郷土史を授業に

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

200507_img_1-1


私は小学生の頃を浜松で過ごしたのですが、当時の小学校に「のびゆく浜松」という教科書の副読本がありました。
内容は、「遺跡や遺物から知る大昔のくらし」や「人物や史跡が語る武士の時代郷土の歴史」などで、中学生バージョンもあります。

つらつら思うに、いま思い返してみると、これが自分の人生にものすごく役に立っているように思います。

たしかこの副読本を利用した授業はなかったように思うのですが、新学年になって、真新しい教科書をもらったとき、この「のびゆく浜松」を読むのがすごく楽しみで、いまでも当時のこの本の表紙やページを、記憶の中で鮮明に思い出すことができます。


そういえば、明治にはいって学制がひかれる前の江戸時代の寺子屋では、低学年のうちは、いろはなどの習字や算数、礼儀作法だったそうですが、その後、いまでいう小学校の中・高学年になると、かならず行われた授業が、「名頭(ながしら)」と、「方角」であったそうです。

「名頭」というのは、いろいろな名字から、その名字の家のいわれや、故事、歴史などを学ぶものです。
たとえば徳川系の地元なら、榊原とか大久保といった姓を通じて、関ヶ原の頃に活躍した榊原康政や、幕府草創期の大久保彦左衛門といった人物を通じて、地元の偉人の歴史を学ぶ。

「方角」は、周囲の町名や、市区郡名を使って、方位や地理、そして各地の沿革や歴史などを習ったのだそうです。

こうした「名頭」や「方角」の授業が、結局なんのために行われたかといえば、郷土に対する愛を育むためです。
郷土に対する愛というのは、その土地にある全に対する愛に通じます。
土地の由来や歴史だけでなく、いま住む人、友達や仲間たち、あるいはご近所や家族への愛にもこれは通じて行くように思います。
そして愛は、思いやりの心でもあります。

その心がアイデンティティ(identity)です。
アイデンティティは、米国の心理学者のエリック・エリクソン(Erik H.Erikson 1902-1994)が提唱した理論ですが、彼は、「青年期までにアイデンティティが正常に獲得されないと、自分のやるべき事が分からないまま日々を過ごしたり、時に熱狂的なイデオロギー(カルト宗教や非行など)に傾いてしまう」と述べています。

教科書そのものは、たとえば歴史の教科書ならば歴史の教科書で、日本全体の歴史が書かれたものになります。
従って、地域毎には、地元の歴史や偉人たちを紹介した教科書の副読本が必要になります。
そして思うに、できればそうした副読本を利用した授業というものも、やはり絶対に必要なのではないかと思います。

昨今では、勉強は「いい中学、いい高校、いい大学」にはいるためのものであって、受験に必要のない授業は、多くの場合、無視され軽視されます。

けれど、大人になって必要なことは、マニアックな試験問題に上手に速く解答することではなく、むしろ「答えのない問題に、仲間たちと一緒に答えを築いて行く」という姿勢です。
そしてそのためには、仲間たちや取引先、あるいは自社に対する愛情や思いやりがとても大切です。

とりわけ国際化社会において、日本人としてのアイデンティティを正しく身に付けていないと、いくら語学が堪能であっても、世界の人々から相手にされないし、無理矢理相手にされるように仕向ければ、国益を誤り、国を売るような馬鹿者になってしまう。
いまの日本で、高学歴で頭の良かった大人ほど、ものの役に立たない理由がここにあるのかもしれません。

軍神と呼ばれた広瀬武夫中佐は、ペテルブルグで帝政ロシアの貴族の娘アリアズナと恋におちいるのですが、面白い逸話があります。

ある日、アリアズナが広瀬中佐のアパートを訪れたのです。
すると中佐が軍艦の断面図を開いて、熱心にメモをとっていました。
そこには「戦艦アサヒ」とロシア語で書かれています。

見つめるアリアズナに、広瀬中佐は説明するんですね。
「アサヒというのは、朝のぼる時の太陽のことです。朝の太陽のように清らかで、若々しく、力づよいという心をこめているのですね。
私は去年4月にイギリスで完成したばかりのこの船に乗りました。
おそらく世界で一番新式な一番大きな軍艦でしょう。
私の国はこういう艦を6隻も持っているのです。」

広瀬中佐は、アリアズナに、アサヒ、ヤシマ、シキシマ、ハツセ、フジ、ミカサ、それぞれの艦の名前を紹介し、その意味を説明します。

「美しい名前でしょう。日本は美しい国だから、日本人はみな美しいものを愛しています。
どんなに堅牢な新式の大軍艦にも、われわれは日本人の連想をかぎりなく刺激する詩のように美しいひびきをもった名前をあたえるのです。
たとえば、アサギリ、ユウギリ、ハルサメ、ムラサメ、シノノメ・・・
力は強い。
しかし心はやさしい。
姿はうつくしい。
これが我々日本人の理想なんですね。」

そう言って嬉しそうに眼を輝かせる広瀬中佐に、アリアズナは心を打たれます。
一筋の祖国愛、そして国民の魂を信じる男の信念の姿。

「この人の語る言葉は、この人の行う行為は、この人の祖国の上に根を据えている。信念の人だわ。信念をもっているから強いのよ。」
それが、恋する女性の直観だったそうです。

広瀬中佐は、海軍軍人ですから、軍船に対する知識は当然のことです。
けれど、その広瀬中佐とアリアズナとつないだものは、そうした中佐の軍事的知識ではなくて、中佐の「愛する心」や「信じる心」であったのだろうと思います。

郷土の話から少し脱線してしまいましたが、そういう、眼を輝かしながら、「どんなに堅牢な新式の大軍艦にも、われわれは日本人の連想をかぎりなく刺激する詩のように美しいひびきをもった名前をあたえる」と述べるその感情の部分が、人の心を動かすのだろうと思うのです。

同じことは、郷土の町名にもいえます。
何町という名前であると知っているだけでは、そこに何の感動もありません。
その町でかつて何があったのか、そしてどうしてそういう町名になったのか。

たとえば曹右衛門新田とかという名前とか、あるいは巨摩郡などという名前は、昔、その地をみんなで苦労して新田に切り拓いた歴史や、あるいは良い馬を放牧していたというような歴史や由緒がたいていの場合、あるものです。
そういう歴史を通じて育まれる愛が、感動を呼ぶし、感動は連鎖を呼び、人々の集合体を形成するのだと思います。

昨今、古くからある町名などを「中央何丁目」とか「栄町何丁目」などと変更する市町村が増えています。
私には、こうした古くからある名前を捨てて、無機質な町名に変更していくなどということは、おそらくそれを推進しようとする人たちは、郷土に対する愛情が少年期にちゃんと育まれなかった憐れな人たちなのだろうと思えてしまいます。
古くからの町名の由来さえも知らない、知ろうとしない。
それは郷土に対する傲慢です。

日本全国どこの土地でも、かならずその郷土のために身を粉にして働いた偉人がいます。
そういう偉人を学ぶこと。
それは郷土の人としての誇りを育みます。

そういう、昔でいうなら名頭や方角といった授業に相当するような、人としての愛を育み、アイデンティティを育成するための地域教育というものが、いまの日本にはとても必要なものなのではないかと思います。

そういうことがちゃんと行われる学校教育、そういうことをちゃんと推進できる市町村の教育体制というものを、是非、実現していきたいと思うし、できれば、学校教育のカリキュラムの中に組み込んで行っていただきたいものだと強く思います。

すくなくとも、しなくてもいいような卑猥な性教育などをする時間があったら、そうした郷土教育のために時間を割いた方が、よほど建設的だと思います。

【のびゆく浜松】
小学校編
中学校編

※ 広瀬中佐とアリアズナの恋物語は国際日本人養成講座の文より抜粋させていただきました。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

takechiyo1949

地元をへの愛郷心…大切にしてます
生まれ故郷?
育った故郷?
特に思い当たりません。

生まれた所?
場所は知らされています。
訪れたことはありません。
ただ生まれただけの場所?
何の縁もありませんから。

育った所?
全国の各地方にあります。
訪れることはありません。
長く住んだ村も小中4年間。
高校3年間は単身越境入学。

とにかく激しい転勤族でした。
幼友達も殆んどいませんし。
故郷…そう呼べる場所がほしくてたまりませんでしたね。

結婚したら…そこに住み着いて「ふるさと」と定め骨を埋めよう…そう思ってからズッと埼玉に居る訳です。

愛国心の原点は「愛郷心や郷土愛」だと言われます。
その通りだと思います。

住めば都っていいます。
地元との親近感
地元への愛郷心
忘れずに暮らしていこうとおもっています。

Cervo

ふるさと
はじめまして ねずさん 毎日拝見させていただいております。「のびゆく浜松」懐かしいですね。私、生まれも育ちも遠州・浜松です。若い頃は、地元での付き合いが煩わしく思いましたが、人間一人じゃ生きていけません。家族を持つと一層、そう感じます。自治会、隣組、苗字じゃなくて、下の名前で呼んでくれる隣保の先輩、おじさん、おばさん達。ありがたいことです。特に、お祭りに参加していると郷土のアイデンティティーを強く感じます。

読者

連投失礼いたします
「熊本愛郷新聞」のURLがうまく表示されないようです。
ご覧になりたい方は
「原道社」(げんどうしゃ)
で検索し、そこから入ってみてください。
なお2/27の最新記事は「義烈空挺隊」です。
健軍基地はブログ主の地元でもあるんですね。

読者

記事に同感ですが、
都市部のマンションで育った者にはどう教えるか、
と考えましたが、そこはそこで「郷土史」があるのですから
そのまま教えるのが良いかも知れません。
な参考ブログは行動右翼の中にあって
「郷土に根付いた愛国・愛郷運動」を実践している方によります。
平成の「肥後もっこす」ともいうべきですが
ページ一番下の2/9か2/6記事
「消防団での意見発表」は、郷土愛の何たるかを考えさせられる記事です
ご一読下されば幸いです。

キチガイ民族

■木村太郎がまたまた韓国を大批判!
*******************************
■木村太郎がまたまた韓国を大批判!
*******************************

仏像の返還をしない韓国を糾弾!三権分立が出来ない国!

「この国とは付き合い方を考えなければならない!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「この国とは付き合い方を考えなければならない!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■証拠画像 スーパーニュース2月27日(水)
http://up.null-x.me/poverty/img/poverty48238.jpg
■証拠画像 韓国人が泥棒を肯定!
http://up.null-x.me/poverty/img/poverty48240.jpg


■対馬から韓国に持ち込まれた国宝級仏像、日本への返還認めず

2013年02月27日08時32分
中央日報/中央日報日本語版

文化財専門の窃盗犯が日本から盗んできた金銅観音菩薩座像(右)は日本の寺刹側が仏像を正当に
取得したということを訴訟で確認するまで返還してはならないという裁判所の決定が下された。

大田(テジョン)地方裁判所は26日、大韓仏教曹渓宗浮石寺(プソクサ)が国を相手に出した

「有体動産占有移転の禁止仮処分申請」で原告の請求を認めた。対馬の観音寺に保管されていた仏像は先月窃盗犯が
韓国に持ち込み摘発され文化財庁が保管中だ。金銅観音菩薩座像は14世紀の高麗時代末期に作られたと推定される。

http://japanese.joins.com/article/811/168811.html?servcode=400§code=400&cloc=jp|article|ichioshi

馬い御飯

お久し振りです。
親戚の住んでる所でも町名変更がありました。
元々は長ったらしい町名だったけど、町名を東西に分け、新たな番地が割り当てられたんですね。

○○××1500番地

○○1丁目1番地1
××1丁目1番地1

…という様にです。
訪れる者にしてみれば、確かに分かり易くなったかも知れませんが、地名の分断がされた時、それまであった“一つの町”という意識をも無くされた様に感じました。

反対に、市町村の合併で凡そ歴史とは関係ない市名や、平仮名の市名を見た時、行政の都合勝手を感じさせる『無機質な名前』に見えてしまいます。

旧い地名には“谷”や“沢”などもあり、防災の面からも町名変更はしないで欲しいです。

素朴に質問

副読本?
在日教師が勝手な副読本の作成により日本国内でも子供たちに反日教反日教育しているやに聞き及んでいます。

残念な話ですが、こう言ういい材料を逆手にとって悪用する輩もおりますので内容に関するガイドラインはいるでしょうね。

団塊の世代の後輩

No title
自分が育てられたた町に“郷土愛”を見出すことが出来なければ、その延長上にある“祖国愛”を持つことは不可能です。自虐史観を繰り返し吹聴する奴らはそれを狙って我が国を滅ぼそうとしているのです。奴らは明らかに日本人ではありません、シナ、朝鮮の回し者、国家に対する反逆者どもです!!コツコツと地道に愛国心をゆるぎないものにしてゆきたいものです。

一有権者

No title
地元の歴史を知る事は必要というねずさんのご意見もっともな事と思います。
郷土の歴史と共に海外における日本人の貢献たとえば台湾の八田氏のような方のご活躍の事とか、世界に誇る日本人の発明の事とか副読本にしてでもこのような事を教えるのが教育ではないのかと存じます。

と同時に何故日本が戦争を戦わざる終えなくなったのかその時期の世界の
情勢や背景を省略する事無く教え、また当時の在留邦人が虐殺された事件も正しく伝え
日本側が一方的な侵略者であるかのような日教組による出鱈目歴史教育の見直しを強く求めたいと思います。

じょあ

No title
いつも勉強になるお話をありがとうございます。
のびゆく浜松のリンクを確認したところ、途切れているようでしたので報告させて頂きます。

これからも応援していますのでがんばってください。

2213

No title
今日も勉強になるお話を読ませていただきありがとうございます。
「伸びゆく浜松」小学校編・中学校編両方共リンク先が404エラー
となり、見ることができませんでした。
一応Google検索から行けるようなので、検索から見に行きました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク