報道機関の番記者たちって、なにさま?? 不毛の議論・不毛の報道



「首相は安い店に行け」 高給番記者たちの「庶民感覚」
麻生首相「ホテルのバーは安全で安い」


麻生首相が、ホテルの会員制バーで酒を飲んでいることについて、北海道新聞の女性記者が、
「夜の会合が連日で、一晩に何万円もするような高級店に行くのは、庶民感覚とかけ離れているのでは」と切り出したそうです。

これってただのナンクセです。

ようするにこの記者は、首相がホテルで飲むことが「庶民感覚とかけ離れている」=「麻生首相は庶民派ではない」のだといいたいようです。

しかし、周りに30人からの新聞記者がいて、警察官もいる。
そうした中で、一国の総理大臣が、他国からの賓客や国内の客先と会食をしたり飲食をともにしたりするのに、この記者は、首相に、魚民にでも行け!というのでしょうか??

言ってることのわけがわかりません。

取材する記者たちも、『庶民』とは程遠い。
朝日新聞社社員の平均年収は1358万円。幹部クラスなら2000万円。
経営が厳しいとされる毎日新聞でも、870万円。
国税庁の調べによると、07年のサラリーマン平均収入は437万円だ。

勤務実態を見ても、庶民とはかけ離れている。

週刊ポストが08年4月11日号で、4ページにわたって番記者の実態を特集しているが、外国特派員協会の副会長が、記者会の様子をこう証言している。

「官邸クラブの記者席には間仕切りがあって、若い記者が短パン姿でテレビを見たり、プライベートとしか思えない長電話をしている。役所の担当者が『3時から会見です』と資料を配ると、一斉にペーパーを奪ってパソコンを打ち始める。まるでネットカフェです」

さらに昨日のニュースでこんなのもありました。
麻生PRパンフは"庶民感覚"ゼロ

麻生総理の紹介パンフだが、
パンフの中身は、総理の好物からこだわり、愛用品まで説明したもの。
その中に記載されている、総理のスーツが東京・青山の高級テーラー「テーラー森脇」のオーダーメードで、1着が30万円以上。愛用の革靴がスイスの高級靴ブランド、バリーで、1足10万円以上。
だから、こういうものを身に付けている総理には、庶民感覚はない!と断じたもの。

でもね、庶民感覚があるとかないとかいうのは、来ているモノの値段がいくらかとか、そういう問題じゃなくて、目線が、一国の総理として、国民の生活を見ているか、ということなのではないでしょうか??

意図的に総理の足を引っ張りたい、その一心だけで、いま国家として何が必要なのかといった大事な視点から国民の目をそらさせ、くだらない報道で政治そのものを揶揄する。

これって報道する側のモラルが、あまりにもなってない。そう思います。

ちなみに昨日の事件で、
カップヌードルから防虫剤成分という大変ショッキングなニュースが流れましたが、
県衛生研究所に持ち込まれたカップヌードルは、明らかな薬品臭がしたとか。

中国産の食品への薬物混入が問題視されている中で、こういう問題が起こるのは、他国による謀略であるやもしれず、そうしたものに私たちの生活の安全がおびやかされているとしたら、そちらのほうがはるかに問題です。

誰がどこで酒を飲もうが、総理が何を着ようが、いらぬお世話だと思うのですが・・・・

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

政局重視の民主党と麻生総理の夜の会食


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

moharizaさんコメントありがとうございます。
新聞社といえば、それなりの教育をうけた秀才君たちの人気就職先。それも総理の番記者ともなれば、その新聞社の中でもバリバリのエリート・・
その秀才エリートのレベルがこれって、日本の教育って、どーなってるの??って思ってしまいます。

言論の自由さんコメントありがとうございます。
結論とするご意見はたぶん言論さんは、ボクと対極^^
そういうご意見をこのブログにいただけることは、光栄です^^
自由に発言できる!そのことは、とても大切なことだと思うからです。
おそらく言論さんとボクとは、日本のいまを憂う気持ちは同じ。麻生総理への期待感には温度差。そんな感じかと思います。
でも、そういう異なる意見が、感情的でなく、冷静な対話として互いに展開できること、そのことはどっても貴重だし、たいせつなことって思うんです。
一番困るのは、対馬の記事の動画にありますが、韓国のおばちゃんみたいに、ただ自己の意見を述べて、相手の言うことを聞かず、ヒステリー(火病)になる・・・これでは対話になりません^^; また昨日の毎日新聞の記事のように、ねつ造や嘘の記事を書く。そういうのはいただけないと思っています^^

言論の自由

池田信夫は自分のブログのコメント欄でこう書いていた、これが本当のところだろう。
「いい忘れたが麻生首相に庶民感覚がないことは言うまでもない、昭和30年ころに祖父の吉田茂から1千万円もらって京都は祇園で遊んで来いといわれたのは、久米裕でも知ってる有名な話だ。僕らにとって「高い」とは銀座の特別なバーや料亭で、1晩で数十万円かかる場合で、バーが安いのはいうまでもない。

こういう感覚があるから景気対策も思い切ってやり易い。いわゆるサラリーマン(正規雇用者)の経済状態などは、正直よくわからないので斟酌しない。例えば彼らにとって月数万円の税金などの上昇は高いのか安いのか、難しいのだ。だから景気対策とは所詮イメージでしかない。

だから庶民感覚が彼にあるか否かなど、所詮到底一生浮かび上がれない安サラリーマンが親しみを持って投票してくれる為のキーワードなだけで、本質はどうでもいいことだ。」

この辺りが本当だろうね。麻生首相にとって水割り1杯3000円の高級バーが安いのは当たり前、一方圧倒的多数の正規雇用者である普通のサラリーマンにとってそれが高いのは常識だ。そんなものは麻生に聞くまでもない。

ただ問題は麻生がその高級バーでの飲食を「安い」とこだわる事だろう。彼は23日も言及し、「帝国ホテルの高級バーは誰でも行ける安いところ」にこだわっている。麻生が正直な感想を述べているのは誉めるべきだろう。しかし、そんな常識ではたして、経済対策ができるのだろうか?帝国ホテルでほぼ毎日飲食するのが、日本の普通人でそれに合わせて経済対策をするというなら・・・・・

残念ながら私は普通人ではないので、麻生氏の政策に期待できない。

mohariza

くだらない記事に、付き合ってはいられません。
首相が何処で飲み食いしようが、どんな服を着ようが、私たちに関係有りません。
自腹を切っているいるのですから、問題ないと思います。
麻生は、「金持ちのおぼっちゃま」です。
そう云う人を、自民党が選んだのです。

問題は、政策で、どんな政治をするか?したか?だと思います。

新聞社のくだらない記事に、付き合ってはいられません。
ねずきちさんが云われるように、もっと根本的な問題があり、それを追いかけるべきと思います。
…記者の単なる「嫉妬」でしょうか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク