清少納言と枕草子

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

清少納言


「春はあけぼの」ときけば、清少納言ですが、彼女の書いたこの「枕草子(まくらのそうし)」が書き上がったのが、西暦1010年頃のこととされています。
ちょうど、千年ほど前のことです。

戦後、日本人はだいぶ変質してきているとはいいますが、では、千年後の日本人は?と想像してみると、やっぱり日本人は日本人だろうなと思ったりします。

このことは、逆に考えると千年前の日本人、千年前といえば時代は平安中期にあたりますが、やっぱり日本人は日本人の顔をしていて、いまの人も昔の人も、同じように恋をしたり、助け合ったり、友達と呑んだり、失恋したり、笑ったり、やっぱり同じ日本人なのだろうなあ、などと考えてしまうのです。


で、古典というと、ちょっとむつかしいというイメージをお持ちの方も多いようで、なにやら引き目カギ鼻の女性などが十二単を着て、古式ゆかしくおっとりと、なんだかおとぎ話の世界のようなイメージをお持ちの方も多いかと思います。

ところが、清少納言の「枕草子」を読むと、そこには、ひとことでいえばまるで「月に代わってぇ〜、おしおきよぉ〜!」のセーラームーンのような活発な女性が活き活きと描かれています。
「枕草子」というと、「春はあけぼの、やうやう白くなりゆく山際(やまぎわ)、すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきた・・・」という、出だしの一節を昔、学校で習ったのを覚えておいでの方も多いかと思います。

この文に続くのが、
「夏は夜。月の頃はさらなり、闇もなほ、螢(ほたる)飛びちがひたる。雨など降るも、をかし」で、実は、このあたりから、いかにも清少納言らしい、「をかし(=楽しい、おもしろい)」の世界が広がり出します。

つまり学校では、出だしの、ほんのご挨拶の、ちょいとばかり堅苦しいところだけを習っていて、そのあとに続く、まるで現代歌人の俵万智(たわらまち)の、「この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日〜♡」のような、いかにも女性らしい明るい「をかし」の世界が広がっている、つまり、これからおもしろくなるよ〜というところで、肝心の授業が終わってしまっているわけです。

清少納言は、27歳のときに関白の藤原道隆に依頼され、道隆の長女で一条天皇の中宮となっていた17歳の藤原定子(ふじわらていし)さまの教育係として宮中にはいっています。
要するに、才女だったわけで、数年前に仲間由紀恵主演で「絵島生島事件」を描いた「大奥」という映画がありましたが、まさにそこに出て来た仲間由紀恵演ずる絵島みたいな女性だったわけです。

宮中において、大奥の仲間由紀恵は、対立する大奥の女性陣を機転を利かしてやっつけますが、同様に清少納言も、当時は、漢学は男のものとされていて、漢詩は男にしかわかるまいとタカをくくる男たちを、その知識で次々とやりこめたりしています。

ところが清少納言を推挙してくれた、関白道隆が逝去すると、弟の藤原道長が関白となり、清少納言はスパイだなどとあらぬ中傷を受けて、宮中を追い出されてしまうわけです。

傷心の清少納言に、中宮の定子さまが「一日もはやく元気になって、また宮中にもどってきておいで」とばかり、紙を20枚贈ってくれます。
このときの様子が枕草子の第277段です。
読みやすく(やりすぎかも)、意訳してみます。
ちょっとセーラームーン風かも(笑)

=====
第277段「御前にて人々とも」

その後しばらくして、すっごいへこんじゃって、泣く泣く実家に帰ったわ。
そしたら、中宮様が20枚ばかり、紙を贈って下さったの。

届けてくださった使いの人は、すっごいおっかない顔をして、「早く参上せよ」なんて言ってたのだけど、そのあとに、まじめくさって、
「じゃが、この紙はあまり上等ではなさそうじゃ。延命を祈るお経も書けそうもないようだが・・・」なんて、言うものだから、思わず吹き出しちゃった。

ほんとうはね、そんなんじゃないの。
前にあたしが中宮様に、「気が滅入っているときは、紙を見ていると気もちが晴れます」って言ったのを、中宮さまがちゃんと覚えていて下さっのよね。
それで紙を贈ってくださったんだわ。
だから、ほんとは、紙の質がどうのこうのなんてどうでもいいことなの。

でもね、言った本人が忘れていたようなことまでちゃんと覚えていてもらえるのって、うれしいくない?
相手が普通の人でもうれしいのに、ましてその方が、中宮さまってなったら、そりゃー感動だわ。

でね、あたし、ドキドキしちゃって、中宮様に、
「紙(神)のおかげで、あたし、鶴みたいに千年も長生きしそうです!」って歌を書いたの。

で、使いの人に、「この歌を中宮様にお渡しになるとき、私が、あまりに大げさでございましょうが、と言っていたって申し上げてくださいね」ってお願いした。

そのあと、使いの人にに青い綾織りの単衣をあげたりして、大騒ぎしちゃった。
そしたら、なんだか気持ちが晴れてきちゃって。
あたしったら、さっきまでへこんでたはずなのに、もうはしゃいでる。
人の心って、おもしろいわね。
=======

このときの歌が、

 かけまくも
 かしこき かみの しるしには
 鶴のよはひと なりぬべきかな

とても上品で、格調高いですね。
ほかにも、面白いのが、たとえば第25段。

=====
憎らしいもの

お部屋にこっそり忍んで来る恋人を、犬が見つけて吠えるのって、すっごい憎ったらしくない?
あとね、ようやく密かに忍んで来てくれたのはうれしいんだけど、みんなが寝静まってお屋敷がシーンと静まり返っているのに、大いびきをかきながら寝ちゃうヤツ。
もぉ、絶対、まわりにバレバレじゃん><

それから、きっとバシッと決めようと思ってのことなのだろうけど、大袈裟な長い烏帽子(えぼし)をかぶって忍んできてさ、慌てているのか、烏帽子が何かに突き当たり大きな音を立てるヤツ。
なにそれ〜って思っちゃう。

あとね、簾(すだれ)をくぐるときに、不注意で頭をぶつけて、「イテテテ!」って、大声をあげるような男って、絶対、無神経!。

それからさ、夜、忍んでくるときに、戸を開けるなら、少し持ち上げれば音などしないのにさ、ヘタすれば軽い障子でさえガタガタ鳴らす男もいて、そーいうのって、なんかにくったらしいわ。
======

第26段 胸がときめくもの

髪を洗ってね、きれいにお化粧して、お香をよくたき込んで染み込ませた着物を着たときって、心の中は晴れやかな気持がして素敵。
別に見てくれる人がいなくてもいいんだ^^
男を待っている夜は、雨音や風で戸が音を立てるだけでも、ハッと心がときめく。
======

第27段 過ぎ去った昔が恋しいもの

もらった時に心に沁みた手紙を、雨の日などで何もすることがない日に探し出したとき。
======

こうした、いかにも女性らしい感受性の豊かなエピソードが、323話もぎっしり詰まっていて、躍動感ある大人の女性の感受性が活き活きと描かれているわけです。
実に、ほがらかで、感性豊かで、明るく楽しい。
これが平安中期の、世界最古の女流随筆でもあるわけです。

上に、ねず流で口語訳したものを載せましたが、(雰囲気を出そうと、あえて女性風の文体にしたつもりなのですが、ちなみに私は決してネカマではありません)、ちょっと読んで、きっと「ああ、平安の世も、いまの時代も、人の心って変わらないんだなあ」ってお感じになっていただけたら、幸いです。

千年前も、千年後も、日本人は、いつも、いつまでも日本人です。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

『枕草子』第284段~香炉峰の雪(こうろほうのゆき)~


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

かな昔に想いを馳せる
いとをかし
いとらうたし
枕草子を読まされたのは幾つの頃だったか?忘れてしまいましたが「いと」や「をかし」や「らうたし」という言葉が凄く新鮮で、同級生の誰もが面白がって使ってた記憶があります。
ほんの数十年前までは「紙」の時代でした。
文字を綺麗に書きたい…必死に練習しましたね。
『だったらラブレターを書け!』
女性との文通はワクワクしたものでしたが、辞書を引きながら…書き損じも山程出ます。
清少納言も失敗してたのですかね。
千年前の人からの千年後
千年後の人からの千年前
キーボードを叩きながら、遥かな昔に想いを馳せています。

なな

初めてコメントします。

遡って読んでいたら約三ヶ月前の記事に枕草子を発見!漫画「暴れん坊少納言」は必見です!!

ねむねこ

はじめまして ねむねこと申します 
元祖ブロガーだったとも言えそうですね(^^)@清少納言

ねむねこのブログには反映してないですが、
日本史の話は大好きなので時々よらせていただこうかと
思います。その時はよろしくですm(_ _)m

-

枕草子の世界観は明るさに満ちています。(紫式部には軽薄と言われてますが…)ただ清少納言の主人・定子皇后と中関白家の辿った運命を思いながら枕草子を読むととても泣けて来ます。清少納言は定子皇后との楽しい日々を本当に大切に思っていたのだなあ…と。紫式部は中関白家と敵対していた藤原道長がパトロンでしたから、清少納言の批判の下りは政治的配慮もあったと思います。

-

No title
本記事に興味を持たれた方は、橋本治の「桃尻語訳枕草子」を一度読まれてみては如何でしょうか?
「春って、曙よね!」から始まる訳は、まさしくねずさんの訳そのままです。

虎さん

No title
ねずさん今晩は、いつも為になるお話有難う御座います。

此の話で思い出すのは、小生が云十年前中学の国語の先生を思い出
し懐かしいというか、今生きていたらぜひ逢いたい女性です。

どういう先生かというと、色白、ぽっちゃり、背筋がすらり、
金縁めがねにおまけに鎖、お化粧ばっちりおちょぼ口に鮮やかな
紅、香水プンプン、黒のスラックスに折り目はもちろん、声は鼻に
ぬけて甘くささやく、まーーざっとこんな方でした。

笑うときは、お口に手を当て目を細めてオホホホって笑うとっても
品のある女性でした。

私も長く生きていますがこうゆう人現在いるのでしょうかね。
どうゆう家庭環境で育ったのか、私には想像つきません。
絶滅危惧種なんでしょうね。(^^)。失言しました。

この先生が小倉百人一首を読みながら小生たちの横を通り過ぎる、
今思うとなんと贅沢な雅の時を過ごしていたんだな~~と懐かし
くおもいだしました。

で何が言いたいかともうしますが、よく祖母が言っていましたが
氏より育ち、 教育が大切なんですね。
教育再生で日本の良さを再認識し、後世に伝えていかなくてはと
思う次第です。

禁多労

枕草子を読み終えた方には、こちらもおすすめです。
清少納言と双璧をなす平安日本の才女・紫式部によって描かれた「紫式部日記」では、当時の著名人の作者による評価・感想が幾つか登場します。中でも清少納言に対する批評は少々辛辣で、彼女の上から目線の対人評価や自らの知識をひけらかす態度に対して作者がそれを批判し窘める描写となっております。「紫式部日記」は、「いけいけガール」的な清少納言に対し、清楚で、しかし毅然として事物を評価する(櫻井よしこさんのような雰囲気でしょうか)紫式部の人となりを垣間見ることのできる一冊と言えましょう。

ポッポ

No title
予算委員会において、丸山和也氏が正しい歴史認識について提案されていました。素晴らしいです。

168名もの国会議員名が、靖国神社に参拝されました。これは2000年以降最大の人数だそうです。民主党の議員も5名いたそうですが、民主党にも、お国のために散った方々を敬う人がいたことに感謝します。

トヨタのレクサスが、中国で生産されるそうです。
今の日本には、自動車の生産工場を稼働させるに足る電力がないと言うことでしょうか? または、通常の商業ベースなのでしょうか? 日本の雇用が失われたことに、がっくりです。
トヨタは、反日運動が起こされて、パナソニックのように工場を破壊されたとき、中国から撤退する際には中国の法律に従って、従業員への補償等相当の支出をしなければならないことを知っているでしょうが、中国の一番欲しがっているのは、高級車の生産技術です。

もうすぐゴールデンウィークですが、韓国への日本人観光客が急減しており、予約率の減少は93.2パーセントで、今年の第1四半期の日本人観光客は、前年同期比22.5パーセント減の69.8万人だそうです。
一方、中国人観光客は、同期間37.8パーセント増の72,3万人で、四半期ベースで日本人観光客を上回ったそうです。
日本人が減っても、中国人が増えたら観光業者が慌てる必要もないの思うのですが・・・・・・

-

いつも拝見させて頂いています。

今回は枕草子のねずさん訳をすごく
楽しませていただきました。

先のコメントにもありましたが、全訳して出版されると多くの人が楽しめるでしょうし学ぶことも多いと思います。

枕草子の言葉は知ってても内容は多くの人が知らないのではないでしょうか。

上べだけでなくねずさんが仰る様に教育の本質を取り戻して欲しいす。

戦後に学校教育は後退してしまってると感じてなりません。





-

日本の女(あえて女性といわず)って、世界一優秀なんです。だけど、自然に男女つりあうようにできてるわけでしょうから、男もたぶんに見所があるのでしょう。皆、しっかりしましょう。

たこらす

No title
私も古典が大好きです。大学の専攻も古典文学でした。
世間では源氏物語がもてはやされていますが、
こうやってわかりやすいように口語訳していただきますと、
「枕草子も面白い!?」てなりますよね(^_^)
ぜひとも、ねずさんに全訳していただきたいです。
買いますよ。私。
でも、ねずさん。
セーラームーンはちょっと・・・古いです(>_<)

古典を勉強していてわかることは、
千年昔も現代も、人の心はほとんど変わらないということ。
人に対する心遣い、恋心、その他諸々。
平安の人たちと共感できることがいっぱいです。

そのこともそうですが、そういったことがわかるような、
千年前の文学がいまだ現存しているという事実。
これも大変素晴らしいことだと思います。
かの国では原本を失い、他国保管の写本を貰い受けてましたが。
本当に日本という国は「紙」に対しては並々ならぬ技術がありますよね。
ノートや便箋のデザインの豊かさは、他国の追随を許していませんもの。
素晴らしいと思います。
胸を張って誇れる文化のひとつですよね。
日本人に生まれてきて良かったです。

梅子

もう一度
いつも楽しみに読ませて頂いています。ありがとうございます。
「枕草子」、ねずさん訳で読むととても気持ちが伝わってきて、おもしろいです。子供たちが日本語の素晴らしさ、古典のおもしろさなどを再認識できるように、学校での国語教育を充実させて欲しいですね。そうなるためには、まず大人がそれをよく知ることが大事だと思います。
私ももう一度古典を読んでみようかな。

団塊の世代の後輩

No title
こうして1000年前のことを記述していただくことは、現在の我国を守るということは、我国先人の方々がめんめんと築き上げてきたもの=日本の心を今の私たちが継承し、時代に繋げていかねばならないということを改めて自覚させていただく・・ということでしょうか、絶対に近隣の野蛮国人どもには理解不能な事柄です。平時は優雅に過ごすも、事あるときは瞬時に鬼神と化し、野蛮人どもに鉄槌を食らわす!そんな後進を一人でも多く育ててゆきたいものです。

kuni

伊勢女、出雲ガール!!
いやーー、日本復活ですね。

アベノミクスの成長戦略もこれに刺激されたか。
女性は本当に先を読む力が半端ない。

ラベンダー

ねずさん、おはようございます。
今日も、素敵なお話しをありがとうございました。
ねずさんの訳だと、イメージがよくつたわりますね☆

ファッション、生活スタイル、言葉、いろんな変化はありますが、1000年前も1000年後も、やはり心はかわらない
、日本人は日本人のまんまだと感じます。
ただ、日本人としての心を封印されているだけなんです。

ねずブロは、その封印を解いちゃうところが凄いですね。

kuni

ぜひ出版を
ねずさん!!全部読みたいーーーー
ぜひ、全部ねず流訳で本にしてください。
お願い  m(__)m

クボタ

美しい日本語の行方
母国語、国史教育がおかしくなって久しく、ようやく中山先生らのおかげで改善の端緒が見え始めたばかりなのに、国は英語政策重視、外国人英語教師一万人増計画とかやってます。
センター入試等もハングル枠とか日本人以外が有利な制度ばっかり。
やるとしても、まずしっかりした母国語、国史の屋台骨を作ってから取組むことなのに。
千年後は日本語は古文としての副教科くらいになっているかもしれませんね・・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク