覆面パトカーに思う

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

覆面マークX01
覆面マークX02


上にある写真は、関東・中部・関西の都府県警高速隊に新たに配備された高速道路の覆面パトカーなのだそうです。

このクルマは、ベース車両が、マイナーチェンジ前のマークX3.5プレミアムで、 搭載するV6エンジンは318馬力、車両重量はクラウンより約100kgも軽いのだそうです。
車重が軽いということは、それだけ高速性能が高いということで、まさに走るロケットと言ったポテンシャルを持ったクルマなのだそうです。


パトカーマニアたちの推測では、民主党政権下の昨年3月に警察庁が 「交通取締用四輪車(高速II型)16台」を一括調達するべく一般競争入札を行い、トヨタが5670万円で落札したのだとか。
落札額から換算すると1台あたりの価格は、約354万円 (つるしの新車価格は337万円)の車両になるのだそうです。

そしてこのクルマは、年明けから本格的に稼働し、その存在がほとんど知られていないため、現在、秘匿性は最強で、各地の高速道路で入れ食い状態なのだそうです。

これについて、私は、素朴に疑問を持っています。

私は警察が500馬力でも千馬力でも、世界最強のパワーと超のつく高性能を持つ車両を導入することには大賛成です。
いかなる世界最高峰のクルマを持ってしても、日本のパトカーを振り切って逃げることはできない。
それだけの高性能のクルマを、日本なら作れるし、それが実際に警察と民間、両者の協力によって研究し、開発され、それが日本の最先端技術となって世界中から絶賛され、日本車がひっぱりだこになり、経済が発展し、世界中から悲惨な交通事故をなくすことに一役も二役も買えることにもつながるとするなら、こんなに素晴らしいことはないからです。

けれど、それはあくまでもパトカーとしてです。
覆面パトのような陰湿で卑劣な手段を用いるために、高性能車が秘密裏に採用され、取締に一役買っているというのは、私は、警察がむしろ国民に卑劣を勧奨しているように思えて、怒りを感じます。

なぜなら、それは「取り締まること」と、「交通の安全を確保すること」の目的が逆転してしまっているように思えるからです。

「日本の警察車両からは、絶対に逃げられない」
そのことが国民の常識どころか世界の常識であれば、パトカーが堂々と高速道路に停まっていれば、それだけでドライバーは、注意して違反をしないように努めます。
孫氏の兵法でいう「戦わずして勝つ」です。

このことは、消防署に例えてみればよくわかります。
消防署の役割は、もちろん発生した火災の消火です。
けれど、もっと大切なことは、火災そのものを防ぐことです。
消火活動のために、最新鋭の消防車を配備する。これは市民にとっては、たいへんありがたく、嬉しいことです。
けれど、そうした消防車が出動する事態というのは、その当事者としての国民にとって、たいへんに不幸なことです。

必要なことは、管区内で、絶対に火災を発生させないこと。万一発生しても被害が最小に食い止められること。
これが消防署に求められている役割です。

ですから消防車が、世界最新鋭であることは、私たちにとっては、たいへんに喜ばしいことですし、そのために技術が次々に開発されていくことは、産業の発展という面からも、歓迎すべきことです。

けれど、だからといって、その最新鋭の消防車に活躍してもらうために、あえて火災の発生の危険のある状態を助長し(つまり覆面パトでドライバー達を安心させ)、その上で、その高性能消防車を運用する(ドライバーを捕まえる)、これは、行政としてあるべき姿とは、とても思えない。

なるほど高速道路を通行していると、極端にアヤシゲな危ない強引で危ない運転をしているドライバーにたまにお目にかかります。
他のクルマに幅寄せする、真後ろにくっついて煽る、無理な車線変更を繰り返す、なかには意図的に減速して後ろのクルマをおびやかしたり、極端なものになると、高速道路の真ん中で、クルマを横にして停め、後ろのクルマのドライバーを恐喝するような、とんでもない者もいるようです。
市民の目からみれば、逮捕してもらいたいのは、むしろこういう危険運転ドライバーです。

こういうドライバーを、例えば高速全線でコンピューター解析によってモニターするというくらいの技術は、いまの日本なら十分にできようかと思います。
そしてそういう危険なクルマを、待機所で待ち受けたパトカーが逮捕するというのなら、それは納得です。

けれど、せっかくの高性能パトカーを、意図的に覆面パトにする。
そして捕まえているのは、微細な速度違反ドライバーです。
警察の誘導に素直に誘導に従う日本人のおとなしくて真面目な普通のドライバーを捕まえるためなら、高性能パトカーなんて、そもそも不要です。
何のための交通警察なのでしょうか。

警察の交通行政というものは、単に警察官がポイントのノルマを上げるためにあるものではありません。
高速道路の交通行政に関して言えば、危険運転等によって他の多くのドライバーの安心安全な運行が阻害されることを防ぎ、誰もが安心して安全に走行できる高速道路を維持確保することが目的です。

特に最近では、特アから反日教育を受けて育ったとんでもない、日本の法律など守ろうとする気などまったく持たない外国人が、高速道路さえも通行しているわけです。

繰り返しになりますが、警察が、超高性能車両を導入することは、私はたいへん結構なことだと思う。
しかし、交通行政、ひいては警察行政のあり方というものを、私たち日本人は、もうすこししっかりと考える必要があるのではないでしょうか。

江戸の昔は、警察ではなく、奉行所でした。
警察という言葉が登場したのは、薩長による明治政権ができてからのことです。

奉行所には、与力と同心がいました。
奉行所は南町奉行所と北町奉行所が、交替交替にお役目を勤める輪番制でした。
そして当時の江戸の人口は、約120万人です。
この人口は、ひとつの街の人口としては、当時の世界最大です。
ちなみに2位のロンドンが86万、3位のパリが50万です。

では、この世界最大の街、江戸120万人都市に対して、奉行所の人数はどれだけあったのでしょうか。
奉行所の中でも、必殺仕掛人の中村主水で名前が有名になった「定町廻り同心」が、いまでいう警察にあたる機構です。
何人いたのでしょう。

南、北の奉行所、それぞれに、たったの6人です。
その上に、与力がひとり。お奉行がひとり。
それだけです。
たったそれだけで、江戸は世界一治安のよい街だったのです。

何故でしょう。
それは、発生した犯罪の罪人を捕まえるということ以上に、平素から犯罪そのものを予防し、犯罪の発生そのものを未然に防ぐための町づくりが行われていたからです。

いま、東京の人口は1300万人です。
えどの北と南町奉行所の体制でいうなら、南北合わせて同心120名でことが足りる。
それがいま、警視庁警察は、警察署だけで102、警察官の人数は4万人強です。
それでも犯罪は減らない。
そしてその中で、殺人、強盗、連続強姦致傷等のいわゆる重大犯は、ことごとく韓国人、支那人によるものです。

ところが警察がやっていることは、普通の日本人の微細な違反に切符を切ること。
いまの警察行政には、何か根本的な間違いがあるといえるのではないでしょうか。

高性能覆面パトから、ずいぶん話が脱線してしまいましたが、繰り返しますけれど、私は警察(自衛隊も海保も消防も)が、超のつく高性能車等を保有すること、民間企業と連携して、様々な分野での革新的技術開発を行うことについては、大賛成です。
むしろ積極的にこれを行うべきと思います。
それこそ産業発展のためですし、日本の国際的競争力向上に資するものですし、国益そのものです。

けれどそれが、吊るしのクルマに、ちょっと手を加えただけの、誰でもできるような性能アップ程度という中途半端さで、しかもそうして導入されたクルマが、覆面パトのような、ひとことで言うなら卑劣な捜査手段にのみしか用いられないというのでは、お国の警察庁の仕事にしては、あまりにもくだらなさすぎるように思えるのです。

憲法改正の折りには、是非、こうした点に関しても、検討を加えていっていただきたいと思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

中国の交通事故映像集① Chinese traffic accident compilation


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

キビノコジマ

同感です!
同感です!
私も最近、時間規制のところに誤って入り込み、注意だけで終わるのかと思ったら切符切られました。「悪意はない」ことは、・・・大体3分の2は悪意のない違反だと認めていましたが。
東京1300万、同心120名で事足りる!というのはいいことを教わりました。本来の目的にはまったく関係のない部分に膨大な人材と金が使われていることに、矛盾を感じます。

ミミコ

覆面パトカーが卑怯かどうか?
一面を捉えればそうなのかもしれませんね。
真面目な警察官はまだまだ沢山いると思いますよ。
外国から見れば礼儀正しい方ではないでしょうか?
取り締まり方がうんぬん言うのは外部者には簡単なことですが、必要なものだからこそ使われるようになったのですよね?
それだけ日本における犯罪も卑怯極まりない事件事故が増加しているからではないですか?
それと他の方もコメントされていらっしゃいましたが、エリートコースの幹部が現場経験皆無で君臨している現状が問題なのです。
警察官社会は現在も完璧な縦社会です。
試験だけ要領よく通っただけの経験値ゼロのトップ達が動かしているのです。
それって恐ろしい現実ではありませんか?
こんな人達の下で現場の警察官は働いているのです。もしこのキャリア組が一掃されて、本当の意味で優秀な人材がトップになれば、どんなに良いかと思わざるをえません。

-

No title
警察のパトカーには、頑張って違反車両を取り締まって欲しいと思います。パトカーは覆面でも、普通の白黒でも構わないと思います。
ともかく、高速道路でも、一般道路でも、無法に走る車が自転車も含めて多いため、まともに走っていても危険なことに会うことが多いので、道路交通法や道路運送車両法に違反しているときは、ビシビシと取り締まって欲しいと思います。

ところで、参議院の選挙が近づいてきました。
今回の選挙では立候補しませんが、新党大地の代表である鈴木氏のことです。
鈴木氏は、選挙運動の際にドアに腰掛けて手を振る箱乗りが有名で、毎回のようにテレビで放送されています。この乗車方法は、私がやると間違いなく道路交通法第55条違反で検挙されると思うのです。
警察官が指導すれば、その場で直せることなのにと思うと、不思議です。

参考
(乗車又は積載の方法)道路交通法第55条
車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。
他に、シートベルト着用義務(道交法第71条の3)もありますが、こちらは道路交通法施行例第26条の3の2の8で、公職選挙法に運転する場合に除外規定があります。

ゴルゴ113

交通課がしている取り締まりには理解でしません。
悪質なドライバーよりも、おとなしいドライバーを狙って検挙数(反則金稼ぎ)を増やそうとしているとしか思えません。
最近、増加傾向にあるバイクのナンバープレートを曲げてる連中(大半は在日。)とか、取り締まってるのを見たためしがない。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

-

警察は事実上国家予算の徴収機関だから。

越智富雄

私がこの世に生まれたのは、松岡洋右のお蔭かも。
昨日、親戚の散髪屋でカットしてもらいました。
散髪後、他の客が居なくなったので、その親戚の人と、家族の近況などを話していると、祖父が東京にいた頃の話が出ました。戦前のことです。
当時外相をしていた松岡洋右(まつおか・ようすけ)は、祖父の散髪屋の常連だったらしいです。戦況が芳しくなくなって来た頃(ということは、その頃はもう外相ではなかった?)、松岡さんが「越智君、日本は恐らく、この戦争に負ける。もし君に田舎があるなら、東京を離れた方が良い。東京は滅茶苦茶になるだろう。君だから言うんだ。」と帰郷を考えるよう、説得されたそうです。
祖父は、東京で数軒、散髪屋を経営していましたから、一大決心が要ったでしょう。祖母が体調を崩していたことも要因となり、子供三人と共に、愛媛に帰ったのでした。
この話をしてくれた叔父は、その時生まれていませんでした。すぐ上の兄・私の父の弟から聞いたそうです。
私の父は当時、10歳前後だったのでしょう。祖父は、松岡さんより25歳年下でした。父は松岡さんを見かけると、「ようすけ!」と呼び捨てにしていたらしいです。日本の特命全権大使まで務めた人を、失礼な話です。
ともかく、祖父が子供たちを連れて愛媛に帰ってこなければ、ひょっとすると、私の目の前の叔父も、私自身も、この世に生まれて来れなかったかも知れない。そう考えると、松岡さんには感謝してもし切れない!散髪の後の爽やかさと、この話を聞けて、日曜の午後は、心豊かな時間を過ごすことが出来ました。
松岡洋右は悪人だったとか、昭和天皇に嫌われていたとか、とかく言われていますが、私は、松岡洋右氏を擁護します!
「大東亜共栄圏」とか「満蒙は日本の生命線!」とか、氏の遺した言葉は、ひじょうに含蓄が深い。「アメリカ人に殴られたら、必ず殴り返せ!民族の誇りを見せつけろ!」という精神も。
松岡氏はクリスチャンであり、「十字架に磔された救世主を信じる。その復活を信じる。」と公言しています。私が思うに、氏は、日本こそ、世界の救世主と感じていたのではないでしょうか?
松岡氏が心に描いた日本の未来・世界の未来は、現在の我々が目指すべき日本であり、世界なのではないでしょうか?
松岡氏は弁舌において、あのヒトラーにけして引けを取らなかったそうです。ヒトラーもタジタジだったと。痛快ではありませんか!
私は、松岡氏の精神を継承して行きたいと思います。これは、松岡氏に負い目を感じているからではありませんよ!
あ、ちなみに、私の父も散髪屋でした。でも子供達は誰一人、散髪屋を継ぎませんでした。散髪屋をやめたことが、父の一大決心だったのです。そのおかげで私は、色々な分野の知識や職業に関わることが出来、現在に至っております。それらの一切は、無駄ではなかった。現在の状況を理解する糧となっています。父の英断のおかげです!(少し大袈裟でしたか…。)

ミナミは北朝鮮

プロドライバーを捕まえない覆面パトカー
小生は 免許取得後 約30年、内、10年ほどは 高速道路で 朝夕 通勤していました。 自身も2度ほど 覆面パトカーに捕まった事があります。
同じく 運悪く 覆面パトカーに捕まっている自家用車は 毎日のように見かけましたが、トラックや 高速バスなどの 営業車が 捕まっているのは たった 1回しか 目撃した事がありません。
トラックや バスなどの営業車・商業車が 捕まる割合は 自家用車の 数十分の一だと 思います。大型は 80キロの制限速度のはずなのに 100キロ、120キロで 走っていても 滅多に 捕まってはいません。トラックなどは 無線で 覆面パトの情報を 教えあっているとしても 異常に少ない検挙率ではないでしょうか。
警察の退職後の 再就職先に バスやトラックなどの 運輸関係も 多いと聞きますが、 もし、お目こぼしが 有るとしたら 問題でしょう。

airsus

No title
昔は警察をはじめ国民のために身体を張って仕事してくれている方々に尊敬の念をもっていました。
 しかし、実際に事件に遭遇するなどして、会ってみると、
親方日の丸のぼんくら公務員と大差なし。
 特に警察はだらしない。人間として問題あるひとが多すぎる。
職務怠慢、傲慢とは警察官のための言葉かと思うくらいだ。
 それは国民がそうさせているという点もあるだろう、
無礼な輩に付き合っていられない警察官も多いと思う。
けれど、本文中にあったように取締り易い対象を選んで仕事しては
警察の仕事はいけないのだ。
もちろん中にはいい人もいる。でも国民の立場からすると
中にはダメなひともいる、ぐらいであってほしい。
軽四の女性ばかり取り締まってんじゃねぇよ
たまにはベンツ止めてみろ、見たことねぇぞ。
と警察関係者に言いたいですね。

読者

元凶は東大法学部
と思うのですよ。三島由紀夫氏もそう考え、自らそれを証明すべく首席で卒業してみせた、と言われています。到底まねできない離れ業ですが。
 面パトは公安には必要でしょうが、使い方がまちがってますね。
今回のエントリーとタイトルは関係があると思うのです。高校の同級生で柔道・剣道の猛者が何人も県警に奉職しました。彼らは今思い出しても心身ともに屈強なサムライでした(いま中堅幹部でしょうか。)
 しかし実際の警察行政を司るのは、ほとんどが東大法学部を卒業し、ペーパーテストだけの能力で階級を手に入れるキャリア組です。現場警察官の最高位とされる警部補からいきなりスタートし、ほとんど現場を知らぬ試験秀才のまま出世してしまうのです。
 彼らはいかなる失敗をしようが一切の責任を取らず、問われる事も無く全てをノンキャリアに被せ、何食わぬ顔で巨額の退職金を手にしてはパチンコ産業に天下りするのは皆様もご存知ですよね。
 どんな組織だってリーダー不適格者に規則規則でがんじがらめにされれば、現場の士気もガタ落ちになりますよ。警察官の自殺率は異常に高いと言われています。不祥事だって起きるでしょう。その不祥事にしたって、公表されるのはノンキャリアの警視(警視正以上は国家公務員扱い)以下だけです。警察官僚は、面パトの件でも然りですが一般国民と現場警察官とを意図的に反目させようとしているのか?と勘ぐってしまいます。
 この構造は警察に限ったことではありません。明治以来の病巣です。近代化途上においてはこのシステムも必要だったのかも知れませんが、いまは人心荒廃と社会停滞の元凶となっています。(東大生の親は殆どが高学歴の富裕層です)占領期の米国が悪意を持って意図的に放置したのかもしれません。なお全ての省庁で、キャリア官僚の大部分がまず米国に留学させられ思考をアメリカナイズされている事も指摘しておきます。
 不運にも「ゆとり教育」を受けた世代から「技術立国日本」は崩壊する可能性がありますが、この立案者たる寺脇某も東大法学部卒で教育現場を全く知らない文部官僚でした。日本国家に与えた被害は算定不能ですが、一切の責任を問われず取らず、映画評論家として悠々自適の毎日を送っております。
 このシステムこそが亡国の元凶と思うのです。陸士・海兵が潰された為にタナボタ式に特権を得た東大法学部は「護憲既得権」の元凶ともなり現在に至ります(他大学の法学部は全て東大法学部の亜流です)
 長くなってしまい話も飛んでしまいましたが、問題提起をさせていただきました。

愛信

西村慎吾先生応援のお知らせ
西村慎吾先生応援のお知らせ
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi

【要請書送信先国会議員一覧】に
http://www.aixin.jp/yskgd.cgi
無諸(衆)__ 西村 慎吾 近 畿 大阪17 -回 tokyooffice@n-shingo.com
を登録しましたのでお知らせいたします。
(立候補(衆/参)選挙区など確定しだい変更いたします。)

西村眞悟ホームページ・ネット献金・浄財募集!は
http://www.n-shingo.com/kenkin/application.php
こちらからどうぞ。

尚、メールアドレスが登録されましたので、
【国政に対する要請書】から要請書を西村先生へ送信できます。
http://www.aixin.jp/ysk.cgi
みんなの声【国政に対する要請書】コメント一覧はこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

【関連情報】
H25/4/16 衆院予算委・西村眞悟【外交・安保等集中審議】
ttp://youtu.be/kM-ZhkvzyQM
(動画)

今度の選挙7月21日からインターネット選挙戦と成りますので、有志の応援をお願いいたします。

にっぽんじん

歴史認識問題への大きな一石
橋下大阪市長の慰安婦発言が波紋を広げています。「慰安婦問題は日本だけではない」と大きな一石を投げました。それに対して多くのマスコミや政治家が批判しています。女性に対する人権侵害だと怒っているようです。

この問題は放置しても解決しません。橋下市長を攻撃できるマスコミは大喜びです。が、喜びが不安に変わるのではないでしょうか。橋下市長がベトナム戦争時の韓国軍の残虐な行為を取り上げました。

韓国政府や日本のマスコミが取り上げたくない問題です。慰安婦問題の騒ぎが大きくなればなるほど歴史の真実が明らかになってきます。日本にとっては追い風になるのではないでしょうか。

橋下市長を攻撃している韓国政府やマスコミがどう対応するのか注視しています。攻撃を止め、無視するのではないかとも思われます。その場合は、国会の場で明らかにすべきです。世界に慰安婦問題の矛盾を知らせる良い機会になるのではではないかと期待しています。

市川蟹蔵

西村代議士も[i:63679]
西村眞悟代議士も、「眞悟の時事通信」で覆面パトカーの取り締まりについて疑問を呈しておられました。
私も騙し討ちのような交通取り締まりは、止めてもらいたいと思っております。

terag3

警察行政に、もの申す
まったく仰るとおり、覆面パトなど卑劣な行為です。

さらに申し上げれば交通取り締まりのやり方が酷いです。
ネズミ捕りもしかり、また、モノ陰に隠れていて見張る一時停止
違反の取締り、警察の言い分では一時停止線では、確実に止まる
ことを習慣づけるためとか何だかんだと言いますが、ノルマを
稼ぐための言い訳にしか過ぎません。

また大きな店舗に入る際、道路から歩道を横切って店舗前の
駐車場にバイクなどで入っていく際、または出る際にバイクに
乗ったまま、エンジンを掛けながら運転して歩道を横切り一般
車道へ出て行くと、即座に警察官が追いかけてきて歩道を運転
したと言って反則切符を切られます。

大型バイクなどでは歩道から駐車場まで若干、上り坂のような
勾配がついている場合、バイクから降りて押しながら、その坂を
上っていくのは大変なことで、そのような車種によっても違う
という対応を求めたいのですが、そのような融通は一切効かせて
くれません。とにかく歩道は、バイクから降りて押して歩けという
一点張りの杓子定規の対応なのです。

とにかくなんでも交通違反を見つけて反則金を稼ぐ事、ノルマを
課して末端の警官にその行為を奨励するのは、本来の交通安全を
守るという目的からすれば、本末転倒ではないでしょうか。

それよりもっと酷い交通違反の摘発に力を入れるべきです。
4輪でも、バイクでも改造車のめちゃくちゃな奴を平気で
乗り回して、騒音をばらまいているのがいます。

いわゆる暴走族への警察の対応は、腰が引けています。
それに比べて、我々大人しい庶民には厳しく対応するとは
何ぞや!それでも正義の味方なのかと憤懣遣る方無き思い
をしているのです。

何しろ私は、若い時からのオトキチ(バイク好き)なので
特段、警察の対応には不満が鬱積しているのです。

これは良記事

No title
こういう日常の事柄を切り口に、
国家を語る記事は大いに為になります。
あと、覆面より普通のパトカーの方が
ずっと抑止効果があると思います。
by運送業者より。

下町キング

覆面P
いつも興味深く読ませて頂いています
覆面パトカーの件ですが、私は必要だと思います
パトカーを常時走行させて抑止とするには逆にコストがかかるのではないでしょうか
覆面パトカーがいるかもという思いがスピードの抑制に繋がると思います
その為に時折捕まるスピード違反車は良い宣伝材料になっていると思うのですが
それより私がいつも苛立つのはTV「警察24時」での暴走族追跡についてですが、あれこそ銃を使用する事によってすぐに解決するものと思います
(勿論、警告の上、一般市民が巻き添えにならないことを第一にして)
撃ってこないとわかっているからの行為です
自分の横を掠め飛ぶ銃弾
平和ボケの輩にお灸を据えてやるいい機会だと思います
話はそれましたが、今後共日本の大切なお話を楽しみにしています

お猪口

一時停止違反で白バイに捕まった事があります。白バイが、違反するのをソレ待ってました!とばかりに飛び出して来たのがとても不愉快でした。元は私の不注意が悪かったのですが。
警官の存在を示して注意を促すよりも、隠れて捕まえて罰金を取る方式でないと、違反が減りにくいのかも知れません。
近所に信号無視ドライバーが多い信号があります。歩行者用信号が青で横断歩道を渡ろうにも、信号無視の車が通過します。警察に電話しても、小学校のPTAを通じて取り締まるよう要望を出しても、何も変わりません。事故が起きるまで動く気が無いのでしょうか。全く腹立たしいです。

-

No title
橋下大阪市長は数ヶ月前にいわゆる従軍慰安婦問題について発言し、そのときに従軍慰安婦と対話するとまで話をしていました。しかし、そのときにはいわゆる従軍慰安婦の支援者は何の動きもとりませんでした。多分、橋下氏がそのような反従軍慰安婦の行動をとるとは考えていなかったのだと思います。
そして、今回の橋下氏の発言です。今回は、いわゆる従軍慰安婦の支援者が従軍慰安婦と称する連中の準備をした後に、橋下氏に質問を仕掛けたのではないでしょうか? そうでないとすれば、この時期に橋下氏がいわゆる従軍慰安婦問題について、発言する理由がありません。
従って、橋下氏は、いわゆる従軍慰安婦を支援するマスコミ等に填められた気がします。
橋下氏を嫌いな方は、それでもいいと思うでしょう。しかし、今は非常に困る時期だと思います。この3月8日に中山成彰氏が国会の予算委員会において、見事に従軍慰安婦のでたらめを証明されているのです。
それなのに、万が一、橋下氏が従軍慰安婦と称する連中に頭を下げるようなことがあったら、中山成彰氏の成果がぶち壊しにされることになります。辻元や福島が高笑いをすることになります。
橋下氏はいわゆる従軍慰安婦と称する連中に対して、強制的に慰安婦にされたのではないとしています。そして、慰安婦はあったともしているのです。(任意の売春慰安婦はあったと認めています。)
ですから、橋下氏の言っている内容は、中山成彰氏の主張とほぼ同一としていますので、韓国から来日した2名の元慰安婦には、これまで通りの主張をしていただきたいと思います。
韓国人はねつ造でも、偽造でも、泣き落としでも、事故の主張が通るためならば何でもします。これに騙され、、脅かされないようにしていただかないと、中山成彰氏の苦労が水の泡にされると考えます。
橋下氏と中山成彰氏は、同じ政党の共同代表と国会議員ですから、よもやのことはないと信じていますが、反日マスコミの手にかかると大変だろうと思っています。

韓国は、2002年に売春禁止になりましたが、自国で禁止になったからとして、韓国人は今日でも日本に売春で稼ぎに来ますし、アメリカへも日本人だと称して売春で稼いでいます。そしてオーストラリアへも・・・
韓国人から抗議されるのを防ぐためでしょうが、それを指摘した西村真悟氏を除名するのなら、その前に韓国人売春婦を摘発して罰を与え、その実態を把握して公表することが、国や政治家の勤めだと思います。
どこの国の政党が、外国人売春の実態に対処せず、愛国日本人を指弾するのか・・・・私には、橋下氏よりもこちらの方に、腹が立ちました。

名無し

No title
警察もいい加減、ノルマとかマイナス評価のみとかは
止めるべきだと思うんですけどね。
これも、『この方が安全で点が稼げるから・・・』という意図が
見え隠れします。
長野聖火リレーで暴れまくって、明らかに道交法違反していた
中国人は何人捕まえたのやら・・・

ねずファンですが

覆面パトカーに捕まりましたか?
私は羽横線で60㎞制限のところ90㎞で捕まりました。
走行レーンは80㎞位で、追い越し車線は自分だけ。

確かに、何で!?と思い怒り心頭でしたが、よくよく考えると私が捕まる事により他のドライバーが気を付ける効果があるのでしょう。
私が見ても、あ、居るんだな今日は気を付けようって思います。

そもそも、交通警察と消防は役割が違うのではないでしょうか。
交通警察は抑止力で未然に防ぐ。消防は注意喚起・消防法の監査で未然に防ぐ。
消防も、定期監査、抜き打ち監査があるように、交通もパトカー、覆面の両方あってもいいのではないでしょうか。
生意気な事言ってすいません。
更新頑張って下さい。楽しみにしています。

韓国の自滅外交

■ニューズウィーク誌 「韓国の自滅外交」 アメリカ頼みはもうやめろ!
■ニューズウィーク誌 「韓国の自滅外交」 アメリカ頼みはもうやめろ!

韓国の自滅外交
2013年5月28日号(5/21発売)

歴史問題を理由に日本たたきを繰り返す韓国──
隣国を袖にする近視眼的な外交の末路とは

外交 日本外しを狙う韓国の誤算

分析 「仲間外れ」が生んだ電撃訪朝

アジア アメリカ頼みはもうやめて
http://www.newsweekjapan.jp/magazine/101166.php
http://www.newsweekjapan.jp/magazine/assets_c/2013/05/cover0528-thumb-200xauto.jpg

みるる

高速の逆走に遭遇
こんにちわ
高速を利用しているとたまに困った運転の人に出会います
車間距離が短いのに蛇行と走行レーンの移動とかよく見かけます
自分的には覆面ありかなと思う事もありますが
うちの町内のお年寄りは現場に向かう覆面パトカーを停止させちゃった人がいます
珍しいから路上に何人か飛び出して進路妨害です
覆面の意味も分からなかったとかでお咎めなしでした。
怖いのがパーキングエリアにおける逆走ターンです
たまにいるんですパーキングエリアに忘れ物を取りに来るために逆走とか
パーキングエリア出口で2回遭遇した事があります
バイクがいきなり逆走です怖いと思いました。

団塊の世代の後輩

No title
私の大事な知人(といえば誰かは察しがつくかな・)が数年前、海上保安学校に合格し入学してすぐに学級長に抜擢され担任の教官に頼まれたことは「全国に展開する海上保安官の総員は陸の警察官に比べ圧倒的に少ない(愛知県警よりも少ない!)、よってこの貴重な保安学校新入生が一年間の訓練期間中に脱落しないよう説得してもらいたい」とのことでした。その説得もむなしく何人かの仲間は脱落していったのですが、海の警察官としての使命感は知人とその同期達は保ち続け、尖閣のバカシナ相手にも冷静に対処し続けております。陸の警察官達も私の弟子も含め、その職についた動機はゆるぎない「正義感」でした・・しかし善良なドライバーをだまし討ちにする交通取り締まりだけはいただけません・・確かに何とかしてほしいものですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク