昭和20年の笑顔

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

昭和20年の笑顔


「映像を通じて米国人に日本の本当の姿を伝えたい」
そう言って大正時代に、映画のカメラマンとしての技術の習得のために渡米した人がいました。
名を三村明(みむらあきら)といいます。

実家は海軍兵学校のあった江田島です。
父は戦艦日向や霧島の艦長を勤めた海軍少将三村錦三郎(みむらきんざぶろう)です。

当時の海軍将校というのは(いまの海自もそうですが)、いわゆる国際人で英語もペラペラという方が多いです。
そんな家庭に育った三村明は、大正8(1919)年、18歳で渡米しました。
そして大正13(1924)年に米国シカゴのニコラッセン大学予科を卒業すると、日本人としてはじめて、ニューヨーク・カメラマン・ユニオンに加入したのです。

たいへん素晴らしい技術を持った三村は、ハリー・三村(Harry Mimura)の名で、映画の撮影カメラマンとして名を売り、現地でおよそ5年の間に、約60本の映画撮影のカメラマンを勤めました。
そのなかには、世界的大ヒットとなった映画も五指に余る。

ところがその後、ユニオンのストライキで仕事がなくなり、やむなく彼は、昭和9(1934)年に、日本に帰国しました。
帰国後は東宝の専属カメラマンになって、戦時中には黒澤明監督のデビュー作、「姿三四郎」の撮影カメラマンなども勤めています。

そして昭和20年、終戦。
来日したGHQは、当時の日本の模様を撮影するために、米国人カメラマンを雇うのですが、映像がイマイチ説得性に欠ける。
そこで、GHQが招いたのが、ハリウッドでの実績もあり、英語にも堪能で、しかも日本人である三村明でした。

そして同年9月には、GHQは専用列車を手配し、車内には大量の撮影器材を積み込み、寝所から、食事のための専任コックまで用意して、長崎から日本全国の当時の模様の撮影を開始しました。
それが、下にある「【終戦後の日本】 ③ 昭和20年でなんとカラー映像!」と題する映像です。

この動画は、ずいぶん前にテレビで放送されたものですが、おもしろいもので、放送したのがTBS、解説がみのもんたなのだけれど、この頃はまだ両者とも、まともな放送をしています。

焼け野原となった大阪、横倒しになった戦艦、そして原爆投下からまだ日の浅い広島の模様などが映っています。

その広島撮影のときの三村の手記です。

「まったく見るに忍びない惨状の撮影を受け持たされた。
 国と国との戦争は仕方ないとしても、
 何の罪もない一般市民が
 なぜこんな悲惨な目に遭わなければならないのだろうかと、
 一瞬ためらった。
 しかしカメラマンは、
 仕事に立ち向かったときには、
 どんな嫌な場面でも撮影しなくてはならないことがある。
 そしてこの惨状の記録が、
 後年何かの役に立つのではないかという考えも、ちらりとした。」

プロとしての三村は、ただ単に戦場の悲惨を伝えるだけでなく、子供達の明るい笑顔や、たいへんな困難な中にも美しく、強く生きて行こうとする女性たちの姿を、映像にしています。

食べるものさえろくになかった時代です。
けれど、そうした時代のさなかにあっても、そこに屈託のない笑顔がある。
未来を信じる顔がある。

終戦直後のときから、45年ほど時代がさかのぼりますが、明治33(1900)年の義和団事件のとき、北京にあった8カ国の公使館区域には、護衛兵は、義勇兵を合わせてもたった481名しかいませんでした。そこに「扶清滅洋(清朝を扶(たす)けて洋を滅す)」という標語を掲げた20万人の義和団が襲いかかりました。

このとき、柴五郎中佐(最終階級は陸軍大将)率いる日本陸軍兵について、現場にいた英国人青年のウィールが次のように書き遺しています。

=====
戦線で負傷し、麻酔もなく手術を受ける日本の兵士は、ヨーロッパの兵士のように泣き叫んだり、大きなうめき声を出したりしなかった。
彼は、口の中に帽子を突っ込んで、それを噛みしめ、少々唸りはしたが、そうして手術のメスの痛みに耐えた。
病院に運ばれた日本兵士たちも、物静かな点ではまったく変わらなかった。
しかも、彼らは沈鬱な表情ひとつ見せず、むしろ陽気におどけて他人を笑わせようとした。

英国公使館の、すっかり汚れた野戦病院に運び込まれた負傷兵たちは、おおむね同国人たちが近くのベッドに並んで横たわっている。
日本兵の負傷者たちのところには、日本の婦人たちがついて、この上なくまめまめしく看護にあたっていた。
その一角は、いつも和やかで、ときに笑い声さえ聞こえた。
ながい籠城の危険と辛苦は、文明に馴れた欧米人、とくに婦人たちの心を狭窄衣のように締めつけ、雰囲気はとかく陰惨になりがちだった。
なかには明らかに発狂の症状を示す者もいた。
だから彼女たちは、日本の負傷兵たちのまるで日常と変わることのない明るい所作に接すると、心からほっとした。
看護にあたる欧米の婦人たちは、男らしい日本将兵のファンになった。
======

苦しい、辛いといって、苦しそうな表情をしたり、辛そうな態度をとったりすることは、誰にだってできます。
けれど、苦しいときは、みんなも苦しい。みんなも辛い。
だから、おもいきり明るい笑顔で、周囲をわかす。
明日への希望や、未来への情熱を呼び覚ます。

どこぞの国では、悲しくもないのに大声を張り上げ、泣き乱れるふりをするパフォーマンスをすることが、まるでよいことのように思われているようです。
けれど、人間、ほんとうに辛いときは、辛そうな顔などしない。
なぜなら、それを乗り越えようとする勇気が、人間には備わっているからです。
いいかえれば、「哀号〜」などと大声を張り上げて泣いたフリなどするのは、泣き真似している当の本人は、まるで他人事だと思っているからでしかありません。

終戦直後の、くったくのない笑顔の日本人の大人たちの笑顔は、焼け野原となり、愛する身内を失った悲しみの中で、それでも「自分ひとりだけ泣いてなんかいられない。みんなもつらいのだから、みんなの前では、すこしでも明るく振る舞って、みんなが元気が出るようにしよう」、そう思う日本人のやさしさの表情でもあると思うのです。

そしてその思いは、子供達にも伝染する。
大人たちが笑顔でいるなら、きっとこれから日本はよくなるに違いないと信じれる。
だから子供達も、一緒になって笑顔で笑う。
そして子供達の笑顔は、大人たちに勇気を与え、その勇気が、復興の槌音となって高らかに鳴り響き、日本は復興していったのです。

それが日本です。
それが日本人です。

この動画のなかで、番組を作った局のほうは、その笑顔のことを「長く続いた戦争が終わり、笑顔が戻った」などと解説していますが、それが曲解というものだろうと思います。
なぜなら、戦争が終わったから笑顔が戻ったのではない。
笑顔は、苦しい戦いのさなかの戦地にもあったし、玉砕戦の中にもあったのです。

苦しいからこそ笑顔で生きる。
泣きたいときはひとりで泣く。
人前では、涙より笑顔でいる。
それこそが古来からある日本人の強さの源なのだろうと思います。
そしてそれこそが、人間のもつ、本当のやさしさなのではないかと思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【終戦後の日本】① 昭和20年でなんとカラー映像!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

わか

No title
明治の大火だかの時も、訪日西洋人が焼け野原で笑って朗らかにトンカンと家を再建している日本人たち、みたいな文章を読んだ記憶があります。非常時に出るいつの世も変わらない共通した姿勢というのは国民性でしょうね。東日本大震災でもそういう風景が見られたことでしょう。私自身の体にも、無意識にたぶんそれは流れていることでしょう。素敵な映像をありがとございます。

ei

皇太子さまご一家の滞在先が中国経営ホテルです
スレ違いでふさわしくなければ、削除をお願いします。

かなり憂慮されますので、投稿欄をお借りしました。

皇太子ご一家のスキー静養先が中国人経営ホテルです。
大枚の日本円が税金が反日国中国に皇室経由で
渡されます。
それに背後に中共がいるなら、室内での●撮●聴が
思いのままで、国家的脅迫に使われかねません。
なんとも意識の低いご滞在です。
周囲もよくないのでしょうが皇太子殿下は、習近平の
奥方との接触もおありですね(学習院で人民解放軍のオペラ見物)

奥志賀 グランフェニックス

皇太子スキー静養 

「株式会社フェニックス 」

役 員

代表取締役社長  孫 建軍

取締役 陳 義紅

取締役 秦 大中

監査役 王 志強

紺屋の鼠

戦時中の笑顔
こんばんは。
とても手前味噌で恐縮なんですが、ちょうど昨日の自分のブログ記事に昭和19年戦時中の笑顔の写真を載せました。
父と同級生、予科練と思われる人達の笑顔です。
(良かったら覗いて下さい)
家には他にも同じ時期と思われる中学生少年達の楽しげな写真、田んぼの畦道や橋の上で笑顔で揃ったものもあります。
どれも皆イイ顔してるんです。
笑顔は「戻った」のではなく、元からあったんです。

下町キング

昔に比べ日本人も随分腑抜けになってしまいましたが、日本人のDNAは教育次第で復活出来るものと信じています
思いやりや気遣いは兎も角、死を持って大切なものを護ることは、そう簡単ではありませんが…

先日娘と酒を飲みながら話した際のことです
10年程前親父の臨終の際に子供たちも立ち会わせ、共に号泣したのですが、その後の話として次男が末娘に「俺たちも悲しいけれど、父さんはもっと悲しいんだ、だから俺たちが明るくして元気づけてあげよう、だから今泣くならここで泣きな」
そう言ってたそうです
だからその後二人でふざけたことをやっていたのかと
当時小学生だった二人
今は大学院、大学生と自分たちの道を進んでいますが、日本人としての思いやりを今さらながら子供たちに教えらるたこの頃です
手前味噌で申し訳ありませんが、日本はまだ大丈夫だと少し手応えを感じたこの頃です

もやし

こんばんは
いつもすばらしい記事
有難うございます。

先日の貫太郎首相の記事
感動しました。
もっと日本人は知るべきですね。

別ですが、
よければご覧ください。

仏像問題に対抗する記事ではないかと
思います。

対馬の寺で4・3事件犠牲者の遺体を弔っていた!!

中央日報
http://japanese.joins.com/article/628/32628.html?sectcode=&servcode=

-

↑にっぽんじんさんGJ!!(^O^)/

にっぽんじん

正しい歴史を世界に発信しよう
中韓は捏造した歴史を世界に広めています。が、中山元大臣などにより、国会で正しい歴史が表に出始めました。日本だけではなく、世界に広める必要があります。

アメリカのメディア対象に下記のメールを送ったところ、1件のみ返事がありました。発信したのは4月5日です。返信は4月13日でした。その間、いかに取り扱うか考えていたのかも知れません。日本語でも良いから歴史の真実を世界に広めるべきです。

発信メール
アメリカの多くのメディアの皆さま

私は日本在住の日本人です。英語での送信ができないため、日本語で送らせていただきます。

多くのアメリカの皆様方が韓国政府や元慰安婦の偽証言を信じていることを残念に思っています。

個人賠償を含めて、日韓両国が全ての請求権を放棄した日韓基本条約を韓国政府は自国民に知らせていませんでした。その事が国民に明らかになり、個人賠償を求められた韓国政府が日本に責任を転嫁するために始めた捏造歴史です。その捏造には日本の政治家、河野洋平氏も加担しております。

下記の二つの動画を見ていただき、真実を知っていただきたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ausRSDUxKr4

http://www.youtube.com/watch?v=9bOw0uhgfrY

返信メール
Your message

To: heather.doyle@patch.com; jason.molinet@patch.com;
josh.rogin@foreignpolicy.com; alvarado@northjersey.com; noah@patch.com;
eepstein@observer.com; lcolangelo@nydailynews.com; semplek@nytimes.com;
divers@nj.com; jen@gothamist.com; mchan@queenscourier.com;
Jennifer.Lind@dartmouth.edu; womenshistory@aboutguide.com;
rbarkan@queenstribune.com; spsulliv@nj.com; annpiccirillo@yahoo.com;
paramus@patch.com; SJT, News; QGazette@AOL.com;
voicers@edit.nydailynews.com; editorial@queenscourier.com;
info@allvoices.com; admin@wittysparks.com
Subject: 日本軍による従軍慰安婦に関する国会討議
Sent: Fri, 5 Apr 2013 02:34:44 -0400

was deleted without being read on Sat, 13 Apr 2013 02:03:44 -0400

ポッポ

No title
写真に写っている皆さん、笑顔です。

この写真で思い出したのが、昭和28年前後だと思います。親に連れられて出かけた先で、米国兵の兵隊数名にお寺を背景として、写真に撮られたことがありました。
進駐軍か朝鮮戦争後の休暇だったのでしょうけど、彼等が制服だったことを覚えています。

-

感性の違い
泣き女やアイゴ~なんて薄っぺらい文化は日本人には馴染みません。
隣国の恨み節と悲劇のヒロイン気取りにもうんざりです。
感性が違い過ぎ。
忘れもしませんお産の時、私はひたすら黙って力みましたが、隣の部屋からは獣のような雄叫びが上がってました。アジア系の女性のようでしたがお国柄の違いを感じる出来事でした。

クボタ

単純思考!
戦後の笑顔を戦争からの解放からとしか読み取れないマスコミは、やはり昔から日本人の本質を分かっていなかったようですね!

terag3

ひとを和ませる心の笑顔
終戦から1年後に、祖母と11歳だった私と、2歳違いの妹二人と
母親、合計5人の母子家庭で、大連の先のコロ島から旧海軍駆逐艦
「宵月」に乗って博多湾に引き揚げてきた時のこと殆どの人が着の身
着のままで、その中でも幼子たちは栄養失調で引き揚げ船の中で何人も
死んでいくという状態だった。

そういう悲惨な状態の中でも、引き揚げ者の人々を少しでも励まそう
と艦内では1~2回だったか、舞台を作って演芸会が行われた。
出し物は、浪曲、舞踊、その他掛け合い漫才などで笑いを誘って
人々を元気づけていた。

個人的に悲劇のどん底に落ちて嘆き悲しんでいるときに、そばに
いる人々がゲラゲラと大笑いしていればその人は一層、傷付き更に
落ち込むだろうが機微に応じた所作で慰め笑顔で励ましてあげれば、
救われると思う。

それにしても笑顔と言えば、特攻隊の乗員が14~5名集まって
これから敵艦に体当たりするぞという最後の時に、全員が最高の
笑顔で写真に収まった写真を見ましたが、本日のお話のように
日本人は苦しみや悲しみをものともせずに、人前では決して涙を
見せないと言う美風が有ったのですね。

特に戦場で傷つき野戦病院で治療を受けている際に、冗談を言って
笑い飛ばすことが出来れば、同じ苦しみを受けている人々をも元気
付けることが出来ると言うものです。昔の日本人たちは素晴らしい
美徳を持っていたものだと感服しました。


非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク