すごい日本 〜誇るべき日本の世界一位

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

早朝の利根川3


今日のねずブロは、とっても短いです(笑)
1年ほど前のものですが、見たらきっと幸せな気持ちになれます。

是非、↓をクリックしてご覧下さい。
============
すごい日本 〜誇るべき日本の世界一位〜
http://matome.naver.jp/odai/2135561634492553701?&page=1
============

大切なことは、自虐史観ではありません。
日本人が日本人としての自信と誇りを取り戻すことだと思います。

それは決して、どこぞの国のように他国を見下したり冒涜したり高ピーになることではありません。
そもそもピーは、どういう意味なのか先日書きました。

過去にも未来にも現在も、地面に足をつけて明るくしっかりと歩み続ける。
それが日本人だと、私は思います。

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

安倍晋三総理が国家安全保障の設立を宣言!
「日本は世界一を目指す」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

honz

『英国一家、日本を食べる』
英国一家、日本を食べる


作者:マイケル・ブース
出版社:亜紀書房
発売日: 2013-04-09


日本の食と文化を再発見

イギリス人の著者が、日本人の友人から渡された辻静雄の『Japanese Cooking : A Simple Art』を読み、感銘を受け、実際に日本の料理を目で見て味わってみるしかないと思いたつところから物語は始まる。そのアイデアを妻に話したところ、「私も日本に行きたいわ。子どもたち連れていくといいわね。」といわれ、意図せず家族4人で日本にいくことになる。

家族で日本にいくというのが、この本のミソだ。仕事で淡々と食べ物のことを取材したのではなく、家族の目を通した日本の姿が描かれていることで、話に彩りを与え、話をを豊かなものにしている。また家族がいることで、色々と寄り道をすることになり、そこから日本のいまが垣間みえるのだ。私たちが当たり前に見ている風景が、こんなにも輝いて見えるのかという驚きがいたるところにある。そこに外国人ならではの勘違いがスパイスとなって笑えるのだ。この本は食エッセイというより、日本珍道中記とでもいったほうがいいかもしれない。

東京、京都、大阪といった主要都市はもちろんのこと、北は北海道から南は沖縄まで、町の食堂から、一見さんお断りの高級料亭まで、3ヶ月間、日本中を食べ歩き、料理や食材、店の雰囲気について率直な感想が述べられている。また料理の背景や地域の歴史、特色にまで目を向け、日本人である自分でも知らなかったことまで詳しく書かれている。

http://honz.jp/26088

steve

韓国軍特殊慰安婦を取り上げてください。
韓国軍特殊慰安婦を取り上げてください。
影響力の大きなであれば知る人が多くなります。

Andromeda

No title
うは!!!

短か~ぃ。

-

祖国
巴里でおきた「フランス版ミシマ事件」
去る5月21日、午後4時頃、パリのノートルダム大聖堂の中で、著名なフランス人作家、ドミニック・ヴェネール氏が、「同胞を惰眠から目覚ませんとして」ピストル自殺を遂げた。日本の新聞では単に「極右の作家が自殺した」の1行で片付けられたにすぎないが、その背景は文明論的に深い。誰よりも彼は「日本の三島」を尊敬していた……
http://melma.com/backnumber_45206_5827752/


日本人に謝りたい
あるユダヤ人が天皇と日本について語った文がある。
彼の名はモルデカイ・モーゼ。戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、戦後の対日処理立案(GHQ政策)にも加わったという。彼は『日本人に謝りたい』という、極めて異例な内容を含んだ本を残している……
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe800.html

団塊の世代の後輩

No title
生粋の日本人はお互いに良い人になろうと日々努力することが、人間関係を良好にし、快適な人生を送れるものと思っているのでは?それが長所であり、どこかの野蛮国人からつけいれられる短所ともなっています。よって油断なくにこやかにそうした輩どもとは接し、ことあるときは完膚なきまでに叩きのめす力を常々備えておくことが肝要です。ありがとうございました。

いつか

No title
貴ブログで軍神・杉本五郎中佐を取り上げていただきたいものです。

http://shikisima.exblog.jp/279645
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク