倒壊する支那の高層建物



■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

倒壊し廃墟と化した集合住宅


先日テレビで興味深い番組がありました。
現代支那のことです。

支那ではいま、次々と、立派そうな高層マンションや、大規模なショッピングセンターが建設されているのですが、そのために、もともとその土地で農業をしていた人たちが追い出され、貧困生活を余儀なくされているというのです。

最初の用地買収の話が来た時には、田畑を失ってもちゃんと仕事を斡旋するから大丈夫という話だったらしいのです。
ところが実際に家を立ち退いて、工事が始まると、そこに住んでいた農民達は飯場みたいな粗末な家に押込まれ、与えられる仕事も、まる一日働いても数百円にしかならないようなものでしかないというのです。

そしてたまらずその飯場を抜け出して、橋の下などにテントを張って、そこでまるで乞食のような生活を余儀なくされている、というわけです。


農民達は、それまではお金がなくても、自分の土地があったから、そこで食べ物だけは確保できました。
ところが農地を失い、職までも失ったいま、もはや乞食のような生活しか残されていない。
棄民として死ぬしかないというところまで追いつめられているというのです。

なるほど中共ならありそうな話です。
ところが、さらにすごいことが報道されていました。

農民から農地を買収して、そこに大型のショッピングセンターや、巨大な集合マンションが出来上がります。
ところが、出来上がった大型ショッピングセンターは、いつまで経っても店が開かず、廃墟になっている。
そして並みいる大型の集合マンションは、入居者がほとんどゼロに近い、と、番組ではここまでが放送です。

何が起こっているのでしょうか。
単に買い手が着かない?
もちろん、それもあります。正しい答えです。
けれど、ちょっと不足です。

一般に買い手が着かないのは、値段の折り合いがつかないというのが、理由です。
けれど、問題の大規模商業施設や、集合高層マンションなどは、ただ買い手が着かないというだけではないのです。

どういうことかというと、この廃墟となっている建物群は、外見こそ立派そうに見えるけれど、内部はいつ崩落するかわからない危険な状態にある、ということなのです。
はっきり言ってしまえば、そこに人が住んだり、お店を開いたりすることを前提として建物が建築されていないのです。
つまりこれらの建物は、最初から「それらしい外見」を持っているだけで、「人が住めない」、いわばハリボテの建物なのです。

これは一般に考えれば、実におかしなことです。
マンションや商業施設は、出来上がった施設に人や店が入るから、つまりそこが「売れる」から、造った業者は儲かるのです。
誰も入居しないのでは、建物を建造する施主は、まる損です。

つまり、工事業者は、ちゃんとした建物を造るから、その建物が売れて、儲かるのです。
にもかかわらず、最初から入居できない手抜き建造物を建てるということは、建築業者自身が、出来た建物を「売る」ことを、前提にしていない、ということなのです。

これはいったいどういうことでしょうか。
出来た建物を売らなくてもカネになる。
建物を造った「フリ」だけしておけば、カネになる。
そんなことがあり得るのでしょうか。

実は、あるのです。
日本が関係しています。

日本から、様々な名目で中共政府にお金が渡っています。
たとえば日本政府から、都市開発基金として50億のお金をGETしたとします。
本気で、当該エリアにマンションや商業施設を造り、町づくりまでやったら、資金はもっとかかります。

けれど、カタチだけ、それらしい施設を造り、人が入らないようにしておく。
「なぜ誰も入居しないのですか?」と聞かれたら、鋭意努力して売っているけれど、なかなかむつかしい。原因は道路や鉄道にある。その道路や鉄道を引かないと、人は入居できない。だからもっとカネをくれ」
となるわけです。

そして施設そのものは、目一杯の手抜き工事をして、5億円くらいでカタチだけそれらしい施設を造っておく。
総額50億円から、工事費が5億、間を取り持ってくれた日本の団体や政党などへのキックバックが2割で10億、残りの35億が共産党幹部たちの取り分です。

ですから、施設工事など、単に日本からの援助金を得るための名目でしかありませんから、施設が完成する必要もないし、そこに商業者や居住者が入居してくれる必要さえない。

そしてこんな茶伴のために、支那の農家は、土地を奪われ、仕事を奪われ、まるで棄民扱いを受けている。
そして利権に群がる、ごくごく一部の者達だけが、いたずらに悪銭を稼ぎまくる。
これが、いま支那で行われている現実です。
なんのことはない、日本の経済協力金は、支那の民衆の生活を良くするどころか破壊しているのです。

「政治は誰のため?」
この問いは、人類の永遠の問いであろうと思います。
そして過去、多くの国において、ごく一握りの人々の利権のために、多くの名もない民衆が土地を奪われ、食を奪われ、職を奪われ、財を奪われ、そして命さえも奪われ続けてきました。

政治が常に「民百姓のため」という原点に忠実だった国は、世界の中で、もしかしたら、日本だけといえるかもしれません。
特に、支那、朝鮮においては、政治が民衆のためであった時代は、日本が統治したごく限られたわずかな期間だけです。

私たち日本の保守派の人たちは、おそらく誰もが政治は民衆の幸福のためと考えています。
けれど特アでは、古来、政治が一部の利権者のためだけに民衆を利用する方向に機能します。
日本に巣食う、反日左翼も同じです。

口先で何を言おうと、みせかけの綺麗ごとを並べるだけで、その本質は政治にかぶれて一部の利権者たちだけのための利得を図っているにすぎません。

慰安婦問題など、その典型です。
この世には、男と女しかいないのです。
若い性欲盛りの男ばかりの軍隊にあって、男たちが女性を欲しがるというのは、ある意味無理からぬことです。

ですから日本の軍隊は、戦地で現地の女性たちに万一の被害が出ないように、日本人の商売人の女性たちの施設が駐屯地の脇に設置されることを容認しました。
ソ連のベルリン侵攻や、支那人民解放軍のチベット侵攻、あるいはベトナムでの韓国兵などは、女性は現地調達です。というよりも、戦勝時における兵たちの報酬として、現地の女性たちを蹂躙することを、むしろ奨励していた節さえある。それこそ女性蔑視もいいところです。

これに対し、日本は、軍における性の必要性から、民間業者が商売の女性たちを連れて来ることを容認しました。
ただし、それは基本的に日本人女性です。そして当時、朝鮮半島は日本でした。
さらに軍は、女性を連れて来る女衒達が、非道な連行や拉致、騙して連れて来るような不正を厳しく何度も取締り、さらに実際に商売を行う女性たちについては、軍医によって性病等の感染症や健康管理について、細やかな健康診断を、しかも毎月実施しています。

綺麗ごとを言うなら、売春宿などないほうがいいとなるかもしれません。
しかし、たとえは悪いけれど、それは綺麗で清潔な室内環境を保つために、不潔なトイレは家屋に設置しない、といっているようなものです。
トイレのない生活が、現実に可能なのでしょうか。
同様に、人間からセックスを取り上げるということが、正しいことなのでしょうか。

そういうきれいごとではなく、現実のなかで、民衆の幸せを追求していく。それが政治の本質だと、日本人は誰もが思っています。
ところが、一部の偏向者、政治かぶれ、あるいは共産主義かぶれ、反日かぶれの人たちは、ごく一部の人たちの利権や利得のためだけに、政治を利用しようとします。
そしてその際、民衆を煽動するために、きれいごとを並べたがる。

思想のために人を殺すことを正義と考える、あるいは人に対して非道をなすことを正義と考える人たちがいます。
間違ってます。
思想は「人のため」にあるのです。
思想のために人があるのではありません。

中共政府の間違いは、ここにあります。
中共政府という思想体が大事であって、そこに民衆の幸福という概念がない。
そういう国家は、国家の名にさえ値しません。
単に、一定の地域を「◯◯党」という名前の暴力団が、勝手し放題してのさばっているだけの無法地帯です。

日本はいつまで、そんな暴力団と後生大事に付き合うのでしょうか。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

衝撃映像 建物突如倒壊―中国で謎の倒壊事件が続発


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

こはる

No title
如何に隣国でも、中韓両国に日本が関わって日本国民のためになる事は何も無い、と断言しても良い程だと思います。
南朝鮮に安倍内閣は「価値観を共有する重要な隣国」と言いますが、反日国と価値観を共有する日本とは、政府も反日になる事ですから、上辺の言葉飾りは止めて、もういい加減現実路線で近隣諸国に対して戴きたいです。

桜子

No title
108年前の今日5月27日は日露戦争、日本海海戦の日です。
司令長官東郷平八郎大将が座乗する旗艦「三笠」の檣楼トップにZ旗をはためかせ、覇権国家ロシアと戦い勝利しました。

日本海海戦はご承知の通りですので省きますが、あの時代も日本には後が無い、まさに日本存亡の危機に瀕していました。
先人達は勇気を持ってそれに立ち向かい勝利しました。
そのおかげで今の日本があります。
何時の時代においても、命を賭けて日本を護られた英霊の皆様に感謝します。

時代は違え、事柄は違え、日本存亡の危機はさほど変わりが無いと思います。
今の日本も後が無い、それほどまでに日本は崖っ淵にいます。
表面立って、つまり鉄砲玉が飛んでこないだけで、情報戦争の真っ只中にいるのは確かです。

日本に巣食う反日勢力のプロパガンダに惑わされること無く、日本国民の一人一人が自分の目で、耳で、心で考え、行動しないといけないのではと思います。

皇国の興廃この一戦にあり、今こそ日本人の心にZ旗を掲げ、国難に立ち向かう時ではないでしょうか。

ポッポ

No title
中国で高層団地やショッピングセンターが建設されているのは、新しい居住者に向けての需要があると思っていたのですが、これにインフラが必要だとして援助資金を要求する方法があり、その資金から個人的手数料とキックバックを得るというのは、よく考えられた手法ですね。想像できませんでした。
中国は、元来が賄賂の国家で、もらい方も、渡し方もプロですから、これに引っかかる方が悪いと考えています。

中国への無駄とも思えるODAを国家予算として組んだときの大半は、自民党政権だったと思います。インフラ整備を元に地元への利益誘導、票の獲得とキックバックの構造が嫌いだったのですが、外国向けには、それ以上に露骨にキックバックを得ていたとは・・・・・・安倍政権ではそのようなことはないと、信じています。

しかし、日本のODAで注意していただきたいのは、この原資は国民の税金です。国内に対して使うときも、外国に対して使うときも、国民の血と汗だと言うことを忘れないで欲しいのです。アベノミクスで予算は大盤振る舞いが必要であり、金は財務省印刷局ですれば必要な分は賄えると言っても、最後は国民、企業が後ろで一生懸命に押しているのです。

にっぽんじん

悪魔の国
人権団体は半世紀以上前の捏造従軍慰安婦問題に対して「人権侵害」と大きな声をあげています。しかし、21世紀の現在行われている人権侵害には口を閉ざしています。何故でしょうか。ダブルスタンダードとしか言えません。5月25日の報道記事を紹介しようとすると、禁止キーワードが含まれているとしてコメントが拒否されます。

公開された報道記事がコメントに書けないほど人権を蹂躙している国があるのです。まさに悪魔の国です。下記はその記事の一部です。投稿拒否の言語が入っていなければ紹介できます。何が禁止キーワードか分からないため、可能性のある言葉を○○として投稿してみます。

記事の一部
 
NEWS ポストセブン 5月25日(土)16時6分配信

チベットでは、共産党政府の圧政に抗議するための焼身○○が後を絶たず、その数は100人を超えました。昨年11月に来日した○○法王は、私とのインタビューで、多くの僧が相次いで焼身○○するのは「大いなる悲しみと大いなる憤り、耐え難さのため」だと語りました。生身の体を焼き尽くして死ぬという最も苦しい死に方で、○○の若き僧たちは○○共産党による恐るべき圧政の事実を世界に知らせようとしているのです。  

 こうした人々に、○○共産党政府の公安組織は想像を超える弾圧を続けています。例えば焼身○○を図った人たちの火を消した後で、息がある場合には公衆の面前で死ぬまで殴る蹴るの暴行を加えると言います。

碑文

No title
日本人が払う受信料で経営するNHKが
中国と韓国の言うままの解説をしてるね。
ここまで来ると彼の国の大便放送局だ。
ではこちらも契約解消しよう。

契約やめるならリサイクルに出せ!
と言ってるから出してやろう。
しかしテレビは個人の財産だから、
そのあと再開するときはテレビ代金を請求だ。
アンテナ代金も設置料も請求できる。

契約廃止と再契約を繰り返すのもこちらの権利。

uni

No title
ドバイに建つ高層ビルの中にも、建設に中韓が関わった物件で、
ハリボテ物がいくつもあります。
見た目は立派なのに、電気や水道が通る設計になっていないビル、
行きたい階に止まらないエレベーターしかないビル、非常用階段の
ないビル、などなど。
そのうち、崩壊するビルが出てきても驚きません。
中東の投資家たちは、日本のゼネコンに仕事を頼みたいのに引き受けて
もらえない、と文句を言います。
建設ラッシュのため、日本の技術者の数が全く足りないのです。
だからって、中韓に大きな大事な仕事を頼むなんて・・・
そういう選択をした人たちは、せいぜい高い勉強代を払えば良いと
私は思っています。


乞食民族

■なぜ4年半も見抜けない? 年商1億円超…韓国人女の生活保護不正受給
■なぜ4年半も見抜けない? 年商1億円超…韓国人女の生活保護不正受給の顛末
産経新聞 5月25日(土)18時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000556-san-soci

■なぜ4年半も見抜けない? 年商1億円超…韓国人女の生活保護不正受給の顛末
産経新聞 5月25日(土)18時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000556-san-soci

■なぜ4年半も見抜けない? 年商1億円超…韓国人女の生活保護不正受給の顛末
産経新聞 5月25日(土)18時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000556-san-soci


さすが子供手当て500人分申請の韓国人。。。

団塊の世代の後輩

No title
まさに嘘つきシナの真骨頂、その通りです。一部の特権階級のためにシナ、朝鮮は古代から現在までその形態を続けてきました。今さら「皆の幸せをちゃんと考える国にしてあげようよ」なんて無理なのです。そんな友好外交をのたまう輩は我が国を亡国に導く「売国奴」なのです!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク