ひなまつり

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

雛飾り


今日は3月3日です。
ひな祭りの日です。
女の子のすこやかな成長を祈るお祭りの日です。

文部省唱歌に「うれしいひなまつり」という曲がありました。
とてもいい歌詞です。
♪ あかりをつけましょ ぼんぼりに
  お花をあげましょ 桃の花
  五人ばやしの 笛太鼓
  今日はたのしい ひなまつり

♪ お内裏様(だいりさま)と おひな様
  二人ならんで すまし顔
  お嫁にいらした 姉様に
  よく似た官女の 白い顔

♪ 金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
  かすかにゆする 春の風
  すこし白酒 めされたか
  あかいお顔の 右大臣

♪ 着物をきかえて 帯しめて
  今日はわたしも はれ姿
  春のやよいの このよき日
  なによりうれしい ひなまつり

ひな祭りは、もともとは平安時代に貴族の子女の「ひな遊び」からはじまったとされています。
それが女の子のお祝いの行事となったのは、安土桃山時代のことで、そのころからひな人形が、武家の娘さんの嫁入り道具のひとつになりました。

ひな人形は、ひな壇に飾られますが、このひな壇は、天皇皇后両陛下のおわします御所を模したものです。
最上段には、天皇、皇后両陛下をあらわすお内裏(だいり)ひなが飾られ、次の段には宮中に仕える女官をあらわす三人官女(さんにんかんじょ)が飾られます。
その下には謡(うたい)、笛(ふえ)、小鼓(こづつみ)、大鼓(おおづつみ)、そして太鼓(たいこ)からなる五人囃子(ごにんばやし)、楽器は右から小さい順に並べます。
なかには、豪勢に7人の楽人のお人形セットもあります。
四段目が政治の中心者の右大臣と左大臣、
五段目に衛士(えじ)が飾られます。衛士は、それぞれ傘と、沓台(くつだい)、台笠(だいがさ)を手にしています。

ひな飾りで非常におもしろいと思うのは、最上段の天皇皇后両陛下は、納得できるものとして、二段目に宮中に仕える女官をあらわす三人官女(さんにんかんじょ)、三段目が謡(うたい)、笛(ふえ)、小鼓(こづつみ)、大鼓(おおづつみ)、そして太鼓(たいこ)からなる五人囃子(ごにんばやし)となっていて、政治の中心者である右大臣、左大臣がその下の四段目におわすという点です。

そしてこの右大臣、左大臣の間に、菱餅(ひしもち)とちらし寿司が置かれます。
おもしろいと思いませんか?
武官姿の大臣が、三人官女や五人囃子の下の段なのです。

そこで見事に証明されているのは、我が国における天皇は、武威によって民を統治する皇帝ではない、ということです。
もちろん、ひな壇が単に上下関係をあらわすものではない、という側面も見逃せませんが、そうは言っても、やはり最上段は、おひな様の席です。序列はある。
そしてその序列が、女官>楽士>武器を持った政治家>衛士の順になっている、というわけです。

ここに、統治よりも、民衆の心を大切にするという、我が国の非常に高い文化性があらわれています。

京都の御所は、もともとは天皇のお住まいになられていた宮殿です。
けれどその宮殿には、堀もなければ、武者隠しのような設備もありません。
京都だけでなく、もっと古い都の奈良でも、あるいはそれ以前の都においても、陛下のおわす宮殿は、いつも民の間近にありました。

それでいて、我が国は、万世一系の天皇が2673年も続いているのです。
あるいは、一説によれば、天皇家の歴史は、さらにそれより6千年もさかのぼることができるという説もあります。

なぜそういうことが可能であったのか。
それは、我が国の天皇が、古来、武力によって民を弾圧してきたという存在ではなかった、ということです。
そうではなくて、天皇は、神代の昔からの天照大神の直系のお血筋であり、常に私たち民の安寧と幸せを願う存在でした。

西洋でもChinaでも、世界中どこにも、それぞれの地域には「王」がいました。
そこで大切なことは、王にとって、王の部下である重臣、たとえば将軍などは、王にとっての私有民であったということです。
もっと端的にいえば、王にとって将軍は「奴隷」です。
なぜなら、将軍は王に一切逆らえないからです。

そしてその将軍にとって、将軍の部下たちは「奴隷」です。
さらにその将軍の部下たちにとって、領地に住む一般の民衆は、「奴隷」です。

つまり、社会の構造が、すべて、そうした上下関係によって成り立っていたのです。
ですから、たとえば豪族にとって、民衆は「私有民」であり、私物であったわけです。
私物ですから、そこに人権などありません。
私有民の持つ全ては、領主のものです。
だからこそ、私有民だったわけです。

ところが日本では、日本の最高神である天照大神の直系のお血筋の天皇が、国民の頂点におわして、国民は、その天皇の民、として位置づけられています。
これが「皇民(公民)」です。

この「皇民」という思想は、実にたいへんなものといえます。
なぜなら、豪族や政治権力者による、国民の私有化が、これによって否定されているからです。
民衆は天皇の民であり、政治権力者は天皇によって任命される。
つまり、一般民衆と政治権力者は、人として等しく天皇の民となっているわけです。

これによって、我が国では、一般民衆の中に、誰一人「奴隷」がいないという、まことにもって希有な社会体制を、古代から築き上げているのです。

さらには、ひな人形にもあきらかなとおり、男性の政治権力者よりも、女性たちの方が、立場も上として認識されているのです。
そしてこういう飾り付けが、平安時代という大昔から行われ、武家が天下をとっていた戦国後期から江戸時代、そして明治、大正、昭和と続く御代においても、ずっとその仕組みが変わらぬものとして認識され続けてきている、ということなのです。

日本人は、天皇を大切に思っています。
なぜ大切におもっているかといえば、もちろん天皇のお人柄もあるでしょうけれど、それ以上に、我が国に天皇という存在がおわしてくださるおかげで、我々一般民衆が、奴隷ではない、人としてあらゆる階層の人々と対等な存在でいられるということの「ありがたさ」を、本能的に理解しているからなのです。
これを、私たちは我が国の「国体」と呼んでいます。

先般、フジテレビの「笑っていいとも」で、ひな壇に飾られたひな人形を、扇を投げて倒すという、とんでもない番組が放送されました。
これには多くの人々がさすがに、怒りをあらわにし、番組でも謝罪があったようですが、要するにフジに巣食っている在日朝鮮人には、こうした我が国の国体が、まるで理解できない。
なぜできないかといえば、彼らの脳裏にあるのは、目の前の上下関係だけしかないからです。
そして理解できないから、こういうバカな番組をつくる。

そうそう、ひな祭りといえば、菱餅(ひしもち)です。

菱餅
菱餅


菱餅は、赤、白、緑の三段重ねにんあっていますが、赤は桃の花、白は雪、緑は若草を表します。
まだ雪の残る春先、その雪の下には若葉が芽を出し、もうすぐ桃の花が咲き薫る。
そんな季節を表したのがこの三色です。

菱餅がなぜ菱形なのかもおもしろいです。
菱(ひし)というのは、実の四方に鋭いトゲがある植物で、たいへん繁殖力が強くて、縄文時代から長く日本人の食用にもされていた植物です。
つまり、菱は、子孫繁栄と食うに困らない、ということを連想させる植物でもあるわけで、その菱の姿に、桃と雪と若草を配して春をあらわし、女の子のお祝いに備えたわけです。

菱の実
菱の実


意味を知れば、そこに込められた願いややさしさ、親心などがわかろうというものです。

私たちは、もっともっと日本文化をよく知り、たいせつにしていかなければならないと、私は思います。
なぜならそれは、日本人がほんらいもっていた、やさしい心を取り戻すことにつながると思うからです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

うれしいひなまつり


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

菱の焼酎!飲みた~い!
菱の実?
知らない!
そうでしょうね。
暇ですので調べてみました。
「菱子」が平城京の長屋王邸に納められた…と書かれた木簡があるそうです。
どこから贈られたの?
何と!我町の辺り!
武蔵国策覃郡(埼玉郡)です。
717年/霊亀3年10月のこと?
ビックリですね~!
菱を食べた歴史は古くて、万葉集にも詠まれているそうです。
最近は、特定の地域以外では見かけなくなりました。
貴重な「幻の果実」ですね。
菱の実には、子孫繁栄と長寿の力があると言われています。

菱餅のレシピと効能です。
★赤=桃の花
・山梔子(クチナシ)
・魔除け
・解毒作用
★白=純白の雪
・菱(ヒシ)
・子孫繁栄
・長寿
・血圧低下
・清浄
★緑=新緑
・蓬(ヨモギ)
・厄除け
・増血作用
・健康
現在はどうなのですかね。
春らしくていいですよね。

菱で造った焼酎もあります。
とても貴重だそうですけど。
私はこれの方が有難いです。

今夜も沢山勉強させて頂き、ありがとうございます。

さて、素敵な雛祭りの夜。
ご家族とお楽しみ下さい。

はらさり

ため息
ねずさん、みなさん、こんばんは。

まず豪華な雛人形に『はぁー…。』とため息が出ました。わが家の雛人形は一段なので…。
うーん、武士が三人官女や五人囃子たちより、下段に居るんですねー。
今まで気がつくことが無かったです。

話は変わるんですけど…mixiというアプリを使っていた時に『天照大神の子孫で今上天皇の親戚』と名乗る不可思議な女性に出会ったんです。
元皇族、とかではなく。詐欺だと言ったら復讐されかけました。
天皇陛下と天照大神に失礼で不敬。そもそもそんな人が陛下と親戚でも、詐欺など働くなんてとんでもない事です。復讐する何てもってのほか。バカッターと変わらないですね。

Bebe Suave

ひなまつり
ねずさん、
いつも素晴らしい記事をありがとうございますo(^▽^)o

ほんの数日前にねずさんのブログを知り、素晴らしいと感動し、本も注文して今日Amazonより届きました( ´ ▽ ` )ノ
私はまだほんの一年前からですが、漢字渡来以前のヲシテという文字で第12代景行天皇(ヤマトタケの父君)の勅令で書かれたホツマツタヱを読んでおります。
お雛祭りは女の子のお節句であると共に「夫婦(イモヲセ・妹背=いせ→伊勢)の道」の大切さを祭ったものです(○´3`)ノ
また「よろこぶ」という言葉自体が「よろづ(萬)」の「こ(子)」が増える、それこそが喜びであり子孫繁栄の願いと、また萬の子と共に喜び合うといった和す民ならではの言葉だと思います\(^o^)/
ところで、なんでもなんでも行事が中国から来たように思われていますが、
ひなまつりの起源は、実は日本であり、神武天皇どころか天照大神より更にぐっと古く、アメ(天)のカミヨの四代目(七代目がイサナギ・イサナミ)ウビチニ・スビチニ様であることがホツマツタヱには記されています( ´ ▽ ` )ノ
コシクニ(越国)のヒナルノタケでお生まれになったモモヒナギ(ウビチニ)モモヒナミ(スビチニ)が成人して結婚式を挙げた事がひな祭りの起源で、また御神酒(三々九度はミ(女)から先に飲み後にキ(男)が飲むから)や盃(三月三日は三日月ですからその三日月の形なのですね)なども描かれています!

日本人はパクられても大人しいと言いますか、菊(と栗)の節句(重用の節句)にしてもさも中国から来たようにまことしやかに語られていますが、キク(九)クリ(九)も日本語でなければ説明がつかないことですよね♪

このひな祭りが、三千年どころか四千年とか(でしょうか?もっとか?)続いてる!日本の文化素敵ですね( ´ ▽ ` )ノ

これからもブログ楽しみにしておりますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

-

蛆TVのお雛様冒涜の件
水島社長もお怒りでしたが、タモリも参加してたのにガッカリ。

素朴に質問

No title
日本には奴隷がいなかった、と聞く度に「えた、ひにん」の話を
思い出してしまいます。
また、小学校の社会の授業で「貧窮問答歌」を題材に民が年貢を取り立てられる様子を習ったことも思い出されて仕方ありません。

この辺の話をいつか取り扱って頂けると幸いです。

まきの

ひなまつりの不思議
私は、「ひなまつり」という名の「桃の節句」について、
幼い頃からずっと疑問に思っていることがあります。
それは、お祝いの歌なのになぜ短調なのか、
お祝いなのになぜ祝日扱いではないのか、です。
どうしても、
五月の「こどもの日」という名の「端午の節句」と、
比較してしまうのです。
毎年ひなまつりになると、
悲しげな音楽と盛り上がりに欠ける世の中を見て、
不満を感じていました。
ひなまつりの歌が短調であるのと祝日扱いでないことには、
理由があるのでしょうか?

団塊の世代の後輩

No title
子供は国の宝です。3月3日と5月5日、大事に守り育ててゆきたいものですね、ありがとうございました。

ビオラ

ありがとうございました♪
ねずさんの今日のブログのお陰で、今日が雛祭りの3月3日とわかり、慌ててお雛様を出して、夕食後に家族でねずブロの歌詞片手に、歌も唄って、ケーキ食べて、お祝いできました!

ねずさん、ありがとうございましたm(__)m

日本大好き

懐かしいです。
ひなまつり、懐かしく思います。
姉妹のみの家庭でしたが当時の水準としては裕福な方では
なかったので、残念ながら家に雛壇はありませんでした。
それでも特に不満はなく、折り紙で手製の雛壇を作って飾り
それを眺めてニコニコとしていた覚えがあります。
父の「無ければ作り出す」と、母の「いつも明るく」の精神が
与えてくれたポジティブ思考のお陰かと思います。
現在もまた残念なことに子に恵まれなかったので
こうした催しと縁がありませんが、
今日は少女に戻ってひなあられでも食べようかと思います。

shengxin

ひな祭りの歌が懐かしく
偶然にも金曜日の帰りのバスの中でお母さんと一緒にいた娘さんが売ってこの歌を歌っていました。自分以外いなかったのですが懐かしく、そして優しい感じがして良いなと思ったものです。

日本は他の国とは違う認識を持っているのに、他国の認識で計ろうとしています。
日本基準が世界基準になればどれだけ平和で安心な暮らしができるのだろうかと思ってしまいます。

八紘一宇の実現が望ましいものですね。

ポッポ

No title
ひなまつり、小さな頃、近所の女の子の家に行って、遊ばせていただいたことがありました。

中国の毒ガスについて、PM2.5は葉野菜に付着した場合、水洗い程度では落ちないそうです。
この野菜を輸入するのは、日本人の身体には危険なのではないでしょうか? また、PM2.5は、中国から偏西風のため韓国を経て、日本に来るのですが、韓国のは野菜も危険なのではないでしょうか?
この際、中国と韓国からの農産物は、輸入禁止とすることも必要だと思います。そして、輸入禁止の期間は、PM2.5が日本の規制値以下とすればいいでしょう。

次に、中国へは、環境省からPM2.5に限らず、排気ガスを減少させるように、指示しましょう。中国の大使を呼び出して、「止めなさい!」と言い渡せばいいことです。
これで、中国が実行出来ないのなら、中国から日本に指導を仰いでくればいいのです。そのときには、商業ベースで中国に輸出すればいいと思います。しかし、サイバー攻撃で技術を取ったり、1台買って1000台コピーするようなら、放って置けばよいと思います。
なんで、日本から技術協力を申し入れる必要があるのか、理解できません。

ラン

うれしい ひなまつり
思わず口ずさんでしまいました♪ そして幼い頃、母と一緒に「おひなさま」を飾った事を懐かしく思い出しました。もう何十年もしまいっぱなしでしたが来年は飾ります。菱餅の意味など何も知りませんでした。有り難う御座います。日本って良いですね。知れば知るほど日本が大好きです。

名無しさん@2ch

No title
女子の誕生をこれほど公然と祝い誇るマツリは
日本の希有な個性と思います。
男尊女尊の国ですねえ。
日本人の綺麗なもの好き、可愛いもの好きは筋金入り。
外国人には理解しがたく、ばかばかしく見えるかもしれません。
日本の男が日本の女に、日本の大人が日本の子供に
向けてきた優しさと細やかさは、
子供たちが知性や秩序や興味や勇気や団結や自信や、
多くの善いものを母からもらう元になっているのですが。

フェミニズムもどき、マスキュリズムもどきの
異様な男性叩き、女性叩き、悪平等も、そこここで見かけますが、
どうも日本人的な感性、発想ではないなあ、と感じます。

読者のひとり

追伸
実家は姉が生まれた時に7段飾りの雛人形を買ったようで、小さい頃は飾られていました。
それは保存状態が悪くてすでに処分してあります。
私は息子しかいないので、今は小さな手作りの木目込み雛人形を飾るくらいです。
今日の記事を読んで、孫娘ができたら絶対7段飾りの雛人形にしたいと思いました。
そして、日本の文化を語り継ぎたいです。

読者のひとり

No title
「うれしいひなまつり」は保育園で教えられ歌いました。
もう40年も前のことです。
でもすごく好きな歌でしたから4番までの歌詞をきちんと覚えてます。
久しぶりに歌ってみました(*^_^*)本当に歌詞が素晴らしいです。
菱という植物があり、食用になるとは初めて知りました。
ねずさんに教えて頂いたことは周りの縁ある方へも話していきたいです。
日本の伝統、文化の奥深さに感心し探究心が湧いてきます。
いつもありがとうございます。

ミモザ

No title
本当に・・・
もし、彼女が自国民に対して真実を告げ、新しい時代の国際社会
の一員としての責任を果たす事が出来れば、どんなに素晴らしい
ことでしょう。

アンノーン@

隣の新大統領
初の女性大統領ですが、彼女は真実の歴史を知っているはずです。にもかかわらず、にこやかな笑顔で私達に正しい歴史認識を!などと言っています。彼女の父親が草場の影で嘆いているのではないでしょうか。
あの笑顔が恐ろしい。彼女が自国民を正しい道に戻す事はないのでしょうか。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク