世界が驚いたスゴイ日本

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

世界が驚いたスゴイ日本


動画をひとつご紹介します。

Facebookの方では、先般ご紹介させていただいていたのですが、たいへん評判がよく、みなさんから「感動した」「掃除の大切さにあらためて気付いた」「私たちがあたりまえと思っていることが、実はすごいこだと再認識させられました」などなど、たくさんのコメントをいただきました。

この動画は、サウジアラビアで放送されている「改善」という番組の一部が、いぜんテレビで紹介されたもののようです。

実に感動的なのは、番組のアナウンサーが、日本に学び、自分で感動したことを、そのままサウジの文部大臣に伝え、それがサウジの小学校に大きく広がったという事実です。

日本のテレビ局でも、政治批判の番組はたくさんありますが、番組のキャスターが、こうして「良い事、見習うべき事」について、政治にはたらきかけ、日本をより良くする、日本人を成長させるための働きをしたという話は、私は寡聞にして知りません。

先般のコンゴの話をお読みいただいた方には、お気づきかと思いますが、このところねずブロでテーマとして追いかけていることのひとつが、「人も民族も退化する」ということです。
日本でいう戦国時代まで、安定的で平和な文化を築き上げていたコンゴは、すでに600年、国が荒れた内乱状態が続いています。
人を愛し、平和を愛したはずの人々が、ノルマ要求を満たすために、隣村を襲撃して斬り落した手首を集めるようなことが、現実に起こるようになってしまったのです。

先日、岡野俊昭先生にご講演をいただいたのですが、東京オリンピックで、日本体操は優勝しました。
けれど、次のメキシコオリンピックで、日本は敗退してしまいました。
再び金メダルに手が届いたのは、28年後のことです。
優勝するまではたいへんです。
そして優勝を維持するのもたいへんなことです。
そして、一度転落すると、ふたたび這い上がるには、もっとたいへんな努力が必要になります。

国や民族も同じだと思います。
父祖達の努力によって、世界に誇る優秀な民族に育っても、ひとつのきっかけによって、どんどん退廃し堕落し、民度をさげていく。

多くの人が、人も社会も進歩すると考えています。
けれど、退化することもあるのです。

人や民族が退化するとどうなるか。
仏教用語なのだそうですが、六道(りくどう)という言葉があります。
地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天の6つの世界です。

「地獄の国」は、最低最悪の混乱と悩みと悲しみと苦しみの世界です。
「餓鬼の国」は、飢えて食い物のためになんでもしてしまう国です。人が人の肉を食う。そんなことがあたりまえに行われた、昔のお隣の国あたりかもしれません。
「畜生の国」は、弱肉強食です。上に立つか下になるか。価値観はそれだけしかありません。上にたてばありとあらゆる非道が赦され、下になれば、ありとあらゆるものすべてを奪われる。これまた斜め上あたりの国のようです。
「修羅の国」は、戦いに明け暮れる国です。戦わなければ生きていけない。成功者には、なになにドリームと呼ばれる、ありとあらゆる贅沢が許容され、敗者は何もできない。勝ち組、負け組で天地ほどの差が出るのが、修羅の国なのだそうです。
「人の国」は、人は四苦八苦するけれど、それなりに誰もが喜びを享受できる国です。総中流国家かもしれません。
「天の国」は、勤勉で優れた人々が、優れた社会を構成する国です。自己の幸せだけではなく、周囲や社会に配慮できる人々の国です。

かつての日本は、まさに天の国であったといえようかと思います。
けれどそうした日本を、戦後左翼や反日主義者たちは、集団主義だとか、古いとか、軍国主義とかのレッテルを貼って破壊し、高度成長期の日本は「人の国」に、そして最近の日本は「修羅の国」へと転落しつつあるような気もします。

そうした中にあって、日本にもともとあった素晴らしいものを、このサウジのテレビ放送は、外国人としての新鮮な目で再発見しているわけです。

日本を取り戻すというのは、いちど失った金メダルを、ふたたび取り戻すような戦いなのかもしれません。
けれど、それがいかにたいへんなことであったとしても、やらなければならないことなのだと思います。

それと・・・・
動画をご視聴いただく前に、ひとつ申上げておきたいのは、世界の多くの国では、掃除や片付けは「奴隷の仕事」、つまり下賎の者がすることである、という認識があるということです。
もちろん日本では、大名の子であっても、掃除は自分でさせられました。
ご皇族であっても、小学校、中学校では、他の生徒と一緒にまじって、教室の掃除やグランドの石拾いをします。
それが日本のあたりまえ、だからです。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

某経済学者を始めとする新自由主義者達はさながら修羅の国の手先でしょうか。
過去の日本企業はひたすら自らの利潤のみを追求し、儲けの為なら人の命すら厭わない様な経営方針では無かった筈です。

とおりすがり。

スタジオの反応。
レポーターの大げさな反応、たしかに笑いを誘うんですが、しかしそれにしてもスタジオのタレントの更に大げさな笑いはどうしたことかと。

おそらく半分くらいは「日本ではあたりまえのことなのに持ち上げられて照れている」と思えますが、どうも半分、いや、ほとんどが「ばかじゃないの、くだらない」と本当にネタとして笑っているように感じてしまいます。

実際の小学校では、数十年前でも、サボる子はサボり、まじめにやる子は揶揄されていました。しかし、「社会全体の価値観として」、きちんと決められたことをやることが「いいことである」との共通認識が有りました。

今はどうでしょうか?大人までもが、真面目な子供を揶揄するような風潮に感じます。

どこの国の影響とか政治団体云々はさておき、きちんと本来の日本の価値観を「取り戻す」ことが、子供の将来と日本の未来の為に急務だと思います。

ミッチョン

No title
こちらの記事をアメブロで転載した方がいらっしゃいますが、なぜか運営によって非表示にされてしまいます。
二回試したそうですが、二回ともアップして程なく非表示にされたようですので
私のブログではリンクを貼らせていただいて、どんな対応をするか見てみたいと思います。

アメブロは以前にも、特亜を非難するよりは、昔の日本人の功績を
伝えることに重点を置いていたブログを強制退会させた前科があります。

美しい国 日本

身の引き締まる思いです
『ご皇族であっても、小学校、中学校では、他の生徒と一緒にまじって、教室の掃除やグランドの石拾いをします。
それが日本のあたりまえ、だからです。』
身の引き締まる思いです!

アンノーン@

子供の道徳教育は、まず親がするべきです。“三つ子の魂百まで”です。入園前から、しっかり躾をする。いくら小学校で道徳教育をしても、親がきちんと躾をしていないと“世のため人のため”精神は育ちません。自由にのびのびや、叱らない子育て、なんてただの育児放棄でしかありません。子供は国の宝です。その宝を大切に育てる為には、まず、親が家庭できちんと躾をし、道徳を教えるべきだと思います。

ポッポ

No title
韓国大統領の訪米に随行した報道官が駐米韓国大使館の女性職員にセクハラをしたのは、民族性で驚くまでもない。
しかし、その国の大統領が自国の起こしたベトナムのライダイハン事件を放置する一方で、日本の国にいわゆる従軍慰安婦事件を主張することに不思議さを感じる。

中国と香港は、沖縄と尖閣諸島は中国のものだとする意思を明確にした。
そして、米国は、尖閣諸島の帰属について、明らかにしなかったが、沖縄は日本の領土であると明確にした。
そう思っていたら、過去に毛沢東が沖縄は日本の領土だとしていたことが確認された。ちなみに、毛沢東は、南京事件について田中角栄に気にしていないと話していた。これは、毛沢東が苦労した国民党との戦いでは、日本軍が国民党と戦っていたためで、内心ありがたがっていたからである。

しかしながら、知りたいことは沖縄県民と沖縄県の新聞2紙が中国に領有されることをどう思っているかの感想である。想像するに、併合されたら、沖縄はチベット並みにされるのが確実である。

ところで、フィリピンと台湾との間で、双方が主張する排他的経済水域の重複海域で操業中の台湾漁船がフィリピン船に銃撃され、台湾人船員が死亡した。
もし、フィリピンから米国軍が引き揚げていなかったら、(台湾ではないが)中国が南沙諸島に領土の獲得を考えることはなかったように考える。

マウリーシ・ハーリド・ビン・アルワリード‏@shiriuma

いまだにエジプト=砂漠ってイメージの人がいる
今やイランは不動産大ブーム。数年前からブームだったところに、欧米による制裁により行き場を失った富裕層のマネーも国内不動産市場に流入。数年前にイラン人からテヘランのアパートを購入する事を勧められました。今ではそう簡単には買えない価格に。

カタールも大きなリターンを期待してシリアの現体制崩壊の為に資金を拠出している。カタールが期待するリターンとは何か→地域でのステイタスを高めることもそうだが、天然ガスを「効率良く」巨大市場へ輸出する事。エネルギー輸送のハブとなる事で利益を得られる国もある。

UAEは新興国だが、「らくだビジネス」に関しては超先進国。今、UAEでは美味しいらくだソーセージを開発する為に、政府が研究機関に800万円の研究資金を交付している。

イランのブラックマーケット市場規模は約100億ドル。その内の1割は酒の密輸。

ウクライナの卵製品の最大の輸出先はUAEで、輸出量全体の32%を占める。次に多いのはヨルダンで輸出量全体の28%を占めている。以下、サウジ6.5%、イラン6.1%、エジプト5.6%と続く。ウクライナと湾岸諸国の経済的結び付きが強まっているのも今のトレンド。

イラン人の喫煙率は11%。日本人の19%に比べかなり低い。イラン人の喫煙者がタバコに求める事のトップは「ストレス解消」。以下「仕事の息抜き」「リフレッシュ&リラックス」と続く。

中東北アフリカのインターネットユーザーの7%は、「学校」からインターネットにアクセスしている。

シリア株式市場株価指数は1月から20%以上上昇。売買代金も5倍に増加している。「戦場の投資家」のマネーがジワジワとシリア株式市場に流入中。アサド大統領系携帯電話会社シリアテルの株価も上昇中。

自力で事業を立ち上げるのに最も適した都市に、中東北アフリカからは、カイロ(エジプト)、カサブランカ(モロッコ)、アンマン(ヨルダン)が選出されている。

名無し

勝ち組、負け組、金、学歴、容姿、


勝ち組の人はそりゃ余裕がありますもん、

負け組。持たざるものは結局なにやっても見下されるんですよ。
嫌なこと負の部分はみんな目を背けたい。
それでいいとおもいますよ?駄目なやつは切り捨てる、正しいです。



でもやっぱり
人の国、天の国がいいです。
あなたのブログを読むと何きれいごといってんだ?って気分になります。

一方でこんな世の中になればいいなと元気づけられます



下手くそなコメントお許し下さい。
これからもブログ拝見させていただきます。

KU

日本男子体操の成績について
日本体操が東京五輪で金メダルを獲得し、メキシコで敗退後再び金メダルを獲得するのに28年の月日を要したとの事ですが、男子団体総合の成績についての事と思いますが、事実に反します。

実際は、1960年のローマ大会から76年のモントリオール大会まで、男子団体総合において日本は堂々と5連覇しております。日本体操界の名誉にかけて、ご訂正して頂ける様、よろしくお願いします。

にっぽんじん

偉人に学ぶ
最近見たテレビニュースのことです。アメリカでは「ジョン万次郎」がベストセラーになり、多くの小学校の教材にも使われているそうです。ベストセラーといっても、村上春樹さんの本とは異なります。10数万部売れているそうです。

内容については良く分かりませんが、江戸時代に漂流した日本人の「ジョン万次郎」がアメリカの子供たちに人気があることに驚きました。外国人、日本人に関わらず、偉人の伝記は子供たちの成長に必ず役立ちます。

日本の教育はどうでしょうか。何故か「偉人伝」を意図的に避けているような気がして残念です。今の子供たちが大人になり、「ジョン万次郎」を習ったアメリカ人に「ジョン万次郎」のことを聞かれて答えられない日本人の姿が目に浮かびます。「自国の歴史」を良く勉強しなければ国際人にはなれません。

terag3

世のため、人のためと言う教育が必要ですね
かつての日本は軍国主義、集団主義などと言うレッテルを貼り
これを排除するためと称して個人主義、個人の自由ばかりを追い
求めた結果日本古来の道徳心が薄れ、家族制度まで古いと否定
され人心は荒廃し正に「修羅の国」へと退化、転落したのです。

小学校低学年からの「世のため人のため」と言う、学校教育が
如何に重要かをこの番組のリポーターは、伝えたかったのだと
思います。
その結果が、ガソリンスタンドの店員の対応や、立体駐車場の
考え方なり、公共スペースにおける雨天時の入店、雨傘の対応
就学児童らの通学路に立つ交通安全を確保するボランティアの
保護者達の姿に感動したのです。

彼らにも世界に誇る立派な宗教が有りますが、その宗教を信仰
しながらも今までそのような世のため人のためと言う道徳心に
気付かなかった。こういう意識が根本に無ければ立派な宗教も
何の役にも立たないと言うことに気付いた番組制作者リポーター
も大したものだと思いました。

このたびの、お話を拡散させて頂きます。

湧き水

この動画のサウジアラビアの方から学ぶことのひとつは、
「これからも兄弟や友達の手本になるんだよ」と、
今後の道しるべを示していることです。

偉いね、素晴らしいね、感動したよ、と褒めるだけでは、
そこで満足してしまい、
中には、褒められたことを自慢する子供もでてくるでしょう。

一国の大臣から、皆のお手本になりなさい、と奨励されたのですから、
児童たちもさぞ嬉しかっただろうと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク