』に出てくる。これを見て隋の皇帝煬帝は喜ばなかったという。当時、古代中国の皇帝は、そこの皇帝だけが天子なのであり、周辺の諸民族は東夷、西戎、北狄、南蛮と いう野蛮人であると考えていた。こうした民族を示す文字に虫や甲殻類やケモノ扁の字が含まれていることから考えても、いかに古代中国の天子が周囲を見下していたかが分かる。そういう蛮族の酋長はたかが「王」であって、天子とか皇帝などということは、とんでもない話だったのである。
この国書を書いた聖徳太子がそんなことを知らなかったはずがなかった。しかし、あえて対等の称号を用いた国書を書いたのである。それが「両頭の天子皆天署」の意味である。隣接する大国とまったく対等なのだということを主張するその気概こそ古来から日本人の特質だったのである。

団塊の世代の後輩

No title
我が国の父祖から受け継ぐよりよき伝統は、我が国の常識であって世界の常識ではありません。そのことを肝に命じ、近隣の野蛮国に足下をすくわれないよう対処したいものです。野蛮国から見れば“お人好しの日本人は騙しやすい”。そうではなく“お人好しに写る日本人を騙すとひどいめにあいそうだから本当は恐い!”そう思われるよう、心身ともに鍛えていきたいものですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク