倭塾第3回公開講座のご案内



■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

鳥濱トメさんと6人の特攻隊員


以下の日程で、倭塾第3回公開講座を実施します。
今回のテーマは「明治の軍人、昭和の軍人」です。

知覧特攻基地と、富屋食堂のお話は、みなさまよくご存知のことと思いますが、今回は特別ゲストとして第一部において、その鳥濱トメさんのお孫さんにあたられる赤羽 潤(あかばねじゅん)氏をお迎えし、昭和の軍人を鳥濱トメさんと特攻隊から語っていただきます。
また第二部は、私から主に明治の軍人について講演させていただきます。
場所は、東京/浅草の駅前、日付は6月9日です。

みなさまのふるってのご参加をお待ちします。

 記
1 講演名 倭塾(わじゅく)第三回講座
2 テーマ 明治の軍人、昭和の軍人
3 講 師
  赤羽 潤(鳥濱トメ顕彰会) 鳥濱トメと特攻隊
  小名木善行(倭塾塾長)明治の軍人、昭和の軍人
4 日 時 6月9日(日)15時開始
       (受付開始14:30から)
5  場 所 スター貸会議室 浅草
  東京都台東区花川戸1-3-2 井門浅草ビル5F
  http://www.kaigishitsu.jp/gmap/gmap-asakusa.html
6 参加費用
  (1) 倭塾有料塾生   =当日無料
  (2) 日心会有料正会員 =1,000円
(但し当日手伝いあり)
  (3) 鳥濱トメ顕彰会正会員=1,000円
  (4) その他一般参加者=3,000円
  Facebookの「倭塾今日は何の日」の
  グループ参加の方は(4)になります。

7 主 催 倭塾
  後 援 日本の心をつたえる会
  共 催 鳥濱トメ顕彰会

8  講座終了後懇親会を予定しています。

当日、鳥濱トメ顕彰会ご入会される方も1000円で参加できます。特攻の母鳥濱トメの孫 赤羽 潤 が語り継ぐ「鳥濱 トメと特攻隊」、特攻平和観音堂を毎日参拝するトメから直接聞いていた話をそのまま皆様に・・・。


9 お問合せ
 倭塾(メールでお願いします)
 wajyuku@nippon-kokoro.com

《ご参考》
思いやりの心
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1683.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

たぬ

ご自分の耳で、心で、聞いてみませんか??
「特攻の母」といわれるあの鳥濱トメさんがお孫さんに語り伝えた事とは・・・ 

    いまだからこそ

皆様のご参加をお待ちしております。 (日心会 田沼)

貼り付け

No title
最近つくづく思う。1960年代以前の日本の教育が一番すぐれていた。
60年代をかけて大学が駄目になり(大学紛争)、70年代をかけて高校が(学区制と暴走族)、80年代をかけて中学が(校内暴力)、9年代をかけて小学校が(学級崩壊)、そして2000年代に大手進学塾すらも崩壊した

アメリカは戦争で日本を破壊した後、戦後6334制をひいて、ゆっくり順番に日本の教育を破壊していったんだな。1950,60年代までの優れた日本の教育は、戦前の日本の遺産だったわけだから

越智富雄

日本男児は桃太郎に、大和撫子はかぐや姫になれ!
日本人は、桃太郎の子孫です。
今の日本は、鬼の子孫に謝罪しろ、賠償しろ、と責め立てられている桃太郎の子孫のように見えます。
鬼の子孫から見れば、桃太郎こそ“オニ”であって、残虐非道なのでしょう。
桃太郎の子孫が、鬼の子孫にいじめられているなんて、笑い話にもならない!
侵略者を「鬼」とするなら、今、日本を侵略しているのは誰ですか!そして、「侵略者」の汚名を、断じて日本はすすがねばならない!真実の歴史教育、外国への発信。国力の増強(国民の知力・体力の増進も)。国威を発揚すべし!
日本は、桃太郎の立場を貫くべきだ!鬼は退治すべし!
その退治の方法は、みんなで考えよう!軽挙妄動は慎むべし!
私が思うに、桃太郎とは最高の男性、かぐや姫とは最高の女性のこと。日本男児は一人一人が桃太郎、大和撫子は一人一人がかぐや姫になりましょう!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク