日本史検定講座第三回ご報告



三ケ根山殉国碑への個人カンパご協力のお願い
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日本史検定講座0110


ご報告がだいぶ遅くなってしまいましたが、去る1月10日に、第一期「日本史検定講座」の第三回講座が開講されました。

今回の講義は、
第五講 元寇が日本に残したもの
第六講 武士道と忠義の観念
です。
講師は、不肖私が担当させていただきました。

講演や講義は、ある程度やり慣れているつもりではいたのですが、正直、今回の講義は、はじまるまでとっても緊張しました。

と申しますのは、前回が高森明勅先生、前々回が藤岡信勝先生の講義で、そこには底流に流れる大きな流れがあったからです。
ひとつのテーマで、自分が自由にしゃべるということではなく、前の先生方が築き上げた流れの中で、そのテーマについて話す。

私がその流れからはみ出すことで、せっかくできあがった講義の流れをぶち壊しにしてはならないと思ったからです。
そう考えたら、そりゃあね、もう、ものすごいプレッシャー(笑)
時間がくるまで、もう、右手と右足が一緒に動きそうなくらい緊張してしまっていたのですが、もっとも始まってしまったら、それはいつもの調子で講義をお勤めさせていただくことができました。

なにより、教室に集まって下さったみなさんが、とても熱心です。
その熱意が、話している側にも、ビンビンと伝わって来る。
ほんとうに、みなさまのおかげで、なんとか講義を無事に終えることができました。
ありがとうございました。

この日本史検定講座の特徴は、こうした講義が、ただ、講義だけで終わらないところにあります。
どういうことかというと、その講義の内容が、まるごとテキスト(文章)になり、当日の講義の模様の動画と一緒に、皆様に配信される、ということです。

人の話というのは、実はこれをそのまま文章に落そうとしても、往々にしてまともな文章になりません。
それは、「あのー」とか「そのー」といった余計な言葉が含まれるからというレベルの話ではなくて、書き言葉のように話しているつもりでも、実際に文章にしてみると、言葉が飛んでいたり、そのまま文字にすると、話しているときとはまるで違う意味になったりします。

ですから、講義をテキストにするというのは、実は、オリジナルに近いくらい大変なことです。
また、テキスト文にする以上、口頭の話で、やや弱かった部分などの補強も必要です。

実は、この日本史検定講座では、そうした理由から、教室で講義が行われるだけでなく、その講義を文字に落したテキストが配信され、また、講義の動画も一緒に配信されるようになっています。
まさに、至れりつくせりの講座となっているわけです。

日本史検定講座となっていますので、もちろん検定試験もありますが、問題は試験にうかるかどうかではなく、こうしたホンモノの国史を学べるオフィシャルな機会に、この講座がなっているという点にあろうかと思います。

講座は、4月から、第二期講座が始まります。
その節は、是非、皆様もご受講されてみてはいかがでしょうか?^^☆

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

Last Samurai Battle


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


三ケ根山殉国碑への個人カンパにご協力いただける方は、こちらに。
詳細は→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1721.html
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

untitpp

No title
日本のデタラメな歴史をを拡散してきたWGIP
それを黙認してきた売国自民党
今度はまたTPP推進でユダヤの手先、
竹中がよみがえり、
マスゴミはCSISの進次郎をもてはやす
日本人は洗脳からいつまでたっても
覚めないのである

団塊の世代の後輩

No title
お体、回復されたようですね?講義の無事の終了、誠におめでとうございます、今後ともくれぐれもご自愛願います。ちなみに私も本日、地元で主管する武道大会を成功裏に終えることが出来ました。武闘派にとっては慣れない“頭脳労働”をし、くたくたです、これから一杯ひっかけ、楽しみの“八重の桜”をみて寝ようかと思っています・・

貼り付け

No title
ドイツは日本同様少子化に悩んでいます。出生率は1.34で、日本の1.39をも下回ります。2.0で人口維持ですから、これでは人口激減です。

そんなドイツで、なぜ子供を作らないのか、50歳以下の子がいない人たちにその理由を聞きました。するととても興味深い結果が出ました。

Was die Deutschen vom Kindermachen abhält

1位 「ふさわしい伴侶が見つからないから」40%
2位 「子を持つには若すぎると感じるから」39%
3位 「自分のために使える時間が少なくなるから」34%
4位 「自分の将来が見えないから」30%

ドイツ政府は10年前にも同じ調査をしたのですが、そのときの1位は圧倒的に「家計に余裕がないから」でした。だからドイツはそれ以来子育て支援を拡充し、2000億ユーロにのぼる予算を少子化対策につぎ込んでいます。

その結果今のドイツでは、子供を作ることによる負担増はほとんどなくなりました。しかし出生率は上昇しません。そしてその理由を聞いてみたら、今度は上のように解答されたというわけです。

この調査結果は衝撃的です
。少子化はライフスタイルの問題であり、政府にできる対策はないということを示しているからです。ドイツには家族相が、日本には少子化担当相がいますが、彼らは無駄な仕事をしているのであり、国民のライフスタイルを強権的に改造でもしない限り子供は増えないのです。

子作りしないドイツ人たちの理由を見て、ドイツ人は自分勝手だと感じる人は多いと思います。しかし自分はそうは思いません。

上ににあげられた理由を反転して考えると、ドイツ人の子育て観が見えてきます。すなわちそれは、「子育ては、社会的に安定した地位を得た経験ある大人が、立派な伴侶を得た上で手塩をかけて行うもの」という感覚です。要するにドイツ人は、子供をとても神聖なものととらえており、自分勝手どころか、自分に子育てする資格はないと考えているフシがあるように思うのです。


http://meinesache.seesaa.net/

-

No title
今、「日本の歴史 本当は何がすごいのか」田中英道 育鵬社 を読んでいます。美術史の国際的権威が書いた通史です。大東亜戦争はアメリカのルーズベルトが始めたがっていたと述べています。わたくしが驚いたことは、遣隋使、遣唐使の頃、それ以上の回数、規模の使節が隋、唐、渤海から日本の文化摂取や交易のために来日しているという記述でした。インド人、ヴェトナム人の僧侶も日本仏教を学びに来ているそうです。当時の日本の文化レベルの高さがわかります。著者はこれら使節を遣日使と呼ぶべきと言っています。

月のしずく

ねずさん、10日は素晴らしい講義をありがとうございました♪

あの時、
>右手と右足が一緒に動きそうなくらい緊張

されてたのでしたか。
そのようにはまったく見えませんでした(^_^;)

>教室で講義が行われるだけでなく、その講義を文字に落したテキストが配信され、また、講義の動画も一緒に配信される

この講義&テキスト&動画の3点セットが、こんなにわかりやすく、楽しく学べるとは知りませんでした。
初の試みだと思うのですが、素晴らしいです!

しかも一回の講義が1000円で、もれなく3点セットなのですから、他の数ある勉強会に比べて格安だと感じました。

ねずさんは大変ですが…(>_<)

でも、できればこの3点セットを他の勉強会でも標準にしていただけると、受講者はとっても助かります(^.^)b

ねずさん、よろしくお願いいたします☆

梅本

No title
はじめまして、いつも読ませていただいています。
早速ですが記事中にて
>右手と右足が一緒に動きそうなくらい

帯刀した武士のあるきかたですよ。流石ですね、ねずさん。

みるる

教師の再教育が必要だと思います
お早うございます
歴史を歪曲している教師が多い事
一部の教師かもしれませんが
北海道はロシア領土沖縄は中国領土と指導する教師が日本にいる野だそうです
体罰が必要だと言いながら八つ当たり的な暴力を振るう教師が多い事
そして生徒に塩酸を飲ませる愛知の中学校教師
このような教師を野放しにしている日教組は解体すべきでしょう
土曜日授業復活はあるべきだと思います
生徒の将来を捻じ曲げるような教育指導は無くすべきだと痛感するこの頃です
私も学生時代日の丸君が代は世界大戦の頃に作られたと習ったんです
南京虐殺も日本人がしたのだとか教えられました
そしてそれは国語の教科書にも掲載されていました
間違った歴史教育は廃止あるべきだと思います
当時の教師も多くが老衰で亡くなりましたけど
日教組がある限り間違いは繰り返されます
公務員が恩給制度や長い育児休暇等多くの保障をもらっていて
一般サラリーマンより優遇されてます
日教組は解体あるべきだと思います
それと子供の古い地図帳も新しい地図帳にも
竹島・尖閣は日本領土と明記されていました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク