愛する女性と



■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm
■日本史検定講座の第二期募集がはじまりました
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1825.html


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

松崎慊堂 30代の頃 『近世名家肖像』より
松崎慊堂 30代の頃 『近世名家肖像』より


渡辺華山に、高野長英といえば、ともに江戸時代後期の蘭学者として有名です。
そしてこの二人は、ともに儒学者松崎慊堂(まつざきこうどう)の弟子でもありました。

とりわけ渡辺華山は、蛮社の獄(天保10(1839)年)で逮捕されたとき、師匠の松崎慊堂(こうどう)が、老中水野忠邦あてに建白書を出し、そのおかげで、死罪を免れています。
渡辺華山にとって、松崎慊堂は、師匠であるとともに、命の大恩人でもあったわけです。

この松崎慊堂は、もともと熊本の人で、お百姓の出身、幼名を松五郎といいます。
たいへん勉強熱心であったことから、13歳で江戸に出るのですが、その江戸で松崎慊堂をもっぱら可愛がってくれたのが、浅草寺の寺主の坊さんでした。

そこから松五郎は寛政2(1790)年に設立されたばかりの、東京湯島の「昌平坂学問所」、いまの東大)にはいり、さらに江戸一番の儒学者である林述斎(はやしじゅっさい)のもとで学び、寛政6年には林塾で塾生のトップである塾生領袖になっています。
要するに、たいへん優秀で、かつ勉強熱心な男だったわけです。

さて、松五郎が、その塾生領袖時代のことです。
ある日、松五郎は、町を歩いていて、何事か考え事をしながら歩いていたのでしょう、タチの悪い若者達にドスンとぶつかってしまい、彼らが手にしていた酒徳利を割ってしまったのです。

若者達は、町のならず者たちです。
「ごめんなさい」と松五郎がいくら謝っても、許してくれません。
それどころか、酒代を出せ!と迫ってきます。

ところが松五郎は、書生であってお金がない。
そんな大金出せませんとしきりに謝るのだけれど、ならず者達は、ますます激昂します。

すぐ近くで旅籠(はたご)の飯盛り女をしていた「おすみ」という女性がこれをみとがめ、「あんたたち、よってたかって何やってんのさ」と間に割って入ります。
そしてならず者たちが要求した額を、おすみは、その場で全額立て替えて支払いました。

松五郎は恐縮して、「必ずお金は返します」というのだけれど、同時に「いまは、それだけのお金がないから、分割させてくれ」というのです。
ところが話を聞けば、月二分の生活費でやりくりしているという。
いまで言ったら、月3万円です。

見ればみすぼらしい姿です。
その少ない生活費から払うと言うのだから、おすみさんは同情して、
「わかりました。では、月2分を私があなたに払ってあげましょう、と約束してくれたのです。

それからのこと、毎月毎月、おすみさんから松五郎のもとにお金が届けられました。
いただいている上に、届けてもらうまでしては申し訳ないからと、途中からは松五郎が自分でもらいに行きました。

そして月日が経ったある月のこと。
今月に限って松五郎があらわれません。
松五郎の住む長屋に行っても、不在です。
それっきり、音沙汰がない。

おすみさんは、周りの女性たちから「バカねえ。あんた、騙されたのよ」と言われてしまいます。
松五郎は、日本を代表する私塾の塾生です。
おすみさんは、宿場の飯盛り女です。
要するに私的売春婦です。
身分が違う。

そうして何ヶ月か経ったある日のこと、おすみさんの住む宿屋の前に、立派な身なりをしたお侍さんが駕籠に乗ってやってきました。
そして、宿屋の主人に「おすみさんはいますか?」とたずねます。

呼ばれて奥から出てきたおすみさんは驚いた。
見れば、それは、あのみすぼらしい姿だった松五郎さんじゃありませんか。

松五郎は、フトコロから6両のお金を出すと、「いままでお世話になりました。これはお借りしたお金です」と、おすみさんにお金を渡しました。
「ようやく塾を卒業し、掛川藩に教授としてお召し抱えになりました。これから掛川に向かいます。いままで本当にお世話になりました。ありがとうございました。」
そして、おすみさんに、こう言いました。
「あなたさえよければ、私の妻になってください」

二人はめでたく祝言をあげました。
そしておすみさんは、冒頭にお話した渡辺華山や、高野長英など、江戸後期のなだたる論客や学者達からも、母のように慕われ、この世を去りました。

まるで、ハリウッド映画でリチャードギアが主演した「愛と青春の旅立ち」そのもののようなストーリーですが、これは実話です。

それと大事な点ですが、日本を代表する学者であり、藩にお抱えになったばかりの松五郎、後の松崎慊堂(まつざきこうどう)が、売春婦だったおすみさんを妻に迎えているという点です。
売春婦です。
いまどきの言い方なら、慰安婦です。
もし日本が、慰安婦を卑しい性奴隷と考えるという風習があったのなら、松五郎がおすみさんを妻にすることはありえません。
しかも時期は、掛川藩に仕官したばかりの状態なのです。

逆にいえば、もし掛川藩が、一般常識として卑しい身分の女性を嫁にするような男性は、大事な藩の若侍たちに教育を与える教授としてふさわしくない、と考えたなら、仕官すら危なくなるはずの話です。
ところが、掛川藩は、松五郎の妻のことを全く問題にしていません。
むしろ、藩の重要な任務となった朝鮮通信使の通訳兼交渉役にさえ、松五郎を抜擢しています。

そしてもうひとつのポイントが、おすみさんが、宿屋の売春婦でありながら、松五郎に仕送りしたり、ごろつきにからまれてカツアゲされたときに、その代金を代払いしてあげたりしている、という点です。

よく、戦後の時代劇などでは、売春婦たちは、子供の頃に女衒によって連れて来られ、年季があけるまで、売春宿の主人に借金漬けにして働かされたという設定がなされています。
要するに、これが嘘だ、ということです。

女衒に買われてきたのは事実です。
仕事ですから、女達にも厳しい側面だって、もちろんあったことでしょう。
けれど、経済的には、彼女達は実に豊かでした。

だいたい当時の売春婦というのは、17歳から22歳までくらいの女性しか働かせてもらえません。
それ以降は、それまでに貯めたお金で、自分で小さなお店を開いたりすることができたのです。
売春婦たちには、それくらいの稼ぎと経済的余裕が、実は「あった」し、それが日本の風俗の伝統でもありました。

昨今、韓国が、日本軍によって朝鮮人女性達が拉致され、性奴隷にされた、などと言っていますが、そうした日本人の風俗感からしたら、まるで「?」です。
そもそも、女性を集めてきたのは、韓国人の女衒たちだし、売春宿を軍の駐屯地の脇につくるものだから、やむを得ず、軍費を使って、女性たちの健康診断までやってあげていたのです。

そもそも日本人の感覚では、売春婦もただの職業女性であり、いかなる職業であれ、職業に貴賤はなしと考えるのが日本人です。
そしてそれ以上に、いかなる職にあっても、人としての矜持を失わず、お天道様が見ていると信じて立派に生きて行くことこそ大事というのが、日本人の普通の感覚だからです。

ですからもし、韓国の韓国人売春婦たちが、日本人からお金を払ってのセックス以外に相手にしてもらえなかったのだとしたら、それはその売春婦達が、人として女性として、尊敬に値する何ものも持っていなかったということです。

ちなみに松崎慊堂(まつざきこうどう)は、酒の席での失敗談は数多く残っていますが、女性問題は、生涯に一度もなかったといわれています。
たとえ売春婦といえども、人として尊敬できるに値する人かどうか。
職業で人を見るのではなく、人そのものを大事にした日本が、ここにあります。



人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

Lost Japan 19 century 2/2


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

KEI

今日は出雲大社の遷宮の日です。
どこの保守系のブログも取り上げていないのですが、今日は出雲大社の遷宮の日で、とてもお目出度い日です。マスゴミが故意に取り上げないのか、何んなのか分りませんが、日本の歴史が始まって以来、出雲大社と伊勢神宮が同じ年に遷宮することは嘗てなかった事です。こんな大ニュースが取り上げられないのは悲しいです。できれば保守系のねずさんのブログだけでも取り上げて頂きたいと思います。よろしくお願いします。明日からも本殿遷座奉幣祭もあります。

<(__)>


【今夜、出雲大社で本殿遷座祭 清祓式など挙行 静粛に本番待つ 島根】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130510-00000083-san-l32
太字の文

古希のネトウヨ

No title
百姓が武家に取り立てられ 売春婦が武家の嫁になる。
天皇が田植えをし 皇后が機を織る。
そんなことは日本では 当たり前のこととして認識される。
しかし 世界では驚天動地のことで とても信じられることではないのだろう。
だから シナ朝鮮が世界中に言いふらしている 汚辱にまみれた想像力で捏造した歴史の方が受け入れやすいのではないか。
奴隷貿易 植民地からの収奪 原爆 焼夷弾による非戦闘員の虐殺 シベリア極寒地での捕虜虐待etc.etcあげくでっち上げの裁判に名を借りた報復。
それらを正当化してくれるのが シナ朝鮮のやられたやられたと言うプロパガンダなのだろう。
最近のアメリカの言い様を聞いていると そのように思えてくる。
戦争はすでに始まっている。 それも日本が不得意とする宣伝戦の形で。 
世界は 我々が期待するほど 良心的でもなければ 良識があるとも思えない。 そんなことに最近気づいた。
 幸い今日本には経済力がある。これを奪われないうちに非武力戦を戦う知恵を出さねばならないと思う。
 それに関しては シナ朝鮮を 見習っても良いが 人を騙してはいけないと教えられている日本人には難しいかな。 

にっぽんじん

侵略国家シナ
21世紀において他国を侵略している国は3カ国です。シナ、ロシアそして韓国です。中でもシナの侵略は止まるところがありません。日本、インド、ベトナム、南シナ海諸国、各地で領土紛争を起こしています。

領土紛争だけではありません。内蒙古、ウイグル、チベットはすでに侵略を終えて民族文化を破壊し続けています。ブータンは知らないうちに国境が漢民族に侵されています。ロシアにおいてもシナ人の人口侵略が問題になっています。

戦後の秩序を破壊し続けているのがシナです。そのシナが沖縄諸島の領有権は日本にないと発表しました。シナ政府は「学者の論文だ」と関与を否定しているが関与なしに国営紙面に載せることは難しい。

日本の新聞社も反論を出して欲しいものです。
サンフランシスコ講和条約で、日本は台湾に関して処分権を連合国に提供したが、領土の割譲は行っていません。条約以降、連合国も日本も台湾の処分先を決めていません。つまり台湾はいまも日本であり、台湾にいる1500万人の戦前からいる台湾人は、日本国籍を有する日本人です。

台湾の処分先は未定であり、シナの領土ではないと。民間報道機関が歴史の事実として記事を掲載すればシナは驚くでしょう。シナ政府が何と言うか興味があります。

団塊の世代の後輩

No title
本日もよいお話、ありがとうございました。日本人としての生き様の美学は子々孫々まで伝えてゆかなくてはならないと存じます。誰しもがどこかに不完全なものを持つのが人間ですが“こうあるべきだ!”と思い、日々をそれぞれのペースでつつがなく送るのがよりよい人生というものでしょう、私のライフワーク=武道の道場訓の最後に「人格完成につとむること」がうたわれております。そして私の師は「人格は生きている間は完成しない、その方が亡くなって周囲の人々がその方の人生を振り返り・・“あの方は良い人だった、惜しいお方が亡くなられた”といわれて初めて完成されたといえるのだ」と繰り返し弟子たちに講話しております。どこかの国のインチキ武術と我が国の武道は根本的にこの思想からして次元が異なるのです!ありがとうございました。

伊藤修

外国人登録書廃止され、外国人に住民票を適用することに結び付きます
【緊急!!拡散】大変危険なのでご報告させてく ださ い。恐怖の【マイナンバー法案】は衆議院通過され てしまいました。

マイナンバー法案についてなのですが、あの【公明 党】のホームページに恐ろしさを感じる文言を見つ けました。恐怖の【(似非)人権侵害救済法案】 の再来 のような恐ろしさです。公明党は今はこちらに焦点 を移しました。あの恐ろしい【人権委員会設置法 案】の時にあった「小さく生んで大きく育てる」と いう文言があります。「小さく生んで大きく育てる 」トリックから国民にはわかりにくいのです。そし て「公正取引委員会のような政治からの独立性の高 い【三条委員会】として【特定個人情報保護委員 会】なるものを設置し」監督監視する云々… とあり ます。これが極めて危険です。委員には誰がなるの かによっては大変危険なものとなります。政府は公 明党案を取り入れ方針としました。この表現【(似非) 人権侵害救済法案】や【人権委員会設置法案】に反対 した方なら、その危険性をおわかり頂ける文言です。 【人権委員会設置法案】のように大変危険です。間接 侵略そのものです。マスコミは意図的に報道を小さ くしてます。【人権委員会設置法案】反対の時のよ うな大規模なFAX 電凸を参議院議員にすることが必要 です。各ブログ・Twitterなどで拡散してください。お 願いします。テキストコピーして頂いても結構です。 衆議院で通ってしまったので良識のある参院議員に止 めて頂かないと危険です。この危険性を知らないノ ンポリの議員にも周知して反対してもらう事も大事。 反対する議員の数の多さが大切です。公明党ホーム ページより抜粋しましたので読んでその危険性を理 解して頂けますか。

(以下:公明党ホームページよ りマイナンバー法案に ついて抜粋)

自公両党は、民主党政権が昨年に提出していた法案 を丹念に修正した上で、先日、3党 協議で合意しま した。諸外国は、1990年代から各国 独自のやり方で 番号制度を導入してきました。公明党は「小さく生 んで大きく育てる」姿勢で、個人情報保護に配慮し た日本らしいシステムをつくる必要性を訴え、修正 に取り組んできました。

修正内容は、行政の運営効率化や国民の利便性向上 などの基本理念を確認。制度に対する国民の理解を 得るため、積極的な広報と浸透を図る国の責務を明 確にしました。

さらに、懸念されている情報漏えいを防ぐため、公 正取引委員会のような政治からの独立性の高い「三 条委員会」として「特定個人情報保護委員会」を設 置。マイナンバーにまつわる個人情報について監 督・監視し、行政機関への立ち入り検査などの権限 を付与し、目的外の利用や情報漏えいに関わった公 務員には厳罰を科します。

日本では個人情報全般に関する第三者機関がなく、 先進諸国と比べ個人情報保護の法整備が遅れていま す。そこで公明党は、法施行後1年を メドに同委員 会を発展させ、「個人情報保護委員会」を設置し、 先進諸国並みに個人情報の保護を強化できるよう明 記します。(公明党ホームページより)

はっちょもん

イエス・キリストもマクダマラのマリアと夫婦関係であったと言われています。
後の教皇達が「ふさわしくない」と勝手に隠蔽してしまいました。

「愛」は心のひろさ「寛容」です。
身分の卑しい事など問題としません。

高貴な心です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク