銃社会アメリカの歴史

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

銃社会アメリカの歴史


今日は、動画のご紹介です。
この動画は、ねずブロのごく初期の頃に一度ご紹介した動画ですが、たいへんよくできた動画です。

米国が銃社会であることは、よく知られた事実ですが、このことについて、オハイオ州にお住まいの日本人が、ブログに面白い記事を書いておいでです。
タイトルは「銃社会:これがなきゃアメリカじゃない?」です。
たいへん読みやすい記事なので、是非、ご一読されることをお勧めします。

この記事によると、「銃=アメリカ」であり、銃の使い方は親が子に教えるもの、そして拳銃は$100くらいで、誰でも買うことができ、弾は、スーパーやコンビニでも普通に買える。

そして、アメリカ人の思考は、問題の根っこを取り除くという努力をすることよりも、その問題にどのように「対処」するかという考え方が非常に強く、銃はない方が良いけれど、完全にはなくならないのだから、自衛のために銃を持つのはあたりまえ、という考え方なのだそうです。

また、銃を威嚇に使うという考え方は存在せず、抜いたら頭か心臓めがけて、即撃つというのが普通の米国人の鉄則なのだそうです。

そして、次のように書いています。
======
ある田舎街にアメリカ人と出かけた時、車から出て私は道路と家の境界線を越えて歩いたら、そのアメリカ人から注意されました。
「そこの家の窓からズドンとやられても文句は言えませんよ。こんな小さな街はだれがよそ者なのか、直ぐにわかるのです。敷地内に入ったところを撃たれたら警察は何も言いません。」

寝室には38口径1丁、ご婦人のハンドバックには22口径1丁、車のダッシュボードには38口径1丁、これに加えて田舎に行くとショットガンとライフル各1丁、まあこんな感じでしょうか。
======

武器の携帯は、公務に就く人のみに委ね、一般人は生活そのものに集中する。
日本はそういう社会を築いています。
ですから、なにかあれば極力、話し合いで解決しようとしますし、そうあることが「正しいこと」と普段は認識しています。
その分、いざという危機に際しても、鈍感となりがちなのかもしれません。

けれど、上にご紹介した米国の銃社会というのは、何も米国に限った特種事情ではありません。
むしろ、いまの世界の常識そのものといっても良いかもしれません。
なにせ、相手がプロレスラーのような大男に対してでも、非力な女性が簡単に、それこそ引き金ひとつで、相手を倒し、殺すことができるのです。

そうやって身を守るのが常識、そしてそういう銃を持った人々さえをも、襲撃し、奪い、殺す、それがあたりまえのように日常的に繰り返されていて、しかもそのための銃が1万円、弾薬はそこらのコンビニでいくらでも手に入るというのが、世界の常識だということです。

そして、銃を手にしたら、躊躇なく頭か心臓をめがけて撃て、という。
それを中学生くらいから、徹底的に教育で仕込む。
そしてそのことを世の中の常識として育ってきた人々が、世界の大半を占めている、ということなのです。

銃だけではありません。
刃物も同じです。

以前、日本映画の任侠ものが流行った時代がありました。
主に大正から昭和初期の世の中が舞台です。
高倉健さんや鶴田浩二、あるいは緋牡丹の藤純子などが大活躍する映画でしたが、いじめられ、虐げられ、酷い眼に遭わされながら、それでも我慢に我慢を重ね、最後に相手の一家に殴り込みをかける。

筋書きは、たいていいつも同じですが、これら「やくざ者」を扱った映画でさえ、ドスと呼ばれる短刀で相手を刺す時は、太ももなどを狙って刺しているシーンが多く見られました。
太ももを刺すというのは、相手を殺すという意味ではなく、相手を懲らしめるという意図からのものです。

そういえば、柔道などの体術でさえ、相手を投げたときは、相手が地面で頭をぶたないよう、投げ終わったあとに、あいての頭部を保護するように引き上げます。
関節技なども、相手の骨を折ったり、相手を殺すためというより、痛い目にあわせて、相手に反省を促すというところから、開発されたものです。

剣道にしても、江戸時代に流行った「陰」や「陰」と名のつく、たとえば直心影流とか、柳生新陰流とかは、相手を斬り殺すためではなく、相手が斬りつけてきたときに、いかに対処するかのための流派とされていました。
そしてそれを学ぶ武士たちは、大小二本差です。
大刀は、身を守り、相手を斬り伏せるためのものです。
けれど、小刀は、相手を切ったあと、自分が切腹するためのものです。

武家の女性も小刀を常時所持しましたが、それは相手と戦うためというより、もしものとき、自害するためのものとされ、その覚悟を常時保ち続けるのが武家の婦女でした。

ちなみに、支那人は刃物を持って喧嘩するとき、いきなり相手の首を狙います。
胴体や太ももを刺そうなどという観念さえ、まるでありません。

要するに、誰もが拳銃を携帯し、いざとなったら、まよわず相手の頭や心臓めがけてぶっ放す、あるいはいきなり首を斬り付けて相手の命を奪う文化と、日本のどこまでも命を大切にし、万一のときは潔く自分が死ぬという文化とでは、白か黒か、表か裏かほどの違いがある、ということです。

それは、どちらが正しいとか、どちらが間違っているとかの問題ではありません。
文明の違いです。
そして文明の違いというのは、文明同士が衝突したとき、どちらかが永遠になくなるまで、徹底して争われ、破壊される、ということです。

冒頭の動画にもありますように、北米大陸では、文明の衝突により、約800万人いたアメリカインデアンは、ほぼ絶滅し、いまでは混血の35万人が生き残っているだけです。

なんでもかんでもアメリカナイズすること、他国を受入れ仲良くすることが良いことと考える人たちは、銃社会や首を狙って斬り殺すという文化まで輸入したいと考えているのでしょうか。
おそらく、日本国内で反日活動をしている左翼や在日でさえ、そこまでは思っていない。考えていないのではないかと思います。

けれど、殺されもせずに、日本国内で反日活動ができるというのは、日本人が民族として「殺す」ことを極端に嫌う文化があるおかげなのです。
つまりそれが日本だから許されているのであって、もっというなら、反日屋さんたちは、ここが日本だからそういう安易さが許容されている。
反日活動や、反日発言ができるということ自体が、日本のおかげだ、ということです。
だったら、もっと素直になって、謙虚に日本を学べよ、もっと日本を大事にしろよ、と言いたいのです。

日本は、人類史上、奇跡のような、そしてまさに桃源郷であると言った人がいました。
まさにその通りと、私は思います。

お時間のある方は、是非、冒頭の動画もご覧になってみてください。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

竹千代

漫画にしても恐ろしい!
★アメリカ
・人口=約3億2千800万人
・面積=約962万8千k㎡
・密度=約34人/k㎡
★日本
・人口=約1億2千700万人
・面積=約37万8千k㎡
・密度=約341人/k㎡

アメリカは、日本と比べると国土は約25倍、人口は約2.6倍、人口密度は約10分の1です。
とても広い國です。
都市は別にして、警備や警察を呼んでもすぐに対応できない地域が多い?
だから…自分は自分で護る?
規制など待っていられない?
私達には理解し難いですが、アメリカの「銃文化」は、こんな土地柄も関係あるのかな?
ふと思った次第です。
動画も拝見しました。
漫画にしても恐ろしい!

ヨーロッパ在住

No title
白人社会は勝者と敗者の2極の世界。 金の力で勝つか、暴力で勝つかの。白人達がアメリカを侵略した初期の段階では原住民の力を借りて生き延びられました。 しかし白人達の数が多くなって来ると原住民はもう必要でなくなり、今度は暴力で抹殺しました。 しかし原住民を抹殺した後、今度は白人達はお互いの殺し合いをも始めた。アメリカ銃社会の問題は白人達が原住民達に犯した犯罪の罪の償いの為に自分達を互いに殺しあいを続けなければならない事なのです。 この殺しあいの終結は彼らは最後の一人になるまで続く呪いなのです。 白人の親達は100年前にアメリカ原住民の子供達が白人によって情け容赦もなく殺されてしまった原住民の親達の苦しみを恨みを体全体で感じなければならない運命なのです。呪われた大陸アメリカなのです。 銃を無くしたらナイフで、ナイフを無くしたら棒で、石で、素手で殺し合いを続けるのです。

海外から

銃社会の本当の価値
アメリカに住んでいます。
現地に住んでいるとよくわかってくるのですが、
この件に関しては、皆さんの受け止め方に若干のズレがあるように思い投稿しました。

アメリカにおける銃の所持は、99%治安の維持に貢献しています。
もちろん、ごく末端の者や精神的に問題のある者が、銃を使い、大きな問題を起こすことはままあります。
が、この手の輩は、銃が身近にあるから銃を使うだけで、
なければしないわけでなく、別の方法でやるだけのこと。
大量殺人に毒薬を使ったり、大型トラックで学校に突っ込んだり・・・
個人的な殺人ならナイフでも棍棒でもその気になれば簡単。

アメリカは、日本に比べて一軒家がとても多い。
住宅地でも、広い庭があれば、近所の目は度はほとんどありません。
でも、空き巣や、強盗がそれほど蔓延していないのは
「見つかったらうたれる」可能性があると分かっているからです。
その危険を冒してまで、実行に踏み込むのはそうはいない。
これは、カツアゲ/ひったくりレベルの話でも同じです。

今アメリカで、(魔法か何かで)すべての民間人
(99.9%の善良な市民)の銃がなくなったら、
一夜にしてとんでもなく治安は悪化します。
間違いありません。
アメリカでも、C系による一家皆殺し強盗とか多発するでしょう。
目標にしやすい家は、日本よりはるかに多いですから・・・


まさに抑止力なのです。

読者

残念ながら
任侠も刀を捨てて銃信仰に取り付かれ変質してしまいましたが
三島由紀夫氏が昭和43年頃、作家の大藪晴彦(ガンマニア)との対談で
興味深い指摘・予見をしていました。
「銃には、それそのものに魔力がある。一度持ったら最後、誰かに向ける羽目になるのだ。相手は敵かもしれないし同士か、あるいは自分かもしれない。で今暴れている全学連について危惧する事がある。仮に彼らの中から銃を持とうという者が出てきたら悲惨な最期を迎えるだろうな。
(中略)こう考えると本来の日本男児の教養というのは文字よりも「刀の使い方を覚える」って事だよ。
・・・その三島氏は二年後の決起と自裁に銃を一切使わず、刀を用いました。そして新左翼党派の内「唯銃主義」に嵌った一派はカルト化して連合赤軍事件を引き起こし、まさに「銃を誰彼なしに向け、自らも銃によって滅び」たのです。(諸セクトの内、全滅し支持者まで失ったのは彼等だけです。他は今も細々と生き延びています)
私が「日本人はアメリカの思想を絶対に受け入れてはならない」と考えるのはこの為です。TPP反対も「日本を銃社会にしてしまう事が確実」だからです。
なお今回の記事もおりに触れて再掲していただけますでしょうか。
いつも本当に感謝に堪えません。

ありがとう

〝アメリカ人には銃を威嚇に使うという発想は無い″という話を読んで、山本七平さんの話を思い出しました。

http://m.togetter.com/li/263463

こういう日米の根本的な違いを理解しておくのも重要なことなんでしょうね。

小心者

米国に限らず
フィンランドとスイスも、一家に一丁の銃を持つことが
「伝統文化」です。

特にフィンランドは、日本と同じウラル・アルタイ語族系で
中央アジアがルーツで、おとなしい民族です。
昭和天皇がご外遊で、シベリウスの家に4泊もされた
親日家の国です。

いろんな国、いろんな民族、いろんな文化が
ありますね。

にっぽんじん

アメリカでなくなる日
1492年のコロンブスのアメリカ大陸発見以来アメリカは発展し強大になってきました。その歴史は褒められるものではありません。が、世界一の軍事力と経済力で横暴な中国でさえ押さえつけています。

アメリカと同盟を組む日本は軍事力でアメリカに頼ってきました。これからも続くのでしょうか。アメリカが変質しなければ続く可能性はあります。しかし、アメリカはいずれアメリカではなくなっていきます。

アメリカは移民国家です。多くの移民民族で構成されています。移民の多くは有色人種です。今は白人人口が有色人種人口よりも多いが近いうちに逆転します。逆転すればアメリカの政治は変わらざるを得ません。

政治力の強い中華系アメリカ人の影響が強くなるかも知れません。朝鮮系も増えるでしょう。そのようなアメリカと日本は付き合っていく必要があります。日米同盟も危うくなるかも知れません。そう遠くない話です。

日本はそれを見据えて方向を決めていかなければいけません。他人に頼る国は滅びます。福沢諭吉は学問の進めで独立について書いています。

「独立とは自分の身を自分で支配して他人に依存する心がないことを言う。自分自身で物事の正しい正しくないを判断して、間違いがない対応ができるものは、他人の知恵に頼らず独立していると言える」と。

更に、「人々にこの独立の気持ちがなく、ただ他人に頼ろうとだけしていると、全国民がみな人に頼るばかりでそれを引き受ける人がいなくなってしまう」と書いています。

今の日本はどうでしょうか。日本国憲法の前文こそが日本の独立を妨げている最大の障害です。

みそ

はじめまして
初めまして、こんにちは。
みそと申します。

上の動画は、マイケル・ムーア監督の映画「ボウリング­・フォー・コロンバイン」
に風刺アニメとして入っている部分ですね。
アメリカの銃社会についてを垣間見える良い映画だと思います。
民間人の銃の所持を同じく許されている白人国家とくらべても
アメリカの銃による事件の多さは圧倒的だそうです。

基本的な教育、考えがまず違うのだろうな…と思います。

-

No title
>どちらが正しいとか、どちらが間違っているとかの問題ではありません。
文明の違いです。

とおっしゃいますが、西部劇の世界と現代アメリカ社会に、銃に関してはあまり変わりがないってのはどう思いますか?
要するに、江戸時代からさっぱり進化してないってことです。
文明の違い以前の問題ではないかと思います。

「許されざる者」って映画、ご覧になりました?
あれの評価が高い理由の一端が、上記にあると思われます。
彼らも自分たちがおかしいことには気づいていて、その懺悔がテーマです。

taro

日本人とアメリカ人
日本人も残虐性は持っています。
美しい部分は、強調しますが、陰の部分は隠したがりますよね。
今は、平和ボケした人が多いだけです。

アメリカ人も、ことが起きる前に予防を前提に対処できる力を持っています。医療に関しては、日本よりもことが大きくなる前に処置をします。

全ては、歴史、教育、環境、宗教、金がそうしているだけで、人種に差はないでしょう。特に、教育と金が問題なのでしょうね。

頭や心臓をねらうのは、教育で学びます。
死人に口なしで、裁判で有利に事を運べますから、足をねらうより、一撃を与えられるところをねらう方がいいのです。

下町キング

この国に栄光あれ
銃のない社会が成り立つのは日本だからですよね
綺麗事を言っても海外は疑心暗鬼なところが大きいですもんね
日本も在日の犯罪がなければ、さらに住み良い社会のはずなのに

野狐禅

No title
 今更血液型のことを言っても笑い話にしかならないでしょうが、A型が比較的多い日本人はことが起きる前に予防を前提に周到に準備する性格であるのに対し、米国白人はことが起きてから対処する能力に長けているB型が多いのでこういう考え方になるのではないかと私は独断的に考えています。

 どちらの性格が良いとか悪いとかでなく、日本人には理解しがたい国柄があるという事を対米国だけでなく、お隣の特亜三国に対しても、もっと真剣に考慮して対処することが我々には必要ではないでしょうか。

団塊の世代の後輩

No title
銃が手軽に入手でき、手軽に使用できる・・ということは手軽に人の命も失われてしまうということです。犯罪者&狂人も手軽に銃を使用できる環境であれば自衛のために一般人が銃を持つのは当然といえます。しかしその一般人も現在正常であっても何かのきっかけで異常な精神状態になるのが神ならぬ人間なのです。未完成な人間達が形成する社会において不幸な暴発事件を防ぐにはおおやけに訓練された公安関係者のみが銃を携帯できる体制が最もベターなのです。我が国に住んでいることに感謝いたしましょう。

クボタ

チベット開放運動デモ行進
銃は速攻性の高い武器だから、身を守る前に撃たれてしまう。
誰でも持てる以上、これからも異常者が手にする可能性は高く、アメリカで銃犯罪がなくなることはないでしょう。
3/10にチベット弾圧に抗議するデモが行われるらしいので、参加してみようかと思ってます。
3/11は東日本大震災の起こった日ですし、悲しい記憶が思い浮かぶ日が続きますね・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク