闘将 角田覚治中将

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm
■日本史検定講座の第二期募集がはじまりました
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1825.html

■倭塾(わじゅく)塾生募集中
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1829.html
人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

角田覚治中将


「徳島の保守」というブログがあります。
以前、通州事件の惨劇でご紹介しましたブログで、徳島にお住まいの保守のみなさんが交替でたいへん素晴らしい記事を発信され続けています。

今日はそのブログ「徳島の保守」の過去記事から、「日本海軍最後の勝利を導いた男 闘将「海軍中将・角田覚治」をご紹介させていただこうと思います。
========
日本海軍最後の勝利を導いた男 闘将「海軍中将・角田覚治
政治blog「徳島の保守」担当 吉川
http://d.hatena.ne.jp/minoru20000/20080803/p1

ミッドウェーの惨敗の約4ヶ月後、ガダルカナル島をめぐる攻防で日米機動部隊は再度激突します。
昭和17年10月26日の南太平洋海戦です。
日本の主力部隊は、南雲忠一司令長官率いる正規空母・翔鶴、瑞鶴、改造空母・瑞鳳。対する米機動部隊は空母エンタープライズとホーネット。

このとき角田少将(当時)は、商船改造空母・隼鷹に座乗し、支援部隊として主力から離れた位置で航行していました。
しかし、「敵空母見ユ」の報に接するや、敵方向への全速前進を命じ、敵機動部隊との距離が約610㎞とまだ艦上機の攻撃範囲外の遠方にあるにもかかわらず、角田少将は果敢に攻撃命令を下しました。

この間、南雲長官の主力機動部隊はすでに米機動部隊と交戦し、旗艦・翔鶴と瑞鳳が被弾炎上。
やむなく南雲長官は戦場を離脱し、指揮権を角田少将に移譲します。

角田少将の「闘将」としての真価が発揮されるのはまさにここからです。
普通攻撃隊を発進させた空母は、敵機の攻撃を避けるために敵から距離を置きます。
しかし、角田少将は攻撃隊を発進させた後、なおも敵に向かって空母を突進させ、帰還する攻撃隊を一刻でも早く収容し、さらなる反復攻撃をかけていきます。

危険を冒して空母を敵に近づけたことにより、帰還できなくなっていた翔鶴の攻撃機を収容することにも成功しています。
この時の角田少将は「たとえ航空機を全て失ったとしても、隼鷹を激突させてでも敵空母を撃沈させる」という気迫に満ちていたのでしょう。
やる時は徹底してやるというのが角田少将の「見敵必戦」の精神だと思われます。

角田少将の反復攻撃の甲斐あって、ホーネットを撃沈、エンタープライズを中破させるなど、米機動部隊に大打撃を与えました。
(空母ホーネットは、ミッドウェー海戦で日本側に大打撃を与えた空母でもあり、ドゥーリットル空襲(日本本土への初めての空襲)をかけた憎むべき空母です)

この南太平洋海戦において、米軍は南太平洋における稼動空母が一時的に皆無になり、米軍をして「史上最悪の海軍記念日」と嘆かせました。

攻撃隊を発進させた後に、なおも敵空母に向かい踏み込んで闘った母艦指揮官は、日本の海戦史上、角田少将くらいでしょう。
もし、角田中将(昭和17年11月中将に任官)がマリアナ沖海戦(昭和19年6月)で機動部隊の指揮を執っていれば、日本側の一方的な大惨敗ではなく、敵方にも大きな損害を与えていたと思います。

マリアナ沖海戦での機動部隊指揮官は、小沢治三郎中将です。
小沢中将はアウトレンジ戦法(日本機の航続距離の長さを活かし敵攻撃圏外から攻撃をしかける戦法)をとりますが、米軍の「VT信管」という新型兵器の使用もあり、日本側は大敗北を喫しています。
角田中将の「肉を切らせて骨を断つ」強烈な気迫で戦っていれば米軍にも一時、作戦を中断せざるを得ない位の打撃を与えていたのではと悔やまれます。

角田中将は、昭和18年7月、第一航空艦隊司令長官に任ぜられ昭和19年2月には、テニアン島に将旗を掲げ、基地航空部隊の指揮を執ります。米軍は、昭和19年7月24日テニアン島上陸開始、日本軍は夜を待って敵陣へ壮烈な斬り込みをかけますが、玉砕。
角田中将は、7月31日大本営に最後の電報を打ちます。
「今ヨリ全軍ヲ率イ突撃セントス機密書類ノ処置完了之ニテ連絡ヲ止ム」

8月3日角田中将は手榴弾二個を両手に持ち「じゃあな・・・」そう言って笑顔を残して洞窟から姿を消し、自決したと戦史に伝えられています。
69年前の8月3日のことです。角田中将をはじめテニアン島で散華された約一万名の英霊に感謝と鎮魂の祈りを捧げたいと思います。
(後略)
==========

ブログの記事は、このあとテニアン島との戦後の交流のお話等へとつながるのですが、それにつきましては、徳島の保守さんの記事の方をご覧いただきたいと思います。

旧帝国海軍において、山口多聞少将、角田覚治中将、佐藤康夫中将といえば、音に聞こえた闘将です。
そもそも空母を最前線で敵艦隊に向けて、ぐんぐんと進めていくというのは、当時としてはまさに驚天動地の大作戦だったわけですが、航空機の収容と再出撃の合理的展開を考えれば、まことに理にかなった戦法です。

もともと角田中将は、佐藤康夫中将と同じく、水雷屋のご出身です。
この水雷屋さんというのは、海軍の中でもとびきり荒くれ者揃いだったところで、ここの連中は怒り出すと手がつけられない。

だいたい艦長からして気が荒く、「このばかもんッ」と怒声を発すればまさに雷のごとくで、階級が上の若い将校が、恐れをなしてマストの上まで逃げたという逸話まであるくらいです。
けれど過ぎてしまえば春風駘蕩としてあとに何も残さないというのも水雷屋さんたちの特徴でした。

水雷屋出身者といえ、終戦時の内閣総理大臣鈴木貫太郎も、日清・日露戦争の水雷艇の花型です。
また、水雷屋といえば、海戦史を塗り替えたとされる吉川潔艦長などの有名人がいます。

豪放磊落で笑いが絶えない。
怒るときは怒髪天を抜き、あとはさっぱりして何も残さない。
これが水雷屋気質です。

かつての日本には、そういう人や組織があったし、またそういう人物がしのぎを削るような風潮、あるいはそういう人材を重用する社会風潮もありました。
けれど、昨今の日本社会では、どうもそれが薄れてきているように感じます。

個性化個性化といいながら、誰もが平均点の社会。
集団を重んじるといいながら、強い個性が発揮されることが許容された社会。
そのどちらがいいかは、私にはよくわかりません。

ただ、ひとついえることは、どんな人にも欠点はある、ということです。
その欠点をあげつらう社会では、結果としてその人の長所も消してしまう。
そのように感じます。

なぜなら、長所、短所というのは、その人の個性そのもの、紙の裏表だからです。
裏表がなければ、紙は紙でなくなります。

かつての日本は、
「ウチの大将は欠点だらけ。だけどこれをやらせたらウチの大将の右に出るものはいねえ」
最近は、
「ウチの大将には欠点がある。だからあの大将は信頼できない」

実は、前者の意識の根底にあるのが、日本的対等意識です。
後者の意識の根底にあるのが、左翼的階級闘争意識です。

後者の意識で欠点だらけの大将をみたら、それは社会的排除か制裁の対象となります。
ところが前者の意識で大将をみたら、それは目指すべき目標になります。

自分が部下だったとき、どちらが自分を人として成長させてくれるのでしょうか。

日本的対等意識というのは、日本人すべてが、等しく天皇の民、公民(皇民)ないし臣民である、という意識にささえられています。
みんなが天皇の民なのです。
ですから最高に尊敬する対象です。

その尊敬する対象からさまざなことを学びながら、自分が至らないと思えば、至るように、つまり対等な自分になれるように努力する。
それが日本的家族社会です。

立派な偉人がいる。
けれどその偉人とされる人物には、かくかくしかじかの欠点があるから、その人は実はダメな人なんだ。
そんなことを言い続けたら、何の進歩もありません。

昭和の軍人というのは、とかく軍国主義の象徴的存在とみられがちです。
けれど、心身ともに健康そのもので、若くしては猛勉強し、戦いにあたってはまさに闘将としてその本領を遺憾なく発揮し、散るときには笑って死んでいった。
私達の先人には、そのような立派な人たちがたくさんいた。
そういうことを、もっと謙虚に学ぶということが、私には、日本を取り戻すために、もっともっと大切なことに思えます。

(ご参考)
水雷屋気質 佐藤康夫中将
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-952.html
斬っても突いても死なない男 鈴木貫太郎
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-678.html
海戦史を塗り替えた男 吉川潔艦長
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-685.html


角田覚治中将略歴
明治23年 新潟県現在の三条市で誕生
明治44年 海軍兵学校卒業(海兵39期 同期には戦艦大和と運命をともにした伊藤整一中将がいる)
昭和14年 海軍少将任官
昭和17年 海軍中将任官
昭和19年 テニアン島にて戦死(54歳)
隼鷹(商船改造空母)
基準排水量 24,120t
搭載機 零式艦上戦闘機  21機
    九九式艦上爆撃機 18機
    九七式艦上攻撃機 9機

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

2010/H22.2.5/ テニアン:第一航空艦隊司令部跡


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ガトー

No title
日中かんFTA阻止のためにTPP交渉参加ならやすい罠にかかった感じですね。
米国のガス輸入のためにTPP参加に前向きなのか。
交渉参加で後戻りできないと言われていたのは間違いだったのか。
英霊に報いるために我々国民は死んでも道を誤ってはいけないのですよね。

しょうちゃんのつぶやき

尖がった人間を集めて大きな円を作る!!!
 人間誰しもパーフェクトたりえません。個性のある立派な人材もどこかに弱みはあります。日本の今の学校やら企業の教育は足りないところをどうして伸ばすかに苦心しているのではないでしょうか?
 足りないところを修正しようとすると円には近くなりますが尖った長所も消え去ります。言ってみればお城を築くのに丸い石だけで築くのと同じことです。お城は当然ながらすぐに瓦解します。人の教育も協調性ばかりの丸い人間ばかりでは何事も成し遂げられません。
 尖った長所のある人材を集めて大きな円を作って初めて会社の業績も組織の業績も大きなものがうまれると思います。もちろんベースとして大きな柱である理念が必要でしょうけど。。。
 今後、日本も教育がもっとも大切です。中山議員の質問に”すべて仰せの通りです”と返答する下村大臣であって欲しかったですが徳育と正しい歴史教育で日本の素晴らしさを教え世界に範たる人材の宝庫にしてもらいたいものです。
 一日も早く特亜3国(ダニ国家)に汚染された日教組を解体して教師に生殖を取り戻しましょう。 

愛国の花

神雷桜花特別攻撃隊
また、今年もあの時がまた来ます。
日本南方海上で第五航艦は
米空母フランクリンとワスプに損害を与えものの
追撃に向かった『神雷桜花特別攻撃隊』は
米戦闘機の餌食となり、虚しく壊滅させられました。

しかし、その魂は永遠に祖国を護り続けることでありましょう。

一有権者

No title
TPP交渉参加表明を安倍総理が行った事をきっかけに反日左翼らが
ネット上で保守分断工作を仕掛けている可能性が高いと思われます。

私達は冷静に思考ししっかりと判断するべきでしょう。冷静さを欠く事は
反日左翼に付け入る隙を与えている事になります。
前回の時がまさにそうではありませんでしたか。?

私は日中韓FTAこそ全く日本国と日本国民には必要のないものと
思っております。これは経産省や外務省が主導しているとも。?
日中韓FTAは特亜国が日本から何でも盗み放題できるようにされて
しまう危険性が高いと見ております。今までの付き合いを見れば明らか。
東南アジアの国で国名は失念しましたが中国とこの様な条約を
結んだところ中央政府としては関税を掛けないが地方の各省が関税を
掛ける分には問題無いとして其の国は中国への輸出は上手くいかず
中国からの輸入のみ過大になり実質公正な貿易にならないと言う記事を
見ております。
またTPPは中国等について参加交渉すら打診も交渉参加の話も無い中
中国自身が嫌がった日中韓FTA交渉を中国が急に持ちかけてきたのは何故。?
このような動きをもよく冷静になって考える必要が有ると思います。

にっぽんじん

理想のリーダー
理想のリーダーと言えば「聡明で先頭に立つ人間」を思い浮かべます。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などが優れたリーダー像として名前が挙げられます。が、私は画一的な理想のリーダーはいないと思っています。

その時代に合っているかどうかでリーダー像は異なってきます。戦国の時代であれば「小田信長」的リーダーが必要であり、戦乱後であれば「徳川家康」的リーダーが必要になります。

リーダーとして必要な大事な資質は「部下の扱い」に優れていることではないでしょうか。
優れた部下がいなければ「自身」が先頭に立ち、優れた部下がいればその部下に任せる。部下の資質を見抜く力がリーダーに求められる力ではないかと思います。

毛利 敬親 / 慶親(もうり たかちか / よしちか)は、長州藩の第13代藩主(安芸毛利家25代当主)です。幕末の混乱期にあって、有能な家臣を登用し活躍させ、また若い才能を庇護することで、窮乏していた長州藩を豊かにし、幕末の雄藩に引き揚げ、結果として明治維新を成し遂げるきっかけを作った人物です。

彼は、部下の提言に対しては「そうせい」と言って部下に好きにやらせたため「そうせい候」と言われています。かといって、判断は誤っていなかったようです。リーダーとしての評価は高くないが毛利 敬親なども優れたリーダーでなかったかと思うことがあります。

志士

TPP交渉参加は国家主権の喪失
TPP交渉参加後戻り不能、日本の主権喪失、ひいては日本語、日本文化、日本資産の喪失につながる重大危機ではないでしょうか?米韓FTAでも不平等なIDS条項で隣韓国も莫大な国家賠償を求められてます。ねずきち様の高明な記事掲載を希望します。

あ太郎

No title
戦後、会田雄次氏が指摘していますね。

「大過が無かったということは、小功も無かったということである」

つまり、定年退官パーティなどで、「長きにわたって大過なく過ごせましたことは、ひとえに皆様のおかげでありまして・・・・」などという文句。

私は大きなミスも無ければ、小さな成功もなかったのであります、と言っているのであり、それを言わしめている社会ができあがっていると。

Orange

いつも興味深く読ませて頂いております。

さて、本文と関係ない話で恐縮ですが、昨日安倍首相がTPP交渉に参加すると表明されました。
これを受けて、ネット上では反安倍・反自民の動きが活発になっているようです。

この辺りの安倍首相やネット上の動きについて、ねずさんなりの意見を是非聞かせて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク