建武の中興のお話

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

後醍醐天皇
後醍醐天皇


ずいぶん昔のことになるのですが、司馬遼太郎が文芸春秋の冒頭言だったか、街道を行くだったかで、友人の作家が「太平記」を書こうとしていることに触れ、「あの時代はまさに権謀術数渦巻いた時代で、その時代を書こうとすると、たいていの人は頭がおかしくなってしまうので、やめたほうがいいと話した」と書いていたことがあります。(30年以上昔の話なので、ウロ覚えです。)

「太平記」は、室町時代に書かれたとされる本で、現存するものが全40巻もある長編で、後醍醐天皇の即位から鎌倉幕府の滅亡、建武の中興の失敗と南北朝分裂、南朝の怨霊の跋扈による足利幕府の混乱までを描いた物語です。

原典があるわけですから、源氏物語や義経記のように、現代版の小説になりやすそうに思えるのですが、にもかかわらず、なぜ太平記を扱うと「頭がおかしくなる」のかというと、その時代が権謀術数渦巻く時代であった(もしそうなら逆に小説のおもしろい題材になります)ということ(表面上の理由)ではなく、実は、太平記の時代を扱うと、どうしても触れなくてはならないこと(隠れた理由)があるからだといわれています。

では、それが何かというと、実は、日本における天皇とは何か、という問題なのです。


この時代、鎌倉幕府が崩壊し、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)が建武の中興(けんむのちゅうこう)を興しました。そして、これが崩壊し、足利幕府が誕生する。

「建武の中興」は、最近の学校の歴史教科書では「建武の新政」と教えているそうですが、左前の日教組に汚染された教科書が、あえて表記を「中興」から「新政」に変えているところなども、なにやらキナくささを感じます。

この太平記について申し上げる前に、すこしこの時代の背景を述べてみたいと思います。

建武の中興があった時代の前の時代といえば、鎌倉幕府の時代です。
鎌倉幕府は、源頼朝の開幕(1192年)から幕府滅亡(1333年)まで、141年続いた政権です。

開幕から82年経ったところで起きたのが、元寇(文永の役1274年)です。
教科書によっては、鎌倉幕府はこの元寇のときに活躍した武士たちに恩賞を払えずに倒産した(笑)と書いているものもあるようですが、これは違います。
なぜなら元寇以降も半世紀も幕府はその権威を保っているからです。

ではなぜ鎌倉幕府が崩壊したかというと、それには別な理由があります。
相続制度です。

鎌倉武士たちの相続制度は、いまの日本と同じで、子供達全員への財産の均等配分方式です。
実はこれはたいへんな問題をはらんでいます。

鎌倉武士というのは、もともとは平安時代に生まれた私有地(新田)の領主たちで、それぞれが広大な領地を保有していました。

彼らはその領地で、一族郎党を養い、その領土を武家の棟梁(とうりょう)である幕府に安堵してもらうという御恩を受け、その御恩に対するお礼として、一朝、ことあれば、いざ鎌倉へと出陣する、つまり「御恩と奉公」の関係にあったわけです。

そしてその領地は、それぞれの武家の「家」を単位にまとまっていました。
ですから子がいなくて「家」がなくなってしまっては、安堵してもらう領地があっても、安堵してもらう人がいなくなるわけですから、一族郎党が土地を失い、みんなが飢えてしまいます。
つまり、彼らにとって、子を残すということは、たいへん重要なことだったわけです。

ところが、昔は、子供というのは、たいへんよく死んだものです。いまでこそ、一人っ子でも、その多くは成人を迎えることができますが、一むかし前までは、子が成人できるということ自体が、めずらしいことといってもいいくらい、たいへんなことだったのです。

ウチの祖母の時代でも、戦前のことですが、祖母は4人の男子を産んだのですが、そのうち2人が幼くして病没しています。昭和のはじめですらそうなのです。

江戸時代の後期、桜田門外の変で殺害された大老・井伊直弼は、井伊家の14男坊です。長男が家督を継ぐ時代に、なぜ14番目の男の子が家督を継いだかといえば、別に彼がとびきり優秀だったからということではなくて、1番めから13番めまでの井伊家の男の子たちが、みんな病没してしまったからです。

それくらい、子を大人にまで育てるというのは、実はたいへんなことだったのです。

ましてや井伊直弼の時代より600年以上も昔の鎌倉時代です。子が成人するだけでも困難な時代に、御家人たちが家を残そうとすれば、それなりに子をたくさんもうけなければなりません。

当然、子だくさんになり、そのうち幾人かが家督を相続します。
ところが、ここでの相続が、均等配分方式だったわけです。

するとどうなるかというと、仮に100人を養えるだけの土地があり、子が二人だったとすると、最初の相続では、50、50に土地が分割されます。これが二代目です。

次の世代になると、25になります。これが三代目。
四代目になると、12.5です。
五代目になると、6.25
六代目になると、3
七代目になると、1.5
八代目になると、0.75

つまり、七代目にはもう夫婦で食べて行くことすらできず、八代目になると家が崩壊してしまうわけです。

この時代、元服も結婚も早かった時代ですから、一世代はおよそ20年で交替しています。つまり20年×7代=140年で、見事財産が崩壊し、幕府も崩壊してしまうわけです。
実際、鎌倉幕府は数式通り141年目に崩壊しています。

こうして田を分けてしまうことで、国を滅ぼし、家を滅ぼすことを、後年の人は嗤って「田分け(たわけ)」と呼びました。
よく時代劇などに出て来る「たわけものめがっ!」の「たわけ」です。

鎌倉幕府は、こうした相続制度の欠陥による御家人たちの窮乏から、開幕から105年目の1297年(相続四世代目)には「徳政令」といって、御家人たちの借金帳消し令などを発布しているのですが、これは要するに破産宣告です。

現代社会でもそうなのですが、破産宣告を受けたら、もう借金はできません。
借金しなければ生活できないのに、借金ができないとなれば、これはもたいへんなことになります。

こうして鎌倉幕府は、政権運営主体としての信用を落とし、結果として1333年に崩壊してしまうわけでです。

こうした世間の混乱に対して、これをなんとかおさめようとして立ち上がったのが、後醍醐天皇でした。建武の中興です。

鎌倉政権というのは、天皇が認証を与えることによって成立している政権なのです。
その鎌倉政権が、事実上崩壊してしまったというなら、誰かが幕府にかわって政治の指揮をとらなければなりません。

私は、個人的には、後醍醐天皇というのは、とっても責任感がお強く、また男気の強い(ということはある意味、お人好し)な、人間味豊かな天皇であったろうと想像しています。

というのは、後醍醐天皇は、鎌倉幕府崩壊にともなう社会の混乱に、これを「権力に認証を与える存在」としての天皇自らが、親政(しんせい)というカタチで政治の指揮を執ろうとされたからです。

「親政」というのは、たいへんわかりやすい言葉です。
権力に認証を与えた「親」が、「子」にかわって直接政治の指揮を執るという言葉だからです。

後醍醐天皇は、政治の指揮を執り、全国で分割されてしまったすべての農地を、いったん、古代律令国家の体制に戻すことを宣言されました。

古代律令国家の体制というのは、公地公民制です。
つまり、すべの田畑を「公」のものとする、と宣言されたのです。

後醍醐天皇は、これを建武年間に行いました。
「建武」というのは、「武士の世を建てる」という意味です。

おそらくは、後醍醐天皇の意識の中にあったのは、いったんは日本の姿を7世紀、つまり聖徳太子の時代の古代律令体制の姿に戻すけれど、そのうえであらためて「武を建てる」つまり武家に政権を委ねるという方向をイメージされていたのでしょう。だからこその「建武」です。
後醍醐天皇の御心の内には、民の窮状を放置できないという、強いお気持ちがあったであろうと想像できます。

そうした後醍醐天皇のもとには、楠正成や児島高徳などの心のきれいな数多くの忠臣が集ったのですが、ところが思わぬところで、後醍醐天皇には障害があらわれます。
同じ朝廷内で、後醍醐天皇の行動に、疑念を持つ人たちが出てきたのです。

どういうことかというと、まさにそのことが、わが国の天皇という存在の本質であり、また太平記の要(かなめ)となるところなのですが、要するに「天皇親政」つまり、天皇が直接政治の指揮を執るということは、天皇が政治権力者、もっというなら「大王」の位にまで降りてきてしまうということを意味するということなのです。

わが国における天皇という存在は、世俗にまみれた「政治」というものよりも、もっとずっと高位な位置にある存在です。

天皇は、わが国の最高神である天照大神から綿々と続く神の直系の子孫です。
その神の血統が、民衆の親となり、その親が政治を行う者に認証を与えます。

だから、どんな政権下においても、天皇は神聖だし、民は天皇の民、公民(皇民)となることで、権力者による支配と、それへの隷従という奴隷的支配関係から解放されているのです。

ところが、後醍醐天皇が親政を行うということは、天皇が、その政治権力者の地位にまで降りてしまうということです。

するとどうなるかというと、Chinaの皇帝みたいなもので、天皇=絶対権力者となり、民衆は天皇の支配に隷属する奴隷という国のカタチとなります。

聖徳太子の十七条憲法においても、第一条は「和をもって貴しとなす」です。つまり民の幸せ、民の安定、民の和が、第一条にうたわれています。
仁徳天皇も、かまどの煙の逸話にあるように、念頭にあったのは、常に民の安寧です。

そしてそのためにこそ、古来わが国では天皇は、政治的権力と切り離した、もっと上位の存在となっているし、わが国の民が私有民として奴隷的支配をされないでいる民の幸福の源泉です。

そういう社会構造を大事にしたからこそ、古来、天皇みずから政治を行おうとするときは、天皇はその位を子に譲り、子から上皇の位を授かって院政(いんせい)をひくなどといった、やっかいなことをしているわけです。

ですからもし、後醍醐天皇が、子の成良親王(なりよししんのう)に皇位を譲って院政をひくか、あるいは成良親王を、鎌倉幕府の将軍に任命して、成良将軍のもとに政治を行おうとしたのなら、建武の中興は、多くの臣官の賛同を得て成功し、その後の長い治世を築く土台となったかもしれません。

結局、後醍醐天皇の建武の中興は、それが天皇親政というカタチをとったがゆえに、これを拒否する多くの人たちの反対によって、持明院統の別な天皇(北朝)が生まれ、明徳3(1392)年の明徳の和約(めいとくのわやく)によって、後小松天皇に皇位が譲られ、もとの日本古来の天皇の認証による権力者という社会形態に戻るわけです。

つまり、太平記を小説化しようとすると、どうしても、なぜ朝廷が南北に分裂したか、そもそも天皇とはなんぞや、という議論にどうしてもいたらざるを得ない。
なぜなら、そこを明確にしなければ、朝廷が南北に分裂した理由の説明がまったくつかなくなるからです。

だからこそ、太平記をそういう視点から扱うと、戦後左翼からの猛烈な反発や潰しが行われた。とんでもない非難中傷が行われた。

つまり、作家生命を絶たれるまで、激しい「追い込み」が行われ、全人格的な非難中傷によって、これを書こうとする作家自体が、作家生命を失うどころか、それこそ自殺にまで追い込まれかねないくらいの非道な名誉毀損、信用毀損被害に遭った。
だからこそ、朝日に近かった司馬遼太郎は、それをわかって、友人の作家に、「太平記はやめとけよ」と語ったということではないかと思います。

いまでもこうした「潰し」活動はさかんに行われていて、保守系である程度名前が知られた人たちは、全員がそうした中傷被害に遭っています。

ところがおもしろいもので、そうした中傷被害の手口があまりにも、どの人に対しても同じ展開なものだから、ネット社会の中で情報の共有化がいちじるしくなり、結果として、多くの保守で中傷を受けている人たちは、「なんだ君もか」となってきて、かえって保守系活動家の人たちの結束を強めるという、最近ではまったく逆の効果を生むようになってきています。

しかも、そういう中傷活動の火付け役が、ほんの一握りの人たちであり、しかもそれらがほぼ在日外国人であること、さらには、その在日外国人たちにすっかり騙され、踊らされて、彼らの保守分断工作に結果として加担してしまった人物まで、ほぼ特定されてしまうという状況になってきています。
まさに情報化社会の賜物です。

古事記には、天の岩戸にアマテラスがお隠れになっていた間、この世は闇に閉ざされ、魑魅魍魎が跋扈した、と書かれています。
そして、それら魑魅魍魎は、天の岩戸が開かれ、アマテラスが再登場してこの世に光が戻ったとき、すっかり正体を晒して、すべてが暴かれたとなっています。

古事記が書かれたのはいまから1300年もの昔ですが、同じことがいままた起ころうとしています。
戦後閉じられた天の岩戸は、いま再び開かれたのです。

ちなみに、今日の冒頭にあるのは、後醍醐天皇の肖像画ですが、他の天皇と異なり、後醍醐天皇に関しては、なんとなくChina皇帝のようなお姿でその肖像画が書かれているものが多いようです。
そういうところに、古人からの微妙なメッセージを汲み取るというのも、大切ことなのではないかと思います。

※本日の記事で私は後醍醐天皇をどうのということを争点にするつもりは全くありません。評価するのではなく、歴史はあくまで謙虚に学ぶものだというのが、私の基本的考えです。そこは誤解のないようにお願いします。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

美しい日本


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

特亜消尽

No title
井伊兄弟で早死にしたのは直中長男次男四男五男だけで、直弼の前は(実兄[三男])直亮で六~十三男と末っ子(十五男)は他家へ養子入りしましたよ。
均分相続最大の欠陥は被相続者の相続権者圧縮(子を少なく)しようとすることと原資の縮小(少子化と貧困化)にあり。特に現行民法は戦後に出来たから戦前生まれ世代の間で相続争い(親の死で兄弟間が絶縁)が発生するために子供を多く生もうという意識にブレーキがかけられたのでは。

読者のひとり

建武の中興の不思議
後醍醐天皇をはじめ親王様方も強靭な精神力をお持ちでした。
本当に不思議な時代です。
草創期の天皇家も神武天皇をはじめ戦う方々です。
明治から大東亜戦争までの時期もそうです。
神官であり時には軍人となられる。
文武両道の現人神なのですね。

越智富雄

カルマを乗り越えろ!
後醍醐天皇の肖像画については、清浄光寺のものが特に目を引きますね。この後醍醐像とよく対比されるのが、鵤寺(いかるがでら・兵庫県)の聖徳太子勝鬘経講讃像です。前者が後者の影響を受けているのは明らかです。研究者によると、この清浄光寺本後醍醐像は、聖徳太子とともに弘法大師を、強く意識している構造が読み取れるそうです。つまり、後醍醐天皇ご自身が、また周りの人々からも、聖徳太子・弘法大師の後身(生まれ変わり)と認識されていた、ということです。顕密二教の統合者として、宗教改革を断行されました(顕とは法華経などを顕教、大日如来の教えを密教といいます)。
世界的な超心理学者で、玉光神社宮司でもある本山博氏は、南北朝の争乱について、こんなことを言っています。「南北朝の争乱は、壬申の乱(西暦672年)の時のカルマ(業)の再現である」と。聖武天皇の娘であられる称徳天皇に御子がいらっしゃらなかったため、それまで続いていた天武系の皇統が途絶えました。代わって皇位に就いた天智系の光仁天皇の子・桓武天皇は、徹底的に天武系のものを排除しました。天智系の天皇の方々によって、歴史書の改ざんを命ぜられた可能性があります(研究者によると、『日本書紀』には明確に改ざんの跡が読み取れるそうです)。皇室では、水面下で天智系と天武系の確執が進んでいたのでしょうか?
壬申の乱(西暦672年)から南北朝の争乱の勃発(西暦1331年)まで、その間は659年です。南北朝合一(西暦1392年)に659年をたすと、何年になりますか?西暦2051年にこのカルマの再現を招くことだけは、何としても、避けたいと思うのです。
南北朝の合一は、南朝の後亀山天皇が北朝の後小松天皇に神器をお譲りになり、決着しました。後亀山天皇の前は長慶天皇とおっしゃる方で、後醍醐天皇の孫にあたる方ですが、譲位後は出家されました。南北朝合一後も、幕府はこの方を危険人物視し、追手を差し向けたのです。私の住んでいる愛媛県にも、この方が避難されていたという場所があり、結局、追手に見つかり、絶命されたそうです。南北朝の争乱の、最後の犠牲者となられたのです。
この方は、私が思うに、後醍醐天皇の後身であり、カリスマであったのでしょう。胆力があり、有り余る体力をお持ちだった反面、時には尊大、横暴なお振る舞いがあったそうです。「自分は、宇宙で一番エラい存在だ。」とお思いになるのは、ある意味当然です。救世主の魂の持ち主なのですから。しかし、私が心惹かれるのは、イエスの言葉です。「私は、全ての者のしもべである。仕えるために来た」。また、余談ですが、この長慶天皇は、文学的な素養もお持ちで、『源氏物語』の注釈書をお書きになっておられます。文武両道だったのですね。
話が冗長に過ぎました。反省します。私が言いたいのは、この壬申の乱の根本原因を究明するべきだ、ということです。このカルマの再現だけは、絶対にあってはならないと思うからです。天武系こそ真の皇統であり、天智系は傍系であるとされたのは何故なのか?原因を究明して、納得した上で、国民全体で、それを忘れましょう。過去は過去、大事なのは、現在を未来につないでいくことです。カルマを乗り越えていきましょう!偉そうなことを言って、申し訳ありません。

読者のひとり

皇国史観大好き
小学校4年生の時、「千早城の戦い」を読んで感動しました。
楠木正成の忠君愛国の精神が好きでした。
それから日本の歴史を知りたくてたくさん本を読むようになりました。
平泉澄の「少年日本史」の一節に、
『吉野時代は苦しい時であり、悲しい時でありました。
 しかしその中に精神の美しい輝きがありました。
 日本国の道義はその苦難のうちに発揮せられ、
 やがて後代の感激を呼び起こすのでありました。
 これに反して、室町時代は私利私欲に発した紛乱の連続で、
 理想も無く道義も忘れ去られたつまらぬ時代でした。』
と、あります。
幕末や大東亜戦争の苦難を乗り越えたのは「建武の中興」の精神が
あったればこそだと思うと、日本の歴史にはまったく無駄がないですね。
学べば学ぶほど深い教えがあります。
多数派が正しいとは限らず、どんな苦難や迫害を受けても
神明に恥じない生き方こそが後世に輝くことを歴史は教えます。
戦後は顧みられなかった皇国史観を誇り高く伝えてくださった
平泉澄先生や渡部昇一先生、そしてねずさんに感謝します。
私は吉田松陰も大好きですが、司馬遼太郎の「世に棲む日々」での
描かれ方がイヤですね。
政治家で愛読書に司馬遼太郎と答える人の感性を疑います。

ちょびん

No title
さざれ石って、そういう意味だったんですね。すごい!

たんぼのなかのあぜみち

東海表記
いつもためになる記事ありがとうございます。日々目の開かされる思いです。
東海表記についてどう思われますか。ご意見伺えればなと思います。

団塊の世代の後輩

No title
しつこくて、さらにスレ違いでごめんなさい!実は本日の夕方民放ニュースで「君が代」にまつわる「さざれ石」が岐阜に奉られていることが取り上げられました。キャスターの一人はもちろん浅田真央のお姉さんの浅田舞!さざれ石は小さな石が集結して造られた巨石でした。まさに私の思っていたとおりの岩石!公民が結集して我が国がさざれ石となっているのです。明治の父祖先人の見識に感動感謝しております!

お猪口

美しい日本
いつも美しい日本人や日本の人物や歴史の記事をありがとうございます。
私は幕末から明治初期の日本の写真を見るのが好きです。外国人客の目にとても新鮮で魅力的に写ったことでしょう。私もこの時代の日本を旅して見たいものです。現代は昔より個人個人が豊かになり便利で清潔な暮らしをしています。でも和洋新旧の様式がごちゃ混ぜで、紙コップやハッポースチロールの食器レベルの建物や家具に囲まれた混沌とした生活環境です。質素で貧しい昔の日本は、現代でいうオシャレなインテリアという概念など無いだろうに、全てが調和して統一感があり、景観は風流で魅力的です。調和は美の一要素です。

ちょびん

No title
歴史って、本当に面白いですね。
ねずさんのブログを読み、
しみじみと実感しております。

団塊の世代の後輩

No title
太平記は世の中が事実上太平ではなかったから太平を望んで記された。平安時代もまた、ちっとも平安ではなかったから平安を望んで称されたと聞き及んでおります。日本人の美徳も平均してかの野蛮国よりは上等であると確信しておりますが皆が皆、高いモラルを保ち続けるということは、個々は不完全な人間が構成する社会であるがゆえに難しい時代もあったかと推察されます。歴史を正しく学び、万人が幸せになる国を求めて生きてゆきたいものです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク