なぜ刀は「武士の魂」なのか?



日本刀が武士の魂と呼ばれるようになったのは、江戸時代、国内から戦(いくさ)がなくなってからのことです。
それまでは、刀は護身用の武器のひとつにすぎないと考えられていた。

殺傷力という点からしたら、近接用の刀よりも、離れて攻撃できる鎖鎌や弓の方が断然強いし、近接用武器というなら、槍の方が攻撃範囲が広いぶん、断然有利です。
あの宮本武蔵ですら、宝蔵院流の槍に苦戦したのは有名な話です。

とりわけ集団戦を行う戦(いくさ)では、刀は3人も斬ったら、もう脂にまみれて切れなくなる。それに曲がる、折れる。戦いの用をなさない。

さらに刀は、すぐに錆びます。毎日の手入れが欠かせません。
毎日手入れしてても、実際に戦いになれば、3人も斬ったら、もう使えない。六尺棒を使う棒術の方がよほど強い。

にもかかわらず、江戸期、刀が「武士の魂」となった。
武家の必携の教科は、槍術でなく、剣術だった。

この伝統は、昭和にまで引き継がれ、将校は「軍刀」を携帯しました。戦闘機乗りは、(飛行機の計器を狂わせる可能性すらあったのに)軍刀を持って飛行機に乗り込んだといいます。

将校が突撃するときは、軍刀を抜いて、敵の機関銃の前に突撃して行った。
相手は機関銃です。かなうはずがない。

にもかかわらず、当時の日本の将校たちは、最後の突撃のとき、階級章をはずし、抜刀して突撃しました。

なぜでしょう?

身を守る武器、戦うための武器というなら、拳銃のほうが効率的です。しかも当時の軍刀は、乱造刀で、いまでいうところの安物包丁程度の性能しかなかった。

現代のわたしたちからしたら、とっても不思議な話です。

で、なぜか?という話になるわけです。
彼らはこう考えたのです。

武家は人を殺す職業です。
しかし、人は「心」で生きるものです。人を殺して心が痛まないのは、もはや人ではない。
子を叱る親は、子を叩く。たたかれた子も痛いが、叩いた親も、心が泣きます。叩いて心が泣かないなら、それは単なる暴力にすぎない。

人を斬るのも同じです。斬って泣く。泣いて斬る。
相手を殺すという目的以上に、その「心」を大事にした。
だから、刀だった。

足軽・小者には、強い武器(棒やはしご)を持たせた。 鉄砲も持たせた。
しかし、誇り高い武士は、むやみな殺生をよしとしない。だから刀を持った。

なぜか。

自分も人であり、相手も人だから。武士は人だから。

先の大戦で、日本の将校は、最後、玉砕するときに、銃や機関砲を乱射しながら突撃していません。階級章をはずし、軍刀を抜いて突撃しました。
戦争です。
戦争だから、将官として、部下に機関銃や大砲、銃を撃たせた。
敵に向かって発砲させた。それは「殺戮行為」です。
「殺戮行為」は機能であり、そこに人としての心はない。

せめて、最後に突撃し、自分が死ぬ時は、せめて誇り高い武士として、人として、痛みを知る人間として、心をもった人として死んでいきたい。
だから抜刀して機関銃に向かっていった。

相手はそんなこと構わずに機関銃を撃ってくる。
それは相手の「兵」の機能です。
自分自身が、どう生き、どう死んでいくのか。
それを考えたとき、無差別に人を殺す人非人でなく、心を持った人として死んでいきたい。
軍の階級という形而上学的な存在ではなく、人として死んでいきたい。
その思いがあるから、彼らは、階級章をはずし、軍刀で突撃した。

日本人の誇りというのは、究極的には「心をもった人として生きること」なのではないでしょうか。

昨日書いた毎日新聞の捏造報道や、昨今のマスコミの論調。
どうにもそこには、人としての「心」がない。あるのは利害や快楽だけです。
それって、なにか違うように思うのですが・・・・

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

銃社会アメリカの歴史


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

桜花丸

始めまして。
始めまして。最近寝る間も惜しんで貴ブログを読ませて頂いています。
全編を通じ素晴らしい見識だと思いますが、敢えてこの記事にのみ少し曲解される恐れがあったので進言させて戴きます。
日本刀と言う物の性能は世界に類を見ない程の性能を持って居ます。
戦中の切り込み隊の生き残りの方の著書を見ましても2~3人で切れなくなるような脆弱なものでは有りません。実際に居合などの心得のある、上手な方が使えるば刃筋さえ通っていれば、
10人位は刃こぼれ無く切れたようです。ブログ主様の主張は全くを持って同感致しますし、今後応援もさせて戴きます、ただ、日本刀も日本の立派な文化なので、訂正させて戴きたく存じます。玉砕戦の中のそれぞれの気持ちは正に十人十色でしょうからブログ主様のおっしゃるような心の方も沢山居たと思います。しかし、日本古来からの刀の性能を信じ、銃弾と渡り合い、そして銃以上の功績をあげた部隊も存在した事、それにより日本民族が連合軍より一目置かれた事を心の片隅にでも置いておいて下されば有難いです。

さよひかり

軍刀の認識違い
貴方の軍刀の認識は刀剣界が流している虚構をそのまま信じているようですね。現在軍刀の認識はかなり変わっています。「軍刀」で検索すると黒い背景の軍刀研究サイトがでてきます。一度お読みになる事をお薦めします。特に論文の部分を。突撃の状況説明なども少し勉強されますように。一部いい加減な部分があると総ての主張が疑われますから・・・・・

ねずきち

ジャックさんコメントありがとうございます。

走馬の介さんコメントありがとうございます。
同感です。

風嶋ゆかりさんコメントありがとうございます。

風嶋ゆかり

そうだったんだ……
刀が「武士の魂」とされたのは、
結構最近のことなのですね。
深イイ!!

走馬の介

なるほど…
こんな考えが現代社会にも通用し続けることを願います。

じゃっく

なるほど。。。
う~む。。。
勉強になりました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク