靖國神社

倭塾第3回公開講座のご案内
今回は知覧特攻基地の母、鳥浜トメさんのお孫さんからお話を伺います。
6月9日(日)15時開始 (受付開始14:30から)
詳しくは↓で。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1895.html

■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

靖国神社
靖国神社001


靖国神社は、明治2(1869)年6月29日に、 明治天皇の思し召しによって建てられた「東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)」が始まりです。

幕末の政変は、戊辰戦争を生み、近代国家建設のために尽力した多くの志士達の尊い命が失われました。
そこで 明治天皇が、「国家のために一命を捧げられたこれらの人々の名を後世に伝え、その御霊を慰めるために」と、東京九段に「東京招魂社」を創建されたのです。

その 明治天皇が、初めて東京招魂社を参拝されたのが明治7(1874)年1月27日のことで、このとき 明治天皇は

 我國の為をつくせる人々の
 名もむさし野にとむる玉かき

の御製を詠まれています。

その招魂社が今日の「靖國神社」と社号を改めたのが明治12(1879)年6月4日のことで、名前の「靖國」も、 明治天皇による命名です。
「靖國」という名前には、
「祖国を平安にする」
「平和な国家を建設する」
という願いが込められているといいます。

そしてよく見ると「靖國」の「靖」は、「青が立つ」です。
青は、緑のことをいいます。
大陸や朝鮮半島、台湾、樺太、そして日本本土において、古来、緑を大切にしてきた日本の心がここにあります。

戦後の日本は、やたらと都市化を進めてきていますが、緑を見直し、緑を大切に育むということは、私たち日本人の伝統であり文化です。
あらためて、大切にしていきたいものだと思います。

靖国神社に祀られているのは、幕末の嘉永6(1853)年以降、明治維新、戊辰の役、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「國靖かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた、246万6,532柱の方々の神霊です。
身分も勲功も男女の別もありません。
祖国に殉じた、その一点をもって尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

ちなみに、靖國神社には、幕軍である会津藩士も祭られています。
どういう方たちかというと、禁門の変で長州藩兵との戦いで戦死した会津藩兵らです。
彼らは、朝廷を守護したとして祀られています。

禁門の変というのは、元治元年(1864年)7月19日に、京都御所で起きた事変です。
蛤御門の変(はまぐりごもんのへん)とも呼ばれています。

京都を追われた長州藩の久坂玄瑞らが、新撰組の池田屋事件で藩士を殺され、朝廷奪還を期して京都御所を守る会津・桑名藩兵と衝突し、一時は筑前藩の守備する中立売門を突破して御所内に侵入を果たすけれど、薩摩藩兵が援軍に駆け付けたことで形成が逆転し、長州勢が都を追われた事件です。

この事件により、薩摩と長州は仲が悪くなるのですが、この両者の仲立ちをしたのが坂本竜馬で、彼の運動で薩長連盟ができあがり、いっきに明治維新が加速したというのはみなさまご存知の通りです。

靖国神社に祀られているのは、こうした戊辰戦争時の英霊が7,751柱です。
その中には、幕末の志士である吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作、中岡慎太郎、武市半平太、橋本左内、大村益次郎なども合祀されています。
一方で、明治維新の功労者でも、その後に反乱を起こし、あるいは反乱に加担した西郷隆盛や江藤新平、前原一誠らは祀られていません。

つまり、薩長土肥だから祀っているというわけではないのです。
私たちの国を守るために戦っい、散っていかれた戦時の英霊を祀っています。
戦没者だから祀るというわけではありません。

また、乃木希典、東郷平八郎といった著名な軍人や、八甲田雪中行軍遭難事件の遭難者なども、戦時の死没者でないため祀られていません。
逆に、西南戦争、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争における軍病院、病院船の従軍・救護看護婦などや、沖縄戦でのひめゆり学徒隊、白梅学徒隊等の7女学校の生徒、南樺太での真岡郵便電信局事件の女性など、戦争で犠牲になった女性たち、57,000柱の御霊は、祀られています。

さらに、学徒動員中に軍需工場で爆死した学徒や、輸送船「対馬丸」で沖縄から鹿児島への学童疎開中に敵潜水艦により撃沈された小学校児童達なども祀られています。

靖國神社は、「国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創立された神社」(靖国神社HPより)です。

ですから、かなしいけれど賊軍となった幕府側兵士は祀られない。
明治政府にたてついた西郷隆盛も祀られない。

そこには、明確な一線がひかれています。
その一線とは何かというと、
「祖国を守るという『公務』に起因して亡くなられた方々の神霊をお祀りする」という一点です。

ですから女子高生のひめゆり部隊も、真岡郵便局の女性職員たちもご祭神です。
一方、旧幕軍はおろか、 明治天皇は、みずから創建された「招魂社」に、 天皇ご自身が厚く信頼を寄せいていたとされる西郷隆盛すら祀られていません。

これが何を意味しているかと言うと、靖國神社は、身分・勲功・男女、出身地による区別や差別は一切していないけれど、国を護るということは、決して甘くないのだ、という国家的決意が込められている、ということです。

平和というものは、口舌の徒がペラペラとしゃべるだけで築けるような甘いものではないのです。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

金美齢女士 於 靖国神社


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

Noldland Wikinger Armeeteilung.Oberer TruppenKommandant. A.KESSELRING.

靖国神社を存続させるのであればこうしなければいけない。
太賢ブログのコメンターから。

http://ameblo.jp/yamabushitaiken/entry-11543625041.html#cbox

幕府側も祀られるべきだと思いますけどね。彼らは反逆者でも何でもなく、立場は違えど憂国の士です。日本が国体を保っていたのも幕府の粘りの外交があってこそです。幕府は決して弱腰ではありませんでした。
朝廷側は自分達が見下していた東国の幕府に軽んじられた恨みがあったのでしょう。朝廷が何もできないから幕府が代わりに頑張っていたというのに。

越智富雄

佐幕派は武士、倒幕派はテロリスト
刺激的なタイトルですみません!これが私の偽らざる感想です。
西郷隆盛は、テロリストの大親分。坂本龍馬は、武器商人(トーマス・グラバー)の手下。そういう評価です。
池田屋事件は、テロリストたちから日本を守り、外国勢力の日本侵略を阻止した、実に重大な事件でした!
テロリストたちの計画は、余りにも卑劣であり、帝都を大混乱に陥れ、畏れ多くも孝明天皇を拉致し、傀儡とすることでした!これは、純日本人の発想ではあり得ません!
彼らの尊皇は嘘っぱちだ!
西郷の言葉、「玉(ぎょく…天皇のこと)さえ握っておれば、こっちのものだ。あとはどうにでもなる。」これのどこに陛下に対する尊敬の念がありますか?
徳川慶喜を新政府の要人に残そうとする動きをした土佐の山内容堂らを黙らせるのに、「短刀一本有れば足りる。」と本人に聞こえるように言い放つなど、およそヤクザの親分の風情です。尊敬出来ません。権力者に対する、強烈な嫉妬が有る。権力者を殺せば自分が権力者になれると思っている。西郷隆盛は共産主義者か!
坂本龍馬など、写真を見ても、服はボロボロ、汚れており、非常に不潔な人間であったらしい。梅毒のため、頭髪は禿げ上がり、顔には覇気が無い。目は細く、多分余り視力が良くなかったろう。それに引き換え、若い頃の写真には、目を見開き、写真機を見据えるような気迫が有った!(坂本龍馬の写真とは認められてないようですが、耳の形と右手の特徴から、私は、龍馬本人に間違いないと思います。剣の師匠と一緒に写っている写真です。)女遊びが過ぎたのか…。
一方、佐幕派は武士道を貫いた人格者が多いです。
多言は要しません。私が言いたいのは、今までの価値観、評価を180度変える視点を持て、ということです!
私がそうでした。30年所属した宗教団体が、他宗を全て邪教と排斥するその宗教が、一番の邪教であったと気づいたこと。これはショックでした…。1週間ほど家に閉じ籠ってしまいました。1週間で閉じ籠りから脱出出来たのは、日本史を探求していたからです。聖徳太子研究から始まり、神話・伝説の再解釈。新たな視点を得て、「日本人は、嘘の神話、嘘の歴史に騙されていたんだ!千数百年も!」と思っていたので、それが良いクッションになりました。順序が逆なら、恐らく耐えられなかったでしょう。感謝いたします。
歴史にイフはございません。妄想にふけるべきではありません。信長は本能寺で死んだのです。人間は死に場所でその人を証明するのです。本能寺は日蓮宗の寺です。信長が生まれた織田家は日蓮宗だったらしい。信長の幼名は「吉法師(きっぽうし)」ですが、これは日蓮の言葉、(素晴らしい仏の教えが広まるには)「よき師・よき法・よき檀那(後援者)」が不可欠である、ということから来ていると思われます。「吉法師」=「よき法師」です。信長が本能寺で死んだのは、信長の前世が日蓮であったということを示しています。
余談ですが、日蓮が亡くなったのは池上(いけがみ)というところで、これは、日蓮が「生き神(いきがみ)」であったことを表しているそうです。
これは何も、偉い人だけに限りません。私も、これを読んでいるあなたも、誕生、名前、場所、両親、兄弟姉妹、周りの環境全てが、その人を表しているのです。必然性が有るのです。
ちなみに、本能寺の変と池田屋事件、日付があまり変わりません。また、新選組のかつての同僚だった伊東甲子太郎を暗殺し、その残党を襲撃した油小路の変、この場所は、本能寺の有った場所のほど近くでした。季節は違いますが、この2つの事変、同じカルマの再現、因果応報という奴でしょう。
私の言っていることがお分かりですか?そうです。新選組局長・近藤勇は、織田信長だったのです。しかも、その内側には偉大な魂がやどっていました。
第六天の魔王とは、弥勒(救世主)の化現(けげん)なのです。何故なら、第六天の中に弥勒の住む兜率天(とそつてん)が有るからです。救世主は、天使と悪魔、両方の顔を持っているとされます。善悪不二(ぜんあくふに)の存在なのです。
織田信長の直前の前世は恐らく、足利義教。「くじ引き将軍」と言われている、あの人物です。彼は、くじ引きで将軍に選ばれる前は比叡山の座主で、これは、宗教的天才であったことを示しています。また、将軍になった後、短期間で日本全体を征服したことは、軍事的天才であったことも示しています。並みの人物ではない。ただ、非常に短気で暴虐であり、激し過ぎる気性を持っていたとされます。それのどこまでが本当で、どこからが捏造かは分かりませんが。
また、近藤勇は、自分がかつて英雄と呼ばれる存在だったと自覚していた節があります。英雄は英雄を知る。「英雄ならざる者こそ、真の英雄である。」そういう感懐を記した近藤の詩が発見されています。その英雄とは、誰のことでしょうか?織田信長は、この幕末の時点、英雄とは認められていませんでした。幕末に英雄ともてはやされた人物に、あの、ナポレオンがいます。フランス皇帝のナポレオン1世。そうです、近藤勇がかつての自分であったと感じた人物、それはナポレオンだったのです!彼はこの時、世界史における自分の使命を自覚しました。幕府の狂犬、血に飢えた狼とののしられ怖れられた自分。しかし、我が魂には、余りにも崇高な感情が宿っている!吾は、世界に冠たる存在なり。世界を救うのだ!と…。
私こそ、妄想にふけっていると非難される方がいらっしゃるでしょう。それは分かっています。しかし、歴史を調べれば調べるほど、ますます確信が強くなります。「彼はこの時、こう思って行動したんだろうな」、とか思いを巡らします。楽しいし、時には辛くて堪え難い時もありますが。
イエスや日蓮の言葉を読むと、彼らは(魂の上では同一人物ですが)全ての人を自分の分身と考えていたようなのです。全ての人間の苦しみを自分一人の苦しみであると感じていた!有難いことです。
神仏は大慈悲心をお持ちですが、逆に、私のようなつまらない人間でも、大慈悲心を持てば、神仏のお気持ちが伝わるのかも知れないですね。仏教では、衆生の大慈悲心を認めていますから、いつかは、神仏にそのお気持ちをお聞きしたいですね。お互いに顔晴りましょう!御一読いただき、誠に有難うございました。

-

我が家では招魂の通知書を大切に保管しています。跡継ぎがなく、先祖代々の墓を守ることが厳しい状況で、国に尽くされたご先祖様に申し訳なく、靖国神社で祀っていただくことが心の慰めです。

ポッポ

No title
日本のために戦い、亡くなった方を祀るのが靖国神社の目的と再確認して、改めて、そこに祀られている英霊に感謝します。
金美齢女子の正論には叱られる思いでした。


野中自民党元幹事長、仙石元民主党幹事長等が中国に行って言っていることは、田中角栄元首相と周恩来元首相が尖閣諸島を棚上げにしたことを引き継ぐことにするということですが、それならば、中国はなぜ尖閣諸島を確信的利益といったのか?これは尖閣諸島を我が物にすると宣言したに等しかったのではないか? しかし、アメリカが再三再四に渡って尖閣諸島は日本のものであり、日米安保条約の対象と宣言したことや客観的な事実から不利益な状況と判断したためでしょう。
それから、岸田外務大臣は外交文書のどこにも、田中角栄元首相と周恩来元首相の棚上げ論はなかったことを明らかにしました。それならば、国際慣行上や歴史的な事実からは、日本の領土であることは明らかですし、万が一、国際司法裁判所にかけられた場合でも、日本の領土になります。

ところで、中国は東シナ海の日中中間線の中国側の春暁ガス田で天然ガスを永年に渡って採掘しています。
日本側も日中中間線から日本側の日中中間線から春暁ガス田の距離の場所で、ガスまたは石油の採掘をすれば良いと思います。それとも、日本が採掘をしないという、闇取引でもあるのでしょうか? この点については昔からの疑問なのです。言いたくはありませんが、昔の自民党(特に田中派)は金に纏わる噂が絶えませんでしたし、先日のキックバックの話も気になります。

ひろし

ねずさん、いつもありがとうございます。
日本がいかに稀有な国であるか、権威の象徴として天皇を頂く真の君主国であるかは、ねずさんのお話しを伺うと再認識できます。
神道 は祓いと感謝が本質と言われたのは達見ですね。 近日中に 伊勢神宮に参拝に伺う予定でおります。 皇室と真の日本人の弥栄を感謝と供に祈りを捧げさせて頂きます。 話しは変わりますが、明治維新最大の功労者である西郷南州や日本海海戦の名将東郷平八郎が靖国神社に祀られていないとは以外でした。 けれど、この方々も護国の国津神として日本を守って下さっているのは間違いないですね。

共通一次世代

No title
【 パール博士の東京裁判における意見書の結語 】

========

時が熱狂と偏見とを
やわらげた暁には

また理性が虚偽から
その仮面を剥ぎとった暁には

その時こそ正義の女神は
その秤を平衡に保ちながら

過去の賞罰の多くに
そのところを変えることを
要求するであろう

======== 
             極東国際軍事裁判判事・法学博士        
                ラダ・ビノード・パール

にっぽんじん

若者に期待します
新聞のコラムなどで若者が自分の考えを投稿しているのを見ます。正しい歴史を勉強し、自分の意見を堂々と書いているのを見ると嬉しくなります。何も勉強しないで批判ばかりしている大人と比べると光っています。日本の将来も捨てたものではないなと思うこの頃です。

下記の動画は高校生が作成したものだそうです。私にはとても作れません。拡散されることを願っています。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=mpW6B-qDWcc

団塊の世代の後輩

No title
明快な解説、誠にありがとうございました。こうした尊い思想は間違いなくシナ&朝鮮の野蛮国人には到底理解不能のことと存じます、よってハエどもを効果的に追っ払う効果的な手法も考えねばなりませんね・・ぶんなぐるしかないか?!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク