笹の才蔵

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

可児才蔵


国際社会は、試合の場ではなくて実践の場だ、ということを書いてみたいと思います。

昔、戦国時代のことですが、可児才蔵(かにさいぞう)という戦国武者がいました。
槍は宝蔵院に学んだ名手で、戦(いくさ)の場では、猛烈な働きぶりで、討った敵将の数が多すぎて、とても腰にぶら下げきれない。
なので、いつも背中に笹(ささ)を背負っていて、自分が討ち取った敵将の首には、必ず笹の葉を咥えさせたのだとか。

おかげで、ついたあだ名が「笹の才蔵」です。

ちなみにこの才蔵、あまりにも実戦で強かったことから、ある日、才蔵に試合を申し込む武者が現れたのだそうです。
要するに、俺と勝負しろ!というわけです。

日時が指定され、その相手の武者が試合場である河原で待っていると、笹の指物を背中に指し、甲冑で身を固めた才蔵がやってきました。
さらに才蔵の部下10名が鉄砲を持ち、火縄に火をつけて、後ろに控えます。

相手の武者は驚いて、「これは実戦ではない。試合だ」と抗議すると、才蔵は「俺の試合は実戦が全てだ」と笑いながら答えました。
これが実戦というものです。


日本に対して攻撃を加えようとする者、あるいは尖閣領海に勝手に侵入しようとする者、あるいは竹島に勝手に上陸して石碑などを立てる者、そうした者たちが、そんなことをやろうという気持ちさえ起こさせなくすることこそが、国としてもっとも大事なことです。

そこで仮の話ですが、日本の憲法に
=====
第◯条 日本の領土領海への侵犯ないし日本人への不当な暴力あるいは日本人の財産に対する破壊行為等が行われたときは、日本は即時徹底した無差別な報復攻撃を行うものとする。
=====
と書いてあり、現実に日本が相応の攻撃力を持った軍隊を保持していたとしたら、その日本の竹島や尖閣に侵入しようとしたり、あるいは現地の日本企業への破壊行為などは、果たして行われるでしょうか。

もし、日本や日本人、日本の施設などに対して、ちょっかいを出そうとするなら、それこそその国は、日本との間で全面戦争をする覚悟がなければ、手出しできません。
そして全面戦争をしかけるとしても、日本の軍事力があまりに強大であれば、誰も日本人には手出しできなくなるのです。

では反対に、日本の憲法に「日本は他国から何をされても、いっさい報復は行わず、つねにやられっぱなしで満足し、かえって大金をお好きなだけ支払うものとする」と書いてあり、実際、戦う力はあるのに、政府がこれを行使しようとしないとしたら、どうでしょう。
そういうありがたい国があるなら、国際社会では、そこからカネをふんだくらない方が、むしろどうかしているかもしれません。

そもそも、他国軍が日本国土に攻め込んで日本人の虐殺をはじめたとしても、緊急出動する自衛隊車両は赤信号でちゃんと停まらなくちゃならないし、制限速度も守んなくちゃならない。
渋滞に巻き込まれたら、おとなしくクルマの行列に並んでなくちゃならない。能天気にもほどがあります。
けれど、これが現実です。


可児才蔵が亡くなったのが1613年で、いまからちょうど400年前のことです。
400年前の日本人がちゃんと理解していた実戦を、400年後の日本人はわからなくなっている。

人類は進化するなんて、嘘です。
学ばなければどんどん後退する。退化する。滅んでしまう。

日本が人にやさしい国であろうとするならば、そうしていたいなら、日本は世界最強、圧倒的な武力を持たなければなりません。2位ではだめなんです。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

一心

何時も心にしみるお話有難うございます。私は強い日本を創る為にこのような話しに触れ団結心を取り戻して欲しいと思います。今、ネットでは保守の方々が在日を初めとする営利団体(左翼)と日々格闘中です、そして安部政権を誕生させ政治では優勢な気がするのですが…民間、個人では在日に完敗又は瀕死の状態です、彼等は民族意識を煽り同胞と言う言葉で繋がり、地下ネットワークで情報を共有し、互いを正確に認識し会社、社会で自民族有利に事を運んでいます。必ず韓国も裏で在日を支援しているものと思われます。対して我々保守は個人活動です彼等は嫌韓、保守派を様々な情報から見つけ特定されれば集団でかっこ撃破して来ています、もはや数十年も組織的に活動している彼等には個人で対抗出来ません。民間では負けてる状況ですので一刻もはやく優勢な政治的方面からの援護が必要です。保守が倒される前に是非早急に働きかけお願い致します。

ポッポ

No title
韓国の朴槿恵大統領は、米国で日本の歴史認識について不足しているといったそうですが、韓国は自国の歴史を学問として研究し、国として検証したことがあるのでしょうか?
歴史認識は韓国ドラマのようにファンタジーではなく、事実を学ぶものです。日本が戦争後の処理に追われているときに、反日的な大統領が何の根拠もなく設定した国境線で日本の漁船を拿捕し、その乗員3,929人をを虐待し、そのため亡くなった乗員は44名に及びます。その上、日本に不法侵入した韓国人を引き取りもしませんでした。
そんな大統領を、韓国人は尊敬しているのでしょう。
韓国は、学問としての歴史を学ぶ必要がありますし、その結果を認識しなければなりません。
少なくとも、自国の国民は引き取らねばならないというのが、国民の代表としての大統領の責務だと思います。

愛信

【速報】人権擁護法案を偽装するマイナンバー法案衆議院通過。
【速報】人権擁護法案を偽装するマイナンバー法案衆議院通過。
詳細は
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5056.html
【公明党のマイナンバー法案】危険な法案でしたら拡散お願いします。
を確認願います。

さらに、懸念されている情報 漏えいを防ぐた め、公正取引 委員会のような政治からの独 立性 の高い「三条委員会」
と して「特定個人情報保護委員 会」を設置。マイナンバーに まつわる
個 人情報について監 督・監視し、行政機関への立 ち入り検査などの
権限を付与 し、目的外の利用 や情報漏え いに関わった公務員には厳罰 を科し ます。

【関連情報】
http://aixin.jp/ax00/atgr.cgi
緊急事態!絶対阻止!『人権救済機関設置法案が閣議決定へ!』

にっぽんじん

国益を損なう国会議員
川口参議院環境委員会委員長の解任決議が参議院本会議で可決されたようです。国会議員のレベルの低さに唖然とします。民主党幹部が「国益を判断する立場にない」と言っています。国益を考えない国会議員は不要です。

川口委員長の中国滞在延期の成果を聞く議員もいました。成果を知りたければ、日本の不在を目論んでいた中国に聞けば一目了然です。「川口議員」の存在が邪魔だったと答えてくれるでしょう。

少しは賢いかと思っていた「橋本維新の会会長」も環境委員会の開催が国益に適うと考えたことに失望しました。国会議員の仕事は国益第一でなければなりません。国益よりも目先のことしか考えない国会議員は選挙で落としていきましょう。

柏餅

ID詐欺で無一文になりたい方は、スルーしてね。
記事には関係ありませんが、とても重大な問題が発生したのでお知らせします。
これから日本で多発するID詐欺について皆さんはどんな対策を立てていますか?「ハッカーやクラッカーによる不正アクセスやサイバー犯罪を防ぐのは不可能だ」と言われている現状で。

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-3723.html

■ID詐欺とは
http://news.mynavi.jp/column/svalley/120/index.html

マイナンバー先進国であるアメリカは毎年、1000万人以上が被害に遭ってます。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130222/458103/

日本で言うと10人に1人が、ハッキングによってナンバーを奪われ、財産を盗られます。
※ID詐欺は「なりすまし詐欺」とも言われています。日本でも既に「なりすまし詐欺」は起きています。

■海外の対策

アメリカは国防省職員のみを手厚く保護。ドイツは日本と異なり、税分野のみのマイナンバー制度にしています。日本は病歴から犯罪歴、税分野、財産、住所や年齢など全ての個人情報を国が管理します。


■つまり、マイナンバー制度を導入すれば、反日国家に日本国民全ての財産・個人情報をプレゼントする事になるという訳です。

http://www.aiben.jp/page/library/kaihou/2407_11_mynumber.html

貼り付け

レーニンの日本及び日本人論、明治維新論
メリニチェンコ(伊集院俊隆訳)氏の「レーニンと日本」は、興味深い「レーニンの日本人論、明治維新観」を以下のように紹介している。

  レーニンは「帝国主義論ノート」を書き付けていたがその中で、日本人論一般ないし明治維新以来の日本の歩みに非常に強い関心を見せていることが明らかにされている。「帝国主義論ノート」においてだけでも、十回も日本に言及しているとのことである。その他日本のジャーナリストとの会見記も残されており、それらから総合するとレーニンは、幕末志士活動がうねりとなって明治維新へと辿り着いた過程を絶賛し、概要「20世紀初頭において、日本を『文化的で自由な国』、『進歩的で先進的なアジア」の国日本』と呼び、国民に対しても『文化的で、進んだ自由な国家、偉大で進歩的な素晴らしい国民である』と評価し、この国の覚醒に何と!!『人類の未来さえも』見ていた」。これがレーニンの「日本人論一般ないし明治維新観」であった。

 レーニンの明治新政府評は次のようなものであった。レーニンは、日露戦争に敗北した祖国ロシアの不甲斐なさとこれに勝利した日本新政府の動きを冷静に分析し、日本の明治維新以降の歩みを「民族的、民主主義運動の時代の息吹」として捉え、概要「日本は、東洋の他の国々よりも著しく早く、ロシア、ドイツ、イタリアとほとんど同時に、イギリス、ドイツよりも少し遅れて資本主義的発展の道に足を踏み入れ、工業国に変わり始めた」、「1863年の日本はロシアと比較してみても憐れなほどみじめなものであったが、その後の発展により、1871年後から第一次世界大戦頃に至っては、日本はロシアより10倍早く強国になった。『1863年の日本は、ロシアと比較すると無いに等しかったが、1905年には、ロシアを殴りつけた』」とある。

 レーニンは、日本資本主義と民族国家体制の急速な成長に着目し、「この国家はブルジョア的であり、それだから国家自体が、他の諸民族を抑圧し、植民地を奴隷化し始めた」、概要「日本では、ロシアにおけると同様、軍事力の独占あるいは中国、その他異民族の略奪にとって格段好都合な独占が、現代的な最新の金融資本の独占を一部補完し、一部取って代わっている」。「ヨーロッパと日本から、中国が遅れれば遅れるほど一層中国は、分裂と民族崩壊の恐れがあった」。

全文は以下で
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/marxismco/marxism_lenin_nihonron.htm

-

No title
初めて投稿します。
某局の韓流時代劇ドラマを観ていて、よく大臣たちの政権争いの場面があり、不思議に思い、韓国の歴史を調べるようになり、このサイトにいきつきました。
テレビで韓国のいいところを伝えているつもりが、インターネットで調べ始めると悪いところが目立ち、逆方向につながってきます。
韓国を知ろうとすると、韓国が嫌いになるのです。
こうして覚醒していく主婦も大勢いると思いますので、これからも真実の記事楽しみにしています。

桜子

No title
>人類は進化するなんて、嘘です。
学ばなければどんどん後退する。退化する。滅んでしまう。

今の日本そのものですね。

偶然ですが、今朝、私が存じ上げている元特攻隊員の方のブログを拝見していましたところ、ねずさんと同じ様な内容が書かれていました。
現代の若者がいかに歴史認識が無いかという内容でした。

>ハワイ旅行した時にアリゾナ記念館を見て初めて日本軍が真珠湾を攻撃した事を知ったそうです。また他の学生は、太平洋戦争と大東亜戦争とは別の戦争だと思っていたという。
今の若者は教えられないから知らないのである。悲劇は語り継がなければならない。戦後
五十五年を経て、戦争も風化した。その一方で、特攻隊員の心情やその事績に、強い関心
を寄せられる、大勢の若者がいることを知り、 意を強くした次第である。

>今の若者は教えられないから知らないのである。
>学ばなければどんどん後退する。退化する。滅んでしまう。

元特攻隊員の方の言葉とねずさんの言葉はイコールだと思います。
つまり突き詰めるところ、国の教育に問題があるということです、問題があるから色々な歪が出てきているのです。

「今の若者はなってない」当たり前です、国の教育に問題有りなのですから、、。
私も含めそうですが、当たり前が当たり前でなくなって行くおかしな世の中を変えて行くには「今の若者は」という前に、だったら自分達は何をすべきかという事を考える方が先決だと思います。
つまり、自分達が変わらなければ国も変わらないということです、そう思います。

団塊の世代の後輩

No title
シナがその正体を現しました、こともあろうに沖縄まで日本が不法占拠したという論評を出したのです。ここまでされたらもはや偽平和憲法=マッカーサー憲法は我が国内を不法占拠されても何もできない「腰抜け憲法」というしかありません!一刻も早くまともな憲法が制定されるよう応援しましょう!!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク