万葉の時代といまの日本の民度



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

湖畔の春(日本画家/高橋天山先生)
湖畔の春(日本画家/高橋天山先生)


今から1200年ほど昔のことです。
東国で徴集されて、九州方面の守備に向かつた兵士の一人が、一首の歌を詠みました。

 今日よりは
 かへりみなくて 大君の
 しこの御楯(みたて)と
 出(い)で立つ われは


「今日から俺は、一身一家をかえりみることなく、大君の御楯となって出発するのだ」という意味のこの歌は、軍人としての立派な覚悟を表した歌です。
「しこの御盾」の「しこ」は、「醜(みにくい)」という字が充てられています。
そこには、
「卑しい身分(醜)の俺だけれど、お国のために立派に役立つ男になるのだ」
という決意ととともに、
「俺は悪しきこと(醜)を防ぐためのお国の御楯になるのだ」
という二つの意味が込められています。

世界の兵は、多くの場合、王侯によって武器をつきつけられて強制的に挑発されているものです。
かつてのソ連では、村にいきなりトラックに乗った軍人たちがやってきて、村人たちを全員戸外に出して並ばせ、若い男を強制的にトラックに乗せて連れ去ってしまう。
連れ去られた若者達は、その軍では、一番の下っ端です。
けれど、銃を支給されたその若者達が、今度は自分たちがトラックに乗って別な村に言って、兵を挑発すれば、自分たちは、下から2番目に昇格する。

こうして上下関係による支配と隷属の関係の数十万の軍団が、またたく間にできあがる。
それがかつてのソ連兵でした。

同じことは、Chinaでもありました。
Chinaのかつての国民党や八路軍のような軍閥は、上に示したソ連と全く同様の手口で、軍勢をまたたく間に増加させました。
暴力による支配と隷属、それによって構築されたキツイ上下関係の集団、それがかつての世界の「兵」というものだったのです。

そしてその軍団の頂点に立つのが、Chinaでは皇帝であったし、ソ連ならクレムリンの書記長であったわけです。

要するに国というものが、上は皇帝から下は末端の庶民赤子にいたるまで、ことごとく上下関係によって構築されている。
そして上に立つ者は、常に下の者に対して、生殺与奪の権を持つわけです。
命さえも奪えるのです。
ということは、下の者の財産や私物、果ては愛する女子供に至るまで、全ては上の者の私物である、ということです。
これがChinaや、その影響下にあった朝鮮、あるいはかつてのソ連などに共通する、国のカタチです。

これに対し、我が国では、末端の「いやしい身分の俺」が、「大君の御楯となって出発する」と歌にまで詠んでいるわけです。
そこにあるのは、身分の上下を超えた、自発的意思です。
そしてその自発的意思を、歌に詠むだけの教養が、「いやしい身分の俺」にも、ちゃんと備わっていた、という事実も、この歌は証明しています。

それだけの教養を持ち、なおかつ自発的意思によって兵として出立する。
こういうことを、支配者と隷属者というChina的価値観で把握しようとしても、無理があります。

では日本では、何が違うのかといえば、このブログで何度もお話申上げているように、日本の民衆は、天皇の民である、ということです。
つまり皇民主義が、ほとんど空気のように日本全体をおおっていたわけです。

先日、ある方がくださったコメントに、「日本書紀に『おおみたから』という語があり、その語に『百姓』という漢字が充てられていたことに衝撃を感じました」というものがありました。
奈良、平安の昔から、あるいはもっとはるか昔から、日本では庶民は、大君(おおきみ)の、「おおみたから」だったのです。

そしてその大君(天皇)は、統治はしません。
統治をしないということは、支配をしない、ということです。
そうではなくて、支配者を任命する。
任命された支配者が支配するのは、自分を選任してくれた大君の、おおみたからです。

つまり日本では、天皇という存在によって、庶民が支配者の私物や隷属者にならずにすんでいるわけです。
これが日本のカタチの本質です。

冒頭の歌を詠んだのは、今奉部與曾布(いままつりべのよそふ)という人であるとされています。
下野国の人とされていますから、いまの栃木県の人です。
火長(兵士の小集団の長)であったとされています。
天平勝宝7(755)年2月に、防人(さきもり)として筑紫に派遣されています。

実に立派な覚悟を歌に表していますが、こういう兵士や、その家族たちの歌が万葉集には多数掲載されています。
その数、なんと20巻、約4500首。
身分の上下を問わず、国民みんなが、ことに触れ、ものに感じて歌を詠んでいたわけです。

大伴(おおとも)氏といえば、武門の家ですけれど、その家の大伴家持(おおとものやかもち)が長歌の中で詠み入れた歌が次の歌です。

 海行かば 水(み)づくかばね
 山行かば草むすかばね
 大君の辺(へ)にこそ死なめ
 かへりみはせじ


「海を進むなら、水にひたる屍(かばね)ともなれ、山を進むなら、草の生える屍(かばね)ともなれ、大君のお側で死なう、この身はどうなってもかまわない」
この歌は、私たち庶民が、支配と上下関係による隷属者とならずにすんでいる理由そのものが、天皇という存在のありがたさにあり、だからこそ、その御恩にむくいようとする、武門の長としての家持の歌です。
まことに雄々しい精神を伝え、また忠勇の心がみなぎっています。

ちなみに、いまは桃の花が満開ですが、同じく大伴家持の歌で、

 春の苑
 紅にほふ 桃の花
 下照る道に 出で立つをとめ


という歌があります。
春の庭には、匂いも醸すほど白やピンクの桃の花が咲きほこり、その桃色に照らされた道で、若い女性たちが裳着(もぎ)を着て、いま、出発しようとしているよ、という歌です。

裳着(もぎ)というのは、平安時代から安土桃山時代にかけて、女子の成人を示すものとして16歳前後の女性のお祝いに着せた着物で、髪上げをして白の小袖に、緋色の袴を付け、お化粧を施して祝いました。

桃園(古河総合公園/茨城県)
桃園0402


白にピンクに緋色にと、道いっぱいに咲き誇った桃の花。
その下で、白と緋色の裳着(もぎ)を着た幸せいっぱいの笑顔の若い女性たち。
なんとも美しく、みやびな情景ですが、短い語の中に、こうした総天然色の極彩色にいろどられた歌というのも、日本の古典の特徴です。

こういう、一首の短い歌のなかに、広大な風景を連想させるというのは、日本の和歌の特徴で、有名なところでは、柿本人麻呂の次の歌があります。

 東(ひむがし)の 
 野にかぎろひの 立つ見えて
 かへりみすれば月かたぶきぬ


文武(もんむ)天皇がまだ皇子(みこ)でいらっしゃったころ、皇子が大和(やまと)の安騎野(あきの)で狩をなさったのですが、そのとき、人麻呂も御供に加わりました。
そして野中での一夜が明け、東には陽光がかげろうの中に美しく輝いています。
ふと、ふり返って見ると、西の空にはまだ残月が傾いている。
その東西の美しさ、朝日のかがやき、かげろうの立つ野原の情景、そしてまるで想いを残したような残月のかがやき、そうした風景を、短い一首の中に詠み入れているわけです。

山部赤人には、次の歌があります。

 若の浦に
 潮満ち来れば 潟をなみ
 葦辺をさして 鶴鳴き渡る


「若の浦」というのは、紀伊半島の和歌山県北部、和歌山市の南西部に位置する景勝地で、いまでは「和歌浦(わかのうら)」と書きます。
ここに天皇が行幸されたときに、赤人が御供をしたときに詠んだこの歌は、「和歌の浦に潮が満ちてくると、干潟がなくなって、葦(あし)が生い茂つている岸べをさして、鶴が鳴きながら飛んで行く」という意味になります。

美しい景勝、青い海、白い波、寄せてはかえす波の音、緑色に生い茂る葦、白い鶴、波間に漂う鶴の鳴き声、つまり、この歌は、色とりどりの風景描写だけでなく、音がテーマとなり、さまざまな音が聞こえて来る歌になっているわけです。

 をのこやも 空しかるべき萬代に
 語りつぐべき 名は立てずして


これは山上憶良(やまのうえのおくら)の作です。
憶良は、遣唐使(けんとうし)でChinaへ渡ったこともある人です。
この歌は、「いやしくも男と生まれた以上、万代に伝えられるだけの名も立てないで、どうして空しく死なれようか」と詠っています。
心象を詠っているのですが、それを「ただ、いま、この瞬間」のものとしないで、永遠の未来にまで、時間軸を大きく延長させて謳い上げているわけです。
そしてそうすることによって、この歌は、壮大な気宇が後世にこの歌を読んだ人の心まで奮起させる力を持ったものにしています。

 あをによし
 奈良(なら)の都は
 咲く花の
 にほふがごとく 今さかりなり


「あをによし」は、私などが学生の頃は、単なる枕詞(まくらことば)であって、意味はない、と教わりましたが、私はそうではないと思っています。
「あおによし」は、たいてい都にかかる詞(ことば)となっていますが、当時の大型高級建築物は、たいてい屋根を銅板で葺きました。
銅板は、緑青(ろくしょう)という錆(さび)が出て、歳月が経つと、淡い緑色に染まります。
古来日本人は、緑色を「あを」といいましたから(いまでも信号の緑は青といわれます)、あおによしは、「緑色の大屋根を持った壮大で大型の建築物が並みいる、素晴らしい景観の」といった意味なのではないかと、勝手に思っています。

そうするとこの歌は、「緑色の大屋根を持った壮大で大型の建築物が並みいる、素晴らしい景観の奈良の都には、いま、色とりどりの花が咲き誇り、美しい香りがあたりをおおっていて、都にはたくさんの人が、まるでいまの歩行者天国の祭日のように、出ている。奈良の都は、いまが盛りですよ」といった都の様子を、まるで目に浮かぶように色彩豊かに述べた歌ということができようかと思います。

最後に、舒明(じよめい)天皇の御製の長歌をひとつ。
これは長歌としては短めですが、その美しさが、とても視覚的に表現された歌です。

 大和には 群山(むらやま)あれど
 とりよろふ天(あめ)の香具(かぐ)山
 登り立ち
 国見をすれば
 国原は けぶり立ち 立つ
 海原は かまめ立ち 立つ
 美(うま)し国ぞ あきつ島大和の国は


舒明天皇は、第34代の天皇ですが、ここでいう「かまどの煙」は、第16代の仁徳天皇の物語に、歌をかけています。

大和盆地をおおう、連山
なかでも、そびえたつ天の香具山
その香具山に登って、国の様子を見れば、
民家のある平野部では、民の家々から、
おいしそうな、そしてしあわせそうな
かまどの煙が盛んにたっている。
大きな池には、かもめが飛んでいる。
美しく素晴らしい国だぞ、大和の国は。
国譲り神話の時代という途方もない昔から続く
歴史ある国だぞ、大和国は。

あきつ島というのは、古事記では「大倭豊秋津島」(おおやまととよあきつしま)、「日本書紀」には「大日本豊秋津洲」(おおやまととよあきつしま)と、表記されているところからきています。
秋津というのは、蜻蛉(あきつ)とも書き、蜻蛉とは昆虫のトンボのことです。
山々が連なっている様子を、まるでトンボが連なって飛んでいるかのようだ、と神武天皇が述べられたのが、秋津島の語源となったという説があります。

ですから「うまし国ぞ、あきつ島大和国は」というのは、
日本は、美しい国であり、トンボが連なって飛んでいるようにも見える山々の連なりがあり、そこには豊富な緑があり、そして都には人々のかまどに煙がたち、かもめも飛んでいる、そのような光景を、述べられているわけです。

そして天皇が、国見をし、美(うま)し国ぞ あきつ島大和の国は」と述べられている点に注意が必要です。
つまり、豊かな自然の恵みを大切にし、そしてなにより人々が幸せに、そして豊かに暮らせる(かまどに煙が立つ)国が、天皇の願いであり、また民の願い、つまり国家全体の願いである、ということを、この歌は明確に述べられているからです。

いいかえれば、民の幸せと豊かな自然、この2つが、国にとって、もっとも大切なことであり、美しいことだ、ということを天皇の御製として、長歌に託して詠われているということなのです。

そして、これらの歌がおさめられた歌集に、古代の人は「万葉集」という題名をつけました。
「万葉」というのは、「たくさんの言の葉」という意味だけでなく、「万世」という意味でもあります。
こうした色彩豊かで、自然を愛し、民の幸せこそが国の幸せとする世を、万世まで語り伝えよう、という心が、この「万葉集」というタイトルに込められているのです。

最近の学者は、「万葉集」というタイトルは「万の言の葉」の意味だ、つまり「多くの言葉」という意味のタイトルだ、と述べている学者が多いと聞きます。

冗談じゃあないです。
言葉は多ければいいというものではありません。
短い言葉の中に託した、様々な自然や、人々の姿や、思い、そのようなものを通じて見えてくる、日本という国の目指す、本当の幸せのカタチ、それこそを、後世に、万世に、末永く伝えたい、だから万葉集なのです。

万葉集の完成は、延暦2(783)年だといわれています。
今年は2013年です。
1230年が経過したいまの日本は、千年後にも伝えたいと思えるほどの、こうした素晴らしい文化性を、はたして持っているといえる国になっているのでしょうか。
もし、なっていないというなら、いまの日本は、1200年前の人々よりも、申し訳ないが、はるかに人として、また国として、民族として、民度の「劣った国になっている」といえるのではないでしょうか。


※今日の記事は、戦前の国民学校小学6年の国定の国語教科書の「万葉集」の項を参考に書かせていただきました。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

万葉集から1236年!
新元号「令和」の発表から一夜が明けました。
世間は商用談義と俄万葉集ファンの大騒ぎになってます。
あーだった?こーだった?だけの歴史マニアは大喜びです。
予想通りですが、そこには「學び」の流れが見当たりません。
万葉集から1236年!
今の我國に…例えば千年後に伝えたいと思える程の素晴らしい文化性はあるか?
そういう國になってると言えるのか?
ねずさんの重たい問い掛けです。
残念ながら…人として…國として…民族として…遥かに劣ってしまったな~と思っています。

-

ソ連軍の強制連行
ソ連軍による強制連行のお話、ソ連の実態が誰の目にもわかっている現代から見ればさもありなんと思いますが、メディアはこういう話には触れたがりませんね。
ただ、ソ連や中国のようなところではなく西欧においても、カロッサの『美しき惑いの年』やセリーヌの『夜の果ての旅』といった小説には、第一次大戦勃発頃(だと思います)の独仏でも軍隊が街頭でぶらぶらしている若者をトラックに乗せて連れて行き兵隊にしていたような記述がみられた覚えがあります。小説の中の話ですし大分昔読んだもので私の記憶自体も曖昧なものですから、これだけでどうこう言うわけにもいきませんが。

越智富雄

信長の人心掌握術
4月2日に再コメしたかったのですが、禁止用語が入っていたらしく、送信出来ず。どうしてもお伝えしたい内容なので、今日させて頂きました。
ねずさんの「世界の兵というものは、多くの場合、王侯によって武器をつきつけられて強制的に挑発されているものです。」という言葉を読んで、思い出した話があります。人から聞いた話の受け売りです。
織田信長は若い時、また正室(斎藤道三の娘)を迎えた後もしばらくは、武士らしくない、奇抜な(と言うか、だらしない)格好をして徘徊していたというエピソードが有名です。
信長は何故、そんなだらしない、奇抜な格好をしていたのでしょうか?
それは、百姓・町人などの庶民と、親しく交わり、彼らの信頼を得るためです。家来筋の若侍たちを、信長親衛隊として取り立てるのにも、これは役立ちました。
戦国の世、ひとたび合戦となれば、百姓・町人は大いに迷惑します。特に、百姓は戦時の兵力であり、たとえ農繁期であっても、田畑を打ち捨てて戦場に駆けつけ、家族とも離ればなれです。残された家族も何よりも大事な働き手を失うわけです。
武士である信長親衛隊のみならず、百姓・町人たちからも、「いざという時、信長様のためなら命を投げ出す!」という絶対的な信頼を勝ち得ていなければならなかったのです。
信長クラスの武士の子弟には、庶民は近寄り難かったはずです。そこで信長は、家来筋の若侍や、百姓・町人たちに気兼ねなく接するために、あえて身をやつして我が身をさらけ出したのです。
こうした、地道な触れ合いを通じて、信長シンパを作り上げ、当時、世界最強と言われる軍団にまで発展させたのです(以上、受け売りの説)。
信長の育った織田家は、本家ではなく分家でした。後継ぎに定められていたとはいえ、実母にすら認められず、反対する家臣団もいました。信長は非常に不安定な立場でした。
とはいえ、信長の父や、父の相談役である僧侶は、信長の非凡な才能を見抜いていました。信長の幼名は吉法師(きっぽうし)ですが、元服名の「信長」には、日本四十八州、即ち「天下を取る器量の者」との意味を込めているのだそうです(説明は省略します)。
この二人の人物の教導によるものか、信長自身も早くから天下統一の志を持つに至ったのでしょう。そのためには、自分は何を為すべきか?何を為さざるべきか?弱い自分自身に打ち克ち、自我を外部に放出することで、広く、深い視野を持ち、境涯(器)をどんどん大きくしていったのですね。こう見てみると、信長のことを「魔王」などと単純には呼べないことがわかります。非常に繊細で、人情の機微に通じていたであろうことが想像できます。外面は夜叉の如し、内面は菩薩の如し。織田信長は、非常に日本的な武将だったのですね!


過去最強の韓国フルボッコ番組

■ビートたけしのTVタックル 3時間SP 4月1日
過去最強の韓国フルボッコ番組

■ビートたけしのTVタックル 3時間SP 4月1日

・日本の国益を守るべし3時間SP
・いいたい放題!中韓&米の野望にやられるな!
・抗日ドラマ撮影現場潜入&返せ盗まれた仏像!
・緊急ルポ…対馬の韓国人観光客
・TPPの正体?よる7時から!
http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-28120.html

田舎のおじさん

あをによし
いつも良いお話をありがとうございます。今日の話の「あをによし」の解説を読んでハッとしました。私も、いくら枕詞でも全く意味のない言葉はないはずなので、どう言う意味だろうと思っておりました。
わたしは、「あをによし」=「青(碧、蒼)丹 好し(美、良し、芳、佳)ではないかと考えますがいかがでしょうか。
碧い銅板葺きの屋根と丹色に塗られた柱や棟梁のコントラスト、華やかな都の情景が浮かぶようです。

愛信

「核使用の兆候」で先制攻撃 米韓が抑止戦略
「核使用の兆候」で先制攻撃 米韓が抑止戦略
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130402/kor13040212580002-n1.htm

【関連情報】
【遠藤健太郎オフィシャルブログ】朝鮮半島の退避計画を指示
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post2820/
近隣諸国の在韓駐在員の避難行動や日本への韓国車両やトレーラが乗り入れてきている事などから、
第2次朝鮮動乱勃発の兆候が見られるようになった。

【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

愛信

Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013
Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013

【これ、世界に発信しよう!】中山成彬議員質問(20013年3月8日 衆議院予算委員会)の英文書き起こし
Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013
http://jpnso.blogspot.jp/2013/03/questions-by-congressman-nakayama-at.html#!/2013/03/questions-by-congressman-nakayama-at.html
【関連情報】
【Web検索システム 辻元清美】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cstjm.cgi

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ポッポ

No title
学校で、防人は任地に向かうときは、皆と一緒に行くから問題ないが、任期が終わったときは、個人で帰ることになる。このときに、食糧を支給されないため、予め準備をしていない場合、帰途で倒れて餓死することになると教えられた記憶があります。もし、そうだったら、張り切って任地に行けるはずがないのです。従って、教えられたことは、間違っていた可能性があります。
教科書や学習指導要領は、こういったことから事実を検証し、改正して、国民に正しいことを教える必要があると思います。

ところで、テレビタックルを見ていると、中国人、韓国人と日本人のバトルをしていました。いつもそれを見て、自宅でヤジを飛ばしているのですが、気の付いたことがあります。
中国人でも、韓国人でも、日本のテレビで好きなことを言います。しかし、日本人は中国や韓国で自国の立場を主張する場はないでしょう。
それならば、彼等を出演させる必要があるのでしょうか?
彼等がいなければ、その分、時間ができますから、日本のテレビ局は彼等の国の不当性に、より多くの時間を掛けることができるのです。
こう言うと、彼等の主張も聞く必要があるとの意見もあるでしょう。でも、彼等は逆に日本の主張を聞く時間など、全く持つ気がないのです。自虐史観の人が真実を知る機会を少しでも増やすために、より説得力を持った日本の立場を説明すべきだと思いました。

古希のネトウヨ

No title
渡部昇一先生は 以前 日本で流行る歌は殆ど やまとことばで 書かれていると考察されていた。
今朝 ラジオ深夜便で聞いた 昭和20年代の歌謡は子供の頃聴いた歌だが すべてよく覚えていた。 やまと言葉と五七調は覚えやすい。子供の頃意味も定かでなくとも口調よく覚えた言葉や 格言は大人になってじわじわと味わい深く反芻することができる。
今英語を覚える事に熱心な世の中だが、同時通訳の元祖鳥飼久美子さんは 外国語を話したかったら 先ず日本語をしっかり学びなさいと言っていた。
今の若者が唄う歌は 言葉の数はやたら多いが 何を言っているのかさっぱり聞き取れない。
 1300年以上前の言葉と今の言葉とがそんなに違っていないという事って、すごいことではないでしょうか。
日本の天皇は 日本の伝統 文化の守護者でもあるのですね。 と言うか それが日本を護ると言うことなのでしょう。 
緑を青とよく言いますが 白も青と言いますね。 枕草子にある あおうまの節会とは白馬を天皇に献上する儀式だとか習ったことがあります。 青白い顔とか・・・
ちなみに あおによし奈良 とは瓦屋根の赤や緑に彩られた建物が建ち並ぶ様だそうです。 青丹は岩緑青のことで大陸から伝えられた、古い顔料だそうです。ー福田邦夫著「日本の伝統色」ー
恥ずかしながら 万葉集は通読したことはありませんが 上に掲げられた歌はほぼ知っていました。
1300年を経て歌い継がれるって言うことはすごいことです。 千代に八千代に日本の心をつないでいかねばなりません。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

一高齢者

No title
尋常小学校の何年生の時の国語読本であったか、
忘れましたが、
今でも印象深いのが、
仁徳天皇の民家のかまどの煙ご視察の
お話です。
民を思う仁徳天皇のお姿を記した内容は今も
日本人としての自覚に繋がるものです。
皇室の伝統とともに育まれてきた
日本文化は世界に類を見ない
貴重な存在です。
老齢に達し日本及び日本文化の良さが
ますます心に響いて来る今日この頃です。
ただ日本を貶め、毀日行為をする輩が
多い日本に心が痛みます。

団塊の世代の後輩

No title
悠久の時代から私たちの時代へ、我が国とそこに住まう人々の成り立ちについての壮大な思い・・ありがとうございました。人は人生の終局に向かい、まっとうな生き方が出来たかどうか自問し、生きてゆくものと思っています。それが出来ない、分かっていてもやろうとしなのがどこかの野蛮人どもです。日本人だけではありません、人間である以上、これは人類共通の思想であると確信しております、それが正義なのです。正義を守るために武力が必要です、頑張りましょう!!

越智富雄

記紀・万葉は日本人の必読書
ねずさん、コメントを引用していただいて、ありがとうございます。万葉集を取り上げてのご説明、心に沁み入りました。特に、「万葉とは万世のことです。」とのご指摘には、胸の奧をグッとつかまれました。ねずさんは、一体どれだけ知の引き出しをお持ちなのですか?尊敬申し上げます。
自分が出来ていないことを他人様に言うのはおこがましいのですが、日本人の必読書は、『古事記』『日本書紀』『万葉集』だと思います。私は、今日から読みます!ねずさん、大切なことに気付かせていただいて、本当にありがとうございます!

まんえふ

No title
古代の人が"万葉集"をどのように発音したかわかりませんが、歴史的仮名遣いでは"まんえふしふ"となります。"万世"は歴史的仮名遣いでは"まんよ"ですから、古代の人が"万葉"と"万世"を掛詞にするとは考え難いところです。

"万の言の葉"は、紀貫之の古今集仮名序の中の言葉ですから、貫之の頃から、葉=言の葉、と考えられていたのは確かでしょう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク