雑感として

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

池坊-1


ある施設に行ったときのことです。
入り口に、豪華絢爛な生花が飾ってありました。
それは、まるで孔雀(くじゃく)が羽根を広げたように、白い胡蝶蘭を縦横1.5メートルくらいにいっぱいに飾り付けたもので、その隣には、赤いバラを同じく巨大なオブジェに仕立てたものでした。

ひとことでいえば、白の胡蝶蘭に、赤いバラと、紅白仕立てでおめでたさを演出したものなのでしょう。
たぶん、ひとつが何十万円(もしかしたら何百万円)のシロモノです。

観て、びっくりしました。
あまりの豪華さに、しばらくみとれました。

でもしばらくすると、すこし不愉快になりました。
なぜだろうと自問してみました。


答えは簡単に見つかりました。
品(ひん)がない、と感じたのです。
たしかに美しく飾った花なのですが、そう感じたのは私の主観ですから仕方がありません。

品というのは、いまでこそ品物の「品」と書きますが、もともとは「貧」です。
「貧(ひん)がある」というのは、どんなに生活が豊かになり、なに不自由ない暮らしができるようになったとしても、貧しかったときの心を忘れない、その心がある、ということです。

ですから絢爛豪華に飾り付けられた盛大な胡蝶蘭と生花をみたとき、あまりの成金趣味というか、貧のなさを感じて、不愉快に感じたのだろうと思いました。

「花を飾る」という習慣そのものは、世界中、どこの国にもあるものです。
歴史は古く、なんていうよりも、たぶん、人種の垣根を越えて、人類発祥の頃から世界中で愛され、飾られてきたものです。

けれど、花を飾るときの精神は、たとえば欧米や支那と、日本のそれは異なります。

欧米では、花を飾るのは、フラワーデザインと呼ばれ、花そのもののを、幾何学的に整合のとれた姿に配置します。

日本と支那の生け花は、欧米のものといくぶん異なっていて、器などを用いて花器と花との合体によって空間を演出します。

ただ、日本の生け花と支那の生け花では、その飾り付けや色使いが大きく異なります。
支那のものは、空間に豪華さを演出します。
これに対し日本の生け花は、できるだけ無駄を省き、どこか侘び、サビというか、要するにさきほど述べた、どこか「貧」を持たせます。

生け花のことを華道といいますが、日本における華道の歴史は古く、宗家ともいえる池坊は、1400年の伝統があります。
おもしろいもので、「華(はな)やかな道」と書いて「華道(かどう)」なのですが、そこで学ぶものは、むしろ極力無駄を省いたヒンの世界です。

華道には様々な流派がありますが、どの流派でも花器と花とをとりなす空間をとても大切にしていて、決して華美に陥らず、地味でいながら、ちゃんと存在を見せている、そんな作品に仕立てます。

ひんがあるというのは、どこかちょっと遠慮めいたものがあるのかもしれません。
その、ほんのちょっぴりの遠慮が、たまらなく人を惹きつける。
絢爛豪華とは対極にあるものが、そこにあります。

日本文化というのは、たとえば和歌や俳句、あるいは絵画にしても、決して全部見せるわけではなくて、一歩しりぞくことで、受け手に無限の想像力をかき立てさせる。
そういう特徴があるように感じます。

戦後、長い間、私達日本人は、日本的なもの、日本に古くからあるものをダサいとか、国際的でないとか言って否定してきたように思います。
けれどいま、世界で高く評価され絶賛されているものは、その私達戦後世代が否定してきた日本的なもの、日本的価値観に基づくものばかりです。
華道も、いまや世界の華道です。

そしてよく考えてみれば、戦後の高度成長を築いたのも、戦前の勤勉の教育を受けた戦前派、戦中派の人たちのリーダーシップのおかげでした。
その戦前派、戦中派の人たちが年齢とともに引退し、戦後派が社会の中心となったとき、日本の衰退が始まっています。

いま、「日本を取り戻す」という言葉が、ある種の標語となっていますが、それはきっと日本的精神や日本的価値観を取り戻すということなのであろうと思います。

そして取り戻すだけの価値が、この日本にはたくさんある。
そのためにも、私達は、いま、あらためて日本を学ばなければならないのかもしれないと、思いました。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

日本の心 夕焼け小焼け


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

はらさり

花鼻
ねずさん、皆さん、こんにちは。

私は某花の町で育ちました。
この町では人工的花々も含めてとにかく花を咲かせよう!と躍起になっております。
その花々は綺麗なんですが、自然界には本来存在しない色…青や紫など…を見るととてもガッカリします。ひんがない、というか「そんな毒々しい花まで混ぜる⁉︎」というか…。
まあ、私は赤や黄色オレンジのお花が大好きだから。という好みもあるんでしょうね。

でもこの町で3年過ごしましたけども花粉症に悩まされました。花のおかげで鼻が馬鹿になってしまいましたね。←おばはんギャグ

takechiyo1949

デパートに行きましたら「フラワーアレンジメント」ってのがズラリと飾ってありました。
沢山の花を使って、実に華やかで綺麗ですが、何か「人工的」に感じました。

店内を彷徨いていると、別の階の隅っこに「生け花」を見掛けました。
やっぱり違いますよね。
素朴ですけど、自然を尊ぶと言うか「花の命や生命力」が溢れている様に感じました。

和洋に限らず「生け花」の世界はまるっきり素人です。
花の数は少ない方が良い?
そういうものなのですか?
何よりも大切なことは「自然観」ではないでしょうかね。

庭園なども同じですね。
自然と共存しているか?
制服してしまってるか?
和洋では、そのくらいの違いを感じます。

それにしても「お花を生ける」って、流派に関係無く、その方の文化や価値観の体現そのものですね。
素人が生意気申し上げました。

THB

No title
池坊が華道全体の宗家であるかのような印象付けはやめていただきたい。日本で最初に活け花をした人物は嵯峨天皇、「それを範とせよ」とおっしゃったのが活け花の最初、その流派として「嵯峨御流」がございます。天皇が開祖であるので「御」の字がついております。
しかし、見る目はさすがというか池坊はお書きのとおり万事派手なのが持ち味です。家元夫人が政治の世界に身を置くなど「品」という部分で疑問が残るのは同感です。
原始の活け花のよさをお求めなら一度嵯峨御流の方をご覧になられることをお勧めいたします。無論高い花は使わないといったものでもないのですが・・。

紅葉

TPPに抗議お願いします。
TPPに抗議を!!
自民党、地元選出の国会議員などにメール、電話、ファックスでTPP反対を伝えてください。
地元の国会議員に抗議するときは選挙区在住ということをアピールしてください。

TPPは危険です。自民党へ意見を!
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11466649991.html
   (三橋貴明氏ブログ記事)
ブログ「まさか右翼と呼ばないで」も参照してください。

にっぽんじん

歴史の真実
賢い韓国国民は日本製品不買運動を始めました。新女性大統領はどのように思っているでしょうか。きっと、韓国国民には歴史の真実を知って欲しいと願っているはずです。言論の自由のない韓国では本音は言えません。

韓国国民は「慰安婦」という韓国の真実を知り、反省と謝罪が必要です。下記の事実はアメリカの報道によるものです。資料原文は不適切なコメントとして却下されるため一部のみ書いてみます。不適切と思われる言葉は○○○○としています。

「韓国は在韓米軍に慰安婦を提供していた!」 NYTが一面で報じるも、朝日新聞は黙殺 歴史問題 / 2009年01月16日

【週刊新潮】韓国は在韓米軍に「慰安婦(売春婦)」を提供していた…ニューヨーク・タイムズが1面で報じるも朝日新聞は黙殺

元売春婦らが、韓国と米国が基地付近の売春を可能にしたと述べる。今月8日、米紙『ニューヨーク・タイムズ』が、こんな見出しの記事を掲載した。同じ記事は同紙傘下の『ヘラルド・トリビューン』紙翌日付にも掲載されているが、いずれも国際面と1面で半分近くの分量を割いた記事だ。執筆者は、両紙のソウル特派員である崔相薫(チェ・サンフン)。

 <韓国は長年にわたって、旧日本軍向け売春施設で韓国やその他の地域の女性が働かされていた戦時下の最も醜い歴史の一章、いわゆる従軍慰安婦問題について、日本政府がその責任範囲を曖昧にしていることを厳しく批判してきた>という書き出しの後 、記事はこう続いている。

 <そしていま、今度は、韓国の元売春婦グループが、北朝鮮から韓国を防衛していた米軍兵士を相手に、自分たちに○○○○をするよう奨励するという、別種の虐待を行なったとして、自国の元指導者を告発した。彼女たちはまた、韓国の歴代政権および米軍が、1960年代から1980年代にかけて○○○○ビジネスに直接かかわり米軍兵士が性病に罹らないように売春が行なわれるよう、性病検査および治療体制を共に構築したとして、利用者を告発している><これらの女性たちは、(中略)韓国自体の歴史を厳しい目で検証することをせずに日本からの賠償を求めるのは偽善だと、歴代韓国政府を非難している>

 そして崔記者は実際に米兵士相手の「慰安婦」だったという金愛蘭(キム・エラン)さん(58)に取材し、<韓国政府は、米軍相手の大手売春斡旋業者でした>という指摘や<政府はGI相手にできるだけたくさん商売するよう熱心に奨励し、私たちを“ドルを稼ぐ愛国者”として賞賛したのです>との悲痛な訴えを引き出し、さらに、他にも7名の元「慰安婦」らに取材した結果、<米韓当局は、番号札を用いて女性を識別し、ていた!」 
以下省略

団塊の世代の後輩

No title
侘び&寂びに美学を見出すのは日本人独特の感覚かと存じます。日本の伝統武道に魅了され日本人以上に日本人らしくなる外国の方もおられますが、こうした感覚は各人が自身の生き方の糧として取捨選択するものであり、「これがいいからこうしなさい!」と指導されて出来るものではありません。ちなみに「こうした生き方は粋でかっこいいと思うけど?」と示すのみで、あとは各人の感受性にゆだねるのがよいと存じます。・・そうして自然と“同志”が増えるとよいですね。

猫のひげ

間というもの
ねずきちさんや上の方の仰るとおりですね。
日本の美の特徴は、「完璧を微妙に避けた完璧さ」にあり、文章でいう行間、音楽等での間(ま)にあたるところを大切にしているところにあると思います。
ひとことでいえば奥床しさであり、謙虚な姿勢ですが、イメージカラーが3原色の彼の国、けばけばしい赤色が大好きなあの国の人たちの美意識と対極にありますね。
これを理解できるのは日本人にも減ってきていると感じます。
これは、明治、大正、昭和前期を体験した人たちが亡くなり、世代交代が進んだ結果であり、家庭内を含んだ戦後の教育によってもたらされたものでしょう。

GHQ政策が徳亜に引き継がれ強化された現状を、日本を普通の姿に戻すチャンスがようやく到来しました。
現政権に課せられた課題は沢山有りますが、一気に全ての結果を求めるのは酷というもの。肝心なのは、日本人がふらふらしないことです。

NHKはじめ特亜に占拠されたマスメディアを潰すこと、教科書・教育等の問題、スパイ防止法等重要案件が成立できるようバックアップすることなどなど、国民が負う責務を粛々と果たさなければなりませんね。

そして、日本の伝統美を愛でることも大切と思います。自分が日本人で良かったと思えますから。

-

No title
ここ暫く読ませて頂き、良いお話に心が洗われております。
今日は花が話題でしたのでつい、ノコノコと出てきてしまいました。
私は華道とフラワーアレンジメント、両方をそれなりにこなしますが、
つくづくと日本の華道(を通してみる文化)はマイナスの文化だと思います。
極限まで無駄を省き、その枝、花の持つ個性を引き立たせる事を一番大切な
ことのように思います。
対するフラワーアレンジメントは本当に対極にあって、どこまでも花数を
たくさん使うことが豪華で素晴らしい物であるという事です。

フランス人の講師が「ここには100本の花が使用されています」と誇らしげに
語った時に、私にはこの花の本質はおそらく一生理解できないだろうと思ったのを
思い出しました。

日本文化は華道にかぎらず、一朝一夕で習得できるものが少ない代わりに、一度
その本質を垣間見みるてしまうと、そこから抜け出すのは(抜け出す必要はありませんが)
難しい程、奥が深いものだと思っております。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク