書評:日出づる国・日本へ



■ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
http://www.mag2.com/m/0001335031.htm

人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

日出づる国日本へ


私の友人が「日出づる国・日本へ」という本を出版なさいました。

本は、上下二冊に別れていて、上下で3千円です。
上巻が「大東亜戦争聖戦論」、下巻が「我ら父祖たちの名誉に賭けて」というサブタイトルがつけられています。

この本の著者さんからのメッセージです。

=======

友人や知人、相当年配の方から中高校生などでも、「大東亜戦争ってわかる?」と話を向けると、ほとんどが、「え!?」という顔をされます。
「今さら何を」という顔をされる方はごくまれで、大東亜戦争という呼称そのものさえも知らない方が多く、せいぜい「太平洋戦争のこと?」と聞き返して来る程度です。

また知っている方でも、多くは戦争そのものについて、「触れたくない、話したくない」という顔をされます。
自分たちの祖先がシナ大陸、中国を侵略し虐殺した、朝鮮(韓国・北朝鮮)を植民地にして残酷なことをした、民主主義のアメリカがその悪い日本を救ってくれたと、まるで頭から信じて疑わない。
それが精神的引け目となってか、従軍慰安婦、南京大虐殺などの虚妄で私たちの先人たちの名誉が貶められても、韓国・中国などで日の丸が踏みにじられても、竹島を奪われても、国民から怒りの声さえ出てきません。

そこでこうした我が日本のフガイナサを一気に吹き飛ばしたい。
そのために、なんとしても満州・シナ事変や大東亜戦争など有史最大の国難を懸命に生きた私たちの先人・父祖たちの真実を知らせようと思い立ちました。

本書をご一読いただき、是非、真実の拡散に役立ててください。
理不尽な歴史情報戦を仕掛けてくる反日諸国や国内に巣食う反日日本人へ大反撃への引きガネにして欲しいと願います。
=======

ご注文は、著者のホームページに直接してほしいとのことです。
http://www.hiiduru.com/


目の前の政治問題というのは、とかく怒りの感情と結びつきやすいもので、私なども、もうはらわたが煮えくり返るような思いをすることがよくあります。
とくに、あの日本語がまるで通じてないんじゃないかと思われるどこぞの政党の議員たちの発言や行動は、どうみても、大陸ないし半島マインドとしか比喩のしようがありません。とても日本人のものと思えない。

日本人というのは、もともと徳性の高い民族なのです。
「なりすまし」という言葉がありますが、まさに、大陸/半島人が、日本人になりすまして、私たち日本人を貶めようとする目的をもって,彼らは行動しているようにしかみえません。

日本では、あまり例がありませんが、大陸や半島では、古来、政権交替が起こると、前政権の人たちは、ほぼ例外なく、全員、それも一族郎党に至るまで、皆殺しにされました。
それも、多くの場合、およそ人間の所業とは思えないほど、残酷な方法で人を辱め、貶め、そして皆殺しにします。

「よくそこまでできるものだ」とある意味、感心してしまいますが、ただ、私自身、以前(といっても、もう十年以上も前のことになりますが)在日半島人が経営する会社と取引することがあり、そこの従業員(日本人)の方々と何かとお話しさせていただく機会があったのですが、そのとき、いくつか「なるほど」と感じたことがあります。

ひとつは、上に立つ人の傲慢さです。
態度や物腰のことではありません。
本質的に、自分は部下に対する支配者だと思っている。
ですから部下が、仕事上の成果をあげているかよりも、その上司の「支配下に入っているか」がなにより要求されます。

こういう半島系の上司たちは、部下が体調が悪かろうが、家でな用事があろうがなかろうが、もっと言ってしまえば、仕事上で成果が上がろうが、下がろうが、一切関係ないようです。
とにかく一日10時間でも、16時間でも、ただ部下たちが、「(ここが大事なポイントですが)その上司の見えるところで仕事をしているフリをしていれば満足」しています。

おそらくこうしたマインドは、大陸や半島においては、上に立つ者は、いつ寝首をかかれるかわからないために、部下を決して信頼することをせず、常に、自分の支配下にあることを部下たちに思い知らせてきた。
そういうことの名残なのだろうと思います。

ちなみにこうした傾向は、大陸/半島系の人を夫や妻にもった場合も同じことがいえるようです。
日本人の配偶者を、とにかく一から十まで支配したがる。

その支配したがる人を、「指導者」と呼ぶ傾向が、昨今の日本にはあります。
そもそも、もともとは江戸時代まで、「指導者」などという言葉は日本語にはありませんでした。
この言葉は、明治にはいってから、英語のリーダーの訳語として生まれたものです。
それ以前には、師匠とか、お上という言い方はあっても、指導者などという言葉は使われていません。

日本人なら簡単にわかることですが、お師匠さんは、支配者ではありません。
ですから弟子たちは、お師匠さんの言うことを聞いて、一生懸命勉強しますが、それは、生徒である時代のことで、卒業後は人生の師として尊敬し、ときに相談ももちかけるかもしれないけれど、自分の行動には、自分で責任を持つ。
つまり、ひとりひとりが集団の中のひとりとして自立して人生を生き抜くようになります。
つまり、お師匠さんが、弟子の行動をある意味「支配している」のは、弟子として教えを受けている間だけに限定されます。

ところがこれが指導者になると、卒業ということがなくて、どこまでも指導者の意向に民衆は従い続けなければなりません。
ようするに、支配と隷属の関係になってしまうのです。

ついでに申上げると、江戸時代までは「宗教」という言葉もありません。
これは宗門とか宗派とか言うだけで、「宗=おおもと」の「教え」などという行きすぎた、あるいはだいそれた言葉は、そもそも日本人は持っていませんでした。

つまり「宗(おおもと)」というのは、宗派という言葉に代表されるように、世の中にいっぱいあって(多神教です)、それぞれに門がある。
そしてその門をたたけば、教えを乞うことができる。
そういうものだったわけです。

「宗教」になると何が違うかというと、「おおもとのおしえ」というのが「ただひとつ」になる。
つまり一神教です。
ひとりの神様だけが正しいとすると、他の神様は、みんな間違っているか、存在しないことになる。
けれど日本は八百万の神々の国です。
つまり日本的なものの見方、考え方とは矛盾が出て来るわけです。

ところが、どこぞの大手宗教団体は、そのトップの名誉会長さんが「偉大な指導者」で、教団そのものが「宗教団体」なのだそうです。
ということは、「指導者=支配者」であり、「宗教=排他独善的な教え」ですから、その宗教団体は、「排他独善的な教えを説く特定支配者の下に奴隷になる団体」という意味になります。
なるほどその指導者は、半島人だとのウワサがありますが、そのようなことを、無理矢理巨大組織にまでしてしまうという神経は、なるほど「自分さえよければ」という半島人らしい気質といえそうです。

いよいよ参院選が公示になりましたが、テレビ討論などを見ていて思うのは、こうした「あまりにも日本人とはかけはなれたケモノたち」が、堂々といっぱしの人間顔をして、メディアに登場し、あるいは政治家として高額な所得を得ているという異常さです。

そしてもう一方には、日本を取り戻す、といいながら、そもそも取り戻すべき日本とは、いったいどのようなものであるのかということを見失なわされている日本人の存在があります。
つまり、テレビの政治討論をみても、その討論を評価すべき判断の物差しさえも、いまの日本人は失ってしまっているわけです。

物差しがないところで、距離や長さの議論をしても、あたりあえのことですが、議論はかみあいません。
テレビ番組は面白ければいいという考えで、政治討論を、ただ噛み合ないお笑いの延長線上において、それでいいのかもしれませんが、国民にとってはそれでは困ります。

であるならば、時事問題もさりながら、遠回りに見えるかもしれないけれど、やはり私たちは、私たちが取り戻すべき日本とは何か、ということを考え、拡散するという活動も不可欠だと思うのです。

目の前の時事問題に対して、100年間怒り続けたとしても、日本は変りません。
けれど、取り戻すべき日本を拡散するという努力を100年続けたら、確実に日本は変る。
私はそのように思います。

そういう意味で、冒頭にご紹介したような書籍で学ぶということは、とても良いことであると、思います。


人気ブログランキング
 ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
励みになります。

【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ

日心会メールマガジン(無料版)
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
日本の心を伝える会 日心会
拡散しよう!日本!


ねずブロへのカンパのお誘い
ねずブロで感動したら・・・・
よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号 10520
番号 57755631
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇五八(店番058)
種目  普通預金
口座番号 5775563
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu@nippon-kokoro.com
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

托鉢僧

いつもありがとうございます
いつもねずさんのブログ、興味深く拝読させて頂いております。非常にためになります。
ねずさんの門下生さんと同じ意見で、ぜひ本にして皆さんに広めて頂きたいです。

ねずさんのブログ半年位前に知ったんですが、私と非常に縁があるなぁと思いました。
 
一つには升田幸三元名人のお話です。
私も高校生時代将棋にハマりまして、升田元名人の定跡書を全部暗記しました。
そして升田元名人の自叙伝の中の「新手一生」も好きでしたが「着眼大局、着手小局」つまり大局観の事を言ってるんですが、この教えに感銘し、今も忠実に守っています。
で、この教えで近現代史を勉強してみると、何が本当で何がウソか良く分かります。

二つめには、埼玉県富士見市の砲丸投げの球を作ってる人の話がありました。
名前は忘れましたが、私も30年位前彼の自宅近くに住んでました。彼ら一家は毎年ホノルルマラソンに出走するという事でマスコミに取り上げられて、それを知ってランニングに興味があった私は話を聞きに彼の自宅兼工場に伺った事があります。まさかそんな高精度な砲丸投げの球を作ってるとは思いもしませんでした。

三つ目には草鹿任一中将のお話です。
興味深く拝読させていただきました。
私は鎌倉のある禅堂で坐禅の修行をしてるんですが、この禅堂こそ草鹿任一中将が設立発起人の一人として立ち上げられた禅堂なんです。

因みに本日ブログにある「宗教」という言葉は仰る通り、江戸時代には現在でいう定義としての「宗教」はありませんでした。しかし「宗教」という言葉は存在し、それは禅宗を指す言葉だったそうです。
明治時代に「レリジョン」という言葉が入ってきて、それを「宗教」と訳したために、禅宗も他の仏教も新興宗教もキリスト教もそれらしい精神世界の活動はみな宗教と分類されるようになったそうです。

ねずさんのブログ、あまりにも素晴らしい!
ブログだけでは中高年に知られる機会が少ないし勿体ないです。ぜひ本にして頂きたいと私も思っています。

田舎者

ヒトという生物としての業
生まれてきた意味、生きる意味、存在の意味などを悩む年頃は、とうの昔に過ぎ去りましたが、親になって、子が自立していこうという時期を迎え、改めて考えるようになりました。

色々と乗り越えた挙げ句、生きていることこそが、生きる意味そのものであると思うに至り、様々な物欲が薄くなってきましたが、それは結局、人間からヒトへの退化ではないかとも思うのです。

私は宗教家ではなく、特に信仰も持ちません。ただあるのは、あらゆるご縁への感謝です。それほど恵まれた土地に生まれ育ったのだと、今は理解できるようになりました。

この土地を子どもたちに残してあげたい。これが今のところ一番大きな物欲です。

しかし、そう考えると、ねず様がおっしゃるような不思議な人たちと渡り合っていかねばならない。所詮、ヒトは人間から逃れられないのかと。それこそが、人間であることこそが、ヒトという生物の存在意義なのかと。

であるならば、自分にとっての人間の範囲=家族、地域、そして国家なのだなと、今更ながらに思うわけです。

八百万の神様たちは、だからこそ生まれてきたとも言え、一神教とはつまり、特定の誰かさんにとっての『人の間=社会』からしか生まれない、ある意味大変な物欲の権化であるのだなあ、と。

…そんな世界に子を送り出すリスクよりも、子どもたちの未来の方が大事だと信じるしかないもどかしさ。

ヒトに生まれた業なんでしょうね。

ラベンダー

素敵な書籍のご紹介ありがとうございました(^-^)/

ねずさんの本の出版も楽しみにしておりますので、よろしくお願い致します!

ポッポ

大東亜戦争の名称です。私は60才を超えていますが、小学校、中学校の授業でで大東亜戦争と言う名称は習わず、太平洋戦争と第二次世界大戦でした。また、日支事変のことは日中戦争と習いました。
考えてみれば、日本は法律で大東亜戦争と名付けていました。日支事変は宣戦布告をして初めて戦争ですし、中国全体ではなく軍閥との戦いですから戦争ではなく事変のはずです。教科書は何を教えていたのでしょう。
この二つをなぜ覚えているかというと、親に聞いたら名称が異なるために、話がかみ合わなかったので記憶に残ったのです。
大人になってから納得しましたが、ちゃんと教えて欲しかった!

ところで、いわゆる従軍慰安婦の日本からのアジア女性基金の償い金のことです。既に解散してしまったのですが、当初は韓国政府もこれを歓迎したのに、挺体協からの反対を受けて、韓国政府がアジア女性基金からの給付を拒否し、これを受け取らないと誓約した元慰安婦には生活支援金を支給したのですね。また、アジア女性基金に反対して1996年に韓国で団体が結成され、独自の募金活動を行っています。
驚いたのは、この団体に日本の市民運動から約1500万円の募金が集められたことです。この頃村山内閣から橋本内閣に移っていますが、片方ではアジア女性基金を創らねばならないように仕向ける一方で、これに反対する団体を支援する。市民運動として様々な方向があると言っても、また、発言や行動の自由があると言っても、日本を振り回すのが目的ならば日本国民として、そんな連中はいらないと思います。
戦後の日本国民のための教育が、日本を滅ぼすためのものならば、教育を一から考え直して作り直さなければなりません。
そのための選挙だと思います。

あ太郎

自分の体験と他人の体験を思い出してみると、指導者によって部下を支配する会社の方が、圧倒的に多くなっています。

戦前の事は知りませんが、会社は大家族主義(社員は家族)だったのかもしれません。経営者が家長であれば、労働組合などなくてもよかった。

今の会社は、監視の目が光っている「組織」です。携帯電話には、四六時中会社からメールが来る。それ以前はポケットベルで呼び出し。組織に支配されているのです。 「報告せよ、報告せよ、報告せよ」

にっぽんじん

心の狭い都道府県知事
全国知事会は来年度の消費税増税を要求しているそうです。理由は地方の財源確保です。もし事実なら国益を無視した心の狭い要求です。

日本は長期にわたるデフレ脱却に取り組んでいます。まだデフレの脱却が終わっていないにも関わらず消費税を増税すれば再びデフレになりかねません。

自分の懐さえ豊かになれば日本はどうでもよいと言っている知事さん達にあきれてしまいます。こんな知事たちに地方分権を任すことに危惧を感じます。

団塊の世代の後輩

嘘つきシナ&南北朝鮮、在日ども・・彼らは嘘を繰り返せば最後には本物にねつ造できると思っている確信犯です!嘘には本物を主張することで我が国を守るしかありません、自民党が反日みえみえの某放送局の取材を拒否しました、それでいいのだ!!!

ねずさんの門下生

いつもためになる記事をありがとうございます。
ねずさんのブログも本として出版されると良いと思います。
最近こちらのブログを知ったため、昔の記事から読み直していますが、なかなか全部読みきれません。
(^-^;

日本の近代史については知らないで生きて行くのと、知って生きて行くのでは、人生が全く違うと思います。

素晴らしい先人がたくさんいるのに、日本人自身が先祖を貶めたまま人生終えるのは、本当にもったいないですよね。

私の母は終戦のとき樺太にいて、母の父(私の祖父)がソ連の捕虜に捕られ、母の母(私の祖母)と引き揚げて来たそうです。

幸い無事内地の故郷にたどり着きましたが、北海道に船で渡ったときに、日本の兵隊さんがたくさんいたそうです。

その時に八歳だった母が薪にする枝を拾って兵隊さんに渡したら、「お嬢ちゃんありがとう」と言って、缶詰を二つくれたそうです。

日本兵が食糧難で自分たちの食糧にも困っていた状況を考えると、見ず知らずの子供に大事な食糧を分け与えてあげるという、日本人の優しさを感じるエピソードだなと思います。

占処島の戦いを初めて知りましたが、それからすると、祖母も特に被害に遭っていないし、母は随分のんびりとした状況で引き揚げて来たようです。

祖父は警察官でしたが、捕虜に捕られて5年後に、火傷が治らず、ソ連から帰って来たようです。

強制収容でたくさんの方々が亡くなったことを考えると、無事帰国出来ただけ良いのでしょう。

でもその後、祖父はソ連のスパイと疑われ、警察官として復職することはかなわなかったようです。

思うのですが、日本人て道徳的に高い分、日本人同士に厳しいと思うんですよね。

だから良いことをしてもなかなか認めないし、他国に悪いと言われると、人が良いし、謙虚な分、そのまま受け取ってしまい、更に自分達に厳 しくなってしまう・・・。

でも厳しさが冷たさになってはいけないし、やはり良いところは認めないと、日本人として生きて行けないし、この先生きて行く若者が希望を持てなくなるのも当然だと思います。

それに妙に快楽的に生きている人が多くて、いい年した大人もいつまでも精神的に幼かったりして、残念です。

ある一定の年齢の方々はインターネットからは縁のない人が多いし、「書籍」としてねずさんのブログを残すのは、意味があると思います。

日本人にもまだまだ本当に日本のことを考えている立派な方がいると思うと、救われる思いです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク