慰安婦の持参と現地調達

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

兵士のあとから河を渡る慰安婦
兵士のあとから明るく楽しそうに
笑いながら川を渡る慰安婦
このどこが強制連行なのだろうか。


5月27日のことです。
次の報道が世界に流れました。
ご紹介します。

==========
「解放者」米兵、ノルマンディー住民にとっては「女性に飢えた荒くれ者」
2013年05月27日 14:38 発信地:ワシントンD.C./米
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2946474/10810152

【5月27日 AFP】(一部更新)
第2次世界大戦(World War II)中の仏ノルマンディー(Normandy)上陸作戦に参加した米軍兵士たちは、フランスをナチスドイツ(Nazi)から解放した勇敢な英雄として描かれてきた。
そうした「若いハンサムな米兵さん」のイメージに隠された負の側面を明らかにした研究書が来月、米国で出版される。

6月に刊行予定の「What Soldiers Do: Sex and the American GI in World War II France(兵士らは何をしたのか:第2次世界大戦中のフランスにおける性と米兵」は、米ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)のメアリー・ルイーズ・ロバーツ(Mary Louise Roberts)教授(歴史学)が、米仏で膨大な量の第2次大戦中の資料を研究してまとめた著作だ。

研究の趣旨についてロバーツ教授は、「GI(進駐軍兵士)はたくましい男で、常に正義に基づいて行動するとの典型的な『GI神話』の偽りを暴き出すことだった」と、AFPに語った。
教授によると、米軍では当時「フランス人に対して優位に立つ」手段として性欲、買春、レイプが取り入れられていたという。

米兵たちは、ノルマンディーの人々から「性のアバンチュール」を求めてやってきた、セックスに飢えた荒くれ者と見られていた。
これは地元ノルマンディーではよく知られていることだが、一般的な米国人にとっては「大きな驚きだ」とロバーツ教授は述べている。


■「女性を隠せ」、街中いたるところで性行為

米メディアがノルマンディーに上陸した米兵について、キスをする米兵と若いフランス女性の写真を掲載するなどロマンチックな視点で解放者として描いていた間、地元の人々は「問題」に直面していた。
地元には、「ドイツ人を見て隠れるのは男たちだったが、米兵の場合は女たちを隠さねばならなかった」という話が伝わっているという。

米兵たちの放蕩ぶり、不法行為、さらには組織的な人種差別などもあった。
「GIはどこでも所かまわずセックスしていた」とロバーツ教授。

特に、ルアーブル(Le Havre)やシェルブール(Cherbourg)では米兵たちのマナーの悪さが目立ったという。
米兵たちは、女性を見れば既婚女性でさえ公然とセックスに誘い、公園、爆撃を受けて廃墟と化した建物、墓地、線路の上など、街中いたるところが性行為の場となった。
しかし、全てが両者の合意のもとで行われたわけではなく、米兵によるレイプの報告も数百件残されている。

ロバーツ教授が調べた資料によれば、
「セックスをしている男女を見かけずに街を歩くことは不可能」なほどで、
当時のルアーブル市長が米駐留部隊の司令官に改善を求めたと記されていた。
米軍の上官らは兵士たちの行為について公式な非難声明は出したが、改善の努力はしなかったという。


■フランスは「売春宿」、口説き文句も紹介――米誌プロパガンダ

ロバーツ教授は、当時の米兵が勇気ある青年たちであり、その勇敢で英雄的な行為がフランスから感謝されている事実についても忘れずに触れている。
一方で、米軍が未知の国で戦う若者たちを鼓舞する即効策として、意図的に米兵たちの性欲に訴えかけるプロパガンダを行ったとみられる点も指摘している。

例えば、写真ジャーナリズムの草分けである米誌「ライフ(Life)」は、フランスを「快楽主義者4000万人が住む巨大な売春宿」と表現した。
また、米軍機関紙「星条旗新聞(Stars and Stripes)」は、フランス女性を口説くためのフランス語フレーズを連載。
「きみ、とても可愛いね」
「たばこをあげようか」
「ご両親は今、家にいるの?」といった会話の糸口を紹介していた。

ロバーツ教授は「米兵の性欲は、いったん火が付くと手が付けられなかった」と記している。

さらにロバーツ教授の著書は、当時レイプ事件で訴えられた米兵は、黒人兵士が圧倒的に多かった事実にも踏み込んでいる。
1944年10月の資料によれば、米兵が絡んだ強姦事件152件のうち130件で黒人兵が訴えられている。
これについてロバーツ教授は、米軍内の根深い差別を示していると指摘した。
フランス人も、すぐに黒人米兵を指さして非難するようになったという。


■人類の経験として捉え直す

ノルマンディー上陸作戦から約70年たった今、同書を出版する理由についてロバーツ教授は、歴史を書き換えたいわけではなく、「フランス側から見た実態」を明らかにすることによって、ただの「空虚な英雄譚(たん)」にとどまらない「人類の経験の1つ」としてノルマンディー上陸作戦を捉え直すのが目的だと説明している。
(c)AFP/Fabienne Faur
=========
引用はここまでです。

ノルマンディ上陸は、正式名称を「オーバーロード作戦」といいます。
「Overlord」というのは、大君主という意味の言葉で、ドイツに蹂躙され占領統治下に置かれたヨーロッパに、米軍という名のまさに大君主が降臨して、ドイツ軍を蹴散らした、そういう誇りあふれる、米軍の勝利の大作戦です。
だからこそ何度も映画化されています。

ところが実際にそこで行われたこと。
それは、上陸されたフランス人にとって、
「ドイツ人を見て隠れるのは男たちだったが、
 米兵の場合は女たちを隠さねばならなかった」
です。
これが現実です。

こうしたことは、何も第二次大戦における米軍だけに限った固有の問題ではありません。
古来、大陸では、戦いに勝った兵士達の報酬は、奪った町の女達とその町にある全ての財産の略奪するのが常識でした。

戦いに勝てば、軍事力を持った敵の守備軍が壊滅します。
守備力がなくなるということは、武器を手にした勝者の側は、好き放題に略奪強姦殺人をほしいままにすることができるし、実際、それが行われてきました。
それがほんのなん十年か前まで、世界の常識でした。
いや、もしかしたら、いまもそうなのかもしれません。

だからこそ人々は、自分たちの平和と生命財産貞操の安全を守るために、大昔には小さな村落単位の自警団で、古代には村落が共同して都市単位の城塞で、中世にはそれら城塞都市が連携した国家として、自分たちの生命や財産を守り、たいせつな女性たちを守ろうとしました。
それが世界における国家形成の仕組みです。
中世の、「高くて頑丈な塀」に囲まれた城塞都市は、こういう背景からできあがったものです。

ところが日本には、古来、城塞都市という概念がありません。
なぜでしょう。
もっというなら、日本にはどうして東京に「23区をまるごと囲む高さ10メートル、厚さ3メートルの城壁」がないのでしょう。

理由は簡単です。
村人を含めた虐殺も収奪も強姦もなかったからです。
城と城、武家と武家との戦いでは、なかには、そういう目に遭った事例があったかもしれません。

けれどそれらは戦う当事者の間の出来事で、「民百姓」といわれた一般の民衆、圧倒的多数の民衆がそうした被害に遭うことはほとんど例がありません。
だからこそ町ぐるみで城塞を築く必要もなかったし、なかったからこそ、23区を囲む城塞だって存在してません。

要するに日本では、戦いが終わった後に、現地で略奪をしたり女性たちを強姦したりすることを、大昔から極端に忌む習慣が「あった」ということです。

現実問題として、戦が終わり、郷里に帰ったときに、たとえ戦に勝ったとしても、敵地において着脱や強姦をしてきたなどと、口が裂けても郷里で自慢などできません。
自慢どころか、日本全国、そんなことをしてきたという噂がご近所にバレただけで、村八分にあいます。
それが古来からある日本の姿です。

けれど、若い男性ばかりの軍では、どうしても性の捌け口としての性の問題は生まれます。
そのことは、大昔も現代もなにひとつ変わりません。
いささか下品な言い方をすれば、「オレは女なんか必要ねえ!」といくら口先で綺麗ごとを言っても、朝になったらチ◯コがカチカチに勃起する。それが健康な若い男子というものです。

けれど、戦地において、現地の普通の女性に迷惑をかけるわけにはいきません。
ですから戦国時代には、大名クラスの人は、男の子(稚子)を戦地に連れて行き、性の処理をしました。
要するに男色です。

けれど、一般の兵には、そんな贅沢は許されません。
では彼らがどうやって性の処理をしたかといえば、世の中は良く出来たもので、春を売ることを商売にする女性たちが(現実に)世の中にいたのです。

時代が変わり、日本が国家として大軍を外地に派遣しなければならなくなったときには、どうだったのでしょうか。
巷間言われるように、外地で「外地の」女性を強制徴発したのでしょうか。

違います。
日本は「内地から」春を商売にする女性たちを外地に連れて行ったのです。
連れて行ったというと語弊があります。
彼女たちは、軍が連行したわけではありません。
ついてきたのです。

軍は、若い男性がいっぱいいて、しかも女気がない。
そして戦いを前にした男性というのは、種の生存本能で、血に飢えたケモノさながらに自分の遺伝子を遺そうという本能が働きます。
ですからそういう軍人を相手に商売をすれば、業者も女性たちもボロ儲けだったのです。
だから軍のいるところには、どこへでも業者や女たちが「付いてきたの」です。

けれど春を売る商売と梅毒などの性病は、切っても切れない関係にあります。
そして軍の兵士たちが、性病に罹患したら、軍は肝心の戦いができない。
だから、軍は、女性たちの性病管理、健康管理を行いました。
また、女衒と呼ばれる女たちを集めて来る業者たちに対しては、絶対に女たちを騙したり強制したりして集めて来ないよう繰り返し通達するとともに、そういう行為をやった業者は、容赦なく重罰に処したのです。

いま、韓国の従軍慰安婦云々が騒ぎとなっていますが、当時、韓国にいた売春婦の女性たちは、その半数以上が、内地の日本人女性です。韓国人は3分の1程度しかいません。
そして大事なことは、当時、朝鮮半島は日本だった、ということです。

そして商売をする女たちは、レンガと呼ばれるほど札束が立つたくさんの月給をもらい、17〜8歳から23歳くらいまでの数年間商売をするだけで、一生食うに困らないくらいの大金を稼ぐことができました。

売春宿ですから、ときには客として、朝鮮人や支那人などが来ることもあります。
日本人の客は、女たちを対等な人間として大切に扱ったけれど、朝鮮人や支那人は、女たちをあからさまに見下し、カネを払わずに逃亡するようなことも多々あったそうです。
そうすると、女たちは売春宿の雇い主から叱られ、ペナルティをとられる。
そういう嫌なことも多々あったようです。

とりわけ朝鮮人の客の場合、肛門性交を強要する客が多く、これは裂けて一生痔に悩まされ続けるようになることから、女たちからたいへんに嫌われたそうです。

ともあれ、日本は、外地に出征するに際して、女たちを「持参」で外地に赴きました。
諸外国で、売春婦を内地から連れて行くことで、現地の女性たちに迷惑がかからないようにした軍隊というのは、おそらく、世界で日本だけなのではないかと思います。

しかも日本は、軍の兵士たちが外地の女性たちに狼藉を働かないよう、国を挙げて厳しく監督しました、
万一現地の女性に手を出したとなれば、たとえそれが相思相愛の恋愛によるものであったとしても、強姦罪として、厳しく処断をしました。

持参」か、「現地調達」か。
この違いは、たいへん大きな違いです。

若い男性ばかりの軍において、どっちに転んでも、性の捌け口は必要です。
なしですませれることではありません。
ならば、どちらが人道的といえるのでしょうか。

《参考》是非↓もお読み下さい。
小町園の悲劇
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1601.html

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

北朝鮮でいまも行われている蛮行
(あまりにも酷いです。女性の方は見ない方がいい)
NK 수용소 8;30 (www.ecornerstone.org)

こうした朝鮮人による朝鮮人への蛮行は様々なところで記録されています。これが彼らにとっては古来国内統治のためのあたりまえの手法でした。ですから日本が朝鮮半島を併合したとき、いま北朝鮮が政治犯にしている、まさにこの動画にあるようなことが半島全域であたりまえのように行われていたのです。
ですから日本の朝鮮総督府は、こうした残虐行為をやめさせるように、様々な形で手をつくしています。
ところが、それを現場の係官の朝鮮人が(日本が禁止しているのに)隠れてまで行う。ひどいのになると、朝鮮人の判事が、日本人の上席判事が帰宅後に、裁判所内でこうした酷い仕打ちをする。
やっとのことで、それらをやめさせたら、そこで終戦となって日本が半島から引き揚げたのです。するとどうなったか。とものもくあみです。この動画にあるようなことを、韓国の初代大統領の李承晩が先頭にたって、韓国内の親日派の人々に対して行いました。北朝鮮も酷いです。けれど韓国も同じです。そしてどういうわけか韓国政府は、それを「日本にやられた」と宣伝してます。
けれどみなさん、日本は中世や古代まで遡っても、この動画にあるような残虐刑や酷い仕打ちは、ただのひとつの記録さえありません。


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

つかゆき

相手は外人の売春婦(それもかわいくない・・)
だというのにその場限りと言わずみんなでデートとか・・
日本の兵士さんジェントルマンやね。

もみじ

ひどい
以前も命がらがら脱北した女性がアメリカで証言した話を読んだことがありますが、それよりもひどいですね。しかし韓国人の本性を知ってからはあの民族だからこそどうしようもない。南北統一もやる気がないのでしょう。売春婦と同じくらい害をもたらしている韓国キリスト教関係者こそ日本で工作活動していないで北に行くべきでしょうに。アジア一人数が多くても中国に吸収されたとたんに、真っ先に画像のように殺されるのが韓国ウリスト教徒なのに。日本人にタカりお布施を巻き上げている場合じゃないですよ。←彼らは本国と日本から金をもらっている二重スパイです。

愛信

インターネット選挙運動の解禁【マスコミ隠蔽の掲示板】
インターネット選挙運動の解禁【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://matome.naver.jp/odai/2136962355007360701

インターネット選挙運動の解禁に関する情報/目次
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html

インターネットを使った選挙運動の解禁です。
愛国系有権者の総力を結集して、立候補者の実態を徹底的にあからさまにしましょう、そして
国家国民の為を考えている国会議員を当選させましょう。 
愛国を叫ぶ候補者はいるが、売国を叫ぶ候補者はいない。
街頭での演説内容が嘘か本当かその候補者が参加している議院連盟を参考にしましょう。
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj8.cgi
候補者の名前で検索すれば、その候補者の所属する議員連盟が出てきます。 またその
議員が国会で質疑の動画が登録されていれば一緒に出てきます。 
兎も角、いつもはどんな事を言っているか判ります。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

読者

一度だけテレビ番組で取り上げられましたが
皆様は、
「エリザベス・サンダーズ・ホーム」をご存知でしょうか。
検索すればWIKIで読む事ができます。
かつて米軍占領下の日本国内で米兵の性犯罪が頻発した結果、多数の混血児が生まれ、棄てられました。
その混血児達が日本社会でまともな人生を遅れる可能性は低い、救わなければ・・・
と考えた奇特な方が居ました。財閥の方です。
(当然ですよね。自らの意思で朝鮮半島から密航してきた者とは訳が違います。外見からしても一目でわかるのですから)
 その人は何と私財を投じて1400人もの混血児達を引き取り、寄宿舎に住まわせ教育を授けました。
その施設の最初の名前が「エリザベス・サンダーズ・ホーム」だったそうです。
 今のユニクロ柳内(通名?)やワタミの教祖にこの精神は一片もありませんね。
爪の垢でも煎じて飲ませたいものですよ。
 日本の子供の貧困率が高くなる一方と言うのは、決して左翼が話を誇張しているのではなく事実ですから。
ともあれ橋下氏の助言で米国が顔色を変えて怒ったというのは、自らの暗部を図らずも突かれたからではないでしょうか。
 戦後の日本で売春規制が厳しくなったのは、米兵が日本人相手に淫行を尽くした結果、性病(主に梅毒)
が蔓延した為だと言われています。
米国も韓国の慰安婦デマに嬉々として加担するなら、本来なら当時の米兵達を証言者として出させ
「日本の女に梅毒をうつされて人生が狂った!補償しろ!」と言わせなければ筋が通らないと言うものです。
本当に米国が同盟国(なら対等な関係のはず)だというゴリゴリの親米保守の方々には
そこまで言ってもらいたいものですよね。
長くなってしまいました。雑感まで。皆様、更に応援クリックを願います。

ポッポ

No title
橋下大阪市長の「第2次世界大戦において、慰安婦は必要だった。」とする意見に、アメリカの女性5名が、その発言を非難しました。
アメリカ軍は正義の軍隊だから、戦地の女性にも礼儀正しく接することは、アメリカ本土で帰還する兵士を待っている家族の希望でしかないのですが、これ以外の答えを見せられると、反射的に拒否してしまう。
兵士を出す家族の思いは、世界共通です。
しかし、現実は、現実として捉えないと真実が見えません。
アメリカ軍は、1941年に「兵士と売春婦との接触は、いかなる場合でも禁止」していますが、これは自由恋愛を認めているのです。そうすると、形を変えると買春は可能です。(実際は、黙認していたそうですが、小町園の悲劇が真の姿です。)
また、戦争直後を舞台とする小説やドラマで、捨てられた日本女性の話は沢山ありました。女性が外国人に暴行された新聞記事のことも少なくないです(外国人には、朝鮮半島出身者も含みます。)。
非難をするのなら、その前に橋下大阪市長の主張と、その当時の世界の実情を知ってからにしていただきたいと思います。

慰安婦は、ともかく可哀想だと思うのが人情ですが、この写真の女性は笑顔です。これが、日本軍に蹂躙された悲劇とは、考えにくいです。兵隊、慰安所の経営者、慰安婦の関係が良好であったからこそ、撮れた写真ですね。

もっとも、昔の日本も、戦の時に虐殺、収奪、強姦がなかったとは言い切れません。
大坂夏の陣の有り様を描いた、「大坂夏の陣屏風」というものがあります。
内容は、大坂城落城を描いたもので、その絵には、逃げる町人から略奪する兵士や、婦女を襲っているものも描かれています。


ところで、韓国軍慰安婦のことです。
書類上は「第五種補給品」と呼ばれた4カ所、89人の慰安婦に対し、52年だけで、延べ204,560回(1日あたり6.5回、時には20~30回)の性サービスが強要されたことを示す実績統計表もあるようです。

ROM専

No title
朝鮮戦争時、韓国軍は北朝鮮の女性を強制連行して従軍慰安婦にしていたそうですね。中韓が日本軍の残虐行為などというのは自分たちの加害者としての体験談なんですね。自分たちもやったんだから日本軍もやったにちがいないと。ただ日本軍は世界的にも珍しい残虐行為などやらない軍隊だった。

ひげ親父

毎日新聞社出版の「日本の戦歴」の中にある写真ですね。30、40年前には毎日新聞も当たり前に、たくさん戦時写真集を出していたのですよ。

詠み人知らず

No title
古い戦争映画を見れば、アメリカ軍がフランスで「いい思い」してたのはすぐ分かるんですけどねぇ
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク