薙刀と盆栽



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

徳川家光の盆栽「五葉松」
家光 五葉松


我が国の歴史上、時代を越えて最も人気のあった女性といえば、静御前かと思います。
静御前といえば、舞いの名手で、満開の桜の鶴岡八幡宮で、敵の武士団の前で義経を慕って舞った「しづやしづ」の舞の物語はとても有名です。

ところが静御前は、ご存知の方も多いかと思いますが、実は薙刀(なぎなた)の名手でもあったと伝えられています。
以前にも書きましたが、昔、武家の女性たちといえば、薙刀使いが定番でしたが、なぜ武家の娘達が薙刀を愛したかといえば、そこには静御前への憧れがあったから、とも言われています。
そして、静御前が愛用した薙刀は、なんと時代を越えて徳川三代将軍、家光にも愛用されていたのです。

静御前が生きた時代は、1180年代です。
家光の時代は1620年代ですから、450年の時を超えて、静御前愛用の薙刀は、大切に保管され、伝えられてきたわけです。
いかに日本という国が、モノを大切にしてきた国であったかが、この一時をもってもわかります。

ただ、この薙刀は、いまはありません。
なぜなくなったかといえば、実は家光が猪狩りに行ったときに、飛び出してきたイノシシをこの薙刀で払ったところ、刀身が根本のところでポキリと折れてしまったのです。

これは凶事と、随行した者たちはみんな青くなったそうです。
ところがこのときの有名な話が、堀田正盛(ほったまさもり)の機転で、「殿、万一これが戦(いくさ)のときなれば、お命さえ、たいへん危ないものであったはずでございます。相手がイノシシであったがゆえ、ことなきを得たのはまさに天啓。まさに吉事にございますれば」と述べたわけです。

武士は、たとえいかなる太平の世にあっても、常住坐臥、常に戦陣にいる覚悟で生きるものです。
静御前ゆかりの薙刀であったればこそ、万一のときならぬ猪狩りのときに、自ら折れて家光を守ってくれた。つまり家光は三代将軍として、天より大事を委ねられている、というわけです。
実に見事な機転です。

薙刀


堀田正盛というのは、家光の近臣として大出世した人で、父の代には700石取りの旗本にすぎなかったものが、正盛の代で、最後は佐倉11万石の大名にまで出世しました。
以後も堀田家は家をよく保ち、幕府の老中職を何代も勤める名門となっています。

ちなみに皇居には、徳川家光が愛した盆栽が、いまでも、当時の姿そのままに遺されています。実に見事な作品です。

日本という国は、つくづく不思議な国だと思います。
静御前の薙刀を折った家光は、代わりに命ある盆栽を現代に遺しているわけです。
女性の白拍子が武器を遺し、名将軍と言われ、徳川300年の基礎を築いた武士である家光が命ある盆栽を遺した。

それは、いざとなれば、女性でも武器をもって戦わなければならなかった中世から、秩序と道義を重んじる近世への時代の転換を意味していることなのかもしれません。

日本人は武家政権においてさえ、盆栽を愛し、自然を愛した平和の民です。
そしてその平和の民が、幕末から昭和にかけて、戦わざるを得なかった歴史は、結果として世界に植民地時代の終焉という成果をもたらしました。

そしていま、私たちは再び武器を手にして戦わなければならないときが来ているように思います。
それは、いまだに残る一部の国による「力による正義」という異常を解消しなければならないからです。
そしてそれができるのは、おそらく日本だけです。
日本が強くなること、日本が立ち上がることこそが、世界から力による支配や力による正義を根絶やし、まさに世界に平和と道義と正義をもたらす鍵だからです。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。



【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

越智富雄

源義経評価向上委員会
源義経は、日本の伝統芸能史上、最大のヒーローと言われています。やはり義経と静は、お似合いのカップルです!
先日のねずさんのブログで源平の合戦を取り上げられた時、「源義経は卑怯未練な武将であった」とコメントされた方がいました。司馬遼太郎の『義経』にも、源家の血筋を引いていただけで、実際には人の上に立つべき武将の器ではなかったとか、精神的に未熟で、政治的センスの欠如した若造でしかなかった、とか書かれていたように記憶します。司馬さんの影響力は大きいですね。
私が思うに、天才的軍略家は天才的政治家の素質大です。アレクサンダーしかり、カエサルしかり、ナポレオンしかり。源義経が平泉で死なず、生き延びていれば、大政治家となっていたのでは?
源義経が、実は生き延びて大陸に渡り、ジンギスカンになったという説もあります。トンデモ説として真剣には考察されていないようです。私は、ありうると思います。
鎌倉時代の僧、日蓮は、自身の前世を源義経と感じていた節があります。門弟から『佐渡御書』と呼ばれている手紙に「日蓮、当世には此の御一門(鎌倉幕府)の父母なり。仏・阿羅漢の如し。しかるを流罪し、主従ともに悦びぬる。あわれに無慚(むざん=恥ずかしいことこの上ない)なる者なり。(中略)例せば泰衡(やすひら)がせうと(弟)を討ち、九郎判官(源義経)を討って悦びしが如し。」とあります。
また、蒙古襲来後、弟子の一人を蒙古への布教に旅立たせています。日本の学術調査隊が、この弟子(日持)の墨書を発見しています。彼が土地の人に師匠(日蓮)の絵姿を見せたところ、人々は「汝の師は我が朝の世祖にその俤(おもかげ)あり=似ている」と言われたと。この「世祖」とはジンギスカンだったのでしょうか?
モンゴルはシナの王朝として国号を「元」としました。「元」はその音が「源」と通じます。シナでは祖先の名を忌字としてそのまま表記しないので、「源」を「元」に置き換えたのでは?
源義経が出現しなければ、源氏と平家の勢力転換は成し得ず、ジンギスカンが出現しなければ、蒙古襲来も起こり得ず、日蓮がそれを予言することもなかったでしょう。鎌倉幕府が成立しなければ、武士と公家、もっと言えば、武家政権と皇室との争いも招来せず、皇室の凋落(ちょうらく)を日本建国以来の大問題としてとらえ、仏教者としてその解決を果たすべく日蓮が立ち上がることもなかったでしょう。
義経は僧侶となるのを拒否し、武人として日本を立て直そうと決意しました。兄・頼朝は平家を倒した後は源氏が天下を取る、そのためには皇室を向こうに回しても構わぬ、との考えでした。そんな頼朝よりも、後白河法皇は、義経を信頼したのです。義経の悪行なるものは、鎌倉方が捏造したのではないでしょうか?
両雄並び立たず。そんな狭い了見の兄のいる日本を捨てて、義経は、大陸に渡って10年以上の艱難辛苦を乗り越え、ジンギスカンとなった!ロマンですねぇ。誰にも証明は出来ませんが。
ちなみに、ジンギスカンが亡くなったのは1227年、日蓮が生まれたのは1222年。これでは、生まれ変わりは証明出来ません。強いて言うなら、亡くなった源義経の霊が、ジンギスカンをオーバーシャドウしていた(霊的に操っていた)とか、蒙古側の資料がジンギスカンの没年を操作した(後継者争いを隠すために)とかこじつけるしかないようです。
源義経に対する見方が変わったのは、実は今日、この瞬間です。彼は尊皇家だったのではないでしょうか?武家政権にはこだわっていなかったのでは?源氏の棟梁でなかったことが、彼の命取りになりました。平氏追討後は、存在理由がなかったのです。
私は、源義経に救世主の魂の煌めきを見るのです。彼の評価が低いのが残念でなりません。こういう人物は、再受肉・再々受肉してその人生で何を成したか、で評価されるのでしょうね(受肉とは生まれ変わることです)。源義経ー日蓮ー後醍醐天皇という転生を考えているのですが、皆さんはどう思われますか?

-

河野洋平を起訴しよう
罪状:国家毀損罪

Belinger

これから必要なもの
>それは、いまだに残る一部の国による「力による正義」という異常を解消しなければならないからです。
力による正義は、一部の国だけではありません。
全ての国家が「力による正義」という力学に基づいて行動しているのです。
それは国家の違法行為を取り締まる警察にあたるものが存在しないからです。
これまで、日本は自発的に動かずに米に依存してきました、しかしそれは永続しません。
日本は必ず独立し、自らの「力による正義」を押し通せるように今から準備しなければなりません。
>そしていま、私たちは再び武器を手にして戦わなければならないときが来ているように思います。
武器を手にするのは賛成ですが、安易にそれを行使するのは考え物です。
まず、戦わずして勝利する方向で知恵を絞る努力が必要で、武力行使は最後の最後の手段です。
孫子いわく「国を全うすることを上となし、国を破るはそれに次ぐ」
しかし、常に戦う覚悟があるぞと言うアピールは絶対必要です。
ランドパワーとの戦争はなまじそれを回避しようとした時に発生し(ミュンヘン会談)、受けて立つぞという気構えで望めば回避できます(キューバ危機)。
我々に必要なのは、さらなる武器といつでも戦う覚悟があると言うアピールです。
それにシーパワーは直接攻撃せずに、海上封鎖でいつでもお前らを兵糧攻めにできるんだという恫喝ができるぐらいでなければなりません。

にっぽんじん

正しい歴史を世界に
アメリカの各地に設置が計画されている慰安婦碑に対して民間日本人達が反対の声をあげています。その結果、設置計画が見なおされたところもあると聞きました。この度はワシントン近くのモンゴメリー郡で設置計画が起きているそうです。

女性メンバー「なでしこ」など多くの民間人が反対メールの協力を呼び掛けています。私は英語が苦手ですので日本語で送ることにしています。今回も下記のメールを関係者に送りました。その結果、今までにない応答が返ってきています。日本語でも構いません。正しい歴史を世界に発信しましょう。

発信メール
モンゴメリー郡 郡長、議員の皆さま

私は日本在住の日本人です。
英語での送信が出来ないため、日本語で送らせていただきます。

旧日本軍による韓国女性の慰安婦問題に関して、アメリカ各地で批判が高まっていることを心配しております。旧日本軍による女性の強制連行事実がなかったにも関わらず、韓国と日本の政治家、河野洋平氏の捏造歴史で日本人の名誉を貶める海外の行為は許すことが出来ません。

個人賠償を含めて、全ての請求権を放棄した日韓基本条約を韓国政府は21世紀になるまで自国民に知らせていませんでした。その事が国民に明らかになり、個人賠償を求められた韓国政府が日本に責任を転嫁するために始めた捏造歴史です。

下記の3つの動画を見ていただき、真実を知っていただきたいと思います。
アメリカは正義と公正を重んじる国と信じております。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ausRSDUxKr4

http://www.youtube.com/watch?v=9bOw0uhgfrY

http://www.youtube.com/watch?v=fl2jUJWHsCQ&feature=player_detailpage


返信メール(1例)
Thank you for taking the time to contact me. Correspondence directed to
the Council President is shared with all members of the Council.

Please allow 2 to 3 weeks for a complete response. If this matter is
urgent or you would like to speak to someone in my office, please call
(240) 777-7968.

Thank you again for your email..

Sincerely,

Nancy Navarro

Council President

ポッポ

No title
いわゆる従軍慰安婦問題ですが、
何処の国民にも、言葉に対するイメージがあると思います。

日本の慰安婦の場合には、戦地にも同行する売春婦です。
ですから、その職業に応分する料金を支払いましたし、慰安婦に危険のないように、警護もしました。慰安婦は兵隊について行けば、安全も保証され、収入も確保でき、ときには買い物にも外出していました。

しかし、朝鮮戦争当時の韓国軍慰安婦は、敵の捕虜が多く(他に利敵行動を取ったとみられる女性)、これを戦利品として扱うものです。
そこには人権も費用も不要として、危険と隣り合わせの兵隊は、本能の赴くままに性の捌け口として扱うものでした。また、逃げられては困るから監視対象でもあって、ドラム缶を使って運ぶこともあったと考えます。

韓国は、日本のいわゆる従軍慰安婦の実態が、戦地に同行する普通の売春婦であることを知りませんでした。
韓国人は、日本軍の慰安婦を知ったとき、韓国軍慰安婦と同じ筈だとして、いわゆる従軍慰安婦を問題にしたのではないでしょうか。まして、吉田清治なる売国奴が、『私の戦争犯罪』で彼等の期待する行動を日本が行ったと公表しましたから、飛びついたのでしょう。

米国は、正義の軍隊を名乗っていますから、自国も同様だとされると都合が悪いため、いわゆる従軍院府問題は、日本だけが悪いにしておきたいのが本音だと思います。

いわゆる従軍慰安婦問題について、日本は日本の慰安婦の姿を諸外国に説明するとともに、韓国における韓国軍慰安婦の実態と、ベトナムにおけるライタイハン事件を説明、検証することだと思います。
今後20年位、政府が広報費に予算を付けて、諸外国(欧米)のマスコミに報道すれば、通常の売春行為として騒がれることはなくなるでしょう。
売春は、欧州や米国の州において、現在でも合法なところがありますので、完全に否定されることはありません。
韓国が現在設置を進めている少女像は、親に売られた少女像としての価値が出るかも知れません。

古希のネトウヨ

No title
静御前の以前の記事読み直しました。
どこまで遡っても優美で 清々しく凛としている日本の文化。
殊更に誇ることを日本人はしないが これを犯そうとする勢力は断固排除しなければならない。
日本の強さの真髄は団結力だと思います。 しかし 不純物が混じっていると 団結できない。
不純物を選別 あぶり出し 排除することから始めねばならない。 そして 武器を持とう。
本当は 宮本武蔵が飯を食いながら 箸で飛び交う蝿をつまみ捨てたようなやり方で害悪者を殲滅したいものです。
 それと 外国人の基準でものを考えるのをやめませんか。 富士山は日本人の象徴の山で信仰の対象です。
美保の松原が 解らないような連中に評価されて喜んでなんか居れないでしょう。
静御前が舞った鎌倉のことも解らない。 純日本人以外に日本の良さを心の奥底から感じることは なかなか困難なことなのではないでしょうか。
苧環の美しさが解るものの国を護りたい。

はっちょもん

苧環が咲いていました
ねずさんの静御前の記事で「苧環(オダマキ)」の花を知り、一度は観たいなと思っていました。
先日、玄関先に毎年咲いている花をなにげなく観ていたら「苧環」であることがわかりました。
家内が育てている花壇ですが、素晴らしく美しいので感激しました。

イエスの言葉に「ソロモンの大王でさえ野の花よりも華麗な衣裳を身にまとったことはない」と花の美しさを説いています。

静御前は野の花の苧環にたとえられてその美しさを表現されている最高の褒め言葉で語り継がれています。
静御前の姿は写真などで残ってはいませんが、一人一人の心の目でイメージすることが出来ます。

日本人の美意識は世界最高ですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク