3月10日は東京大空襲の日

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

隅田公園-1


東京はだいぶ暖かくなってきて、日によっては20度を越す日まである陽気となってきました。
もう少し経つと、桜のお花見のシーズンがやってきます。

お花見といえば、都内には、隅田川沿いにある隅田公園の桜並木などが有名ですが、それら下町にある公園は、東京大空襲のときの遺体を埋めた墓地であるということは、ご存知でしょうか。

東京大空襲は、昭和20年の3月から5月にかけて、東京全体を灰燼に帰した無差別な市民攻撃でした。
とりわけ3月10日の空襲には、325機ものB29が出撃し、そのうちの279機が東京市街地への爆撃を行っています。

このとき投下された爆弾は、38万1300発です。
1平方メートルにつき、4発もの焼夷弾が都内にバラまかれました。
このときに使われた爆弾は、「クラスター焼夷弾」とよばれるものです。
クラスターというのは、「束ねる」という意味で、ゼリー状のガソリンを長さ約50cmの筒状の容器に詰めたナパーム弾を束ねたものを低空飛行のB29から投下し、これが空中でバラバラになって民家の屋根を突き破って落下し、そこで大火災をひき起こす、というものでした。

いまでは、3月はずいぶんと暖かくなりましたが、昭和20年のこの日は、気温が摂氏0度でした。
そこに折からの「からっ風」(強い季節風)が吹いていました。
そんな3月10日の午前0時過ぎ、とつぜん飛来したB29の大編隊が、超低空で東京中に焼夷弾の雨を降らせたのです。

約2時間半にわたったこの爆撃で、木造家屋が密集した東京下町は、あっという間に火炎地獄となりました。
火災の煙は高度1万5000メートルの成層圏にまで達したそうです。
都内には、秒速100メートル以上という竜巻並みの暴風が吹き荒れ、道路には火の粉が舞い、熱風によって、着ている衣服は、火の粉がかからなくても燃え上がりました。

この空襲で、東京35区の3分の1以上にあたる約41km²が焼失しています。
また、空襲による死傷者は、警視庁の調査によると
 死 亡:  8万3793人
 負 傷:  4万 918人
 被災者:100万8005人
 被災家屋:26万8358戸
ですが、警視庁の調査数には、早期に遺体が引き取られた者を含んでいませんので、実際の死亡は10万人を超えていたといわれています。

この空襲は、米国では、昭和19(1944)年11月には計画されていました。
いきなりのことではなく、そもそもが計画的に行なわれたものであったということです。

戦時国際法では、軍人と文民、軍事目標と民用物を区別せずに行う無差別攻撃は禁止されています。
また、攻撃実行にあたっても、事前に民間人等が避難できだけの十分な余裕を与えて警告した上でなければ、攻撃を行ってはならないと定められてます。
要するに、無差別爆撃というのは、明らかな戦時国際法違反です。

大東亜戦争や日華事変を語るときに、ひとつはっきりとさせておかなければならないことがあります。
それは「日本は戦争を行った」ということです。
戦争というのは、国際法上に定められたルールに乗っ取って行われるものを指します。

けれど、Chinaにせよ、米国にせよ、当時行ったことは戦時国際法上の戦争ではありません。
彼らの行ったことは、法を無視した虐殺です。
このことは、米国人やChineseにとっては、認めたくないたいへん苦しい歴史かもしれませんが、けれど、それが事実です。

戦争をレスリングの試合に例えるのは、いささか不謹慎かもしれませんが、ハダカでリングの上で戦うプロレスの試合で、片方がちゃんとルールに従って、ハダカでパンツ一丁で試合をしているのに対し、相手が金槌などの凶器を手にして試合をしていたら、それは卑怯です。
要するに、日本が正々堂々と戦時国際法に従って自存自衛のために戦ったのに対し、米支は、きわめて卑劣な、手段を用いて日本を滅ぼそうとしていた、ということです。

東京大空襲の計画が立てられたのは、昭和19年11月24日のことで、米国陸軍ヘイウッド・ハンセル准将の指揮によって計画されました。
この計画でハンセル准将は、軍需工場、製油所など、特定の軍事目標だけを攻撃対象にするという計画を立案しています。

ところが、そこに政治が介入しました。
手ぬるいというのです。
そして翌昭和20年1月21日には、ハンセル准将は更迭され、カーチス・ルメイ少将が日本本土空襲計画を練りなおしています。
彼は、B29を低空飛行させ、日本の強い季節風の中で焼夷弾を投下することで、無差別な一般市民への攻撃をするという計画を立案しています。

B29の特徴は、日本の戦闘機が舞い上がれない高高度で飛行できるところに、その強みがあります。
けれどルメイ少将は、そのB29を低空で飛ばせ、しかも主要な武装を外し、搭乗員の数まで減らして、そのお腹いっぱいに焼夷弾を詰め込んで、これを投下するという選択をしたのです。

低空飛行なら、日本側からの高射砲や戦闘機による反撃も当然予想されます。
そこでこれに対抗するために、巨大なB29を、300機を超える大編隊で飛ばすという強硬案を計画したのです。

これは、B29の搭乗員が撃墜されるというリスクを生みます。
しかも、迎撃するための武装まで外して、その分、爆弾を腹に詰め込むのです。
これには米軍内部でも、当然航空部隊側から反論が出ました。

そのときルメイ少将が言った有名な言葉があります。
彼は激怒し、葉巻を噛み切って、
「なんでもいいから低く飛ぶんだ!」と怒鳴りつけたのです。

そしてルメイ少将は、戦後、次のように述べています。
「我々は日本降伏を促す手段として火災しかなかったのである。
もし、我々が負けていたら、私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。
幸い、私は勝者の方に属していた」
勝てば官軍という言葉がありますが、勝つためなら何をやっても許される。
そして勝てばそれはまさに英雄的行為とされる、という思想がそこにあります。

先日、米銃社会のことを書きました。
米国では、我が子が中学生くらいになったら、男の子、女の子を問わず、父親が拳銃の撃ち方を教える。
そして拳銃を構えたら、躊躇なく、相手の頭か心臓を狙って引き金を引くようにと教えます。
でなければ、自分が殺されると考えるからです。
ですから、日本の映画などのように、「撃つぞ!」という警告もなければ、日本の警察ように、リボルバーの最初の一発目のところには弾を入れず、引き金を引いても弾が出ないようにする、などといった発想もありません。
構えたら、撃つ。撃つ以上は確実に相手を殺す。それだけです。
そのとき、それが正当防衛か、法的に正しいかなどといった理屈はありません。
まさに「問答無用」です。

こう書くと、日本の武士も、昔は「斬り捨て御免」が許され、問答無用だったではないか、などという人がいるかもしれません。
けれど、斬り捨て御免が許された武士は、からならず、腰に大小の二本の刀を差していました。
大刀は、相手を斬るためです。
そして小刀は、相手を斬ったあとに、自分が腹を斬るためです。
人を殺すということの重さを、武士はちゃんと認識していたし、命をそれだけ重要視していたのです。

けれど、そういう発想、そういう姿勢というのは、悲しいかな、世界中で日本だけのものです。
早い話が、西洋の騎士(ナイト)で、腰に自決用の小刀を指していたなどという話は、聞いたこともありません。
要は、戦ったもの勝ち、勝ったもの勝ち、死人に口無し。相手を殺してしまいさえすれば、自分の行動はいかようにも正当化できるという根底の思想が、そこにあります。

どこぞの平和公園には、「過ちは繰り返しません」という石碑があります。
こうした世界の中にあって、過ちを繰り返さない、大空襲や原爆のような被害に、二度と遭いたくない、愛する人を守りたい、命を大切にしたいというのならば、日本は二度と他国に侵されることがない国造りをすることこそ、必要なことなのではないかと思います。
なぜならそれは、郷土を守り、愛する人を守ることだからです。

防衛力を否定する人がいます。
けれどそういう人たちは、私から見たら、命の重さや大切さを否定しているならず者か鬼畜に見えます。

以前、チョウチョの話を聞いたことがあります。
アゲハチョウの幼虫を捕まえようとしたら、おそらく母親なのでしょう。
蝶が、幼虫を取ろうとした人に、しきりにまとわりついて、それを阻止しようとしたのだそうです。
昆虫でさえ、愛する我が子を守ろうとする。
動物たちも、我が子を守るためには、敵わぬ相手でも、必死でこれをしりぞけようとします。

まして私たちは人間です。
守るべき命を守るというのは、人として当然のことだし、国家としても、あたりまえすぎるくらいあたりまえのことです。

日本国憲法には前文に、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」という言葉があります。
けれど、公正な国って、どこにあるのでしょう?
信頼できる信義を持った国とは、どこの国を指しているのでしょう?
名前をあげて答えていただきたいくらいです。

元銚子市長で、オリンピックの日本体操チームを28年ぶりの金メダルに輝かせた岡野俊昭先生は、ヨーロッパや北米に赴任していた頃、現地の若者達に質問したそうです。
「もし、外国が攻めて来たら、君たちはどうする?」
すると返ってきた答えは、全員が、「武器をとって戦います」というものであったそうです。
男性だけではありません。女性たちも、です。

その岡野先生が、日本で若者達に同じ質問をされたそうです。
返ってきた答えは、異口同音に、
「逃げます」というものでした。
逃げても、追いかけてきて殺されるかもしれないよ?そのときはどうする?と重ねて質問すると、
「大丈夫です。アメリカが守ってくれます」

実に見事な戦後の反戦教育の成果です。
柔軟なはずの若者の思考が、完全に思考が停止している。

逃げても追われ、男は殺され、女はなぶりものにされて、残酷に殺される。
外国に逃げても、日本人だというだけで、同じむごい目に遭う。
そのことは、終戦直後の内外地での出来事が、完全に証明しています。

アメリカが守ってくれるというけれど、日米安保は、まず日本が自衛のために戦わなければ、米軍は動いてくれないという決まりになっているし、そもそも日本人を守るために、どうしてアメリカ人が犠牲にならなければならないのか。

東京大空襲から68年。
そろそろ日本は、戦後のデタラメな教育から、はっきりと目を覚ますときがきています。

日本国憲法について、憲法破棄論、無効論、改正論等、さまざまな議論があります。
けれど、私からすると、そうした理論的解釈以上に、どのような憲法を、新たに創設するのかの方が、気になります。

そして自国の守りを自国で行わない、防衛力を否定するような憲法案を述べる者や、いたずらなエセ平和主義を唱えて、新憲法樹立を否定するすべての国会議員や市民団体は、ことごとく中共のスパイ工作にやられた売国者であると断じたいと思います。

もうすぐ春。
お花見のシーズンがやってきます。

都内にお住まいの方、あるいは都内近郊にお住まいの方、あるいは上京された方で、東京下町にある花見のできる公園に行かれた方は、是非、その際に、公園内を散策していただきたいと思います。
そのほとんどに、東京大空襲による被災者への慰霊碑が建っています。
是非、それを見つけたら、手を合わせ、ご一緒においでの方に、東京大空襲のお話をしてあげていただきたいと思います。

また、先の大戦で空襲を受けたり、艦砲射撃を受けて被災した全国の主要都市のすべてには、都内の公園と同様、被災して亡くなられた多勢の方々の遺体の処理が間に合わず、市中の公園に、まとめてご遺体を埋葬し、慰霊碑がそこに建てられています。

戦災に遭われた町の方は、是非、地元の古い公園を散策してみていただきたいと思います。
いま、地域の人々に桜並木で親しまれている多くの公園の地中には、いまだ、戦災によって命を失われた多勢の方々のご遺体が埋まっているからです。

これからお花見のシーズンがやってきますが、そんなことなども、話題にされてみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

東京大空襲
Youtubeで有名な動画ですが、解説にはかなり嘘が含まれています。


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

はらさり

恐ろしい
アメリカさま…酷いじゃありませんか?
何をするにも最低限のルールを守ってするものではないのですか?
民間人を巻き込んで…そこに躊躇いが全く感じられません。読んでて容赦のなさを感じてしまいました。まあ、それが「戦争」と呼ばれるんでしょうが、ねずさんの言う通りにこの行為は戦争ではなく「虐殺」ですね。
読んでて恐ろしかった。

アメリカは銃を持つ民が多いみたいですね。

私の妹の旦那さんがアメリカさまです。義理弟は穏やかな性格ですが、妹(日本人)は穏やかじゃない。モデルガンを持ち歩き気に入らない人には容赦なく撃ち放ってます。もちろん玩具なのですが、母が取り上げ義理弟が取り上げても手に入れてしまう。
モデルガンでも撃ち放てば犯罪ではないのですかね?
アメリカさまの義理弟さえ持っていないのに日本人がそんなもの、玩具とは言え携帯して振り回して恥ずかしくないんでしょうか。

話が脱線しましたが、日本にも躊躇いなく銃を持って無差別にぶっ放したい危険な人もいる。
これを知ったら大空襲にあった人達が悲しんでしまうと思います。

竹千代

何を語り継ぐのか…が大事です。
B29って「50mプールに丁度1機」の大きさだったそうです。
真夜中…こんなのが何百機も飛んで来て街を焼き払う?
正に想像を絶します。
私は昭和24年産ですので、話は高齢化した体験者に聴くか資料や映像を眺める他に知る方法はありません。
旧ソ連の「日本兵シベリア抑留」について、ゴルバチョフ大統領は言い切りました。
『気の毒だが、旧ソ連政府がやったことだ。前世代の問題だから自分達には関係無い!』
これが国連常任理事国!
世界なんてこんなもん!
江東区に「東京大空襲・戦災センター」ってのがありまして…話の種行ってみました。
語り継ごうとする内容が違う!
ガッカリでした。

ohsui

No title
はじめてカキコいたします。
いつも、いいエントリーを読ませていただき、感謝しております。
何か書き込みたくなったのでつい、三月の記事に書き込みいたします。

私はまあ、BBAなんですが、
日教組平和教育の毒は、未だに体の芯に残っていまして、
どうもパールハーバーで亡くなった兵士の人数と、各都市の空襲や、
原水爆により虐殺された一般人の人数に、
なぜか同一の意味を与え「被害者(数)」とする見解に惑わされるなど、
まだまだ洗脳から抜けきれていないようです。

私の経験からしても、「平和教育」一番の毒は、
通常の人ごろしと兵士の戦いを混同して教えられた事でした。
故に、戦争の最中、兵士同士は戦ってもいいけれど、
民間人に手をかけてはならない。とか、
敵国人であれ、民間人に手をかける事は犯罪として処罰される。
条約により決められている。(=戦争にはルールがある)
これをネットで学んだときに一番、「平和教育」を呪いましたよ。
子供の頃から叩き込む意味がわかったからです。

私ような「平和()教育」の被害者のために、
どうかこれからも、解りやすい解説をお願いいたします。

かねこ

いつもありがとうございます。
ねずさんへ、いつも貴重なお話ありがとうございます。

さて通りすがりさんも指摘されておられるように、日本の警官の所持する拳銃は未だにほとんどがニューナンブという古い拳銃であります。 リボルバー(回転式拳銃)と言うタイプでレンコン形の弾倉が特徴です。 ニューナンブは基本設計が古く、通りすがりさんの言われるように全て装弾した状態でハンマー(撃鉄)に衝撃が加わると暴発します。 それを避けるために、1発目には装填してありません。 ですのでトリガーを引けば1発目から発射できます。 以上参考となれば幸いです。 

きくりん

アゲハチョウ
 アゲハチョウの話は、以前私がコメントしたものでした。おぼえておいて頂いてありがとうございます。かなうはずのない相手にでも、我が子を守るためにぶつかって行く、昔の日本はそんなアゲハチョウの様な人だらけでしたね。特攻隊で散華された方々は、まさにアゲハチョウでした。
 彼らに恥じない生き方、アゲハに恥じない親になりたい思います。

サッカー小僧

アメリカ人はなぜ防弾チョッキを着て歩かないのか?
日常茶飯事、銃による犯罪があるから身を守る為に銃を持つんだとアメリカ人は言うけれど、いつ襲われるかわからないのに、防弾チョッキを常着したり、西部劇のガンマンのように、拳銃を肌身離さず持ち歩かなくて、用をなすのでしょうか?防弾チョッキの常着を義務づけた方が良いのではないでしょうか。

日本人

TPP絶対諦めないで阻止
・交渉は参加できてあと一回
・すでに決まった事項はひっくり返せない
・自動車の関税アメリカだけそのまんま

ロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=fm-6DR6o3vs
短いですが的確な米国人の指摘です。

石破幹事長、TPP交渉参加めぐり参院選での与党支援訴え
http://www.youtube.com/watch?v=rEP0HdHETWw

自民党の石破幹事長は2日、鳥取市で講演を行い、TPP(環太平洋経済連携協定)の交渉に参加する場合、強い政権でなければ、国益を懸けた交渉はできないとして、夏の参議院選挙で与党への支援を訴えた。自民党の石破幹事長は、TPP交渉に関して、「それぞれの国の本当に国益を懸けた交渉において、日本は何を例外とすべきなのか。
そういうことを全部実現するのも、強い政権なのであります」と述べ、関税撤廃の例外品目をめぐる各国との国益を懸けた交渉には、強い政権で臨む必要があるとの認識を示した。
石破幹事長は「3年、4年という、きちんとした期間があり、この政権は長いと、国民にも外国にも思ってもらうことが、極めて大事だ。日本のために、何としても参議院選挙に勝利させていただきたい」と訴えた。

結局のところ、自民は対米追従売国、民主は特ア追従売国。TPP参加は民主の売国より深刻な事態なるでしょう。全力で阻止しなければ!!

何も批判しないで自民に投票すればTPP参加に同意したことになってしまいます

東京新聞のスクープで条件を変えることは不可能だと判明しているのだから
TPP交渉参加のつもりなら参院選は自民に投票しない!
参加・不参加の意思表示をしない場合も投票しない!
次回はTPP反対の政党に投票する!

自民本部、次の参院選の議員には徹底的にTPP反対するように抗議しましょう!

愛信

高松市 大西市長が推進ヽ(`Д´)ノ 子ども条例
高松市 大西市長が推進ヽ(`Д´)ノ 子ども条例
http://youtu.be/MfmWBTFrlBE
(動画)

詳細は【♪ 第 三 の 翼 ♪】緊急拡散・名を変えた「人権委員会設置法案」か。
高松市議会で可決寸前!「子ども・子育て条例」
http://ameblo.jp/the3rdwing/entry-11486530321.html
をカッチとね
【関連情報】
【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
日本人社会の破壊者の反日売国勢力と反日売国テレビ局・マスコミがあのてこの手を使い人権擁護法案の
成立を企んでいます。 夫婦別姓法案などに見られる通り日本人の家族制度を破壊する事、即ち御皇室の
破壊が反日売国勢力の目的です。

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

まったけの嫁

No title
いつも勉強させていただいております。

突然ですが、署名のご協力のお願いに参りました。
チベットでの中国の蛮行に対する請願署名が出されており、本日が締切となっています。
なお、〆切が過ぎても、署名画面が出る間、署名可能ということですので、ひとりでも多くの人に署名していただけたらと思い、場所をお借りしました。

以前に何度か請願署名が行われており、こちらの読者さま方は、ホワイトハウス署名のIDをお持ちかと思います。
ぜひぜひご署名お願いします。

内容は以下の通りです。
 ↓

〈中国によるチベットの文化的実践および宗教への弾圧をやめさせ、チベット人の焼身自殺を食い止めよう!!〉
https://www.facebook.com/unfftJAPAN/posts/330570353729679

締め切り 3月12日(火)
※11日22:50現在の署名者数2,218人
------------------------------------
署名サイトはこちら ↓
https://petitions.whitehouse.gov/petition/implore-china-prevent-tibetan-self-burning-suicides-lifting-suppression-tibet’s-cultural-practices/hpW7MYlZ

署名と同時に、拡散もご協力願います。
どうかよろしくお願いします。

小心者

No title
このカーチス・ルメイは1964年に
勲一等を授与されましたが、
昭和天皇は、親授を拒否されました。

海上自衛隊創設に関り昭和天皇の大ファンだった
アーレイ・バークは、1961年に叙勲し
後に彼の葬儀で、遺体の胸に付けられていたのは
遺言により、このときの旭日大綬章だけでした。

通りすがり

No title
いつも拝見させていただいております。

さて、
本日の内容にアメリカの銃についての記述がありましたが、
アメリカにおいても、法執行機関にしろ一般人の自己防衛にしろ、犯罪行為を認めた者が犯罪者等に対して発砲する際には、必ず警告を発します。その上で、さらに抵抗を続け、自己あるいは周囲に対して危害を及ぼす恐れがあると判断された時点で発砲の要件が成立するとされています。この要件が満たされない状態で発砲し、相手を殺傷した場合、発砲した側が罪に問われます。
警告なしでの発砲が認められるのは、女性が暴行された等、限られた場合となっています。
そして、発砲する場合は相手を確実に射殺(最近は、無力化、ニュートライズという呼び方をすることがあります。)する覚悟を持って臨まねばならないとされています。
また、発生した発砲事案については、必ず司法による是非の判断が下されます。その結果、発砲の正当性が認められた時点で、発砲した側は罪を問われないということになります。

リボルバの弾を1発抜くのは、初期のリボルバの安全性に問題があり、銃を安全に携行する為に、撃鉄の激発できる位置にある弾を装填しないようにしていた名残で、現代のリボルバは全弾装填した状態で地面に叩きつけても暴発しないようになっていますし、警察等のリボルバはダブルアクションなので、引き金を引くと同時に撃鉄を起こしつつシリンダも回転するので、すぐには発砲できないということはありません。

いくらアメリカでも、相手が犯罪者だからといって即射殺しても構わない訳ではないということは知っておくべきと思われます。

ポッポ

No title
東京大空襲を始めとして、日本国内の大都市は多くの空襲に遭い、このため民間の多く方が亡くなりました。無差別爆撃は戦争ではなく、ジェノサイド(集団殺戮行為)ではないでしょうか?

北朝鮮は、朝鮮戦争の米国との休戦条約を廃棄しました。
考えてみれば、この休戦条約は北朝鮮と米国との条約で、韓国は締結していなかったのですから、韓国は未だ戦争中でした。
韓国にとっては、小さいことです。

東日本大震災合同追悼式に中国と韓国の代表が欠席しました。
欠席の理由は、中国が「行事進行における台湾の扱いをめぐり不満」であり、韓国は「韓日双方の意思疎通の過程でミスがあったため」とのこと。
この追悼式は、天皇陛下が臨席され、震災における犠牲者を悼むものでした。
中国は、台湾の出席が気に入らないそうですが、尖閣のこともあるのでしょうか?
韓国人は、東日本大震災の傷からまだ癒えない日本に対し、サッカーの試合のとき「日本の大地震をお祝い」などと、日本国民を愚弄しました。
台湾は、東日本大震災のとき、真っ先に救助隊を派遣してくれ、また御見舞金も本当に大金であり、日本人は感謝したのです。これに感謝せず、ろくな席を与えなかった前政権は、恥ずかしくなかったのでしょうか?
中国も韓国も、日本人にとって腹立たしいことであることは間違いないのですが、判りやすいです。
日本も日本の考え方を、彼等に判りやすく行動する方が、良いのだと思います。大人の対応は、彼等は日本をなめるだけで、意味がありません。

にっぽんじん

NHKは何を恐れているのか
3月8日に行われた衆議院予算委員会における中山元大臣の質問中継録画のUチューブ動画がNHKによって消されたそうです。理由は著作権侵害だそうです。国会中継が著作権に該当するのでしょうか。

中山元大臣の質問はNHKにとって何が問題だったのでしょうか。教えて欲しいものです。余計に興味が湧いてきます。

インターネットによる国会中継は下記のURLで見ることが出来ます。多くの方にみていただきたいと思います。いくらNHKでもインターネット中継まで消す事は出来ないと思います。NHKは何を恐れているのでしょうか。

衆議院中継
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=TD

参議院中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

yuki

No title
いつも貴重なお話しありがとうござます。
私たちが学校で教わった歴史って、一体何なのでしょうね。「日本は突然真珠湾を攻撃して戦争の火ぶたを切った」とかから始まるのですが、その前のABCD包囲網、ハルノートについては殆ど教えてこなかったと記憶しています。いつしか私は歴史が嫌いになり、学校は地理と哲学と倫理などで単位を取りました。
今、ねず様らのお蔭で歴史を学び直し、日本は本当は世界一誇りを持てる国家なのだと思います。
多くの子供たちにも真実の歴史を学んでほしい。益々のご活躍をお祈りしています。

団塊の世代の後輩

No title
人殺し野郎のルメイに勲章をくれてやったのは「“利用できるバカ”はしっかり利用してやろう、自衛隊を強い軍隊にするためには何でもありだ!」ではなかったのでしょうか?当時でも最強のアメリカ野郎の軍事技術をしっかり盗まなければせっかく再軍備してもまったく意味がありませんので・・素手で勝てるのはルールにのっとったスポーツだけです・・そのスポーツでさえ「勝つためには何でもありだ!」という野蛮人どもが存在し、その野蛮な精神にのっとった軍隊が隣国に脅威として存在しているのです!!

-

私の人生にも響いている大東亜戦争
自分語りです。
私の父は戦中の東京に生まれました。生まれてすぐに父親(私の祖父)が死んだので兄弟もなく一人っ子です。母子家庭で貧しかったので中学上がってからすぐ新聞配達をし卒業後は工場に就職しました。父の当時のアル
バムを見ていたら成人のお祝いを会社にしてもらっていて暖かい時代であったことを感じました。母親(祖母)も再婚することなくずっと働きつづけ60才でなくなりその後、父は結婚し私が生まれました。おじいちゃんが生きていたら父の人生も、私の人生も違ったものであっただろうと最近おもいます。
私も東京で育っているの「東京大空襲」は他人事に感じません。
当時を思うと涙がでます。祖母は幼い父とどこに避難して難を逃れたのだろう?幼子を残し終戦間じかでこの世を去った祖父。残された家族。よく頑張ってくれたと思います。
先日、先祖調査で戸籍をとりにいったら、「3月10にて焼失」とのことで父方のご先祖様を遡ることが出来ませんでした。残っていれば7代前までは遡れたのです。
公園に戦争でなくなられたご遺体が埋められているのは知りませんでした。今度、「忠魂碑」を見かけたら手を合わせたいと思います。

クボタ

我々の手だって血に染まっているのです
先日の東日本大震災追悼式に中韓は出席しませんでした。
理由は韓国は事務上のミス、中国は献花国の中に台湾の名前があったからだそうです。
東京大空襲をはじめ数々の戦災を受け、平和を誓うといいながら、我が国はこれまで長く中国に数々の支援を続けてきました。
その資金で中国は台湾を排斥し、チベット、ウイグル人を虐殺してきました。
チベットや台湾は東日本大震災でも日本に哀悼の意を示し、義援金を送ってくれた国家です。
そんな彼等に対し、我々は何をやってきたのか?
直接手を下さなかったから、知らなかったからで済む話じゃないでしょう?
戦後日本は口先だけで平和を尊び、その裏では人殺しのならず者を援助してきた卑怯者で、自分も含め国民の一人一人が税金という形でこれに加担してしまったことを深く悲しみ、恥じるばかりです。
これからの日本が真の平和を目指し、中国が改めなけれは、国交を断絶するくらいの気概を持って臨むよう我々一人一人が認識し、声を挙げていかなくてはなりません。

下町キング

いつも貴重なお話有り難うございます
悪魔の化身、カーチスルメイは確かその後、自衛隊創設に貢献したとして、勲章を授与されませんでしたっけ
また東日本大震災の式典を否定するわけではありませんが、東京大空襲に関しての報道が最近少なくなった気がします
私も東京下町で生まれ、東京に育てて貰ったひとり
3月10日と9月1日は特別な日
出来る限り後世に伝えて行くのも我々の役目だと思っています
事実と捏造を仕分けしながら
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク